ガーミンのスマートウォッチ 買うならどれ? 人気モデルを比較


最新のガーミン(Garmin) スマートウォッチをまとめて紹介!  スペックや特徴、機能、価格の違いがひと目で分かるようにまとめてあります。

ガーミンのスマートウォッチの特徴

ガーミン(Garmin)のスマートウォッチにはどんな特徴があるのだろうか? ここではその主なものを簡単に紹介する。

独自OSでもAndroidのWear OSより使いやすい

ガーミンのスマートウォッチはAndroidのWear OSを搭載せず、アプリを自由に追加することはできない。しかし、日々の活動量、心拍数や睡眠の質、GPSによる距離、ペース、位置情報など、必要なものはすべて計測し、記録することができる。トレーニング中は余計なことに煩わされずに集中できた方がいいので、むしろAndroidのWear OSがない方が使いやすい。

スポーツ特化でシンプル機能・バッテリーも長持ち

ガーミン製スマートウォッチの最大のメリットはスポーツに特化したシンプルな機能を備えていることにある。運動中でもランニングや、ウォーキング、バイク、水泳などのスポーツの種類を自動で設定してくれるので、切り替えの操作は不要。常に目の前の運動に集中することができる。また、AndroidのWear OSを搭載していないのでバッテリーの持ちもいい。いちいち充電せずにすむのでスムーズにトレーニングを始められる。

多彩なラインナップで用途に合わせて選択できる

ガーミンのスマートウォッチはタッチ操作に対応するものやリストバンド型の活動量計、ランニング用ウォッチ、登山用、アナログ時計風のものなどさまざまなものが用意されている。また、高精度なGPS機能や心拍測定機能など充実した機能を備えているものもあり、スマートフォンとの連携も可能。用途に合わせてさまざまなものを選択できる。

「Garmin Connect」で仲間とシェアする楽しみがある

ガーミンのスマートウォッチは「Garmin Connect」を利用できるという大きなメリットがある。測定したデータを「Garmin Connect」にアップロードすれば、シンプルで見やすいインターフェースで日々のアクティビティを確認できる。また、友人や知人とデータをシェアして楽しむという使い方もあり。互いに切磋琢磨してトレーニングに励むことでより高い効果が得られる。

ガーミン最新スマートウォッチ ラインナップ 一覧

ここではガーミンの最新スマートウォッチ ラインナップを一覧で紹介します。リンク先からさらに詳しいスペック情報や性能、価格などが分かるようになっています。

ここで紹介する機種は以下の通りです。続きもあります。

「Garmin VENU 2」
「Garmin VENU SQ」
「Garmin VENU」

「Garmin vivoactive 4 / 4S」
「Garmin vivomove 3 / 3S」

「INSTINCT DUAL POWER」
「Instinct Tactical」

「ForeAthlete 45/45S」
「Garmin fenix 6」
「fenix6X Pro Dual Power」
「Garmin Swim 2」

 

<GPS・睡眠スコア・筋力トレーニング・2021/6/1発売>

「Garmin VENU 2」

Garmin VENU 2」は独自OSを搭載したスポーツ・アウトドア用のスマートウォッチ。サイズ45.4mm、重さ49gのボディに1.3インチ、解像度416 x 416 ドットの AMOLED(有機EL)液晶を搭載。64GBストレージ、スマートウォッチモードで約11日間駆動するバッテリーを備えるほか、

血中酸素飽和度(SpO2)、「睡眠スコア」、「筋力トレーニング」、25種類以上のスポーツアクティビティ計測、ヘルススナップショット、ストレスレベル、Body Battery
最大650曲の音楽ファイル保存、、5気圧防水、GPS(みちびき、GLONASS、Galileo)にも対応している。

続きを読む

楽天市場で「Garmin VENU 2」をチェックする

ヤフーショッピングで「Garmin VENU 2」をチェックする

ビックカメラで「Garmin VENU 2」をチェックする

Amazonで「Garmin VENU 2」をチェックする

米国Amazon.comで「Garmin VENU 2」をチェックする

<マルチスポーツGPSウォッチ・Garmin Pay対応・2020/12/3発売>

「Garmin VENU SQ」

Garmin VENU SQ」は独自OSを搭載したスポーツ用のスマートウォッチ。サイズ33.1mm、重量 37.6gのボディに1.3インチのタッチフルカラー液晶を搭載。スマートウォッチモードで6日間駆動できるバッテリーを備えるほか、

Garmin Pay、Suica決済、VO2 max(最大酸素摂取量)・ストレスレベル・呼吸数の計測、Gorilla Glass 3、常時表示モード、GARMIN COACH、Body Battery 、セーフティ機能(事故検知機能)、音楽再生(Musicモデルのみ対応)、通知(電子メールやテキスト、アラートを受信)、Move IQ、、オリジナルワークアウトの作成・ダウンロード、CONNECT IQストア、Bluetooth、みちびきGPS(内蔵)にも対応している。

続きを読む

Amazonで「Garmin VENU SQ」をチェックする

ビックカメラで「Garmin VENU SQ」をチェックする

米国 Amazon.comで「Garmin VENU SQ」をチェックする

<マルチスポーツGPSウォッチ・有機EL液晶・2019/ 10/18 発売>

「Garmin VENU」

Garmin VENU」はヘルスモニタリング機能を内蔵したGPSスマートウォッチ。直径1.2インチの5気圧防水ボディに解像度390 x 390 pxの AMOLED(有機EL)液晶と最大5日間 駆動するバッテリーを搭載。

新たに「動画ワークアウト」、「呼吸数モニタリング」、「生理周期トラッキング」機能を追加したほか、音楽再生機能、通知機能、ボディバッテリー、セーフティ機能(事故検出・援助要請)、Garmin Pay」(非接触決済)、GARMIN COACH(ガーミン コーチ)、TrueUp、Move IQ、などの機能も備えている。

続きを読む

Amazonで「Garmin VENU」をチェックする

米国 Amazon.comで「Garmin VENU」をチェックする

<マルチスポーツGPSウォッチ・ヘルスモニタリング・2019/ 10/18>

「Garmin vivoactive 4 / 4S」

Garmin vivoactive 4」はヘルスモニタリング機能を内蔵したGPSスマートウォッチ。5気圧防水ボディに半透過型カラーMIPディスプレイと最大5日間 駆動するバッテリーを搭載。

新たに「動画ワークアウト」、「呼吸数モニタリング」、「生理周期トラッキング」機能を追加したほか、音楽再生機能、通知機能、ボディバッテリー、セーフティ機能(事故検出・援助要請)、Garmin Pay」(非接触決済)、GARMIN COACH(ガーミン コーチ)、TrueUp、Move IQ、などの機能も利用できる。

また、GLONASS/Galileo/みちびきを利用したGPS通信に対応。ランニング、登山、サイクリング、スイミング、スキー、スノーボードなど20種目以上のアクティビティ計測にも対応している。

続きを読む

Amazonで「Garmin vivoactive 4」をチェックする

米国 Amazon.comで「Garmin vívoactive 4S」をチェックする

< vivomoveシリーズ・アナログ液晶・タッチ対応・2019/10/16発売 >

「Garmin vivomove 3 / 3S」

Garmin vivomove 3 / 3S」はタッチ対応のアナログ液晶スマートウォッチ。5気圧防水ボディに解像度64 x 132 pxのOLED液晶やSmartモードで最大4日間、時計モードで最大7日間 駆動するバッテリーを搭載。ストレス、睡眠、心拍、水分補給、生理周期などの計測が可能なほか、通知機能(テキスト応答)、コネクテッドGPS、カレンダー、天気情報、スマートフォン音楽再生操作、スマートフォン探索、TrueUp、Move IQ、Body Batteryにも対応している。

続きを読む

Amazonで「Garmin vivomove 3」をチェックする

米国 Amazon.comで「Garmin vívomove 3」をチェックする

<Instinctシリーズ・ソーラー充電・GPSタフネス・2020/7/16 発売>

「INSTINCT DUAL POWER」

ガーミン「INSTINCT DUAL POWER」はソーラー充電に対応したアウトドア向けタフネス GPSウォッチ。10気圧防水ボディに解像度128 x 128 pxの半透過メモリインピクセル(MIP)液晶を搭載。スマートウォッチモードで最大54日間 駆動できるほか、

パワーマネージャー機能、Body Battery、耐熱、耐衝撃、「MIL-STD-810G」、ゴリラガラスDX、GARMIN ELEVATEリスト型心拍計、気圧高度計、コンパス、温度計、みちびきGPS(GLONASS、GALILEOを含む)、Bluetooth, ANT+にも対応している。

続きを読む

Amazonで「INSTINCT DUAL POWER」をチェックする

ビックカメラで「INSTINCT DUAL POWER」をチェックする

<Instinctシリーズ・GPSタフネス・ステルスモード・2019/11/20 発売>

「Instinct Tactical」

ガーミン「Instinct Tactical」はアウトドア向けのタフネス GPSウォッチ。10気圧防水ボディに解像度128 x 128 pxのモノクローム 半透過メモリインピクセル液晶やGPS モードで最大14時間 駆動するバッテリーを搭載。新たにステルスモード、ナイトビジョン、ジャンプマスター、デュアルポジションフォーマット機能を備えるほか、

TracBack機能(ナビゲート機能)、MIL規格「MIL-STD-810G」、耐熱・耐衝撃・耐水性、3軸電子コンパス・気圧高度計・グローバルナビゲーション衛星システム(GPS、GLONASS、みちびき、Galileo)による正確な位置情報の取得スマートフォンとの連携機能、通知、心拍数・アクティビティ・ストレスの計測にも対応している。

続きを読む

Amazonで「Instinct Tactical」をチェックする

米国 Amazon.comで「Garmin Instinct Tactical」をチェックする

潮の満ち引きも分かる「Instinct Tide」も発売!

Amazonで「Instinct Tide」をチェックする

<ForeAthlete シリーズ・GPSランニングウォッチ・2019/ 8/1 発売>

「ForeAthlete 45/45S」

ForeAthlete 45/45S」はGPS搭載のランニングウォッチ。5気圧防水ボディに半透過メモリインピクセル(MIP)液晶、心拍計、最大7日間 駆動するバッテリーを搭載。各種の活動量や心拍数、VO2 max値、睡眠の質、ストレスレベルを計測できるほか、パーソナルランニングコーチ機能(GARMIN COACHアプリ)、「リラクゼーション呼吸タイマー」機能、「Body Battery」機能、「ライフログ機能」、Bluetooth、ANT+、スマートフォンとの連携機能、Garmin Connect(データ同期)、Connect IQ(ウォッチフェイス変更)にも対応している。

続きを読む

Amazonで「ForeAthlete 45」をチェックする

<fenixシリーズ・GPSウォッチ・ハイスペック・2019/9/12 発売>

「Garmin fenix 6」

Garmin fenix 6」は大型ディスプレイを搭載したマルチスポーツGPSウォッチ。10気圧 防水 対応のボディに1.3インチの半透過型MIPカラー液晶と32GBストレージを搭載。

バッテリー駆動時間を延ばす「パワーマネージャー機能」、ランニングレースのペース配分が行える「PacePro機能」、Amazon Music、Spotify、LINE MUSICにも対応する「音楽再生機能」、「Garmin Pay」での決済機能、スキー場マップを含む「地図機能」(※fēnix6S、fēnix6 silverモデルを除く)、危険を察知して居場所の通知を送信する「セーフティ機能」、カラダのエネルギーの残量を表す「ボディバッテリー」、登山やサイクリングなどのアクティビティに関する情報をリアルタイムで表示する「Climb Pro機能」、マルチスポーツアプリ、GLONASS/Galileo/みちびきを利用したGPS通信にも対応している。

続きを読む

Amazonで「Garmin fenix 6」をチェックする

米国 Amazon.comで「Garmin Fenix 6」をチェックする

<fenixシリーズ・ソーラー充電・GPSウォッチ・2019/ 12/19 発売>

「fenix6X Pro Dual Power」

ガーミン「fenix6X Pro Dual Power」は太陽電池を採用したマルチスポーツGPSウォッチ。10気圧 防水 対応のボディに1.4インチの半透過型MIPカラー液晶と32GBストレージ(メモリ)を搭載。最大24日間 駆動するバッテリー、光学式心拍計、3軸電子コンパス、ジャイロスコープ、気圧高度計を備えるほか、

PACE PRO(2019 年 10 月以降に対応)、音楽再生、「Garmin Pay」、スキー場やゴルフ場のマップを含む「地図機能」(ナビゲート)、「セーフティ機能」(SOS発信)、「ボディバッテリー」、「Climb Pro機能」、マルチスポーツアプリ、スマート通知、GLONASS/Galileo/みちびきを利用したGPS通信にも対応している。

続きを読む

Amazonで「fenix6X Pro Dual Power」をチェックする

米国 Amazon.comで「Garmin Fenix 6X Pro」をチェックする

<Swimシリーズ・GPSウォッチ・水中心拍計・2020/ 1/30 発売>

「Garmin Swim 2」

Garmin Swim 2」は水中心拍計を備えたスイミング用のGPSスマートウォッチ。5気圧防水ボディに半透過型カラーMIPディスプレイと最大7日間 駆動するバッテリーを搭載。スイミングモード(距離やペース、ストローク数、ストロークごとの距離に、水泳効率の指標を示す「SWOLF」などの計測)無酸素運動のしきい値を推定できる「クリティカルスイムスピード」(CSS)の計測、ドリル練習計測機能(キック、片手泳ぎ、漕ぎ動作などのドリルの時間と距離を確認)に対応するほか、日々のアクティビティ、睡眠、心拍数、ストレスなどの計測にも対応する。

続きを読む

Amazonで「Garmin Swim 2」をチェックする

米国 Amazon.comで「Garmin Swim 2」をチェックする

型落ち ガーミンのスマートウォッチ まとめ パート1

ここでは、ガーミン「vivoactive」シリーズと「vivosmart」「vivosport」シリーズの液晶ディスプレイ付きモデルをまとめて紹介する。少々古くなっているが、性能的にはまだまだ十分に使えるものばかり。最新モデルと比較しても見劣りしない使いやすさがあるものばかりだ。

<vivoactive シリーズ タッチ対応のカラー液晶 スマートウォッチ・多彩なスポーツアプリが使えるGPSスマートウォッチ>

「Garmin vivoactive 3」

Garmin vivoactive 3」はスポーツのアクティビティを計測できる腕時計型のスマートウォッチ。GPSや心拍計に加えて、15種類以上のスポーツアプリを搭載。スマートフォンとの連携機能やライフログ機能を備えている。また、NFCを利用したタッチ式の決済機能「Garmin Pay」が利用可能。「三菱UFJ-VASAデビット」でスマート決済できる。

続きを読む

Amazonで「Garmin vivoactive 3」をチェックする

<アナログ腕時計タイプ・心拍&防水対応のシックなアナログ風スマートウォッチ>

「vivomove HR」

vivomove HR」はタッチ対応の液晶を備えたアナログ風スマートウォッチ。OLED(有機EL)や光学式心拍センサー最大10日間駆動するバッテリーを搭載。50mm防水、「Garmin connect」による自動アップロードにも対応している。

続きを読む

Amazonで「vivomove HR」をチェックする

米国 Amazon.comで「Garmin vívoactive 3」をチェックする

<リストバンド型活動量計・光学式心拍計&GPSを内蔵したシンプルな活動量計>

「vivosmart  HR+」

vivosmart HR+」は腕に巻くだけで活動量や睡眠状況が記録できるシンプルな活動量計。GPSのほかに新たに光学式心拍計が追加された。

続きを読む

Amazonで「vivosmart HR+」をチェックする

米国 Amazon.comで「Garmin Vivosmart HR+」をチェックする

<光学心拍計&GPS機能を搭載した活動量計 ガーミン>

「vivosport」

ガーミン「vivosport」は光学心拍計&GPS機能を搭載したリストバンド型の活動量計。活動中の移動距離や時間、スピード、ペースなどが測定できるほか、最大酸素摂取量「VO2max」や日々のストレスレベルも測定可能。測定したデータを「Garmin Connect」に自動アップロードする機能も備えている。

続きを読む

Amazonで「vivosport」をチェックする

米国 Amazon.comで「vivosport」をチェックする

<vivoactive シリーズ 液晶搭載・光学式の心拍計を備えたGPS スマートウォッチ>

「Garmin vivoactive HR」

GARMIN vivoactive HR」は光学式の心拍計を内蔵したスポーツ用のGPS スマートウォッチ。トレーニング中の心拍(脈拍)を計測し、心拍に関する様々なデータを計測することができる。

続きを読む

Amazonで「GARMIN vivoactive HR」をチェックする

米国 Amazon.comで「Garmin vívoactive HR」をチェックする

<活動量計・光学式心拍計を搭載した活動量計>

「vivosmart HRJ」

vivosmart HRJ」は心拍計を備えた腕時計型の活動量計。活動量(ステップ数)や睡眠状況のほか、24時間心拍数を計測することができる。

続きを読む

Amazonで「vivosmart HRJ」をチェックする

米国 Amazon.comで「Garmin vívosmart HR」をチェックする

型落ちガーミンのスマートウォッチ まとめ 2

ここでは活動量計として使えるリストバンド型のスマートウォッチを中心に紹介する。

<体エネルギーが見える活動量計>

「Garmin vivosmart 4」

Garmin vivosmart 4」はリストバンド型の活動量計。50m防水ボディにタッチ対応のOLED液晶を搭載。光学式心拍センサ、気圧高度計、加速度計を搭載し、ステップ数、上昇階数、消費カロリー、週間運動量、MoveIQなどが計測できる。

また、カラダのエネルギー残量を表す「BODYBATTERY」機能とレム睡眠、ノンレム睡眠の詳しい情報を計測・表示する「アドバンスドスリープモニタリング」機能が利用できる。そのほか、最大7日間駆動するバッテリーを搭載。スマートフォンとも連携し、気情報の確認、スマートフォン内の音楽再生、着信の受信、SNS通知の受信、テキスト応答が利用できる。

続きを読む

Amazonで「Garmin vivosmart 4」をチェックする

<直射日光下でも見やすいシンプルな活動量計>

「GARMIN vivofit 4」

Garmin vívofit 4」はスポーツ・フィットネスで使えるリストバンド型の活動量計。50m防水に対応するボディに太陽光でも見やすい低反射カラーMIPディスプレイを搭載。

24時間装着して日々のアクティビティや睡眠状況が計測できるほか、「天気ウィジェット」などの生活に便利な機能、自動的にアクティビティを認識する「MOVE IQ機能」が利用できる。

続きを読む

Amazonで「Garmin vívofit 4」をチェックする

米国 Amazon.comで「Garmin vívofit 4」をチェックする

<自動でアクティビティを記録できるリストバンド型活動量計>

「Vivofit 3」

Vivofit 3」はカラーディスプレイを搭載したスポーツ用のリストバンド型活動量計。歩数や距離、消費カロリーなどの基本的な情報のほか、睡眠を自動判別して記録することができる。

続きを読む

Amazonで「Vivofit 3」をチェックする

米国 Amazon.comで「Vivofit 3」をチェックする

「Vivofit 2」も発売中!

「vivofit2」のスペック

  • サイズ:幅 21mm x 厚さ 10.5mm (長さはバンドによって異なります)
  • バンドサイズ:120~175mm(スモール)、152~210mm(ラージ)
  • ディスプレイ: 幅 10mm x 縦 25.5mm
  • 重量: 25.5g(本体部分のみ)
  • バッテリー: CR1632 (2個)
  • 稼働時間: 約1年
  • 防水性能: 50m完全防水
  • GPS機能: 非対応
  • バックライト: あり

Amazonで「vivofit2」をチェックする

<スポーツに最適 ウオッチタイプの活動量計>

「vivo active 」

vivo active」はGarmin初となるスマートウオッチタイプの活動量計。スマートフォンなどを携帯せずに、単体で歩数や移動距離、消費カロリーなどアクティビティを記録できる。

続きを読む

Amazonで「Garmin vivoactive」をチェックする

米国 Amazon.comで「Garmin vívoactive」をチェックする

型落ちガーミンのスマートウォッチ まとめ 3

ここでは登山用やダイビング用のスマートウォッチ中心にを紹介する。なお、アウトドアで使えるタフなスマートウォッチは別の記事で扱っているのでそちらを参照してほしい。

<アウトドア・タフネス仕様・強力GPS&ナビゲーション機能を備えたスマートウォッチ>

「Instinct」

ガーミン「INSTINCT」(インスティンクト)はスマートウォッチとしても使えるGPSアウトドアウォッチ。耐熱・耐衝撃・耐水に対応した頑強なボディに光学式心拍センサ、ABCセンサ(方位・気圧・高度)を搭載。GLONASS、みちびき、GALILEOに対応した強力なGPS通信機能や半透過のモノクロ液晶を備えるほか、ディスプレイ上でのナビゲーション機能、アウトドア向けの機能、ライフログ機能、25種類以上のマルチスポーツアプリが利用できるようになっている。

続きを読む

Amazonで「INSTINCT」(ブラック)をチェックする

新たに新色モデルが追加!

2019年4月11日から新色「Sunburst」(サンバースト)、「Lakeside Blue」(レイクサイドブルー)、「Sea Foam」(シーフォーム)が発売されている。

Amazonで「INSTINCT」(サンバースト)をチェックする

<fenixシリーズ 液晶搭載・決済・音楽・地図機能を備えた高性能なGPSウォッチ>

「fenix 5 Plus」

Garmin「fenix 5 Plus」はサファイアレンズ/DLCチタン素材を採用したGPSウォッチ。防水対応のボディに半透過型MIPカラー液晶と16GBストレージを搭載。音楽再生機能や「Garmin Pay」での決済機能、地図機能などを備えるほか、欧州の測位衛星「Galileo」を利用したGPS通信にも対応している。

続きを読む

Amazonで「fenix 5 Plus」をチェックする

<WiFi機能を備えたGPS搭載スポーツウォッチ>

「fenix5s Sapphire」

ガーミン「fenix5s Sapphire」はGPS搭載のポーツウォッチ。「fenix5 シリーズ」の中で最もコンパクトな42mmサイズを実現。心拍数のほか、距離、ペース、速度、ストローク数、距離、標高差などが計測でき、あらゆるスポーツに利用できる。

続きを読む

Amazonで「fenix5s Sapphire」をチェックする

米国 Amazon.comでGarmin Fenix 5 Sapphire」をチェックする

<アウトドアに最適>

「fenix2」

fenix2」は高度計、気圧計、コンパス、GPS機能が付いたアウトドアウォッチ。登山やランニング、サイクリング、ハイキング、スキーや水泳などのアクティビティにも使用できる。

オプションパーツも豊富でHRモニターを装着することで次世代機能を利用することが可能。ANT+やVector−J、スピード/ケイデンスセンサー等と組み合わせればマルチスポーツにも対応する。

スマートフォンアプリをインストールすることで、リアルタイムに現在走行している場所を公開できるLive Tracking機能も搭載されている。

Amazonで「GARMIN fenix2」をチェックする

<アナログ腕時計タイプ・GPS機能を搭載したアウトドア用のスマートウォッチ>

「GARMIN fenix 3J 」

GARMIN fenix 3J 」はGPS機能を搭載したアウトドア用のスマートウォッチ。100m完全防水ボディに高度計(Altimeter)、気圧計(Barometer)、コンパス(Compass)を搭載。Eカラー液晶、GPS(GLONASS・みちびき対応)、最大約50時間稼働のウルトラトラックモードを備えるほか、ハイキング、ナビゲーション、トレイルラン、インドアなどのアクティビティも測定できる。

関連記事を読む

Amazonで「GARMIN fenix 3J 」をチェックする

<GPS&心拍計を備えた登山用のスマートウォッチ>

「fenix Chronos」

fenix Chronos」はGPS機能を備えた登山用のスマートウォッチ。高度計、気圧計、コンパスに加え、新たに心拍計を搭載している。

続きを読む

Amazonで「fenix Chronos」をチェックする

米国 Amazon.comで「Garmin Fenix Chronos」をチェックする

<ダイビングに特化した高性能なスマートウォッチ>

「Descent Mk1」

Descent Mk1」はダイビング用のスマートウォッチ。100mまでの深さに耐えられるエレガントなボディに高感度GPSや高度計、気圧計、コンパス、光学式心拍計を搭載。潜水を開始時には現在の深度、潜水時間、水温、などダイビングに必要な情報をカラーディスプレイに表示できる。

続きを読む

Amazonで「Descent Mk1」をチェックする

型落ちガーミンのスマートウォッチ まとめ 4

ここではランニング用のGPSウォッチを中心に紹介する(サイクルコンピューターもあり)。

<ForeAthlete シリーズ GPSランニングウォッチ・フォームも修正>

「ForeAthlete 245」

ガーミン「ForeAthlete 245」はGPS搭載のランニングウォッチ。5気圧防水ボディに半透過メモリインピクセル(MIP)液晶や心拍計、22時間駆動するバッテリーを搭載。各種の活動量や心拍数、VO2 max値、睡眠の質などを計測できるほか、「Body Battery」機能、「ランニングダイナミクス」機能、Bluetooth、ANT+、スマートフォンとの連携機能にも対応している。

続きを読む

Amazonで「ForeAthlete 245」をチェックする

音楽機能を追加した ガーミン「ForeAthlete 245 Music」も発売中!

ガーミン「ForeAthlete 245 Music」は、基本的なスペックをガーミン「ForeAthlete 245」から引き継ぎつつ新たに音楽機能を追加したモデル。LINE MUSIC、Spotify、AWAなどの音楽アプリを利用可能で、PCなどから最大500曲をダウンロードでき保存できる。Bluetoothでワイヤレスイヤホンとペアリングすれば、スマホなしで音楽を楽しめる。

Amazonで「ForeAthlete 245 Music」をチェックする

<GPSウォッチ・心拍計を搭載・ランニングウォッチ>

「ForeAthlete 235J」

ForeAthlete 235J」は光学式の心拍計を搭載したランニングウォッチ。手首に装着するだけでVO2Max(最大酸素摂取量)と運動強度の目安を示すリカバリーアドバイザーを計測できる。

続きを読む

Amazonで「ForeAthlete 235J」をチェックする

<ファッショナブルになったランニングウォッチ>

「BEAMS ForeAthlete 235J」

BEAMS ForeAthlete 235J」はランニングウォッチ「ForeAthlete 235J」の日本未発売カラー版となるランニングウォッチ。一日の歩数、距離、消費カロリーなどを計測するほか、PS機能や光学式心拍計機能、 加速度機能を搭載している。バンドは「Black/Gray」と「Frost Blue/Black」の2種類。Black/Grayはバンドカラーがブラック(裏:グレイ)とグレイ(裏:ブラック)の2セットで、Frost Blue/Blackはバンドカラーがフロストブルー(裏:ブラック)とブラック(裏:フロストブルー)の2セットとなっている。

<心拍センサー&GPS機能を備えたランナー向けスマートウォッチ>

「ForeAthlete 35J」

ForeAthlete 35J」は心拍センサーを搭載したランニング用のスマートウォッチ。心拍計測や、距離、ペース、インターバルなどのランニングデータの他に、毎日の活動量を記録するライフログ、スマートフォン連携機能も備えている。

続きを読む

Amazonで「ForeAthlete 35J」をチェックする

米国 Amazon.comで「Garmin Forerunner 35」をチェックする

<マルチスポーツ対応の万能タイプ GARMIN>

「ForeAthlete 920XTJ」

ForeAthlete 920XTJはマルチスポーツ対応のスポーツウォッチ。トレーニングモードで約22時間、ウルトラトラックモードで約38時間の稼働時間が可能。各トレーニングをサポートするアクセサリー、心拍計、フットポッド、スピード/ケイデンスセンサー、パワー計、VIRBにも対応し、様々なデータ計測や高レベルなトレーニングに利用できる。

ディスプレーはカラー液晶を搭載。Wi-Fi機能やライフログ機能、通知機能を新たに搭載した。計測できるデータは、ステップ数や距離、消費カロリーなど。Bluetoothでペアリングしたスマートフォンでメッセージを受け取ることもできる。そのほか「Garmin Connect」とも連携し、データの保存や解析を行えたり、他のユーザーとデータの交換や共有することもできる。

Amazonで「ForeAthlete 920XTJ」をチェックする

<重量わずか25gの最軽量サイクルコンピュータ>

「GARMIN Edge 25J 」

GARMIN Edge 25J」はモノクロ液晶を備えた軽量タイプのサイクルコンピューター。重量は電池込みで約25gと非常に軽く、スマートフォンとも連携できる。

続きを読む

Amazonで「GARMIN Edge 25J」をチェックする

米国 Amazon.comで「Garmin Edge 25」をチェックする

その他のおすすめスマートウォッチは?

その他のおすすめスマートウォッチは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

【2021年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

最新のスマートウォッチをまとめて紹介しています。

Fitbitスマートウォッチが人気上昇! 全モデルを比較

Fitbitのスマートウォッチをまとめて紹介しています。

スポーツ&健康管理に使える活動量計が人気! 全機種を比較

最新のリストバンド(活動量計)をまとめて紹介しています。

アウトドアで使えるタフなスマートウォッチ 全機種を比較

アウトドア用のタフなスマートウォッチをまとめて紹介しています。