「Powkiddy RGB30」画面が斬新? 最新のレトロ携帯ゲーム機と徹底 比較!


2023年8月に発売された「Powkiddy RGB30」と最新のレトロ携帯ゲーム機を徹底 比較!価格や対応エミュレーター、収録ゲーム数、スペックの違いに加えて、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2023年9月、「RGB10MAX3 Pro」が発売されました。

※2023年5月から「Powkiddy X28」も発売中です。

「Powkiddy RGB30」の特徴

Powkiddy RGB30」の特徴をまとめてみました。

1:1の4インチIPS液晶・ジョイスティック・4100mAh

Powkiddy RGB30」は4.0インチ、解像度720 x 720 pxのLCD IPSスクリーンを搭載。アスペクト比1:1のスクウェアな画面で、レトロゲームも見やすく表示できます。また、本体に2つのジョイスティックレバーを搭載。本体上部に2つのトリガーボタンも搭載し、快適に操作できます。

そのほか、4100 mAhバッテリーを搭載し、約8時間の駆動が可能。Type-Cポートを介した高速な充電も利用できます。

RK3566・1GBメモリ・Open Source Linux

Powkiddy RGB30」はRockchip RK3566 クアッドコア プロセッサを搭載。22nmプロセスで製造された4コア4スレッド、最大2.0GHz駆動のCPUで、Antutuベンチマーク総合で約10万を記録しています。また、1GB LPDDR4メモリ搭載でスムーズに動作。ゲーム用のTFストレージは16GB/32GB/64GBで、最大256GBまで拡張できます。

そのほか、OSにOpen Source Linuxを採用。PSPやニンテンドー64、ゲームボーイ、スーパーファミコン、ネオジオ、MAME、メガドライブ、カプコン CP3など数十種類以上のエミュレーターに対応しています。

ダブルTFスロット・HDMI映像出力・Wi-Fi対応

Powkiddy RGB30」は2つTFカードスロットを搭載。システム用(16GB)とゲームROM用(32GB/64GB/128GB)を分けて使用できます。また、本体に映像出力に対応したType-Cポートを搭載。大画面のテレビやモニターに接続し、迫力ある映像でゲームを楽しめます。

そのほか、システムアップデートなどが利用できるWi-Fi通信と外部のゲームパッドなどに接続できるBluetooth接続に対応。本体は厚さ18mm、重さ207gの薄型軽量デザインで、ホワイト、ブラック、ブルーの3色カラーを用意しています。

公式ページ: POWKIDDY RGB30– Powkiddy official store

価格を比較

Powkiddy RGB30」と「ANBERNIC RG353PS」、「Retroid Pocket Flip」、「Miyoo mini Plus」の価格を比較してみました。

「Powkiddy RGB30」

Powkiddy RGB30」は、Amazonで14,799円 (税込・16GB+64GB)、ヤフーショッピングで14,999円(送料無料)、AliExpressでUS $75.85 (日本円で約10939円)、Powkiddy公式ストアでUS $89.99 (日本円で約12978円)、米国 Amazon.comで$119.99 (日本円で約17305円)で販売されています。

「ANBERNIC RG353PS」

ANBERNIC RG353PS」は、Amazonで15,999円 (税込)、楽天市場で23,012円(税込・送料無料)、ヤフーショッピングで14,490円(税込・送料無料)、AliExpressでUS $99.99 (日本円で約14,781円)、ANBERNIC公式ストアで12,199円、米国 Amazon.comで$119.99 (日本円で約17,737円)で販売されています。

「Retroid Pocket Flip」

Retroid Pocket Flip」は、Amazonで49,980円 (税込)、AliExpressでUS $176.71 (日本円で約25,885円)、米国 Amazon.comで$179.99 (日本円で約26,366円)、Retroid Pocket公式サイトで$164.00 (日本円で約24,023円)で販売されています。

「Miyoo mini Plus」

Miyoo mini Plus」は、Amazonで11,999円(税込)、楽天市場で18,081円(送料無料)、ヤフーショッピングで11,799円(送料無料)、AliExpressでUS $56.38 (日本円で約8,334円)、米国 Amazon.comで$79.99 (日本円で約11,824円)で販売されています。

対応エミュレーター、収録ゲーム数を比較

Powkiddy RGB30」と「ANBERNIC RG353PS」、「Retroid Pocket Flip」、「Miyoo mini Plus」の対応エミュレーター、収録ゲーム数を比較してみました。

「Powkiddy RGB30」

対応エミュレーター

MAME/N64/PS/CP3/NEOGEO/GBA/NES/SFC/MD/NDS など数十種類

収録ゲーム数

数千以上 ※販売先によって異なる

<補足>

OSはOpen Source Linuxで、上記以外のエミュレーターにも対応しているようです。プロセッサはRockchip RK3566でAntutu総合で約10万ほどです。ゲーム用のTFカードは基本的に16GB/32GB/64GBの3種類です。

収録ゲームはmicroSDカード(TFカード)に保存されています。本体にはmicroSDカードスロットが2つあるので、システム用とゲーム用を分けて使うことができます。システムのOSをアップグレードしてもゲームのROMに影響がありません。なお、OTG対応のType-Cポート搭載で、自分で吸い出したゲームのROMを追加することが可能です。

「ANBERNIC RG353PS」

対応エミュレーター

いくつかの PC移植ゲーム, PSP、DC、SS、PS1、NDS、N64、CPS1、CPS2、FBA、NEOGEO、GBA、GBC、GB、SFC、FC、MD、SMS、GG、MSX、PCE、WSC、WIN、NGG など20種類以上のゲームフォーマットに対応

収録ゲーム数

16GB+128GBモデルで「4519」、16GB+256GBモデルで「4318」 ※販売先によって異なる

「Retroid Pocket Flip」

対応エミュレーター

CPS1/CPS2/CPS3,PSP,PS2,PS1,GENESIS,Dreamcast,Mame,GBA/GBC/GB、Wii、N64、NDS,3DS,FC,FBA,SFC,NES,GC、NEOGEO,NEOGEO Poket,NEOGEO Poket Color,PCE,SMS、MSX,SegaCD,Sega Saturn,Saga Genesis,SMS,SGG,Sega 32x,Sega SG-1000,WS,WSC,Atari Lynx,Atari 7800,Atari 2600,VirtuaBoy,3DOなど41種類以上

※基本的にAndroidのエミュレーターアプリで動作します。Google Playストアにも対応します。

収録ゲーム数

収録ゲーム数 数千以上 ※ダウンロード必須でAndroidエミュレーターアプリを使用します。Google Playストアのゲームもダウンロードできます。

<補足>

Antutuベンチマーク総合で約200,000 <CPU> UNISOC T618

「Miyoo mini Plus」

対応エミュレーター

PS1,CPS1/2/3、FBA,GBA,GBC,GB,SFC,FC,MD,SMS,GG,NEOGEO,PCE,WSCなど16種以上

収録ゲーム数

3000以上 ※モデル・販売先によって異なっています。ゲームはmicroSDカードに収録

スペックを比較

Powkiddy RGB30」と「ANBERNIC RG353PS」、「Retroid Pocket Flip」、「Miyoo mini Plus」のスペックを比較してみました。

「Powkiddy RGB30」のスペック

  • ディスプレイ 4.0インチ、解像度720 x 720 pxのLCD IPS
    ※1:1/OCA full fit
  • プロセッサ Rockchip RK3566 Quad-Core 1.8GHz
    ※ARM Cortex-A55
  • GPU Mali-G52-2EE
  • RAM(メモリ) 1GB LPDDR4
  • ストレージ TF1(システム用16GB)、TF2(ゲーム用4GB/16GB/32GB/64GB)
  • 拡張ストレージ TF1(システム用:最大256GB)、TF2(ゲーム用:最大256GB)
  • バッテリー 4100mA
  • 駆動時間 8時間
  • 充電 Type-C (5V-2A)、時間:2時間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 5、Bluetooth
  • インターフェース Type-C (OTG/映像出力/充電)、3.5mmオーディオジャック
  • 映像出力 HD
  • スピーカー 内蔵1W x2キャビティスピーカー
  • ゲームの追加 対応
  • 筐体 ABS樹脂(プラスチック)
  • OS Open Source Linux
  • サイズ 145 x 86.5 x 18mm
  • 重量 207g
  • カラー ホワイト、ブラック、ブルー

関連記事Powkiddyの中華ゲーム機が意外といい?! 全機種 まとめ

Amazonで「Powkiddy RGB30」をチェックする

楽天市場で「Powkiddy」をチェックする

ヤフーショッピングで「Powkiddy RGB30」をチェックする

AliExpressで「Powkiddy RGB30」をチェックする

Powkiddy公式ストアで「Powkiddy RGB30」をチェックする

米国 Amazon.comで「Powkiddy RGB30」をチェックする

「ANBERNIC RG353PS」のスペック

  • ディスプレイ 3.5インチ、解像度640 x 480 pxのIPS
    ※4:3/フル視野角/ゼロ ディスタンス/OCAフルフィット
  • プロセッサ Rockchip RK3566 クアッドコア
    ※22nm/64bit/4コア/Cortex-A55/最大1.8GHz
  • GPU Mali-G52-2EE
  • RAM (メモリ)  1GB LPDDR4
  • ストレージ Linux 16GB TF (システム用・microSDカード・内蔵ストレージは非搭載)
  • 外部ストレージ 16GB (ゲームなし) 、16GB+128GB (4519ゲーム)、16GB+256GB(4318ゲーム)、microSDカードで最大512GBまで拡張可能
  • バッテリー 3500 mAh
  • 駆動時間 6時間 ※省エネ設定、画面の明るさ調整が利用可
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2
    ※ネット対戦に対応
  • インターフェース Type-C x2 (OTG/電源用)、microSDカードスロット x2、miniHDMI、3.5mmイヤホンジャック
  • 映像出力 miniHDMI
  • スピーカー 高音質ダブルホーンステレオスピーカー
  • 振動モーター サポート
  • 操作 アナログジョイステック x2、ショルダーボタン R1/R2/L1/L2、A/B/X/Yボタン
  • ソフトウェア Bluetooth ゲームパッドとマルチメディア ネットワーク再生をサポート
  • システム言語 日本語を含むマルチ言語に対応
  • OS Linux
  • サイズ 17.4 x 8.1 x 2.0 cm
  • 重量 209 g
  • カラー グレー、トランスペアレント ホワイト、トランスペアレント パープル

関連記事:「ANBERNIC RG353PS」Linuxでお得になった? 低価格な携帯ゲーム機と徹底 比較! 

Amazonで「ANBERNIC RG353PS」をチェックする

楽天市場で「ANBERNIC RG353P」をチェックする

ヤフーショッピングで「ANBERNIC RG353P」をチェックする

ANBERNIC公式ストアで「ANBERNIC RG353PS」をチェックする

AliExpressで「ANBERNIC RG353PS」をチェックする

米国 Amazon.comで「ANBERNIC RG353PS」をチェックする

「Retroid Pocket Flip」のスペック

  • ディスプレイ 4.7 インチ、解像度 750 x 1334 pxのタッチスクリーン
    ※最大輝度450nits
  • プロセッサ Unisoc Tiger T618
    ※12nm/64bit/8コア/最大2.0GHz
  • CPU 2*A75@2.0GHz + 6*A55@2.0GHz
  • GPU Mali G52 MC2@850MHz
  • RAM(メモリ) 4GB LPDDR4x @1866MHz(3733Mbps)
  • ストレージ 128GB eMMC 5.1
  • 外部ストレージ microSDカードで拡張可能
  • バッテリー 5000mAh
  • 充電 急速充電
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0
  • ストリーミング Moonlightアプリ対応
  • インターフェース USB Type-C、microHDMI、TFカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • 映像出力 HDMI 720P
  • スピーカー デュアルスピーカー (1W x2)
  • 操作 クリック可能な L3/R3 を備えたホール効果スライダー、アナログトリガー、プログラム可能な M1/M2 ボタン、二重射出成形の ABXY ボタン
  • 冷却 アクティブ冷却
  • 筐体 プラスチック、折り畳み式
  • Google Playストア 対応
  • OS Android 11 ※OTAアップデート サポート
  • サイズ 139 x 82 x 25.4mm
  • 重量 270g
  • カラー スポートレッド、ウォーターメロン、ブラック、インディゴ、16bit US

関連記事:「Retroid Pocket Flip」操作性バツグンか? Android 携帯ゲーム機と徹底 比較!

AliExpressで「Retroid Pocket Flip」をチェックする

Retroid Pocket公式サイトで「Retroid Pocket Flip」をチェックする

米国 Amazon.comで「Retroid Pocket Flip」をチェックする

Amazonで「Retroid Pocket」をチェックする

楽天市場で「Retroid Pocket」をチェックする

ヤフーショッピングで「Retroid Pocket」をチェックする

「Miyoo mini Plus」のスペック

  • ディスプレイ 3.5インチ、解像度640 x 480 pxのIPSスクリーン
  • プロセッサ SigmaStar SSD202D x2 Cortex A7@1.2GHz
  • GPU 2D GPU
  • RAM(メモリ) 128MB DDR3
  • ストレージ 64GB (microSD/※販売先によって異なります)
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで拡張可能
  • バッテリー 3000mAh
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi対応
  • インターフェース Type-C、TFカードスロット、3.5mmオーディオジャック
  • スピーカー 本体前面の下部にあり
  • セーブ 対応・最大10レコードまで
  • ゲームの追加 対応
  • 振動(バイブレーション) 対応
  • 言語 英語、中国語
  • OS Linux (Retoroarch)
  • サイズ 93.5 x 65 x 18mm
  • 重量 110g
  • カラー ホワイト、ブラック(透明)、レトロ

関連記事:「Miyoo Mini」が激安セール中! レトロ携帯ゲーム機と徹底 比較 

Amazonで「Miyoo Mini Plus」をチェックする

楽天市場で「Miyoo Mini Plus」をチェックする

ヤフーショッピングで「Miyoo Mini Plus」をチェックする

AliExpressで「Miyoo Mini Plus」をチェックする

米国 Amazon.comで「Miyoo Mini Plus」をチェックする

「Powkiddy RGB30」のメリット・デメリット

Powkiddy RGB30」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・4.0インチのIPS液晶・アスペクト比1:1でOCAフルフィットに対応

Powkiddy RGB30」は4.0インチ、解像度720 x 720 pxのLCD IPSスクリーンを搭載。アスペクト比1:1のスクウェアな画面で、液晶と本体との間に段差がないOCAフルフィットにも対応しています。

一方、「ANBERNIC RG353PS」は3.5インチで解像度640x480pxのIPSディスプレイ(アスペクト比4:3)を搭載しています。「Retroid Pocket Flip」は4.7 インチで解像度750x1334pxのタッチスクリーンを搭載しています。「Miyoo mini Plus」は3.5インチで解像度640 x 480 pxのIPSスクリーンを搭載しています。

・2つのジョイスティックとトリガーボタンで快適に操作できる

Powkiddy RGB30」は本体に2つのジョイスティックレバーを搭載。本体上部に2つのトリガーボタンも搭載し、快適に操作できます。

一方、「ANBERNIC RG353PS」は2つのアナログジョイスティックとショルダーボタン R1/R2/L1/L2、A/B/X/Yボタンで快適に操作できます。「Retroid Pocket Flip」は高精度なホールスライダーやアナログショルダーボタン、M1/M2 ボタン搭載で快適に操作できます。「Miyoo mini Plus」は背面にショルダーボタンR1/R2/L1/L2を搭載しています。

・数十種類のエミュレーターに対応

Powkiddy RGB30」はPSPやニンテンドー64、ゲームボーイ、スーパーファミコン、ネオジオ、MAME、メガドライブ、カプコン CP3など数十種類以上のエミュレーターに対応しています。

一方、「ANBERNIC RG353PS」はPSPやニンテンドー64、ドリームキャストなど20種類以上のエミュレーターに対応しています。「Retroid Pocket Flip」は41種類以上のエミュレーターに対応しています。「Miyoo mini Plus」は16種以上のエミュレーターに対応しています。

・Rockchip RK3566プロセッサ搭載で高速に動作する

Powkiddy RGB30」はRockchip RK3566 クアッドコアプロセッサを搭載。22nmプロセスで製造された4コア、4スレッド、最大2.0GHz駆動のCPUで、Antutuベンチマーク総合で約10万を記録しています。

一方、「ANBERNIC RG353PS」はRockchip RK3566 クアッドコアプロセッサ搭載で、レトロゲームも軽快に動作します。「Retroid Pocket Flip」はUnisoc T618 オクタコア プロセッサを搭載しています。「Miyoo mini Plus」はSigmaStar SSD202D x2プロセッサを搭載しています。

・1GB LPDDR4メモリ搭載でスムーズに動作する

Powkiddy RGB30」は1GB LPDDR4メモリ搭載でスムーズに動作します。

一方、「ANBERNIC RG353PS」は1GB LPDDR4メモリを搭載し、レトロゲームもスムーズに動作します。「Retroid Pocket Flip」は4GB LPDDR4メモリを搭載し、スムーズに動作します。「Miyoo mini Plus」は128MB DDR3メモリを搭載しています。

・ダブルTFカードスロットを搭載・最大256GBまで拡張できる

Powkiddy RGB30」は2つのTFカードスロットを搭載。システム用(16GB)とゲームROM用(32GB/64GB/128GB)を分けて使用できます。また、ゲーム用のTFストレージは16GB/32GB/64GBで、最大256GBまで拡張できます。

一方、「ANBERNIC RG353PS」は2つのmicoSDカードスロットを搭載し、最大512GBまで拡張できます。「Retroid Pocket Flip」は128GB eMMC 5.1ストレージ搭載で、別売のmicroSDカードで拡張できます。「Miyoo mini Plus」は1つのTFカードスロットを搭載し、64GBストレージ (microSD)を搭載しています。

・4100mAバッテリー搭載で8時間 駆動する

Powkiddy RGB30」は4100 mAhバッテリーを搭載し、約8時間の駆動が可能です。また、Type-Cポートを介した高速な充電も利用できます。

一方、「ANBERNIC RG353PS」は3500mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。「Retroid Pocket Flip」は5000mAhバッテリー搭載で、Type-C充電も利用できます。「Miyoo mini Plus」は3000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。

・Wi-Fi通信、Bluetoothに対応

Powkiddy RGB30」はシステムアップデートなどが利用できるWi-Fi通信とBluetoothによるワイヤレス接続に対応しています。

一方、「ANBERNIC RG353PS」はWi-Fi 5のデュアルバンドとBluetooth 4.2に対応しています。「Retroid Pocket Flip」はWi-Fi 5のデュアルバンドとBluetooth 5.0に対応しています。「Miyoo mini Plus」はWi-Fi通信に対応しています。

・Type-Cで映像出力、充電、転送できる

Powkiddy RGB30」はType-Cポートで、HD映像出力、充電、データの転送ができるようになっています。

一方、「ANBERNIC RG353PS」はminiHDMIポートを搭載しています。「Retroid Pocket Flip」はmicroHDMIを介した映像出力に対応しています。「Miyoo mini Plus」はminiHDMIで映像出力できません。

・デュアルスピーカー搭載で音がいい

Powkiddy RGB30」はデュアルスピーカー搭載で高音質なサウンドを再生できます。

一方、「ANBERNIC RG353PS」は高音質なダブルホーンステレオスピーカーを搭載しています。「Retroid Pocket Flip」はデュアルスピーカー搭載で高音質なサウンドを再生できます。「Miyoo mini Plus」はスピーカーを搭載しています。

・厚さ18mm、重さ207gで、3色カラーを用意

Powkiddy RGB30」は厚さ18mm、重さ207gで、ホワイト、ブラック、ブルーの3色カラーを用意しています。

一方、「ANBERNIC RG353PS」は厚さ2.0cmで重さ209gの薄型軽量デザインで、グレー、トランスペアレント ホワイト、トランスペアレント パープルの3色カラーを用意しています。「Retroid Pocket Flip」は厚さ25.4mmで重さ270gの折り畳み式で、5色カラーを用意しています。「Miyoo mini Plus」は厚さ18mmで重さ110gで、ホワイト、ブラック(透明)、レトロなど多数のカラーを用意しています。

・Open Source Linux搭載でゲームの追加に対応

Powkiddy RGB30」はOpen Source Linuxを採用し、自分で吸い出したゲームのROMを追加できます。

一方、「ANBERNIC RG353PS」はLinux OS搭載で、自分で吸い出したゲームのROMを追加できます。「Retroid Pocket Flip」はAndroid 11搭載でGoogle playストアに対応しています。「Miyoo mini Plus」はLinux (Retoroarch)搭載でゲームの追加も可能です。

デメリット

・Androidのゲームをプレイできない

Powkiddy RGB30」はAndroidのゲームをプレイすることができません。

一方、「Retroid Pocket Flip」はAndroidのゲームをプレイできます。「ANBERNIC RG353PS」と「Miyoo mini Plus」はAndroidのゲームをプレイすることができません。

※他の中華ゲーム機と同様に、基本的にゲームの言語は英語か中国語になります。また、負荷の高いPSP、N64、DCゲームなどは遅延が生じることがあります。

「Powkiddy RGB30」の評価

Powkiddy RGB30」の評価を紹介します。

スペック:★★★

通信:★★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

Powkiddyから発売された4インチLinux携帯ゲーム機です。アスペクト比1:1という、ほぼ四角い画面を搭載しており、Type-Cでの映像出力Wi-Fi通信にも対応しています。

アスペクト比1:1の画面は従来の中華ゲーム機の中でも非常に珍しくて斬新です。レトロゲームはアスペクト比4:3のものが数多くあり、16:10のモニターに映すと画面の端が切れてしまい、見づらくなるという弱点がありましたが、このアスペクト比1:1のスクリーンならちょうどよく収まって見やすく表示できそうです。レトロゲーム機との相性はかなりいいと思います。

また、中華ゲーム機としては珍しくType-Cでの映像出力に対応しています。従来機種の多くはminiHDMIポートを搭載していましたが、今後は「Powkiddy RGB30」と同じようにType-Cから変換ケーブル経由で映像出力できるようになるかもしれません。

そのほか、Wi-Fi通信に対応。「Powkiddy X55」では対応していなかった機能で、OSのシステムアップデートが利用可能になります。Bluetoothにも対応しているため、外部のゲームパッドも利用できます。

全体的な性能は「ANBERNIC RG353PS」に近く、「Miyoo mini Plus」よりは圧倒的に高いといえます。

ただし、プロセッサはRockchip RK3566のままです。ほとんどのレトロゲームは動作しますが、セガサターンのゲームは遅延がひどくてプレイできません。PSP、DC、N64は動作しますが、一部のゲームで発熱がひどくなったり、遅延が生じたりという問題が生じることがあります。この点は他のLinux携帯ゲーム機と同じです(※「Retroid Pocket Flip」はAndroid 12搭載でこのような遅延が生じにくい仕様です)。

Powkiddy RGB30」の発売時の価格はUS $89.99 (日本円で約13,012円)。

アスペクト比1:1を採用したLinux携帯ゲームを探している人におすすめです。

「Powkiddy RGB30」の販売・購入先

Powkiddy RGB30」は、

Amazonで14,799円 (税込・16GB+64GB)、

ヤフーショッピングで14,999円(送料無料)、

AliExpressでUS $75.85 (日本円で約10939円)、

Powkiddy公式ストアでUS $89.99 (日本円で約12978円)、

米国 Amazon.comで$119.99 (日本円で約17305円)、

で販売されています。

Amazonで「Powkiddy RGB30」をチェックする

楽天市場で「Powkiddy」をチェックする

ヤフーショッピングで「Powkiddy RGB30」をチェックする

AliExpressで「Powkiddy RGB30」をチェックする

Powkiddy公式ストアで「Powkiddy RGB30」をチェックする

米国 Amazon.comで「Powkiddy RGB30」をチェックする

 

 

 

他のゲーム機と比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報、性能、価格などが分かるようになっています。

★「RG 35XX H」(3.5型・ヨコ・Linux・H700)

★「TRIMUI SMART PRO」(4.96型・Allwinner A133 Plus)

★「ANBERNIC RG ARC」(4インチ・Android 11+Linux)

★「RGB10MAX3 Pro」(5.0インチ・Linux・Amlogic A311D)

★「Pimax Portal」(5.46インチ・Androidベース・VR拡張)

★「ANBERNIC RG405V」(4.0・タテ・Unisoc T618・Android 12)

ANBERNIC RG353PS

Retroid Pocket Flip

Miyoo mini Plus

ANBERNIC RG35XX」(3.5タテ・16種以上エミュ・4コア)

ANBERNIC RG Nano」(タテ型・1.54インチ)

TRIMUI SMART」(2.4インチ)

Powkiddy X55」(5.5インチ・Linux・RK3566)

ANBERNIC RG405M」( T618・20種エミュ・Android 12)

Powkiddy X28」(5.5型・Android 11・マッピング)

ANBERNIC RG353M」(RK3566・20種エミュ・デュアルOS)

他のPowkiddy ゲーム機と比較

他にもPowkiddyのゲーム機が販売されています。ぜひ比較してみてください。

Powkiddyの中華ゲーム機が意外といい?! 全機種 まとめ

その他のおすすめゲーム機は?

その他のおすすめゲーム機は以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

海外のレアすぎる携帯ゲーム機 2023 まとめ

海外製のレアな携帯ゲーム機をまとめて紹介しています。

超極小サイズの携帯ミニゲーム機 最新 まとめ

超極小サイズの携帯ミニゲーム機を紹介しています。

最新レトロゲーム機 据え置き型 ラインナップ 一覧

据え置き型の家庭用レトロゲーム機を紹介しています。

海外製のスティック型ゲーム機に熱視線!人気機種 まとめ

スティック型のゲーム機をまとめて紹介しています。

レトロゲーム互換機がじわりと人気! FC・MD・GBなど 2022 最新 まとめ

レトロゲーム互換機をまとめて紹介しています。

HDD&TFカード

懐かしの名作がぎっしり! レトロゲーム収録HDD&TFカード まとめ