「HUAWEI WATCH Buds」イヤホン内蔵で便利? 高性能スマートウォッチと徹底 比較!


2023年2月に発売された「HUAWEI WATCH Buds」と人気の高性能スマートウォッチを徹底 比較!価格や計測できること・機能、スペックの違いに加えて、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2023年5月24日、日本版「HUAWEI WATCH Buds」(イヤホン内蔵)が発売されました。

※2023年6月14日、日本版「HUAWEI WATCH D」(血圧測定)が発売されます。

※2023年5月26日、日本版「Huawei Watch Ultimate」が発売されました。

「HUAWEI WATCH Buds」の特徴

HUAWEI WATCH Buds」の特徴をまとめてみました。

イヤホン内蔵で音楽再生・通話に対応

HUAWEI WATCH Buds」は本体に完全ワイヤレスイヤホンを内蔵。ボタンを押すことで精密な回転軸設計を採用したポップアップカバーが開き、イヤホンを取り出すことができます。また、オフラインでの音楽再生に対応。スマートフォンの音楽をウォッチ側に転送して再生できます。

そのほか、Bluetooth通話に対応し、イヤホンの装着だけで通話に応答することが可能。AIノイズキャンセリングデュアルマイクでクリアな音質で通話できます。

1.43 AMOLEDスクリーン・3日間バッテリ・ワイヤレス充電

HUAWEI WATCH Buds」は1.43インチ、解像度466×466 pxAMOLEDカラースクリーンを搭載。ピクセル密度326ppiの明るくワイドな画面で通知も見やすく表示できます。また、ウォッチ本体で3日間駆動するバッテリーを搭載。イヤホンはノイズキャンセリングONで3時間の音楽再生、2時間の通話、OFFで4時間の音楽再生、2.5時間の通話が可能になっています。

そのほか、ワイヤレス充電「UAWEI WATCH Wireless Super Charger」に対応。360°充電リングを使用することで、どの角度からもイヤホンを充電できます。

血中酸素・80種ワークアウト・クイック返信

HUAWEI WATCH Buds」は睡眠(HUAWEI TruSleep™ 3.0)と心拍数(24時間リアルタイム)のモニタリングに対応。血中酸素ストレスの計測にも対応しています。また、80種類以上のワークアウトモードに対応。サイクリング、縄跳び、エリプティカル マシンなどのアクティビティも計測できます。

そのほか、クイック返信機能に対応。スマートフォンの電話/メッセージを同期して、ウォッチ上からすばやく返信できるようになっています。

公式ページ: HUAWEI WATCH Buds – HUAWEI Global

価格を比較

HUAWEI WATCH Buds」と「Google Pixel Watch」、「FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION」、「Apple Watch Series 8」の価格を比較してみました。

「HUAWEI WATCH Buds」

HUAWEI WATCH Buds」は、Amazonで64,800円( 税込)、楽天市場で71,280円(送料無料・ポイント10倍あり)、ヤフーショッピングで71,280円(送料無料)、AliExpressでUS $455.50で販売されています。

「Google Pixel Watch」

Google Pixel Watch」は、Amazonで38,800円、楽天市場で34,000円(税込・送料無料)、ヤフーショッピングで32,632円、Google ストアで税込39,800円~(Wi-Fiモデル/4G LTE対応モデルは47,800円~)、AliExpressでUS $282.00、米国 Amazon.comで$349.50で販売されています。

「FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION」

FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION」は、Amazonで37,950円(税込)、楽天市場で37,950円 (税込)、ヤフーショッピングで37,950 円、FOSSIL公式ストアで37,950円で販売されています。

「Apple Watch Series 8」

Apple Watch Series 8」は、Amazonで59,800円~、楽天市場で58,022円 (税込・送料無料)、ヤフーショッピングで59,900円(税込・送料無料)、アップル公式ストアで税込59,800円~(GPSモデル・GPS+Cellularモデルは税込74,800円~)、AliExpressでUS $638.19で販売されています。

計測できること・機能を比較

HUAWEI WATCH Buds」と「Google Pixel Watch」、「FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION」、「Apple Watch Series 8」の計測できること・機能を比較してみました。

「HUAWEI WATCH Buds」

計測できること

血中酸素(SpO2)、睡眠(HUAWEI TruSleep™ 3.0)、心拍数(24時間リアルタイム)、ストレス、歩数 、 消費カロリー 、距離・ペース・ルート(GPS内蔵)

80以上のワークアウトモード(サイクリング、縄跳び、エリプティカル マシンなど)

機能

クイック返信、Bluetooth通話、音楽再生(単体・オフライン対応)、ワイヤレス充電(HUAWEI WATCH Wireless Super Charger)

ウォッチフェイスのカスタマイズ、リマインダー、、HUAWWI Watch AppGallery(アプリ追加)、、通知の受信(着信、SMSメッセージ、メール、カレンダーなど)、天気情報、アラーム、タイマー、懐中電灯など

「Google Pixel Watch」

計測できること

血中酸素、心拍数、ストレス、睡眠、呼吸数、VO2 MAX(運動中の最大酸素摂取量)、気分(Fitbitアプリのみ)、マインドフルネスセッション(Fitbitアプリのみ)、
月経周期、歩数、消費カロリー、距離・ペース・ルート(GPS内蔵)、今日のエナジースコア

40種類以上のエクササイズモード
※(ランニング、サイクリング、ウエイトトレーニング、ヨガ、HIIT高強度インターバルトレーニング、ウェイトリフティング、CrossFit、ダンスなど)

機能

転倒検出(※対応予定/緊急SOS発信・国際緊急通話)、エクササイズの自動記録、常時表示、4G LET通信(LETモデルのみ)、Wi-Fi通信(2.4GHz)、Bluetooth 5.0、32GBストレージ保存

Google マップ、Google Pay、Suica決済(NFC/FeliCa対応)、Google アシスタント、音楽再生(単体・YouTube Musicストリーミング音楽再生に対応)、Googleカレンダー、Gmail、Google Playストア(アプリの追加)、通知の受信、「Fitbit Premium」(※6カ月間追加料金なしで利用可)

※ECG(心電図)機能は現在のところ、日本で利用できません。

「FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION」

計測できること

血中酸素飽和度(SpO2・24時間)、VO2Max(最大酸素摂取量)、心拍数(24時間)、睡眠、ストレスレベル、呼吸、高度、歩数、消費カロリー、距離・経路(GPS内蔵)

スポーツモード(数十種類)

機能

音楽再生、Youtube Music、3気圧防水、常時表示、スマートバッテリーモード(節電機能)、Google アシスタント、Amazon Alexa(音声操作・スマート家電操作)、急速充電( 30分で約80%まで回復)、

Googleマップ、NFC、Google Pay(※Androidのみ)、Wi-Fi、Bluetooth 5.0 LE、着信・通知、カレンダーアラート、ウォッチフェイスの変更、Google Playストア(アプリ追加)、スマートフォンの通知・メッセージ受信、Google メッセージ、カレンダー同期、ストップウォッチ、タイマー、翻訳

「Apple Watch Series 8」

計測できること

皮膚温(排卵日・月経周期)、血中酸素飽和度(SpO2)、心電図(不整脈)、心拍数(第3世代の光学式心拍センサー・心拍数範囲、強度レベル)、睡眠(レム睡眠、コア睡眠、深い睡眠およびその時間の長さ)、ストレスレベル、VO2MAX(最大酸素摂取量)、ルート・速度・移動距離(GPS/GNSS内蔵)、高度(常時計測の高度計)、気圧・高度、方角(コンパス)、歩数、消費カロリー、

8種類のワークアウトモード (室内ウォーキング、ウォーキング、室内ランニング、ランニング、エリプティカル、ローイング、プールスイミング、オープンウォータースイミング)
※スクワット、スピン、ストライドに対応 ※自転車は自動検出ができるように改善・自転車の転倒も検知

機能

衝突事故検出、転倒検出(自転車を含む)、緊急SOS(海外)、海外における緊急通報、高心拍数と低心拍数の通知、不規則な心拍リズムの通知、低電力モード(駆動時間を最大36時間まで延長)、携帯電話通信機能(セルラーモデルのみ)、ファミリー共有設定(1台のiPhoneに複数のApple Watchをペアリング)、国際ローミング(2022年秋頃に対応)、ワークアウトのカスタマイズ(ワークとリカバリーのインターバルを設定)、レースコース(自己ベスト、過去の自分と競争※対応予定)

マップ(地図)、心電図の作成、Apple Pay(Suica決済に対応)、睡眠アドバイス、音楽再生(単体・ストリーミング音楽に対応)、薬・サプリのリマインダー、32GBストレージ保存、常時表示、防水(50m防水)、IP6X相当の防塵、GymKitアプリ、音声認識Siri、インターコム機能、アクティビティの共有、スマートフォンの通知受信、Bluetooth通話、Wi-Fi(2.4GHz)、Bluetooth 5.0、32GBストレージ保存、ウォッチフェイスの変更、アプリの追加(App Store)

スペックを比較

HUAWEI WATCH Buds」と「Google Pixel Watch」、「FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION」、「Apple Watch Series 8」のスペックを比較してみました。

「HUAWEI WATCH Buds」のスペック

  • ディスプレイ 1.43インチ、解像度466×466 pxのAMOLEDカラースクリーン
    ※326ppi
  • リューズ あり
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
  • バッテリー駆動時間 約3日間
  • 充電 ワイヤレス充電、9V/2A
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth対応
  • GPS 対応
  • NFC 対応
  • インターフェース 充電端子、ボタン、カバー開閉ボタン
  • センサー 6軸慣性センサー (加速度センサーとジャイロセンサー)、光学式心拍センサー 5.0、周囲光センサー、ホール効果センサー、静電容量センサー、および骨伝導コンポーネント (VACC)
  • 防水 イヤホン:IP54
  • ストラップ 22mmのレザーストラップ
  • ケース 素材:ステンレス鋼
  • イヤホン ノイズキャンセリング対応、タッチ操作、スピーカー&マイクをサポート
  • 対応OS Android 7.0以降のスマートフォン,EMUI 12.0以降,iOS 9.0以降のスマートフォン
  • OS HarmonyOS
  • サイズ 47 mm × 47.5 mm × 14.99 mm
    ※イヤホンのサイズは21.8 mm × 10.3 mm × 10.3 mm/L、M、S(Mはプリインストール
  • 重量 66.5g(ストラップ含まず)
    ※イヤホンの重量 約4g (M イヤーチップ付き)
  • カラー ブラック、カーキ
  • 付属品 イヤホン(Mサイズのイヤーチップ付き)×2 イヤーチップ × 2 (L サイズ 1 組 + S サイズ 1 組) 充電クレードル(ケーブル付)×1 クイック スタート ガイド & 安全情報 & 保証書 × 1

関連記事Huaweiスマートウォッチは性能よし! 新型 Band 全機種を比較

Amazonで「HUAWEI WATCH Buds」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI WATCH Buds」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI WATCH Buds」をチェックする

AliExpressで「HUAWEI WATCH Buds」をチェックする

米国 Amazon.comで「HUAWEI WATCH」をチェックする

「Google Pixel Watch」のスペック

  • ディスプレイ 1.6インチ、AMOLED
    ※常時表示/320ppi/DCI-P3 カラー/最大輝度1000ニト/カスタム 3D Corning Gorilla Glass
  • プロセッサ(チップ) Exynos 9110 SoC、Cortex M33 コプロセッサ
  • RAM(メモリ) 2GB SDRAM
  • ストレージ 32GB eMMC フラッシュ
  • バッテリー 標準294mAh/充電式リチウムイオン電池内蔵
  • 駆動時間 最大24時間
  • 充電 USB-C 磁気充電ケーブル、充電速度:約30分で50%、約55分で80%、約80分で100%
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 b/g/n (2.4GHz)、Bluetooth 5.0
  • GPS 内蔵(GLONASS、BeiDou、Galileo)
  • 4G通信 4G LTE および UMTS2
  • NFC 対応(FeliCa)
  • インターフェース 充電端子、ボタン、リューズ
  • センサー コンパス、高度計、血中酸素センサー、多目的電気センサー、光学式心拍数センサー、加速度計、ジャイロスコープ、周囲光センサー
  • 操作 サイドボタン、触覚式リューズ、高性能な触覚技術
  • オーディオ 内蔵マイク、内蔵スピーカー
  • 防水 5 ATM (5気圧防水)
  • 耐久性 カスタム 3D Corning Gorilla Glass 5
  • バンド アクティブバンド:2種類 同梱(S:手首周り130~175mm/L:手首周り165~210mm)
  • 筐体の素材 ケース: 80% にリサイクル ステンレスを使用、アクティブ バンド: ソフトタッチ コーティング加工フルオロエラストマー
  • 対応アプリ LINE、Adidasランニングアプリ、Strava、Spotifyなど
  • 対応OS Android 8.0 以降 ※iOSには非対応
  • OS WearOS 3.5
  • サイズ 直径: 41 mm、高さ: 12.3 mm
  • 重量 36 g(バンドを除く)

関連記事「Google Pixel Watch」絶対買うべき? 超人気スマートウォッチと徹底 比較!

Amazonで「Google Pixel Watch」をチェックする

楽天市場で「Google Pixel Watch」をチェックする

ヤフーショッピングで「Google Pixel Watch」をチェックする

Google ストアで「Google Pixel Watch」をチェックする

米国 Amazon.comで「Google Pixel Watch」をチェックする

「FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION」のスペック

  • ディスプレイ 1.28インチ、解像度416x416pxのカラーAMOLED
    ※326ppi/タッチ操作/常時表示
  • プロセッサ Qualcomm Snapdragon Wear 4100+
  • RAM(メモリ) 1GB
  • ストレージ 8GB
  • バッテリー駆動時間 24時間+数日間省電力モード
  • 充電 急速充電(30分で80%まで回復)、マグネット式ドック付きUSBデータケーブル、360度回転
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi、Bluetooth 5.0 LE
  • GPS センサー内蔵
  • NFC&Google Pay 対応(※Androidのみ)
  • インターフェース 充電端子、2つのプッシュボタン、回転式ホームボタン
  • センサー  加速度計、高度計、アンビエントライト、コンパス、ジャイロスコープ、Off-body IR、PPG Heart Rate、SPO2
  • スピーカー ラウドスピーカー
  • マイク 内蔵
  • 防水 3気圧
  • バイブレーション 対応
  • OS Wear OS 3.0
  • サイズ 不明
  • 重量 不明
  • カラー ブラックIP/シルバートーン・ステンレススチール/ローズゴールドトーン・ステンレス

関連記事「FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION」とWear OSスマートウォッチを徹底 比較!

Amazonで「FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION」をチェックする

楽天市場で「FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION」をチェックする

ヤフーショッピングで「FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION」をチェックする

米国 Amazon.comで「FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION」をチェックする

「Apple Watch Series 8」のスペック

  • ディスプレイ 41mm(1.6インチ)解像度352×430ドット/45mm(1.77インチ)、解像度396×484ドットの曲面Retinaスクリーン
    ※LTPO/OLED/最大輝度1000nits/Ion-X強化ガラス/常時表示
  • 操作 回転式クラウン、タッチ操作
  • プロセッサ Apple S8 64ビットデュアルコアプロセッサ
    ※W3 Appleワイヤレスチップ/U1チップ内蔵
  • GPU PowerVR
  • RAM(メモリ) 1GB
  • ストレージ 32GB
  • バッテリー駆動時間 通常使用で18時間 ※低電力モード
  • 充電 高速充電(約45分で80%まで回復)、Type-C充電、ワイヤレス充電(※充電器は別売)
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 5.0
  • GPS 対応 (L1 GPS、GLONASS、Galileo、QZSS、BeiDou)
  • NFC&Apple Pay 対応・Suica決済に対応
  • インターフェース 充電端子
  • センサー 加速度計、ジャイロ、光学式心拍(第3世代)、気圧計(高度計)、常時オンの高度計、コンパス、SpO2、VO2max
  • スピーカー 搭載
  • マイク 搭載
  • 防水防塵 50m防水/IP6X防塵
  • OS watchOS 8.0 ※App Storeでアプリを追加可能
  • サイズ 41mmケース:41mm x 35mm x 10.7mm/45mmケース:45mm x 38mm x 10.7mm
  • 重量 32/38.8 g
  • カラー アルミニウムフレーム→ミッドナイト・スターライト・グリーン・ブルー・(PRODUCT)REDの
  • SIMカード eSIM ※Cellularモデルのみ

関連記事「Apple Watch Series 8」と超最強スマートウォッチを徹底 比較!

Amazonで「Apple Watch Series 8」をチェックする

楽天市場で「Apple Watch Series 8」をチェックする

ヤフーショッピングで「Apple Watch Series 8」をチェックする

アップル公式ストアで「Apple Watch Series 8」をチェックする

AliExpressで「Apple Watch Series 8」をチェックする

米国 Amazon.comで「Apple Watch Series 8」をチェックする

「HUAWEI WATCH Buds」のメリット・デメリット

HUAWEI WATCH Buds」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・イヤホン内蔵で高音質なサウンド・ノイキャン&外音取り込みも

HUAWEI WATCH Buds」は本体にイヤホンを内蔵。フルレンジの平面振動版ユニット搭載で豊かなサウンドが楽しめます。また、アクティブノイズキャンセリング(ANC)に対応し、クリアなサウンドを再生することが可能。アウェアネス モード(外音取り込み)にも対応し、音楽を聴きながら外の音も聞こえるようになっています。

一方、「Google Pixel Watch」、「FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION」、「Apple Watch Series 8」はイヤホンを内蔵していません。

・AIノイズキャンセリングとデュアルマイク搭載でクリアな通話ができる

HUAWEI WATCH Buds」はBluetooth通話に対応し、画面の操作なしで、イヤホンの装着だけで通話に応答することができます。また、AIノイズキャンセリングとデュアルマイクでクリアな音質で通話できます。

一方、「Google Pixel Watch」、「FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION」、「Apple Watch Series 8」はスピーカーとマイクを内蔵しています。

・オフラインでの音楽再生に対応

HUAWEI WATCH Buds」は単体でのオフライン音楽再生に対応。スマートフォンの音楽をウォッチ側に転送して再生できます。

一方、「Google Pixel Watch」、「FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION」、「Apple Watch Series 8」も単体での音楽再生に対応しています。

・1.43インチのAMOLEDスクリーンが明るくて見やすい

HUAWEI WATCH Buds」は1.43インチ、解像度466×466 pxのAMOLEDカラースクリーンを搭載。ピクセル密度326ppiの明るくワイドな画面で通知も見やすく表示できます。

一方、「Google Pixel Watch」は円形ドーム型で1.6インチのAMOLED(有機EL)スクリーンを搭載しています。「FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION」は1.28インチで解像度416x416pxのカラーAMOLEDスクリーンを搭載しています。「Apple Watch Series 8」はは41mmモデルは解像度352×430ドット、45mmモデルは解像度396×484ドットのRetinaスクリーンを搭載しています。

・血中酸素や心拍・睡眠・ストレスの計測に対応

HUAWEI WATCH Buds」は血中酸素の計測に対応。睡眠(HUAWEI TruSleep™ 3.0)や心拍数(24時間リアルタイム)のモニタリング、ストレスの計測にも対応しています。

一方、「Google Pixel Watch」は血中酸素、心拍、睡眠の計測に対応しています。「FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION」は血中酸素、VO2Max心拍、睡眠の計測に対応しています。「Apple Watch Series 8」は血中酸素、心拍、睡眠の計測に対応しています。

・80種類以上のワークアウトモードに対応

HUAWEI WATCH Buds」は80種類以上のワークアウトモードに対応。サイクリング、縄跳び、エリプティカル マシンなどのアクティビティも計測できます。

一方、「Google Pixel Watch」は40種類以上のエクササイズモードに対応しています。「FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION」は数十種類のスポーツモードに対応しています。「Apple Watch Series 8」は8種類のワークアウトモードに対応しています。

・3日間駆動するバッテリーを搭載・イヤホンはノイキャンOFFで4時間

HUAWEI WATCH Buds」は3日間駆動するバッテリーを搭載しています。また、イヤホンはノイズキャンセリングONで3時間の音楽再生、2時間の通話、OFFで4時間の音楽再生、2.5時間の通話が可能になっています。

一方、「Google Pixel Watch」は最大24時間駆動駆動できる294mAhバッテリーを搭載しています。「FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION」は24時間駆動するバッテリーを搭載し、省電力モードも使えます。「Apple Watch Series 8」は18時間駆動できるバッテリーを搭載しています。

・ワイヤレス充電に対応

HUAWEI WATCH Buds」はワイヤレス充電「UAWEI WATCH Wireless Super Charger」に対応。360°充電リングを使用することで、どの角度からもイヤホンを充電できます。

一方、「Google Pixel Watch」はType-Cで高速な充電も利用できます。「FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION」はワイヤレス充電や高速な充電に対応していません。「Apple Watch Series 8」は高速充電、低電力モードに対応しています。

・Bluetooth通信に対応

HUAWEI WATCH Buds」はBluetooth通信に対応し、スマートフォンやワイヤレスイヤホンなどともスムーズに接続できます。

一方、「Google Pixel Watch」はWi-Fi(2.4GHz)、Bluetooth 5.0、GPSに対応しています。「FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION」はWi-Fi通信、Bluetooth 5.0 LEに対応しています。「Apple Watch Series 8」はWi-Fi(2.4GHz)、Bluetooth 5.0、GPSに対応しています。

・クイック返信機能が使える

HUAWEI WATCH Buds」はクイック返信機能に対応し、スマートフォンの電話/メッセージを同期して、ウォッチ上からすばやく返信できるようになっています。

一方、「Google Pixel Watch」、「FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION」、「Apple Watch Series 8」もクイック返信機能が使えます。

・イヤホンはIP54の防水防塵に対応

HUAWEI WATCH Buds」はイヤホンのみIP54の防水防塵に対応し、汗や雨に濡れても耐えられるようになっています。

一方、「Google Pixel Watch」は本体が5気圧防水に対応し、水泳のアクティビティも計測できます。「FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION」は3気圧防水に対応しています。「Apple Watch Series 8」は50m防水/IP6X防塵に対応しています。

・HarmonyOS搭載でアプリを追加できる

HUAWEI WATCH Buds」はHarmonyOS搭載で、ファーウェイのWatch AppGalleryからアプリをダウンロードすることもできます。

一方、「Google Pixel Watch」はWearOS 3.5搭載でGoogle Playストアに対応。アプリを追加することもできます。「FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION」はWear OS 3.0を搭載でアプリを追加できます。「Apple Watch Series 8」はwatchOS 8.0搭載でApp Storeでアプリを追加できます。

デメリット

・Wi-Fi通信に対応していない

一方、「Google Pixel Watch」、「FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION」、「Apple Watch Series 8」はWi-Fi通信に対応しています。

・マップ機能が使えない

HUAWEI WATCH Buds」はマップ機能(地図)が使えません。

一方、「Google Pixel Watch」と「FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION」はGoogleマップによるナビゲーション機能が使えます。「Apple Watch Series 8」はマップAppで地図を表示できます。

「HUAWEI WATCH Buds」の評価

HUAWEI WATCH Buds」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★

<総合評価>

ファーウェイから発売されたイヤホン内蔵のスマートウォッチです。イヤホンを内蔵したスマートウォッチはこの「HUAWEI WATCH Buds」で初めてで、かなり実験的なデバイスです。

たしかに完全ワイヤレスイヤホンを使うとき、ケースを持ち歩くのが面倒です。自分はポケットの中に入れていますが、これがスマートウォッチの中にあったらかなり便利なのではないかと思います。

また、ファーウェイはイヤホンの音質にもこだわっており、フルレンジの平面振動版ユニットで高音質なサウンドが楽しめるようになっています。このイヤホンは単体で購入しようとすると1~2万円以上するので、なかなかお買い得です。

ただし、イヤホンの形状が耳から取れやすい形状に見えることが気になります。完全ワイヤレスイヤホンは耳から落ちて紛失しやすいので、別途オプションで購入できるようにする必要があるように思います。

HUAWEI WATCH Buds」の発売時の価格はUS $474.50 (日本円で6万3千円ほど)。

「イヤホンのケースが邪魔で持ち歩きたくない」、「スマートウォッチとイヤホンを一緒に使いたい」と考えているユーザーにおすすめします。

「HUAWEI WATCH Buds」の販売・購入先

HUAWEI WATCH Buds」は、

Amazonで64,800円( 税込)、

楽天市場で71,280円(送料無料・ポイント10倍あり)、

ヤフーショッピングで71,280円(送料無料)、

AliExpressでUS $455.50、

で販売されています。

Amazonで「HUAWEI WATCH Buds」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI WATCH Buds」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI WATCH Buds」をチェックする

AliExpressで「HUAWEI WATCH Buds」をチェックする

米国 Amazon.comで「HUAWEI WATCH」をチェックする

 

 

 

他のスマートウォッチと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「HUAWEI WATCH D」(血圧測定・70種ワークアウト)

★「TicWatch Pro 5」(Wear OS 3・Snapdragon W5+ Gen 1)

★「Huawei Watch Ultimate」(サファイアガラス・10気圧防水)

Google Pixel Watch

FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION

Apple Watch Series 8

Galaxy Watch5 /Pro

Fitbit Sense 2

Garmin Instinct Crossover

Amazfit GTR 4

Huawei Watch GT 3 Pro

Garmin Venu 2 Plus

第2世代「Apple Watch SE」

他のファーウェイ スマートウォッチと比較

他にもファーウェイのスマートウォッチが販売されています。ぜひ比較してみてください。

Huaweiスマートウォッチは性能よし! 新型 Band 全機種を比較

その他のおすすめスマートウォッチは?

その他のおすすめスマートウォッチは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

【2023年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

最新のスマートウォッチをまとめて紹介しています。

スポーツ&健康管理に使えるスマートバンド 最新 機種 まとめ

最新のリストバンド(活動量計)をまとめて紹介しています。

アウトドアで使えるタフなスマートウォッチ 全機種を比較

アウトドアで使えるタフスマートウォッチをまとめて紹介しています。

ガーミンのスマートウォッチ 買うならどれ? 人気モデルを比較 

Garminスマートウォッチをまとめて紹介しています。

Fitbitスマートウォッチが人気上昇! 全モデルを比較

Fitbitのスマートウォッチをまとめて紹介しています。

<3G・4G対応のAndroidスマートウォッチ>

3G・4G対応で通話できるAndroidスマートウォッチ まとめ