「Redmi Watch 2 lite」と注目の低価格スマートウォッチを徹底 比較!


2021年11月にAmazonで発売された「Redmi Watch 2 lite」と注目の低価格スマートウォッチを徹底 比較!価格や計測できること・機能、スペックの違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2022年5月、Xiaomi Youpin「Mibro Watch A1」が発売されました。

※2022年4月下旬、「POCO Watch」が発売されました。

※2022年3月から「Xiaomi Watch S1」、「Xiaomi Watch S1 Active」、1月から、「Redmi Smart Band Pro」も発売中です。

※2021年2月から「Mi Watch」、2月下旬から「Mi Watch Lite」も発売中です。

「Redmi Watch 2 lite」の特徴

Redmi Watch 2 lite」の特徴をまとめてみました。

1.55液晶・100種フェイス・最大10日間バッテリ

Redmi Watch 2 lite」は1.55インチで解像度320×360ドットのTFTスクリーンを搭載。ピクセル密度311ppiの色鮮やかな液晶でLINEやSMSの通知もはっきりくっきりと表示できます。また100種類以上のウォッチフェイスを用意。その日の気分に合わせて変更できます。そのほか、通常使用で最大10日間駆動できる262 mAhバッテリーを搭載。磁気充電にも対応しています。

血中酸素・高精度PPGセンサー・ストレス

Redmi Watch 2 lite」は血中酸素飽和度(SpO2)に対応。血液中の酸素の割合を調べることで体の異常をすばやく検知することができます。また、高精度な計測が可能なPPGセンサーを搭載。心拍数や睡眠の24時間モニタリングにも対応しています。そのほか、ストレスレベルの計測が可能。呼吸数のトラッキングにも対応しています。

GPS内蔵・5気圧防水・専用アプリ

Redmi Watch 2 lite」はGNSSチップセットを内蔵し、4つの主要な全地球測位システム(GPS、GLONASS、Galileo、BDS)に対応。より正確な位置追跡が可能になっています。また、5気圧防水に対応。水泳やプールでも使用できます。そのほか、専用アプリの「Xiaomi Wear」、「Xiaomi Wear Lite」を用意。計測したデータを見やすく表示して健康状態を一目で確認できるようになっています。

公式ページ Redmi Watch 2 lite

価格を比較

Redmi Watch 2 lite」と「HUAWEI WATCH FIT new」、「realme Watch S」、「Amazfit Bip U」の価格を比較してみました。

「Redmi Watch 2 lite」

Redmi Watch 2 lite」は、Amazonで8,980円、楽天市場で8,980円 (税込)、ヤフーショッピングで8,980 円、AliExpressでUS $48.99、米国 Amazon.comで$95.99で販売されています。

「HUAWEI WATCH FIT new」

HUAWEI WATCH FIT new」は、Amazonで13,530円、楽天市場で12,220円(税込)、ヤフーショッピングで12,220円(税込)、ビックカメラで12,220円(税込・1222ポイント)、AliExpressでUS $127.48 – 171.40、米国Amazon.comで$106.72 で販売されています。

「realme Watch S」

realme Watch S」は、Amazonで10,727円、楽天市場で11,800円 (税込)、ヤフーショッピングで11,800円で販売されています。

「Amazfit Bip U」

Amazfit Bip U」は、Amazonで10,500円、楽天市場で11,880円 (税込・1180ポイント)、ヤフーショッピングで11,880円、AliExpressでUS $50.99、米国Amazon.comで$59.99 + $10.41 shipping で販売されています。

計測できること・機能を比較

Redmi Watch 2 lite」と「HUAWEI WATCH FIT new」、「realme Watch S」、「Amazfit Bip U」の計測できること・機能を比較してみました。

「Redmi Watch 2 lite」

計測できること

血中酸素飽和度(SpO2)、ストレスレベル、呼吸数・心拍数(24時間・PPGセンサー)、睡眠(24時間)・女性の健康・消費カロリー、歩数、距離・ペース・ルート(GPSセンサーあり)

100種以上のフィットネスモード(ワークアウトモード)

機能

ウォッチフェイスの変更(100種以上)、心拍アラート、着信通知(LINE、SMS、Twitter、Facebook、Instagramなど)、音楽コントロール、天気予報、メッセージアラート、マナーモード、無操作アラート、スマホ探索、アラーム、タイマー

「HUAWEI WATCH FIT new」

計測できること

血中酸素 (SpO2)、歩数、消費カロリー、距離・ペース・移動ルート(GPS内蔵でリアルタイム)、心拍数(AIアルゴリズム・24時間リアルタイム・HUAWEI TruSee™ 4.0)、心拍アラート(異常を検知して通知)、睡眠モニタリング(HUAWEI TruSlee™ 2.0)、睡眠アドバイス(200以上)、ストレスモニタリング(HUAWEI TruRelax™テクノロジー)、月経周期

97種類のワークアウトモード(縄跳びを含む12のプロスポーツモード+85種類のカスタムワークアウトモード)

機能

フィットネス動画(12種類のクイックワークアウトアニメーションと44種類の標準的な動作デモ)、ウォッチフェイスの変更(ウォッチフェイスストアはAndroid™のみ対応・機能の表示位置も変更可能)、プライベートトレーナー(12種類のクイックワークアウトをアニメーションで表示)、メッセージ通知(SMSメッセージ、着信電話、カレンダーイベントや他のSNSアプリのタイムリーな通知・振動で知らせる)、天気、アラーム、タイマー、ストップウォッチ、懐中電灯、音楽再生のコントロール(Androidスマホのみ対応)、リモートシャッター機能(EMUI 10.1以上のファーウェイスマートフォンのみ)、電池残量、専門家によるガイダンス(アドバイス)、輝度自動調整機能 、6種の常時点灯表示

「realme Watch S」

計測できること

血中酸素飽和度(SpO2)、心拍数(自動・24時間・休息時・アラート)、睡眠、歩数、消費カロリー、移動距離

16種類のスポーツモード(屋外ランニング、ウォーキング、屋内ランニング、屋外サイクリング、有酸素運動、ウエイトトレーニング、サッカー、バスケットボール、卓球、バドミントン、屋内サイクリング、エリプティカル、ヨガ、ローイングマシン、エアロバイク、クリケット)

機能

自動明るさ調整、瞑想モード、心拍アラート、水分補給リマインダー、運動リマインダー、ウォッチフェイスの変更(100種類の文字盤)、音楽コントロール、カメラコントロール、端末を探す(スマホ探索)、ストップウォッチ、天気予報、Cloudマルチ文字盤、カスタム文字盤、多言語対応、着信通知、メッセージ通知、アラーム、不正ペアリング防止機能、省エネモード、おやすみモード、クイック設定

「Amazfit Bip U」

計測できること

血中酸素濃度(SpO2)、消費カロリー、距離・速度・ペース(Pro版はGPS内蔵)、心拍数(24時間リアルタイム)、睡眠(浅い、深い、レムなど)、ストレス、月経周期

スポーツモード(60種類)

機能

PAI健康評価システム、ウォッチフェイスの変更(50種類から選択可能)、ウォッチフェイスモジュラー(カスタマイズ可能・ホーム画面に時刻、日付、天気、心拍数など、時計などの情報を選択して表示)

メッセージ通知機能、タイマー機能、スマートフォンミュージックコントロール機能、スマートフォンカメラリモートコントロール機能、ストップウォッチ機能、世界時計・アラーム機能、スマホ探索機能、カウントダウン機能、天気予報機能

スペックを比較

Redmi Watch 2 lite」と「HUAWEI WATCH FIT new」、「realme Watch S」、「Amazfit Bip U」のスペックを比較してみました。

「Redmi Watch 2 lite」のスペック

  • ディスプレイ 1.55インチ、解像度320 x 360 ドットのTFTスクリーン
    ※311ppi/正方形/薄膜トランジスタ(TFT)スクリーン/画面比率はMi Watch Liteから10%増加
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ  なし
  • バッテリー 262 mAh
  • 駆動時間 通常使用で10日間、最大使用で5日間
  • 充電 磁気(マグネット)充電
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0(Bluetooth Low Energy)
  • GPS 対応 (GLONASS / Galileo / BeiDou)
  • インターフェース 充電端子
  • センサー 光学式心拍センサー、加速度計、ジャイロスコープ、電子コンパス、GPS
  • ストラップ TPU / 140-210mm / アイボリー、ブラック、ブルー、ピンク、オリーブ、ブラウン
  • 防水 5 ATM ・5気圧防水
  • アプリ Xiaomi Wear / Xiaomi Wear Lite
  • 筐体の材質 プラスチック
  • 対応OS Android6.0以降、iOS10.0以降
  • OS 独自OS (Proprietary OS)
  • サイズ 41.2 x 35.3 x 10.7 mm
  • 重量 35 g
  • カラー アイボリー、ブラック、ブルー
  • 付属品 時計ストラップ×1充電ケーブル×1ユーザーマニュアル×1

関連記事【2022年最新】Xiaomi スマートウォッチ&スマートバンドの全機種を徹底 比較!

Amazonで「Redmi Watch 2 lite」をチェックする

楽天市場で「Redmi Watch 2 lite」をチェックする

ヤフーショッピングで「Redmi Watch 2 lite」をチェックする

AliExpressで「Redmi Watch 2 lite」をチェックする

米国 Amazon.comで「Redmi Watch 2 lite」をチェックする

「HUAWEI WATCH FIT new」のスペック

  • ディスプレイ 約1.64インチ、解像度456 x 280 pxのAMOLED液晶
    ※326ppi/タッチスクリーン対応/画面占有率 約70%/2.5D/16.7Mカラー/直射日光下でも見やすい
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ なし
  • バッテリー駆動時間 通常使用で10日間、GPSモードで約12時間
  • 充電 急速充電(わずか5分の充電で約1日使用)、磁気充電ポート、5V 0.5A/1A/1.5A/2A
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0 BLE
  • GPS 内蔵 (GPS、QZSS, GLONASS対応)
  • インターフェース 充電端子、サイドボタン
  • センサー 6軸IMUセンサー(加速度センサー、ジャイロセンサー)、光学式心拍センサー
  • 筐体の材質 耐久性のあるポリマー
  • ストラップ グラファイトブラックシリコンベルト、ポメロレッドシリコンベルト、アイルブルーシリコンベルト、サクラピンクシリコンベルト
  • 防水 5気圧防水
  • OS 独自OS
  • 対応OS Android 6.0以上、iOS 9.0以上
  • サイズ 縦約46 mm x 横30 mm x 厚さ10.7 mm(最薄部) (バンドを除く)
  • 手首サイズ 手首周り:11 ~ 19 cm(サクラピンク)、13 ~ 21 cm(サクラピンク以外)
  • 重量 約21 g (バンドを除く)
  • カラー ポメロレッド,アイルブルー,サクラピンク,グラファイトブラック
  • 付属品 充電クレードル付USBケーブル x 1、クイックスタートガイド&保証とアフターサービスのご案内

関連記事「HUAWEI WATCH FIT new」と人気スマートバンドを徹底 比較!

Amazonで「HUAWEI WATCH FIT new」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI WATCH FIT new」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI WATCH FIT new」をチェックする

ビックカメラで「HUAWEI WATCH FIT new」をチェックする

米国 Amazon.comで「HUAWEI WATCH FIT new」をチェックする

「realme Watch S」のスペック

  • ディスプレイ 1.3インチ、解像度360 x 360 pxの液晶
    ※強化ガラス(Corning Gorilla Glass)/自動明るさ調整/タッチ対応
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
  • バッテリー 390 mAh ※省エネモードあり
  • 駆動時間 15日間
  • 充電 マグネット
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0
  • インターフェース 充電端子
  • センサー 3軸加速度、心拍センサー、感光センサー、装着検知センサー
  • 防水防塵 IP68
  • アプリ realme Linkアプリ・Android 5.0以上
  • ストラップ  幅:22mm  調整可能な長さ:164 – 208 mm
  • ケースの素材 アルミ合金
  • OS 独自OS
  • サイズ 259.5 x 47.0 x 12.0 mm(ストラップ含む)
  • 重量 48 g
  • カラー ブラック
  • 付属品 充電台、ユーザーマニュアル

関連記事「realme Watch S」はイケてる? 1万円スマートウォッチと比較!

Amazonで「realme Watch S」をチェックする

楽天市場で「realme Watch S」(RMA207-BK)をチェックする

ヤフーショッピングで「realme Watch S」(RMA207-BK)をチェックする

AliExpressで「realme Watch」をチェックする

Banggoodで「realme Watch」をチェックする

米国 Amazon.comで「realme Watch」をチェックする

「Amazfit Bip U」のスペック

  • ディスプレイ 1.43インチ、解像度320×302 pxのフルカラーTFT液晶
    ※タッチスクリーン / 2.5Dガラス / 指紋防止コーティング
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
  • バッテリー 230mAh リチウムイオンポリマー電池
  • 駆動時間 通常使用で9日間
  • 充電時間 約2時間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0 BLE
  • GPS 搭Amazfit Bip U Proのみ搭載
  • インターフェース クリップ/ 2ピンPOGOピン
  • センサー BioTracker ™2PPG生体光学センサー、加速度センサー、 ジャイロスコープセンサー、地磁気センサー(Amazfit Bip U Proのみ)
  • 防水 5 ATM・5気圧防水・50m防水
  • マイク ※Amazfit Bip U Proのみ搭載
  • 素材 ポリカーボネー
  • ストラップ シリコーンゴム、ストラップ幅:20mm、長さ118mm(ロングバージョン)、76mm(ショートバージョン)
  • OS RTOS
  • 対応OS Android5.0以上またはiOS10.0以降
  • サイズ 40.9×35.5×11.4mm
  • 重量 31g(ストラップ付き)
  • カラー ブラック、ピンク、グリーン

関連記事「Amazfit Bip U」と最新スマートバンドを徹底 比較! 

Amazonで「Amazfit Bip U」をチェックする

楽天市場で「Amazfit Bip U」をチェックする

ヤフーショッピングで「Amazfit Bip U」をチェックする

AliExpressで「Amazfit Bip U」をチェックする

米国Amazon.comで「Amazfit Bip U」をチェックする

Banggoodで「Amazfit Bip」をチェックする

「Redmi Watch 2 lite」のメリット・デメリット

Redmi Watch 2 lite」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・1.55インチのTFTスクリーンが見やすい

Redmi Watch 2 lite」は1.55インチで解像度320×360ドットのTFTスクリーンを搭載。ピクセル密度311ppiの色鮮やかな液晶で、画面比率はMi Watch Liteから10%増加しています。

一方、「HUAWEI WATCH FIT new」は約1.64インチで解像度456x280pxのAMOLED液晶を搭載しています。「realme Watch S」は1.3インチで解像度360x360pxの液晶を搭載しています。「Amazfit Bip U」は1.43インチで解像度320×302 pxのフルカラーTFT液晶を搭載しています。

・100種類以上のウォッチフェイスを用意

Redmi Watch 2 lite」は100種類以上のウォッチフェイスを用意し、その日の気分に合わせて変更できます。

一方、「HUAWEI WATCH FIT new」はウォッチフェイスの変更(ウォッチフェイスストア)に対応しています。「realme Watch S」はウォッチフェイスの変更(100種類の文字盤)に対応しています。「Amazfit Bip U」はウォッチフェイスの変更(50種類から選択可能)に対応しています。

・血中酸素、ストレス、呼吸数の計測に対応

Redmi Watch 2 lite」は血中酸素飽和度(SpO2)、ストレスレベル、呼吸数の計測に対応しています。

一方、「HUAWEI WATCH FIT new」と「Amazfit Bip U」は血中酸素(SpO2)とストレスレベルの計測に対応しています。「realme Watch S」は血中酸素飽和度(SpO2)の計測に対応しています。

・100種以上のフィットネスモードに対応

Redmi Watch 2 lite」は100種以上のフィットネスモード(ワークアウトモード)に対応し、屋外ランニング・トレッドミル・ウォーキング・屋外サイクリング・ハイキング・ローイングマシン・ヨガ・プールスイミングなどのアクティビティを計測できます。

一方、「HUAWEI WATCH FIT new」は97種類のワークアウトモードを搭載しています。「realme Watch S」は16種類のスポーツモードを搭載しています。「Amazfit Bip U」は60種類のスポーツモードを搭載しています。

・10日間駆動できる262mAhバッテリー

Redmi Watch 2 lite」は10日間駆動できる262mAhバッテリーを搭載しています。また、最大使用でも5日間駆動できます。そのほか、磁気(マグネット)充電にも対応しています。

一方、「HUAWEI WATCH FIT new」は通常使用で10日間、GPSモードで約12時間駆動するバッテリーを搭載しています。「realme Watch S」は390 mAhバッテリー(省エネモードあり)を搭載しています。「Amazfit Bip U」は通常使用で9日間駆動する230mAhバッテリーを搭載しています。

・Bluetooth 5.0&GPSに対応

Redmi Watch 2 lite」はBluetooth 5.0対応でスマートフォンやワイヤレスイヤホンなどともスムーズに接続できます。また、GPS (GLONASS/Galileo/BeiDou)内蔵で距離やペース・経路なども計測できます。

一方、「HUAWEI WATCH FIT new」はBluetooth 5.0 BLE&GPS (QZSS, GLONASS)に対応しています。「realme Watch S」はBluetooth 5.0に対応しています。「Amazfit Bip U」はBluetooth 5.0 BLEを搭載しています。

・5気圧防水に対応

Redmi Watch 2 lite」は5気圧防水に対応し、プールやシャワーを計測できます。

一方、「HUAWEI WATCH FIT new」と「Amazfit Bip U」は5気圧防水に対応しています。「realme Watch S」はIP68防水防塵に対応しています。

デメリット

・急速充電に対応していない

Redmi Watch 2 lite」は急速充電に対応していません。

一方、「HUAWEI WATCH FIT new」は急速充電(わずか5分の充電で約1日使用)に対応しています。「realme Watch S」と「Amazfit Bip U」は急速充電に対応していません。

・Suica電子マネー決済に対応していない

Redmi Watch 2 lite」はSuica電子マネー決済に対応していません。

一方、「HUAWEI WATCH FIT new」、「realme Watch S」、「Amazfit Bip U」はSuica電子マネー決済に対応していません。

「Redmi Watch 2 lite」の評価

Redmi Watch 2 lite」の評価を紹介します。

スペック:★★★

通信:★★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★★

<総合評価>

2021年2月に発売された「Mi Watch Lite」の後継モデルです。液晶ディスプレイは1.4インチから1.55インチに大型化し、見やすさが大幅に向上しています。また、「Mi Watch Lite」ではできなかった血中酸素の計測に対応。ワークアウトモードは11種種類から100種以上に増強。100種以上のウォッチフェイスも用意しています。

そのほかGPSセンサー内蔵でペースや経路も計測可能。通常使用で10日間駆動できるバッテリーも搭載し、バッテリー切れを心配することもありません。価格はAmazonで7999円。豊富な機能を備えながらこの価格は異常なほど安いです。フィットネス用スマートウォッチとして必ず手に入れておきたい一品です。

「Redmi Watch 2 lite」の販売・購入先

Redmi Watch 2 lite」は、

Amazonで8,980円、

楽天市場で8,980円 (税込)、

ヤフーショッピングで8,980 円、

AliExpressでUS $48.99、

米国 Amazon.comで$95.99、

で販売されています。

Amazonで「Redmi Watch 2 lite」をチェックする

楽天市場で「Redmi Watch 2 lite」をチェックする

ヤフーショッピングで「Redmi Watch 2 lite」をチェックする

AliExpressで「Redmi Watch 2 lite」をチェックする

米国 Amazon.comで「Redmi Watch 2 lite」をチェックする

 

 

 

他のスマートウォッチと比較

リンク先からさらに詳しいスペック情報や機能、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Amazfit Bip 3 /Pro

★「Mibro Watch A1」(Xiaomi Youpin)

★「POCO Watch

★「Redmi Smart Band Pro

★「realme Watch 2 Pro

★「OPPO Watch Free

HUAWEI WATCH FIT new

realme Watch S

Amazfit Bip U

TicWatch GTH

Mi Watch Lite

Garmin VENU SQ

Apple Watch SE

Mi Band 6

HUAWEI Band 6

OPPO Band Style

他のXiaomiスマートウォッチと比較

他にもXiaomiスマートウォッチが販売されています。ぜひ比較してみてください。

【2022年最新】Xiaomi スマートウォッチ&スマートバンドの全機種を徹底 比較!

【2022年最新】Xiaomi スマートウォッチ&スマートバンドの全機種を徹底 比較!

その他のおすすめスマートウォッチは?

その他のおすすめスマートウォッチは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

【2022年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

最新のスマートウォッチをまとめて紹介しています。

スポーツ&健康管理に使えるスマートバンド 最新 機種 まとめ

最新のリストバンド(活動量計)をまとめて紹介しています。

ガーミンのスマートウォッチ 買うならどれ? 人気モデルを比較 

ガーミンのスマートウォッチをまとめて紹介しています。

Fitbitスマートウォッチが人気上昇! 全モデルを比較

Fitbitのスマートウォッチをまとめて紹介しています。

<Apple / アップル>

Apple Watchを激安ゲット! 最新モデルと歴代 中古を比較

<3G・4G対応のAndroidスマートウォッチ>

3G・4G対応で通話できるAndroidスマートウォッチ まとめ