スマートウォッチ&活動量計に新モデル続々! 2019 比較


2019年に入ってからスマートウォッチや活動量計に新モデルが続々と登場している。従来よりも価格が下がりつつも、機能は充実。タッチ対応のフルスクリーン液晶を備えたものやおしゃれなアナログ文字盤付きのものも増えてきた。

目次

スマートウォッチ&活動量計 2019 まとめ パートⅠ

「Samsung Galaxy Watch」「Galaxy Watch Active」「HUAWEI WATCH GT」ガーミン「INSTINCT」「Fitbit Charge 3」

スマートウォッチ&活動量計 2019 まとめ パートⅡ

ガーミン「ForeAthlete 245」「Withings Steel HR Sport」「MISFIT Vapor 2」「SUUNTO 3 FITNESS」「FES Watch UL」

スマートウォッチ&活動量計 2019 まとめ パートⅢ

「Galaxy Fit」「HUAWEI Band 3 Pro」「Xiaomi Mi Band 4」「Xiaomi Amazfit Bip」「Xiaomi Mi Band 3」

スマートウォッチ&活動量計 2019 まとめ パートⅣ

「BEAMS ForeAthlete 235J」Fossil「MISFIT PHASE」「Q Venture HR」「Q Explorist HR」MyKronoz「ZeTime」「LG Watch W7」

2019   最新 スマートウォッチ 情報

人気のスマートウォッチ まとめ記事はこちら

人気の活動量計(リストバンド)のまとめ記事はこちら

 

2019年は独自OS搭載モデルが人気に

2019年からはガーミンやフィットビット、サムスンなどの独自OSを搭載したスマートウォッチの人気が急上昇してきた。以前はGoogle のWear OS搭載モデルが主流を占めていたが、長寿命なバッテリーとシンプルで使いやすい操作性、強力な防水性を持つことで注目を集めるようになってきた。

ガーミンからは強力GPS&ナビゲーション機能を備えたスマートウォッチ 「Instinct」やフォームも修正できるGPSランニングウォッチ「ForeAthlete 245」が、フィットビットからはタッチ操作&SpO2測定対応の活動量計「Fitbit Charge 3」が発売。そしてサムスンからはLET通信対応のハイスペックなスマートウォッチ「Samsung Galaxy Watch」、アラート付き心拍モニター搭載スマートウォッチ「Galaxy Watch Active」が発売され、さらに注目が集まってきている。

続きを読む

スマートウォッチ&活動量計 2018 まとめ パートⅠ

ここでは最新かつ最も人気の高いモデルを中心に紹介する。

LET通信対応のハイスペックなスマートウォッチ「Samsung Galaxy Watch」

Samsung Galaxy Watch」はTizen 4.0 OSを搭載した円形のスマートウォッチ。防水防塵の円形ボディに有機ELディスプレイを搭載し、健康管理機能を大幅に強化。新たにLTE通信に対応し、単体でメッセージ、通話、マップ、ストリーミング音楽の再生などが利用できる。また、1回の充電で1週間利用できるバッテリーを搭載。46mmモデルと42mmモデルをラインアップするほか、多彩な純正ストラップ(オプション)でカスタマイズすることもできる。

続きを読む

Amazonで「Samsung Galaxy Watch」をチェックする

アラート付き心拍モニター搭載スマートウォッチ「Galaxy Watch Active」

サムスン「Galaxy Watch Active」(SM-R500NZKAXJP)はTizenベースのウェアラブルOS 4.0を搭載したスマートウォッチ。25gの軽量ボディに1.1インチの円形 有機ELディスプレイを搭載。心拍センサーとモーション検出センサーを統合した心拍モニターや強化されたGPS機能、4GBストレージ、ワイヤレス充電に対応した230mAhバッテリーを搭載するほか、NFC、Bluetooth 4.2、Wi-Fi、5気圧防水( 5ATM + )、MIL規格(MIL-STD-810G)、スマホとの連携機能、高品質なフルオロエラストマー素材を採用したストラップ、ウォッチフェイスのカスタマイズ、音声アシスタント「Bixby」、ワイヤレス充電にも対応している。

続きを読む

Amazonでサムスン「Galaxy Watch Active」(SM-R500NZKAXJP)をチェックする

クラシカルで長寿命なスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT」

Huawei Watch GT」は独自OS「LightOS」を搭載したスマートウォッチ。GPS測位や心拍モニター機能をオンにした状態でも2週間使えるバッテリーを備えている。

また、低消費電力エンジンとハイパフォーマンスエンジンを自動的に切り替える「デュアルエンジン低消費電力システム」を採用。1.39型(454×454ピクセル)の有機ELや気圧センサー、ジャイロセンサー、コンパスを備えるほか、50m防水(5気圧防水)、水泳のフィットネストラッキング、スマートフォンへの通知機能、GPS(GLONASS/Galileo)、睡眠モニタリング技術「HUAWEI TruSleep 2.0」(睡眠時間や睡眠の質の計測)にも対応している。ラインナップは「Sport」エディションと「Classic」エディションの2種類。

続きを読む

Huaweiスマートウォッチのまとめ記事を読む

Amazonで「Huawei Watch GT」をチェックする

強力GPS&ナビゲーション機能を備えたスマートウォッチ ガーミン「Instinct」

ガーミン「INSTINCT」(インスティンクト)はスマートウォッチとしても使えるGPSアウトドアウォッチ。耐熱・耐衝撃・耐水に対応した頑強なボディに光学式心拍センサ、ABCセンサ(方位・気圧・高度)を搭載。GLONASS、みちびき、GALILEOに対応した強力なGPS通信機能や半透過のモノクロ液晶を備えるほか、ディスプレイ上でのナビゲーション機能、アウトドア向けの機能、ライフログ機能、25種類以上のマルチスポーツアプリが利用できるようになっている。

続きを読む

Garminスマートウォッチのまとめ記事を読む

Amazonで「INSTINCT」をチェックする

タッチ操作&SpO2測定対応の活動量計「Fitbit Charge 3」

Fitbit Charge 3」はタッチ対応の液晶を搭載したリストバンド型の活動量計。50m防水ボディにFitbitのフィットネストラッカーとして初めて、相対SpO2(血中酸素飽和度)センサを搭載(※睡眠時無呼吸症候群など新しい健康指標を追跡)。バックライト付きの大型液晶や心拍センサー、GPSセンサー、7日間駆動するバッテリーを備えるほか、消費カロリーや移動距離、心拍数、睡眠の質などの計測やスマートフォンからの通知受信、15種類以上のエクササイズモードにも対応している。

続きを読む

Fitbitスマートウォッチのまとめ記事を読む

Amazonで「Fitbit Charge 3」をチェックする

 

この続きはこちら!

目次

スマートウォッチ&活動量計 2019 まとめ パートⅠ

スマートウォッチ&活動量計 2019 まとめ パートⅡ

スマートウォッチ&活動量計 2019 まとめ パートⅢ

スマートウォッチ&活動量計 2019 まとめ パートⅣ

2019   最新 スマートウォッチ 情報

人気のスマートウォッチ まとめ記事はこちら

人気の活動量計(リストバンド)のまとめ記事はこちら