超小型PCが続々! 最新の極小WindowsPC 全機種を比較


小型PCといえば、以前はスティックPCか手のひらサイズの小型デスクトップPCが主流だった。しかし、最近ではさらに小さいカードサイズの小型PC「Intel Compute Card」などが登場。Windows 10が動作するシングルボードPCも続々と登場するなど大きな変革期を迎えている。

目次

超小型Windows PC まとめ パートⅠ

「Intel Compute Card」「ZBOX PI225」「Diginnos Stick DG-STK5S」「UPボード」「LattePanda」

超小型Windows PC まとめ パートⅡ

「Magic-Ben MAG1」「OneMix3 Pro」「CHUWI MiniBook」「GPD P2 MAX」「OneMix 1S」「OneMix 3」「OneMix 2S」「GPD Pocket2」ブラック「GPD Pocket2 4GB」「GPD MicroPC」初代「GPD Pocket」「GPD WIN2」初代「GPD WIN」「Gemini PDA」「OneMix 3 Pro」

超小型Windows PC まとめ パートⅢ

「Jumper EZbox N4」「CHUWI GBox Pro」「CHUWI GTBox」「Jumper EZbox i3」「Intel NUC Core i3 7100U」(BLKNUC7I3DNHNC)「Ockel Sirius B」「Jumper EZbox Z8」「skynew M2S」 「ZBOX PI335」「Diginnos Stick DG-STK4C」「ZOTAC ZBOX PI223」

超小型PCの現状について

 

小さいだけじゃない超小型PCの魅力

従来の小型PCやスティックPCと最新の超小型PCは一体何が違うのだろうか? ここではその違いについて簡単に紹介しよう。

USB Type-C&有線LANなど多彩なインターフェースを搭載

従来のスティックPCはUSB2.0ポートなど限られたインターフェースしか利用できなかったが、最新の超小型PCはインターフェースが豊富。

有線LANやUSB3.0を3基搭載する「Intel Compute Card」(ドッキングベイ)やUSB 3.0 Type-Cポートを備える「ZOTAC ZBOX PI225」、SSD拡張スロットを搭載したミニPC「VANGOOD VG17」など多彩なインターフェースでスティックPCよりも使い勝手が向上している。

Apollo Lake搭載で静音&省電力・4K動画も快適視聴

従来のスティックPCには高音になり過ぎて動作しなくなるというトラブルがあったが、最新の小型PCやスティックPCには静音で省電力性の高いApollo Lake世代のプロセッサを搭載で快適に動作する。また、「Intel Compute Card」はCore m3や第7世代Core i5プロセッサを搭載し、従来のスティックPCよりも高速に動作するようになっている。

Windows 10が動作するシングルボードPCも続々と登場

Raspberry Piなどで有名なシングルボードPC。最近ではWindows 10が動作するシングルボードPCが続々と登場している。電子工作もできるWindows10搭載小型ボードPC 「LattePanda」、Intel Atomプロセッサ&ラズパイ互換の40ピンI/O搭載の「UPボード」などに注目が集まっている。

続きを読む

 

この続きはこちら!

目次

小さいだけじゃない超小型PCの魅力

超小型Windows PC まとめ パートⅠ

超小型Windows PC まとめ パートⅡ

超小型Windows PC まとめ パートⅢ

超小型PCの現状について