ANBERNICの携帯ゲーム機が超絶進化で大人気!2022 最新機種 まとめ


2022最新のANBERNIC 携帯ゲーム機をまとめて紹介!。価格や特徴、スペック、性能の違いが一目で分かるようにまとめてあります。

※2022年12月10日、「ANBERNIC RG35XX」が発売されました。

ANBERNICとは?

2017年に中国で設立された携帯ゲーム機(ハンドヘルド コンソール)のメーカーです。アジアを中心にヨーロッパや北米などグローバルに製品を販売しています。

また、日本ではAmazon.co.jpなどでも多数の携帯ゲーム機を販売しており、いわゆる「中華ゲーム機」の中で最も人気のあるメーカーになっています。

人気が高いのはLinux OSを搭載した「RGシリーズ」で、ボディの質感の高さ、操作性、カスタマイズの多様さで定評があります。

なお、最近ではAndroid OSとLinux OSを組み合わせたデュアルOS搭載モデルも販売。Windows OSで動作する「WIN600」シリーズも発売し、注目を集めています。

ANBERNIC 携帯ゲーム機の特徴

ANBERNIC 携帯ゲーム機の特徴をまとめてみました。

Linux&Android OS搭載でさらに快適に!

ANBERNICは主にLinux OS搭載の携帯ゲーム機を販売していましたが、2022年6月にLinux&Android 11を搭載した「ANBERNIC RG353P」を発売。同年9月にはタテ型「ANBERNIC RG353V」を、11月には「ANBERNIC RG353M」を発売し、レトロゲームだけでなく、Androidの豊富なゲームもプレイできるようになっています。

PS2も遊べるほどパワフルに進化!

LinuxとAndroidのデュアルOS搭載モデルを順調に発売した後、ANBERNICはさらに衝撃的な携帯ゲーム機を発売したました。それが2022年11月に発売されたのが「ANBERNIC RG505」です。有機EL液晶を搭載した「RG503」の後継機種で、新たにUnisoc Tiger T618プロセッサを搭載。PS2のレトロゲームがプレイできるほどパワフルで、豊富なAndroidのゲーム(※Android 12搭載)もプレイできるようになっています。

Steamも動くWindows携帯ゲーム機が登場!

ANBERNICはこれまでLinuxやAndroid OS搭載のゲーム機を販売していましたが、2022年7月からWindows 10搭載の「ANBERNIC WIN600」も発売しています。このゲーム機はValveの独自OS「Steam OS」も動作し、Steamの豊富なPCゲームもプレイできます。まだ、同年9月にはスペックを強化した新版ANBERNIC WIN600 Blue」を発売。16GB DDR4メモリと1TB(M.2 SSD)ストレージで快適にPCゲームをプレイできるようになっています。

公式ページ:Anbernic | The best retro game console – anbernic

2022 最新 ANBERNICの携帯ゲーム機の価格を比較

2022 最新 ANBERNICの携帯ゲーム機の価格を比較を比較してみました。

「ANBERNIC RG35XX」

ANBERNIC RG35XX」は、Amazonで11,999円 (ANBERNIC公式)、ヤフーショッピングで10,999 円、AliExpressでUS $67.50、ANBERNIC公式サイトで$49.99(発売記念セール価格)で販売されています。

「ANBERNIC RG505」

ANBERNIC RG505」は、Amazonで24,999円~で販売されています。

「ANBERNIC RG353M」

ANBERNIC RG353M」は、Amazonで23,999円~で販売されています。

「ANBERNIC RG353V/VS」

ANBERNIC RG353V/VS」は、Amazonで18,999円(1000円OFFクーポン付き)~で販売されています。

「ANBERNIC WIN600 Blue」(新版)

ANBERNIC WIN600 Blue」(新版)は、Amazonで71,999円~で販売されています。

「ANBERNIC WIN600」

ANBERNIC WIN600」は、Amazonで47,999~で販売されています。

「ANBERNIC RG353P」

ANBERNIC RG353P」は、Amazonで19,499円(1000円OFFクーポン付き)~で販売されています。

「ANBERNIC RG503」

ANBERNIC RG503」は、Amazonで18,499円(1000円OFFクーポン付き)で販売されています。

「ANBERNIC RGB10S」

ANBERNIC RGB10S」は、Amazonで12,999円~で販売されています。

2022最新 ANBERNICの携帯ゲーム機 ラインナップ 機種 一覧

2022最新のANBERNICの携帯ゲーム機 ラインナップ 機種を一覧で紹介します。リンク先からさらに詳しいスペック情報や性能、価格などが分かるようになっています。

<2022/12/10発売・3.5インチ・Linux OS・HDMI出力・振動モーター・外部ゲームパッド接続>

「ANBERNIC RG35XX」

ANBERNIC RG35XX」はLinux OSを搭載したエントリー向けの携帯ゲーム機。厚さ2.0cmで重さ165gのボディにATM70395 クアッドコアプロセッサとDDR3 256MBメモリを搭載。3.5インチのIPS液晶、2つのTFカードスロット、5時間駆動できる2100mAhバッテリ、ショルダーボタン(R1/R2、L1/L2)を備えるほか、

HDMI映像出力、振動モーター、Hi-Fi スピーカー、2.4GHzワイヤレスゲームパッド接続、有線ゲームパッド接続、ゲームのダウンロード、最大512GBまでのストレージ拡張、ゲームの追加、2つのType-Cポート (OTG/電源用)にも対応している。

続きを読む

Amazonで「ANBERNIC RG35XX」をチェックする

楽天市場で「ANBERNIC」をチェックする

ヤフーショッピングで「ANBERNIC RG35XX」をチェックする

AliExpressで「ANBERNIC RG35XX」をチェックする

米国 Amazon.comで「ANBERNIC RG35XX」をチェックする

<2022/11/16発売・4.95インチ・Android 12・有機EL・Unisoc T618・ホールジョイスティック>

「ANBERNIC RG505」

ANBERNIC RG505」はAndroid 12を搭載した4.95型の携帯ゲーム機。厚さ1.8cmで重さ286gのボディにUnisoc Tiger T618 オクタコアプロセッサと4GB LPDDR4Xメモリを搭載。解像度960 x 544 pxのOLED液晶(有機EL/タッチ対応)、128 eMMC 5.1ストレージ、8時間動作する5000mAhバッテリーを備えるほか、

20種類以上のエミュレーター(PS2、Wii、NGCを含む)、Androidゲーム(オンライン対応)、高精度ホールジョイスティック、6軸ジャイロスコープ、リモートプレイ(ストリーミングプレイ)、デュアルステレオスピーカー、振動モーター、最大512GBまでのストレージ拡張、Type-C (OTG/充電)、Wi-Fi 5のデュアルバンド、Bluetooth 5.0にも対応している。

続きを読む

Amazonで「ANBERNIC RG505」をチェックする

ヤフーショッピングで「RG505」をチェックする

AliExpressで「ANBERNIC RG505」をチェックする

ANBERNIC公式サイトで「ANBERNIC RG505」をチェックする

<2022/11発売・3.5インチ・Android 11 + Linux・RK3566>

「ANBERNIC RG353M」

ANBERNIC RG353M」はAndroid 11 + Linuxを搭載した3.5型の携帯ゲーム機。厚さ15.9.mmで重さ232gのボディにRockchip RK3566 クアッドコアプロセッサと2GB LPDDR4メモリを搭載。32GB eMMC 5.1(Android)+16GB TFカード(Linux)ストレージ、3500mAhバッテリーを備えるほか、

20種類のエミュレーター、高精度ホールジョイスティック、HDMI映像出力、デュアルステレオスピーカー、省電力モード、有線ゲームパッド(Linux)、USB Type-C (OTG)、Wi-Fi 5のデュアルバンド、Bluetooth 4.2にも対応している。

続きを読む

Amazonで「ANBERNIC RG353M」をチェックする

ヤフーショッピングで「RG353M」をチェックする

AliExpressで「ANBERNIC RG353M」をチェックする

ANBERNIC公式サイトで「ANBERNIC RG353M」をチェックする

米国 Amazon.comで「RG353M」をチェックする

<2022/9月下旬発売・3.5インチ・Android 11+Linux・タテ型・RK3566・2GBメモリ>

「ANBERNIC RG353V/VS」

ANBERNIC RG353V/VS」はAndroid 11 + Linux/Linux OSを搭載した携帯ゲーム機。厚さ2.1cmで重さ180gのボディにRockchip RK3566 クアッドコアプロセッサと2GB LPDDR4/1GB LPDDR4メモリを搭載。解像度640x480pxのIPS液晶、32GBストレージ/16GBTFカードスロット、3200 mAhバッテリーを備えるほか、

20種類以上のエミュレーター、Google Playストア(Androidゲーム)、デュアルステレオスピーカー、miniHDMI端子(映像出力)、Type-Cx2 (OTG/電源用)、microSDカードスロット x2、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 4.2にも対応している。

続きを読む

Amazonで「RG353V」をチェックする

楽天市場で「ANBERNIC」をチェックする

ヤフーショッピングで「RG353V」をチェックする

AliExpressで「ANBERNIC RG353V」をチェックする

Banggoodで「RG353V」をチェックする

米国 Amazon.comで「RG353V」をチェックする

<2022/9発売・Win10・Steam OS対応・Athlon 3050e・16GBメモリ・1TB M.2 SSDストレージ>

「ANBERNIC WIN600 Blue」

ANBERNIC WIN600 Blue」はWindows 10を搭載した5.94型の携帯ゲーム機。厚さ22mmで重さ490gのボディにAMD Athlon 3050e デュアルコアプロセッサと16GB DDR4メモリを搭載。HD画質のIPS液晶、1TB M.2 SSDストレージ、4500mAhバッテリーを備えるほか、

Steam OS、batocera (Linux OS)、20種類以上のエミュレーター、45W急速充電、2つの3Dジョイスティックレバー、ショルダーボタン、USB Type-C (OTG/映像出力/PD急速充電)、Wi-Fi 5、Bluetooth 4.2にも対応している。

続きを読む

Amazonで「ANBERNIC WIN600」(Blue・新版)をチェックする

ヤフーショッピングで「ANBERNIC WIN600」(Blue・新版)をチェックする

AliExpressで「ANBERNIC WIN600 Blue」をチェックする

米国 Amazon.comで「ANBERNIC WIN600」をチェックする

<2022/7発売・5.94インチ・Windows 10+Steam OS・Athlon 3050e・メモリ交換・ストレージ拡張>

「ANBERNIC WIN600」

ANBERNIC WIN600」はWindows 10とSteam OSを搭載した5.94型の携帯ゲーム機。小型ボディにAMD Athlon 3050e デュアルコアプロセッサと8GB DDR4メモリを搭載。HD画質のIPS液晶、M.2 SSD 128/256GBストレージ、4500mAhバッテリーを備えるほか、

SteamのPCゲーム、20種類以上のエミュレーター、拡張スロット(M.2 SSD)、メモリの交換、映像出力(HDMI/DP出力)、45W急速充電、10点マルチタッチ、大型ファン(背面)、バイブレーション、2つのジョイスティックレバー、USB 3.0 Type-A x1、Type-C(OTG/映像出力)、Wi-Fi 5、Bluetooth 4.2にも対応している。

続きを読む

Amazonで「ANBERNIC WIN600」をチェックする

楽天市場で「ANBERNIC WIN600」をチェックする

ヤフーショッピングで「ANBERNIC WIN600」をチェックする

ANBERNIC公式サイトで「ANBERNIC WIN600」をチェックする

AliExpressで「ANBERNIC WIN600」をチェックする

Banggoodで「ANBERNIC WIN600」をチェックする

米国 Amazon.comで「ANBERNIC WIN600」をチェックする

<2022/6発売・3.5インチ・デュアルOS・RK3566・Android 11>

「ANBERNIC RG353P」

ANBERNIC RG353P」はAndroid 11+LinuxのデュアルOSを搭載した携帯ゲーム機。小型軽量ボディにRockchip RK3566 クアッドコアプロセッサと2GB LPDDR4メモリを搭載。3.5インチのIPS液晶、32GB eMMCストレージ(Android)、3500mAhバッテリーを備えるほか、

20種類以上のエミュレーター、HDMI映像出力、マルチタッチ操作、デュアルステレオスピーカー、外部ゲームパッドとの接続、アプリの追加、Type-C x2、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 4.2にも対応している。

続きを読む

Amazonで「RG353P」をチェックする

ヤフーショッピングで「RG353P」をチェックする

AliExpressで「RG353P」をチェックする

Banggoodで「ANBERNIC  RG353P」をチェックする

米国 Amazon.comで「ANBERNIC  RG353P」をチェックする

<2022/4発売・Linux・4.95インチ・RK3566・HDMI出力・Wi-Fiストリーミング>

「ANBERNIC RG503」

ANBERNIC RG503」はLinux OSを搭載した携帯ゲーム機。小型ボディに4.95インチのOLED(有機EL)液晶を搭載。Rockchip RK3566 クアッドコアプロセッサ、1GB LPDDR4メモリ、16GBストレージ(システム用)、3500mAhバッテリーを備えるほか、

20種類以上のエミュレーター、miniHDMI映像出力、デュアルステレオスピーカー、2つのジョイスティックレバー、2つのTFスロット、ストリーミングプレイ、対戦プレイ、ゲームの追加、Type-C(充電/OTG)、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 4.2に対応している。

続きを読む

Amazonで「RG503」をチェックする

楽天市場で「ANBERNIC RG503」をチェックする

ヤフーショッピングで「RG503」をチェックする

Banggoodで「RG503」をチェックする

AliExpressで「RG503」をチェックする

米国 Amazon.comで「RG503」をチェックする

<2022/3発売・EmuELEC・3.5インチ・RK3326・新デザイン>

「ANBERNIC RGB10S」

ANBERNIC  RGB10S」はEmuELEC(Open Source Linux)を搭載した3.5型のレトロ携帯ゲーム機。厚さ16mmで重さ340gのボディにRockChip RK3326 クアッドコアプロセッサと1GB DDR3メモリを搭載。解像度480×320 pxのIPS液晶、外部ストレージ(32/64/128GB)、3000mAhバッテリーを備えるほか、

Wi-Fi通信、ジョイスティックレバー(上側)、フロントスピーカー(右下)、Xboxコントローラー風ボタン、20種エミュレーター、USB Type-C(OTG)、ゲームの追加にも対応している。

続きを読む

Amazonで「RGB10S」をチェックする

ヤフーショッピングで「RGB10S」をチェックする

AliExpressで「RGB10S」をチェックする

Banggoodで「RGB10S」をチェックする

2021 ANBERNICの携帯ゲーム機 ラインナップ 機種 一覧

2021年に発売されたANBERNICの携帯ゲーム機 ラインナップ 機種を一覧で紹介します。リンク先からさらに詳しいスペック情報や性能、価格などが分かるようになっています。

<2021/12発売・Android 7.1+Linux OS・5.36インチ・HDMI出力>

「RG552」

RG552」はAndroid 7.1+Linux OSを搭載した5.36型の携帯ゲーム機。厚さ20mmで重さ355gのボディにRockchip RK3399 ヘキサコアプロセッサとGB LPDDR4メモリを搭載。フルHDのIPS液晶、64GB eMMC(Android)+16GB TFカード(Linux)ストレージ、6400mAhバッテリーを備えるほか、

20種以上のエミュレーター、Androidゲーム、30W急速充電、、microHDMI出力、10点マルチタッチ、USB Type-C (OTGと充電が別) x2、ダブルTFカードスロット、冷却ファン、
Wi-Fi通信、Bluetoothにも対応している。

続きを読む

Amazonで「RG552」をチェックする

楽天市場で「RG552」をチェックする

ヤフーショッピングで「RG552」をチェックする

AliExpressで「RG552」をチェックする

Banggoodで「RG552」をチェックする

米国 Amazon.comで「RG552」をチェックする

<2021/10発売・アルミ合金ボディ・3.5インチ・Wi-Fi通信>

「RG351MP」

RG351MP」はOpen source Linuxを採用した3.5型の携帯ゲーム機。厚さ1.8cmのアルミニウム合金ボディにRockchip RK3326 クアッドコアプロセッサと1GB DDR3Lメモリを搭載。解像度640x480pxのIPS液晶、6時間駆動する3600mAhバッテリーを備えるほか、

Wi-Fi通信(アダプター&ドングル付属)、ダブルmicroSDカードスロット、20種類以上のエミュレーター、デュアルステレオスピーカー、USB Type-C(OTG)にも対応している。

続きを読む

Amazonで「RG351MP」をチェックする

楽天市場で「RG351MP」をチェックする

ヤフーショッピングで「RG351MP」をチェックする

AliExpressで「RG351MP」をチェックする

Banggoodで「RG351MP」をチェックする

米国 Amazon.comで「RG351MP」をチェックする

<2021/4発売・5インチ・Wi-Fi&Bluetooth・Linux>

「RGB10 MAX」

RGB10 MAX」はOpen Source Linuxを搭載した携帯ゲーム機。コンパクトボディに5インチ(解像度854 x 480 px)のIPS液晶を搭載。Rockchip RK3326 クアッドコアプロセッサ、 1GB DDR3メモリ、 4200mAhバッテリーを備えるほか、

20種類以上のエミュレーター(N64,PSP,DCを含む)、Wi-Fi通信、Bluetooth通信、2つのジョイスティックレバー、OTA(OS自動更新)、OTG(ゲームパッド接続)、USB Type-C、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック、ゲームの追加にも対応している。

続きを読む

Amazonで「RGB10MAX」をチェックする

楽天市場で「RGB10MAX」をチェックする

ヤフーショッピングで「RGB10 MAX」をチェックする

Banggoodで「RGB10 MAX」をチェックする

AliExpressで「RGB10 MAX」をチェックする

米国Amazon.comで「RGB10 MAX」をチェックする

<2021/3発売・ゲームボーイ風・Linux Open source>

「RG351V」

RG351V」はLinux Open sourceを搭載した3.5型の携帯ゲーム機。厚さ27 mm、重さ223 gのボディにRockchip RK3326 クアッドコアプロセッサと1GB DDR3Lメモリを搭載。3.5インチ(解像度640×480 px)のIPS液晶、16GBストレージ、3900 mAhバッテリー、2つのmicroSDカードスロットを備えるほか、

Wi-Fi通信、ゲームの追加(ダウンロードが可能)、20種類以上のエミュレーター(N64,PSP,DCを含む)、ジョイスティックレバーでの操作、USB Type-C (OTG)にも対応している。

続きを読む

Amazonで「RG351V」をチェックする

楽天市場で「RG351V」をチェックする

ヤフーショッピングで「RG351V」をチェックする

Banggoodで「RG351V」をチェックする

AliExpressで「RG351V」をチェックする

米国Amazon.comで「RG351V」をチェックする

2020 ANBERNICの携帯ゲーム機 ラインナップ 機種 一覧

2020年に発売されたANBERNICの携帯ゲーム機 ラインナップ 機種を一覧で紹介します。リンク先からさらに詳しいスペック情報や性能、価格などが分かるようになっています。

<2020/11 発売・JZ4770・Linux>

「RG280V」

RG280V」はLinux OpenDinguxを搭載した携帯ゲーム機。厚さ 18mm、重さ約120gのボディにJZ4770 デュアルコアプロセッサと512MB DDR2メモリを搭載。2.8インチのIPS液晶、7時間駆動する2100mAhバッテリーを備えるほか、

20種類以上のエミュレーター(ゲームフォーマット)、2つのmicroSDカードスロット(OSとゲーム用が別)、最大256GBまでのストレージ拡張、音楽再生(MP3,WMA,FLAC,WAV,AACなど)、L1 / L2、R1 / R2ボタン、Type-C端子、ステレオスピーカー、バイブレーション(振動)にも対応している。

続きを読む

Amazonで「RG280V」をチェックする

楽天市場で「RG280V」をチェックする

ヤフーショッピングで「RG280V」をチェックする

Banggoodで「RG280V」をチェックする

AliExpressで「RG280V」をチェックする

米国 Amazon.comで「RG280V」をチェックする

「RG351P/M」

<2020/9発売・RK3326・豪華版RG351Mも発売>

「RG351P/M」

RG351P」はLinux OpenDiguxシステムを採用した3.5型ポータブルゲーム機。厚さ17 mm、重さ184gのボディにRockchip RK3326 クアッドコアプロセッサと1GB DDR3Lメモリを搭載。解像度320 x 480ドットのIPS液晶、64GBストレージ、3500 mAhバッテリー、Type-C(OTG)、Type-C充電端子、microSDカードスロットを備えるほか、

N64, PSP, DCなど20種類以上のエミュレーター、数千以上の内蔵ゲーム、振動モーター機能、デュアルジョイスティックレバーによる360度操作、デュアルチャンネルステレオスピーカー、ワイヤレス通信(別売のワイヤレスネットカードで可能)にも対応している。

「RG351M」(豪華版)も発売開始!

アルミニウム合金ボディ採用で、ワイヤレス通信機能(Wi-Fi、Bluetooth)が追加された「RG351M」(豪華版)も発売中です。

続きを読む

Amazonで「RG351P」をチェックする

楽天市場で「RG351P」をチェックする

ヤフーショッピングで「RG351P」をチェックする

Banggoodで「RG351P」をチェックする

AliExpressで「RG351P」をチェックする

米国 Amazon.comで「RG351P」をチェックする

<初心者でも使いやすい・PSP&N64&DC対応Linux 携帯ゲーム機>

「RGB10」

RGB10」はOpen Source Linuxを搭載した携帯ゲーム機。厚さ1.6 cm、重さ340 gのボディにRockChip RK3326 クアッドコアと1GB DDR3メモリを搭載。3.5インチのIPS液晶、2800 mAhバッテリー、外部ストレージスロット(microSDカード・32GB / 64GB / 128GB)を備えるほか、

PSP, N64, DC, NDSなど20種類以上のエミュレーター、3000〜10000以上の収録ゲーム、初心者でも使いやすいメニュー画面、ジョイスティック操作、ゲームの追加、USB Type-C (OTG対応)にも対応している。

続きを読む

Amazonで「RGB10」をチェックする

楽天市場で「RGB10」をチェックする

ヤフーショッピングで「RGB10」をチェックする

Banggoodで「RGB10」をチェックする

AliExpressで「RGB10」をチェックする

米国 Amazon.comで「RGB10」をチェックする

<豪華に進化した傑作ポータブルゲーム機・3.5インチ・Linux OpenDingux・2つのジョイスティックレバー>

「RG350M」

RG350M」はRG350の上位モデルとなる携帯ゲーム機です。高級感あふれるアルミニウム合金を採用したほか、液晶ディスプレイの解像度をRG350M」からはアルミニウム合金に変更しています。なお、この変更により、サイズ・重量が145 x 73 x 14 mm・160gから146 x 74 x 15 mm・重量250gに変更されています。

その他のスペックはRG350と全く同じで、3.5インチのIPS液晶、JZ4770 デュアルコア 1.0 GHzプロセッサ、512M DDR2メモリ、内蔵16GBストレージ(+32GB外部ストレージ付き)、2500mAhバッテリーを搭載しています。microHDMI出力が可能で、2つのジョイスティックレバーで快適に操作できるのが魅力的です。

続きを読む

Amazonで「RG350M」をチェックする

楽天市場で「RG350M」をチェックする

ヤフーショッピングで「RG350M」をチェックする

AliExpressで「RG350M」をチェックする

Banggoodで「RG350M」をチェックする

米国 Amazon.comで「RG350M」をチェックする

<シングルレバー&アルミニウム合金ボディ・2.8インチ・Linux OpenDingux・1つのジョイスティックレバー>

「RG280M」

RG280M」はLinux OpenDinguxを採用した携帯ゲーム機。「RG350」とは異なり、360度ジョイスティックレバーを1基のみ搭載し、ボタン配置を操作しやすいように改善。液晶解像度を320 x 480ドットに向上させたほか、本体にアルミニウム合金を採用している。

その他のスペックは「RG350」とほぼ共通で、2.8インチのIPS液晶、JZ4770 デュアルコア プロセッサ、512M DDR2メモリ、内蔵16GBストレージ、USB Type-C(充電用&OTG) x 2、microSDカードスロット x 2、デュアルステレオスピーカーを備えている。収録ゲーム数は14000種で20種類のエミュレーターに対応する。

続きを読む

Amazonで「RG280M」をチェックする

楽天市場で「RG280M」をチェックする

ヤフーショッピングで「RG280M」をチェックする

Banggoodで「RG280M」をチェックする

AliExpressで「RG280M」をチェックする

米国 Amazon.comで「RG280M」をチェックする

GPDの携帯ゲーム機と比較

GPDの携帯ゲームも販売されています。ぜひ比較してみてください。

GPD WIN&XDでゲームが超快適!  全機種を比較

Powkiddyの携帯ゲーム機と比較

Powkiddyの携帯ゲーム機も販売されています。ぜひ比較してみてください。

Powkiddyの中華ゲーム機が意外といい?! 全機種 まとめ

その他のおすすめ携帯ゲーム機は?

その他のおすすめ携帯ゲーム機は以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

海外のレアすぎる携帯ゲーム機 2022 まとめ

海外製のレアな携帯ゲーム機をまとめて紹介しています。

Androidゲーミングタブレット コントローラ一体型 まとめ

Android搭載の携帯ゲーム機をまとめて紹介しています。

超極小サイズの携帯ミニゲーム機 最新 まとめ

超極小サイズの携帯ミニゲーム機を紹介しています。

中華ゲーム機で盛り上がれ! Whatsko シュミ 最新2019を比較

2019年の中華ゲーム機をまとめて紹介しています。

<据え置き型>

2022 最新レトロゲーム機 据え置き型 ラインナップ 一覧

海外製のスティック型ゲーム機に熱視線!人気機種 まとめ

<レトロゲーム互換機機>

レトロゲーム互換機がじわりと人気! FC・MD・GBなど 2021 最新 まとめ

HDD&TFカード

懐かしの名作がぎっしり! レトロゲーム収録HDD&TFカード まとめ