「Fitbit Sense」と人気スマートウォッチを徹底 比較!


2020年10月2日にフィットビット ジャパンから発売される「Fitbit Sense」と最新スマートウォッチを徹底 比較して紹介! 価格や計測できること、機能、スペックの違いに加えて、メリット・デメリットも紹介します。

※2020年9月「Fitbit Versa 3」も発売されました。

「Fitbit Sense」の特徴

Fitbit Sense」の特徴をまとめてみました。

皮膚温度で発熱をすばやく感知・ストレスも

Fitbit Sense」は本体内に皮膚電気活動(EDA)センサーを搭載。発熱などの病気の兆候をすばやく感知することができます。また、手のひらに本体を乗せることで皮膚の発汗量による些細な電気量の変化を計測することが可能。1から100の数値でストレスレベルを分かりやすく表示できます。

充実の睡眠機能・Googleアシスタントも使える

Fitbit Sense」は睡眠中の浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠の時間を測定し、睡眠スコアを分かりやすく表示することができます。また、アラームを設定することで、浅い睡眠ステージに振動で起こしてくれる機能を搭載。GoogleアシスタントやAlexaでアラームを設定することもできます。

6日間のロング駆動・急速充電も

Fitbit Sense」は連続して6日間の駆動が可能になっています。また、急速充電機能を搭載。わずか12 分で丸 1 日分チャージすることができます。

公式ページ
https://www.fitbit.com/jp/sense

価格を比較

Fitbit Sense」と、「OPPO Watch」、「HUAWEI WATCH GT 2e」、「Garmin vivoactive 4 / 4S」の価格を比較してみました。

「Fitbit Sense」

Fitbit Sense」は、Amazonで36,355円、楽天市場で 39,990円 (税込・3,990ポイントあり)、ヤフーショッピングで39,990円、ビックカメラで39,990円 (税込・3,999ポイント)で販売中です。

「OPPO Watch」

OPPO Watch」は、Amazonで36,355円、楽天市場で25,800円 (税込)、ヤフーショッピングで25,800円、ビックカメラで25,800円 (税込)、Banggoodで52,158円、AliExpressでUS $176.25 – 321.71で販売されています。

「HUAWEI WATCH GT 2e」

HUAWEI WATCH GT 2e」は、Amazonで19,602円、楽天市場で19,800円 (税込・1,980ポイントあり)、ヤフーショッピングで19,800円、ビックカメラで19,800円 (税込・1,980ポイント)で販売されています。

「Garmin vivoactive 4 / 4S」

Garmin vivoactive 4 / 4S」は、Amazonで36,547円、楽天市場で43,780円 (税込・4,370ポイントあり)、ヤフーショッピングで39,800円 (税込)、ビックカメラで43,780円 (税込・4,378ポイント)で販売されています。

計測できること・機能を比較

Fitbit Sense」と、「OPPO Watch」、「HUAWEI WATCH GT 2e」、「Garmin vivoactive 4 / 4S」の計測できること・機能を比較してみました。

「Fitbit Sense」

計測できること 皮膚温、、SpO2(酸素飽和度)、歩数、消費カロリー、距離・ペース・ルート(※スマホと連携必要)、心拍数(PUREPULSE 2.0・心拍数のゾーン)、生理周期、睡眠(睡眠スコア)、水泳ラップ(泳いだ時間の長さ)、上昇階段

機能 20 種類以上のエクササイズモード、スマートアラーム(目覚まし)、おやすみモード(通知ミュート)、マナーモード、Googleアシスタント、Alexa、FITBIT PAY(電子マネー決済)、常時画面表示モード、時計の文字盤、急速充電、通知機能(着信、テキストメッセージの受信)、アプリの通知、音楽再生(ファイル保存可能)、サイレントアラーム、体を動かす運動リマインダー、心拍アラート、、Wi-Fi通信、Bluetooth 5.0など

「OPPO Watch」

計測できること 歩数 、 消費カロリー 、距離、ルートトラッキング、心拍数、睡眠(睡眠の深さ・時間計測・AI提案)

機能 急速充電「VOOC Flash Charge」(75分でフルチャージ)、スマートパワーセーブモード(最大で2週間 駆動できる)、水泳時の距離やストロークを検出する機能、体脂肪の燃焼状況を画面に表示しながら音と振動でランニングをサポートする機能、5分間で可能な運動を音声ガイダンスで案内する機能、スマートフォンと連携(通話やメッセージを本体上で確認)、スポーツモード(ランニング、水泳、5分間フィットネスなど)、NFC、Google Pay、Wi-Fi通信、Bluetooth 4.2、音楽再生など

「HUAWEI WATCH GT 2e」

計測できること 歩数 、 消費カロリー 、距離、ルートトラッキング、心拍数(HUAWEI TruSeen 3.5)、睡眠(HUAWEI TruSleep 2.0) 、ストレス(HUAWEI TruRelax)、VO2max

機能 ワークアウト自動識別、ライブウォッチフェイス、天気の表示、リモート撮影(EMUI 10.1以降)、ウォッチフェイスのデザイン変更(スマホ写真も可)、音楽再生(※Bluetoothイヤホンとペアリングが必須)、通知(着信、SMSメッセージ、メール、カレンダーなど)、天気情報、アラーム、タイマー、懐中電灯など、スポーツモード(15種類のワークアウト)

「Garmin vivoactive 4 / 4S」

計測できること 歩数、消費カロリー、移動距離(GPS速度と距離)、心拍数、睡眠、VO2Max、上昇階数、週間運動量、フィットネス年齢、ストレスレベル、ライフログ、Body Batteryのエネルギー、気圧、高度、温度、各種アクティビティ(ランニング、登山、サイクリング、スイミング、スキー、スノーボードなど20種目以上)などを計測できる。

機能 動画ワークアウト、呼吸数モニタリング、生理周期トラッキング、音楽再生機能、通知機能、ボディバッテリー、セーフティ」機能(事故検出・援助要請)、Garmin Pay」(非接触決済)、GARMIN COACH(ガーミン コーチ)など

スペックを比較

Fitbit Sense」と、「OPPO Watch」、「HUAWEI WATCH GT 2e」、「Garmin vivoactive 4 / 4S」のスペックを比較してみました。

「Fitbit Sense」のスペック

  • ディスプレイ AMOLED液晶
  • レンズ素材 Gorilla Glass3
  • ケース ステンレス
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 容量不明 ※音楽ファイルを300 曲以上 保存できる
  • バッテリー リチウムポリマー
  • 駆動時間 6日間
  • 充電 急速充電機能・わずか12 分で丸 1 日分の充電が可能
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 5.0、GPS
  • Fitbit Pay 対応・電子マネー決済が利用可能
  • センサー 加速度センサー、ジャイロセンサー、GPS、多目的電気センサー、皮膚温センサー、高度計、環境光センサー
  • 防水 5気圧防水・50m防水
  • 音声アシスタント Google アシスタント・Alexa・天気、就寝リマインダー、アラームの設定など
  • アプリ FITBIT アプリ・・100種類以上のアプリ
  • OS 独自OS
  • サイズ 不明
  • 重量 不明
  • カラー カーボン、グラファイト、ルナホワイト、ソフトゴールド

関連記事Fitbitスマートウォッチが人気上昇! 全モデルを比較

Amazonで「Fitbit Sense」をチェックする

楽天市場で「Fitbit Sense」をチェックする

ヤフーショッピングで「Fitbit Sense」をチェックする

ビックカメラで「Fitbit Sense」をチェックする

「OPPO Watch」のスペック

  • ディスプレイ 1.6インチ、320 x 360 pxのAMOLED液晶
  • プロセッサ Qualcomm Snapdragon Wear 3100 / Ambiq Micro Apollo 3
  • RAM(メモリ)  1GB
  • ストレージ 8GB
  • バッテリー 300mAh
  • 駆動時間 通常使用で24時間・スマートパワーセーブモード使用時で最大 2週間
  • 充電時間 急速充電技術「VOOC」対応・75分でフルチャージ
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 b/g/n(2.4GHz) 、Bluetooth 4.2、GPS(GLONASS)
  • NFC & Google Pay 対応・利用できます
  • センサー 加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、気圧センサー、光学式心拍センサー、静電容量センサー、調光センサー
  • 防水 3ATM(3気圧・30m防水・雨・汗・水・水泳中でも使用可能)
  • 音楽 オンライン(ストリーミング)ミュージック対応
  • OS Wear OS
  • 対応OS Android 6.0以上、iOS 12.0以上
  • アプリ 独自アプリ「HeyTap Health」・Google Playから4000以上のアプリをダウンロード可能・健康管理サービス「Google Fit」搭載
  • バンド フッ素ゴム製・交換可能
  • サイズ 41.45 x 36.37 x 11.4 mm
  • 重量 約30.1 g(本体のみ)
  • カラー ブラック、ピンクゴールド、シルバーミスト

関連記事「OPPO Watch」と最新スマートウォッチを徹底 比較!

Amazonで「OPPO Watch」をチェックする

楽天市場で「OPPO Watch」をチェックする

ヤフーショッピング「OPPO Watch」をチェックする

ビックカメラで「OPPO Watch」をチェックする

Banggoodで「OPPO Watch」をチェックする

AliExpressで「OPPO Watch」をチェックする

「HUAWEI WATCH GT 2e」のスペック

  • ディスプレイ 1.39インチ、解像度 454 x 454 pxのAMOLEDタッチスクリーン液晶
    ※HD / タッチ・スライド操作に対応 / 有機EL
  • プロセッサ(チップセット) HUAWEI Kirin A1
  • ストレージ 搭載・最大500曲を転送可能
  • バッテリー駆動時間 約2週間               ※デュアルチップ設計と省電力アルゴリズム2.0を採用
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.1 (BLE / BR / EDR)、GPS(GLONASS対応)
  • インターフェース 磁気充電ポート
  • センサー 加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサー
  • 対応OS Android 4.4 +、iOS 9.0 +
  • 防水防塵 5ATM・50m防水・5気圧防水
  • サイズ 53 (W) x 46.8 (H) x 10.8 (D) mm
  • 重量 約43 g(バンドを含まず)
  • カラー グラファイトブラック、ラヴァーレッド、ミントグリーン、アイスホワイト
  • ケースのカラー:ブラックステンレスカラー、ステンレスカラー
  • ケースの素材:金属(ステンレスフレーム)+プラスチック
  • ベルト ブラックフルオロエラストマーストラップ、レッド&ブラックTPUストラップ、グリーン&ブラックTPUストラップ、ホワイトフルオロエラストマーストラップ
  • 付属品 充電クレードル x 1、充電ケーブル x 1、クイックスタートガイドと保証とアフターサービスのご案内 x 1
  • 発売日 2020年4月17日

関連記事「HUAWEI WATCH GT 2e」と人気スマートウォッチを徹底 比較!

Amazonで「HUAWEI WATCH GT 2e」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI WATCH GT 2e」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI WATCH GT 2e」をチェックする

ビックカメラで「HUAWEI WATCH GT 2e」をチェックする

AliExpressで「Honor Magic Watch 2」をチェックする

「Garmin vivoactive 4 / 4S」のスペック

  • ディスプレイ
    「vivoactive 4」1.3インチ(33mm)、解像度260×260ピクセルの半透過型カラーMIPディスプレイ
    「vívoactive 4S」直径1.1インチ(27.9 mm)、解像度218×218ピクセルの半透過型カラーMIPディスプレイ
    ※フルカラー表示で太陽光の下でも見やすい。タッチ対応
  • アプリ Garmin Connect  Connect IQ™ストアからダウンロード
  • 防水 5気圧防水・ 5 ATM・50m防水
  • ベゼル素材 ステンレススチール
  • ケース素材 FRP
  • ストラップ素材 シリコン クイックリリースバンドとの互換性にも対応
  • バンド幅 「Garmin vivoactive 4」22mm    「Garmin vivoactive 4S」 18mm
  • GPS みちびき、GLONASS、Galileo
  • 通信 Wi-Fi、Bluetooth、ANT+
  • バッテリー
    「vívoactive 4」駆動時間 スマートウォッチモードで最大5日間、GPSモードで最大18時間、音楽再生GPSモードで最大6時間
    「vívoactive 4S」のバッテリー駆動時間 スマートウォッチモードで最大5日間、GPSモードで最大16時間、音楽再生GPSモードで最大5時間
  • センサー 光学式心拍センサー、気圧高度計、加速度計
  • サイズ
    「vívoactive 4」45.1×45.1×12.8mm
    「vívoactive 4S」 40×40×12.7mm
  • 重量
    「vívoactive 4」50g
    「vívoactive 4S」40g
  • カラー
    「vívoactive 4」Shadow Gray/Silver、Black/Slate
    「vívoactive 4S」Powder Gray/Silver、Black/Slate、White/Rose Gold、Dust Rose/Light Gold

関連記事「Garmin vivoactive 4 / 4S」スペック・機能・vivoactive 3 と比較

Amazonで「Garmin vivoactive 4」をチェックする

楽天市場で「Garmin vivoactive 4」をチェックする

ヤフーショッピングで「Garmin vivoactive 4」をチェックする

ビックカメラで「Garmin vivoactive 4」をチェックする

「Fitbit Sense」のメリット・デメリット

Fitbit Sense」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・皮膚温やSpO2(酸素飽和度)を計測できる

Fitbit Sense」は皮膚温を計測することで発熱の症状やストレスレベルを計測できます。また、SpO2(酸素飽和度)を計測することで病気の徴候や健康状態を把握することができます。

一方、「OPPO Watch」はストレスや、SpO2(酸素飽和度)を測定することはできません。「HUAWEI WATCH GT 2e」と「Garmin vivoactive 4 / 4S」はストレスレベルを測定することはできます。

・Wi-Fi&Bluetooth 5.0に対応

Fitbit Sense」はスマートフォンを必要とせず、単体でWi-Fi通信を利用できるため、SNSやメールなどの通知もすばやくチェックできます。また、Bluetooth 5.0に対応しているため、ワイヤレスイヤホンやヘッドホンともスムーズに接続できます。GPS機能も搭載されています。

一方、「HUAWEI WATCH GT 2e」はBluetooth 5.1とGPSに対応しています。また、「OPPO Watch」はWi-Fi&Bluetooth 4.2&GPSに対応、「Garmin vivoactive 4 / 4S」はWi-Fi&Bluetooth&GPSに対応しています。

・単体で音楽再生できる

Fitbit Sense」は本体にストレージを搭載しているため、単体で音楽を再生することができます。

一方、「OPPO Watch」は音楽再生&ローカルファイル保存に対応(8GBストレージ搭載)、「HUAWEI WATCH GT 2e」は音楽再生&ローカルファイル保存に対応(最大500曲)、「Garmin vivoactive 4 / 4S」は音楽再生&ローカルファイル保存に対応(最大500ファイル)になっています。

・Fitbit Pay で電子マネー決済できる

Fitbit Sense」はFitbit Payに対応しているため、電子マネー決済が利用できます。Fitbit Payは、ソニー銀行のVisaデビットカード「Sony Bank WALLET」(提携カードを含む)と組み合わせることで、Visaのタッチ(NFCコンタクトレス)決済に対応する加盟店で決済に利用できます。

一方、「HUAWEI WATCH GT 2e」は電子マネー決済機能がないため利用できません。

「OPPO Watch」はGoogle Payが利用可能、「Garmin vivoactive 4 / 4S」はGarmin Payが利用できるようになっています。

・バッテリー駆動時間が長い

Fitbit Sense」は6日間 駆動するバッテリーを搭載。急速充電に対応しているため、わずか12分で丸 1 日分の充電が可能です。

一方、「OPPO Watch」は通常使用で24時間・スマートパワーセーブモード使用時で最大2週間、「HUAWEI WATCH GT 2e」は約2週間、「Garmin vivoactive 4 / 4S」は最大5日間の駆動が可能になっています。

デメリット

・Google Playストアが使えない

Fitbit Sense」は独自OSを採用しているため、Google Playストアは利用できません。

一方、「OPPO Watch」だけはGoogle Playストアに対応し、豊富なアプリをダウンロードすることができます。

・VO2MAX(最大酸素摂取量)が測定できない

Fitbit Sense」はVO2MAX(最大酸素摂取量)の測定には対応していません。

一方、「HUAWEI WATCH GT 2e」と「Garmin vivoactive 4 / 4S」はVO2MAX(最大酸素摂取量)の測定に対応しています。

「Fitbit Sense」の販売・購入先

Fitbit Sense」は、

Amazonで36,355円、

楽天市場で 39,990円 (税込・3,990ポイントあり)、

ヤフーショッピングで39,990円、

ビックカメラで39,990円 (税込・3,999ポイント)、

で販売中です。

Amazonで「Fitbit Sense」をチェックする

楽天市場で「Fitbit Sense」をチェックする

ヤフーショッピングで「Fitbit Sense」をチェックする

ビックカメラで「Fitbit Sense」をチェックする

ビックカメラ.com

他のスマートウォッチと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報や機能、性能、価格などが分かるようになっています。

Fitbit Versa 3

HUAWEI WATCH GT 2 Pro

Apple Watch SE

OPPO Watch

HUAWEI WATCH GT 2e

Garmin vivoactive 4 / 4S

Galaxy Watch Active2

HUAWEI WATCH GT2

TicWatch Pro 2020

ForeAthlete 45

UMIDIGI Uwatch 2S

VivoWatch BP

Fitbit Versa 2

Fitbitスマートウォッチをまとめてチェック!

Fitbitスマートウォッチは以下のページにすべてまとめてあります。

Fitbitスマートウォッチが人気上昇! 全モデルを比較

その他のおすすめスマートウォッチは?

その他のおすすめスマートウォッチは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

【2020年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

最新のスマートウォッチをまとめて紹介しています。

スポーツ&健康管理に使えるスマートバンド 最新 機種 まとめ

最新のリストバンド(活動量計)をまとめて紹介しています。