アウトドアで使えるタフなスマートウォッチ 全機種を比較


アウトドアで使えるタフなスマートウォッチが続々と登場している。過酷な環境下でも気軽に使えることでアウトドア派からも大注目。頑丈なだけでなく、スマートフォン不要で現在位置を確認できるなど独自の機能も備えている。

アウドドア派が大注目するタフなスマートウォッチの魅力

大自然の中を散策しているとき、なかなか取り出しづらいのがスマートフォンだ。ポケットの中に入るサイズなら問題ないが、最近のスマホは大きく、わざわざバッグから取り出す気が起こらない。しかし、スマートウォッチならさっと腕を上げるだけ。必要な情報がすぐに分かるので面倒な手間がかからないのがいい。

驚異の独自機能を備えたタフなスマートウォッチの魅力

タフなスマートウォッチの魅力といえば、真っ先にボディの頑丈さを思い浮かべる人も多いことだろう。たしかにタフなスマートウォッチは強力な防水防塵に加えて耐衝撃性なども備えており、大自然の過酷な環境下でも故障なく使用できる。

だが、最近のタフなスマートウォッチはスマートフォンなしで現在位置を確認できるものなど強力なGPS機能を備えるものが増えてきた。また、タッチ対応のフルカラー液晶を備え、スマホ並みの「見やすさ」を実現。カシオ「WSD-F20」はオフラインで地図を表示することもできる。

そのほか、ダイビング用の機能を豊富に備えたGarmin「Descent Mk1」や体温で常にフル充電できるスマートウォッチ「MATRIX PowerWatch」も登場。SOSメッセージを送信する機能を備えたサムスン「Galaxy Gear S3 frontier」、豊富なアウトドア用アプリが使えるカシオ「Smart Outdoor Watch WSD-F10」の人気も健在で、これからもタフなスマートウォッチの動向には目が離せそうにない。

アウトドアで使えるタフなスマートウォッチ 最新 ラインナップ 一覧

ここでは最新のタフなスマートウォッチ ラインナップを一覧で紹介します。リンク先からさらに詳しいスペック情報や機能、性能、価格などが分かるようになっています。

<2021/3月発売・VO2 Max・MIL-STD-810Gタフネス>

「TicWatch Pro S」

TicWatch Pro S」はWear OS by Googleを搭載したアウトドア用のタフネススマートウォッチ。厚さ12.6mmのタフボディに1.39インチのAMOLED液晶+FSTN液晶の二層式ディスプレイを搭載。Qualcomm Snapdragon Wearプロセッサ、1GBメモリ、415mAhバッテリーを備えるほか、

エッセンシャルモード(最大30日間 駆動)、最大酸素摂取量(VO2 Max)、13種類のワークアウトモード、IP68防水防塵、MIL-STD-810G、Mobvoiアプリ、Google Playストア(アプリ追加)、NFC、Google Pay、Wi-Fi (2.4GHz)、Bluetooth 4.2、GPS(GLONASS + Beidou + Galileo)、音楽再生、電話の着信、通話、カメラコントロール、TicMotion技術(ランニング、ウォーキング、サイクリングなど自動計測)、TicBreathe(心拍数、ストレスの変化を監視して呼吸法を提示)、TicHearing(環境ノイズを測定)、VoiceMemo(ボイスメモ)にも対応している。

続きを読む

Amazonで「TicWatch Pro S」をチェックする

米国Amazon.comで「TicWatch Pro S」をチェックする

AliExpressで「TicWatch Pro S」をチェックする

<15種MIL-STD-810Gテスト・10気圧防水・2021/3/17発売>

「Amazfit T-Rex Pro」

Amazfit T-Rex Pro」はRTOSを搭載したアウトドア用のタフネス スマートウォッチ。タフボディに1.3インチのAMOLED液晶を搭載。通常使用で最大18日間駆動できる390mAhバッテリーを備えるほか、

血中酸素(SpO2)、VO2MAX(最大酸素摂取量)、FirstBeat機能、ExerSense(8つのスポーツモードを自動認識)、PAI健康評価システム
10気圧防水、MIL-STD-81(15テストクリア)、日の出と日の入りのモニター、ムーンフェイズ機能(満月や新月など月の満ち欠けを確認する)、コンパス、気圧、高度、常時表示、強化ガラス、指紋防止コーティング、音楽コントロール、通知の受信、GPS通信、Bluetooth 5.0 BLEにも対応している。

続きを読む

Amazonで「Amazfit T-Rex Pro」をチェックする

AliExpressで「Amazfit T-Rex Pro」をチェックする

<14種MIL-STD-810Gテスト・スキーモード・2020/9/7発売>

「HONOR Watch GS Pro」

HONOR Watch GS Pro」はアウトドア向けのタフネススマートウォッチ。重さ45.5gのボディに1.39インチのAMOLED液晶を搭載。HUAWEI Kirin A1プロセッサ、 32MB RAM(メモリ)、4GB ROM(ストレージ)、通常使用で25日間駆動できる790 mAhバッテリー、スピーカー&マイクを備えるほか、

MIL-STD-810G(14種類のテストをクリア)、血中酸素(SpO2)の計測、スキーモード、100種類以上のワークアウトモード、GPSルートバック(帰り道を追跡)、気圧・天候変化の計測、Bluetooth 5.1、GPSとGLONASS測位ナビゲーション、5気圧防水、通話機能、ウォッチフェイスの変更、通知の受信にも対応している。

続きを読む

Amazonで「HONOR Watch GS Pro」をチェックする

米国Amazon.comで「HONOR Watch GS Pro」をチェックする

<IP68の防水防塵・Wear OS・血中酸素・2020/9発売>

「TicWatch Pro 3」

TicWatch Pro 3」はWear OS by Googleを搭載したタフネス スマートウォッチ。厚さ12.2mm、重さ41.9gのボディに 1.4インチ Retina AMOLED液晶+FSTNの2層式ディスプレイを搭載。Qualcomm Snapdragon Wear 4100プロセッサ、1GBメモリ、8GBストレージ、スマートモードで最大72時間、エッセンシャルモードで最大45日駆動するバッテリーを備えるほか、

IP68の防水防塵、NFC、Google Pay、血中酸素飽和度(SpO2)の計測、パワーセービングモード、5種類の衛星測位システム(GPS)、Google Playストア、Googleアシスタント、Google Fit、ウォッチフェイスの変更、音楽再生、Wi-Fi、Bluetooth通信にも対応している。

続きを読む

Amazonで「TicWatch Pro 3」をチェックする

AliExpressで「TicWatch Pro 3」をチェックする

米国Amazon.comで「TicWatch Pro 3」をチェックする

<Instinctシリーズ・ソーラー充電・GPSタフネス・2020/7/16 発売>

「INSTINCT DUAL POWER」

ガーミン「INSTINCT DUAL POWER」はソーラー充電に対応したアウトドア向けタフネス GPSウォッチ。10気圧防水ボディに解像度128 x 128 pxの半透過メモリインピクセル(MIP)液晶を搭載。スマートウォッチモードで最大54日間 駆動できるほか、

パワーマネージャー機能、Body Battery、耐熱、耐衝撃、「MIL-STD-810G」、ゴリラガラスDX、GARMIN ELEVATEリスト型心拍計、気圧高度計、コンパス、温度計、みちびきGPS(GLONASS、GALILEOを含む)、Bluetooth, ANT+にも対応している。

続きを読む

Amazonで「INSTINCT DUAL POWER」をチェックする

ビックカメラで「INSTINCT DUAL POWER」をチェックする

米国Amazon.comで「INSTINCT DUAL POWER」をチェックする

<二層ディスプレイが進化したタフネスウォッチ>

「PRO TREK Smart WSD-F30」

PRO TREK Smart WSD-F30」はWear OS by Googleを搭載したアウトドア向けのスマートウォッチ。防水・MIL-STD-810Gボディにカラー画面とモノクロ画面を重ねた独自の二層ディスプレイを搭載。オフラインのカラー地図とGPS機能を長時間使える「エクステンドモード」を新たに搭載するほか、1回の充電で最大3日間駆動することもできる。

通信はWi-Fi 802.11b/g/n、Bluetooth 4.1(Low Energy対応)をサポート。搭載センサーは圧力(気圧/高度)、加速度、ジャイロ、方位(磁気)。サイズは53.8(幅)×60.5(高さ)×14.9(奥行)mmで、重量は約83g(バンド含む)。カラーは、ブルー、オレンジ、ブラックの3色を用意する。

Amazonで「WSD-F30」をチェックする

米国Amazon.comで「WSD-F30」をチェックする

<GPS&2層液晶を備えたAndroid Wear搭載スマートウォッチ>

「PRO TREK Smart WSD-F20」

PRO TREK Smart WSD-F20」はAndroid Wear 2.0を搭載したタフネススマートウォッチ。5気圧防水、MIL-STD-810Gに対応した頑強なボディにモノクロ/カラー液晶を重ねた2層液晶を搭載。強力なGPS機能で、スマートフォンの連携せずに単体で現在地を確認できるほか、オフラインで地図を表示させることもできる。

続きを読む

Amazonで「WSD-F20」をチェックする

米国Amazon.comで「WSD-F20」をチェックする

<決済・音楽・地図機能を備えた高性能なGPSウォッチ>

「fenix 5 Plus」

Garmin「fenix 5 Plus」はサファイアレンズ/DLCチタン素材を採用したGPSウォッチ。防水対応のボディに半透過型MIPカラー液晶と16GBストレージを搭載。音楽再生機能や「Garmin Pay」での決済機能、地図機能などを備えるほか、欧州の測位衛星「Galileo」を利用したGPS通信にも対応している。

続きを読む

Amazonで「fenix 5 Plus」をチェックする

米国Amazon.comで「fenix 5 Plus」をチェックする

<Wear OS・タフネス・2020/3 発売>

「TicWatch Pro 2020」

TicWatch Pro 2020」はWear OS by Googleを搭載したスマートウォッチ。IP68の防水ボディにQualcomm Snapdragon Wear 2100と1GBメモリを搭載。1.39インチのAMOLED+LCD 2層 液晶、4GBストレージ、415 mAhバッテリーを備えるほか、

エッセンシャルモード(最大30日間 駆動)、MIL-STD-810G、Gorilla Glass 3ガラスカバー、高強度ナイロン補強の炭素繊維製ウォッチケース高精度な心拍数の計測、Google Play、Google Fit、GPS、NFC、Google Pay、Wi-Fi 通信、Bluetooth 4.2にも対応している。

続きを読む

Amazonで「TicWatch Pro 2020」をチェックする

GearBestで「TicWatch Pro 2020」をチェックする

AliExpressで「TicWatch Pro 2020」をチェックする

米国Amazon.comで「TicWatch Pro 2020」をチェックする

<強力なAI機能とタフネス性を備えたWear OSスマートウォッチ>

「TicWatch S2」

TicWatch S2」はGoogleの Wear OSを搭載したスマートウォッチ。50m防水ボディにSnapdragon Wear 2100プロセッサと512MBメモリ、4GBストレージ、2日間駆動する415mAhバッテリーを搭載。AIアルゴリズムTicMotionを利用した「プロアクティブスポーツモード」で歩数やカロリー計算、心拍数モニター(24時間)を自動で計測できるほか、GPS機能、MIL-STD-810G、Google アシスタント(音声認識・操作)、ジャイロスコープセンサーにも対応している。

続きを読む

Amazonで「TicWatch S2」をチェックする

Amazonで「TicWatch E2」をチェックする

米国Amazon.comで「TicWatch S2」をチェックする

アウトドアで使えるタフなスマートウォッチ  まとめ  パートⅡ

ここでは発売時から時間が経ったものの、まだ高い人気を維持しているタフネス仕様のスマートウォッチを紹介する。

<アウトドア用の定番スマートウォッチ>

「SUUNTO TRAVERSE ALPHA」

SUUNTO TRAVERSE ALPHA」はアウトドア向けのタフなスマートウォッチ。MIL-STD-810ボディに高度計、気圧/温度計、電子コンパス、GPS(GLONASS対応)、スマートフォンの通知・メール受信といった機能を搭載。日の出/日の入時刻表示、急激な天候の変化をアラームで知らせる「ウェザーアラーム」、深さ10mまで計測する「水深計」なども備えている。

また、射撃時の衝撃を感知して位置を自動記録する「オートマチック・ショット・ディテクション」、目へのダメージを減らすとともに暗闇での明かり漏れを防ぐ「レッドバックライト」を搭載。目的地へのナビゲーション中に移動速度を計算して到着まだの所要時間を示す「ETE」(Estimated Time En-Route)も利用できる。

バッテリー駆動時間はGPS受信が1秒ごと取得の場合は最大10時間、5秒ごとの場合は最大15時間、1分ごとの場合は最大100時間。時計画面の表示だけの場合は最大14日間駆動する。 ケース径は50×50mmで、厚さは16.5mm、重さは70g。防水性能は10気圧。

Amazonで「SUUNTO TRAVERSE ALPHA」をチェックする

米国Amazon.comで「SUUNTO TRAVERSE ALPHA」をチェックする

<防水防塵タフネススマートウォッチ ・Samsung>

「Galaxy Gear S3 frontier」

Galaxy Gear S3 Frontier」はGalaxy Gear S3をアウトドア用にカスタマイズしたタフネス仕様のスマートウォッチ。IP68の防塵防水性能と、米国国防総省の軍用規格(MIL-STD-810G)に準拠している。

続きを読む

Amazonで「Galaxy Gear S3 Frontier」をチェックする

米国Amazon.comで「Galaxy Gear S3 Frontier」をチェックする

<Android Wear&耐衝撃・防水対応スマートウォッチ>

「Smart Outdoor Watch WSD-F10」

Smart Outdoor Watch WSD-F10」はAndroid Wear OSを搭載したタフネス仕様のスマートウォッチ。米国防総省が制定した米軍の物資調達規格「MIL-STD-810G」に準拠し、落下や振動など、さまざまな環境に耐えることができる。

続きを読む

Amazonで「WSD-F10」をチェックする

米国Amazon.comで「WSD-F10」をチェックする

<Android Wearを搭載したタフネススマートウォッチ>

「Nixon The Mission」

Nixon The Mission」はAndroid Wearを搭載したアウトドア向けのスマートウォッチ。Android Wearのフル機能を利用できるほか、10気圧防水にも対応する。

続きを読む

Amazonで「Nixon The Mission」をチェックする

米国Amazon.comで「Nixon The Mission」をチェックする

<冬のアウトドア用にカスタマイズ>

「PRO TREK Smart WSD-F20X」

PRO TREK Smart WSD-F20X」は冬のアウトドア仕様を施したAndroid Wear 2.0搭載スマートウォッチ。従来モデルの「WSD-F20」の基本機能を受け継ぎつつ、シーンや用途に応じて使い分けができるよう、バンド部分の取り外しを可能にしている。

機能面では、「アクティビティ」アプリのスノーモードではスキーやスノーボードなどのウインタースポーツにおける軌跡やトップスピードなども表示することが可能。ウオッチフェイスの「プレイス」ではGoogleカレンダーに登録した予定と場所を選択することで、アナログ時計表示の背景にその予定の行き先の地図や現在地を表示する。サイズは57.7(幅)×61.7(高さ)×15.3(奥行)mmで重量は、ソフトウレタンバンド装着時で約94g、クロスバンド装着時で約90g。本体やベゼルにはブラックを採用し、アクセントカラーとして「PRO TREK」のブランドカラーであるグリーンを時字に施している。

アウトドアで使えるタフなスマートウォッチ まとめ パートⅢ

ここでは登山で使えるタフなスマートウォッチを紹介する。普段の生活でカジュアルに使えるものもあるのでチェックしてみてほしい。

<GPS&心拍計を備えた登山用のスマートウォッチ・ ガーミン>

「fenix Chronos」

fenix Chronos」はGPS機能を備えた登山用のスマートウォッチ。高度計、気圧計、コンパスに加え、新たに心拍計を搭載している。

続きを読む

Amazonで「fenix Chronos」をチェックする

米国 Amazon.comで「fenix Chronos」をチェックする

<アウトドアに必要な機能を凝縮したフラッグシップモデル>

「SUUNTO TRAVERSE BLACK」

SUUNTO TRAVERSE BLACK」はGPSを搭載したアウトドアウオッチ。位置計測はGPSのほか、ロシアの衛星位置システム「GLONASS」に対応し、ルートの奇跡、高度、速度などを記録できる。

続きを読む

Amazonで「SUUNTO TRAVERSE BLACK」をチェックする

米国Amazon.comで「SUUNTO TRAVERSE BLACK」をチェックする

<ソーラー駆動に対応した超頑強アウトドアウオッチ>

「RideONE SOLAR ALTI COMPASS」

Ride One Solor Alti Comapss」はソーラーで駆動するアウトドア用のスポーツウオッチ。高度、方位、気圧、温度という計測機能を持ち、タウンユースにもマッチするデザインになっている。

続きを読む

Amazonで「Ride One Solor Alti Comapss」をチェックする

<WiFi機能を備えたGPS搭載スポーツウォッチ・ガーミン>

「fenix5s Sapphire」

ガーミン「fenix5s Sapphire」はGPS搭載のポーツウォッチ。「fenix5 シリーズ」の中で最もコンパクトな42mmサイズを実現。心拍数のほか、距離、ペース、速度、ストローク数、距離、標高差などが計測でき、あらゆるスポーツに利用できる。

続きを読む

Amazonで「fenix5s Sapphire」をチェックする

米国 Amazon.comでGarmin fenix5s Sapphire」をチェックする

アウトドアで使えるタフなスマートウォッチ まとめ パートⅣ

ここではダイビング用のスマートウォッチや充電不要なスマートウォッチ、低価格な登山用のスマートウォッチなどを紹介する。

<ダイビングに特化した高性能なスマートウォッチ・Garmin>

「Descent Mk1」

Garmin「Descent Mk1」はダイビング用のスマートウォッチ。100mまでの深さに耐えられるエレガントなボディに高感度GPSや高度計、気圧計、コンパス、光学式心拍計を搭載。潜水を開始時には現在の深度、潜水時間、水温、などダイビングに必要な情報をカラーディスプレイに表示できる。

続きを読む

Amazonで「Descent Mk1」をチェックする

米国Amazon.comで「Descent Mk1」をチェックする

<体温発電できるスマートウォッチの上位モデル>

「MATRIX PowerWatch X」

MATRIX PowerWatch X」は体温で発電できる充電不要のスマートウォッチ。水深200mまで耐える防水ボディに本体温度とユーザーの体温の温度差によって発電する熱電ジェネレーターを搭載。10分に1回程度の通知頻度であれば充電することなく使用できる。また、「MATRIX PowerWatch」と同等の消費カロリー、歩数、睡眠時間などの計測が可能なほか、スマートフォンへの電話着信やSMS受信を通知するバイブレーション機能を搭載する。製品には本体を乗せるだけで充電できるサーマルワイヤレスチャージャーが付属。重量は60g~70g程度で、文字盤のサイズは直径30mmとなる。

Amazonで「PowerWatch 2」をチェックする

米国Amazon.comで「PowerWatch 2」をチェックする

<体温で常にフル充電できるスマートウォッチ>

「MATRIX PowerWatch」

MATRIX PowerWatch」は体温で充電するスマートウォッチ。
体温と外気温との温度差によって、スマートウォッチの動作に必要な電力を発電するため、充電不要で利用できる。

続きを読む

Amazonで「MATRIX POWER WATCH」をチェックする

米国Amazon.comで「MATRIX PowerWatch」をチェックする

<GPSや気圧計を備えたスポーツウォッチ・MyKronoz>

「ZeSport」

ZeSport」は腕時計タイプのスポーツ向け活動量計。GPS機能や心拍計に加え、山登りに役立つ高度計や気圧計も搭載。測定したデータを本体のディスプレイで確認できるほか、スマートフォンとも連携し、データを確認できる。

続きを読む

Amazonで「ZeSport」をチェックする

米国Amazon.comで「ZeSport」をチェックする

 

その他のおすすめスマートウォッチは?

その他のおすすめスマートウォッチは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

【2021年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

最新のスマートウォッチをまとめて紹介しています。

スポーツ&健康管理に使えるスマートバンド 最新 機種 まとめ

最新のリストバンド(活動量計)をまとめて紹介しています。

ガーミンのスマートウォッチ 買うならどれ? 人気モデルを比較 

ガーミンのスマートウォッチをまとめて紹介しています。

Fitbitスマートウォッチが人気上昇! 全モデルを比較

Fitbitのスマートウォッチをまとめて紹介しています。