「Huawei Watch GT Cyber」とオシャレな高性能スマートウォッチを徹底 比較!


2022年11月に発売された「Huawei Watch GT Cyber」とオシャレな高性能スマートウォッチを徹底 比較!価格や計測できること・機能、スペックの違いに加えて、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2022年11月以降に「HUAWEI WATCH GT 3 SE」が発売されます。

「Huawei Watch GT Cyber」の特徴

Huawei Watch GT Cyber」の特徴をまとめてみました。

1.32型AMOLED液晶・3種類のケースに入れ替え

Huawei Watch GT Cyber」は1.32インチで解像度466×466pxのAMOLEDカラースクリーンを搭載。ピクセル密度352ppiの明るい画面で回転式クラウンリューズ)による操作にも対応しています。

また、プレス式クイックリリース設計を採用し、簡単にケースを交換することが可能。落ち着いたデザインのアーバンパイオニア、ナノ結晶セラミックとステンレス鋼を採用したファッショナブルなケース、強化複合繊維を採用したスポーツケースの3種類を用意し、シーンによって使い分けることができます。

血中酸素&睡眠&心拍の計測・100種スポーツ

Huawei Watch GT Cyber」は血中酸素の計測に対応。高度ケアモードを搭載し、高度と血中酸素の変化を記録し、高山病のリスク評価、呼吸トレーニングの提案などを行うことができます。

また、HUAWEI TruSleepに対応した高精度な睡眠モニタリングに対応し、睡眠タイプ、睡眠の問題を把握して改善の提案を行うことが可能。HUAWEI TruSeen 5.0による高精度な心拍モニタリングHUAWEI TruRelaxによるストレスのモニタリングも利用できます。

そのほか、100種類以上スポーツモードに対応。スキーやスノーボード、クロスカントリースキーにも対応し、滑走の速度、距離、軌跡、累積降下、高度などを計測することもできます。

最大7日間バッテリ・MIL規格のタフボディ・5衛星測位

Huawei Watch GT Cyber」は軽い使用で最大7日間、頻繁な使用で最大4日間駆動するバッテリーを搭載。ワイヤレス充電も利用できます。また、16のミリタリーテストに準拠したタフなボディを採用。5気圧防水や-20℃~+45℃の使用にも対応しています。

そのほか、5つの衛星測位に対応し、移動ルートの表示にも対応。Bluetooth通話やNFCによるキャッシュレス決済チャット(WeChat)、ダイヤルアート(服装を写真撮影し、それに合わせた文字盤デザインを作成し、ウォッチ本体に送信)も利用できます。

公式ページ: HUAWEI WATCH GT Cyber – 华为官网

価格を比較

Huawei Watch GT Cyber」と「Amazfit GTR 4」、「Fitbit Versa 4」、「Apple Watch SE 第2世代」の価格を比較してみました。

「Huawei Watch GT Cyber」

Huawei Watch GT Cyber」は、中国のHuawei公式サイトで1,288 元 (約US $177/日本円で約2万6千2百円) で販売されています。

「Amazfit GTR 4」

Amazfit GTR 4」は、Amazonで31,900円(税込・2000円OFFクーポン付き)、楽天市場で31,900円 (税込・送料無料)、ヤフーショッピングで31,900円 (税込・送料無料)、Amazfit日本公式ストアで31,900円、AliExpressでUS $314.27、米国 Amazon.comで$199.99で販売されています。

「Fitbit Versa 4」

Fitbit Versa 4」は、Amazonで25,273円、楽天市場で31,474円 (税込)、ビックカメラで27,800円 (税込)、Fitbit公式サイトなどで税込27,800円、米国 Amazon.comで$228.95で販売されています。

「Apple Watch SE 第2世代」

Apple Watch SE 第2世代」は、Amazonで税込37800円~、楽天市場で45,800円 (税込・送料無料)、ヤフーショッピングで40,800 円(税込)ビックカメラで税込37800円~、アップル公式ストアで税込37800円~で販売されています。

計測できること・機能を比較

Huawei Watch GT Cyber」と「Amazfit GTR 4」、「Fitbit Versa 4」、「Apple Watch SE 第2世代」の計測できること・機能を比較してみました。

「Huawei Watch GT Cyber」

計測できること

血中酸素飽和度(SpO2/高度ケアモード)、心拍数(HUAWEI TruSeen 5.0)、睡眠(HUAWEI TruSleep)、ストレスレベル(HUAWEI TruRelax)、呼吸数、消費カロリー、距離・ペース・経路 (GPS内蔵)

スポーツモード 100種類以上(スキー、スケートボード、サイクリング、水泳、登山、トレイル ランニング、ローイング マシン、ヒップホップ、フリスビー、スケートボード、パルクールなど)

機能

フラッシュチェンジャー(ケースを簡単に切り替えられる)、MIL規格(16のミリタリーテストに準拠)、NFC(キャッシュレス決済・銀行カード、交通系カード)、チャット(WeChat)、Bluetooth通話、ウォッチフェイス(文字盤)の変更、ダイヤルアート、カラーライトモード、音楽再生(単体)、移動ルートの表示(5つの衛星システムをサポート)

スマート通知(着信、メッセージ、メール、カレンダー、SNSアプリ等) 、スマートフォン探索、アラーム設定、懐中電灯、天気情報、スマートフォンの音楽再生操作、アプリの追加(Huaweiヘルスケアアプリ&AppGallery)

「Amazfit GTR 4」

計測できること

心拍数(24時間)、血中酸素飽和度(24時間)、ストレスレベル(24時間)、睡眠(段階、昼寝、スケジュール、呼吸、スコア)、呼吸、月経周期
最大酸素摂取量 (VO2 Max)、距離・ペース・ルート(GPS内蔵)

154種類のスポーツモード(スマート認識:25の筋力トレーニング、8つのスポーツ)

ランニングモード (トラックランモード、スマート軌道修正、仮想ペーサー)

機能

デュアルバンドGPS&6衛星測位(ルートファイルのインポート・リアルタイムでナビ)、Amazon Alexa(オフライン音声アシスタント、Bluetooth通話に応答)、Bluetooth通話、音楽再生(単体)、ウォッチフェイスのカスタマイズ(200種類以上・30のアニメーション・写真アップロード)、SOS送信、常時表示、クラウン操作

PAI健康管理システム、PeakBeats、ワンタップ測定(1回のタップで4つの健康指標をテスト)、水分補給のリマインダー、異常アラート(心拍数、血中酸素、ストレスレベル、呼吸エクササイズ促す)、インターバルトレーニングのテンプレート作成(時計経由)、Stravaアプリとadidas Runningアプリと同期、自動認識(8つのスポーツと25の筋力トレーニング)

ミニアプリの追加(音楽や電話、クイック返信、To Doリスト、天気、アラームなど)

「Fitbit Versa 4」

計測できること

血中酸素飽和度(SpO2)、ストレスレベル、心拍数、睡眠、VO2 Max(最大酸素摂取量)、呼吸数、月経周期、水泳ラップ(泳いだ時間の長さ)、上昇階段、歩数、消費カロリー、距離・ペース(GPS内蔵)、血糖値測定(アプリ内のみ)

40種類以上のエクササイズモード(リアルタイムでデータを確認可能・HIIT、重量挙げ、CrossFit、ダンスなどの新しいモードも追加)
※有料サブスクリプションプランのFitbit Premiumに登録することで1000種類以上のワークアウトやセッションを行うことが可能

機能

Google Mapの道案内、エクササイズの自動記録、心拍の異常アラート通知、Bluetooth通話、Fitbit Pay 、Suica決済、音声アシスタント(Amazon Alexa)、スマートアラーム(睡眠が浅いときに振動で起こす)、気分を記録、

スリープモード、ガイド付き呼吸セッション、リマインダー機能(個別にカスタマイズ可能)、常時表示、文字盤のカスタマイズ、急速充電、クイック返信機能、スマホ探索、通知の受信、今日のエナジースコア(※有料Fitbit Premium)

「Apple Watch SE 第2世代」

計測できること

心拍数(第2世代の光学式心拍センサー・心拍数範囲、強度レベル)、睡眠(レム睡眠、コア睡眠、深い睡眠およびその時間の長さ)、ストレスレベル、月経周期、ルート・速度・移動距離(GPS/GNSS内蔵)、高度(常時計測の高度計)、気圧・高度、方角(コンパス)、歩数、消費カロリー、

10種類以上のスポーツモード (室内ウォーキング、ウォーキング、室内ランニング、ランニング、エリプティカル、ローイング、プールスイミング、オープンウォータースイミングなど)

機能

衝突事故検出、転倒検出、緊急通報、高心拍数と低心拍数の通知、不規則な心拍リズムの通知、携帯電話通信機能(セルラーモデルのみ)、ファミリー共有設定(1台のiPhoneに複数のApple Watchをペアリング)、

マップ(地図)、Apple Pay(Suica決済に対応)、睡眠アドバイス、音楽再生(単体・Apple Music対応)、カメラリモート、薬・サプリのリマインダー、ノイズの検出、ホーム(照明、エアコンの温度、ガレージのドアをコントロール)、32GBストレージ保存、防水(50m防水)、GymKitアプリ、音声認識Siri、スマートフォンの通知受信、Bluetooth通話、Wi-Fi(2.4GHz)、Bluetooth 5.0、32GBストレージ保存、ウォッチフェイス(文字盤デザイン)の変更、アプリの追加(App Store)

スペックを比較

Huawei Watch GT Cyber」と「Amazfit GTR 4」、「Fitbit Versa 4」、「Apple Watch SE 第2世代」のスペックを比較してみました。

「Huawei Watch GT Cyber」のスペック

  • ディスプレイ 1.32インチ、解像度466×466pxのAMOLEDカラースクリーン
    ※352ppi
  • クラウン(リューズ) リューズを回転させ、長押し、短押しなどの操作をサポート
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
  • バッテリー駆動時間 軽い使用で最大7日間、頻繁な使用で最大4日間
  • 充電 ワイヤレス充電
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth
  • GPS 内蔵 (GPS、北斗、GLONASS、ガリレオ、および QZSS)
  • NFC 対応
  • インターフェース 充電端子、ボタン
  • センサー GPS、加速度計、ジャイロセンサー、地磁気センサー、光学式心拍センサー、空気圧センサー
  • スピーカー&マイク 内蔵・Bluetooth通話に対応
  • 防水 5気圧防水 (5 ATM)
  • 耐久性 MIL規格(16のミリタリーテストに準拠)
  • 作業環境 -20℃~+45℃
  • 対応OS HarmonyOS 2 以降、Android 7.0 以降、iOS 9.0 以降
  • OS 独自OS ※Huaweiヘルスケアアプリ&AppGalleryからアプリ追加できる
  • サイズ
    (アーバンパイオニア)47.4×44.4×10.2mm
    (スポーツ)47.4×44.4×10.2mm
    (ファッション)45.6×45.6×10.2mm
  • 重量
    (アーバンパイオニア)約77g
    (スポーツ)約59g
    (ファッション)約58g
  • カラー(アーバンパイオニア)オブシディアンブラック、(スポーツ)マジックナイトブラック、スカイグレイ、(ファッション)ムーンライトホワイト、チャームシーブルー
  • 筐体の素材
    (アーバンパイオニア)ナノ結晶セラミック + 316L ステンレス鋼
    (スポーツ)強化複合繊維
    (ファッション)ナノ結晶セラミック + 316L ステンレス鋼
  • ストラップ
    (アーバンパイオニア)ブラックの水素化ニトリル ラバー ストラップ
    (スポーツ)ブラック/グレーの水素化ニトリル ラバー ストラップ
    (ファッション)ホワイト/ブルーの水素化ニトリル ラバー ストラップ
  • 手首サイズ
    (アーバンパイオニア)140~210mm
    (スポーツ)140~210mm
    (ファッション)130~200mm
  • 付属品 充電台(充電ケーブル含む)×1、クイックスタート&3種保証引換券×1 、分解説明書×1

関連記事Huaweiスマートウォッチは性能よし! 新型 Band 全機種を比較

中国のHuawei公式サイトで「Huawei Watch GT Cyber」をチェックする

Amazonで「Huawei Watch GT Cyber」をチェックする

楽天市場で「Huawei Watch GT」をチェックする

ヤフーショッピングで「Huawei Watch GT」をチェックする

AliExpressで「Huawei Watch GT Cyber」をチェックする

「Amazfit GTR 4」のスペック

  • ディスプレイ 1.43インチ、解像度466×466 pxのAMOLEDスクリーン
    ※326ppi/タッチスクリーン/強化ガラス/指紋防止コーティング/アンチグレアベゼル
  • クラウン操作 対応
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
  • バッテリー 475mAh ※バッテリーセーバーモードあり
  • 駆動時間 通常使用で約14日間、クロックモードで約50日間、ハードな使用で約7日間、GPSモードで最大44時間、省電力GPSモードで最長52時間
  • 充電 マグネット充電、時間:2時間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi (2.4GHz)、Bluetooth 5.0 BLE
  • GPS 6衛星測位、デュアルバンド
  • インターフェース 充電端子、ボタン×2
  • センサー BioTracker™ 4.0 PPG 生体認証センサー(血中酸素、4PD+2LED対応)、加速度センサー、ジャイロセンサー、地磁気センサー、気圧高度計、周囲光センサー
  • スピーカー あり
  • マイク あり
  • モーター リニアモーター
  • 防水 5 ATM (5気圧防水)
  • 筐体の材質 アルミ合金製ミドルフレーム+高光沢スプレー PC ボトムシェル
  • ストラップ 幅:22mm、材質:フッ素ゴム・皮革 ナイロンクイックリリース、手首長さ:150mm~215mm(150mm~210mm)
  • バックル クラシックピンバックル
  • アプリ Zepp App
  • 対応OS Android 7.0 以上、iOS 12.0 以上
  • OS Zepp OS 2.0 ※ミニアプリの追加に対応
  • サイズ 46×46×10.6mm
  • 重量 34g (ストラップ含める)
  • カラー スーパースピードブラック(フッ素エラストマーストラップ)、ヴィンテージブラウンレザー(レザーストラップ)、レーストラック グレー (ナイロンストラップ)

関連記事「Amazfit GTR 4」と超人気の高性能スマートウォッチを徹底 比較!

Amazonで「Amazfit GTR 4」をチェックする

楽天市場で「Amazfit GTR 4」をチェックする

ヤフーショッピングで「Amazfit GTR 4」をチェックする

Amazfit日本公式ストアで「Amazfit GTR 4」をチェックする

AliExpressで「Amazfit GTR 4」をチェックする

米国 Amazon.comで「Amazfit GTR 4」をチェックする

「Fitbit Versa 4」のスペック

  • ディスプレイ 1.58インチ、解像度336 x336pxのAMOLEDカラータッチスクリーン
    ※40mmケース/常時表示/文字盤デザイン変更
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
  • バッテリー駆動時間 6日間
  • 充電 急速充電に対応・12分で1日分のチャージが可能、充電時間:2時間
  • カメラ なし・利用できません
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0
  • GPS 内蔵・(A-GPS+GLONAS)
  • NFC 対応・Fitbit Pay、Suica決済
  • インターフェース 充電端子、ボタン
  • センサー マルチパス光学式心拍数センサー、血中酸素ウェルネスモニタリング用の赤色および赤外線センサー、高度計、3 軸加速度計、環境光センサー
  • スピーカー 75dB SPL @10cm
  • マイク あり
  • 振動モーター あり
  • 防水 5気圧防水・50m耐水 ※プールで水泳のラップを記録・シャワーやビーチなどで利用可能
  • 音声アシスタント Amazon Alexa
  • ベルト 軟なインフィニティベルト・限定コレクションをはじめとする Versa 3 のアクセサリーベルトを用意
  • アプリ Fitbitアプリ (アクティビティや睡眠、栄養、安静時の心拍数、グループチャレンジまで管理)
  • 筐体の素材 ケース:アルミニウム、ガラス:ゴリラガラス
  • バンド シリコン製・交換可能
  • 対応OS Android OS 10以上、Apple iOS 13.3 以降
  • OS Fitbit OS
  • サイズ 40.5×40.5×11.2mm
  • 重量 不明
  • カラー グラファイトアルミニウム、プラチナアルミニウム、カッパーローズアルミニウム

関連記事「Fitbit Versa 4」のコスパは? 高機能スマートウォッチと徹底 比較!

Amazonで「Fitbit Versa 4」をチェックする

楽天市場で「Fitbit Versa 4」をチェックする

ヤフーショッピングで「Fitbit Versa 4」をチェックする

ビックカメラで「Fitbit Versa 4」をチェックする

Fitbit公式サイトで「Fitbit Versa 4」をチェックする

米国 Amazon.comで「Fitbit Versa 4」をチェックする

「Apple Watch SE 第2世代」のスペック

  • ディスプレイ 44mm:解像度368x448px / 40mm:324x394pxのRetina OLED
    ※LTPO/最大1000nit
  • クラウン操作 対応
  • プロセッサ S8 SiP(64ビットデュアルコア・前モデルより最大20%高速)
    ※W3 Appleワイヤレスチップ内蔵
  • RAM(メモリ) 1GB
  • ストレージ 32GB
  • バッテリー リチャージャブルリチウムイオンバッテリー
  • 駆動時間 最大18時間
  • 充電 USB-C磁気充電ケーブル
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi802.11b/g/n (2.4GHz)、Bluetooth 5.0
  • GPS 対応(L1 GPS、GLONASS、Galileo、QZSS)
  • NFC&Apple Pay 対応・Suica決済に対応
  • インターフェース 充電端子
  • センサー  加速度計、ハイダイナミックレンジジャイロスコープ、第2世代の光学式心拍センサー、常時計測の高度計、コンパス、環境光センサー
  • スピーカー 搭載
  • マイク 搭載
  • 防水 50m
  • ケースの素材 アルミニウム、ナイロン複合材とサファイアクリスタル裏蓋
  • バンド 交換可
  • OS watchOS 8.0
  • サイズ
    40mm:40×34×10.7mm
    44mm:44×38×10.7mm
  • 重量 40mm:26.4g(GPSモデル)/27.8g(GPS + Cellularモデル)
    44mm:32.9g(GPSモデル)/33g(GPS + Cellularモデル)
  • カラー ミッドナイト、スターライト、シルバー

関連記事第2世代「Apple Watch SE」とコスパ重視スマートウォッチと徹底 比較!

Amazonで「Apple Watch SE 第2世代」をチェックする

楽天市場で「Apple Watch SE」(第2世代)をチェックする

ヤフーショッピングで「Apple Watch SE 第2世代」をチェックする

ビックカメラで「Apple Watch SE」(第2世代)をチェックする

アップル公式ストアで「Apple Watch SE」(第2世代)をチェックする

米国 Amazon.comで「Apple Watch SE」(第2世代)をチェックする

「Huawei Watch GT Cyber」のメリット・デメリット

Huawei Watch GT Cyber」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・1.32インチのAMOLEDカラースクリーン・文字盤デザインのカスタマイズに対応

Huawei Watch GT Cyber」は1.32インチで解像度466×466pxのAMOLEDカラースクリーンを搭載。ピクセル密度352ppiの明るい画面で文字盤デザインのカスタマイズにも対応。音楽パーティー、eスポーツゲーム 、アウトドアキャンプなど、6セットの専用サイバーテーマや自由な雰囲気、クールな雰囲気、落ち着いた雰囲気などの専用テーマを用意するほか、服装を写真撮影し、それに合わせた文字盤デザインを作成し、ウォッチ本体に送信できる「ダイヤルアート」も利用できます。

一方、「Amazfit GTR 4」は1.43インチで解像度466x466pxの円形AMOLEDスクリーンを搭載しています。「Fitbit Versa 4」は1.58インチで解像度336×336pxのAMOLEDカラータッチスクリーンを搭載しています。「Apple Watch SE 第2世代」は40mm/45mmのRetina OLEDディスプレイを搭載しています。

・回転式クラウン(リューズ)で操作できる

Huawei Watch GT Cyber」は回転式クラウン(リューズ)による操作にも対応しています。

一方、「Fitbit Versa 4」は回転式クラウン(りゅうず)を搭載していません。「Amazfit GTR 4」と「Apple Watch SE 第2世代」は回転式クラウン(りゅうず)でスムーズに操作できます。

・ケースを入れ替えられる

「Huawei Watch GT Cyber」はプレス式クイックリリース設計を採用し、簡単にケースを交換することが可能。落ち着いたデザインのアーバンパイオニア、ナノ結晶セラミックとステンレス鋼を採用したファッショナブルなケース、強化複合繊維を採用したスポーツケースの3種類を用意し、シーンによって使い分けることができます。

一方、「Amazfit GTR 4」、「Fitbit Versa 4」、「Apple Watch SE 第2世代」はケースを入れ替えることができません。

・血中酸素の計測&高度ケアモードに対応

Huawei Watch GT Cyber」は血中酸素の計測に対応。高度ケアモードを搭載し、高度と血中酸素の変化を記録し、高山病のリスク評価、呼吸トレーニングの提案などを行うことができます。

一方、「Amazfit GTR 4」、「Fitbit Versa 4」、「Apple Watch SE 第2世代」も血中酸素の計測に対応しています。

・100種類以上のスポーツモードに対応

Huawei Watch GT Cyber」は100種類以上のスポーツモードに対応し、スキー、スケートボード、サイクリング、水泳、登山、トレイル ランニング、ローイング マシン、ヒップホップ、フリスビー、スケートボード、パルクールなどのスポーツアクティビティを計測できます。

一方、「Amazfit GTR 4」は154種類のスポーツモードに対応しています。「Fitbit Versa 4」は40種類以上のエクササイズモードに対応しています。「Apple Watch SE 第2世代」は10種類以上のスポーツモードに対応しています。

・最大7日間駆動できるバッテリー・ワイヤレス充電に対応

Huawei Watch GT Cyber」は軽い使用で最大7日間、頻繁な使用で最大4日間駆動するバッテリーを搭載しています。また、ワイヤレス充電も利用できます。

一方、「Amazfit GTR 4」は475mAhバッテリー搭載で約14日間駆動できます。「Fitbit Versa 4」は6日間駆動できるバッテリー搭載で急速充電に対応しています。「Apple Watch SE 第2世代」は最大18時間駆動するバッテリーを搭載しています。

・5つの衛星システムに対応・移動ルートも表示できる

Huawei Watch GT Cyber」は5つの衛星測位に対応し、移動ルートの表示も利用できます。

一方、「Amazfit GTR 4」はデュアルバンドGPSアンテナ搭載で6衛星測位に対応しています。「Fitbit Versa 4」は・GPSセンサー内蔵で距離やペースを表示できます。「Apple Watch SE 第2世代」は4つの衛星測位に対応しています。

・NFC対応でキャッシュレス決済に対応

Huawei Watch GT Cyber」はNFC対応でキャッシュレス決済に対応しています(※中国版)。

一方、「Amazfit GTR 4」はキャッシュレス決済に対応していません。「Fitbit Versa 4」はitbit Pay 、Suica決済に対応しています。「Apple Watch SE 第2世代」はApple Pay・Suica決済に対応しています。

・チャットが使える

Huawei Watch GT Cyber」はWeChaアプリでチャットを楽しめます。

一方、「Amazfit GTR 4」、「Fitbit Versa 4」、「Apple Watch SE 第2世代」はチャットが利用できません。

・5気圧防水&MIL規格に対応

Huawei Watch GT Cyber」は5気圧防水に対応し、水泳のアクティビティも計測できます。また、16のミリタリーテストに準拠したタフなボディを採用しているほか、-20℃~+45℃の環境でも使用できます。

一方、「Amazfit GTR 4」と「Fitbit Versa 4」、「Apple Watch SE 第2世代」は5気圧防水に対応しています。

・単体で音楽再生できる

Huawei Watch GT Cyber」はスマートフォンなしの単体で音楽を再生することができます。

一方、「Amazfit GTR 4」は本体に音楽ファイルを保存して単体で音楽再生することができます。「Fitbit Versa 4」は単体での音楽再生に対応していません。「Apple Watch SE 第2世代」は単体での音楽再生に対応し、Apple Musicの音楽再生やPodcast、オーディオブックも再生できます。

デメリット

・音声アシスタントが使えない

Huawei Watch GT Cyber」は音声アシスタント機能が利用できません。

一方、「Amazfit GTR 4」と「Fitbit Versa 4」はAmazon Alexa対応で、オフラインで音声アシスタントを利用することができます。「Apple Watch SE 第2世代」はSiri音声アシスタントに対応しています。

・Wi-Fi通信に対応していない

Huawei Watch GT Cyber」はWi-Fi通信に対応していません。

一方、「Fitbit Versa 4」はWi-Fi (2.4GHz)に対応していません。「Amazfit GTR 4」と「Apple Watch SE 第2世代」はWi-Fi (2.4GHz)に対応しています。

「Huawei Watch GT Cyber」の評価

Huawei Watch GT Cyber」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

Huawei Watch GTシリーズの最新モデルで、ケースの入れ替えに対応しています。

ケースの入れ替えとは、スマートウォッチのスクリーン(ディスプレイ部分)をケースから取り外し、別のケースに装着できることを意味します。

つまり、従来のスマートウォッチとは異なり、デザインや素材の違ったケースを自由に選んで取り付けられるようになったということです。

ファーウェイは主に3種類のケースを用意しており、落ち着いたデザインのアーバンパイオニア、ナノ結晶セラミックとステンレス鋼を採用したファッショナブルなケース、強化複合繊維を採用したスポーツケースから好きなものを装着できます。

これにより、一つのスマートウォッチで多様のデザインのスマートウォッチが使えるようになり、複数のスマートウォッチを所有する必要もなくなっています。

ファーウェイの場合、このケースの入れ替えに加えて、文字盤デザインのカスタマイズにも力を入れており、複数のデザインテーマやダイヤルアート(服装を写真撮影し、それに合わせた文字盤デザインを作成し、ウォッチ本体に送信)も利用できるようになっています。

そういう特徴をふまえると、「Huawei Watch GT Cyber」はかなり「ファッション」を重視したスマートウォッチであるといえます。もちろん、従来モデルと同様にヘルス管理機能やスポーツ機能もしっかりと搭載されていますが・・・・。

Huawei Watch GT Cyber」の発売時の価格は1,288 元 (約US $177/日本円で約2万6千2百円)。おそらく近いうちに日本でも販売されるでしょう。ファッション性に優れる高性能なスマートウォッチを探している人におすすめです。

「Huawei Watch GT Cyber」の販売・購入先

Huawei Watch GT Cyber」は、

中国のHuawei公式サイトで1,288 元 (約US $177/日本円で約2万6千2百円) 、

で販売されています。

中国のHuawei公式サイトで「Huawei Watch GT Cyber」をチェックする

Amazonで「Huawei Watch GT Cyber」をチェックする

楽天市場で「Huawei Watch GT」をチェックする

ヤフーショッピングで「Huawei Watch GT」をチェックする

AliExpressで「Huawei Watch GT Cyber」をチェックする

 

 

他のスマートウォッチと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「HUAWEI WATCH GT 3 SE

Amazfit GTR 4

Fitbit Versa 4

Apple Watch SE 第2世代

Garmin Venu Sq 2

Google Pixel Watch

Galaxy Watch5 /Pro

FOSSIL GEN 6 WELLNESS EDITION

Huawei Watch GT 3 Pro

FOSSIL Gen 6 Hybrid

Amazfit GTS 4 Mini

他のHuaweiスマートウォッチと比較

他にもHuaweiスマートウォッチが販売されています。ぜひ比較してみてください。

Huaweiスマートウォッチは性能よし! 新型 Band 全機種を比較

その他のおすすめスマートウォッチは?

その他のおすすめスマートウォッチは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

【2022年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

最新のスマートウォッチをまとめて紹介しています。

スポーツ&健康管理に使えるスマートバンド 最新 機種 まとめ

最新のリストバンド(活動量計)をまとめて紹介しています。

アウトドアで使えるタフなスマートウォッチ 全機種を比較

アウトドアで使えるタフスマートウォッチをまとめて紹介しています。

ガーミンのスマートウォッチ 買うならどれ? 人気モデルを比較 

Garminスマートウォッチをまとめて紹介しています。

Fitbitスマートウォッチが人気上昇! 全モデルを比較

Fitbitのスマートウォッチをまとめて紹介しています。

<3G・4G対応のAndroidスマートウォッチ>

3G・4G対応で通話できるAndroidスマートウォッチ まとめ