「Amazfit Band 5」と激安スマートバンドを徹底 比較!


5千円台で販売されている「Amazfit Band 5」と激安スマートバンドを徹底 比較して紹介! 価格や計測できること・機能、スペックの違いをはじめ、メリット・デメリットも紹介します。

※2020年10月から「Amazfit Neo」も発売されています。

※2020年11月から「Amazfit Bip U」も発売されています。

「Amazfit Band 5」の特徴

Amazfit Band 5」の特徴をまとめてみました。

HDカラー液晶・15日間駆動ののロングバッテリー

Amazfit Band 5」は1.1 インチ、解像度 126×294 pxのフル カラー AMOLED液晶を搭載。計測したデータやLINEなどのSNSアプリやGmailなどの通知も見やすく表示できます。また、標準的な使用で 15 日間連続して駆動できるバッテリーを搭載。省電力モードなら 25 日間、スタンバイなら90 日間駆動することもできるため、頻繁に充電する手間がかかりません。

PAI健康評価システム・11種類のスポーツモード

Amazfit Band 5」はPAI健康評価システムも採用し、アルゴリズムを使用して心拍数データ、活動時間、その他の健康データなどの複雑な情報をスコアで分かりやすく表示することができます。また、Huami 独自の生物学的光学追跡センサー、BioTracker ™2を搭載。リアルタイムでの心拍数のモニタリング、日中の20分の昼寝も監視する睡眠モニタリング、ストレスモニタリングなども快適に行えます。そのほか、11種類のスポーツモードを搭載。ランニング、サイクリング、水泳、ヨガなどのアクティビティを計測することができます。

Alexa音声認識・呼吸エクササイズ・文字盤カスタマイズ

Amazfit Band 5」はAmazonのAlexa音声認識に対応(※アップデート予定)。音声でニュースや天気、交通状況を確認することができます。また、呼吸エクササイズ(呼吸パターンでリラックス)、アイドルアラート機能(座りすぎ防止)、スマホの音楽コントロールなど便利な機能を搭載。45個以上の文字盤から好みのものを選択したり、自分で撮った写真をアップロードしたりしてウォッチフェイスをカスタマイズすることもできます。

公式ページ
Amazfit Band 5 https://www.amazfit.com/jp/band5.html

価格を比較

Amazfit Band 5」と、「Xiaomi Mi Band 5」、「Galaxy Fit2」、「Honor Band 5」の価格を比較してみました。

「Amazfit Band 5」

Amazfit Band 5」は、Amazonで6,282円(325円OFFクーポン付き)、楽天市場で6,980円 (税込)、ヤフーショッピングで6,980 円、AliExpressでUS $49.99、米国 Amazon.comで$39.99(日本発送は合計で $50.41)、GearBestで6350 円で販売されています。

「Xiaomi Mi Band 5」

Xiaomi Mi Band 5」は、Amazonで3,700円、楽天市場で4,680円 (税込)、ヤフーショッピングで4,690 円、Banggoodで4,442円、GearBestで3029 円、AliExpressでUS $25.99 – 30.99、米国Amazon.comで$34.90 (日本発送は+$9.61)で販売されています。

「Galaxy Fit2」

Galaxy Fit2」は、Amazonで5,909円、楽天市場で59,10円 (税込)、ヤフーショッピングで6,499円、ビックカメラで6,500円 (税込・650ポイント)、米国 Amazon.comで$49.99 (日本発送は+ $10.64)で販売されています。

「Honor Band 5」

Honor Band 5」は、Amazonで3,799円、楽天市場で4,260円 (税込)、ヤフーショッピングで3,999円 (税込)、AliExpressでUS $28.99 – 31.88、Banggoodで4,406円、GearBestで 3833 円 で販売されています。

計測できること・機能を比較

Amazfit Band 5」と、「Xiaomi Mi Band 5」、「Galaxy Fit2」、「Honor Band 5」の計測できること・機能を比較してみました。

「Amazfit Band 5」

計測できること

消費カロリー、距離・速度・ペース(GPSセンサーなし)、心拍数(24時間リアルタイム)、睡眠(浅い、深い、レムなど)、ストレス、月経周期

11種類のスポーツモード

機能

PAI健康評価システム(Huami 独自の BioTrackerTM2 PPG バイオトラッキング光学センサー搭載)、心拍アラート(異常を知らせる)、Amazon Alexa 音声認識(※OTA アップデート予定)、メッセージ通知機能(SMS、LINEなどのSNSアプリ、Gmailなど)、

呼吸エクササイズ(呼吸パターンでリラックス)、アイドルアラート機能(座りすぎ防止)、タイマー機能、スマートフォンミュージックコントロール機能、スマートフォンカメラリモートコントロール機能、ストップウォッチ機能、世界時計・アラーム機能、

スマホ探索機能、カウントダウン機能、天気予報機能、イベントのお知らせ、ウォッチフェイスのカスタマイズ(45個以上の文字盤、2個のカスタマイズ可能な文字盤、独自の写真をアップロード)

「Xiaomi Mi Band 5」

計測できること

SpO2測定(血中酸素濃度)、ストレス、歩数、消費カロリー、移動距離、心拍数、睡眠の質(※精度が40%向上・24時間)、女性の健康状態、スポーツモード(11種類)

機能

Amazon Alexa(グローバル版のみ)、テーマ変更(100種類以上からカスタマイズ可能)、リモートシャッター機能(スマホカメラを操作)、磁気充電(ストラップをつけたまま充電可能)、NFC、Google Pay(グローバル版のみ)、目覚まし時計、タイマー機能、天気や時計の表示、11種類のトレーニングモード、リマインダー機能、センサーの向上(PPG心拍数センサーが24時間監視・睡眠監視の精度が40%向上)、ストレスモニタリング機能、深呼吸や休息を勧める機能

「Galaxy Fit2」

計測できること

歩数、消費カロリー、睡眠、心拍数、ストレスレベル、運動時間

機能

5種類のエクササイズを自動検出(ランニング、ウォーキング、ダイナミックトレーニング、エリプディカルトレーナー、ローイングマシン)、手洗いリマインダー(手洗いの時間もカウント)、睡眠アドバイス、ウォッチフェイスの変更(70種類以上)、通知、返信、音楽コントロール

「Honor Band 5」

計測できること

SpO2測定(血中酸素濃度)、歩数計、カロリー消費、移動経路、睡眠(HUAWEI TruSleepモニタリング技術)、心拍数(TruSeen3.5)、平均SWOLF、不整脈、スポーツモード(10種類)

機能

着信通知、着信拒否、スマホ探索、時刻、Eメール、SNS通知、振動アラーム、スマートアラーム、タイマー、睡眠の質向上のアドバイス(AI技術が6種類の睡眠問題を正確に識別し、200以上のアドバイス)、カメラのリモートコントロール

スペックを比較

Amazfit Band 5」と、「Xiaomi Mi Band 5」、「Galaxy Fit2」、「Honor Band 5」のスペックを比較してみました。

「Amazfit Band 5」のスペック

  • ディスプレイ 1.1 インチ、解像度 126×294 pxのフル カラー AMOLED液晶
    ※タッチ スクリーン2.5D ガラス + 指紋付着防止コーティング
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
  • バッテリー駆動時間 スタンバイで90 日間、標準的な使用で 15 日間、省電力モードで 25 日間
  • 充電  クリップ / 2 ピン Pogo ピン
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0
  • インターフェース 充電端子
  • センサー BioTracker TM2 PPG バイオトラッキング光学、3 軸加速度センサー | 3 軸ジャイロスコープ センサー
  • 本体の素材 ポリカーボネート
  • ストラップ 素材:肌に優しい TPU、長さ:162-235mm、幅:15.55mm
  • 防水 5 ATM・5気圧防水
  • OS 独自OS
  • 対応OS Android 5.0 以降、iOS 10.0 以降
  • サイズ 47.2 x 18.5 x 12.4mm
  • 重量 24g (ストラップ込み)、12g (ストラップ除く)
  • カラー オリーブ、オレンジ、ミッドナイトブラック
  • 付属品 クリップ ドック、ユーザー マニュアル
  • 発売日 2020年9月25日にAmazon.co.jpで販売開始

関連記事Amazfit スマートウォッチは高機能でセンスよし! 2021 最新モデル 比較

Amazonで「Amazfit Band 5」をチェックする

楽天市場で「Amazfit Band 5」をチェックする

ヤフーショッピングで「Amazfit Band 5」をチェックする

Banggoodで「Amazfit Band 5」をチェックする

GearBestで「Amazfit Band 5」をチェックする

AliExpressで「Amazfit Band 5」をチェックする

「Xiaomi Mi Band 5」のスペック

  • ディスプレイ 1.2インチのOLED(カラー有機EL)液晶
  • スポーツモード  11種類
  • センサー PPG心拍数センサー、三軸加速度センサー、三軸ジャイロセンサー
  • 通信 Bluetooth 5.0
  • アプリ 「Mi Fit」
  • 防水 5気圧 防水(水深50mまで)
    ※水泳のトラッキングも可
  • バッテリー 1回の充電で約14日間 駆動
  • 充電   USB Type-C経由での充電
  • NFC 対応(※NFCモデルのみ・NFCに非対応のモデルも発売される)
  • Google Pay 対応(グローバル版のみ) ※中国版はUnionPayモバイル決済
  • 音声認識 Amazon Alexa 対応(グローバル版のみ) ※中国版はAIアシスタント「XiaoAI」
  • サイズ 不明
  • 重量 不明
  • 本体カラー ブラック
  • ストラップのカラー ブラック、イエロー、グリーン、オレンジ
  • 発売日 中国版は2020年6月18日・グローバル版は7月に発売

関連記事「Xiaomi Mi Band 5」と激安スマートバンドを徹底 比較!

Amazonで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

楽天市場で「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

ヤフーショッピングで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

Banggoodで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

GearBestで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

AliExpressで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

Geekbuyingで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

「Galaxy Fit2」のスペック

  • 型番 SM-R220NZKAXJP/SM-R220NZRAXJP
  • ディスプレイ 1.1インチのフルカラーAMOLED液晶
    ※3Dガラス
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ)  不明
  • ストレージ なし・搭載していません
  • バッテリー 159mAh
  • 駆動時間 通常使用で最大15日間、バッテリー消費を抑えた使い方で最大21日間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth
  • インターフェース POGO端子
  • センサー 心拍数、加速度、ジャイロ
  • 防水 5気圧防水(5ATM)
  • アプリ S Healthアプリ
  • 対応OS   Android 5.0以上、RAM 1.5GB以上、iOS 10以上、iPhone 7以上
  • OS なし
  • サイズ 46.6 x 18.6 x 11.1 mm
  • 重量 21g
  • カラー ブラック、スカーレット

関連記事「Galaxy Fit2」と最新スマートバンドを徹底 比較!

Amazonで「Galaxy Fit2」をチェックする

楽天市場で「Galaxy Fit2」をチェックする

ヤフーショッピングで「Galaxy Fit2」をチェックする

ビックカメラで「Galaxy Fit2」をチェックする

米国 Amazon.comで「Galaxy Fit 2」をチェックする

「Honor Band 5」のスペック

  • ディスプレイ  0.95インチ、解像度:240 x 120ピクセルのAMOLED カラータッチスクリーン液晶(2.5Dのガラス)
  • RAM(メモリ)  384KB
  • ROM(ストレージ)1MB
  • スポーツモード 10種類
  • バッテリー 100mAh
  • 駆動時間  最大14日間(スタンバイ時間:14-20日)
  • 充電  2 PIN充電ポート
  • 充電時間  約100分(周囲温度25°C未満)
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 4.2
  • センサー  6軸IMUセンサー(加速度センサー、ジャイロスコープセンサー)、光学心拍センサー、赤外線摩耗センサー
  • 対応OS  Android 4.4+ / iOS 9.0+
  • 防水 50m防水 (水泳時着用可)
    ※6軸センサーを搭載し、泳ぎ方を自動認識。水泳速度、距離、カロリーを記録し、平均SWOLFを測定します。
  • 言語 日本語を含むマルチ言語に対応
  • サイズ 4.3 x 1.7 x 1.2 cm
  • 重量 22.7 g
  • 付属品  充電ドック、充電ケーブル、ユーザーマニュアル
  • 発売日 2019年8月

関連記事「Honor Band 5」で計測できること、機能、スペック、価格

Amazonで「Honor Band 5」をチェックする

楽天市場で「Honor Band 5」をチェックする

ヤフーショッピングで「Honor Band 5」をチェックする

AliExpressで「Honor Band 5」をチェックする

Banggoodで「Huawei Honor Band 5」をチェックする

GearBestで「HUAWEI Honor Band 5」をチェックする

「Amazfit Band 5」のメリット・デメリット

Amazfit Band 5」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・1.1 インチのフルカラー AMOLED液晶が見やすい

Amazfit Band 5」は1.1 インチ、解像度 126×294 pxのフル カラー AMOLED液晶を搭載し、色鮮やかで見やすい映像を映し出すことができます。

一方、「Xiaomi Mi Band 5」は1.2インチのOLED(カラー有機EL)液晶を搭載、「Galaxy Fit2」は1.1インチのフルカラーAMOLED液晶を搭載、「Honor Band 5」は0.95インチ(解像度:240 x 120ピクセル)のAMOLEDを搭載しています。

・15 日間駆動のバッテリーで充電尾手間なし

Amazfit Band 5」は標準的な使用で 15 日間駆動できます。また、スタンバイで90 日間、省電力モードで 25 日間駆動することもできます。

一方、「Xiaomi Mi Band 5」は1回の充電で約14日間、「Galaxy Fit2」は通常使用で最大15日間、「Honor Band 5」は最大14日間(スタンバイ時間:14-20日)の駆動が可能になっています。

・Amazon Alexa 音声認識が使える

Amazfit Band 5」はアップデートすることでAmazon Alexa 音声認識を使用することができます。

一方、「Galaxy Fit2」と「Honor Band 5」は音声認識に対応していません。「Xiaomi Mi Band 5」はAmazon Alexa 対応(グローバル版のみ)に対応しています。

・11種類のスポーツモードが使える

Amazfit Band 5」はランニング、サイクリング、水泳、ヨガなど11種類のスポーツモードが使えるようになっています。

一方、「Xiaomi Mi Band 5」は11種類のトレーニングモードに対応、「Galaxy Fit2」は5種類のエクササイズモードに対応、「Honor Band 5」は10種類のスポーツモードに対応しています。

・5気圧防水のタフボディ

Amazfit Band 5」は5気圧防水に対応し、水泳のアクティビティも計測できます。

一方、「Xiaomi Mi Band 5」、「Galaxy Fit2」、「Honor Band 5」もは5気圧防水に対応しています。

・PAI健康評価システムが使える

Amazfit Band 5」はアルゴリズムを使用して心拍数データ、活動時間、その他の健康データなどの複雑な情報をスコアで分かりやすく表示する「PAI健康評価システム」が使えるようになっています。

一方、「Xiaomi Mi Band 5」、「Galaxy Fit2」、「Honor Band 5」はPAI健康評価システムが使えません。

・心拍&睡眠&ストレスの計測に対応

Amazfit Band 5」は心拍&睡眠&ストレスの計測に対応しています。

一方、「Honor Band 5」は心拍&睡眠の計測に対応していますが、ストレスの計測には対応していないようです。

「Xiaomi Mi Band 5」と「Galaxy Fit2」は心拍&睡眠&ストレスの計測に対応しています。

デメリット

・GPSセンサーが搭載されていない

Amazfit Band 5」はGPSセンサーを搭載していないため、距離・ペース・ルートを計測する際には必ずスマートフォンとBluetooth接続する必要があります。なお、「HUAWEI WATCH FIT」と「Fitbit Charge 4」はGPSを内蔵しています。

一方、「Xiaomi Mi Band 5」、「Galaxy Fit2」、「Honor Band 5」 もGPSセンサーを搭載していません。

・SpO2測定(血中酸素濃度)が測定できない

Amazfit Band 5」はSpO2測定(血中酸素濃度)の計測には対応していません。

一方、「Xiaomi Mi Band 5」と「Honor Band 5」はSpO2測定(血中酸素濃度)の計測に対応しています。

「Galaxy Fit2」はSpO2測定(血中酸素濃度)の計測には対応していません。

「Amazfit Band 5」の販売・購入先

Amazfit Band 5」は、

Amazonで6,282円(325円OFFクーポン付き)、

楽天市場で6,980円 (税込)、

ヤフーショッピングで6,980 円、

AliExpressでUS $49.99、

米国 Amazon.comで$39.99(日本発送は合計で $50.41)、

GearBestで6350 円、

で販売されています。

Amazonで「Amazfit Band 5」をチェックする

楽天市場で「Amazfit Band 5」をチェックする

ヤフーショッピングで「Amazfit Band 5」をチェックする

Banggoodで「Amazfit Band 5」をチェックする

AliExpressで「Amazfit Band 5」をチェックする

米国 Amazon.comで「Amazfit Band 5」をチェックする

GearBestで「Amazfit Band 5」をチェックする

 

 

 

他のスマートバンドと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Honor band 6

★「Amazfit Neo

Xiaomi Mi Band 5

Galaxy Fit2

Honor Band 5

★「Amazfit Bip U

HUAWEI WATCH FIT

UMIDIGI Uwatch3 GPS

wena 3」(Sony)

Honor Watch ES

Galaxy Fit e

HUAWEI Band 4

他のAmazfit スマートウォッチと比較

他にもAmazfitのスマートウォッチが販売されています。ぜひ比較してみてください。

Amazfit スマートウォッチは高機能でセンスよし! 2021 最新モデル 比較

Amazfit スマートウォッチは高機能でセンスよし! 2021 最新モデル 比較

その他のおすすめスマートバンドは?

その他のおすすめスマートバンドは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

スポーツ&健康管理に使えるスマートバンド 最新 機種 まとめ

最新のスマートバンドをまとめて紹介しています。

【2021年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

最新スマートウォッチをまとめて紹介しています。

ガーミンのスマートウォッチ 買うならどれ? 人気モデルを比較

Garminのスマートウォッチをまとめて紹介しています。

Fitbitスマートウォッチが人気上昇! 全モデルを比較

Fitbitのスマートウォッチをまとめて紹介しています。