「Mi Band 6」と最新スマートバンドを徹底 比較!


2021年4月に発売された「Mi Band 6」と最新スマートバンドを徹底 比較して紹介!価格や計測できること・機能、スペックの違いをはじめ、メリット・デメリットも紹介します。

「Mi Band 6」の特徴

Mi Band 6」の特徴をまとめてみました。

50%大型化したフルスクリーン有機EL液晶

Mi Band 6」は1.56インチ、解像度152 x 486 pxのAMOLED液晶を搭載。ボタンを廃止し、ベゼルレスに変更したことで「Mi Band 5」よりも50%表示領域が拡大されました。また、130種以上のウォッチフェイスから好みのものを選択することが可能。ジェスチャー操作や指紋防止コーティング、強化ガラスにも対応しています。

睡眠に血中酸素&心拍数が連動・PAI評価も

Mi Band 6」は新しい睡眠センサーを採用。睡眠の時間や質を測るだけでなく、血中酸素(SpO2)と心拍数も同時にモニタリングし、計測結果に表示することができます。また、新たにPAI健康評価システムも採用。さまざまなデータをアルゴリズムによってスコア化し、瞬時に健康状態を把握できるようになっています。

NFC・7日間バッテリー・30種スポーツモード

Mi Band 6」は「Mi Band 5」と同様にNFC対応モデルも用意。Google Payなどを利用して電子マネー決済が利用できます。また、通常使用で7日間駆動する125 mAhバッテリーを搭載。ダンス、屋内フィットネス、体操など30種のスポーツモードに対応するほか、6種類のエクササイズを自動検出する機能も利用できます。

価格を比較

Mi Band 6」と、「Honor band 6」、「Amazfit Band 5」、「HUAWEI WATCH FIT」の価格を比較してみました。

「Mi Band 6」

Mi Band 6」は、Amazonで5,990円、楽天市場で5,990円 (税込)、ヤフーショッピングで5,990円、Banggoodで5,826円、AliExpressでUS $35.50、米国Amazon.comで $43.99(日本発送は合計で$54.63)で販売されています。

「Honor band 6」

Honor band 6」は、Amazonで6,300円、楽天市場で12,916円 (税込)、ヤフーショッピングで6,480 円(アウトレット品)、Banggoodで6,176円、AliExpressでUS $46.59、米国Amazon.comで$49.39(日本発送は合計で$59.81)で販売されています。

「Amazfit Band 5」

Amazfit Band 5」は、Amazonで6,980円(1050円OFFクーポン付き)、楽天市場で6,980円 (税込)、ヤフーショッピングで6,980円、GearBestで6411円、AliExpressでUS $40.00 で販売されています。

「HUAWEI WATCH FIT」

HUAWEI WATCH FIT」は、Amazonで10,988円、楽天市場で11,985円 (税込)、ヤフーショッピングで11,000円 (税込)、ビックカメラで12,200円(税込・1,220ポイント)、米国Amazon.comで$91.00 (日本発送は+ $10.98) で販売されています。

計測できること・機能を比較

Mi Band 6」と、「Honor band 6」、「Amazfit Band 5」、「HUAWEI WATCH FIT」の計測できること・機能を比較してみました。

「Mi Band 6」

計測できること

血中酸素濃度 SpO2測定、ストレス、歩数、消費カロリー、移動距離、心拍数、睡眠(24時間・血中酸素と心拍と連動)、女性の健康状態

30種類のスポーツモード(※追加されたもの:ダンス、屋内フィットネス、体操、HIIT、コアトレーニング、ストレッチ、ステッパー、ピラティス、バスケットボール、バレーボール、卓球、バドミントンなど、19のスポーツモード。元からあったもの:クリケット、ボウリング、ボクシング、フリーファイティング、ストリートダンス、ズンバ、屋内スケート)

機能

PAI健康評価システム、エクササイズ自動検出(6種類・屋外ランニング、トレッドミル、ウォーキング、屋外サイクリング、エリプティカルマシン、ローイングマシン)、ジェスチャー操作、ウォッチフェイスの変更(130種以上)、赤外線オフザリスト検出機能(NFCモデルのみ)、心拍アラート(異常を知らせる)、

リモートシャッター機能(スマホカメラを操作)、磁気充電(ストラップをつけたまま充電可能)、NFC、Google Pay(グローバル版のみ)、目覚まし時計、タイマー機能、天気や時計の表示、リマインダー機能、ストレスモニタリング機能、深呼吸や休息を勧める機能

「Honor band 6」

計測できること

SpO2測定(血中酸素濃度)、歩数計、カロリー消費、移動経路、睡眠(HUAWEI TruSleepモニタリング技術)、心拍数(TruSeen4.0)、女性の周期、中強度から高強度の活動時間

スポーツモード 屋外ランニング、屋内ランニング、屋外ウォーキング、 屋外サイクリング、エアロダインバイク、無料トレーニング、スイミングプール、ローイングマシン エリプティカルマシン、屋内ウォーキングなど(10種類)

機能

ワークアウト自動検出、ウォッチフェイスの変更、リマインダー、音楽再生コントロール(Androidのみ)、カメラのリモートコントロール、スマホ探索、天気予報、着信通知(メッセージ)、着信拒否、時刻、Eメール、SNS通知、振動アラーム、スマートアラーム、タイマー、睡眠の質向上のアドバイス(AI技術が6種類の睡眠問題を正確に識別し、200以上のアドバイス)

「Amazfit Band 5」

計測できること

消費カロリー、距離・速度・ペース(GPSセンサーなし)、心拍数(24時間リアルタイム)、睡眠(浅い、深い、レムなど)、ストレス、月経周期

11種類のスポーツモード

機能

PAI健康評価システム(Huami 独自の BioTrackerTM2 PPG バイオトラッキング光学センサー搭載)、心拍アラート(異常を知らせる)、Amazon Alexa 音声認識(※OTA アップデート予定)、メッセージ通知機能(SMS、LINEなどのSNSアプリ、Gmailなど)、

呼吸エクササイズ(呼吸パターンでリラックス)、アイドルアラート機能(座りすぎ防止)、タイマー機能、スマートフォンミュージックコントロール機能、スマートフォンカメラリモートコントロール機能、ストップウォッチ機能、世界時計・アラーム機能、スマホ探索機能、カウントダウン機能、天気予報機能、イベントのお知らせ、ウォッチフェイスのカスタマイズ(45個以上の文字盤、2個のカスタマイズ可能な文字盤、独自の写真をアップロード)

「HUAWEI WATCH FIT」

計測できること

血中酸素濃度(SpO2)、歩数、消費カロリー、距離・ペース・移動ルート(GPS内蔵でリアルタイム)、心拍数(AIアルゴリズム・24時間リアルタイム・HUAWEI TruSee™ 4.0)、心拍アラート(異常を検知して通知)、睡眠モニタリング(HUAWEI TruSlee™ 2.0)、睡眠アドバイス(200以上)、ストレスモニタリング(HUAWEI TruRelax™テクノロジー)、月経周期

※2021年1月下旬以降から「SpO2」(血中酸素)の計測に対応するようにアップデートされました。

機能

ウォッチフェイスの変更(ウォッチフェイスストアはAndroid™のみ対応・表示位置も変更可能)、プライベートトレーナー(12種類のクイックワークアウトをアニメーションで表示)、96種類のワークアウトモード(ランニング、膵炎、サイクリングなど11種類のプロスポーツモード、ヨガや高強度インターバルトレーニングなどの85種類のカスタムワークアウトモード)、

メッセージ通知(SMSメッセージ、着信電話、カレンダーイベントや他のSNSアプリのタイムリーな通知・振動で知らせる)、天気、アラーム、タイマー、ストップウォッチ、懐中電灯、音楽再生のコントロール(Androidスマホのみ対応)、リモートシャッター機能(EMUI 10.1以上のファーウェイスマートフォンのみ)、電池残量、専門家によるガイダンス(アドバイス)、輝度自動調整機能 、6種の常時点灯表示

スペックを比較

Mi Band 6」と、「Honor band 6」、「Amazfit Band 5」、「HUAWEI WATCH FIT」のスペックを比較してみました。

「Mi Band 6」のスペック

  • ディスプレイ 1.56インチ、解像度152 x 486 pxのAMOLED液晶
    ※326PPI/450nit/指紋防止コーティング/強化ガラス/フルスクリーン/ジェスチャー操作
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
  • バッテリー 125 mAh
  • 駆動時間 スタンバイで14日間、通常使用で7日間
  • 充電 マグネット式
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0
  • GPS  なし・センサーを内蔵していません
  • NFC  対応・グローバルモデルのみ
  • インターフェース 充電端子
    ※画面上のボタンは廃止されました。
  • センサー Gセンサー、心拍数センサー、睡眠センサー、PPGバイオセンサー※GPSセンサーは搭載していません
  • 防水 5気圧 防水(水深50mまで)
    ※水泳、水しぶき、雨や雪、シャワー、シュノーケリングで使用可能
  • 音声アシスタント 非対応(グローバル版)
  • アプリ MiSports
  • 言語 日本語を含む38のマルチ言語に対応
  • 対応OS  Android 5.0以上、もしくはiOS10.0以上
  • OS 独自OS
  • サイズ 47.4×18.6×12.7mm
  • 重量 12.8g
  • ストラップ 肌にやさしいプラスチック素材
  • カラー ストラップ色がブラック、オレンジ、イエロー、オリーブ、アイボリー、ブルーの6種類

関連記事スポーツ&健康管理に使えるスマートバンド 最新 機種 まとめ

Amazonで「Mi Band 6」をチェックする

楽天市場で「Mi Band 6」をチェックする

ヤフーショッピングで「Mi Band 6」をチェックする

Banggoodで「Mi Band 6」をチェックする

AliExpressで「Mi Band 6」をチェックする

米国Amazon.comで「Mi Band 6」をチェックする

「Honor band 6」のスペック

  • ディスプレイ 1.47インチ、解像度194 x 368 pxのAMOLED液晶
    ※2.5D曲面ガラス
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
  • バッテリー 180mAh
  • 駆動時間  10~14日間
  • 充電  急速充電、時間:65分、10分で3日間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0
  • インターフェース 充電端子
  • センサー 加速度センサー、ジャイロスコープセンサー、光学式心拍数センサー
  • 防水 5ATM
  • アプリ Huawei Health (※Android,iOS対応)
  • バンド長さ 160〜210mm
  • 対応OS Android 5.0以上、またはiOS 9.0以降
  • OS 独自OS
  • サイズ 43×25×11mm
  • 重量 18g
  • カラー ブラック、グレー、ピンク
  • 付属品 専用充電器×1、取扱説明書×1(中国語のみ)
  • 発売日  2020年11月

関連記事「Honor band 6」と激安スマートバンドを徹底 比較! 

Amazonで「Honor band 6」をチェックする

楽天市場で「Honor band 6」をチェックする

ヤフーショッピングで「Honor band 6」をチェックする

Banggoodで「Honor band 6」をチェックする

AliExpressで「Honor band 6」をチェックする

米国Amazon.comで「Honor band 6」をチェックする

「Amazfit Band 5」のスペック

  • ディスプレイ 1.1 インチ、解像度 126×294 pxのフル カラー AMOLED液晶
    ※タッチ スクリーン2.5D ガラス + 指紋付着防止コーティング
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
  • バッテリー駆動時間 スタンバイで90 日間、標準的な使用で 15 日間、省電力モードで 25 日間
  • 充電  クリップ / 2 ピン Pogo ピン
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0
  • インターフェース 充電端子
  • センサー BioTracker TM2 PPG バイオトラッキング光学、3 軸加速度センサー | 3 軸ジャイロスコープ センサー
  • 本体の素材 ポリカーボネート
  • ストラップ 素材:肌に優しい TPU、長さ:162-235mm、幅:15.55mm
  • 防水 5 ATM・5気圧防水
  • OS 独自OS
  • 対応OS Android 5.0 以降、iOS 10.0 以降
  • サイズ 47.2 x 18.5 x 12.4mm
  • 重量 24g (ストラップ込み)、12g (ストラップ除く)
  • カラー オリーブ、オレンジ、ミッドナイトブラック
  • 付属品 クリップ ドック、ユーザー マニュアル
  • 発売日 2020年9月25日にAmazon.co.jpで販売開始

関連記事「Amazfit Band 5」と激安スマートバンドを徹底 比較!

Amazonで「Amazfit Band 5」をチェックする

楽天市場で「Amazfit Band 5」をチェックする

ヤフーショッピングで「Amazfit Band 5」をチェックする

Banggoodで「Amazfit Band 5」をチェックする

AliExpressで「Amazfit Band 5」をチェックする

「HUAWEI WATCH FIT」のスペック

  • ディスプレイ 約1.64 インチ、解像度456 x 280ドットのAMOLED 液晶
    ※タッチスクリーン対応 / HD/ 2.5D / 326ppi /画面占有率70% / 輝度自動調整機能 / 6種の常時点灯表示
  • プロセッサ デュアルチップセット
  • RAM(メモリ) 4 GB
  • ストレージ 不明
  • バッテリー駆動時間 連続7日~10日間(連続GPSモード:約12時間 )
  • 充電 急速充電(5分の充電で約1日使える)
  • 防水 5 ATM(5気圧防水)
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi(2.4 GHz), Bruetooth 5.0 BLE
  • GPS 対応・内蔵しています
  • インターフェース 磁気充電ポート
  • ボタン スクリーンタッチ+サイドボタン
  • センサー 加速度センサー、ジャイロセンサー、光学式心拍センサー、環境光センサー、装着検知センサー
  • 材質 耐久性のあるポリマー繊維
  • ベルト
    グラファイトブラック シリコンベルト
    ミントグリーン シリコンベルト
    サクラピンク シリコンベルト
    カンタロープオレンジ シリコンベルト※公式EC限定カラー
  • 対応OS Androd 5.0以上、iOS 9.0以上
  • アプリ HUAWEI Health アプリ(1日の歩数、活動時間、中・高強度の活動時間をカラフルな3つの円で記録)
  • サイズ  縦約46 cm × 横30 cm × 厚さ10.7 mm (バンドを除く)
  • 重量 約21 g (バンドを除く)
  • カラー サクラピンク、グラファイトブラック、ミントグリーン、カンタロープオレンジ ※公式EC限定カラー
  • 付属品 充電クレードル× 1、充電ケーブル× 1、クイックスタートガイド&保証とアフターサービスのご案内

関連記事「HUAWEI WATCH FIT」と人気スマートバンドを徹底 比較!

Amazonで「HUAWEI WATCH FIT」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI WATCH FIT」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI WATCH FIT」をチェックする

ビックカメラで「HUAWEI WATCH FIT」をチェックする

米国Amazon.comで「HUAWEI Watch FIT」をチェックする

AliExpressで「HUAWEI WATCH FIT」をチェックする

「Mi Band 6」のメリット・デメリット

Mi Band 6」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・1.56インチの大型液晶・指紋防止&強化ガラスに対応

Mi Band 6」は1.56インチで解像度152 x 486 pxのAMOLED液晶を搭載しています。ピクセル密度326PPI、輝度450nitの明るく色鮮やかな液晶で通知も見やすく表示できます。また、指紋防止コーティングや強化ガラスも採用しています。

一方、「Honor band 6」は1.47インチで解像度194 x 368 pxのAMOLED液晶を搭載しています。「Amazfit Band 5」は1.1 インチで解像度 126×294 pxのフル カラー AMOLED液晶を搭載しています。「HUAWEI WATCH FIT」は約1.64インチで解像度456 x 280ドットのAMOLED液晶を搭載しています。

・血中酸素濃度(SpO2)の測定に対応

Mi Band 6」は血中酸素濃度(SpO2)の測定に対応します。また、睡眠データの計測と連動し、睡眠中の血中酸素濃度も確認できます。

一方、「Amazfit Band 5」は血中酸素濃度(SpO2)の測定に対応していません。

「Honor band 6」と「HUAWEI WATCH FIT」は血中酸素濃度(SpO2)の測定に対応しています。

・7日間駆動できる125mAhバッテリー

Mi Band 6」は通常使用で7日間駆動できる125 mAhバッテリーを搭載しています。充電はマグネット接続で行います。

一方、「Honor band 6」は通常使用で14日間使用できる180mAhバッテリーを搭載しています。「Amazfit Band 5」は通常使用で15 日間駆動できるバッテリーを搭載しています。「HUAWEI WATCH FIT」は連続7日~10日間(連続GPSモード:約12時間) 駆動できるバッテリーを搭載しています。

・NFC&Google Payに対応

Mi Band 6」はNFC対応モデルが用意されており、Google Payによる電子マネー決済も利用できるようになっています。

一方、「Honor band 6」、「Amazfit Band 5」、「HUAWEI WATCH FIT」はFC&Google Payに対応していません。

・Bluetooth 5.0に対応

Mi Band 6」は高速で途切れづらいBluetooth 5.0に対応し、スマホやワイヤレスイヤホンなどとスムーズに接続できます。

一方、「Honor band 6」、「Amazfit Band 5」、「HUAWEI WATCH FIT」もBluetooth 5.0に対応しています。

・5気圧 防水に対応

Mi Band 6」は5気圧 防水に対応し、屋内での水泳でも使用できます。また、水しぶき、雨や雪、シャワー、シュノーケリングにも耐えることができます。

一方、「Honor band 6」、「Amazfit Band 5」、「HUAWEI WATCH FIT」も5気圧 防水に対応しています。

・PAI健康評価システムに対応

Mi Band 6」はPAI健康評価システムに対応し、自分の健康状態をスコア(数値)で確認できるようになっています。

一方、「Honor band 6」と「HUAWEI WATCH FIT」はPAI健康評価システムに対応していません。「Amazfit Band 5」はPAI健康評価システムに対応しています。

・30種類のスポーツモード&6種類のエクササイズ自動検出

Mi Band 6」は30種類のスポーツモードに対応しています。そのうち6種類のエクササイズは自動で検出できます。

一方、「Honor band 6」は10種類のスポーツモード&ワークアウト自動検出機能に対応しています。「Amazfit Band 5」は11種類のスポーツモードに対応しています。 「HUAWEI WATCH FIT」は96種類のワークアウトモードに対応しています。

デメリット

・GPSセンサーがない

Mi Band 6」はGPSセンサーが搭載されていません。距離やルート、速度などを計測する際には必ずスマートフォンが必要になります。

一方、「HUAWEI WATCH FIT」はGPSセンサーを搭載しています。「Honor band 6」と「Amazfit Band 5」はGPSセンサーがありません。

・音声アシスタントが使えない

Mi Band 6」は音声認識に対応していないようです。「Xiaomi Mi Band 5」(グローバル版)は「Amazon Alexa」に対応していました。

一方、「Amazfit Band 5」はAmazon Alexa 音声認識(※OTA アップデート必要)に対応しています。「Honor band 6」と「HUAWEI WATCH FIT」は音声認識に対応していません。

・急速充電に対応していない

Mi Band 6」は急速充電には対応していません。

一方、「HUAWEI WATCH FIT」は急速充電に対応し、5分の充電で約1日使うことができます。「Honor band 6」と「Amazfit Band 5」は急速充電に対応していません。

・Wi-Fi通信に対応していない

Mi Band 6」はBluetooth 5.0には対応していますが、Wi-FI通信には対応していません。通知を受信するにはスマホとの接続が必須になります。

一方、「HUAWEI WATCH FIT」はWi-Fi通信に対応しています。「Honor band 6」、「Amazfit Band 5」はWi-Fi通信に対応していません。

「Mi Band 6」の販売・購入先

Mi Band 6」は、

Amazonで5,990円、

楽天市場で5,990円 (税込)、

ヤフーショッピングで5,990円、

Banggoodで5,826円、

AliExpressでUS $35.50、

米国Amazon.comで $43.99(日本発送は合計で$54.63)、

で販売されています。

Amazonで「Mi Band 6」をチェックする

楽天市場で「Mi Band 6」をチェックする

ヤフーショッピングで「Mi Band 6」をチェックする

Banggoodで「Mi Band 6」をチェックする

AliExpressで「Mi Band 6」をチェックする

米国Amazon.comで「Mi Band 6」をチェックする

 

 

 

他のスマートバンドと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報や性能、機能、価格などが分かるようになっています。

★「HUAWEI WATCH FIT new

★「Fitbit Charge 5

★「OPPO Band Style

★「Amazfit Bip S Lite

★「HUAWEI Band 6

Honor band 6

Amazfit Band 5

HUAWEI WATCH FIT

Galaxy Fit2

Fitbit Charge 4

wena 3」(Sony)

Garmin vivosmart 4

Amazfit Bip U

Mi Watch Lite

HUAWEI Band 4e

その他のおすすめスマートウォッチは?

その他のおすすめスマートウォッチは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

スポーツ&健康管理に使えるスマートバンド 最新 機種 まとめ

最新のスマートバンドをまとめて紹介しています。

【2021年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

最新スマートウォッチをまとめて紹介しています。

ガーミンのスマートウォッチ 買うならどれ? 人気モデルを比較

Garminのスマートウォッチをまとめて紹介しています。

Fitbitスマートウォッチが人気上昇! 全モデルを比較

Fitbitのスマートウォッチをまとめて紹介しています。

3G・4G対応で通話できるAndroidスマートウォッチ まとめ

単体で通信できるスマートウォッチを紹介しています。