スポーツ&健康管理に使える活動量計が人気! 全機種を比較


スマートウォッチよりもシンプルな活動量計の方がいい。そう考える人がどんどん増えている。人気の背景には年々高まりつつある健康志向の影響が大きい。以前は中年層が中心だったが、最近では若者にも浸透してきたようだ。

また、最新の活動量計が多彩なセンサーを搭載し、さまざまなデータを計測できるようになったことも大きい。計測したデータをスマートフォンやタブレットで簡単にチェックできるのも便利だ。スマートウォッチのように扱いに慎重になることがなく、操作もシンプルで分かりやすい。

スポーツやフィットネスだけでなく、手軽な健康管理グッズとして、活動量計はなくてはならないものになりつつある。

目次

リストバンド型の活動量計  まとめ  パートⅠ

「Xiaomi Mi Band 4」サムスン「Galaxy Fit」「HUAWEI Band 3」「Garmin vivosmart 4」

リストバンド型の活動量計  まとめ  パートⅡ

「wena wrist active」「HUAWEI Band 2 Pro」「Samsung Gear Fit2 Pro」「POLAR A370」

リストバンド型の活動量計  まとめ  パートⅢ

「Jawbone UP3」「Fitbit Alta」「ムーヴバンド3」「A360」「GARMIN vivofit 4」

リストバンド型の活動量計  まとめ  パートⅣ

「Misfit RAY」「Fitbit Blaze」「ZeFit3HR」「Fitbit Charge2」

リストバンド型の活動量計  まとめ  パートⅤ

「Xiaomi Mi Band 2」「Flex 2」「Microsoft Band 2」「SmartBand 2 SWR12」「Vivofit 3」「Xiaomi AMAZFIT」

人気のスマートウォッチ まとめ記事はこちら

アナログ風スマートウォッチのまとめ記事はこちら

アウトドア用スマートウォッチのまとめ記事はこちら

モノクロ液晶のスマートウォッチ まとめ記事はこちら

 

<関連記事>

スマートウォッチの人気モデルはどれ? 全機種を比較

アナログ感覚で使えるスマートウォッチ まとめ 

アウトドアで使えるタフなスマートウォッチ 全機種を比較

ガーミンのスマートウォッチ 買うならどれ? 人気モデルを比較

Fitbitスマートウォッチが人気上昇! 全モデルを比較

スマートウォッチにモノクロ液晶モデルが続々 全機種を比較