「Fitbit Sense 2」は最強か? 超高性能スマートウォッチと徹底 比較!


2022年9月27日に発売される「Fitbit Sense 2」と超高性能スマートウォッチを徹底 比較!価格や計測できること・機能、スペックの違いに加えて、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2022年9月27日、「Fitbit Versa 4」も発売されます。

※2022年9月中旬、「Fitbit Inspire 3」も発売されます。

※8月25日から予約受付が始まっています。9月29日までに発送予定。

「Fitbit Sense 2」の特徴

Fitbit Sense 2」の特徴をまとめてみました。

1.58のAMOLED液晶・6日間バッテリ・Bluetooth通話

Fitbit Sense 2」は1.58インチのAMOLEDカラータッチスクリーンを搭載。前モデルと同じ正方形デザインで明るさ調整や常時表示にも対応しています。また、一般的な使用で6日間以上駆動できるバッテリーを搭載。12分間で1日分充電できる急速充電にも対応しています。そのほか、5気圧防水に対応し、屋内の水泳でも使用可能。Bluetooth通話に対応し、ウォッチ上から着信への応答、ボイスメールでの返信、音量の調整が行えます。

常時ストレス計測・血中酸素・40種エクササイズモード

Fitbit Sense 2」は新たに皮膚電気活動(cEDA)を測定するBody Responseセンサーを搭載。ストレスを常時トラッキングし、一日を通したストレスレベルを詳細に把握することができます。また、心拍数、心拍数の変動、皮膚温なども計測し、ユーザーの健康状態を総合的に評価。ストレスレベルが高いときには警告しアドバイスを提供するほか、血中酸素や睡眠、呼吸数、月経周期、VO2 MAX(最大酸素摂取量)の計測も利用できます。

そのほか、40種類以上のエクササイズモードに対応。HIIT(高強度インターバルトレーニング)やウェイトリフティング、CrossFit、ダンスなどを計測できるほか、エクササイズの自動検知にも対応しています。

Suica決済・Amazon Alexa・Googleマップのナビ

Fitbit Sense 2」はNFC対応でFitbit Payが利用可能。Suicaによる電子マネー決済も利用できます。また、Amazon Alexa音声アシスタントに対応。音声のみでニュースや交通情報、天気などの確認やスマート家電の操作が行えます。そのほか、Googleマップを利用した道案内が利用可能(※アップデートで対応予定)。スマート返信機能(※Android のみ)やスマートアラーム(最適な時間に起こしてくれる)、ウォッチフェイスの変更(100種類以上・お気に入りに5つまで保存)なども利用できます。

公式ページ Fitbit Sense 2

価格を比較

Fitbit Sense 2」と「Galaxy Watch5 /Pro」、「Garmin Venu 2 Plus」、「Apple Watch Series 7」の価格を比較してみました。

「Fitbit Sense 2」

Fitbit Sense 2」は、Amazonで29,818円、楽天市場で32,800円(税込・送料無料)、ヤフーショッピングで80,400円、ビックカメラで32,800円 (税込・送料無料・3280ポイント)、Fitbit公式サイトなどで税込32,800円、米国 Amazon.comで$290.95で販売されます。

「Galaxy Watch5 /Pro」

Galaxy Watch5 /Pro」は、Amazonで44,200円(40mm/国内正規品・SM-R900NZAAXJP)、楽天市場で48,620円 (税込・送料無料・4420ポイント)、ヤフーショッピングで48,620円(税込・送料無料)、ビックカメラで48,620円 (税込・送料無料・4,862ポイント)、AliExpressでUS $449.00、米国 Amazon.comで$236.01で販売されています。

「Garmin Venu 2 Plus」

Garmin Venu 2 Plus」は、Amazonで6,0727円、楽天市場で60,788円 (税込)、ヤフーショッピングで66,800円、ビックカメラで66,800円 (税込・6680ポイント)、米国Amazon.comで$449.99で販売されています。

「Apple Watch Series 7」

Apple Watch Series 7」は、Amazonで58,801円(41mm・GPS)、楽天市場で77,490円、ヤフーショッピングで52,800 円、ビックカメラで58,800円 (税込・41mm・GPSモデル/1764ポイント)、Appleストアで58,800円 (税込・41mm・GPSモデル)、米国 Amazon.comで$293.99 (GPS, 41mm) で販売されています。

計測できること・機能を比較

Fitbit Sense 2」と「Galaxy Watch5 /Pro」、「Garmin Venu 2 Plus」、「Apple Watch Series 7」の計測できること・機能を比較してみました。

「Fitbit Sense 2」

計測できること

血中酸素、皮膚温度、VO2 MAX(最大酸素摂取量)、心拍数、ストレス(cEDAセンサー内蔵)、睡眠(記録&ステージ・プロフィール・スコア)、呼吸数
月経周期、歩数、消費カロリー、距離・ペース・ルート(GPS内蔵)、血糖値測定(※アプリ内のみ)

40種類以上のエクササイズモード(ランニング、サイクリング、ウエイトトレーニング、ヨガ、HIIT高強度インターバルトレーニング、ウェイトリフティング、CrossFit、ダンスなど)

機能

Googleマップでの道案内、Fitbit Pay(※Suica対応)、音声アシスタント(Amazon Alexa)、スマート返信機能(※Android のみ)、Bluetooth通話(着信への応答、ボイスメールでの返信、音量の調整)、ストレス通知、ストレスマネジメントスコア(ストレス対処を把握)、エクササイズの自動記録、スマートアラーム

ウォッチフェイスの変更(100種類以上・お気に入りに5つまで保存)、サイレントモード&おやすみモード、常時表示、急速充電、スマホ探索、スマートフォンの通知受信
Fitbit アプリ、Fitbit Premiumの6か月間メンバーシップ

「Galaxy Watch5 /Pro」

計測できること

体組成(体脂肪率BIA、骨格筋重量)、血中酸素飽和度(SpO2)、心拍数(24時間リアルタイム)、睡眠(いびきの検出・睡眠パターンなど)、ストレスレベル、体温、歩数、消費カロリー、距離・ルート・ペース(GPS内蔵)

90以上のエクササイズモード(スポーツモード)

機能

急速充電、ワイヤレス充電、Google アシスタント(音声操作)、Google Play ストア(アプリの追加)、ルートのダウンロード・記録・共有(※Pro版のみ)、トラックバック機能(※Pro版のみ)、転倒検知機能、Smart Switch(以前のGalaxy Watchのデータを簡単に保持)、心拍アラート、睡眠アドバイス、体組成測定ツール(健康状態の把握、目標の設定・進捗状況などの確認)

Google マップ、YouTube Music、ストリーミング音楽、通話、Webサイトの閲覧、ウォッチフェイスの変更、常時表示、Galaxyデバイスとの連携、4G LET(LETモデルのみ・eSIM)、Wi-Fi(2.4GHz)、Bluetooth 5.0、16GBストレージ保存、通知の受信

「Garmin Venu 2 Plus」

計測できること

血中酸素飽和度(SpO2)、呼吸数、水分補給トラッキング、歩数、消費カロリー、移動距離・速度・ペース(GPS)、心拍数、睡眠、VO2Max(最大酸素摂取量)、上昇階数、週間運動量、フィットネス年齢、ストレスレベル、ライフログ、Body Batteryのエネルギー、気圧、高度、温度、生理周期

25種類以上のスポーツアクティビティ計測(ランニング、サイクリング、水泳、ゴルフなどに加え、屋内クライミング、ボルダリング、HIIT高強度インターバルトレーニングなど)

機能

通話機能(発信/応答)、音声アシスタント(Siri、Googleアシスタント、Bixby)

「睡眠スコア」(睡眠の質を0~100までの数値で示す)、「筋力トレーニング」(トレーニング時に鍛えた筋肉部位をグラフィックで表示する)、ヘルススナップショット(2分間のセッションを記録して、心拍数2や心拍変動、呼吸数、ストレス、血中酸素レベルなどの主な統計データを記録)、

動画ワークアウト(ワークアウトをアニメーションで表示)、通知機能(電話・メールなど)、Garmin Pay(Suicaキャッシュレス決済)、音楽再生機能(Amazon Music、LINE Musicなどのプレイリストなど、650曲を保存可能)、Garmin Coach(最適なトレーニングプランを提案)、Moveバー(運動を促すアラート)、バッテリー節約モード、ゴルフ機能

「Apple Watch Series 7」

計測できること

血中酸素飽和度(SpO2)、不整脈(心電図)、VO2MAX(最大酸素摂取量)、心拍数(第3世代の光学式心拍センサー・ストレス計測を含む)、睡眠(呼吸数を含む)、歩数、消費カロリー、ルート・速度・移動距離(GPS/GNSS内蔵)、高度(常時計測の高度計)、気圧、方角(コンパス)

8種類のワークアウトモード(室内ウォーキング、ウォーキング、室内ランニング、ランニング、エリプティカル、ローイング、プールスイミング、オープンウォータースイミング)
※自転車は自動検出ができるように改善・自転車の転倒も検知

機能

心電図の作成、Apple Pay(Suica対応)、緊急SOS、緊急通報(海外)、転倒検出(自転車を含む)、睡眠アドバイス、音楽再生、32GBストレージ保存、常時表示、防水(50m防水)
GymKitアプリ、音声認識Siri、インターコム機能、アクティビティの共有、スマートフォンの通知受信、Bluetooth通話

スペックを比較

Fitbit Sense 2」と「Galaxy Watch5 /Pro」、「Garmin Venu 2 Plus」、「Apple Watch Series 7」のスペックを比較してみました。

「Fitbit Sense 2」のスペック

  • ディスプレイ 1.58インチのAMOLED
    ※スクウェア/明るさ調整/カラータッチスクリーン/常時表示
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
  • バッテリー 250mAh
  • 駆動時間 一般的な使用で6日間以上
  • 充電 急速充電(12分間で1日分)
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0
  • GPS 内蔵
  • インターフェース ボタン、充電端子
  • センサー マルチパス光学式心拍数センサー、電気センサー(cEDA)、多目的電気センサー、赤外線センサー、推定睡眠時皮膚温センサー、3軸加速度計、環境光センサー
  • スピーカー あり・(75dB SPL @10cm)
  • マイク あり
  • 振動モーター あり
  • 防水 5気圧防水
  • Fitbit Pay 対応 ※Suica、PayPay銀行、Sony Bankを近日中にサポート予定
  • 音声アシスタント 対応・Amazon Alexa
  • 筐体の素材 アルミ合金
  • バンド シリコン製、24mm、交換可能、オプションで豊富なアクセサリーベルトを用意
  • アプリ Fitbitアプリ
  • 対応OS Android OS 8.0以上、Apple iOS 13.3以上
  • OS Fitbit OS
  • サイズ 40.5 × 40.5 × 11.2 mm
  • 重量 37.64 g
  • カラーシャドーグレー&グラファイトアルミニウム、ルナホワイト&プラチナアルミニウム、ブルーミスト&ソフトゴールドアルミニウム
  • 付属品 クラシック リストバンド(S サイズと L サイズの両方)、充電ケーブル

関連記事Fitbitスマートウォッチが人気上昇! 全モデルを比較

Amazonで「Fitbit Sense 2」をチェックする

楽天市場で「Fitbit Sense 2」をチェックする

ヤフーショッピングで「Fitbit Sense 2」をチェックする

ビックカメラで「Fitbit Sense 2」をチェックする

Fitbit公式サイトで「Fitbit Sense 2」をチェックする

米国 Amazon.comで「Fitbit Sense 2」をチェックする

「Galaxy Watch5 /Pro」のスペック

  • ディスプレイ SuperAMOLED(有機EL)
    ※40mmモデル=1.19インチ、解像度396×396 px
    44mmモデル・Pro版=1.38インチ、解像度450×450 px
  • プロセッサ Exynos W920 デュアルコア
  • RAM(メモリ)1.5GB
  • ストレージ 16GB
  • バッテリー 40mmモデル:284mAh、44mmモデル:410mAh、Pro版:590mAh
  • 充電 急速充電(約 30 分で45%)、ワイヤレス充電
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.2
    ※一部の国でLETモデルもあり(eSIM)
  • GPS 内蔵(GPS/Glonass/Beidou/Galileo対応)
  • NFC&Google Pay 対応
  • インターフェース 充電端子、ボタン
  • センサー バイアクティブセンサー、光学式心拍センサー、体組成センサー、赤外線温度センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、アンビエント(環境光)センサー、電子コンパス
  • スピーカー&マイク あり・通話も可
  • 防水防塵 IP68防水防塵、5気圧防水
  • 耐久性 MIL規格(MIL-STD-810G)にも準拠
  • 筐体の材質 44mm/40mmモデル:アルミニウム、Pro版:チタン
  • 風防 サファイアクリスタル
  • バンド Pro版:Dバックルスポーツバンド
  • 対応OS Android 8.0以降(1.5GB以上のRAM搭載)
  • OS WearOS 3.5
  • サイズ 44mmモデル:約43.3 × 44.4 × 9.8mm、40mmモデル::約39.3 × 40.4 × 9.8mm
    ※Pro版:約45.4 × 45.4 × 10.5mm
  • 重量 44mmモデル:約33.5g、40mmモデル:約46.5g
    ※Pro版:約46.5g
  • カラー 44mmモデル:サファイア、シルバー、グラファイト、40mmモデル:シルバー、ピンクゴールド、グラファイト
    ※Pro版:ブラックチタン、グレーチタン

関連記事「Galaxy Watch5 /Pro」と最新の高性能スマートウォッチを徹底 比較!

Amazonで「Galaxy Watch5」をチェックする

楽天市場で「Galaxy Watch5」をチェックする

ヤフーショッピングで「Galaxy Watch5」をチェックする

ビックカメラで「Galaxy Watch5」をチェックする

AliExpressで「Galaxy Watch5」をチェックする

米国 Amazon.comで「Galaxy Watch5」をチェックする

「Garmin Venu 2 Plus」のスペック

  • ディスプレイ 1.3インチ (33mm)、解像度416×416 pxのAMOLEDスクリーン
    ※タッチ対応/カラー表示/Corning Gorilla ガラス3
  • ベゼル ステンレススチール
  • プロセッサ 不明
  • 内蔵メモリ/履歴 200時間のアクティビティデータ
  • ストレージ 最大650曲を保存
  • バッテリー駆動時間 スマートウォッチモードで約9日間、GPS+音楽モードで約8時間、GPSモードで約24時間
  • 充電 急速充電
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi、Bluetooth(R)
  • 衛星測位  GPS/GLONASS/GALILEO/みちびき(補完信号)
  • インターフェース 充電端子、ボタン(※右側面に音声アシスタントボタンあり)
  • センサー 光学式心拍計、血中酸素トラッキング、コンパス、
    ジャイロセンサー、加速度計、温度計、気圧高度計など
  • 防水 5ATM(50m防水) ※水泳で利用可
  • スピーカー&マイク あり
  • 音声アシスタント Siri、Googleアシスタント、Bixbyに対応
  • バンド シリコン素材、クイックリリースバンド互換性あり(20 mm業界標準)
  • OS 独自OS
  • サイズ 43.6 x 43.6 x 12.6 mm
  • 重量 51.0 g
  • カラー 「Black/Slate」「Powder Gray/Passivated」「Ivory/Cream Gold」の3色

関連記事「Garmin Venu 2 Plus」は無敵か? 最新スマートウォッチと徹底 比較!

Amazonで「Garmin Venu 2 Plus」をチェックする

楽天市場で「Garmin Venu 2 Plus」をチェックする

ヤフーショッピングで「Garmin Venu 2 Plus」をチェックする

ビックカメラで「Garmin Venu 2 Plus」をチェックする

米国 Amazon.comで「Garmin Venu 2 Plus」をチェックする

「Apple Watch Series 7」のスペック

  • ディスプレイ 41mm(1.6インチ)/45mm(1.77インチ)、解像度448 x 368 pixelsの曲面Retina液晶
    ※LTPO/OLED/最大輝度1000 nits/Ion-X強化ガラス/常時表示
  • プロセッサ Apple S7
  • GPU PowerVR
  • RAM(メモリ) 1GB
  • ストレージ 32GB
  • バッテリー駆動時間 通常使用で18時間
  • 充電 急速充電(約45分で80%まで回復)、Type-C充電、ワイヤレス充電(※充電器は別売)
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (A-GPS,GLONASS,GALILEO,QZSS,Beido)
  • NFC&Apple Pay 対応
  • インターフェース 充電端子
  • センサー 加速度計、ジャイロ、心拍数(第3世代)、気圧計、常時オンの高度計、コンパス、SpO2、VO2max
  • スピーカー 搭載
  • 防水防塵 50m防水/IP6X
  • OS watchOS 8.0
  • サイズ 41mmと45mm
  • 重量 32/38.8 g
  • カラー アルミニウムフレーム→ミッドナイト・スターライト・グリーン・ブルー・(PRODUCT)REDの
  • SIMカード eSIM ※Cellularモデルのみ

関連記事「Apple Watch Series 7」と超人気スマートウォッチを徹底 比較!

Amazonで「Apple Watch Series 7」をチェックする

楽天市場で「Apple Watch Series 7」をチェックする

ヤフーショッピングで「Apple Watch Series 7」をチェックする

ビックカメラで「Apple Watch Series 7」をチェックする

Appleストアで「Apple Watch Series 7」をチェックする

米国 Amazon.comで「Apple Watch Series 7」をチェックする

「Fitbit Sense 2」のメリット・デメリット

Fitbit Sense 2」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・1.58インチのAMOLED液晶・明るさ調整や常時表示に対応

Fitbit Sense 2」は1.58インチのAMOLEDカラータッチスクリーンを搭載。前モデルと同じ正方形デザインで明るさ調整や常時表示にも対応しています。

一方、「Galaxy Watch5 /Pro」は40mmモデルで1.19インチ、解像度396×396pxのSuperAMOLED(有機EL)、44mmモデル・Pro版は1.38インチ、解像度450×450pxのSuperAMOLED(有機EL)を搭載しています。「Garmin Venu 2 Plus」は1.3インチ (33mm)、解像度416×416 pxのAMOLEDスクリーンを搭載しています。「Apple Watch Series 7」は41mm(1.6インチ)/45mm(1.77インチ)、解像度448 x 368 pixelsの曲面Retinaスクリーンを搭載しています。

・ストレスを常時トラッキングできる

Fitbit Sense 2」は新たに皮膚電気活動(cEDA)を測定するBody Responseセンサーを搭載。ストレスを常時トラッキングし、一日を通したストレスレベルを詳細に把握することができます。

一方、「Galaxy Watch5 /Pro」、「Garmin Venu 2 Plus」、「Apple Watch Series 7」はストレスレベルの計測に対応していますが、常時トラッキングはできません。

・血中酸素・皮膚温度・VO2 MAX(最大酸素摂取量)の計測に対応

Fitbit Sense 2」は血中酸素や睡眠、呼吸数、月経周期、VO2 MAX(最大酸素摂取量)の計測に対応しています。

一方、「Galaxy Watch5 /Pro」と「Apple Watch Series 7」は血中酸素の計測に対応しています。「Garmin Venu 2 Plus」は血中酸素、VO2Max(最大酸素摂取量)の計測に対応しています。

・40種類以上のエクササイズモードに対応・エクササイズの自動記録も可

Fitbit Sense 2」は40種類以上のエクササイズモードに対応し、HIIT(高強度インターバルトレーニング)やウェイトリフティング、CrossFit、ダンスなどを計測できます。また、エクササイズの自動検知にも対応しています。

一方、「Galaxy Watch5 /Pro」は90以上のエクササイズモード(スポーツモード)に対応しています。「Garmin Venu 2 Plus」は25種類以上のスポーツアクティビティ計測に対応しています。「Apple Watch Series 7」は8種類のワークアウトモードに対応しています。

・6日間以上駆動できるバッテリーを搭載・急速充電にも対応

Fitbit Sense 2」は一般的な使用で6日間以上駆動できるバッテリーを搭載しています。また、12分間で1日分充電できる急速充電にも対応しています。

一方、「Galaxy Watch5 /Pro」は40mmモデルで284mAh、44mmモデルで410mAh、Pro版で590mAhバッテリーを搭載しています。「Garmin Venu 2 Plus」はマートウォッチモードで約9日間、GPS+音楽モードで約8時間、GPSモードで約24時間駆動し、急速充電にも対応しています。「Apple Watch Series 7」は通常使用で18時間駆動し、急速充電(約45分で80%まで回復)にも対応しています。

・Bluetooth 5.0に対応

Fitbit Sense 2」はBluetooth 5.0に対応し、スマートフォンともスムーズに接続できます。

一方、「Galaxy Watch5 /Pro」はWi-Fi(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.2に対応しています。「Garmin Venu 2 Plus」はWi-Fi、Bluetoothに対応しています。「Apple Watch Series 7」はWi-Fi(2.4GHz)、Bluetooth 5.0に対応しています。

・Fitbit Pay&Suica決済が利用できる

Fitbit Sense 2」はNFC対応でFitbit Payが利用可能。Suicaによる電子マネー決済も利用できます。

一方、「Galaxy Watch5 /Pro」はGoogle Payに対応しています。「Garmin Venu 2 Plus」はGarmin Pay(Suicaキャッシュレス決済)に対応しています。「Apple Watch Series 7」はApple Pay(Suica対応に対応しています。

・Amazon Alexa音声アシスタントが使える

Fitbit Sense 2」はAmazon Alexa音声アシスタントに対応。音声のみでニュースや交通情報、天気などの確認やスマート家電の操作が行えます。

一方、「Galaxy Watch5 /Pro」はGoogleアシスタントに対応しています。「Garmin Venu 2 Plus」は音声アシスタント(Siri、Googleアシスタント、Bixby)に対応しています。「Apple Watch Series 7」はSiri音声アシスタントに対応しています。

・Google Mapのナビゲーション機能が使える(※アップデート予定)

Fitbit Sense 2」はGoogleマップを利用した道案内が利用できます(※アップデートで対応予定)。

一方、「Galaxy Watch5 /Pro」はGoogleマップを利用できます。「Garmin Venu 2 Plus」と「Apple Watch Series 7」はGoogleマップが利用できません。

・Bluetooth通話に対応

Fitbit Sense 2」はスピーカーとマイクを内蔵し、Bluetooth通話に対応。ウォッチ上から着信への応答、ボイスメールでの返信、音量の調整が行えます。

一方、「Galaxy Watch5 /Pro」、「Garmin Venu 2 Plus」、「Apple Watch Series 7」はBluetooth通話に対応しています。

・5気圧防水に対応

「Fitbit Sense 2」は5気圧防水に対応し、屋内の水泳でも使用できます。

一方、「Galaxy Watch5 /Pro」はIP68防水防塵と5気圧防水に対応しています。「Garmin Venu 2 Plus」は5気圧防水に対応しています。「Apple Watch Series 7」は5気圧防水とIP6X防水防塵に対応しています。

デメリット

・ワイヤレス充電に対応していない

Fitbit Sense 2」はワイヤレス充電に対応していません。

一方、「Galaxy Watch5 /Pro」はワイヤレス充電に対応しています。「Garmin Venu 2 Plus」と「Apple Watch Series 7」はワイヤレス充電に対応していません。

・体組成や不整脈(心電図)を計測できない

Fitbit Sense 2」は体組成や不整脈(心電図)を計測できません。

一方、「Galaxy Watch5 /Pro」は体組成を計測できます。「Apple Watch Series 7」は不整脈(心電図)を計測できます。「Garmin Venu 2 Plus」は体組成や不整脈(心電図)を計測できません。

「Fitbit Sense 2」の評価

Fitbit Sense 2」の評価を紹介します。

スペック:★★★★★

通信:★★★★

機能:★★★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

2020年10月に発売された「Fitbit Sense」の後継モデルで、実質的にフィットビットのフラグシップモデルになります。

目玉の機能が「ストレス計測」になっているため、一般の人には何が凄いのか、イマイチ分からない製品になっていますが、実はもともとフィットビットのストレス計測には特殊な「皮膚電気活動(EDA)センサー」というものが搭載されていました。

今回発売された「Fitbit Sense 2」には、それをさらにグレードアップして性能を向上させた「Body Responseセンサー」が搭載されており、このセンサーのおかげで今までスポット(部分的)に計測されていたストレスレベルを「継続的」に計測できるようになりました。

ストレスを常時トラッキングできるようになったことで、従来よりも精度の高いストレスレベルを計測できることは言うまでもありません。フィットビットの場合はこの精度の高いストレスレベルの計測を「健康の向上」に役立てようとしたことに特徴があり、そのためにストレスレベルが高いときには警告しアドバイスを提供できるようになっています。

一般の人からすると、「なぜそこまでストレスにこだわるのか?」疑問に感じるかもしれませんが、フィットビットが追及した「健康」には「ストレス」が重要な位置を占めており、ストレス次第で健康状態が大きく左右されるという結論に至っていると思われます。

そういう意味では「Fitbit Sense 2」は単なるスマートウォッチではなく、健康状態を良い状態に保つための最高のツールなのかもしれません。

発売時の価格は32,800円。

他の高性能なスマートウォッチと比べると半額程度になっており、コスパは非常に高いです。充実したヘルスケア機能を備えた高性能なスマートウォッチを探している人におすすめです。

※YouTube動画でも紹介しています。「Fitbit Sense 2」健康レベルが劇的に上がる超高性能スマートウォッチが登場! 性能をざっくり解説

「Fitbit Sense 2」の販売・購入先

Fitbit Sense 2」は、

Amazonで29,818円、

楽天市場で32,800円(税込・送料無料)、

ヤフーショッピングで80,400円、

ビックカメラで32,800円 (税込・送料無料・3280ポイント)、

Fitbit公式サイトなどで税込32,800円、

米国 Amazon.comで$290.95、

で販売されています。

Amazonで「Fitbit Sense 2」をチェックする

楽天市場で「Fitbit Sense 2」をチェックする

ヤフーショッピングで「Fitbit Sense 2」をチェックする

ビックカメラで「Fitbit Sense 2」をチェックする

Fitbit公式サイトで「Fitbit Sense 2」をチェックする

米国 Amazon.comで「Fitbit Sense 2」をチェックする

 

 

他のスマートウォッチと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Google Pixel Watch

★「Apple Watch Series 8

★「Fitbit Versa 4

★「Fitbit Inspire 3

Galaxy Watch5 /Pro

Garmin Venu 2 Plus

Apple Watch Series 7

Huawei Watch GT 3 Pro

Xiaomi Watch S1 Pro

FOSSIL Gen 6 Hybrid

Amazfit GTR 3 Pro

Xiaomi Watch S1 Active

Fossil Gen 6」(Razer X)

Amazfit GTS 4 Mini

他のFitbitスマートウォッチと比較

他にもFitbitのスマートウォッチが販売されています。ぜひ比較してみてください。

Fitbitスマートウォッチが人気上昇! 全モデルを比較

Fitbitスマートウォッチが人気上昇! 全モデルを比較

その他のおすすめスマートウォッチは?

その他のおすすめスマートウォッチは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

【2022年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

最新のスマートウォッチをまとめて紹介しています。

スポーツ&健康管理に使えるスマートバンド 最新 機種 まとめ

最新のリストバンド(活動量計)をまとめて紹介しています。

アウトドアで使えるタフなスマートウォッチ 全機種を比較

アウトドアで使えるタフスマートウォッチをまとめて紹介しています。

ガーミンのスマートウォッチ 買うならどれ? 人気モデルを比較 

Garminスマートウォッチをまとめて紹介しています。

<3G・4G対応のAndroidスマートウォッチ>

3G・4G対応で通話できるAndroidスマートウォッチ まとめ