「Mi Watch」と最新スマートウォッチを徹底 比較!


2021年2月以降に日本でシャオミから発売される「Mi Watch」と最新スマートウォッチを徹底 比較して紹介!価格や計測できること・機能、スペックの違いをはじめ、メリット・デメリットも紹介します。

※2021年2月下旬に日本で「Mi Watch Lite」も発売されます。

「Mi Watch」の特徴

Mi Watch」の特徴をまとめてみました。

1.39インチのAMOLED液晶・直射日光下でも見やすい

Mi Watch」は1.39 インチ、解像度454×454 pxのAMOLED液晶を搭載。ピクセル密度326ppiの明るく色鮮やかなフルカラー液晶で、直射日光下でも時間や通知を見やすく表示できます。また、100種類以上のウォッチフェイスから好みのものを選択することが可能。常時表示にも対応しています。

血中酸素の計測・117スポーツモード・自動ワークアウト

Mi Watch」は血中酸素飽和度(SpO2)の測定に対応。ウイルス感染で体調を崩したときでも異常をすばやく検知することができます。また、117種類のスポーツモードに対応。ウォーキング、屋外サイクリング、トレッキングなどのアクティビティを自動で認識・計測する「自動ワークアウト」機能も利用できるようになっています。

16日間バッテリー・強力GPS・5気圧防水

Mi Watch」は通常使用で16日間駆動するバッテリーを搭載。ロングバッテリーモードで22日間も駆動することができます。また、4つの人工衛星(A-GPS、GLONASS、Galileo、BeiDou)を使った強力なGPS機能を搭載。フィットネスデータをより正確に記録できるようになっています。そのほか、5気圧防水に対応。水泳時のアクティビティも計測できます。

公式ページ
https://www.mi.com/jp/mi-watch/overview

価格を比較

Mi Watch」と、「Garmin VENU SQ」、「Amazfit GTR 2」、「HUAWEI WATCH GT2」の価格を比較してみました。

「Mi Watch」

Mi Watch」は、Banggoodで16,119円、AliExpressでUS $144.19、GearBestで14239 円 で販売されています。※日本では2月以降に発売されます。

「Garmin VENU SQ」

Garmin VENU SQ」は、Amazonで22,745円、楽天市場で24,800円 (税込)、ヤフーショッピングで25020円 (税込)、ビックカメラで27,280円 (税込)  (税込・2,728ポイント)、米国 Amazon.comで$169.99 (日本発送は+ $24.67)で販売されています。

「Amazfit GTR 2」

Amazfit GTR 2」は、Amazonで29,800円、楽天市場で29,800円(5960ポイントあり)、ヤフーショッピングで29,800 円、AliExpressでUS $179.99 – 199.99 で販売されています。

「HUAWEI WATCH GT2」

HUAWEI WATCH GT2」は、Amazonで18,300円(42mm)、楽天市場で22,700円 (税込・46mm)、ヤフーショッピングで25,080円(42mm)〜、ビックカメラで20,440円 (税込・2,044ポイント)、AliExpressでUS $259.00 – 400.00、GearBestで34845 円(46mm)、Banggoodで35,317円(46mm)で販売されています。

計測できること・機能を比較

Mi Watch」と、「Garmin VENU SQ」、「Amazfit GTR 2」、「HUAWEI WATCH GT2」の計測できること・機能を比較してみました。

「Mi Watch」

計測できること

血中酸素飽和度(SpO2)、バイタルサインモニタリング(健康数値を総合的に分析)、心拍数(アルゴリズム採用・24時間モニタリング)、睡眠(浅い、深い、REM急速な眼球運動を計測)、ストレス、消費カロリー、歩数、距離・ペース・ルート(GPSセンサーあり)

117種類のワークアウトモード

機能

自動ワークアウト検出、呼吸トレーニング(1 ~ 5 分間呼吸運動)、心拍アラート、ウォッチフェイスの変更(100種類以上)、常時表示、スマートフォンの通知受信、音楽コントロール、アラーム、タイマー、ストップウォッチ、天気、スマホ探索、懐中電灯、コンパス、高度計と気圧計、マナーモード

「Garmin VENU SQ」

計測できること

歩数、消費カロリー、距離・ルート・ペース(GPS内蔵)、VO2 max(最大酸素摂取量)/フィットネス年齢、心拍数、睡眠、ストレスレベル、呼吸数、ブレスワーク、生理周期、水分補給、スポーツモード(20種類・アプリ内蔵)

機能

Garmin Pay(Suicaに対応)、GARMIN COACH(ランニングコーチからアドバイス)、Body Battery エネルギーモニタリング、セーフティ機能(事故検知機能)、音楽再生(Musicモデルのみ対応)、通知(電子メールやテキスト、アラートを受信)、Move IQ、オリジナルワークアウトの作成・ダウンロード、CONNECT IQストア(アプリやウィジェット、ウォッチフェイスなどをダウンロード)

「Amazfit GTR 2」

計測できること

血中酸素飽和度(SpO2)、心拍数(アルゴリズム採用・24時間モニタリング)、睡眠(浅い、深い、REM急速な眼球運動を計測)、ストレス、消費カロリー、歩数、距離・ペース(※GPSセンサーなし・スマホが必要)、12種類のスポーツモード

機能

「PAI 健康評価システム」、「心臓の健康検出」機能、Bluetooth通話機能、Amazon Alexa、オフラインの音声アシスタント、音楽再生(単体で可能)、ウォッチフェイスの変更(数十種類のウォッチフェイスから選択可能)、心拍数アラート(異常を検知)、クイックアクセス(右スワイプで通知、イベント、天気、音楽、バックグラウンドアプリの表示をスマートに表示)、画面の180度回転、パスワードロック

「HUAWEI WATCH GT2」

計測できること

血中酸素飽和度(SpO2)、歩数、消費カロリー、距離、心拍数(HUAWEI TruSeen 3.5)、睡眠(HUAWEI TruSleep 2.0) 、ストレス(HUAWEI TruRelax)、VO2max(有酸素運動)

※2021年2月3日から順次アップデートで血中酸素飽和度(SpO2)の計測が可能になりました。

スポーツアクティビティ 屋内外で15種類のワークアウトパターンから選んで記録可能
※ランニングは13種類のコースパターンを用意し、リアルタイムでコーチングも可能

機能

Bluetoothでの通話(単体で可能・46mmモデルのみ)、音楽再生(最大500曲保存可能・MP3、LC-AACファイルのみ)、リアルタイムコーチング機能、有酸素運動能力推定機能(VO2max)、ウォッチフェイスの変更 専用ストアからダウンロード・撮影した写真でフェイス設定が可能(Android)、常時表示

スマート通知(着信、メッセージ、メール、カレンダー、SNSアプリ等) 、スマートフォン探索、アラーム設定、懐中電灯、天気情報、気圧計、コンパス、スマートフォン音楽再生操作

スペックを比較

Mi Watch」と、「Garmin VENU SQ」、「Amazfit GTR 2」、「HUAWEI WATCH GT2」のスペックを比較してみました。

「Mi Watch」のスペック

  • ディスプレイ 1.39 インチ、解像度454×454 pxのAMOLED液晶
    ※326ppi/常時表示/直射日光下で時間表示
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ  不明
  • バッテリー 420mAh
  • 駆動時間 通常使用で16日間、ロングバッテリーモードで22日間、屋外スポーツモードで50時間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0
  • センサー 心拍数センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、地磁気センサー、気圧センサー、環境光センサー
  • GPS  A-GPS、GLONASS、Galileo、BeiDou
  • インターフェース 充電端子
  • 防水 5ATM(5気圧防水・50m防水)
    ※水仕事や水上スポーツ(水泳・ヨット・釣りなど)に耐えられるレベル
  • ストラップ  熱可塑性ポリウレタン、調節可能な長さ:130-220mm
  • 言語 日本語を含むマルチ言語に対応
  • アプリ Xiaomi Wear / Xiaomi Wear Lite
  • OS 独自OS
  • 対応OS Android 5.0 および iOS 10 以降
  • サイズ 45.9 × 53.35 × 11.8mm(ストラップおよび突起部を除く)
  • 重量  32 g
  • カラー ブラック / ネイビーブルー / ベージュ
  • 付属品  磁気充電ドック × 1、取扱説明書 × 1

関連記事【2020年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

Banggoodで「Mi Watch」をチェックする

AliExpressで「Mi Watch」をチェックする

GearBestで「Mi Watch」をチェックする

Amazonで「Mi Watch」をチェックする

楽天市場で「Mi Watch」をチェックする

ヤフーショッピングで「Mi Watch」をチェックする

「Garmin VENU SQ」のスペック

  • ディスプレイ 1.3インチ、解像度240x240pxのタッチフルカラー液晶
    ※33.1mm / LCD/ Corning Gorilla Glass 3/常時表示モード
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
    ※VENU SQ MusicはSpotifyやAmazon Music、LINE Musicなどのストリーミング配信サービスの楽曲とプレイリストをローカルにダウンロード可能。最大500曲まで保存できる
  • バッテリー駆動時間 スマートウォッチモード:約6日間、GPS+音楽モード:約6時間、GPSのみ:約14時間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth
  • GPS 内蔵・GLONASS/みちびき(補完信号)/Galileo
  • Garmin Pay 対応・「Suica」対応・使用できるデビットカードは三菱UFJ銀行の「三菱UFJ-VISAデビットカード」、JAPANネット銀行の「JNB Visaデビットカード」、ソニー銀行の「Sony Bank WALLET」
  • インターフェース 充電端子
  • ストラップ クイックリリースバンド・20mm
  • 防水 5 ATM・5気圧防水・50m防水
  • 内蔵スポーツアプリ 20+
  • OS 独自OS
  • サイズ 33.1mm
  • 重量 37.6g

関連記事「Garmin VENU SQ」と高コスパ スマートウォッチを徹底 比較!

Amazonで「Garmin VENU SQ」をチェックする

楽天市場で「Garmin VENU SQ」をチェックする

ヤフーショッピングで「Garmin VENU SQ」をチェックする

ビックカメラで「Garmin VENU SQ」をチェックする

米国 Amazon.comで「Garmin VENU SQ」をチェックする

「Amazfit GTR 2」のスペック

  • ディスプレイ 1.39インチ、解像度454 x 454 pxのAMOLED液晶
    ※326 ppi/ 3Dカーブのベゼルレスガラス/ 常時表示
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
    ※300〜600のお気に入りの曲をスマートフォンからウォッチ上に転送可能
  • バッテリー 471mAh
  • 駆動時間 基本的な使い方で14日間・スタンバイで38日間
  • 充電 磁気充電スタンド・充電時間 約2.5時間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 2.4GHz、Bluetooth 5.0
  • インターフェース 充電端子
  • センサー (健康)Huamiが自社開発したBioTracker 2 PPG(血中酸素をサポート)、生物学的センサー(移動)気圧センサー、加速度センサー、ジャイロスコープセンサー、3軸地磁気センサー、環境光センサー
  • 防水 5 ATM・5気圧防水・50m防水
  • ボタン 2ボタン
  • 材質 スポーツモデル アルミニウム合金 / クラシックモデル ステンレス鋼
  • ベルト幅 22mm
  • クラスプ クラシックピンハックル
  • スピーカー サポート
  • マイク サポート
  • リニアモーター サポート
  • アプリ Zepp
  • OS 独自OS
  • サイズ 46.4 x 46.4 x 10.7mm
  • 重量 スポーツモデル 31.5g / クラシックモデル 39g
  • カラー (ケース)シルバー、グレイ

関連記事「Amazfit GTR 2」と最新スマートウォッチを徹底 比較!

Amazonで「Amazfit GTR 2」をチェックする

楽天市場で「Amazfit GTR 2」をチェックする

ヤフーショッピングで「Amazfit GTR 2」をチェックする

米国Amazon.comで「Amazfit GTR 2」をチェックする

Banggoodで「Amazfit GTR 2」をチェックする

AliExpressで「Amazfit GTR 2」をチェックする

「HUAWEI WATCH GT2」のスペック

  • ディスプレイ タッチスクリーン / 常時点灯に対応 / 3D曲面
    46 mm 1.39インチ AMOLED 454 × 454 pix | 326 ppi
    42 mm 1.2インチ AMOLED 390 × 390 pix | 326 ppi
  • プロセッサ(SoC)  Kirin A1
  • バッテリー
    46 mm 通常使用:約2週間  GPS連続使用:約30時間
    42 mm 通常使用:約1週間  GPS連続使用:約15時間
  • 充電ポート 磁気充電ポート・充電器の電圧と電流の要件:5V 0.5A / 1A / 1.5A / 2A
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0 BLE / BR / EDR、GPS + GLONASS
  • インターフェース 充電端子、電源ボタン、機能ボタン
  • スピーカー / マイク 内蔵
  • センサー 加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー(コンパス)、光学式心拍センサー(高精度分離型PPG)、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサー
  • 防水 5ATM・5気圧防水・50m防水・水仕事や水上スポーツ(水泳・ヨット・釣りなど)に耐えられるレベル
  • OS  独自OS
  • 対応OS Android 4.4+ / iOS 9.0+
  • アプリ Huawei Health(Androidの場合はGoogle Play経由でインストール)
  • サイズ
    46 mm 約45.9 mm × 約45.9 mm × 約10.7 mm
    42 mm 約41.8 mm × 約41.8 mm × 約9.4 mm
  • 重量
    46 mm 約41 g (バンドを含まず)
    42 mm 約29 g (バンドを含まず)

関連記事「HUAWEI WATCH GT2」スペック、機能、特徴、サムスンと比較

Amazonで「HUAWEI Watch GT2」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI WATCH GT2」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI WATCH GT2」をチェックする

ビックカメラで「HUAWEI WATCH GT2」をチェックする

米国Amazon.comで「HUAWEI Watch GT2」をチェックする

AliExpressで「HUAWEI WATCH GT2」をチェックする

GearBestで「HUAWEI WATCH GT2」をチェックする

Banggoodで「HUAWEI WATCH GT2」をチェックする

「Mi Watch」のメリット・デメリット

Mi Watch」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・直射日光下でも見やすい1.39インチのAMOLED液晶・常時表示に対応

Mi Watch」は1.39 インチ、解像度454×454 pxのAMOLED液晶を搭載。直射日光下でも見やすく表示できるほか、常時表示にも対応しています。

一方、「Garmin VENU SQ」は1.3インチで解像度240x240pxのタッチフルカラー液晶(常時表示・Gorilla Glass 3)を搭載しています。
「Amazfit GTR 2」は1.39インチで解像度454 x 454 pxのAMOLED液晶(常時表示)を搭載しています。「HUAWEI WATCH GT2」は1.39インチのAMOLED液晶、もしくは1.2インチのAMOLED液晶(常時表示)を搭載しています。

・血中酸素飽和度(SpO2)を計測できる

Mi Watch」は血中酸素飽和度(SpO2)の計測に対応し、ウイルスなどによる体の異常をすばやく察知することができます。

一方、「Garmin VENU SQ」は血中酸素飽和度(SpO2)の計測に対応していません。「Amazfit GTR 2」と「HUAWEI WATCH GT2」は血中酸素飽和度(SpO2)の計測に対応しています。

・16日間駆動するロングバッテリー

Mi Watch」は通常使用で16日間駆動するバッテリーを搭載。ロングバッテリーモードで22日間、屋外スポーツモードで50時間駆動することもできます。

一方、「Garmin VENU SQ」はスマートウォッチモードで約6日間、GPS+音楽モードで約6時間、GPSのみで約14時間 駆動できます。「Amazfit GTR 2」は471mAhバッテリー搭載で基本的な使い方で14日間・スタンバイで38日間駆動できます。

「HUAWEI WATCH GT2」は46 mmモデルの場合、通常使用で約2週間、GPS連続使用で約30時間 駆動できます。また、42 mmモデルの場合、通常使用で約1週間  GPS連続使用で約15時間駆動できます。

・強力なGPS機能で正確なトラッキングが可能

Mi Watch」は4つの人工衛星(A-GPS、GLONASS、Galileo、BeiDou)を使った強力なGPS機能を搭載。フィットネスデータをより正確に記録できるようになっています。

一方、「Amazfit GTR 2」はGPSセンサーを搭載していません。「Garmin VENU SQ」はGLONASS、みちびき(補完信号)、Galileoに対応しています。「HUAWEI WATCH GT2」はA-GPS、GLONASSに対応しています。

・5気圧防水で水泳アクティビティも計測できる

Mi Watch」は5気圧防水で水仕事や水上スポーツ(水泳・ヨット・釣りなど)に耐えられるようになっています。

一方、「Garmin VENU SQ」、「Amazfit GTR 2」、「HUAWEI WATCH GT2」も5気圧防水に対応しています。

・117種類のスポーツモードに対応・自動ワークアウト検出機能もあり

Mi Watch」はウォーキング、屋外サイクリング、トレッキングなど117種類のスポーツモードに対応しています。また、自動ワークアウト検出機能で自動でアクティビティを計測できます

一方、「Garmin VENU SQ」は20種類のスポーツモードに対応しています。
「Amazfit GTR 2」は12種類のスポーツモードに対応しています。「HUAWEI WATCH GT2」は15種類のワークアウトに対応しています。

デメリット

・単体で音楽再生できない

Mi Watch」には単体で音楽を再生する機能がありません。

一方、「Garmin VENU SQ」は音楽再生に対応したモデル「VENU SQ Music」が用意されており、ストリーミング配信サービスや最大500曲までのローカル保存に対応しています。「HUAWEI WATCH GT2」は音楽再生(最大500曲保存可能・MP3、LC-AACファイルのみ)に対応しています。

「Amazfit GTR 2」は単体で音楽を再生する機能がありません。

・有酸素運動(VO2max)を測定できない

Mi Watch」は有酸素運動(VO2max)を測定できません。

一方、「Garmin VENU SQ」と「HUAWEI WATCH GT2」は有酸素運動(VO2max)の計測に対応しています。「Amazfit GTR 2」は有酸素運動(VO2max)の計測に対応していません。

・Suica電子マネー決済が利用できない

Mi Watch」は電子マネー決済に対応していないため、Suicaも利用できません。

一方、「Garmin VENU SQ」は電子マネー決済に対応し、Suicaが利用できるようになっています。「Amazfit GTR 2」と「HUAWEI WATCH GT2」は電子マネー決済に対応していません。

「Mi Watch」の販売・購入先

Mi Watch」は、

Banggoodで16,119円、

AliExpressでUS $144.19、

GearBestで14239 円、

で販売されています。

※日本では2月以降に発売されます。

Banggoodで「Mi Watch」をチェックする

AliExpressで「Mi Watch」をチェックする

GearBestで「Mi Watch」をチェックする

Amazonで「Mi Watch」をチェックする

楽天市場で「Mi Watch」をチェックする

ヤフーショッピングで「Mi Watch」をチェックする

 

 

 

他のスマートウォッチと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「HONOR Watch GS Pro

★「Mi Watch Lite

Garmin VENU SQ

Amazfit GTR 2

HUAWEI WATCH GT2

wena 3」(Suica対応)

Fitbit Versa 3

UMIDIGI Uwatch 3S

TicWatch GTX

HUAWEI WATCH FIT」(血中酸素対応アップデートあり)

Amazfit GTS 2

Apple Watch SE

その他のおすすめスマートウォッチは?

その他のおすすめスマートウォッチは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

【2020年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

最新のスマートウォッチをまとめて紹介しています。

スポーツ&健康管理に使えるスマートバンド 最新 機種 まとめ

最新のリストバンド(活動量計)をまとめて紹介しています。

ガーミンのスマートウォッチ 買うならどれ? 人気モデルを比較 

ガーミンのスマートウォッチをまとめて紹介しています。

Fitbitスマートウォッチが人気上昇! 全モデルを比較

Fitbitのスマートウォッチをまとめて紹介しています。