「HUAWEI WATCH GT 4」格上に進化した? 高性能スマートウォッチと徹底 比較!


2023年10月24日に発売された「HUAWEI WATCH GT 4」と高性能な人気スマートウォッチを徹底 比較!価格や計測できること、機能、スペックの違いに加えて、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2023年11月24日、日本版Huawei Watch 4」が発売されました。

「HUAWEI WATCH GT 4」の特徴

HUAWEI WATCH GT 4」の特徴をまとめてみました。

AMOLEDスクリーン・文字盤デザイン・2週間バッテリ

HUAWEI WATCH GT 4」は46mmモデルで1.43インチ41mmモデルで1.32インチAMOLED カラースクリーン(解像度466×466)を搭載。UIや文字サイズを見やすく改善したほか、リューズで画面内のアプリアイコン(Launcherグリッド)を拡大・縮小できるようになっています。

また、2万種類以上の文字盤デザインを用意。41mmモデルでは、消費カロリーや活動時間、歩数などの目標値に合わせて、花が徐々に開いていく文字盤デザインも設定できます。そのほか、46mmモデルで最大14日、41mmモデルで最大7日 駆動するバッテリーを搭載。付属の充電クレードルを介してワイヤレス充電も利用できます。

カロリー管理・睡眠呼吸乱れ検知・100種スポーツ

HUAWEI WATCH GT 4」は新しいカロリー管理 機能を搭載。摂取カロリー(アプリで手動で入力)と消費カロリー(リアルタイム計測)のバランスをチェックすることで、よりよい健康状態を目指すことができます。また、新たに「睡眠中呼吸乱れ検知」機能を搭載。心拍数と血中酸素レベルの変化から、睡眠中の呼吸の中断やその頻度を確認できるほか、睡眠スコアや睡眠パターンの分析、寝言やいびきの記録、200種類以上の専門的な改善アドバイスの提供にも対応しています。

そのほか、ランニングやサイクリング、スキー、登山など100種類以上スポーツモードに対応。走力に合わせたトレーニングプランを提案する「AIランニングコーチ機能」(※リアルタイムの日本語音声でトレーニングのガイダンスを含む)や、週ごとの運動管理分析や運動プランを作成する「活動リング」も利用できます。

5衛星測位・音楽再生・Bluetooth通話

HUAWEI WATCH GT 4」は5衛星測位に対応し、より精度の高い位置情報やペースを取得することが可能。GNSS信号の精度が約30%向上したことで、大通りや公園、住宅街でも高精度にルートを追跡できるほか、独自のアルゴリズムで、走れば走るほど精度が向上していくようになっています。

また、スピーカー搭載で単体での音楽再生に対応。スマートフォンのアプリでプレイリストを設定し、特定のワークアウトに合わせた音楽を再生できます。そのほか、Bluetooth通話に対応し、ウォッチ上から直接 電話の応答が可能。LINEなどの通知確認やクイック返信機能、カレンダーアプリを使用したスケジュール管理5気圧防水などにも対応しています。

公式ページ: HUAWEI WATCH GT 4 – HUAWEI 日本

価格を比較

HUAWEI WATCH GT 4」と「Garmin vivoactive 5」、「Amazfit GTR 4」、「Fitbit Sense 2」の価格を比較してみました。

「HUAWEI WATCH GT 4」

HUAWEI WATCH GT 4」は、Amazonで28,991円(税込・41mm・ブラック)、楽天市場で29,800円〜(送料無料)、ヤフーショッピングで33,880円(送料無料)、ファーウェイ公式サイトで32,780円(41mm)、AliExpressでUS $305.37 (日本円で約44046円)、米国 Amazon.comで$428.00で販売されています。

「Garmin vivoactive 5」

Garmin vivoactive 5」は、Amazonで35,883円、楽天市場で39,800円(送料無料・ポイント10倍あり)、ヤフーショッピングで39,800円(送料無料)、米国 Amazon.comで$299.99 (日本円で約44,928円)で販売されています。

「Amazfit GTR 4」

Amazfit GTR 4」は、Amazonで29,700円(税込・GTR Miniは19,800円)、楽天市場で33,000円 (税込・送料無料・10% OFFクーポン付き)、ヤフーショッピングで33,000円 (税込・送料無料)、Amazfit日本公式ストアで33,000円、AliExpressでUS $241.91 (日本円で約36229円)、米国 Amazon.comで$199.99 (日本円で約29,951円)で販売されています。

「Fitbit Sense 2」

Fitbit Sense 2」は、Amazonで29,232円 (国内版・FB521BKGB-FRCJK )、楽天市場で29,800円(送料無料)、ヤフーショッピングで29,848円(税込・送料無料・国内版)、Fitbit公式サイトで税込32,800円、米国 Amazon.comで$249.95 (日本円で約37,433円)で販売されています。

計測できること・機能を比較

HUAWEI WATCH GT 4」と「Garmin vivoactive 5」、「Amazfit GTR 4」、「Fitbit Sense 2」の計測できること・機能を比較してみました。

「HUAWEI WATCH GT 4」

計測できること

血中酸素飽和度(SpO2・測定速度が約30%向上)、体表面温度測定、心拍数(HUAWEI TruSeen 5.5+・精度向上)、睡眠(HUAWEI TruSleep 3.0・睡眠スコアや睡眠パターンの分析、寝言やいびきの記録、200種類以上の専門的な改善アドバイスの提供)、ストレス、呼吸数、気圧、歩数、消費カロリー、距離・ペース・経路 (GPS内蔵)

100種類以上のワークアウトモード(ランニング、サイクリング、ハイキング、水泳7、縄跳び、スキーなど・ウォーキング、サイクリング、プール水泳、スキー、スノーボード、登山など20種類のワークアウトモードでは詳細なモニタリングデータをとることが可能)

ワークアウトの自動記録に対応

機能

カロリー管理機能(毎食の摂取カロリーを手動で記録し、1日のカロリーバランスを確認)、睡眠中呼吸乱れ検知機能(心拍数と血中酸素レベルの変化から、睡眠中の呼吸の中断やその頻度を知る)、睡眠モニタリング機能(昨夜の睡眠の状態を様々な項目で把握・改善のアドバイス提供)、生理周期予測機能(女性の夜間睡眠時の心拍数、体表面温度、呼吸特徴などのデータをもとに、生理開始日を予測して事前にリマインドを送る・妊娠可能期間の予測)

心拍のアラート機能(異常を知らせる)、活動リング(週ごとの運動管理分析や運動プランを作成)5衛星測位(GNSS信号の精度が約30%向上したことで、大通りや公園、住宅街でも高精度)

音楽再生(単体・プレイリスト保存)、AIランニングコーチ(走力に合わせたトレーニングプランを提案)、スケジュール管理(カレンダーアプリ使用)、Bluetooth通話(スピーカー・マイク内臓)、呼吸法訓練機能(深呼吸トレーニング)、ウォッチフェイスの変更(2万種類以上・専用ストアあり)、スマート通知(着信、クイック返信、メッセージ、メール、カレンダー、SNSアプリ等) 、スマートフォン探索、アラーム設定、懐中電灯、天気情報、気圧計、コンパス、スマートフォン音楽再生操作

「Garmin vivoactive 5」

計測できること

血中酸素飽和度(SpO2)、心拍数、睡眠(質、時間、スコア、昼寝)、HRV ステータス (睡眠中の心拍数の変動)、VO2Max(最大酸素摂取量)、呼吸数、瞑想、水分補給トラッキング、歩数、消費カロリー、移動距離・速度・ペース(GPS内蔵)、上昇階数、週間運動量、フィットネス年齢、ストレスレベル、ライフログ、Body Batteryのエネルギー、気圧、高度、温度、女性の健康

30種類以上のスポーツアプリ(車椅子ユーザー向けのアクティビティ、ランニング、サイクリング、水泳、ゴルフなどに加え、屋内クライミング、ボルダリング、HIIT高強度インターバルトレーニングなど)

機能

(ヘルスケア機能)睡眠コーチ(睡眠スコアをもとに必要な睡眠時間と睡眠を改善する方法について提案)、お昼寝検出(昼寝を自動的に計測)、「HRV(心拍変動)ステータス」 (睡眠中の心拍数の変動)、「睡眠スコア」(睡眠の質を0~100までの数値で示す)、心拍の異常アラート、瞑想アクティビティ(ガイド付き)、ブレスワークアクティビティ(ストレスと呼吸をトラッキング)、水分補給トラッキング(水分摂取量を記録・水分補給の提案)

(フィットネス機能)車椅子モード(車椅子ユーザー向けに設計された内蔵ワークアウトを提供)、モーニングレポート(毎朝コンディションを知らせる)、ランニング機能(距離、タイム、ペース、ピッチ、フットポッド、ランプロフィールなど)、ゴルフ機能、サイクリング機能、スイム機能、ガーミンコーチ(最適なトレーニングプランを提案)、Moveバー(運動を促すアラート)、リカバリータイム(回復時間)、「筋力トレーニング」(トレーニング時に鍛えた筋肉部位をグラフィックで表示する)、アクティビティ中の音声アラート(ランニング/ウォーキングアクティビティ中)、ヘルススナップショット(2分間のセッションを記録して、心拍数や心拍変動、呼吸数、ストレス、血中酸素レベルなどの主な統計データを記録)

(その他の機能)

「セーフティ トラッキング」(事故・転倒検出)機能、Garmin Pay(非接触型決済)、通知機能(電話・メールなど)、Garmin Pay(Suicaキャッシュレス決済)、音楽再生機能 (スマホ不要・音楽ファイルの保存)、手首上でテキストメッセージを送信、バッテリー節約モード、写真を見る、2つのフォントサイズ(大きいサイズに変更可)、ガーミンコネクトアプリ、CONNECT IQ ストア

「Amazfit GTR 4」

計測できること

心拍数(24時間)、血中酸素飽和度(24時間)、ストレスレベル(24時間)、睡眠(段階、昼寝、スケジュール、呼吸、スコア)、呼吸、月経周期
最大酸素摂取量 (VO2 Max)、距離・ペース・ルート(GPS内蔵)

154種類のスポーツモード(スマート認識:25の筋力トレーニング、8つのスポーツ)

ランニングモード (トラックランモード、スマート軌道修正、仮想ペーサー)

機能

デュアルバンドGPS&6衛星測位(ルートファイルのインポート・リアルタイムでナビ)、Amazon Alexa(オフライン音声アシスタント、Bluetooth通話に応答)、Bluetooth通話、音楽再生(単体)、ウォッチフェイスのカスタマイズ(200種類以上・30のアニメーション・写真アップロード)、SOS送信、常時表示、クラウン操作

PAI健康管理システム、PeakBeats、ワンタップ測定(1回のタップで4つの健康指標をテスト)、水分補給のリマインダー、異常アラート(心拍数、血中酸素、ストレスレベル、呼吸エクササイズ促す)、インターバルトレーニングのテンプレート作成(時計経由)、Stravaアプリとadidas Runningアプリと同期、自動認識(8つのスポーツと25の筋力トレーニング)

ミニアプリの追加(音楽や電話、クイック返信、To Doリスト、天気、アラームなど)

「Fitbit Sense 2」

計測できること

血中酸素、皮膚温度、VO2 MAX(最大酸素摂取量)、心拍数、ストレス(cEDAセンサー内蔵)、睡眠(記録&ステージ・プロフィール・スコア)、呼吸数
月経周期、歩数、消費カロリー、距離・ペース・ルート(GPS内蔵)、血糖値測定(※アプリ内のみ)

40種類以上のエクササイズモード(ランニング、サイクリング、ウエイトトレーニング、ヨガ、HIIT高強度インターバルトレーニング、ウェイトリフティング、CrossFit、ダンスなど)

エクササイズの自動認識「SmartTrack」に対応(ウォーキング、ランニング、有酸素運動、クロストレーナー、屋外サイクリング、スポーツ、水泳)

機能

Googleマップでの道案内、Fitbit Pay(※Suica対応)、音声アシスタント(Amazon Alexa)、スマート返信機能(※Android のみ)、Bluetooth通話(着信への応答、ボイスメールでの返信、音量の調整)、ストレス通知、ストレスマネジメントスコア(ストレス対処を把握)、エクササイズの自動記録、スマートアラーム

ウォッチフェイスの変更(100種類以上・お気に入りに5つまで保存)、サイレントモード&おやすみモード、常時表示、急速充電、スマホ探索、スマートフォンの通知受信
Fitbit アプリ、Fitbit Premiumの6か月間メンバーシップ

スペックを比較

HUAWEI WATCH GT 4」と「Garmin vivoactive 5」、「Amazfit GTR 4」、「Fitbit Sense 2」のスペックを比較してみました。

「HUAWEI WATCH GT 4」のスペック

  • ディスプレイ
    46 mm:約1,43 インチ、解像度466 × 466 pxのAMOLEDカラースクリーン ※326ppi
    41 mm: 1,32 インチ、解像度466 × 466 pxのAMOLEDカラースクリーン ※352 ppi
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ)不明
  • ストレージ 不明
  • バッテリー駆動時間
    46 mm:通常で約14日間、ヘビーで約8日間、常時点灯で約4日間
    41 mm: 通常で約7日間、ヘビーで約4日間、常時点灯で約2日間
  • 充電 ワイヤレス充電 (5V~9V DC/2A)
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.2とBR+BLE
  • GPS 内蔵(GPS + GLONASS + Galileo + BaiDou + QZSS)
  • NFC 対応
  • インターフェース 充電端子、ホームボタン(回転リューズ)とサイドボタン
  • センサー 加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、光学式心拍センサー、気圧センサー、温度センサー
  • スピーカー 内蔵
  • マイク 内蔵
  • 防水 5ATM(5気圧防水)
  • ストラップ
    46 mm:ブラックフルオロエラストマーストラップ、グレーステンレススチールストラップ、ブラウンレザーストラップ
    41 mm: ブラックフロロエラストマーストラップ、シルバーステンレススチールストラップ、ホワイトレザーストラップ
  • 材質 ステンレススチール
  • 対応OS Android 8.0以降、iOS 13.0以降
  • OS 独自OS
  • サイズ
    46 mm:約46 mm × 約46 mm × 約10,9 mm
    41 mm: 約41,3 mm × 約41,3 mm × 約9,8 mm
  • 手首サイズ
    46 mm:140-210 mm
    41 mm: 120-190 mm
  • 重量
    46 mm:約48 g(ストラップ含まず)
    41 mm: 約37 g(ストラップ含まず)
  • カラー グレー(46 mm)、ホワイト (41 mm)
  • 付属品 充電クレードル(充電ケーブル含む)× 1、クイックスタートガイド / 保証とアフターサービスのご案内 × 1

関連記事Huaweiスマートウォッチは性能よし! 新型 Band 全機種を比較

Amazonで「HUAWEI WATCH GT 4」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI WATCH GT 4」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI WATCH GT 4」をチェックする

ファーウェイ公式サイトで「HUAWEI WATCH GT 4」をチェックする

AliExpressで「HUAWEI WATCH GT 4」をチェックする

「Garmin vivoactive 5」のスペック

  • ディスプレイ 直径1.2インチ (30.4 mm)、解像度390 x 390 pxのAMOLED フルカラー タッチスクリーン
    ※円形/大きな文字表示/Corning Gorilla Glass 3
  • ベゼル 陽極酸化アルミニウム
  • ケース FRP
  • プロセッサ 不明
  • 内蔵メモリ/履歴 4 GB
  • バッテリー カスタマイズできる低電力モードに対応
  • 駆動時間 スマートウォッチモード: 約 11 日間、バッテリー節約スマートウォッチモード: 約 21 日間、GPSモード: 約 21 時間、マルチGNSSモード: 約 17 時間、マルチGNSS+音楽再生モード: 約 8 時間
  • 充電 Garmin独自の充電ケーブルによる有線充電
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi、Bluetooth、ANT+
  • GPS 内蔵 (GPS,GLONASS,Galileo,みちびき)
  • Garmin Pay / Suica 対応
  • インターフェース 充電端子、ボタン
  • センサー Garmin Elevateリスト型心拍計、コンパス、加速度計、温度計(tempeセンサーが必要)、環境光センサー、血中酸素トラッキング、GPS
  • 車いすモード 対応
  • 防水 5 ATM (5気圧防水)
  • アプリ Garmin Connect Mobileアプリ、Connect IQ アプリストア
  • バンド 20mm、シリコン、クイックリリースバンド対応
  • 対応OS iPhone、および Android スマートフォン
  • OS 独自OS
  • サイズ 42.2x 42.2 x 11.1 mm
  • 手首周り適応サイズ 125-190 mm
  • 重量 23 g (標準付属バンド込み:36 g)
  • カラー Black/Slate、Ivory/Cream Gold、Blue Met、Orchid/Orchid Met

関連記事:「Garmin vivoactive 5」はほぼ全部入り? 高機能で安いスマートウォッチと徹底 比較!

Amazonで「Garmin vivoactive 5」をチェックする

楽天市場で「Garmin vivoactive 5」をチェックする

ヤフーショッピングで「Garmin vivoactive 5」をチェックする

米国 Amazon.comで「Garmin vivoactive 5」をチェックする

「Amazfit GTR 4」のスペック

  • ディスプレイ 1.43インチ、解像度466×466 pxのAMOLEDスクリーン
    ※326ppi/タッチスクリーン/強化ガラス/指紋防止コーティング/アンチグレアベゼル
  • クラウン操作 対応
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
  • バッテリー 475mAh ※バッテリーセーバーモードあり
  • 駆動時間 通常使用で約14日間、クロックモードで約50日間、ハードな使用で約7日間、GPSモードで最大44時間、省電力GPSモードで最長52時間
  • 充電 マグネット充電、時間:2時間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi (2.4GHz)、Bluetooth 5.0 BLE
  • GPS 6衛星測位、デュアルバンド
  • インターフェース 充電端子、ボタン×2
  • センサー BioTracker™ 4.0 PPG 生体認証センサー(血中酸素、4PD+2LED対応)、加速度センサー、ジャイロセンサー、地磁気センサー、気圧高度計、周囲光センサー
  • スピーカー あり
  • マイク あり
  • モーター リニアモーター
  • 防水 5 ATM (5気圧防水)
  • 筐体の材質 アルミ合金製ミドルフレーム+高光沢スプレー PC ボトムシェル
  • ストラップ 幅:22mm、材質:フッ素ゴム・皮革 ナイロンクイックリリース、手首長さ:150mm~215mm(150mm~210mm)
  • バックル クラシックピンバックル
  • アプリ Zepp App
  • 対応OS Android 7.0 以上、iOS 12.0 以上
  • OS Zepp OS 2.0 ※ミニアプリの追加に対応
  • サイズ 46×46×10.6mm
  • 重量 34g (ストラップ含める)
  • カラー スーパースピードブラック(フッ素エラストマーストラップ)、ヴィンテージブラウンレザー(レザーストラップ)、レーストラック グレー (ナイロンストラップ)

関連記事:「Amazfit GTR 4」と超人気の高性能スマートウォッチを徹底 比較!

Amazonで「Amazfit GTR 4」をチェックする

楽天市場で「Amazfit GTR 4」をチェックする

ヤフーショッピングで「Amazfit GTR 4」をチェックする

Amazfit日本公式ストアで「Amazfit GTR 4」をチェックする

AliExpressで「Amazfit GTR 4」をチェックする

米国 Amazon.comで「Amazfit GTR 4」をチェックする

「Fitbit Sense 2」のスペック

  • ディスプレイ 1.58インチのAMOLED
    ※スクウェア/明るさ調整/カラータッチスクリーン/常時表示
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
  • バッテリー 250mAh
  • 駆動時間 一般的な使用で6日間以上
  • 充電 急速充電(12分間で1日分)
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0
  • GPS 内蔵
  • インターフェース ボタン、充電端子
  • センサー マルチパス光学式心拍数センサー、電気センサー(cEDA)、多目的電気センサー、赤外線センサー、推定睡眠時皮膚温センサー、3軸加速度計、環境光センサー
  • スピーカー あり・(75dB SPL @10cm)
  • マイク あり
  • 振動モーター あり
  • 防水 5気圧防水
  • Fitbit Pay 対応 ※Suica、PayPay銀行、Sony Bankを近日中にサポート予定
  • 音声アシスタント 対応・Amazon Alexa
  • 筐体の素材 アルミ合金
  • バンド シリコン製、24mm、交換可能、オプションで豊富なアクセサリーベルトを用意
  • アプリ Fitbitアプリ
  • 対応OS Android OS 8.0以上、Apple iOS 13.3以上
  • OS Fitbit OS
  • サイズ 40.5 × 40.5 × 11.2 mm
  • 重量 37.64 g
  • カラーシャドーグレー&グラファイトアルミニウム、ルナホワイト&プラチナアルミニウム、ブルーミスト&ソフトゴールドアルミニウム

関連記事:「Fitbit Sense 2」は最強か? 超高性能スマートウォッチと徹底 比較!

Amazonで「Fitbit Sense 2」をチェックする

楽天市場で「Fitbit Sense 2」をチェックする

ヤフーショッピングで「Fitbit Sense 2」をチェックする

Fitbit公式サイトで「Fitbit Sense 2」をチェックする

米国 Amazon.comで「Fitbit Sense 2」をチェックする

「HUAWEI WATCH GT 4」のメリット・デメリット

HUAWEI WATCH GT 4」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・1.43インチ/1.32インチのAMOLEDスクリーン搭載でアイコンの拡大・縮小に対応

HUAWEI WATCH GT 4」は46mmモデルで1.43インチ、41mmモデルで1.32インチのAMOLEDカラースクリーン(解像度466×466)を搭載。UIや文字サイズを見やすく改善したほか、リューズで画面内のアプリアイコン(Launcherグリッド)を拡大・縮小できるようになっています。

一方、「Garmin vivoactive 5」は1.2インチで解像度390 x 390 pxのAMOLEDスクリーンを搭載し、大きな文字表示や堅牢なGorilla Glass 3に対応しています。「Amazfit GTR 4」は1.43インチで解像度466x466pxの円形AMOLEDスクリーンを搭載しています。「Fitbit Sense 2」は1.58インチのAMOLEDカラータッチスクリーンを搭載しています。

・2万種類以上の文字盤デザインを用意

HUAWEI WATCH GT 4」は2万種類以上の文字盤デザインを用意。41mmモデルでは、消費カロリーや活動時間、歩数などの目標値に合わせて、花が徐々に開いていく文字盤デザインも設定できます。

一方、「Garmin vivoactive 5」は文字盤デザインのカスタマイズに対応しています。「Amazfit GTR 4」はウォッチフェイスのカスタマイズ(200種類以上・30のアニメーション・写真アップロード)に対応しています。「Fitbit Sense 2」はウォッチフェイスの変更(100種類以上・お気に入りに5つまで保存)に対応しています。

・最大2週間 駆動できるバッテリーを搭載

HUAWEI WATCH GT 4」は46mmモデルで最大14日、41mmモデルで最大7日間駆動するバッテリーを搭載しています。

一方、「Garmin vivoactive 5」はスマートウォッチモードで約11日間、GPSモードで約21時間 駆動できるバッテリーを搭載。カスタマイズ可能な低電力モードも利用できます。「Amazfit GTR 4」は475mAhバッテリー搭載で約14日間駆動できます。「Fitbit Sense 2」は6日間以上駆動できるバッテリーを搭載し、急速充電も利用できます。

・Bluetooth 5.2 (BR+BLE)に対応

HUAWEI WATCH GT 4」はBluetooth 5.2 (BR+BLE)に対応し、ワイヤレス機器ともスムーズに接続できます。

一方、「Garmin vivoactive 5」は単体でも通信できるWi-FiやBluetoothによるワイヤレス接続、対応機器と接続できるANT+にも対応しています。「Amazfit GTR 4」はWi-Fi(2.4GHz)通信とBluetooth 5.0 BLEをサポートしています。「Fitbit Sense 2」はBluetooth 5.0に対応し、スマートフォンともスムーズに接続できます。

・ワイヤレス充電に対応

HUAWEI WATCH GT 4」は付属の充電クレードルを介してワイヤレス充電を利用できます。

一方、「Garmin vivoactive 5」と「Amazfit GTR 4」、「Fitbit Sense 2」はワイヤレス充電に対応していません。

・充実のヘルスケア機能

HUAWEI WATCH GT 4」は血中酸素レベル測定、心拍数測定、睡眠モニタリング、ストレスモニタリング、体表面温度測定、ストレス、呼吸数、気圧、歩数、消費カロリーなどの計測に対応しています。

一方、「Garmin vivoactive 5」は血中酸素、心拍数、ストレス、呼吸、体のエネルギー残量をスコアで可視化する「Body Battery」、最大酸素摂取量(VO2 Max)の計測に対応しています。「Amazfit GTR 4」は新たにBioTracker 4.0 PPGセンサーを搭載し、従来モデルよりも33%精度が向上。心拍数、血中酸素、ストレスレベルの24時間モニタニングにも対応しています。「Fitbit Sense 2」はストレスを常時トラッキング、血中酸素・皮膚温度・VO2 MAX(最大酸素摂取量)の計測に対応しています。

・カロリー管理機能が使える

HUAWEI WATCH GT 4」は新しいカロリー管理機能を搭載。摂取カロリー(アプリで手動で入力)と消費カロリー(リアルタイム計測)のバランスをチェックすることで、よりよい健康状態を目指すことができます。

一方、「Garmin vivoactive 5」と「Amazfit GTR 4」、「Fitbit Sense 2」は特別なカロリー管理機能を搭載していません。

「睡眠中呼吸乱れ検知」機能を搭載・睡眠スコア、パターン分析、いびき、アドバイス提供にも対応

HUAWEI WATCH GT 4」は新たに「睡眠中呼吸乱れ検知」機能を搭載。心拍数と血中酸素レベルの変化から、睡眠中の呼吸の中断やその頻度を確認できます。また、睡眠スコアや睡眠パターンの分析、寝言やいびきの記録、200種類以上の専門的な改善アドバイスの提供にも対応しています。

一方、「Garmin vivoactive 5」は睡眠モニタリング(質、時間、スコア、昼寝)と睡眠コーチ、お昼寝検出機能を利用できます。「Amazfit GTR 4」は睡眠モニタリング(段階、昼寝、スケジュール、呼吸、スコア)に対応しています。「Fitbit Sense 2」は睡眠モニタリング(記録&ステージ・プロフィール・スコア)に対応しています。

・100種類以上のスポーツモードに対応・自動記録も利用できる

HUAWEI WATCH GT 4」はランニングやサイクリング、スキー、登山など100種類以上のスポーツモードに対応しています。また、アクティビティの自動記録にも対応しています。

一方、「Garmin vivoactive 5」は30種類以上のスポーツモードに対応し、車椅子モードも利用できます。「Amazfit GTR 4」は154種類のスポーツモードに対応。8つのスポーツと25の筋力トレーニングは自動で認識できます。「Fitbit Sense 2」は40種類以上のエクササイズモードに対応し、エクササイズの自動記録も利用できます。

・AIランニングコーチ機能が使える

HUAWEI WATCH GT 4」は走力に合わせたトレーニングプランを提案する「AIランニングコーチ機能」を搭載。リアルタイムの日本語音声でトレーニングのガイダンスも利用できます。

一方、「Garmin vivoactive 5」は最適なトレーニングプランを提案するガーミンコーチ機能を利用できます。「Amazfit GTR 4」はランニングモードを搭載しています。「Fitbit Sense 2」は特別なランニング機能を搭載していません。

・5衛星測位に対応・精度の高い距離やペースを計測できる

HUAWEI WATCH GT 4」は5衛星測位に対応し、より精度の高い位置情報やペースを取得することが可能。GNSS信号の精度が約30%向上したことで、大通りや公園、住宅街でも高精度にルートを追跡できるほか、独自のアルゴリズムで、走れば走るほど精度が向上していくようになっています。

一方、「Garmin vivoactive 5」はみちびきを含む4衛星測位に対応したGPSセンサーを搭載し、距離やペースも測定できます。「Amazfit GTR 4」は6つの衛星測位にも対応し、99%の高精度で距離やペース、ルート情報を取得できます。「Fitbit Sense 2」はGPS内蔵で距離やペースを測定できます。

・単体での音楽再生に対応・プレイリストを保存できる

HUAWEI WATCH GT 4」はスピーカー搭載で単体での音楽再生に対応しています。また、スマートフォンのアプリでプレイリストを設定し、特定のワークアウトに合わせた音楽を再生できます。

一方、「Garmin vivoactive 5」は単体での音楽再生に対応し、Spotify、Amazon Music、LINE MUSICなどの音楽配信サービスからプレイリストを同期してウォッチに保存できます。「Amazfit GTR 4」は本体に音楽ファイルを保存して単体で音楽再生することができます。「Fitbit Sense 2」は単体での音楽再生に対応していません。

・Bluetooth通話に対応

HUAWEI WATCH GT 4」はBluetooth通話に対応し、ウォッチ上から直接 電話の応答が可能です。

一方、「Garmin vivoactive 5」はluetooth通話に対応していません。「Amazfit GTR 4」はスピーカーとマイクを搭載し、Bluetooth通話が利用できるようになっています。「Fitbit Sense 2」はスピーカーとマイクを内蔵し、Bluetooth通話に対応。ウォッチ上から着信への応答、ボイスメールでの返信、音量の調整が行えます。

・5気圧防水に対応

HUAWEI WATCH GT 4」は5気圧防水に対応し、シャワーや屋内の水泳でも利用できます。

一方、「Garmin vivoactive 5」は5気圧防水に対応し、屋内の水泳やシャワーでも使用できます。「Amazfit GTR 4」は5気圧防水に対応し、シャワーや屋内スイミングで使用できます。「Fitbit Sense 2」は5気圧防水に対応し、屋内の水泳でも使用できます。

・独自OS搭載でアプリを追加できる

HUAWEI WATCH GT 4」は独自OS搭載でAppGalleryからアプリを追加できます。

一方、「Garmin vivoactive 5」はガーミン独自のOSを搭載し、Connect IQ アプリストアからアプリを追加できるようになっています。「Amazfit GTR 4」はZepp OS 2.0を搭載し、音楽や電話、クイック返信、To Doリスト、天気、アラームなどのミニアプリを追加することができます。「Fitbit Sense 2」はFitbit OSを搭載し、Fitbitアプリからアプリを追加できます。

デメリット

・Suica決済が利用できない

HUAWEI WATCH GT 4」はSuica決済を利用できません。

一方、「Garmin vivoactive 5」はGarmin Payによるキャッシュレス決済をサポートし、Suica タッチ決済も利用できます。「Amazfit GTR 4」はSuica決済が利用できません。「Fitbit Sense 2」はFitbit Payに対応し、Suicaによる電子マネー決済も利用できます。

・Wi-Fi通信に対応していない

HUAWEI WATCH GT 4」は単体で通信できるWi-Fi通信に対応していません。

一方、「Garmin vivoactive 5」と「Amazfit GTR 4」はWi-Fi通信に対応しています。「Fitbit Sense 2」はWi-Fi通信に対応していません。

「HUAWEI WATCH GT 4」の評価

HUAWEI WATCH GT 4」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

2021年12月に発売された「HUAWEI WATCH GT 3」の後継モデルになります。全体的なスペックやヘルスケア機能を強化し、新しい機能も追加しています。

注目するべきは睡眠の機能です。

新たに追加された「睡眠中呼吸乱れ検知」機能では、睡眠中の呼吸の中断やその頻度を確認できます。この睡眠中の「無呼吸」状態の確認は、睡眠中に何度も呼吸が止まったり浅くなったりして体の低酸素状態が発生する病気の早期発見に役立ちます。自分では気づきにくい病気なので、こうした機能で早期に発見・対処できるのは非常に便利です。

HUAWEI WATCH GT 4」にはこの他にも睡眠スコアや睡眠パターンの分析、寝言やいびきの記録、200種類以上の専門的な改善アドバイスの提供にも対応しており、「睡眠」に関する機能がかなり充実しています。

強力な睡眠分析機能を持つスマートウォッチには、睡眠コーチとお昼寝検出が利用できる「Garmin vivoactive 5」もありますが、「HUAWEI WATCH GT 4」はそれに負けないぐらい強力な睡眠モニタリング機能を備えているといっていいでしょう。「Fitbit Sense 2」のような有料のプレミアムプランを契約せずに使える点も大きなメリットです。

一方、スポーツモード100種類以上で前モデルとあまり変わっていません。しかし、GPSの精度が向上したことで、距離やペースなども高精度に測ることが可能で、走力に合わせたトレーニングプランを提案する「AIランニングコーチ機能」も利用できます。派手な改善点はありませんが、スポーツに関しても十分な機能を備えているといっていいでしょう。

全体的なスペックは少し高めで、ヘルスケア機能、スポーツ機能の両方が非常に充実しています。幾何学的なデザインを採用したデザインも上位モデルに引けを取らないほど洗練されており、ワンランク上の格上スマートウォッチに進化したといえそうです。

ただし、Suica決済機能は利用できません。この点はSuica決済対応の「Garmin vivoactive 5」や「Fitbit Sense 2」の方が便利であるといえます。

HUAWEI WATCH GT 4」の発売時の価格は、32,780~54,780円。

Amazonでは29,800円で販売されているようで、かなりお買い得です。強力な睡眠分析機能を備えた高性能なスマートウォッチを探している人におすすめです。

「HUAWEI WATCH GT 4」のデザイン

HUAWEI WATCH GT 4」のデザインは下の動画でチェックできます。

Youtubeショート動画でデザインをチェックする

Instagramでデザインをチェックする

「HUAWEI WATCH GT 4」の販売・購入先

HUAWEI WATCH GT 4」は、

Amazonで28,991円(税込・41mm・ブラック)、

楽天市場で29,800円〜(送料無料)、

ヤフーショッピングで33,880円(送料無料)、

ファーウェイ公式サイトで32,780円(41mm)、

AliExpressでUS $305.37 (日本円で約44046円)、

米国 Amazon.comで$428.00、

で販売されています。

Amazonで「HUAWEI WATCH GT 4」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI WATCH GT 4」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI WATCH GT 4」をチェックする

ファーウェイ公式サイトで「HUAWEI WATCH GT 4」をチェックする

AliExpressで「HUAWEI WATCH GT 4」をチェックする

 

 

 

他のスマートウォッチと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Amazfit Active」(1.75のAMOLED・120種スポーツ)

日本版Huawei Watch 4」(1.5の AMOLED液晶・eSIMで通話)

★「Amazfit Balance」(1.5AMOLED・体組成・レディネススコア)

Garmin vivoactive 5

Amazfit GTR 4

Fitbit Sense 2

ASUS VivoWatch 5」(デュアルセンサー・健康アドバイス)

TicWatch Pro 5」(Wear OS 3・Snapdragon W5+ Gen 1)

Huawei Watch GT 3 Pro」(ダイビング・ゴルフ・音楽再生)

Galaxy Watch6」(Wear OS・睡眠分析・ランニング・転倒)

Google Pixel Watch 2」(Wear OS 4.0・ストレス管理機能)

Garmin Venu 3」(スリープコーチ・通話・音楽再生・GPS)

Apple Watch Series 9」(ダブルタップ・高速Siri・S9 Sip)

他のHUAWEI スマートウォッチと比較

他にもHUAWEIのスマートウォッチが販売されています。ぜひ比較してみてください。

Huaweiスマートウォッチは性能よし! 新型 Band 全機種を比較

その他のおすすめスマートウォッチは?

その他のおすすめスマートウォッチは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

【2023年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

最新のスマートウォッチをまとめて紹介しています。

スポーツ&健康管理に使えるスマートバンド 最新 機種 まとめ

最新のリストバンド(活動量計)をまとめて紹介しています。

アウトドアで使えるタフなスマートウォッチ 全機種を比較

アウトドアで使えるタフスマートウォッチをまとめて紹介しています。

<3G・4G対応のAndroidスマートウォッチ>

3G・4G対応で通話できるAndroidスマートウォッチ まとめ