「HEADWOLF Fpad 3」パワフルに進化か? 人気のミニ タブレットと徹底 比較!


2023年7月に発売された「HEADWOLF Fpad 3」と人気のミニ タブレットを徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペックの違いに加えて、メリット・デメリット、評価を紹介します。

「HEADWOLF Fpad 3」の特徴

HEADWOLF Fpad 3」の特徴をまとめてみました。

8.4のフルHD液晶・Widevine L1・20W PD急速充電

HEADWOLF Fpad 3」は8.4インチで解像度 1920 x 1200ドットのディスプレイを搭載。アスペクト比16:10で輝度360 nitの明るくワイドなフルHD 液晶で、斜めからでも見やすい178度の広視野角にも対応しています。

また、DRM(デジタル著作権管理)技術「Widevine L1」に対応。Hulu、Prime Vedeo、Disney+などの対応する動画配信サービスで、1080Pの高画質な映像を視聴できます。そのほか、5500mAhバッテリーを搭載し、約2日間の駆動が可能。Type-Cポートを介して20W PD急速充電も利用できます。

Unisoc T616・最大8GB+128GB F2.2・Android 13

HEADWOLF Fpad 3」はUnisoc T616 オクタコア プロセッサを搭載。12nmプロセスで製造された8コア、最大2.0GHz駆動のCPUで、Antutuベンチマーク総合で約26万を記録しています。また、4GBメモリ搭載で最大8GBまで拡張することが可能。ストレージは高速なUFS2.2規格の128GBで、別売のmicroSDカードで最大512GBまで拡張することもできます。

そのほか、OSにAndroid 13を採用。テーマ別の新しいアイコンデザイン、不要なアプリもすぐに停止できる新しいクイック設定、音楽でデザインが変化する新しいメディアコントロール機能、アプリごとの言語設定などの新機能が利用できるようになっています。

13MP/5MPカメラ・4G通信・アルミボディ

HEADWOLF Fpad 3」は背面に13MPのメインカメラを搭載し、オートフォーカスや背景ぼかし、パノラマ撮影、HDR機能などが利用可能。前面には5MPのフロントカメラを搭載し、ビデオ通話やオンライン会議、授業、チャット、顔認証などに活用できます。

また、SIMフリーの4G LET通信に対応。Bluetooth 5.0によるワイヤレス接続や3つの衛星測位に対応したGPSナビゲーションも利用できます。そのほか、厚さ7.5mm、重さ317gの薄型軽量デザインを採用。筐体はアルミ合金のメタルボディで、ダークグレー カラーを用意しています。

公式ページ: HEADWOLF® Fpad 3 – Headwolf Official 

価格を比較

HEADWOLF Fpad 3」と「Alldocube iPlay 50 Mini」、「Lenovo Tab M9」、「aiwa tab AB8」の価格を比較してみました。

「HEADWOLF Fpad 3」

HEADWOLF Fpad 3」は、Amazonで22,999 円 (税込・7000円 OFFクーポン付き)、楽天市場で15,999円(送料無料)、ヤフーショッピングで30,230円、AliExpressでUS $156.99 (日本円で約23101円)、HEADWOLF公式サイトで$149.99で販売されています。

「Alldocube iPlay 50 Mini」

Alldocube iPlay 50 Mini」は、Amazonで16,999円 (税込・3000円 OFFクーポン付き)、楽天市場で22,111円(送料無料)、ヤフーショッピングで21,500円(送料無料)、AliExpressでUS $109.99 (日本円で約16,114円)、米国 Amazon.comで$89.99 (日本円で約13,184円)で販売されています。

「Lenovo Tab M9」

Lenovo Tab M9」は、Amazonで25,001円 (税込・Helio G80・3GB+32GB)、楽天市場で25,850円(送料無料・ポイント10倍あり)、ヤフーショッピングで25,850円(税込・送料無料)、米国 Amazon.comで$149.99 (日本円で約20,800円)で販売されています。

「aiwa tab AB8」

aiwa tab AB8」は、Amazonで20,800円 (税込)、楽天市場で20,800円(税込)、ヤフーショッピングで21,250円(送料無料)、aiwaデジタルダイレクトで20,800円(税込)で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

HEADWOLF Fpad 3」と「Alldocube iPlay 50 Mini」、「Lenovo Tab M9」、「aiwa tab AB8」のAntutuベンチマーク スコアを比較してみました。

「HEADWOLF Fpad 3」

Antutu総合で約260,000

<CPU>Unisoc T616

<プロセッサ性能を解説>

12nmプロセスで製造されたUnisoc T616 オクタコアプロセッサを搭載し、Antutuベンチマーク総合で約26万を記録しています。

同じプロセッサは「HEADWOLF Hpad2 Pro」、「UMIDIGI A13 Tab」、「CHUWI HiPad XPro」、「HeadWolf Wpad 2」、「Blackview Tab 16」、「DOOGEE T20」、「Teclast T50 2023」、「BMAX I11 PLUS」、「realme Pad Mini」などにも搭載されています。

Unisoc T606プロセッサ搭載の「Alldocube iPlay 50 Mini」と比較すると、スコアが約8万高くなります。

MediaTek Helio G80搭載の「Lenovo Tab M9」と比較すると、スコアが約6万高くなります。

MediaTek MT8183プロセッサ搭載の「aiwa tab AB8」と比較すると、スコアが約6万高くなります。

性能的には動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)、電子書籍、写真撮影などで快適に動作します。

Androidの3Dゲームは一部の負荷の高いアプリを除いて、遅延なく快適に動作します。

PSP、PS1、SFC、DC、N64、MD、FCなどのエミュレーターも快適に動作します。

「Alldocube iPlay 50 Mini」

Antutu V9 ベンチマーク総合で約180,000

例:Antutu V10 総合で「246972」、CPUで「81295」、GPUで「28276」、MEMで「80063」、UXで「57338」。

<CPU> Unisoc T606

「Lenovo Tab M9」

Antutu V9 総合で約200,000

例:Antutu V9 総合で「208853」、CPUで「63261」、GPUで「69086」、MEMで「38898」、UXで「33710」。

<CPU> MediaTek Helio G80

「aiwa tab AB8」

Antutu総合で約200,000 前後

<CPU> MediaTek MT8183

スペックを比較

HEADWOLF Fpad 3」と「Alldocube iPlay 50 Mini」、「Lenovo Tab M9」、「aiwa tab AB8」のスペックを比較してみました。

「HEADWOLF Fpad 3」のスペック

  • ディスプレイ 8.4インチ、解像度 1920 x 1200ドット
    ※FHD/16:10/輝度360nit/178度の広視野角
  • プロセッサ Unisoc T616 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア
  • GPU ARM Mali-G57
  • RAM(メモリ) 4GB LPDDR4
  • 拡張メモリ +4GBで合計 最大8GBまで
  • ストレージ 128GB UFS2.2
  • 外部ストレージ microSDカードで最大512GBまで
  • バッテリー 5500 mAh
  • 充電 20W PD急速充電、Type-C
  • 背面カメラ 13MP ※AF、背景ぼかし、パノラマ、HDR対応
  • 前面カメラ 5MP ※顔認証
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (GPS/Galileo/BEIDOU)
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー デュアルスピーカー
  • マイク 内蔵
  • Widevine L1 対応
  • 生体認証 顔認証
  • 筐体 アルミ合金、メタルボディ
  • OS Android 13 ※Google Playストア対応
  • サイズ 厚さ7.5mm
  • 重量 317g
  • カラー ダークグレー
  • 4G通信 対応
  • SIMカード Nano SIM

関連記事HEADWOLFタブレットが圧倒コスパで快進撃中! 最新の全機種を比較  

Amazonで「HEADWOLF Fpad 3」をチェックする

楽天市場で「HEADWOLF Fpad 3」をチェックする

ヤフーショッピングで「HEADWOLF Fpad」をチェックする

AliExpressで「HEADWOLF Fpad 3」をチェックする

HEADWOLF公式サイトで「HEADWOLF Fpad 3」をチェックする

米国 Amazon.comで「HEADWOLF Fpad 3」をチェックする

「Alldocube iPlay 50 Mini」のスペック

  • ディスプレイ 8インチ、解像度1200 x 1920ドットのIPS
    ※270ppi/輝度300nit/16 million colors/1200:1/狭額縁ナローベゼル
  • プロセッサ Unisoc T606 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア/最大1.6GHz
  • GPU ARM Mali-G57
  • RAM(メモリ)4GB LPDDR4
  • 拡張メモリ +8GBの仮想メモリで合計 最大12GBまで
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大512GBまで
  • バッテリー 4000 mAh /3.8V
  • 充電 Type-C充電
  • 背面カメラ 5MP ※AF対応
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0 、GPS (Galileo/GLONASS/Beidou)
  • インターフェース USB Type-C 2.0 (OTG)、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー Gセンサー
  • スピーカー BOXスピーカー×1、ステレオサウンド
  • マイク 内臓
  • スタイラスペン デュアル ハンドスタイラス (2つの異なるペン、充電不要)
  • キーボード Bluetoothキーボード(別売)
  • ケース 保護ケース(別売・自立可能)
  • Widevine L1 対応 (1080P・HDストリーミングのサポート)
  • 生体認証 顔認証
  • Google Playストア 対応・利用できます
  • OS Android 13
  • サイズ 202.7 x 126 x 7.5 mm
  • 重量 292 g
  • カラースペースグレー
  • 4G通信 対応・VoLTE通話

関連記事「Alldocube iPlay 50 Mini」コスパ最強になるか? 8型タブレットと徹底 比較!

Amazonで「Alldocube iPlay 50 Mini」をチェックする

楽天市場で「Alldocube iPlay 50」をチェックする

ヤフーショッピングで「Alldocube iPlay 50 Mini」をチェックする

AliExpressで「Alldocube iPlay 50 Mini」をチェックする

米国 Amazon.comで「Alldocube iPlay 50 Mini」をチェックする

「Lenovo Tab M9」のスペック

  • 型番 ZAC30178JP
  • ディスプレイ 9.0インチ、解像度1340×800ドットのワイドIPSパネル
    ※画面比率81.2%/10点マルチタッチ/TÜV認証ブルーライト低減/Miracast対応
  • プロセッサ MediaTek Helio G80
    ※12nm/64bit/8コア/最大2.0GHz
  • GPU ARM Mali-G52 MC2, up to 950MHz
  • RAM(メモリ)3GB LPDDR4x
  • ストレージ 32GB eMMC
  • 外部ストレージ microSDカードで最大2TBまで
  • バッテリー 5100mAh
  • 駆動時間 動画再生で最大13時間
  • 充電 Type-C、約3.5時間
  • 背面カメラ 8MP
  • 前面カメラ 2MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 5 (802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 5.1、GPS
  • インターフェース USB 2.0 Type-C (OTG)、microSDカードスロット、マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック、ボリュームボタン、電源ボタン
  • センサー 加速度センサー、光センサー、GPS、GLONASS、Galileo
  • スピーカー デュアル ステレオスピーカー
  • オーディオ Dolby Atmos(ドルビー・アトモス)対応
  • 筐体 メタル(金属)素材、デュアルトーンデザイン
  • 生体認証 顔認証
  • OS Android 12 ※3年間のセキュリティアップデート保証
  • サイズ 約 215.43×136.76×7.99mm
  • 重量 約 344g
  • カラー アークティック グレー

関連記事「Lenovo Tab M9」(9インチ)と最新の高性能 8型タブレットを徹底 比較!

Amazonで「Lenovo Tab M9」をチェックする

楽天市場で「Lenovo Tab M9」をチェックする

ヤフーショッピングで「Lenovo Tab M9」をチェックする

米国 Amazon.comで「Lenovo Tab M9」をチェックする

「aiwa tab AB8」のスペック

  • ディスプレイ 8インチ、解像度1280 × 800ドットのIPS
  • プロセッサ MediaTek MT8183 (Kompanio 500) オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア/最大 2.0GHz
  • GPU ARM Mali-G72 MP3 最大 800MHz
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカード(SDHC、SDXC含む)で拡張可能
  • バッテリー 4400mAh /3.8V
  • 駆動時間 最大 約6時間
  • 充電 Type-C・充電時間 : 約3時間(電源オフ/AC電源アダプター充電)
  • 電源 AC電源アダプター AC100V~ 50/60Hz 5V/2A
  • 背面カメラ 8MP ※AF対応
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (A-GPS/GLONASS/BeiDou/QZSSみちびき)
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー 加速度センサー
  • スピーカー 内蔵 1W 8Ω ×2
  • マイク 内蔵 ×1
  • 筐体の素材 アルミ合金
  • OS Android 12 ※Google Playストア対応
  • サイズ 約208 × 124 × 9.0 mm
  • 重量 約330g
  • カラー ミッドナイト

関連記事「aiwa tab AB8」ニーズにぴったり? 売れ筋の8型タブレットと徹底 比較!

Amazonで「aiwa tab AB8」をチェックする

楽天市場で「aiwa tab AB8」をチェックする

ヤフーショッピングで「aiwa tab AB8」をチェックする

aiwaデジタルダイレクトで「aiwa tab AB8」をチェックする

「HEADWOLF Fpad 3」のメリット・デメリット

HEADWOLF Fpad 3」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・8.4インチのフルHD液晶・輝度360nitで178度の広視野角に対応

HEADWOLF Fpad 3」は8.4インチで解像度 1920 x 1200ドットのディスプレイを搭載。アスペクト比16:10で輝度360nitの明るくワイドなフルHD液晶で、斜めからでも見やすい178度の広視野角にも対応しています。

一方、「Alldocube iPlay 50 Mini」は8インチで解像度1200 x 1920ドットのIPSディスプレイを搭載しています。「Lenovo Tab M9」は9.0インチで解像度1340×800ドットのワイドIPSディスプレイを搭載しています。「aiwa tab AB8」は8インチで解像度1280 × 800ドットのIPSディスプレイを搭載しています。

・Widevine L1に対応

HEADWOLF Fpad 3」はDRM(デジタル著作権管理)技術「Widevine L1」に対応。Hulu、Prime Vedeo、Disney+などの対応する動画配信サービスで、1080Pの高画質な映像を視聴できます。

一方、「Alldocube iPlay 50 Mini」はWidevine L1に対応しています。「Lenovo Tab M9」と「aiwa tab AB8」はWidevine L1に対応していません。

・4GB LPDDR4メモリ搭載で最大8GBまで拡張できる

HEADWOLF Fpad 3」は4GBメモリ搭載で最大8GBまで拡張できます。

一方、「Alldocube iPlay 50 Mini」は4GB LPDDR4搭載で最大12GBまで拡張できます。「Lenovo Tab M9」は3GB LPDDR4xメモリを搭載し、スムーズに動作します。「aiwa tab AB8」は4GBメモリ搭載でスムーズに動作します。

・128GB F2.2ストレージ搭載で最大512GBまで拡張できる

HEADWOLF Fpad 3」は高速なUFS2.2規格のストレージを128GB搭載し、別売のmicroSDカードで最大512GBまで拡張できます。

一方、「Alldocube iPlay 50 Mini」は64GBストレージ搭載で最大512GBまで拡張できます。「Lenovo Tab M9」は32GBストレージ搭載で、別売のmicroSDカードで最大2TBまで拡張できます。「aiwa tab AB8」は64GBストレージ搭載で、別売のmicroSDカード(SDHC、SDXC含む)で拡張できます。

・5500 mAhバッテリー搭載で20W PD急速充電に対応

HEADWOLF Fpad 3」は5500mAhバッテリーを搭載し、約2日間の駆動が可能。Type-Cポートを介して20W PD急速充電も利用できます。

一方、「Alldocube iPlay 50 Mini」は4000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。「Lenovo Tab M9」は5100mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。「aiwa tab AB8」は4400mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。

・背面13MPカメラ(AF、背景ぼかし対応)と前面5MPカメラを搭載

HEADWOLF Fpad 3」は背面に13MPのメインカメラを搭載し、オートフォーカスや背景ぼかし、パノラマ撮影、HDR機能などが利用可能。前面には5MPのフロントカメラを搭載し、ビデオ通話やオンライン会議、授業、チャット、顔認証などに活用できます。

一方、「Alldocube iPlay 50 Mini」は背面5MP (AF対応)カメラと前面5MPカメラを搭載しています。「Lenovo Tab M9」は背面8MPカメラと前面2MPカメラを搭載しています。「aiwa tab AB8」は背面8MPカメラ(AF対応)と前面5MPカメラを搭載しています。

・Wi-Fi 5のデュアルバンド、Bluetooth 5.0、GPSに対応

HEADWOLF Fpad 3」は高速で途切れにくいWi-Fi 5のデュアルバンドに対応しています。また、Bluetooth 5.0によるワイヤレス接続と3つの衛星測位に対応したGPSナビゲーションも利用できます。

一方、「Alldocube iPlay 50 Mini」はWi-Fi 5のデュアルバンド、Bluetooth 5.0 、GPSに対応しています。「Lenovo Tab M9」はWi-Fi 5のデュアルバンド、Bluetooth 5.1、GPSに対応しています。「aiwa tab AB8」はWi-Fi 5のデュアルバンドとBluetooth 5.0、GPSに対応しています。

・4G LET通信に対応

HEADWOLF Fpad 3」はSIMフリーの4G LET通信に対応し、単体で通信できます。

一方、「Alldocube iPlay 50 Mini」は4G LET通信に対応し、高音質なVoLTE通話も利用できます。「Lenovo Tab M9」と「aiwa tab AB8」は4G LET通信に対応していません。

・デュアルスピーカーを搭載

HEADWOLF Fpad 3」は高音質なデュアルスピーカーを搭載しています。

一方、「Alldocube iPlay 50 Mini」はBOXスピーカー搭載で、高音質なステレオサウンドを再生できます。「Lenovo Tab M9」はデュアル ステレオスピーカー搭載でDolby Atmosサウンドに対応しています。「aiwa tab AB8」は高音質なスピーカーを搭載していません。

・顔認証に対応

HEADWOLF Fpad 3」は顔認証に対応し、安全かつスピーディにログインできます。

一方、「Alldocube iPlay 50 Mini」、「Lenovo Tab M9」、「aiwa tab AB8」も顔認証に対応しています。

・厚さ7.5mm、重さ317gの薄型軽量デザインでダークグレーカラーを用意

HEADWOLF Fpad 3」は厚さ7.5mm、重さ317gの薄型軽量デザインで、ダークグレーカラーを用意しています。

一方、「Alldocube iPlay 50 Mini」は厚さ7.5 mmで重さ292 gの薄型軽量デザインで、スペースグレーカラーを用意しています。「Lenovo Tab M9」は厚さ7.99mmで重さ約344gの薄型軽量デザインで、アークティック グレーカラーを用意しています。「aiwa tab AB8」は厚さ9.0mmで重さ約330gの薄型軽量デザインで、ミッドナイトカラーを用意しています。

・Android 13搭載で新機能も使える

HEADWOLF Fpad 3」はAndroid 13搭載で新機能も使えるようになっています。

Android 13には、

テーマ別アイコンデザイン(サードパーティ製アプリを含む)、クイック設定の変更(ボタンの位置変更・タイル数の増加・不要な実行中アプリを停止)、ホーム画面のカスタマイズ、メディアコントロール(音楽でデザインが変化)、テキストのコピーツール、アプリごとの言語設定、おやすみ時間モードのカスタマイズ(設定項目が増加)、「バイブレーションとハプティクス」(通話のバイブレーションなどの設定項目が追加)、

通知の制御(ユーザーに許可を求める)、クリップボード履歴の自動消去、特定の写真や動画のみにアクセスを許可、空間オーディオ、Bluetooth LE Audio(音楽を他のユーザーと共有)、Chromebookとの連携、端末間でコピー&ペースト、タブレットのマルチタスク、手のひらとスタイラスペンの別タッチ登録

などの機能が追加されています。

一方、「Alldocube iPlay 50 Mini」はAndroid 13搭載で新機能も使えるようになっています。「Lenovo Tab M9」と「aiwa tab AB8」はAndroid 12搭載で新機能も使えるようになっています。

デメリット

・専用キーボードを用意していない

HEADWOLF Fpad 3」は専用キーボードを用意していません。

一方、「Alldocube iPlay 50 Mini」はプションで専用のBluetoothキーボードを用意しています。「Lenovo Tab M9」と「aiwa tab AB8」は専用キーボードを用意していません。

「HEADWOLF Fpad 3」の評価

HEADWOLF Fpad 3」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

2022年12月に発売された「Headwolf FPad2」の後継モデルになります。OSをAndroid 12からAndroid 13に変更し、全体的なスペックも強化されています。

プロセッサはUnisoc T616で、Antutu総合で約26万ほど。前モデル「Headwolf FPad2」はUNISOC T310搭載でAntutu総合で約15万ほどだったので、約11万スコアが向上していることになります。

また、メモリは4GBのままですが、仮想メモリで最大8GBまで拡張できるようになりました。ストレージは64GBから約2倍の128GBになり、高速なUFS2.2規格に変更されています。

そのほか、新たに20W PD急速充電に対応。背面の13Mカメラはオートフォーカス、背景ぼかし、パノラマ、HDR撮影に対応しています。

全体的なスペックを強化したことで、かなり使いやすく進化した印象を受けます。「Alldocube iPlay 50 Mini」よりもパワフルで、高速に動作するのが魅力的です。また、「Lenovo Tab M9」や「aiwa tab AB8」と違い、SIMフリーの4G LET通信に対応していることも大きなメリットです。

HEADWOLF Fpad 3」の発売時の価格は、$149.99(日本円で約20,800円・セール価格・通常価格は$199.99)。おそらく今後 日本でも2万円台で発売されるでしょう。パワフルに動作する8インチのAndroid 13タブレットを探している人におすすめです。

「HEADWOLF Fpad 3」の販売・購入先

HEADWOLF Fpad 3」は、

Amazonで22,999 円 (税込・7000円 OFFクーポン付き)、

楽天市場で15,999円(送料無料)、

ヤフーショッピングで30,230円、

AliExpressでUS $156.99 (日本円で約23101円)、

HEADWOLF公式サイトで$149.99、

で販売されています。

Amazonで「HEADWOLF Fpad 3」をチェックする

楽天市場で「HEADWOLF Fpad 3」をチェックする

ヤフーショッピングで「HEADWOLF Fpad」をチェックする

AliExpressで「HEADWOLF Fpad 3」をチェックする

HEADWOLF公式サイトで「HEADWOLF Fpad 3」をチェックする

米国 Amazon.comで「HEADWOLF Fpad 3」をチェックする

 

 

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「DOOGEE T20Mini Pro」(8.4型・T606・最大20GB+256GB)

★「Blackview Tab 60」(8.68型・T606・最大12GBメモリ)

★「Ulefone Armor Pad Lite」(8型・MT8766・タフネス)

★「DOOGEE T20mini」(8.4型・最大9GBメモリ・Android 13)

★「Alldocube iPlay 50 Mini Pro」(Helio G99・最大16GBメモリ)

★「Lenovo Legion Y700 2023」(8.8型・Snapdragon 8+ Gen 1)

Alldocube iPlay 50 Mini」(8インチ・T606・Android 13)

Lenovo Tab M9」(9インチ・Helio G80・Android 12)

aiwa tab AB8」(8インチ・MT8183・Android 12)

Orbic TAB 8 4G」(8型・Snapdragon 680・4G LET通信)

Lenovo Tab M8 (4th Gen)

Teclast P80T」(2023)

Blackview Tab 5

Fire HD 8 /Plus 2022

HUAWEI MatePad T 8 2022」(Kirin 710A・4G LETモデルあり)

dtab Compact d-52C」(8.4型・Snapdragon 695・5G通信)

他のHEADWOLFタブレットと比較

他にもHEADWOLFのタブレットが販売されています。ぜひ比較してみてください。

HEADWOLFタブレットが圧倒コスパで快進撃中! 最新の全機種を比較  

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

Android 13で使えるタブレット 2023 最新 機種 まとめ

最新のAndroid 13タブレットをまとめて紹介しています。

Android 12で使えるタブレット 2023 最新 まとめ

最新のAndroid 12タブレットをまとめて紹介しています。

2021最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

Android 10搭載タブレットをまとめて紹介しています。

HDMI出力できるAndroidタブレット まとめ

有線でmicroHDMI出力できるタブレットを紹介しています。

一度は手に入れてみたい超ハイスペックなAndroidタブレット まとめ

超ハイスペックなタブレットをまとめて紹介しています。