「Google Pixel Watch 2」で最強超えか? 超絶人気のスマートウォッチと徹底 比較!


2023年10月12日に発売された「Google Pixel Watch 2」と超絶人気のスマートウォッチを徹底 比較!価格や計測できること・機能、スペックの違いに加えて、メリット・デメリット、評価を紹介します。

「Google Pixel Watch 2」の特徴

Google Pixel Watch 2」の特徴をまとめてみました。

1.6のAMOLED液晶・Qualcomm 5100・常時表示で24時間駆動

Google Pixel Watch 2」は1.6インチAMOLED ディスプレイを搭載。ピクセル密度320ppi、最大輝度1000ニト、豊かな色再現が可能なDCI-P3に対応するほか、常時表示や強化ガラス「Gorilla Glass 5」による保護、触覚式リューズによる操作にも対応しています。

また、新たに4コアのQualcomm 5100プロセッサと省電力なCortex M33 コプロセッサを搭載。メモリは2GB SDRAMで、ストレージは32GB eMMC フラッシュを搭載しています。そのほか、常時表示でも24時間駆動できる約306mAhバッテリーを搭載。充電はマグネット式で、約45分で80%まで回復できる急速充電も利用できます。

より正確な測定・ストレスマネジメント・40種スポーツ

Google Pixel Watch 2」は光学式心拍数センサーをシングルパス方式から、前モデルの25倍のLEDを備えたマルチパス方式に変更。これにより、より正確な心拍数、睡眠、エナジースコアを計測できるようになっています。また、新たに身体反応センサー皮膚温センサーを搭載。機械学習アルゴリズムを利用してストレスの兆候を特定する「身体反応計測(ストレスマネジメント)」機能も利用できます。

そのほか、40種類のスポーツ(ワークアウト)モードに対応。新たに7つの一般的なワークアウトを自動検出することが可能で、ワークアウトの開始および停止のリマインダーを自動で表示することもできます。

Wear OS 4.0・Suica決済・安全確認機能

Google Pixel Watch 2」は新たにWear OS 4.0を搭載し、Googleアカウントへのデータのバックアップ復元をサポート。従来モデルと同じく「Googleマップ」によるナビゲーション機能や音声操作が可能な「Googleアシスタント」、YouTube Musicの音楽再生が利用できるほか、新しいGmailアプリ(受信トレイの確認)やカレンダー(予定を承諾・拒否の返信)も利用できます。

また、NFC (FeliCa)対応でGoogleウォレットが利用可能。従来モデルと同じくSuicaやiD、QUICPay、VISAタッチ決済、MasterCardタッチ決済が利用できます。そのほか、新たに安全確認機能を搭載。あらかじめ設定した時間にユーザーが反応しなかった場合に、自動で緊急サービスに通報したり、ユーザーの位置情報を家族や友人に送信したりできます。

公式ページ : Google Pixel Watch 2 –  Google Store 

価格を比較

Google Pixel Watch 2」と「Galaxy Watch6」、「Garmin Venu 3」、「Apple Watch Series 9」の価格を比較してみました。

「Google Pixel Watch 2」

Google Pixel Watch 2」は、Amazonで51,800円(税込)、楽天市場で45,999円円(税込・送料無料)、ヤフーショッピングで45,759円(送料無料)、Googleストアで51,800円(分割12回払い月額4,317円)、AliExpressでUS $327.41 (日本円で約48,954円)、米国 Amazon.comで$349.99 (日本円で約52330円)で販売されています。

※Googleストアでは、Pixel Watch 2を予約購入・購で、ストアクレジット10,000円分(次回以降に使用可)をプレゼントするキャンペーンを展開予定です。

「Galaxy Watch6」

Galaxy Watch6」は、Amazonで53,099円 (税込・国内版・SM-R940NZKAXJP・Classicモデルは70,395円)、楽天市場で55,180円(税込・5,016ポイント付き・国内版・SM-R930NZEAXJP)、ヤフーショッピングで55,180円(税込・国内版・SM-R930NZEAXJP)、AliExpressでUS $349.00 (日本円で約51,813円)、米国 Amazon.comで$299.99 (日本円で約44,537円)で販売されています。

「Garmin Venu 3」

Garmin Venu 3」は、Amazonで55,273円 (税込)、楽天市場で55,328円(送料無料)、ヤフーショッピングで60,800円(送料無料)、Garmin公式サイトで$449.99 USD (日本円で約66806円)、米国 Amazon.comで$449.99 (日本円で約66806円)で販売されています。

「Apple Watch Series 9」

Apple Watch Series 9」は、Amazonで58,592円(税込)、ヤフーショッピングで61,088円(送料無料・未開封品)、Apple公式ストアで59,800円、AliExpressでUS $489.73 (日本円で約72706円)で販売されています。

計測できること・機能を比較

Google Pixel Watch 2」と「Galaxy Watch6」、「Garmin Venu 3」、「Apple Watch Series 9」の計測できること・機能を比較してみました。

「Google Pixel Watch 2」

計測できること

より正確な心拍数、睡眠、エナジースコアの測定、皮膚温、

血中酸素、ストレス、呼吸数、VO2 MAX(運動中の最大酸素摂取量)、気分(Fitbitアプリのみ)、マインドフルネスセッション(Fitbitアプリのみ)、月経周期、歩数、消費カロリー、距離・ペース・ルート(GPS内蔵)

40種類以上のスポーツモード(ワークアウトモード)
※(ランニング、サイクリング、ウエイトトレーニング、ヨガ、HIIT高強度インターバルトレーニング、ウェイトリフティング、CrossFit、ダンスなど)

自動検出(7つの一般的なワークアウト)

機能

身体反応計測(ストレスマネジメント)機能、安全確認機能、常時表示で24時間の駆動、Googleアカウントへのデータのバックアップと復元(Wear OS 4.0)、急速充電(約45分で容量の80%まで)、マグネット式充電、4G LTE通信(※対応モデルのみ・eSIM)、NFC(Felica)、Googleウォレット(SuicaやiD、QUICPay、VISAタッチ決済、MasterCardタッチ決済)、Gorilla Glass 5の保護、触覚式リューズ、サイドボタン、通話機能(スピーカー、マイク内蔵)、

転倒検出(※対応予定/緊急SOS発信・国際緊急通話)、エクササイズの自動記録、Wi-Fi通信(2.4GHz)、Bluetooth 5.0、32GBストレージ保存、Google マップ、Google Pay、Google アシスタント、音楽再生(単体・YouTube Musicストリーミング音楽再生に対応)、Googleカレンダー、Gmail、Google Playストア(アプリの追加)、通知の受信、「Fitbitアプリ」との連携機能、「Fitbit Premium」(※6カ月間追加料金なしで利用可・通常は月額640円または年額6400円)

「Galaxy Watch6」

計測できること

体組成(体脂肪率BIA、骨格筋重量)、血中酸素飽和度(SpO2)、心拍数(24時間リアルタイム)、睡眠(いびきの検出・睡眠パターンなど)、ストレスレベル、体温、歩数、消費カロリー、距離・ルート・ペース(GPS内蔵)

※2023年後半移行に「不整脈」(心房細動AFibを示唆する心拍リズム)の計測に対応する予定です。

90以上のエクササイズモード(スポーツモード)

自動認識(ランニング、ウォーキング、サイクリングなど)

機能

睡眠分析機能(睡眠スコアファクター、スリープ・メッセージ、睡眠コーチング、スリープコンシステンシー、スリープアニマル・シンボル)、ランニング機能「トラック・ラン」、「カスタム・ワークアウト」、心拍ゾーン機能、不規則な心拍リズムの通知機能、夜間の皮膚温度測定、リモート撮影(GalaxyZ Flip5と連携)、ワンタッチでストラップ切り替え、

急速充電、ワイヤレス充電、Google アシスタント(音声操作)、Google Play ストア(アプリの追加)、ルートのダウンロード・記録・共有(※Pro版のみ)、トラックバック機能(※Pro版のみ)、転倒検知機能、Smart Switch(以前のGalaxy Watchのデータを簡単に保持)、体組成測定ツール(健康状態の把握、目標の設定・進捗状況などの確認)

Google Pay、Google マップ、YouTube Music、Googleカレンダー、Gmail、音楽再生、ストリーミング音楽、通話、Webサイトの閲覧、ウォッチフェイスの変更(文字盤のカスタマイズ)、常時表示、Galaxyデバイスとの連携、4G LET(LETモデルのみ・eSIM)、Wi-Fi(2.4GHz)、Bluetooth 5.0、16GBストレージ保存、通知の受信

「Garmin Venu 3」

計測できること

血中酸素飽和度(SpO2)、心拍数、睡眠(質、時間、スコア、昼寝)、HRV ステータス (睡眠中の心拍数の変動)、VO2Max(最大酸素摂取量)、呼吸数、瞑想、水分補給トラッキング、歩数、消費カロリー、移動距離・速度・ペース(GPS内蔵)、上昇階数、週間運動量、フィットネス年齢、ストレスレベル、ライフログ、Body Batteryのエネルギー、気圧、高度、温度、女性の健康

30種類以上のスポーツアプリ(車椅子ユーザー向けのアクティビティ、ランニング、サイクリング、水泳、ゴルフなどに加え、屋内クライミング、ボルダリング、HIIT高強度インターバルトレーニングなど)

機能

(ヘルスケア機能)スリープコーチ(睡眠スコアをもとに必要な睡眠時間と睡眠を改善する方法について提案)、「睡眠スコア」(睡眠の質を0~100までの数値で示す)、時差ぼけアドバイザー、心拍の異常アラート

(フィットネス機能)車椅子モード(車椅子ユーザー向けに設計された内蔵ワークアウトを提供)、モーニングレポート(毎朝コンディションを知らせる)、動画ワークアウト(ワークアウトをアニメーションで表示)、ガーミンコーチ(最適なトレーニングプランを提案)、Moveバー(運動を促すアラート)、リカバリータイム(回復時間)、「筋力トレーニング」(トレーニング時に鍛えた筋肉部位をグラフィックで表示する)、

ヘルススナップショット(2分間のセッションを記録して、心拍数や心拍変動、呼吸数、ストレス、血中酸素レベルなどの主な統計データを記録)、ワークアウトの作成(1,600 以上のエクササイズ)、インターバルの作成、パシーブ エグザーション、強度(分)、サイクリングパワー

(その他の機能)

通話機能(発信/応答)、アクティビティの音声プロンプト(スマートフォンのアプリを利用)、「セーフティ トラッキング」(事故・転倒検出)機能、Garmin Pay(非接触型決済)、通知機能(電話・メールなど)、Garmin Pay(Suicaキャッシュレス決済)、音楽再生機能 (スマホ不要・音楽ファイルの保存)、手首上でテキストメッセージを送信、バッテリー節約モード、写真を見る、2つのフォントサイズ(大きいサイズに変更可)、ガーミンコネクトアプリ、CONNECT IQ ストア

「Apple Watch Series 9」

計測できること

血中酸素飽和度(SpO2)、心電図(不整脈)、皮膚温(排卵日を推測)、心拍数(第3世代の光学式心拍センサー・心拍数範囲、強度レベル)、ストレスレベル、VO2MAX(最大酸素摂取量)、酸素レベル
マインドフルネス、ルート・速度・移動距離(GPS/GNSS内蔵)、高度(常時計測の高度計)、気圧・高度、方角(コンパス)、歩数、消費カロリー、

数十種類のワークアウトモード
(室内ウォーキング、ウォーキング、室内ランニング、ランニング、エリプティカル、ローイング、プールスイミング、オープンウォータースイミング、スクワット、スピン、ストライド、筋力トレーニング、高強度インターバルトレーニング、ピラティス、瞑想など)
※自転車は自動検出ができるように改善・自転車の転倒も検知

機能

ダブルタップ(人差し指と親指を2回タップすることで、着信の応答/切断、音楽の再生/停止、タイマーの停止、アラームのスヌーズ、カメラリモコンでの写真撮影などの操作を行える)、ライブアクティビティ(サイクリングのワークアウトをApple Watchで開始すると、iPhone上に自動でライブアクティビティとして表示する)

S9 SiPによる機械学習タスクの高速化、高速化したSiri(ネット接続なし)、「Precision Finding」(スマホ探索機能・第2世代の超広帯域通信チップでiPhoneをより正確に探せる)、「新しいスマート スタック」(必要な時に関連するウィジェットを表示する)、新しい文字盤(スヌーピー、パレット、ソーラー アナログ、Nike Globeなど)

衝突事故検出、転倒検出(自転車を含む)、緊急SOS(海外)、海外における緊急通報、高心拍数と低心拍数の通知、不規則な心拍リズムの通知、低電力モード(駆動時間を最大36時間まで延長)、携帯電話通信機能(セルラーモデルのみ)、ファミリー共有設定(1台のiPhoneに複数のApple Watchをペアリング)、国際ローミング(2022年秋頃に対応)、ワークアウトのカスタマイズ(ワークとリカバリーのインターバルを設定)、レースコース(自己ベスト、過去の自分と競争※対応予定)

心電図の作成、Apple Pay(Suica対応)、睡眠アドバイス、音楽再生、32GBストレージ保存、常時表示、防水(50m防水)
GymKitアプリ、インターコム機能、アクティビティの共有、スマートフォンの通知受信、通話、Wi-Fi(2.4GHz)、Bluetooth 5.3、32GBストレージ保存

スペックを比較

Google Pixel Watch 2」と「Galaxy Watch6」、「Garmin Venu 3」、「Apple Watch Series 9」のスペックを比較してみました。

「Google Pixel Watch 2」のスペック

  • ディスプレイ 1.6インチ、AMOLED
    ※320 ppi/DCI-P3/最大輝度1000 ニト/常時表示/カスタム 3D Corning Gorilla Glass 5
  • クラウン 触覚式リューズ (高性能な触覚技術)
  • プロセッサ(チップ)Qualcomm 5100 , Cortex M33 コプロセッサ
  • RAM(メモリ) 2GB SDRAM
  • ストレージ 32GB eMMC フラッシュ
  • バッテリー 標準 306 mAh / 充電式リチウムイオン電池内蔵
  • 駆動時間 常時表示で24時間使用可能
  • 充電 急速充電(約30分で50%、約43分で80%、約80分で100%)、USB-C 磁気充電ケーブル
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 b/g/n (2.4GHz)、Bluetooth 5.0
  • GPS 内蔵(GPS、GLONASS、BeiDou、Galileo、Quasi-Zenith Satellite)
  • 4G通信 4G LTE および UMTS2
  • NFC 対応(FeliCa)
  • インターフェース サイドボタン、触覚式リューズ
  • センサー コンパス、高度計、血中酸素センサー、多目的電気センサー(心電図)、マルチパス光学式心拍数センサー、3軸 加速度計、ジャイロスコープ、周囲光センサー、電気センサー(cEDA)、皮膚温センサー、気圧計、磁力計
  • 操作 サイドボタン、触覚式リューズ、高性能な触覚技術
  • スピーカー/マイク 内蔵
  • 防水 5 ATM (5気圧防水)
  • 耐久性 カスタム 3D Corning Gorilla Glass 5
  • バンド アクティブバンド:2種類 同梱(S:手首周り130~175mm/L:手首周り165~210mm)
  • 筐体 本体: 100% リサイクル アルミニウム(ケース)、アクティブ バンド: ソフトタッチ コーティング加工フルオロエラストマー
  • アプリ Fitbitアプリ
  • 対応OS Android 9.0 以降を搭載したスマートフォンのほとんどに対応
  • OS Wear OS 4.0
  • サイズ 直径: 41 mm 高さ: 12.3 mm
  • 重量 31 g(バンドを除く)
  • カラー Polished Silver アルミケース / Bay アクティブ バンド、Matte Black アルミケース / Obsidian アクティブ バンド、Champagne Gold アルミケース / Hazel アクティブ バンド、Polished Silver アルミケース / Porcelain アクティブ バンド
  • 付属品 アクティブ バンド(S / L サイズ)、USB-C 高速充電ケーブル、クイック スタートガイド

関連記事【2023年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

Amazonで「Google Pixel Watch 2」をチェックする

楽天市場で「Google Pixel Watch 2」をチェックする

ヤフーショッピングで「Google Pixel Watch 2」をチェックする

Googleストアで「Google Pixel Watch 2」をチェックする

米国 Amazon.comで「Google Pixel Watch 2」をチェックする

「Galaxy Watch6」のスペック

  • モデル 40mmモデル / 44mmモデル
  • ディスプレイ Super AMOLED
    ※40mmモデル:1.3インチ、解像度432 x 432 px
    ※44mmモデル:1.5インチ、解像度480 x 480 px
  • クラウン操作 Classic モデルのみ対応
  • プロセッサ Exynos W930 デュアルコア
    ※5nm/1.4GHz
  • GPU Mali-G68
  • RAM(メモリ)2GB
  • ストレージ 16GB
  • バッテリー 425 mAh
  • 駆動時間 最大40時間
  • 充電 急速充電(30分で最大45%まで)、10W ワイヤレス充電 (Qi)
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.3
    ※一部の国でLETモデルもあり(eSIM)
  • GPS 内蔵(GPS/Glonass/Beidou/Galileo対応)
  • NFC/Google Pay 対応
  • インターフェース 充電端子、ボタン
  • センサー 加速度計、ジャイロ、コンパス、心拍数、気圧計、温度計(皮膚温度)、自然言語コマンドとディクテーション、Samsung Pay
  • スピーカー/マイク 内蔵・通話も可
  • 防水防塵 IP68防水防塵、5気圧防水
  • 耐久性 MIL-STD-810Hに準拠
  • 筐体 アーマーアルミニウムケース ※Classic モデルはステンレススチール
  • 風防 サファイアクリスタル
  • バンド Pro版:Dバックルスポーツバンド
  • 対応OS Android 8.0以降(1.5GB以上のRAM搭載)
  • OS Wear OS 4.0 + One UI Watch 5
  • サイズ
    ※40mmモデル:38.8 × 40.4 × 9 mm
    ※44mmモデル:42.8 x 44.4 x 9 mm
  • 重量
    ※40mmモデル:28.7g
    ※44mmモデル:33.3 g
  • カラー
    ※40mmモデル:グラファイト、ゴールド
    ※44mmモデル:グラファイト、シルバー

関連記事「Galaxy Watch6」完璧な完成度? 人気の高性能スマートウォッチと徹底 比較!

Amazonで「Galaxy Watch6」をチェックする

楽天市場で「Galaxy Watch6」をチェックする

ヤフーショッピングで「Galaxy Watch6」をチェックする

AliExpressで「Galaxy Watch6」をチェックする

米国 Amazon.comで「Galaxy Watch6」をチェックする

「Garmin Venu 3」のスペック

  • ディスプレイ 直径1.4インチ(45mm)、解像度454 x 454 ドットの AMOLED(有機EL)
    ※フルカラー表示 / タッチ対応 / Corning Gorilla Glass 3 / 常時オン モード / 大きなフォントのオプション / 車椅子モード
    ※「VENU 3S」 直径1.2インチ(30.4mm)、解像度390 x 390 ドットの AMOLED(有機EL)
  • ベゼルの素材 ステンレススチール
  • プロセッサ 不明
  • メモリ/履歴 8GB
  • バッテリー駆動時間 スマートウォッチモード: 最大14日間 (常時表示は5日間) 、バッテリーセーバースマートウォッチモード: 最大26日間、GPSのみ GNSS モード: 最大 26 時間、全システム GNSS モード: 最大20時間、音楽付きオールシステム GNSS モード: 最大11時間
    ※「VENU 3S」スマートウォッチモード:最大10日間(常時表示は5日間)、バッテリーセーバースマートウォッチモード: 最大20日間、GPSのみ GNSS モード: 最大21時間、全システム GNSS モード: 最大15時間、音楽付きオールシステム GNSS モード: 最大8時間
  • 充電 Garmin独自のプラグ充電器
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi、Bluetooth、ANT+
  • GPS みちびき、GLONASS、Galileo
  • インターフェース 充電端子
  • センサー 血中酸素トラッキング、Garmin Elevate光学式心拍計、気圧高度計 、コンパス、ジャイロセンサー、加速度計、温度計、環境光センサー、GPS、GLONASS、みちびき(補完信号)、Galileo
  • スピーカー/マイク 内蔵
  • 防水 5 ATM(5気圧防水)
  • Garmin Pay 対応(Suica対応)
  • ケースの素材 繊維強化ポリマー
  • ストラップ サイズ:22mm、素材:シリコン
    ※「VENU 3S」サイズ:18mm、素材:シリコン
  • OS 独自OS
  • 対応OS iPhone、Android
  • サイズ 45 x 45 x 12 mm
    ※「VENU 3S」 41 x 41 x 12 mm
  • 手首サイズ 135-200mm
    ※「VENU 3S」 110-175mm
  • 重量 30g(付属のバンドを含むと47g)
    ※「VENU 3S」 27g (付属のバンドを含むと40g)
  • カラー シルバー、ブラック
    ※「VENU 3S」フレンチグレー、ペブルグレー、セージグレー、ダストローズ、アイボリー

関連記事「Garmin Venu 3」に弱点なし? 話題の超高性能スマートウォッチと徹底 比較!

Amazonで「Garmin Venu 3」をチェックする

楽天市場で「Garmin Venu3」をチェックする

ヤフーショッピングで「Garmin Venu 3」をチェックする

Garmin公式サイトで「Garmin Venu 3」をチェックする

米国 Amazon.comで「Garmin Venu 3」をチェックする

「Apple Watch Series 9」のスペック

  • ディスプレイ 41mm / 45mmのRetinaスクリーン
    ※LTPO/OLED/最大輝度2000 nits/サファイアクリスタルガラス/常時表示
  • ケース アルミニウム、ステンレス
  • クラウン Digital Crown (回すだけでウィジェットを表示)
  • プロセッサ Apple S9 Sip デュアルコア
    ※4コア Neural Engine / 第2世代の超広帯域(UWB)チップ内蔵
  • GPU PowerVR
  • RAM(メモリ)1GB
  • ストレージ 32GB
  • バッテリー 駆動時間 通常使用で18時間 ※低電力モード
  • 充電 高速充電(約45分で80%まで回復)、Type-C充電、ワイヤレス充電(※充電器は別売)
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 5.3
  • GPS 対応 (L1 GPS、GLONASS、Galileo、QZSS、BeiDou)
  • NFC/Apple Pay 対応・Suica決済に対応
  • インターフェース 充電端子
  • センサー 加速度計、ジャイロ、光学式心拍(第3世代)、気圧計(高度計)、常時オンの高度計、コンパス、SpO2、VO2max
  • スピーカー 搭載
  • マイク 搭載
  • 音声操作 Siri 最大25% 音声入力の精度向上
  • 防水防塵 50m防水/IP6X ※耐亀裂性能も備え、強度が向上
  • バンド 交換可
  • OS watchOS 10.0
  • サイズ 41mmケース:41mm x 35mm x 10.7mm/45mmケース:45mm x 38mm x 10.7mm
  • 重量 41mm:42.3/ 45mm: 51.5 g
  • カラー アルミニウム: ピンク、ミッドナイト、スターライト、シルバー、(PRODUCT)RED   、ステンレス: ゴールド、シルバー、グラファイト
  • 4G通信 Cellularモデルのみ対応
  • SIMカード eSIM ※Cellularモデルのみ

関連記事「Apple Watch Series 9」で決まり? 最新の最強スマートウォッチと徹底 比較!

Amazonで「Apple Watch Series 9」をチェックする

楽天市場で「Apple Watch Series 9」をチェックする

ヤフーショッピングで「Apple Watch Series 9」をチェックする

Apple公式ストアで「Apple Watch Series 9」をチェックする

米国 Amazon.comで「Apple Watch Series 9」をチェックする

「Google Pixel Watch 2」のメリット・デメリット

Google Pixel Watch 2」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・1.6インチのAMOLED液晶・DCI-P3や常時表示、Gorilla Glass 5に対応

Google Pixel Watch 2」は1.6インチのAMOLEDディスプレイを搭載しています。ピクセル密度320ppi、最大輝度1000ニト、豊かな色再現が可能なDCI-P3に対応するほか、常時表示や強化ガラス「Gorilla Glass 5」による保護にも対応しています。

一方、「Galaxy Watch6」は40mmモデルで1.3インチ、解像度432 x 432 px、44mmモデルで1.5インチ、解像度480 x 480 pxのSuper AMOLEDスクリーンを搭載しています。「Garmin Venu 3」は直径1.4インチ(45mm)で解像度454 x 454 ドットの AMOLED(有機EL)スクリーンを搭載しています。「Apple Watch Series 9」は41mm/45mmのRetinaスクリーンを搭載し、Series 8の2倍明るい最大輝度2000 nitsで、太陽光下でも見やすく表示できます。

・触覚式リューズとサイドボタンを搭載

Google Pixel Watch 2」は触覚式リューズとサイドボタンで快適に操作できます。

一方、「Galaxy Watch6」はClassic モデルのみ回転式のクラウン操作に対応しています。「Garmin Venu 3」はクラウン操作に対応していません。「Apple Watch Series 9」はDigital Crownを搭載し、回すだけでウィジェットを表示できます。

・Qualcomm 5100プロセッサと省電力なCortex M33 コプロセッサを搭載

Google Pixel Watch 2」は4コアのQualcomm 5100プロセッサと省電力なCortex M33 コプロセッサを搭載し、アプリも高速に動作します。

一方、「Galaxy Watch6」はExynos W930 デュアルコアプロセッサを搭載しています。「Garmin Venu 3」のプロセッサは不明です。「Apple Watch Series 9」はApple S9 Sip デュアルコア、4コア Neural Engineを搭載しています。

・2GB SDRAM メモリを搭載

Google Pixel Watch 2」は2GB SDRAM メモリを搭載し、スムーズに動作します。

一方、「Galaxy Watch6」は2GBメモリを搭載しています。「Garmin Venu 3」のRAMは不明です。「Apple Watch Series 9」は1GBメモリを搭載しています。

・32GB eMMCストレージを搭載

Google Pixel Watch 2」は32GB eMMC フラッシュストレージを搭載し、大量のアプリをインストールできます。

一方、「Galaxy Watch6」は16GBストレージを搭載しています。「Garmin Venu 3」は8GBストレージを搭載しています。「Apple Watch Series 9」は32GBストレージを搭載しています。

・約306mAhバッテリー搭載で常時表示で24時間駆動できる・急速充電に対応

Google Pixel Watch 2」は常時表示でも24時間駆動できる約306mAhバッテリーを搭載しています。また、充電はマグネット式で、約45分で80%まで回復できる急速充電も利用できます。

一方、「Galaxy Watch6」は425mAhバッテリーを搭載し、最大約40時間(常時表示OFFの場合)駆動できます。「Garmin Venu 3」はスマートウォッチモードで最大14日間 (常時表示は5日間) 、バッテリーセーバーモードで最大26日間の駆動が可能です。「Apple Watch Series 9」は18時間駆動するバッテリーを搭載・低電力モードや高速充電に対応しています。

・より正確に計測できる・身体反応計測(ストレスマネジメント)機能にも対応

Google Pixel Watch 2」は光学式心拍数センサーをシングルパス方式から、前モデルの25倍のLEDを備えたマルチパス方式に変更。これにより、より正確な心拍数、睡眠、エナジースコアを計測できるようになっています。また、新たに身体反応センサー、皮膚温センサーを搭載。機械学習アルゴリズムを利用してストレスの兆候を特定する「身体反応計測(ストレスマネジメント)」機能も利用できます。

一方、「Galaxy Watch6」は体組成測定に対応し、骨格筋、基礎代謝量、体内水分量、体脂肪率などを測定できます。「Garmin Venu 3」は血中酸素、心拍数、ストレス、呼吸、体のエネルギー残量をスコアで可視化する「Body Battery」、最大酸素摂取量(VO2 Max)の計測に対応しています。「Apple Watch Series 9」は心電図の計測、酸素レベル、睡眠モニタリング(レム睡眠、コア睡眠、深い睡眠など)、心拍数、血中酸素飽和度、ストレスレベル、月経周期などを計測できます。

・40種類のスポーツ(ワークアウト)モードに対応・自動検出にも対応

Google Pixel Watch 2」は40種類のスポーツ(ワークアウト)モードに対応しています。また、新たに7つの一般的なワークアウトを自動検出することが可能で、ワークアウトの開始および停止のリマインダーを自動で表示することもできます。

一方、「Galaxy Watch6」は90種類以上のスポーツモードに対応し、ランニング、ウォーキング、サイクリングなどの自動認識が利用できます。「Garmin Venu 3」は30種類以上のスポーツアプリを用意し、ランニングやウォーキングのアクティビティについて、音声ガイドで確認することもできます。「Apple Watch Series 9」は数十種類のワークアウトモードを搭載しています。

・Wi-Fi (2.4GHz)とBluetooth 5.0をサポート

Google Pixel Watch 2」はWi-Fi (2.4GHz)通信に対応し、単体で通信できます。また、Bluetooth 5.0もサポートしています。

一方、「Galaxy Watch6」は高速で途切れづらいWi-Fi 5のデュアルバンドやBluetooth 5.3によるワイヤレス接続に対応しています。「Garmin Venu 3」はWi-Fi、Bluetooth、ANT+に対応しています。「Apple Watch Series 9」はWi-Fi通信、Bluetooth 5.3に対応しています。

・GPS内蔵で距離やペースを測定できる

Google Pixel Watch 2」はGPS内蔵で距離やペースを測定できます。

一方、「Galaxy Watch6」、「Garmin Venu 3」、「Apple Watch Series 9」もGPS内蔵で、ウォッチ上で距離やペースも確認できます。

・4G LTEモデルを用意

Google Pixel Watch 2」は4G LTEモデルを用意しています。

一方、「Galaxy Watch6」は一部の国でLETモデル(eSIM)も用意しています。「Garmin Venu 3」は4G LTEモデルを用意していません。「Apple Watch Series 9」はCellularモデルのみ4G LTE通信に対応しています。

・安全確認機能を搭載

Google Pixel Watch 2」は新たに安全確認機能を搭載し、あらかじめ設定した時間にユーザーが反応しなかった場合に、自動で緊急サービスに通報したり、ユーザーの位置情報を家族や友人に送信したりできます。

一方、「Galaxy Watch6」は転倒検知機能を搭載し、Homeボタンを5回押すだけで救急サービスにSOSを送信できます。「Garmin Venu 3」はセーフティ トラッキング(事故・転倒検出)機能に対応し、事故を感知した際に現在の位置情報を緊急連絡先に送信できます。「Apple Watch Series 9」はSOS機能で衝突事故や転倒を検出し、あらかじめ登録しておいた連絡先にメッセージを送信できます。

・GoogleウォレットやSuica決済に対応

Google Pixel Watch 2」はNFC(FeliCa)対応でGoogleウォレットが利用可能で、従来モデルと同じくSuicaやiD、QUICPay、VISAタッチ決済、MasterCardタッチ決済が利用できます。

一方、「Galaxy Watch6」はキャッシュレス決済機能「Samsung ウォレット」を使えます。「Garmin Venu 3」はGarmin Payによる非接触型決済に対応し、Suicaによる電子マネー決済も利用できます。「Apple Watch Series 9」はSuica / Apple Payによるキャッシュレス決済機能に対応しています。

・Googleアプリが使える

Google Pixel Watch 2」は従来モデルと同じく「Googleマップ」によるナビゲーション機能や音声操作が可能な「Googleアシスタント」、YouTube Musicの音楽再生が利用できるほか、新しいGmailアプリ(受信トレイの確認)やカレンダー(予定を承諾・拒否の返信)も利用できます。

一方、「Garmin Venu 3」と「Apple Watch Series 9」はGoogleアプリを使えません。「Galaxy Watch6」はWear OS Powered by Samsung(Wear OS 4.0)を搭載し、Google系アプリやサードパーティ製アプリを追加できます。

・5気圧防水に対応

Google Pixel Watch 2」は5気圧防水に対応し、屋内の水泳でも使用できます。

一方、「Galaxy Watch6」はIP68と5気圧防水にも対応し、屋外でも安心して使用できます。「Garmin Venu 3」は5気圧防水に対応し、屋内の水泳アクティビティも計測できます。「Apple Watch Series 9」は5気圧防水に対応し、屋外でも安心して使用できます。

・Wear OS 4.0搭載でGoogleアカウントへのデータのバックアップと復元をサポート・アプリ追加も可能

Google Pixel Watch 2」はWear OS 4.0を搭載し、Googleアカウントへのデータのバックアップと復元をサポートしています。また、Google Playストアからアプリをダウンロードし、追加することもできます。

一方、「Galaxy Watch6」はWear OS Powered by Samsung(Wear OS 4.0)を搭載し、Google Playストアからアプリを追加できます。「Garmin Venu 3」は独自OS搭載でConnect IQ アプリストアからアプリを追加できます。「Apple Watch Series 9」はwatchOS 10搭載で、Watch Appを利用してアプリを追加できます。

デメリット

・ワイヤレス充電に対応していない

Google Pixel Watch 2」はワイヤレス充電に対応していません。マグネット式充電を採用しています。

一方、「Galaxy Watch6」は10W ワイヤレス充電 (Qi)に対応しています。「Garmin Venu 3」はワイヤレス充電に対応していません(Garmin独自のプラグ充電)。「Apple Watch Series 9」はワイヤレス充電に対応しています(※充電器は別売)。

・体組成を計測できない

Google Pixel Watch 2」は体組成(体脂肪率BIA、骨格筋重量)を計測できません。

一方、「Galaxy Watch6」は体組成(体脂肪率BIA、骨格筋重量)の計測に対応しています。「Garmin Venu 3」と「Apple Watch Series 9」は体組成を計測できません。

「Google Pixel Watch 2」の評価

Google Pixel Watch 2」の評価を紹介します。

スペック:★★★★★

通信:★★★★★

機能:★★★★★

デザイン:★★★★★

使いやすさ:★★★★★

価格:★★★

<総合評価>

2022年10月に発売された「Google Pixel Watch」の後継モデルになります。OSをWear OS 4.0に刷新し、ヘルスケア機能やバッテリー性能、機能などを大幅に強化しています。

注目は新しいセンサーを追加したヘルスケア機能です。

心拍数や睡眠、エナジースコアなどの測定精度が大幅に向上したほか、Fitbitの最新デバイスと同じ身体反応計測(ストレスマネジメント)機能に対応。健康を素材するストレスの原因も数値化した「ストレスマネジメントスコア」で簡単に確認できます。

この強力なストレス計測機能は、Fitbit独自のもので常時トラッキングに対応。他のスマートウォッチよりも圧倒的に高精度で、かつ詳細にストレスの原因を把握するのに役立ちます。

ただし、「Galaxy Watch6」のような独自の睡眠分析機能は搭載していないようです。「Google Pixel Watch 2」でもFitbitデバイスと同様に睡眠の高精度な計測はできますが、どちらかといえば「ストレス」を重視した仕様になっているといえます。

もう一つの注目点はバッテリー性能です。前モデルと異なり、常時表示でも24時間の駆動が可能になり、より長い時間使えるようになっています。

ただし、ワイヤレス充電は廃止され、マグネット式充電に変更されています。また、Wear OSを搭載していない「Garmin Venu 3」(スマートウォッチモードで最大14日間の駆動)と比べると、圧倒的に駆動時間が短いという弱点もあります。あくまでWear OS搭載モデルの中でバッテリー駆動時間が長いと受け止めておいた方がいいでしょう。

そのほか、安全確認機能やGoogleアカウントへのデータのバックアップと復元機能に対応。従来モデルと同様に各Google アプリが利用できるほか、Googleウォレットを利用したSuica決済も利用でき、アプリの使いやすさはやはり断トツでトップクラスであるといえます。これにFitbitの超高精度な測定機能を加わったことで、「Google Pixel Watch 2」はやはり最強レベルのスマートウォッチの仲間入りを果たしたといえそうです。

Google Pixel Watch 2」の発売時の価格は51,800円。

前モデルよりも約1万円高い価格になり、「Apple Watch Series 9」とそれほど変わらない価格になってしまいました。購入する際はお得なキャンペーンやセールを利用した購入した方がいいでしょう。Wear OS 4.0を搭載した高性能なスマートウォッチを探している人におすすめです。

 

「Google Pixel Watch 2」の販売・購入先

Google Pixel Watch 2」は

Amazonで51,800円(税込)、

楽天市場で45,999円円(税込・送料無料)、

ヤフーショッピングで45,759円(送料無料)、

Googleストアで51,800円(分割12回払い月額4,317円)、

AliExpressでUS $327.41 (日本円で約48,954円)、

米国 Amazon.comで$349.99 (日本円で約52330円)、

で販売されています。

※Googleストアでは、Pixel Watch 2を予約購入・購で、ストアクレジット10,000円分(次回以降に使用可)をプレゼントするキャンペーンを展開予定です。

Amazonで「Google Pixel Watch 2」をチェックする

楽天市場で「Google Pixel Watch 2」をチェックする

ヤフーショッピングで「Google Pixel Watch 2」をチェックする

Googleストアで「Google Pixel Watch 2」をチェックする

米国 Amazon.comで「Google Pixel Watch 2」をチェックする

 

 

 

他のスマートウォッチと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報や機能、性能、価格などが分かるようになっています。

日本版Huawei Watch 4」(1.5の AMOLED液晶・eSIMで通話)

Galaxy Watch6

Garmin Venu 3

Apple Watch Series 9

TicWatch Pro 5」(wear OS)

ASUS VivoWatch 5

Fitbit Sense 2

Huawei Watch GT 3 Pro

Amazfit GTR 4

Huawei Watch Ultimate

他のFitbitスマートウォッチと比較

他にもFitbit(Google)のスマートウォッチが販売されています。ぜひ比較してみてください。

Fitbitスマートウォッチが人気上昇! 全モデルを比較

その他のおすすめスマートウォッチは?

その他のおすすめスマートウォッチは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

【2023年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

最新のスマートウォッチをまとめて紹介しています。

スポーツ&健康管理に使えるスマートバンド 最新 機種 まとめ

最新のリストバンド(活動量計)をまとめて紹介しています。

アウトドアで使えるタフなスマートウォッチ 全機種を比較

アウトドアで使えるタフスマートウォッチをまとめて紹介しています。

ガーミンのスマートウォッチ 買うならどれ? 人気モデルを比較 

Garminスマートウォッチをまとめて紹介しています。

Fitbitスマートウォッチが人気上昇! 全モデルを比較

Fitbitのスマートウォッチをまとめて紹介しています。

<3G・4G対応のAndroidスマートウォッチ>

3G・4G対応で通話できるAndroidスマートウォッチ まとめ