「Steam Deck」(日本版)が発売! 人気の携帯ゲーム機と徹底 比較


2022年8月に日本で発売されたValve「Steam Deck」と人気の携帯ゲーム機を徹底 比較!価格やスペック、ベンチマークの違いに加えて、メリット・デメリット、評価を紹介します。

「Steam Deck」の特徴

Steam Deck」の特徴をまとめてみました。

独自プロセッサ・16GBメモリ・高速ストレージ

Steam Deck」はAMDと提携して独自に開発した「Zen2/RDNA2」プロセッサを搭載。最新のトリプルAゲームも快適に動作します。また、高速なLPDDR5規格のメモリを16GB搭載。ストレージは高速なeMMC 64GB もしくはNVMe規格のM.2 SSD 256/512GBで、ゲームのロード(読み取り)時間も短縮されています。

7型タッチ液晶・トラックパッド・40Whバッテリ

Steam Deck」は7インチで解像度1280×800ドットのIPS液晶を搭載。画質はHDで、輝度400nit、タッチ操作にも対応しています。また、本体の左右中央にトラックパッドを搭載。マウスのように操作可能でゲームにも活用できます。そのほか、40Whバッテリーを搭載。一般的な3Dゲームで2~8時間、2DゲームやWeb閲覧で最大約7〜8時間駆動できます。

Hi-Fiサウンド・Steam OS 3.0・ドッキングステーション

Steam Deck」はDSP内蔵のステレオスピーカーを搭載。没入感のあるクリアなHi-Fiサウンドでゲームを楽しめます。また、OSにSteam OS 3.0を搭載。Arch LinuxベースのOSで、Protonによる互換レイヤによって移植作業なしでWindows向けゲームを実行することができます。そのほか、オプションでドッキングステーションを用意。接続することで、外部ディスプレイ、有線ネットワーク、USB周辺機器、電源への接続、充電(USB-C)などが利用できるようになります。

公式ページ Steam Deck

価格を比較

Steam Deck」と「ANBERNIC WIN600」、「AYANEO 2021 PRO」、「GPD XP Plus」の価格を比較してみました。

「Steam Deck」

Steam Deck」(日本版)は、KOMODO公式サイトで59,800円~(64GBモデル・256GBモデルは7.9800円、512GBモデルは99,800円)で販売されています。

「ANBERNIC WIN600」

ANBERNIC WIN600」は、Amazonで57,999円、ヤフーショッピングで46,999円(税込・送料無料)、AliExpressでUS $319.34、米国 Amazon.comで$419.99で販売されています。

「AYANEO 2021 PRO」

AYANEO 2021 PRO」は、Amazonで149,800円(14980円OFFクーポン付き)、楽天市場で129,800円 (税込)、ヤフーショッピングで129,800 円、米国 Amazon.comで$1,199.99(※AYA Neo 2021)で販売されています。

「GPD XP Plus」

GPD XP Plus」は、Amazonで62,000円、天空公式サイトで税込68,200円(日本版)、AliExpressでUS $445.07(海外版)で販売されています。

対応ゲームを比較

Steam Deck」と「ANBERNIC WIN600」、「AYANEO 2021 PRO」、「GPD XP Plus」の対応ゲームを比較してみました。

「Steam Deck」

Steamのゲーム(※Steam OS 3.0に対応したもの)、Linux/Windowsの各種エミュレータ

<補足>Protonを介して非Steamゲームも実行可能、リモートプレイやクラウドゲームサービスも利用可

「ANBERNIC WIN600」

Windowsのゲーム ※Windows対応の豊富なエミュレーター

「AYANEO 2021 PRO」

Windowsのゲーム ※Windows対応の豊富なエミュレーター

「GPD XP Plus」

Androidのゲーム ※Androidの豊富なエミュレーター

スペックを比較

Steam Deck」と「ANBERNIC WIN600」、「AYANEO 2021 PRO」、「GPD XP Plus」のスペックを比較してみました。

「Steam Deck」のスペック

  • ディスプレイ 7インチ、解像度1280 x 800ドットのIPS液晶
    ※16:10/輝度400nit/タッチ対応/アンチグレアエッチングガラス
  • リフレッシュレート 60 Hz
  • プロセッサ Zen 2 4c/8t、2.4~3.5GHz(最大448 GFlops FP32)
    ※4コア/8スレッド/
  • GPU 8 RDNA 2 CU, 1.0~1.6GHz(最大1.6 TFlops FP32)
    ※APU power:4~15ワット
  • RAM(メモリ) 16GB LPDDR5 (5500 MT/s クアッド 32ビットチャンネル)
  • ストレージ eMMC 64GB / M.2 SSD 256/512GB NVMe (PCIe Gen 3 x4) ※マルチブート対応で複数OSのインストール可
  • 外部ストレージ microSDカードで拡張可能(ゲームの保存・microSDカードからのOS起動に対応)
  • バッテリー 40 WHr
  • 駆動時間 一般的な3Dゲームで2~8時間、2DゲームやWeb閲覧で最大 約7〜8時間
  • 充電 45W急速充電 (45W USB Type-C PD3.0電源)
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 5(デュアルバンド)、Bluetooth 5.0
  • インターフェース USB Type-C (DP映像出力/PD充電/データ転送)、microSDカードリーダー(UHS-I)、3.5mmヘッドホンジャック
  • オーディオ DSP内蔵ステレオスピーカー、デュアルアレイマイク
  • ゲームパッド A B X Yボタン、十字キー、L&Rアナログトリガー、L&Rバンパー、表示&メニューボタン、割り当て可能な4個のグリップボタン ※レバー(サムスティック)に静電容量式のタッチセンサーを搭載し、高精度な操作が可能・背面に4つのグリップボタンを搭載し、任意の動作などに割り当てられる
  • センサー ジャイロ 6軸IMU、環境光センサー
  • 冷却システム  あり・コンパクトな冷却システム
  • OS Steam OS 3.0 (Arch Linux, KDE Plasma on desktop)
  • サイズ 298 x 117 x 49 mm
  • 重量 669 g
  • カラー ブラック
  • オプション Steam Deck ドッキングステーション(※発売予定)
    ※外部ディスプレイ、有線ネットワーク、USB周辺機器、電源への接続、充電(USB-C)

関連記事超小型UMPCが続々! 最新の極小Windows ノートPC まとめ

KOMODO公式サイトで「Steam Deck」(日本版)をチェックする

AliExpressで「Steam Deck」をチェックする

Amazonで「Steam Deck」をチェックする

楽天市場で「Steam Deck」をチェックする

ヤフーショッピングで「Steam Deck」をチェックする

「ANBERNIC WIN600」のスペック

  • ディスプレイ 5.94インチ、解像度1280 x720 pxのIPS LCD
    ※16:9/400nit/247ppi/HD/OCAフルラミネーション/10点マルチタッチ
  • プロセッサ AMD Athlon 3050e デュアルコア
    ※14nm/2コア/4スレッド/最大2.8GHz
  • GPU AMD Radeon RX Vega 3
  • RAM(メモリ) 8GB DDR4 2400MHz ※取り外し可
  • 内蔵ストレージ
    ブラック:128/256GB M.2 SSD SATA 2242
    ホワイト:256GB M.2 SSD SATA 2242
  • 拡張ストレージ M.2 SSD スロットあり
  • バッテリー 4500mAh
  • 駆動時間 2~5時間
  • 充電 45W急速充電、PD3.0
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 5、Bluetooth 4.2
  • インターフェース USB 3.0 Type-A x1、Type-C (OTG/電源用/HDMI or DP映像出力) x1、3.5mmヘッドホンジャック
  • コントローラー 2つのジョイスティックレバー、十字キー、4つのボタン、ショルダーキーなど
  • 冷却 背面に大型ファンを搭載
  • バイブレーション 対応
  • OS Windows 10 + Steam OS
  • サイズ 不明
  • 重量 不明
  • カラー ホワイト、グレー

関連記事「ANBERNIC WIN600」と最新Windows携帯ゲーム機を徹底 比較!

Amazonで「ANBERNIC WIN600」をチェックする

楽天市場で「ANBERNIC WIN600」をチェックする

ヤフーショッピングで「ANBERNIC WIN600」をチェックする

AliExpressで「ANBERNIC WIN600」をチェックする

米国 Amazon.comで「ANBERNIC WIN600」をチェックする

Banggoodで「ANBERNIC WIN600」をチェックする

ANBERNIC公式サイトで「ANBERNIC WIN600」をチェックする

「AYANEO 2021 PRO」のスペック

  • ディスプレイ 7インチ、解像度1280×800ドットのH-IPS液晶
    ※215 ppi/ 500cd 平方m / 5点マルチタッチ対応 / 76% NTSC / 最大輝度 550nit
  • リフレッシュレート 60Hz
  • プロセッサ AMD Ryzen7 4800U 8コア
  • GPU AMD Radeonグラフィックス
  • RAM(メモリ) 16GB LPDDR4 4266 mHz
  • ストレージ M.2 1TB (NVMe/2280/PCIe Gen 3.0 x 4/Sata 3.0)
  • 外部ストレージ 付属の専用ドックでmicroSDカードを利用
  • バッテリー 47Wh (11.4V 各4,100mAhの3セル)
  • 駆動時間 最大5~6時間
  • 充電     65W急速充電
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 6 (802.11 a/b/g/n/ac/ax 2.4GHz+5GHz)、Bluetooth 5.2、MU-MIMO
    ※IntelAX200
  • 有線LAN 対応・Gigabit Ethernet
  • インターフェース USB 3.1 Type-C×3(うち2基はDP1.4&PD充電付)、3.5mmヘッドホンジャック
  • センサー   6軸ジャイロスコープ、加速度計
  • ボタン トリガーボタン(アルプス製マイクロスイッチ)、ジョイスティックレバー x2、十字キー、X/A?B/Tボタン、スタート、セレクト
  • 専用ドック 付属 (USB 3.0×2、HDMI出力、SDカードスロット、microSDカードスロット、Gigabit Ethernet)
  • 機能 オンスクリーンキーボード、ショートカットボタン(タスクマネージャー起動用)
  • 触覚振動 対応・ランブルモーター搭載
  • OS Windows 10 Home
  • サイズ 255×106×20mm(幅×奥行き×高さ)
  • 重量 650g
  • カラー ブラック、ホワイト

関連記事「AYA NEO」の実力は本物? 最新ゲーミングUMPCと徹底 比較!

Amazonで「AYANEO 2021 PRO」をチェックする

楽天市場で「AYANEO 2021 PRO」をチェックする

ヤフーショッピングで「AYANEO 2021 PRO」をチェックする

米国 Amazon.comで「AYANEO 2021 PRO」をチェックする

「GPD XP Plus」のスペック

  • ディスプレイ 6.81インチ、解像度1080 x 2400 ドットのIPS液晶
    ※10点マルチタッチ/Corning Gorilla glass 5/TFT LCD/388ppi/60Hz/OGS/画面比率87.10%/輝度500nits/コントラスト比1500:1
  • プロセッサ MediaTek Dimensity 1200 オクタコア
    ※6nm/64bit/8コア/最大3.0 ※QualcommSnapdragon870と同等のパフォーマンスを発揮
  • GPU ARM Mali-G77 MC9
  • RAM(メモリ) 6GB LPDDR4x
  • ストレージ 256GB UFS 3.1 ※読み取りおよび書き込み速度1800MB/秒、700MB/秒
    ※海外版は128GBモデルもあり
  • 外部ストレージ microSDカードで最大2TBまで ※exFATフォーマット対応
  • バッテリー 7000mAh ポリマーリチウム電池
  • 駆動時間 最大12時間
  • 充電 20W PD急速充電 (PD2.0、充電器)
  • カメラ 5.0 MP (フロント)
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 6 (802.11 a/b/g/n/ac/ax)、Bluetooth 5.2、GPS (A-GPS,GLONASS,Beidou,Galileo)
    ※Wi-Fiディスプレイ対応
  • 4G通信 対応
  • インターフェース USB Type C (OTG/DisplayPort 1.2映像出力) ×1、microSDカードスロット ×1、マイク×2、3.5mmイヤホンジャック ×1、Nano SIMスロット×1
  • スピーカー AACリニアステレオスピーカー ×2
  • マイク 2つのマイクポートあり
  • 冷却システム アクティブ冷却・純銅製ヒートシンク搭載(47×58mmの純銅製ヒートシンクと40×37mmのアクティブクーリングファン)
    ※「エクストリームパフォーマンス」モード、「パワーモード」、ファンのオフ・弱・強の切り替えが可、ターボ周波数100%
  • 筐体の素材 LG-DOW 121H(ABS合成樹脂)+UVコーティング
  • OS Android 11
  • サイズ 205~233×83×18~41mm(幅×奥行き×高さ、モジュールにより幅が異なる)
  • 重量 330g~370g
  • カラー グレイ

関連記事「GPD XP Plus」と最新のAndroid携帯ゲーム機を徹底 比較!

Amazonで「GPD XP Plus」をチェックする

ヤフーショッピングで「GPD XP Plus」をチェックする

AliExpressで「GPD XP Plus」をチェックする

天空公式サイトで「GPD XP Plus」をチェックする

楽天市場で「GPD XP」をチェックする

米国 Amazon.comで「GPD XP Plus」をチェックする

ベンチマークを比較

Steam Deck」と「ANBERNIC WIN600」、「AYANEO 2021 PRO」、「GPD XP Plus」のベンチマークスコアを比較してみました。

※PassMark、Geekbench、3DMarkとは、主にCPUとビデオカード(以下、グラボ)の性能を数値化したベンチマークスコアの参考値を表したものです。

「Steam Deck」

<CPU> Custom Zen 2 Van Gogh

Geekbench 5によるベンチマークのスコアはシングルコアで「830」、マルチコアで「3666」。

※AMD Ryzen 3 3200、AMD Ryzen 5 3400Gに近いスコア

<GPU> 8 RDNA 2 CUs, 1.0 – 1.6 GHz

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは約「4500」。

※グラフィック性能はAMD Ryzen 9 4900HSを搭載したラップトップ(Zephyrus G14 2020)と同等

<プロセッサ性能を解説>

AMDと提携して独自に開発した「Zen2/RDNA2」プロセッサを搭載し、Geekbench 5のシングルコアで「830」、マルチコアで「3666」を記録しています。このスコアは第11世代のインテルCore i5に近いスコアです。

また、CPUに内蔵された8 RDNA 2 CU GPUは、Ryzen 9 4900HSと同等のグラフィック性能があると言われており、3DMark Fire Strikeによるグラフィックスコアで約「4500」ぐらいのスコアになっています。このグラフィック性能は、CPU内蔵のインテル Iris Xe グラフィックスとほぼ同じです。

AMD Athlon 3050e搭載の「ANBERNIC WIN600」と比較すると、マルチコアで約2300スコアが高くなります。

AMD Ryzen 7 4800U搭載の「AYANEO 2021 PRO」と比較すると、マルチコアで約2200スコアが低くなります。

独自のSteam OS 3.0を搭載しているため、CPU性能があまり高くなくてもトリプルAゲームもきちんと動作することが可能です。

ただし、一部のゲームでSteam OSに対応していないものがあります。事前にプレイしたいゲームがSteam OSに対応しているかどうか調べておく必要があります。※対応しているかどうかはSteamのストアページで確認できます(緑のマークがつきます)。

「ANBERNIC WIN600」

<CPU> AMD Athlon 3050e

Passmarkによるベンチマークスコアは「2955」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで約「700」、マルチコアで約「1300」。

<GPU> AMD Radeon RX Vega 3

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「1260」。

「AYANEO 2021 PRO」

<CPU>  AMD Ryzen 7 4800U

Passmarkによるベンチマークスコアは「17070」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「1033」、マルチコアで「5894」。

<GPU> AMD Radeonグラフィックス

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「3208」。

「GPD XP Plus」

Antutu総合で約690,000

<CPU> MediaTek Dimensity 1200

「Steam Deck」のメリット・デメリット

Steam Deck」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・7インチのHD液晶・輝度400nitでタッチ操作に対応

Steam Deck」は7インチで解像度1280×800ドットのIPS液晶を搭載。画質はHDで、輝度400nit、タッチ操作にも対応しています。

一方、「ANBERNIC WIN600」は5.94インチで解像度1280x720pxのIPS LCD液晶を搭載しています。「AYANEO 2021 PRO」は7インチで解像度1280×800ドットのH-IPS液晶を搭載しています。「GPD XP Plus」は6.81インチで解像度1080×2400ドットのIPS液晶を搭載しています。

・2つのレバーとトラックパッドで快適に操作できる

Steam Deck」は2つのジョイスティックレバーを搭載しています。また、本体の左右中央にトラックパッドも搭載し、快適に操作できます。

一方、「ANBERNIC WIN600」と「AYANEO 2021 PRO」は2つのジョイスティックレバーを搭載しています。「GPD XP Plus」はジョイスティックレバーの他に3つのモジュールを切り替えて使用できます。

・16GBメモリ&256/512GBストレージ搭載で快適に使える

Steam Deck」は高速なLPDDR5規格のメモリを16GB搭載しスムーズに動作します。また、高速なeMMC 64GB もしくはNVMe規格のM.2 SSD 256/512GBストレージも搭載しています。

一方、「ANBERNIC WIN600」は8GB DDR4メモリ&128/256GB M.2 SSDストレージを搭載しています。「AYANEO 2021 PRO」は16GB LPDDR4メモリとM.2 SSD 1TBストレージを搭載しています。「GPD XP Plus」は6GB LPDDR4xメモリと256GB UFS 3.1ストレージを搭載しています。

・40WHrバッテリー搭載で45W急速充電に対応

Steam Deck」は40WHrバッテリー搭載で一般的な3Dゲームで2~8時間、2DゲームやWeb閲覧で最大約7〜8時間駆動できます。

一方、「ANBERNIC WIN600」は4500mAhバッテリー搭載で45W急速充電に対応しています。「AYANEO 2021 PRO」は47Whバッテリー搭載で65W急速充電に対応しています。「GPD XP Plus」は7000mAhバッテリー搭載で20W PD急速充電に対応しています。

・Wi-Fi 5(デュアルバンド)&Bluetooth 5.0に対応

Steam Deck」は高速で途切れづらいWi-Fi 5(デュアルバンド)に対応しています。また、Bluetooth 5.0に対応し、ワイヤレス機器ともスムーズに接続できます。

一方、「ANBERNIC WIN600」はWi-Fi 5&Bluetooth 4.2に対応しています。「AYANEO 2021 PRO」はWi-Fi 6&Bluetooth 5.2に対応しています。「GPD XP Plus」はWi-Fi 6&Bluetooth 5.2&GPSに対応しています。

・重さ669gの小型ボディで携帯できる

Steam Deck」はサイズ298x117x49mmで重さ669gの小型ボディで、外出先に持ち出して使用することもできます。

一方、「ANBERNIC WIN600」はサイズ236×103×22mmで重さ495gになっています。「AYANEO 2021 PRO」はサイズ 255×106×20mmで、重さ650gになっています。「GPD XP Plus」はサイズ205~233×83×18~41mで、重さ330g~370gになっています。

・DSP内蔵ステレオスピーカー搭載で音がいい

Steam Deck」はDSP内蔵のステレオスピーカーを搭載し、没入感のあるクリアなHi-Fiサウンドでゲームを楽しめます。

一方、「ANBERNIC WIN600」と「AYANEO 2021 PRO」はステレオスピーカーを搭載しています。「GPD XP Plus」はAACリニアステレオスピーカー×2を搭載しています。

・Steam OS 3.0搭載でSteamゲームが動作する

Steam Deck」はSteam OS 3.0を搭載。Arch LinuxベースのOSで、Protonによる互換レイヤによって移植作業なしでWindows向けゲームを実行することができます。

一方、「ANBERNIC WIN600」はWindows 10 と Steam OSを搭載しています。「AYANEO 2021 PRO」はWindows 10 Homeを搭載しています。「GPD XP Plus」はAndroid 11を搭載しています。

デメリット

・Steamのゲームでも動作しないものがある

Steam Deck」はSteam OS 3.0に対応していますが、一部の対応していないゲームは動作しません。※対応しているかどうかはSteamのストアページで確認できます(緑のマークがつきます)。

一方、「ANBERNIC WIN600」と「AYANEO 2021 PRO」はWindows OS搭載のため、多くのゲームが動作します。「GPD XP Plus」はAndroid OS搭載で多くのゲームが動作します。

・単体で通信できない

Steam Deck」はSIMスロットを搭載していないため、単体で4G LET通信を利用することはできません。

一方、「GPD XP Plus」はSIMスロット搭載で単体で4G LET通信が利用できます。「ANBERNIC WIN600」と「AYANEO 2021 PRO」は単体で4G LET通信を利用することはできません。

「Steam Deck」の評価

Steam Deck」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★★

機能:★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

海外で2022年2月から発売されていたValveの携帯ゲーム機です。2022年8月に入ってようやく日本でも発売されることになりました。

性能面ではAMDと提携して独自に開発した「Zen2/RDNA2」プロセッサを搭載しており、Steamのほとんどの人気ゲームがプレイできるようになっています。また、Windows OSもインストール可能で、Valveからドライバも公開されています。

マイクロソフトなどから販売されているWindowsゲームやエミュレーターを介してのゲームを含めると、相当な数のゲームがプレイ可能で、これまで以上にPCゲームが気軽にプレイできそうです。

日本での発売価格は59,800円から。

現状のゲーミングUMPCと比べると圧倒的に安く、性能が高いため、日本でも超人気製品になることは間違いないでしょう。予約が遅れるとその分配送される時期も遅くなるので、早めに予約しておくことをおすすめします。

※YouTube動画でも紹介しています。「Steam Deck」日本版がとうとうやって来た! 性能をざっくり解説

「Steam Deck」の販売・購入先

Steam Deck」は、

KOMODO公式サイトで59,800円~(日本版・64GBモデル・256GBモデルは7.9800円、512GBモデルは99,800円)、

で販売されています。

KOMODO公式サイトで「Steam Deck」(日本版)をチェックする

AliExpressで「Steam Deck」をチェックする

Amazonで「Steam Deck」をチェックする

楽天市場で「Steam Deck」をチェックする

ヤフーショッピングで「Steam Deck」をチェックする

 

 

他のゲーム機と比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「ANBERNIC WIN600 Blue」(新版)

★「GPD WIN MAX2」(10.1インチ)

★「AYANEO Air

ANBERNIC WIN600

AYANEO 2021 PRO

GPD XP Plus

ONEXPLAYER mini Ryzen

AYANEO NEXT

GPD WIN3

ONE XPLAYER」(8.4インチ)

GPD XP」(Android 11)

ANBERNIC RG353P」(Android+Linux)

RG552」(Android+Linux)

その他のおすすめゲーム製品は?

その他のおすすめゲーム製品は以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

海外のレアすぎる携帯ゲーム機 2022 まとめ

海外製の携帯ゲーム機をまとめて紹介しています。

超小型UMPCが続々! 最新の極小Windows ノートPC まとめ

超小型PC(UMPC)をまとめて紹介しています。

GPD WIN&XDでゲームが超快適!  全機種を比較

GPDの超小型PC(UMPC)やタブレットをまとめています。

<据え置き型・互換機>

2021 最新レトロゲーム機 据え置き型 ラインナップ 一覧

レトロゲーム互換機がじわりと人気! FC・MD・GBなど 2021 最新 まとめ

HDD&TFカード

懐かしの名作がぎっしり! レトロゲーム収録HDD&TFカード まとめ