「Amazfit GTR 2e」と最新スマートウォッチを徹底 比較!


2021年2月に発売された「Amazfit GTR 2e」と最新スマートウォッチを徹底 比較して紹介!価格や計測できること・機能、スペックの違いをはじめ、メリット・デメリットも紹介します。

※2021年2月、スクウェアデザインの「Amazfit GTS 2e」も発売されました。

※2020年11月から「Amazfit GTR 2」も発売されています。

「Amazfit GTR 2e」の特徴

Amazfit GTR 2e」の特徴をまとめてみました。

24日間バッテリー・AMOLED液晶・常時表示

Amazfit GTR 2e」は通常使用で24日間駆動する471mAhバッテリーを搭載。14日間だった前モデル「Amazfit GTR」よりも10日間も長く駆動することができます。また、 1.39インチ、解像度454 x 454 pxのAMOLED液晶を搭載。ベゼルレスで通知も見やすく表示できるほか、常時表示にも対応しています。

90種類のスポーツモード・温度センサー&血中酸素

Amazfit GTR 2e」は90種類のスポーツモードに対応。特定のスポーツ モードを有効にすることで、運動終了後に自動で分析レポートを生成し、専用アプリ「Zepp App」上でデータを確認することができます。また、前モデル「Amazfit GTR」にはなかった「温度センサー」を新たに搭載。体の異常をすばやく検知できる「血中酸素飽和度(SpO2)」の計測やアルゴリズムによって健康状態をスコアで分かりやすく表示する「PAI 健康評価システム」も利用できます。

3色カラー・2.5D曲面ガラス・50種ウォッチフェイス

Amazfit GTR 2e」はブラックだけだった前モデル「Amazfit GTR」と違い、グリーン、グレイ カラーも用意。ボディは3D曲面のステンレスボディから2.5D曲面のアルミ合金デザインに変更され、よりスタイリッシュな外観になっています。そのほか、数10種類のウォッチフェイスかを用意。ショートカットカード機能(スワイプでイベント、天気、音楽、およびバックグラウンドアプリにすばやくアクセス)や触覚振動、パスワードロックなど便利な機能も利用できます。

公式ページ
https://www.amazfit.com/en/gtr2e.html

価格を比較

Amazfit GTR 2e」と、「Mi Watch Lite」、「Garmin VENU SQ」、「HUAWEI WATCH GT 2e」の価格を比較してみました。

「Amazfit GTR 2e」

Amazfit GTR 2e」は、Amazonで20,800円、楽天市場で20,800円 (税込・2,080ポイント)、ヤフーショッピングで20,800円、AliExpressでUS $139.99、GearBestで18446 円、米国Amazon.comで$139.99 (日本発送は+ $9.08)で販売されています。

「Mi Watch Lite」

Mi Watch Lite」は、Amazonで7,480円、楽天市場で7,999円 (税込・200円OFFクーポン付き)、ヤフーショッピングで7,999円(税込・送料無料)、Banggoodで7,574円、AliExpressでUS $58.99 – 63.99、GearBestで7576 円、で販売されています。

「Garmin VENU SQ」

Garmin VENU SQ」は、Amazonで22,745円、楽天市場で24,800円 (税込)、ヤフーショッピングで24,824円 (税込)、ビックカメラで27,280円 (税込) (税込・2,728ポイント)、米国 Amazon.comで$194.98 (日本発送は+ $21.06)、で販売されています。

「HUAWEI WATCH GT 2e」

HUAWEI WATCH GT 2e」は、Amazonで19,430円、楽天市場で19,800円 (税込)、ヤフーショッピングで19,800円、ビックカメラで21,780円 (税込・2,178ポイント)、Banggoodで20,587円、AliExpressでUS $166.99 – 169.09、GearBestで15418 円で販売されています。

計測できること・機能を比較

Amazfit GTR 2e」と、「Mi Watch Lite」、「Garmin VENU SQ」、「HUAWEI WATCH GT 2e」の計測できること・機能を比較してみました。

「Amazfit GTR 2e」

計測できること

血中酸素飽和度(SpO2)、心拍数(アルゴリズム採用・24時間モニタリング)、睡眠(浅い、深い、REM急速な眼球運動を計測)、ストレス、消費カロリー、歩数、距離・ペース(※GPSセンサーあり)

90種類のスポーツモード

機能

常時表示、ショートカットカード機能(スワイプでイベント、天気、音楽、およびバックグラウンドアプリにすばやくアクセス)、触覚振動、「PAI 健康評価システム」、「心臓の健康検出」機能、Bluetooth通話機能、Amazon Alexa、オフラインの音声アシスタント、音楽再生(単体で可能)、ウォッチフェイスの変更(50種類のウォッチフェイスから選択可能)、心拍数アラート(異常を検知)、画面の180度回転、パスワードロック、アラーム、イベント、タイマー、天気予報

「Mi Watch Lite」

計測できること

心拍数(アルゴリズム採用・24時間モニタリング)、睡眠(浅い、深い、REM急速な眼球運動を計測)、ストレス、呼吸、消費カロリー、歩数、距離・ペース・ルート(GPSセンサーあり)

11種類のスポーツモード(屋外ランニング、トレッドミル、屋外サイクリング、オープンウォータースイミング、フリースタイル、プールスイミング、クリケット、トレッキング、トレイルラン、ウォーキング、屋内サイクリング)

機能

心拍アラート、ウォッチフェイスの変更(120種類以上/絵文字)、通知、天気、時計、アラーム、懐中電灯、音楽再生コントロール、スマホ探索、ストップウォッチ

「Garmin VENU SQ」

計測できること

歩数、消費カロリー、距離・ルート・ペース(GPS内蔵)、VO2 max(最大酸素摂取量)/フィットネス年齢、心拍数、睡眠、ストレスレベル、呼吸数、ブレスワーク、生理周期、水分補給、スポーツモード(20種類・アプリ内蔵)

機能

Garmin Pay(Suicaに対応)、GARMIN COACH(ランニングコーチからアドバイス)、Body Battery エネルギーモニタリング、セーフティ機能(事故検知機能)、音楽再生(Musicモデルのみ対応)、通知(電子メールやテキスト、アラートを受信)、Move IQ、オリジナルワークアウトの作成・ダウンロード、CONNECT IQストア(アプリやウィジェット、ウォッチフェイスなどをダウンロード)、常時表示

「HUAWEI WATCH GT 2e」

計測できること

血中酸素飽和度(SpO2)、心拍数(HUAWEI TruSeen 3.5)、睡眠(HUAWEI TruSleep 2.0) 、ストレス(HUAWEI TruRelax)、VO2max、歩数 、 消費カロリー 、距離、ルートトラッキング

※2021年2月のアップデートで血中酸素飽和度(SpO2)も計測できるようになりました。

機能

ワークアウト自動識別、ライブウォッチフェイス、天気の表示、リモート撮影(EMUI 10.1以降)、ウォッチフェイスのデザイン変更(スマホ写真も可)、音楽再生(※Bluetoothイヤホンとペアリングが必須)、通知(着信、SMSメッセージ、メール、カレンダーなど)、天気情報、アラーム、タイマー、懐中電灯など、常時表示

スペックを比較

Amazfit GTR 2e」と、「Mi Watch Lite」、「Garmin VENU SQ」、「HUAWEI WATCH GT 2e」のスペックを比較してみました。

「Amazfit GTR 2e」のスペック

  • ディスプレイ  1.39インチ、解像度454 x 454 pxのAMOLED液晶
    ※326 ppi/2.5D/ベゼルレスガラス/ 常時表示
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
    ※300〜600のお気に入りの曲をスマートフォンからウォッチ上に転送可能
  • バッテリー 471mAh
  • 駆動時間 通常使用で24日間、スタンバイで45日間
  • 充電 磁気充電スタンド・充電時間 約2.5時間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0 / BLE
  • GPS 対応・GPS + GLONASS
  • インターフェース  充電端子
  • センサー 温度センサー、GPSセンサー、Huamiが自社開発したBioTracker 2 PPG(血中酸素をサポート)、生物学的センサー(移動)気圧センサー、加速度センサー、ジャイロスコープセンサー、3軸地磁気センサー、環境光センサー
  • 防水 5気圧防水
  • ケースの素材 アルミニウム合金
  • ストラップ 素材:シリコン、ベルト幅:22mm、ストラップクラスプ:Classic pin buckle
  • マイク 搭載・利用できます
  • スピーカー 非搭載・利用できません
  • リニアモーター サポート
  • アプリ Zepp App
  • 対応OS Android5.0またはiOS10.0以降
  • OS  独自OS
  • サイズ 46.5 x  46.5  x  10.8mm
  • 重量 32 g (ストラップなし)
  • カラー  ブラック(Obsidian Black)、グリーン(Matcha Green)、グレイ(Slate Grey)

関連記事【2020年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

Amazonで「Amazfit GTR 2e」をチェックする

楽天市場で「Amazfit GTR 2e」をチェックする

ヤフーショッピングで「Amazfit GTR 2e」をチェックする

AliExpressで「Amazfit GTR 2e」をチェックする

GearBestで「Amazfit GTR 2e」をチェックする

米国Amazon.comで「Amazfit GTR 2e」をチェックする

「Mi Watch Lite」のスペック

  • ディスプレイ 1.4インチ、解像度320×320 pxのTFT液晶
    ※バックライト/ 最小 350nit (typ)/NTSC 60% (typ) /323ppi/LCD
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
  • バッテリー 230 mAh
  • 駆動時間 通常使用で最大9日間、GPSスポーツモーで 10時間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0
  • GPS 対応・A-GPS / GLONASS
  • インターフェース 充電端子
  • センサー 6軸センサー、3軸加速度センサー、3軸ジャイロスコープ、心拍センサー、Lセンサー、コンパス、気圧計 (高度計)、GPS
  • ストラップ素材 TPU
  • 防水  5ATM(5気圧防水・50m防水)
    ※水仕事や水上スポーツ(水泳・ヨット・釣りなど)に耐えられるレベル
  • 言語 日本語を含むマルチ言語に対応
  • アプリ Xiaomi Wear / Xiaomi Wear Lite
  • OS 独自OS
  • 対応OS Android 5.0 および iOS 10 以降
  • サイズ 41mm x 35mm x 10.9mm (心拍センサー部11.9mm)
  • 重量 35g (ストラップ付き)、21g (ストラップなし)
  • カラー ブラック ※ストラップはピンク、アイボリー、ブラック、ネイビー、ブルー、オリーブの5色を用意
  • ストラップ 幅20mm / TPU 素材
  • 付属品 ストラップ ×1 | 専用充電ドック ×1 | ユーザーマニュアル ×1

関連記事「Mi Watch Lite」と高コスパなスマートウォッチを徹底比較!

Amazonで「Mi Watch Lite」をチェックする

楽天市場で「Mi Watch Lite」をチェックする

ヤフーショッピングで「Mi Watch Lite」をチェックする

米国Amazon.comで「Mi Watch Lite」をチェックする

Banggoodで「Mi Watch Lite」をチェックする

AliExpressで「Mi Watch Lite」をチェックする

GearBestで「Mi Watch Lite」をチェックする

「Garmin VENU SQ」のスペック

  • ディスプレイ 1.3インチ、解像度240x240pxのタッチフルカラー液晶
    ※33.1mm / LCD/ Corning Gorilla Glass 3/常時表示モード
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
    ※VENU SQ MusicはSpotifyやAmazon Music、LINE Musicなどのストリーミング配信サービスの楽曲とプレイリストをローカルにダウンロード可能。最大500曲まで保存できる
  • バッテリー駆動時間 スマートウォッチモード:約6日間、GPS+音楽モード:約6時間、GPSのみ:約14時間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth
  • GPS 内蔵・GLONASS/みちびき(補完信号)/Galileo
  • Garmin Pay 対応・「Suica」対応・使用できるデビットカードは三菱UFJ銀行の「三菱UFJ-VISAデビットカード」、JAPANネット銀行の「JNB Visaデビットカード」、ソニー銀行の「Sony Bank WALLET」
  • インターフェース 充電端子
  • ストラップ クイックリリースバンド・20mm
  • 防水 5 ATM・5気圧防水・50m防水
  • 内蔵スポーツアプリ 20+
  • OS 独自OS
  • サイズ 33.1mm
  • 重量 37.6g
  • カラー VENU SQ:Shadow Gray/Slate、White/Light Gold、Orchid/Metallic Orchid
    ※VENU SQ Music:Black/Slate、Light Sand/Rose Gold、Navy/Light Gold、Moss/Slate

関連記事「Garmin VENU SQ」と高コスパ スマートウォッチを徹底 比較! 

Amazonで「Garmin VENU SQ」をチェックする

楽天市場で「Garmin VENU SQ」をチェックする

ヤフーショッピングで「Garmin VENU SQ」をチェックする

ビックカメラで「Garmin VENU SQ」をチェックする

米国 Amazon.comで「Garmin VENU SQ」をチェックする

「HUAWEI WATCH GT 2e」のスペック

  • ディスプレイ 1.39インチ、解像度 454 x 454 pxのAMOLEDタッチスクリーン液晶
    ※HD / タッチ・スライド操作に対応 / 有機EL
  • プロセッサ(チップセット) HUAWEI Kirin A1
  • ストレージ 搭載・最大500曲を転送可能
  • バッテリー駆動時間 約2週間               ※デュアルチップ設計と省電力アルゴリズム2.0を採用
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.1 (BLE / BR / EDR)、GPS(GLONASS対応)
  • インターフェース 磁気充電ポート
  • センサー 加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサー
  • 対応OS Android 4.4 +、iOS 9.0 +
  • 防水防塵 5ATM・50m防水・5気圧防水
  • サイズ 53 (W) x 46.8 (H) x 10.8 (D) mm
  • 重量 約43 g(バンドを含まず)
  • カラー グラファイトブラック、ラヴァーレッド、ミントグリーン、アイスホワイト
  • ケースのカラー:ブラックステンレスカラー、ステンレスカラー
  • ケースの素材:金属(ステンレスフレーム)+プラスチック
  • ベルト ブラックフルオロエラストマーストラップ、レッド&ブラックTPUストラップ、グリーン&ブラックTPUストラップ、ホワイトフルオロエラストマーストラップ
  • 付属品 充電クレードル x 1、充電ケーブル x 1、クイックスタートガイドと保証とアフターサービスのご案内 x 1
  • 発売日 2020年4月17日

関連記事「HUAWEI WATCH GT 2e」と人気スマートウォッチを徹底 比較!

Amazonで「HUAWEI WATCH GT 2e」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI WATCH GT 2e」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI WATCH GT 2e」をチェックする

ビックカメラで「HUAWEI WATCH GT 2e」をチェックする

Banggoodで「HUAWEI WATCH GT 2e」をチェックする

AliExpressで「HUAWEI WATCH GT 2e」をチェックする

GearBestで「HUAWEI WATCH GT 2e」をチェックする

「Amazfit GTR 2e」のメリット・デメリット

Amazfit GTR 2e」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・1.39インチのAMOLED液晶・常時表示に対応

Amazfit GTR 2e」は1.39インチ、解像度454 x 454 pxのAMOLED液晶を搭載。2.5Dのベゼルレスデザインで常時表示にも対応しています。

一方、「Mi Watch Lite」は1.4インチで解像度320×320 pxのTFT液晶を搭載、「Garmin VENU SQ」は1.3インチで解像度240x240pxのタッチフルカラー液晶(常時表示)、「HUAWEI WATCH GT 2e」は1.39インチで解像度 454 x 454 pxのAMOLEDタッチスクリーン液晶(常時表示)を搭載しています。

・471mAhバッテリーで24日間駆動できる

Amazfit GTR 2e」は471mAhバッテリー搭載で、通常使用で24日間、スタンバイで45日間駆動できます。

一方、「Mi Watch Lite」は230 mAhバッテリー搭載で通常使用で最大9日間、GPSスポーツモーで 10時間駆動することができます。「Garmin VENU SQ」はスマートウォッチモード:約6日間、GPS+音楽モードで約6時間、GPSのみで約14時間駆動することができます。「HUAWEI WATCH GT 2e」は約2週間駆動することができます。

・血中酸素飽和度(SpO2)&VO2max(最大酸素摂取量)を計測できる

Amazfit GTR 2e」は血中酸素飽和度(SpO2)の計測に対応し、体の異常をすばやく察知できます。また、VO2max(最大酸素摂取量)の計測に対応し、トレーニングでどれだけ体力がついたか確認することができます。

一方、「Mi Watch Lite」は血中酸素飽和度(SpO2)やVO2maxを計測することができません。「Garmin VENU SQ」はVO2 max(最大酸素摂取量)の計測に対応しています。「HUAWEI WATCH GT 2e」は血中酸素飽和度(SpO2)とVO2 max(最大酸素摂取量)の計測に対応しています。

・Bluetooth 5.0&GPS通信に対応

Amazfit GTR 2e」はBluetooth 5.0に対応し、スムーズにスマートフォンやワイヤレスイヤフォンと接続できます。また、GPSセンサーを搭載し、単体で距離やペース、ルートを計測できます。

一方、「Mi Watch Lite」はBluetooth 5.0&GPS(A-GPS / GLONASS)に対応しています。「Garmin VENU SQ」はBluetooth&GPS(GLONASS/みちびき/Galileo)に対応しています。「HUAWEI WATCH GT 2e」はBluetooth 5.1とGPS(GLONASS対応)に対応しています。

・スピーカー&マイク搭載で通話もできる

Amazfit GTR 2e」はスピーカー&マイク搭載でスマートフォンにかかってきた電話をウォッチ上で受けて通話することができます。

一方、「Mi Watch Lite」、「Garmin VENU SQ」、「HUAWEI WATCH GT 2e」はスピーカー&マイクを搭載していないため、単体で通話することができません。

・Amazon Alexaで音声操作できる

Amazfit GTR 2e」はAmazon Alexa対応で音声だけで通話することができます。

一方、「Mi Watch Lite」、「Garmin VENU SQ」、「HUAWEI WATCH GT 2e」は音声操作に対応していません。

・90種類のスポーツモードに対応

Amazfit GTR 2e」は90種類のスポーツモードに対応し、任意のアクティビティを計測することができます。

一方、「Mi Watch Lite」は11種類のスポーツモードに対応しています。「Garmin VENU SQ」は20種類のスポーツモードに対応しています。 「HUAWEI WATCH GT 2e」は15種類のワークアウトモードに対応しています。

デメリット

・Wi-Fi通信に非対応

Amazfit GTR 2e」はWi-Fi通信に対応していません。前モデル「Amazfit GTR 2」はWi-Fi通信に対応していました。

一方、「Mi Watch Lite」、「Garmin VENU SQ」、「HUAWEI WATCH GT 2e」もWi-Fi通信に対応していません。

・NFCに非対応で電子マネー決済が利用できない

Amazfit GTR 2e」はNFCに非対応で電子マネー決済が利用できません。

一方、「Garmin VENU SQ」はNFC対応でSuicaによる電子マネー決済が利用できます。「Mi Watch Lite」と「HUAWEI WATCH GT 2e」はNFCに非対応で電子マネー決済が利用できません。

「Amazfit GTR 2e」の販売・購入先

Amazfit GTR 2e」は、

Amazonで20,800円、

楽天市場で20,800円 (税込・2,080ポイント)、

ヤフーショッピングで20,800円、

AliExpressでUS $139.99、

GearBestで18446 円、

米国Amazon.comで$139.99 (日本発送は+ $9.08)、

で販売されています。

Amazonで「Amazfit GTR 2e」をチェックする

楽天市場で「Amazfit GTR 2e」をチェックする

ヤフーショッピングで「Amazfit GTR 2e」をチェックする

AliExpressで「Amazfit GTR 2e」をチェックする

GearBestで「Amazfit GTR 2e」をチェックする

米国Amazon.comで「Amazfit GTR 2e」をチェックする

 

他のスマートウォッチと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Amazfit GTS 2e

Mi Watch Lite

Garmin VENU SQ

HUAWEI WATCH GT 2e

Amazfit GTS 2

Fitbit Versa 3

Apple Watch SE

Mi Watch

UMIDIGI Uwatch 3S

Galaxy Watch3

★「Amazfit GTR 2

その他のおすすめスマートウォッチは?

その他のおすすめスマートウォッチは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

【2020年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

最新のスマートウォッチをまとめて紹介しています。

スポーツ&健康管理に使えるスマートバンド 最新 機種 まとめ

最新のリストバンド(活動量計)をまとめて紹介しています。

ガーミンのスマートウォッチ 買うならどれ? 人気モデルを比較 

ガーミンのスマートウォッチをまとめて紹介しています。

Fitbitスマートウォッチが人気上昇! 全モデルを比較

Fitbitのスマートウォッチをまとめて紹介しています。