Android 14で使えるタブレット 2024 最新 機種 まとめ

Android 14 top
2024年の最新 Android 14 タブレット をまとめて紹介! 特徴やスペック、価格の違いが一目で分かるようにまとめてあります。

※本ページはプロモーション(広告)を含んでいます。

Android 14の特徴と機能

Android 14 main

Android 14の特徴と機能をまとめてみました。

よりきめ細かなデザインのカスタマイズが可能に

Android 14 OS」ではAndroid 13 OS 以上にきめ細かなデザインカスタマイズが可能になっています。

具体的には新しいロック画面のテンプレートから、自分のスタイルに最も合うフォントの種類、ウィジェット構成を選択できるように改善。AI を使用して状況に応じて画面を調整できるようになり、例えば、天気が突然悪くなった場合、ロック画面の天気ウィジェットが強調されて表示されたりします。

また、「壁紙」はスタマイズ設定画面から簡単に切り替えられるようになり、壁紙の一覧から好みのものにすばやく変更できるように改善。「AI 壁紙」では、事前に設定された候補をいくつか選択し組み合わせることで、独自の壁紙を自動で作成してくれます。

そのほか、目の負担を軽減するのに ふさわしい「単色テーマ」を用意。デバイス全体で最小限の色を洗練された美しいトーンにまとめることができます。

強化されたセキュリティ機能

Android 14 OS」ではAndroid 13 OS 以上にセキュリティ機能が強化されています。具体的には、アプリがユーザーのデータにアクセスしようとするとき、「どのようにデータ使用されているのか」を、より詳細把握できるように改善。アプリ側が位置情報などの情報へのアクセスを許可するよう求めた際にも、ユーザー側にアプリが位置データを第三者と共有しようとしていることが通知され、それをもとにアクセスを許可するかどうかを決められます。

また、デバイスの暗証番号として使用される「PIN セキュリティ」を強化し、6 桁の PIN 設定を推奨。PIN を入力すると、[ 入力 ] ボタンをタップ入力せずに、デバイスのロックが自動的解除されるように改善されています。そのほか、アプリごとに管理されていた「健康に関するデータ」をまとめて管理できるように改善。Android アプリ「ヘルスコネクト」を Android 14 の設定に組み込むことで、データを安全に暗号化し、他者が閲覧・利用できないようになっています。

カメラ性能が向上・文字も見やすく表示

Android 14 OS」では Ultra HDR による HDR 画像のサポートを追加。鮮やかな色、より明るいハイライト、より暗いシャドウを引き出すことで、写真をより美しく仕上げることができます。

また、文字サイズのクイック設定からテキスト大きさをすばやく変更することが可能。フォントの非線形スケーリングを採用することで、フォントを拡大しても、タイトルなどのテキストが大きくなりすぎないように自動で調整し、見やすく表示できます。

そのほか、視覚障がい者聴覚障がい者向けの機能を追加。ピンチ操作での拡大・縮小、拡大鏡設定パネルでのサイズ変更、拡大する画面 範囲のカスタマイズが追加されたほか、アプリを切り替えてもそのまま利用できる「拡大鏡」も追加されています。

公式ページ:Android 14 | カスタマイズ、ユーザー補助、保護 | Android https://www.android.com/intl/ja_jp/android-14/

8インチ以上のAndroid 14 タブレット 機種 ラインナップ 一覧

Android 14 8インチ

ここでは 8インチ 以上の Android 14 タブレットをまとめて紹介します。リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

<2024/2発売・Android 14>

「HEADWOLF Fpad 5」

「HEADWOLF Fpad 5」はAndroid 14を搭載した8.4型のタブレット。厚さ7.5mm、重さ320gのボディにMediaTek Helio G99 (MT6789) プロセッサと8GB LPDDR4X メモリを搭載。フルHD液晶、128GB UFS 2.1 ストレージ、5500mAhバッテリ、背面13MPのメインカメラ、前面8MPのフロントカメラを備えるほか、

Widevine L1、4G LET通信、デュアル BOXスピーカー、顔認証、最大16GBまでのメモリ拡張、最大2TBまでのストレージ拡張、UBS Type-C (OTG)、Wi-Fi 5のデュアルバンド、Bluetooth 5.0、GPSにも対応している。

HEADWOLF Fpad 5の詳細を確認する

Amazonで「HEADWOLF Fpad 5」をチェックする

楽天市場で「HEADWOLF Fpad 5」をチェックする

ヤフーショッピングで「HEADWOLF」をチェックする

AliExpressで「HEADWOLF」をチェックする

米国 Amazon.comで「HEADWOLF Fpad 5」をチェックする

<2024/2発売・Android 14>

「UMIDIGI G1 Tab Mini」

UMIDIGI G1 Tab Mini」はAndroid 14を搭載した8型のタブレット。厚さ8.9mm、重さ368gのボディにRockchip RK3562 プロセッサと3GB LPDDR3X メモリを搭載。HD液晶、32GBストレージ、5000mAhバッテリ、背面5MPのメインカメラ、前面5MPのフロントカメラを備えるほか、

ステレオ デュアルスピーカー、最大7GBまでのメモリ拡張、最大1TBまでのストレージ拡張、UBS Type-C (OTG)、Wi-Fi 6、Bluetooth 5.0にも対応している。

UMIDIGI G1 Tab Miniの詳細を確認する

Amazonで「UMIDIGI G1 Tab Mini」をチェックする

楽天市場で「UMIDIGI G1 Tab Mini」をチェックする

ヤフーショッピングで「UMIDIGI G1 Tab」をチェックする

AliExpressで「UMIDIGI G1 Tab Mini」をチェックする

米国 Amazon.comで「UMIDIGI G1 Tab Mini」をチェックする

10インチ以上のAndroid 14 タブレット 機種 ラインナップ 一覧

Android 14 10インチ

ここでは 10インチ 以上の Android 14 タブレットをまとめて紹介します。リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

<2024/4/20発売>

「TECLAST P50」

TECLAST P50」はAndroid 14を搭載した10.95型のタブレット。 厚さ8.6 mm、重さ543 gのボディにUNISOC T606 プロセッサと6GB LPDDR4 メモリを搭載。HD IPS液晶、128GB ストレージ、8000mAh バッテリー、背面13MP+補助のAIデュアルカメラ、前面5MPのフロントカメラを備えるほか、

Widevine L1、4G通信、Volte通話、デュアル チャンネルスピーカー、ステレオサウンド、最大1TBまでのストレージ拡張、顔認証、ペアレンタルコントロール、アイプロテクション(目の保護)機能、画面分割、USB Type-C (OTG)、Wi-Fi 5のac デュアルバンド、Bluetooth 5.0、4衛星測位のGPSナビゲーションにも対応している。

TECLAST P50の詳細を確認する

Amazonで「TECLAST P50」をチェックする

楽天市場で「TECLAST P50」をチェックする

ヤフーショッピングで「TECLAST P50」をチェックする

AliExpressで「TECLAST P50」をチェックする

米国 Amazon.comで「TECLAST P50」をチェックする

<2024/4発売・Android 14>

「Teclast T65 Max」

Teclast T65 Max」はAndroid 14を搭載した13型のタブレット。サイズサイズ 305 x 199 x 8.2 mm、重さ710gのボディにMediaTek Helio G99 (MT6789) プロセッサと8GBメモリを搭載。12.95インチのフルHD液晶、256GB UFS ストレージ、10,000 mAhバッテリ、背面 13MP + 0.1MPの2眼カメラ、前面 8MPのフロントカメラを備えるほか、

最大20GBまでのメモリ拡張、Widevine L1、クアッドスピーカー、Sweet 4サウンドシステム、18W PD急速充電、最大1TBまでのストレージ拡張、顔認証、リフレッシュレート 60Hz、アイプロテクションモード、Bluetooth キーボード(別売)、T65 Max 超簿型ケース(別売)、USB Type-C (OTG)、4衛星測位のGPSナビゲーション、Wi-Fi 5のデュアルバンド、Bluetooth 5.2にも対応している。

「Teclast T65 Max」の詳細を確認する

Amazonで「Teclast T65 Max」をチェックする

楽天市場で「Teclast T65 Max」をチェックする

ヤフーショッピングで「Teclast T」をチェックする

AliExpressで「Teclast T65 Max」をチェックする

米国 Amazon.comで「Teclast T65 Max」をチェックする

<2024/4/15発売・Android 14>

「AGM PAD P2」

AGM PAD P2」はAndroid 14を搭載した11型のタブレット。厚さ7.5 mm、重さ530gのメタルボディにMediaTek Helio G99 (MT8781) プロセッサと8GBメモリを搭載。10.95のフルHD+液晶、256GBストレージ、7850mAhバッテリ、背面50MPカメラ、前面8MPカメラを備えるほか、

20W急速充電、リフレッシュレート 90Hz、Widevine L1、クアッド BOXステレオスピーカー、4G LET通信、デュアル シリコンマイク、Bluetooth ワイヤレスキーボード(別売)、保護カバー(付属・自立)、顔認証、USB Type-C (OTG)、Wi-Fi 5のデュアルバンド、Bluetooth 5.2、4衛星測位のGPSナビゲーションにも対応している。

AGM PAD P2の詳細を確認する

Amazonで「AGM PAD P2」をチェックする

楽天市場で「AGM PAD P2」をチェックする

ヤフーショッピングで「AGM PAD」をチェックする

AGM公式サイトで「AGM PAD P2」をチェックする

AliExpressで「AGM PAD P2」をチェックする

米国 Amazon.comで「AGM PAD P2」をチェックする

<2024/4/1発売・Android 14 ベース>

「Blackview Tab 16 Pro」

Blackview Tab 16 Pro」はAndroid 14ベースのDoke OS_P4.0 を搭載した11型のタブレット。厚さ7.45 mm、重さ503 gのボディにUnisoc T616 プロセッサと8GB LPDDR4X メモリを搭載。11インチのフルHD+液晶、256GB UFS 2.2 ストレージ、7700 mAh バッテリ、背面13MPのメインカメラ、前面8MPのフロントカメラを備えるほか、

最大16GBまでのメモリ拡張、4G LET通信、クアッドスピーカー、ステレオサウンド、PCモード 2.0、18W急速充電、最大1TBまでのストレージ拡張、タッチペン(付属)、保護ケース(付属)、ワイヤレス Bluetooth キーボード(※別売)、Wi-Fi 5のデュアルバンド、Bluetooth 5.0 によるワイヤレス接続、4衛星測位のGPSにも対応している。

Blackview Tab 16 Proの詳細を確認する

Amazonで「Blackview Tab 16 Pro」をチェックする

楽天市場で「Blackview Tab 16 Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「Blackview Tab 16 Pro」をチェックする

AliExpressで「Blackview Tab 16 Pro」をチェックする

米国 Amazon.comで「Blackview Tab 16 Pro」をチェックする

<2024/3発売・Android 14>

「Teclast T50HD」

Teclast T50HD」はAndroid 14を搭載した10.95型のタブレット。 厚さ7.9 mm、重さ500 gのボディにUNISOC T606 プロセッサと6GB LPDDR4 メモリを搭載。フルHDのIPS液晶、256GB UFS ストレージ、8000mAh バッテリー、背面13MPのAIデュアルカメラ、前面8MPのフロントカメラを備えるほか、

Widevine L1、4G通信、Volte通話、デュアルスピーカー、Sweet 4 サウンドシステム、最大1TBまでのストレージ拡張、顔認証、ペアレンタルコントロール、アイプロテクション(目の保護)機能、USB Type-C (OTG)、Wi-Fi 5のデュアルバンド、Bluetooth 5.0、4衛星測位のGPSナビゲーションにも対応している。

Teclast T50HDの詳細を確認する

Amazonで「Teclast T50HD」をチェックする

楽天市場で「Teclast T50HD」をチェックする

ヤフーショッピングで「Teclast T50」をチェックする

AliExpressで「Teclast T50HD」をチェックする

米国 Amazon.comで「Teclast T50HD」をチェックする

<2024/3発売・Android 14ベース>

「Xiaomi Pad 6S Pro 12.4」

Xiaomi Pad 6S Pro 12.4」はAndroid 14ベースのXiaomi HyperOSを搭載した12.4型のタブレット。厚さ6.26 mm、重さ590 gのボディにQualcomm Snapdragon 8 Gen 2 プロセッサと8GB / 12GB LPDDR5X メモリを搭載。3K液晶、256GB/512GB UFS 4.0 ストレージ、 10000mAh バッテリ、背面 50MP+2MP の2眼カメラ、前面 32MPのフロントカメラを備えるほか、

リフレッシュレート 144Hz (可変)、タッチサンプリングレート 360Hz、6 スピーカー、Dolby Atmos、ディレクターモード、AIアート、FocusFrame、AIカンファレンスツールボックス、指紋認証、NFC、Wi-Fi 7、Bluetooth 5.3にも対応している。

「Xiaomi Pad 6S Pro 12.4」の詳細を確認する

Amazonで「Xiaomi Pad 6S Pro 12.4」をチェックする

楽天市場で「Xiaomi Pad」をチェックする

ヤフーショッピングで「Xiaomi Pad」をチェックする

AliExpressで「Xiaomi Pad 6S Pro 12.4」をチェックする

米国 Amazon.comで「Xiaomi Pad 6S Pro 12.4」をチェックする

<2024/3/20発売・Android 14>

「Alldocube iPlay 60 Lite」

Alldocube iPlay 60 Lite」はAndroid 14を搭載した11型のタブレット。厚さ8.4 mm、重さ544 gのメタルボディにUNISOC T606 オクタコア プロセッサと4GBLPDDR4Xメモリを搭載。フルHDのIPS液晶、128GBストレージ、8000mAhバッテリー、背面13MPのメインカメラ、前面5MPのフロントカメラを備えるほか、

4G通信、Widevine L1、最大12GBまでのメモリ拡張、デュアルBOXスピーカー、ステレオサウンド、Bluetooth キーボード(別売)、保護ケース(マグネット接続・自立可・別売)、USB Type-C (OTG)、Wi-Fi 5のデュアルバンド、Bluetooth 5.0、GPSに対応している。

「Alldocube iPlay 60 Lite」の詳細を確認する

AliExpressで「Alldocube iPlay 60 Lite」をチェックする

Amazonで「Alldocube iPlay 60 Lite」をチェックする

楽天市場で「Alldocube iPlay 60 Lite」をチェックする

ヤフーショッピングで「Alldocube iPlay」をチェックする

米国 Amazon.comで「Alldocube iPlay 60 Lite」をチェックする

<2024/3発売・Android 14>

「HEADWOLF Hpad 6」

HEADWOLF Hpad 6」はAndroid 14を搭載した12型のタブレット。厚さ7.5mmで重さ505gのボディにMediaTek Helio G99 プロセッサと8GB LPDDR4X メモリを搭載。2K液晶、256GB UFS2.1 ストレージ、8800 mAh バッテリ、背面16MPのメインカメラ、前面8MPのフロントカメラを備えるほか、

SIMフリーの4G LET通信、クアッドスピーカー、18W 急速充電、顔認証、最大2TBまでのストレージ拡張、Type-C (OTG)、Wi-Fi 5 のデュアルバンド、Bluetooth 5.2、4衛星測位のGPSナビゲーションにも対応している。

「HEADWOLF Hpad 6」の詳細を確認する

Amazonで「HEADWOLF Hpad 6」をチェックする

楽天市場で「HEADWOLF Hpad 6」をチェックする

ヤフーショッピングで「HEADWOLF Hpad」をチェックする

AliExpressで「HEADWOLF Hpad 6」をチェックする

米国 Amazon.comで「HEADWOLF Hpad 6」をチェックする

<2024/3発売・Android 14>

「HEADWOLF Wpad 5」

HEADWOLF Wpad 5」はAndroid 14を搭載した10.1型のタブレット。 厚さ10.2 mm、重さ500 gのボディにUNISOC T606 プロセッサと4GB LPDDR4Xメモリを搭載。フルHDのIPS液晶、128GB ストレージ、5500mAhバッテリー、背面8MPのメインカメラ、前面5MPのフロントカメラを備えるほか、

Widevine L1 、デュアル ステレオスピーカー、18W急速充電、最大2TBまでのストレージ拡張、Googleキッズスペース、ペアレンタルコントロール、スタイラスペン(別売)入力、USB Type-C 2.0 (OTG)、Wi-Fi 5のデュアルバンド、Bluetooth 5.0、4衛星測位のGPSナビゲーション、技適認証にも対応している。

「HEADWOLF Wpad 5」の詳細を確認する

Amazonで「HEADWOLF Wpad 5」をチェックする

楽天市場で「HEADWOLF Wpad 5」をチェックする

ヤフーショッピングで「HEADWOLF Wpad」をチェックする

AliExpressで「HEADWOLF Wpad 5」をチェックする

米国 Amazon.comで「HEADWOLF Wpad 5」をチェックする

<2024/3/4発売・Android 14>

「DOOGEE T30 MAX」

DOOGEE T30 MAX」はAndroid 14を搭載した12.4型のタブレット。厚さ7.9mm、重さ678gのボディにMediaTek Helio G99 (MT8781)プロセッサと8GB LPDDR4X メモリを搭載。4K液晶、512GB ストレージ、10800 mAh バッテリー、背面50MP+2MPの2眼カメラ、前面20MPのフロントカメラを備えるほか、

筆圧4096段階のスタイラスペン入力、クアッド BOXスピーカー、ハイレゾオーディオ認証、Widevine L1、4G LET通信、最大20GBまでのメモリ拡張、磁気キーボード(別売)、サイド指紋認証、Type-C (OTG)、Wi-Fi 5のデュアルバンド、Bluetooth 5.0、GPSにも対応している。

「DOOGEE T30 MAX」の詳細を確認する

Amazonで「DOOGEE T30 MAX」をチェックする

楽天市場で「DOOGEE T30 MAX」をチェックする

ヤフーショッピングで「DOOGEE T30」をチェックする

DOOGEE公式ストアで「DOOGEE T30 MAX」をチェックする

AliExpressで「DOOGEE T30 MAX」をチェックする

米国 Amazon.comで「DOOGEE T30 MAX」をチェックする

<2024/3/17発売・Android 14ベース>

「Blackview MEGA 1」

Blackview MEGA 1」はAndroid 14ベースのDoke OS_P4.0を搭載した11.5型のタブレット。厚さ7.6mm、重さ528 gのボディにMediaTek Helio G99 プロセッサと8GB 8GB / 12GB LPDDR4X メモリを搭載。2.4KのIPS液晶、256GB USF2.1 ストレージ、8800 mAhバッテリ、背面50MPのメインカメラ、前面13MPのフロントカメラを備えるほか、

Widevine L1、リフレッシュレート最大120Hz、33W急速充電、Smart PAクアッドスピーカー、冷却システム、4G LET通信、顔認証、PCモード2.0、ゲームモード、2Kビデオ撮影、ArcSoft 9.0、4衛星測位のGPSナビゲーション、USB Type-C (OTG)、Wi-Fi 5のデュアルバンド、Bluetooth 5.1に対応している。

「Blackview MEGA 1」の詳細を確認する

AliExpressで「Blackview MEGA 1」をチェックする

Amazonで「Blackview MEGA 1」をチェックする

米国 Amazon.comで「Blackview MEGA 1」をチェックする

<2023/12/15発売・Android 14>

「TECLAST P30T」

TECLAST P30T」はAndroid 14を搭載した10.1型のタブレット。厚さ7.8mm、重さ440gのメタルボディにAllwinner A523 オクタコア プロセッサと4GB LPDDR4Xメモリを搭載。HD IPS液晶、128GBストレージ、6000 mAhバッテリー、背面5MPのメインカメラと前面2MPのフロントカメラを備えるほか、

最大10GBまでのメモリ拡張、デュアル ステレオスピーカー、PureSoundオーディオ、デュアルマイク、アクティブノイズキャンセリング、ワイヤレス投影、ペアレンタルコントロール、最大1TBまでのストレージ拡張、顔認証、TECLAST KS10 Bluetooth キーボード(別売)、USB Type-C (OTG)、Wi-Fi 6、Bluetooth 5.4にも対応している。

「TECLAST P30T」の詳細を確認する

Amazonで「TECLAST P30T」をチェックする

楽天市場で「TECLAST P30T」をチェックする

ヤフーショッピングで「TECLAST P30」をチェックする

AliExpressで「TECLAST P30T」をチェックする

米国 Amazon.comで「TECLAST P30T」をチェックする

Antutuベンチマークで比較

Android 14 で使えるタブレットをAntutuベンチマークのスコア(総合)で比較してみました。ゲームをプレイする人は Antutu V10 ベンチマーク 総合で約30万以上のモデルがおすすめです。ゲームをプレイしないで動画視聴、電子書籍、音楽再生などで使用する人は、Antutu V10 ベンチマーク 総合で 20万前後のモデルでも問題なく使用できます。

100万以上

Xiaomi Pad 6S Pro 12.4(約148万)

30万以上

Teclast T65 Max(約40万)、AGM PAD P2(約40万)、Blackview Tab 16 Pro(約31万)、HEADWOLF Hpad 6(約45万)、DOOGEE T30 MAX(約42万)、Blackview MEGA 1(約44万)、HEADWOLF Fpad 5(約42万)

20万以上

TECLAST P50 (約27万)、Teclast T50HD (約25万)、Alldocube iPlay 60 Lite (約29万)、HEADWOLF Wpad 5 (約25万)、UMIDIGI G1 Tab Mini (26万)

10~20万

TECLAST P30T(約16万以上)

ハイスペックなAndroid 14 タブレットの選び方

ハイスペックなAndroid 14 タブレットにはAntutuベンチマーク以外にもチェックポイントは複数あります。よく確認してから購入した方がいいでしょう。

ディスプレイの解像度・リフレッシュレートをチェック

フルHDを超える高精細な解像度であるかどうかを確認しましょう。画質は2K以上(フルHD+)であるのが望ましいです。4K以上の画質を持つモデルも登場し、HDRなどの機能に対応している機種も多く出ています。また、高リフレッシュレートに対応し、映像をより滑らかに再生するモデルもあります。値が高ければ高いほど滑らかな再生が可能なので、事前にチェックしておきましょう。

スピーカーの音質をチェック

4つのスピーカーを備えたクアッドスピーカー搭載であるのかどうかを確認しましょう。2つのスピーカーを備えたデュアルスピーカーとは雲泥の差があります。また、最近では6つのスピーカーを搭載しているモデルも登場しています。Dolby Atmosに対応し、臨場感のあるサウンドを再生できるものやハイレゾ認証に対応し、ワイヤレスでも高音質なサウンドを再生できるモデルもあるので、事前にチェックしておきましょう。

防水をチェック

防水対応かどうかを確認しましょう。特に外出先で使う人は防水対応の方が安心して使えます。ただし、通常のタブレットで防水に対応しているモデルは非常に少ないです。強力な防水防塵に対応したタブレットは、アウトドア仕様の「タフネス タブレット」になるので、こちらも事前にチェックしておきましょう。

SIMフリーの5G / 4G LET 通信 対応をチェック

SIMスロットがあり、単体でSIMフリーの5G、4G LET通信が利用できるかどうかを確認しましょう。単体で通信できるものは通話も可能で、万が一スマートフォンが壊れた場合でもSIMを入れ替えることで、スマホ代わりになります。ただし、自宅のみでタブレットを使う人はあまり気にする必要はありません。なお、物理的なSIMを必要としない「eSIM」対応モデルも登場しています。事前によく調べておきましょう。

専用キーボード&スタイラスペンをチェック

専用キーボード(兼カバー・マグネット接続)や専用スタイラスペン(デジタルペン・筆圧検知対応)があるかどうかを確認しましょう。これらがあると用途がかなり広がるので便利です。また、キーボードや筆圧ペンが「付属」か、「別売」かもよくチェックしておきましょう。別売の場合は、それぞれ約1万円ほどするので、注意が必要です。

低価格 Android 14 タブレットの選び方

Android 14 で低価格なタブレットは有名メーカーのものだけでなく、あまり知られていない新規参入メーカーのものもあります。ひと昔前までは無名メーカーのタブレットは避けられがちでしたが、最近ではかなり品質が向上したこともあり人気が出ています。

プロセッサ性能をチェック

低価格なモデルは、Antutu V10 ベンチマーク 20万前後になっています。このスコアは「動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)、電子書籍」なで快適に動作するレベルです。Androidのゲームは一応できますが、高負荷なものには向いていないので注意してください。

メモリをチェック

Android 14 で低価格なタブレットは3GBメモリや4GBメモリを搭載する機種が多くなっています。メモリ容量は3GBメモリでも十分ですが、4GBメモリになるとかなりスムーズで遅延が生じづらくなります。ただし、最近のモデルは「仮想メモリ」機能でメモリ容量を増やせるようになっているため、メモリ容量不足になることはなくなりつつあります。

ストレージ容量をチェック

低価格なモデルは32GBか64GBストレージを搭載する機種が多くなっていますが、中には128GBを搭載するモデルもあります。また、microSDカードで最大1TBまで拡張できる機種が増えています。事前にどれくらい拡張できるかを確認しておきましょう。

カメラ性能をチェック

カメラの画素数は事前に調べておきましょう。背面カメラは8MP以上あると、高精細な写真を撮影できます。また、前面カメラは2MP以上あると、ビデオ通話やチャットで問題なく使用できます。ただし、Web会議やオンライン授業で頻繁に使う人は前面カメラの画素数が高い方が高精細で使いやすいため、5MP以上あるモデルを選ぶことをおすすめします。

厚さ・重さをチェック

本体がどのくらいの厚さ・重さなのかは事前に調べておきましょう。最近ではほとんど薄型軽量デザインになっていますが、中にはフルメタル(金属素材)を使った機種もあり、重さにはバラつきがあります。毎日頻繁に持ち歩く人は500g以内のモデルを選びましょう。厚さは9mm以内であると薄くて持ち歩きしやすいです。

Android 14 にアップデートされたタブレット

次のタブレットは発売時にAndroid 13 OSで、後から Android 14 にアップデートされて販売されたタブレットです。もとはAndroid 13 OSですが、通常の Android 14 タブレットと同じように使えます。

ただし、販売先によってはAndroid 13 OSを搭載したモデルを販売していることもあるので、OSのバージョンをよく確かめるようにしてください。

※リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

8インチモデル

TECLAST P85THEADWOLF Fpad 3

10インチ以上のモデル

HEADWOLF HPad 5

TECLAST T60Teclast T50 Pro

Android 13タブレットと比較

最新のAndroid 13 OSを搭載したタブレットも販売されています。ぜひ比較してみてください。

Android 13で使えるタブレット 2023 最新 機種 まとめ

Android 12タブレットと比較

最新のAndroid 12 OSを搭載したタブレットもあります。ぜひ比較してみてください。

Android 12で使えるタブレット 2023 最新 まとめ

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

一度は手に入れてみたい超ハイスペックなAndroidタブレット まとめ

超ハイスペックなAndroidタブレットをまとめて紹介しています。

HDMI出力できるAndroidタブレット まとめ

HDMI出力できるAndroidタブレットをまとめて紹介しています。

アウトドアで使えるタフなタブレット 2023 最新 機種 まとめ

アウトドア用のタフネス タブレットをまとめて紹介しています。

Einkタブレットに新モデル続々 最新 機種を比較

Einkモノクロ液晶を搭載したAndroid タブレットをまとめて紹介しています。