「Amazfit GTS 4 Mini」と一万円台の高コスパなスマートウォッチを徹底 比較!


2022年8月19日に発売された「Amazfit GTS 4 Mini」と一万円台の高コスパなスマートウォッチを徹底 比較!価格や計測できること・機能、スペックの違いに加えて、メリット・デメリット、評価を紹介します。

「Amazfit GTS 4 Mini」の特徴

Amazfit GTS 4 Mini」の特徴をまとめてみました。

1.65のAMOLED液晶・最大15日間バッテリー・5気圧防水

Amazfit GTS 4 Mini」は1.65インチで解像度336×384ドットAMOLEDスクリーンを搭載。ピクセル密度309ppi、画面占有率70.2%の明るくワイドな画面で、2.5D強化ガラスや反指紋コーディングにも対応しています。また、270mAhバッテリーを搭載し、通常使用で最大15日間、省電力モードで最大45日間駆動することが可能。充電はマグネット式のケーブルが利用できます。そのほか、5気圧防水に対応。水深50mの水圧で最大10分間耐えることが可能で、屋内のプールスイミングでも使用できます。

血中酸素&VO2Max・ワンタップ測定・120種スポーツ

Amazfit GTS 4 Mini」はBioTracker PPG 3.0バイオメトリックセンサーを搭載し、血中酸素飽和度、心拍数、睡眠、ストレスレベルの24時間モニタリングに対応。VO2Max(最大酸素摂取量)の測定にも対応しています。また、ワンタップで心拍数、血中酸素レベル、ストレスレベルを同時に測定することが可能。最短45秒で計測結果を表示できます。そのほか、120種類以上のスポーツモードに対応。ウォーキングやサイクリングなど7つのワークアウトを自動認識することもできます。

5衛星測位・Amazon Alexa・ミニアプリ追加

Amazfit GTS 4 Mini」は本体にGPSセンサーを内蔵。5衛星測位 (A-GPS、GLONASS、Galileo、BeiDou、QZSS)に対応し、距離やペース、ルートなどを画面上に表示できます。また、Amazon Alexa音声アシスタントに対応。音声だけでニュースや交通状況の確認、スマート家電の操作などが行えます。そのほか、OSにZepp OSを採用。10種類以上のミニアプリを用意し、必要なものを自分で追加することができます。

公式ページ Amazfit GTS 4 Mini*オンライン限定

価格を比較

Amazfit GTS 4 Mini」と「Xiaomi Watch S1 Active」、「Fitbit Versa 3」、「HUAWEI WATCH FIT 2」の価格を比較してみました。

「Amazfit GTS 4 Mini」

Amazfit GTS 4 Mini」は、Amazonで16,800円、楽天市場で13,440円 (税込・送料無料)、ヤフーショッピングで16,800円 (税込・送料無料)、AliExpressでUS $103.99、米国 Amazon.comで$119.99で販売されています。

「Xiaomi Watch S1 Active」

Xiaomi Watch S1 Active」は、Amazonで18,384円(タイムセール価格)、楽天市場で19,800円 (税込・送料無料)、ヤフーショッピングで18,379円(税込・送料無料)、ビックカメラで22,980円 (税込・230ポイント)、AliExpressでUS $121.99、米国 Amazon.comで$188.03で販売されています。

「Fitbit Versa 3」

Fitbit Versa 3」は、Amazonで20,727円、楽天市場で22,800円 (税込・送料無料)、ヤフーショッピングで22,800円 (税込・送料無料)、ビックカメラで22,800円 (税込・2,280ポイント)、米国Amazon.comで$160.01で販売されています。

「HUAWEI WATCH FIT 2」

HUAWEI WATCH FIT 2」は、Amazonで17,091円(1000円OFFクーポン付き)、楽天市場で20,680円(税込・1880ポイント付き)、ヤフーショッピングで17,860円、ビックカメラで17,810円 (税込・1,781ポイント)、AliExpressでUS $128.00、米国Amazon.comで$128.02で販売されています。

計測できること・機能を比較

Amazfit GTS 4 Mini」と「Xiaomi Watch S1 Active」、「Fitbit Versa 3」、「HUAWEI WATCH FIT 2」の計測できること・機能を比較してみました。

「Amazfit GTS 4 Mini」

計測できること

血中酸素飽和度(SpO2・24時間)、心拍数(24時間)、睡眠、ストレスレベル(24時間)、VO2Max(最大酸素摂取量)、呼吸数、月経サイクル、、歩数、消費カロリー、距離・ルート・ペース(GPS内蔵)

120種類以上のスポーツモード

機能

7つのワークアウトを自動認識(ウォーキング、屋内ウォーキング、屋外ランニング、トレッドミル、屋外サイクリング、エリプティカルマシン、ローイングマシン)

PeakBeats(心拍数やトレーニング負荷などのデータを確認できる)、仮想ペーサー(過去のランニングペースと競争)、PAI健康評価システム、Amazon Alexa音声認識、ミニアプリ追加(10種類以上のミニアプリを用意)、ワンタップ測定(心拍数、血中酸素レベル、ストレスレベルをワンタップ最短45秒で同時に測定)、

文字盤のカスタマイズ、呼吸効率、睡眠アドバイス、スマートフォンの通知・メッセージ受信、スマホカメラのコントロール(Bleutooth)、音楽コントロール、カレンダー、To Doリスト、音声メモ、アラーム時計、世界時計、ストップウォッチ、ポモドーロ、天気、コンパス、懐中電灯、スマホ探索

「Xiaomi Watch S1 Active」

計測できること

血中酸素飽和度(SpO2・24時間)、心拍数(24時間・PPG バイオセンサー)、睡眠(終日・精度が35%向上)、呼吸数、ストレス、歩数、消費カロリー、距離・ペース・経路 (GPS内蔵)、健康指標、女性の健康

117種類のフィットネスモード(19のプロフェッショナルモードを含む)

機能

Alexa音声認識、アクティビティの自動検出(トレッドミル、屋外ランニングやウォーキング)、SOS発信(3 回連続でタップして緊急連絡先にすばやくダイヤル)、ウォッチフェイスの変更(200種類以上)、Bluetooth通話(ウォッチをワンタップして着信に応答または拒否)、ワンクリックでスポーツモードにアクセス、心拍数の異常アラート、リマインダー、サードパーティアプリの追加、音楽コントロール、目覚まし時計、カウントダウン、ストップウォッチ、天気、スマホ探索、メッセージ通知の受信

「Fitbit Versa 3」

計測できること

血中酸素(SpO2)、ストレスレベル、歩数、消費カロリー、距離・ペース・ルート、心拍数(PurePulse 2.0)、生理周期、睡眠、水泳ラップ(泳いだ時間の長さ)、上昇階段、VO2 Max(最大酸素摂取量・有酸素)

20種類以上のエクササイズモード(リアルタイムでデータを確認可能)

※2021年6月22日、Fitbit OS 5.2ソフトウェアアップデートで血中酸素の計測が可能になっています。

機能

Fitbit Pay(※Suicaに対応) 、スマートアラーム(睡眠が浅いときに振動で起こす)、スリープモード、ガイド付き呼吸セッション、リマインダー機能(個別にカスタマイズ可能)、SMARTTRACK(エクササイズを自動的に認識・記録)、急速充電、音楽再生(Spotify操作・Deezerで保存・再生)、Bluetooth通話

通知機能(着信、テキストメッセージの受信、カレンダーの予定、Gmail や Facebook などのアプリの通知)、クイック返信機能(Androidのみ対応)、音声返信機能、音声アシスタント(Google アシスタント/Alexa)、「スマートフォンを探す」アプリ 、マナーモード、常時画面表示、文字盤のカスタマイズ(数百種類・5つまで保存可能)

「HUAWEI WATCH FIT 2」

計測できること

ランニング能力指数測定(TruSport)、血中酸素 (SpO2)、歩数、消費カロリー、距離・ペース・移動ルート(GPS内蔵でリアルタイム)、心拍数(AIアルゴリズム・24時間リアルタイム・HUAWEI TruSee™ 4.0)、心拍アラート(異常を検知して通知)、睡眠モニタリング(HUAWEI TruSlee™ 2.0)、睡眠アドバイス(200以上)、ストレスモニタリング(HUAWEI TruRelax™テクノロジー)、月経周期

97種類のワークアウトモード(縄跳びを含む12のプロスポーツモード+85種類のカスタムワークアウトモード)

ランニングデータ(ランニング能力指数測定、距離・ペース・リアルタイムの心拍数などを音声で読み上げ)

機能

Bluetooth通話、音楽再生&保存、ウォームアップ動画(音声ガイド付き)、トレーニングプランの提案、AIランニングコーチ機能、5種衛星測位((GPS+GLONASS+BeiDou+Galileo+QZSS))、リンクベルト(ベルトを簡単に着脱)、ウォッチフェイスの作成(自分の写真を転送)、ウォッチフェイスの変更(ウォッチフェイスストアあり)、クイック返信、バイブレーションで通知

フィットネス動画(12種類のクイックワークアウトアニメーションと44種類の標準的な動作デモ)、プライベートトレーナー(12種類のクイックワークアウトをアニメーションで表示)、メッセージ通知(SMSメッセージ、着信電話、カレンダーイベントや他のSNSアプリのタイムリーな通知・振動で知らせる)、天気、アラーム、タイマー、ストップウォッチ、懐中電灯、音楽再生のコントロール(Androidスマホのみ対応)、リモートシャッター機能(EMUI 10.1以上のファーウェイスマートフォンのみ)、電池残量、専門家によるガイダンス(アドバイス)、輝度自動調整機能 、6種の常時点灯表示、5気圧防水、Bluetooth 5.2

スペックを比較

Amazfit GTS 4 Mini」と「Xiaomi Watch S1 Active」、「Fitbit Versa 3」、「HUAWEI WATCH FIT 2」のスペックを比較してみました。

「Amazfit GTS 4 Mini」のスペック

  • ディスプレイ 1.65インチ、解像度336×384ドットのAMOLEDスクリーン
    ※309ppi/画面占有率70.2%/スクウェア型/2.5D強化ガラス/反指紋コーディング
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ  不明
  • バッテリー 270mAh
  • 駆動時間 通常使用で最大15日間、省電力モードで最大45日間、ハードな使用で最大8日間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.2
  • GPS 5衛星測位 (A-GPS、GLONASS、Galileo、BeiDou、QZSS)
  • インターフェース 充電端子、回転式クラウン
  • センサー BioTracker PPG 3.0バイオメトリックセンサー(血中酸素サポート)、加速度センサー、3軸地磁気センサー、環境光センサー
  • 音声認識 Amazon Alexa
  • 操作 回転式クラウン、タッチ操作
  • 防水 5ATM(5気圧防水・水深50mの水圧で最大10分間耐えられる)
  • バンド 長さ:135~190mm、幅:20mm
  • 筐体の素材 アルミニウム合金+プラスチック
  • 対応OS Android 7.0以上、iOS 12.0以上
  • OS Zepp OS
  • サイズ 41.88 × 36.66 × 9.1 mm
  • 重量 31.2g ※バンド含む
  • カラー ミントブルー、フラミンゴピンク、ミッドナイトブラック、ムーンライトホワイト
  • 付属品 マグネット式充電ケーブル、取扱説明書

関連記事Amazfit スマートウォッチは高機能でセンスよし! 2022 最新モデル 比較

Amazonで「Amazfit GTS 4 Mini」をチェックする

楽天市場で「Amazfit GTS 4 Mini」をチェックする

ヤフーショッピングで「Amazfit GTS 4 Mini」をチェックする

AliExpressで「Amazfit GTS 4 Mini」をチェックする

米国 Amazon.comで「Amazfit GTS 4 Mini」をチェックする

「Xiaomi Watch S1 Active」のスペック

  • ディスプレイ 1.43インチ、解像度466 × 466 pxのAMOLEDスクリーン
    ※326ppi/常時オン/日光下でも見やすい
  • リフレッシュレート 60Hz
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
  • バッテリー 470mAh リチウムイオンポリマー電池
  • 駆動時間 通常使用で最大12日間、節約モードで24日間、GPSモードで30時間
  • 充電 マグネット充電
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi (2.4GHz)、Bluetooth 5.2
  • NFC 非対応
  • GPS 対応 (GLONASS、GALILEO、BDS、QZSS)
  • インターフェース 充電端子、ボタン
  • センサー 心拍数センサー(血中酸素センサー付属)、加速度センサー、ジャイロスコープ、地磁気センサー、大気センサー、環境光センサー
  • スピーカー あり
  • マイク あり
  • 防水 5ATM (5気圧防水)
  • 音声アシスタント Alexa
  • ストラップ 素材:カーフスキン/ヴィトン、調節可能:160 ~ 220 mm、カラー:イエロー、オレンジ、グリーン
  • 動作温度 -10 ℃ ~ 45 ℃
  • 筐体(フレーム) ガラス繊維強化ポリアミド
  • ストラップ 白色シリコン、黒色および青色 TPU、交換可能(イエロー、オレンジ、グリーン)
  • 言語 日本語を含むマルチ言語に対応
  • アプリ Mi Fitness アプリ(Strava、Apple Healthとのデータ同期をサポート)
  • 対応OS Android6.0以降、iOS10.0以降
  • OS Proprietary OS
  • サイズ 46.5 × 47.3 × 11 mm(ストラップおよび突起部を除く)
  • 重量 不明
  • カラー ムーンホワイト、オーシャンブルー、スペースブラック

関連記事「Xiaomi Watch S1 Active」と高コスパなスマートウォッチを徹底 比較!

Amazonで「Xiaomi Watch S1 Active」をチェックする

楽天市場で「Xiaomi Watch S1 Active」をチェックする

ヤフーショッピングで「Xiaomi Watch S1 Active」をチェックする

ビックカメラで「Xiaomi Watch S1 Active」をチェックする

AliExpressで「Xiaomi Watch S1 Active」をチェックする

米国 Amazon.comで「Xiaomi Watch S1 Active」をチェックする

「Fitbit Versa 3」のスペック

  • ディスプレイ 1.58インチ、解像度336 x336pxのAMOLED液晶
    ※40mmケース / 常時画面表示
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明 ※音楽ファイルを300 曲以上 保存可能
  • バッテリー駆動時間 6日間
  • 充電 急速充電に対応・12分で1日分のチャージが可能
  • カメラ なし・利用できません
  • ワイヤレス通信 Bluetooth
  • GPS 内蔵・利用できます
  • インターフェース 充電端子
  • スピーカー あり
  • マイク あり
  • 通話機能 搭載・ウォッチ上から電話をかけることが可能
  • 防水 50m耐水・5気圧防水
    ※プールで水泳のラップを記録・シャワーやビーチなどで利用可能
  • Fitbit Pay   対応・Suicaにも対応
  • 音声アシスタント Google アシスタント/Alexa
  • ベルト 軟なインフィニティベルト・限定コレクションをはじめとする Versa 3 のアクセサリーベルトを用意
  • アプリ FITBIT アプリ(アクティビティや睡眠、栄養、安静時の心拍数、グループチャレンジまで管理)
  • 素材 アルミニウム(ケース)
  • OS 独自OS
  • サイズ 40mmケース
  • 重量 不明
  • カラー ブラック、ゴールド(ストラップはブラック、オレンジ、ブルー)

関連記事「Fitbit Versa 3」と人気スマートウォッチを徹底 比較!

Amazonで「Fitbit Versa 3」をチェックする

楽天市場で「Fitbit Versa 3」をチェックする

ヤフーショッピングで「Fitbit Versa 3」をチェックする

ビックカメラで「Fitbit Versa 3」をチェックする

米国 Amazon.comで「Fitbit Versa 3」をチェックする

「HUAWEI WATCH FIT 2」のスペック

  • ディスプレイ 1.74インチ、解像度336 x 480ピクセルのAMOLEDタッチスクリーン
    ※336ppi/画面占有率72.2%/常時表示
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
  • バッテリー駆動時間 通常使用で10日間、ヘビーユースで約7日間
  • 充電 磁気充電、5V/1A
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.2
  • GPS 内蔵
  • NFC 非対応・利用できません
  • インターフェース 磁気充電ポート、ボタン
  • センサー 9軸IMUセンサー(加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー)、光学式心拍センサー
  • マイク 内蔵
  • 防水 5 ATM(5気圧防水)
  • 筐体の材質 アクティブモデルのフロントケース: ポリマー、リアケース: ポリマー / クラシックモデルのフロントケース: アルミニウム リアケース: ポリマー
  • OS 独自OS
  • 対応OS Android 6.0以上、iOS 9.0以上
  • サイズ 縦46 mm x 横33.5 mm x 厚さ10.8 mm
  • 手首サイズ アクティブモデルは130–210 mm、クラシックモデルは140–210 mm
  • 重量 アクティブモデルは約26 g(ベルトを含まず)、クラシックモデルは約30 g(ベルトを含まず)
  • カラー アクティブモデルはミッドナイトブラック、クラシックモデルはネビュラグレー

関連記事「HUAWEI WATCH FIT 2」と高性能スマートバンドを徹底 比較!

Amazonで「HUAWEI WATCH FIT 2」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI WATCH FIT 2」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI WATCH FIT 2」をチェックする

ビックカメラで「HUAWEI WATCH FIT 2」をチェックする

AliExpressで「HUAWEI WATCH FIT 2」をチェックする

「Amazfit GTS 4 Mini」のメリット・デメリット

Amazfit GTS 4 Mini」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・明るくワイドな1.65インチのAMOLEDスクリーン・2.5D強化ガラス・反指紋コーディングに対応

Amazfit GTS 4 Mini」は1.65インチで解像度336×384ドットAMOLEDスクリーンを搭載。ピクセル密度309ppi、画面占有率70.2%の明るくワイドな画面で、2.5D強化ガラスや反指紋コーディングにも対応しています。

一方、「Xiaomi Watch S1 Active」は1.43インチで解像度466×466pxのAMOLEDスクリーンを搭載しています。「Fitbit Versa 3」は1.58インチで解像度336x336pxのAMOLEDスクリーンを搭載しています。「HUAWEI WATCH FIT 2」は1.74インチで解像度336×480ピクセルのAMOLEDタッチスクリーンを搭載しています。

・血中酸素&VO2Maxの計測に対応・ワンタップ同時計測も利用できる

Amazfit GTS 4 Mini」はBioTracker PPG 3.0バイオメトリックセンサーを搭載し、血中酸素飽和度、心拍数、睡眠、ストレスレベルの24時間モニタリングに対応。VO2Max(最大酸素摂取量)の測定にも対応しています。また、ワンタップで心拍数、血中酸素レベル、ストレスレベルを同時に測定することが可能で、最短45秒で計測結果を表示できます。

一方、「Xiaomi Watch S1 Active」と「HUAWEI WATCH FIT 2」は血中酸素の計測に対応しています。「Fitbit Versa 3」は血中酸素&VO2Maxの計測に対応しています。

・120種類のスポーツモードに対応・自動認識にも対応

Amazfit GTS 4 Mini」は120種類以上のスポーツモードに対応し、ウォーキングやサイクリングなど7つのワークアウトを自動認識することもできます。

一方、「Xiaomi Watch S1 Active」は117種類のフィットネスモード(19のプロフェッショナルモードを含む)に対応しています。「Fitbit Versa 3」は20種類以上のエクササイズモードに対応しています。「HUAWEI WATCH FIT 2」は97種類のワークアウトモード(縄跳びを含む12のプロスポーツモード+85種類のカスタムワークアウトモード)に対応しています。

・270mAhバッテリー搭載で最大15日間駆動できる

Amazfit GTS 4 Mini」は270mAhバッテリーを搭載し、通常使用で最大15日間、省電力モードで最大45日間駆動することができます。また、充電はマグネット式のケーブルが利用できます。

一方、「Xiaomi Watch S1 Active」は470mAhバッテリー搭載で通常使用で最大12日間、節約モードで24日間、GPSモードで30時間駆動できます。「Fitbit Versa 3」は6日間駆動できるバッテリーを搭載しています。「HUAWEI WATCH FIT 2」は通常使用で10日間、ヘビーユースで約7日間駆動できるバッテリーを搭載しています。

・5衛星測位

Amazfit GTS 4 Mini」は本体にGPSセンサーを内蔵。5衛星測位 (A-GPS、GLONASS、Galileo、BeiDou、QZSS)に対応し、距離やペース、ルートなどを画面上に表示できます。

一方、「Xiaomi Watch S1 Active」は5衛星測位(A-GPS、GLONASS、Galileo、BeiDou、QZSS)に対応しています。「Fitbit Versa 3」と「HUAWEI WATCH FIT 2」はGPS内蔵ですが5衛星測位には対応していません。

・Amazon Alexa音声認識に対応

Amazfit GTS 4 Mini」はAmazon Alexa音声アシスタントに対応。音声だけでニュースや交通状況の確認、スマート家電の操作などが行えます。

一方、「HUAWEI WATCH FIT 2」は音声アシスタントに対応していません。「Xiaomi Watch S1 Active」はAlexa音声アシスタントに対応しています。「Fitbit Versa 3」はGoogle アシスタントとAlexaに対応しています。

・5気圧防水に対応

Amazfit GTS 4 Mini」は5気圧防水に対応。水深50mの水圧で最大10分間耐えることが可能で、屋内のプールスイミングでも使用できます。

一方、「Xiaomi Watch S1 Active」、「Fitbit Versa 3」、「HUAWEI WATCH FIT 2」も5気圧防水に対応しています。

・Zepp OS搭載でミニアプリを追加できる

Amazfit GTS 4 Mini」はOSにZepp OSを採用。10種類以上のミニアプリを用意し、必要なものを自分で追加することができます。

一方、「Xiaomi Watch S1 Active」、「Fitbit Versa 3」、「HUAWEI WATCH FIT 2」は複数のミニアプリを追加することができません。

デメリット

・電子マネー決済に対応していない

Amazfit GTS 4 Mini」はNFCに非対応で、Suicaなどの電子マネー決済が利用できません。

一方、「Fitbit Versa 3」はSuicaの電子マネー決済に対応しています。「Xiaomi Watch S1 Active」と「HUAWEI WATCH FIT 2」はSuicaの電子マネー決済に対応していません。

「Amazfit GTS 4 Mini」の評価

Amazfit GTS 4 Mini」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

2021年10月に発売された「Amazfit GTS 3」の後継モデルになります。

1.65インチのAMOLEDスクリーンや最大15日間駆動できるバッテリーを搭載。本体にGPSセンサーを内蔵し、5衛星測位に対応しているため、より正確な位置情報を取得することができます。

また、血中酸素&VO2Maxの計測に対応。ワンタップで心拍数、血中酸素レベル、ストレスレベルを同時に測定・表示することもできます。そのほか、Amazon Alexa音声アシスタントに対応。Zepp OS搭載でミニアプリも追加できます。

発売時の価格は16,800円。一万円台で購入できるコスパの高いスマートウォッチを探している人におすすめです。

「Amazfit GTS 4 Mini」の販売・購入先

Amazfit GTS 4 Mini」は、

Amazonで16,800円、

楽天市場で13,440円 (税込・送料無料)、

ヤフーショッピングで16,800円 (税込・送料無料)、

AliExpressでUS $103.99、

米国 Amazon.comで$119.99、

で販売されています。

Amazonで「Amazfit GTS 4 Mini」をチェックする

楽天市場で「Amazfit GTS 4 Mini」をチェックする

ヤフーショッピングで「Amazfit GTS 4 Mini」をチェックする

AliExpressで「Amazfit GTS 4 Mini」をチェックする

米国 Amazon.comで「Amazfit GTS 4 Mini」をチェックする

 

 

 

他のスマートウォッチと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「HUAWEI WATCH GT 3 SE

★「Google Pixel Watch

★「FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION

第2世代「Apple Watch SE」

★「Garmin Venu Sq 2

★「Fitbit Versa 4

Xiaomi Watch S1 Active

Fitbit Versa 3

HUAWEI WATCH FIT 2

Galaxy Watch5 /Pro

HUAWEI WATCH GT 3

Xiaomi Mi Band 7」(スマートバンド)

Huawei band 7」(スマートバンド)

FOSSIL Gen 6 Hybrid

Garmin VENU SQ

Apple Watch SE

他のAmazfitスマートウォッチと比較

他にもAmazfitスマートウォッチが販売されています。ぜひ比較してみてください。

Amazfit スマートウォッチは高機能でセンスよし! 2022 最新モデル 比較

Amazfit スマートウォッチは高機能でセンスよし! 2022 最新モデル 比較

その他のおすすめスマートウォッチは?

その他のおすすめスマートウォッチは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

【2022年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

最新のスマートウォッチをまとめて紹介しています。

スポーツ&健康管理に使えるスマートバンド 最新 機種 まとめ

最新のリストバンド(活動量計)をまとめて紹介しています。

アウトドアで使えるタフなスマートウォッチ 全機種を比較

アウトドアで使えるタフスマートウォッチをまとめて紹介しています。

ガーミンのスマートウォッチ 買うならどれ? 人気モデルを比較 

Garminスマートウォッチをまとめて紹介しています。

Fitbitスマートウォッチが人気上昇! 全モデルを比較

Fitbitのスマートウォッチをまとめて紹介しています。

<3G・4G対応のAndroidスマートウォッチ>

3G・4G対応で通話できるAndroidスマートウォッチ まとめ