「OneMix4」と最新UMPCを徹底 比較!


2021年4月4日に発売される「OneMix4」と最新UMPCを徹底 比較して紹介! 価格やスペック、ベンチマークスコアの違いに加えて、メリット・デメリットも紹介します。

「OneMix4」の特徴

OneMix4」の特徴をまとめてみました。

Tiger LakeでPCゲームもOK! 2.5K液晶も

OneMix4」はTiger Lake世代のIntel Core i5-1130G7プロセッサを搭載。Passmarkベンチマークスコアで約「6000」(CPU)を記録し、高速に動作します。また、8/16 GB LPDDR4Xメモリを搭載。Intel Iris Xe グラフィックスを搭載していることで、SteamなどのPCゲームもプレイできます。

10000mAhバッテリー・M.2 SSD・Wi-Fi 6

OneMix4」は大容量10000mAhバッテリーを搭載。動画視聴で約8時間駆動することができます。また、高速なNVMe規格のM.2 SSD (256/512GB/1TB)を搭載。OSやアプリの起動も高速になっています。そのほか、次世代通信規格「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)に対応。従来よりも約4〜10倍の速度で通信できます。

360度回転・筆圧2048段階・USB-C 4.0

OneMix4」は360度回転に対応し、PCスタイルの他にテント、スタンド、タブレットスタイルで使用できます。また、筆圧2048段階の手書き入力が可能。付属のスタイラスペンでスムーズにイラストやメモを描くことができます。そのほか、Typ-eC の2倍以上のスピードでデータを転送できるUSB-C 4.0ポートを2つ搭載。テレビ・ディスプレイに出力できるほか、外付けのeGPUボックスも接続できるようになっています。

公式ページ  OneMix4 | One-Netbookストア

価格を比較

OneMix4」と、「GPD WIN Max」、「One Netbook A1」、「MAL-FWTVPCM1」の価格を比較してみました。

「OneMix4」

OneMix4」は、Amazonで140,800円(8GB/256GB)、楽天市場で153,800円 (税込)、ヤフーショッピングで213,140 円、AliExpressでUS $1,049.00 – 1,288.00 、Gearbestで 202737 円で販売されています。

「GPD WIN Max」

GPD WIN Max」は、Amazonで108,000円、楽天市場で92,800円 (税込・中古)、ヤフーショッピングで107,000円 (税込)、Banggoodで96,383円、AliExpressでUS $935.10 で販売されています。

「One Netbook A1」

One Netbook A1」は、Amazonで81,950円(4098円OFFクーポン付き)、楽天市場で77,980円 (税込)、ヤフーショッピングで81,950円、AliExpressでUS $649.00 – 689.00、Geekbuyingで67890円 で販売されています。

「MAL-FWTVPCM1」

MAL-FWTVPCM1」は、Amazonで39,800円、楽天市場で44,300円 (税込)、ヤフーショッピングで44,780 円 (税込)、米国Amazon.comで$440.00 (日本発送は+ $44.83 )で販売されています。

スペックを比較

OneMix4」と、「GPD WIN Max」、「One Netbook A1」、「MAL-FWTVPCM1」のスペックを比較してみました。

「OneMix4」のスペック

  • ディスプレイ 10.1 インチ、解像度2560 x 1600 ドットのLTPS液晶
    ※16:10 / 画面占有率 90% / sRGB 100% / 輝度320nit / 2.5K
  • プロセッサ  Tiger Lake世代のIntel Core i5-1130G7
    ※10nm/4コア/8スレッド/最大4.0GHz
  • GPU Intel Iris Xeグラフィックス
  • RAM(メモリ) 8/16 GB LPDDR4X-3200
  • ストレージ M.2 SSD 256/512GB/1TB  (PCI Express NVMe)
  • バッテリー 10000mAh /3.85V
  • 駆動時間 動画視聴で約8時間
  • 充電 ACアダプタ(Type-C経由) / 45WまでのUSB PD充電
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 6 (802.11ax)、Bluetooth 5.0
  • インターフェース USB4(Type-C)×2、USB 3.0 Type-C×1、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
    ※外付けGPU(eGPU)ボックスをサポート
  • スタイラスペン 筆圧2048段階のデジタルスタイラスペンが付属
  • 生体認証 指紋認証(電源ボタン)
  • キーボード キーのピッチ 18.5mm・英語 or 日本語 対応
  • 本体の素材 6000系航空用アルミニウム
  • OS Windows 10
  • サイズ 22.7 x 15.73 x 1.1 cm
  • 重量 769g
  • カラー ダークネイビー

関連記事超小型UMPCが続々! 最新の極小Windows ノートPC まとめ

Amazonで「OneMix4」をチェックする

楽天市場で「OneMix4」をチェックする

ヤフーショッピングで「OneMix4」をチェックする

AliExpressで「OneMix4」をチェックする

Gearbestで「OneMix4」をチェックする

「GPD WIN Max」のスペック

  • ディスプレイ 8インチ、解像度1280×800ドットのH-IPS液晶
    ※189PPI/Corning Gorilla Glass 5/10点マルチタッチ
  • プロセッサ  Ice Lake世代のIntel Core i5-1035G7 クアッドコア 1.20 GHz
    ※10nm/64bit/4コア/8スレッド/最大3.70 GHz
  • GPU lntel Iris Plus Graphics 940
  • RAM(メモリ) 16 GB LPDDR4-3200
  • ストレージ   512 GB M.2 2280
    ※増設・拡張は不可
  • バッテリー 57Wh、11.4V == 5000mAh ×3直列接続
  • 駆動時間 最大14時間
  • 充電 Power Deliveryによる高速充電に対応
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a / b / g / n / ac / ax(2.4GHz/5GHz/Wi-Fi6)、Bluetooth 5.0
  • 有線LAN 10/100 / 1000Mbpsイーサネットカード
  • インターフェース 1×Thunderbolt 3、1×USB Type-C 3.1 Gen2、2×USB Type-A 3.1 Gen1、1×microSDXCスロット、1×HDMI 2.0b、1×有線LANポート
  • キーボード チクレットキーボード、アイランドスタイルのキーボード、QWERTY、バックライトデザイン
  • タッチパッド 押し下げボタン付き、最大3本の指のアクションをサポート
  • マウス Analog Simulated Mouse、「GamePad / Mouse」モードを切り替える必要があります
  • オーディオ サウンドチップ搭載、2chステレオスピーカー内蔵、マイクロフォン内蔵
  • 冷却システム 強力なデュアルファン、ヒートパイプ、9つの排気口
  • OS Windows 10 Home (64bit)
  • サイズ 207x145x26mm
  • 重量 790g
  • カラー ブラック
  • 付属品 1×ACアダプタ、1×充電用USB Type-Cケーブル、1×マニュアル

関連記事「GPD WIN Max」と最新UMPCを徹底 比較!

Amazonで「GPD WIN Max」をチェックする

楽天市場で「GPD WIN Max」をチェックする

ヤフーショッピングで「GPD WIN Max」をチェックする

Banggoodで「GPD WIN Max」をチェックする

AliExpressで「GPD WIN Max」をチェックする

米国Amazon.comで「GPD WIN Max」をチェックする

「One Netbook A1」のスペック

  • ディスプレイ 7 インチ、解像度1920×1200ドットのIPS液晶
    ※323PPI / 10点マルチタッチ対応
  • プロセッサ Amber Lake Y世代のIntel Core m3-8100Y デュアルコア 1.10 GHz
    ※14nm/2コア/4スレッド/最大3.40 GHz
  • GPU Intel UHD グラフィックス 615
  • RAM(メモリ) 8GB DDR3
  • ストレージ 256/512GB NVMe M.2 SSD
  • バッテリー 6,000mAh
  • 充電 PD充電に対応
    ※モバイルバッテリーでの充電に対応・5V, 9V, 12Vの充電をサポート
  • 駆動時間 約6時間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz+5GHz)、Bluetooth 4.2
  • 有線LAN通信 1000BASE-Tまで対応
  • インターフェース 1×USB 3.0 Type-A、1×USB 3.1 Type-C (PD2.0充電・映像出力・データ転送対応)、1×Micro SDXC スロット、1×音声出力とマイクインの3.5mmコンボジャック、1×Micro HDMI(D Type・4K出力対応)、1×RS-232 シリアルポート、1×RJ45 ギガビットイーサネットポート
  • キーボード 日本語配列バックライトキーボード・QWERTY配列
  • ポインティングデバイス 光学式
  • スタイラスペン 2048段階筆圧検知タッチペン(ペン別売)
  • オーディオ サウンドチップ、モノラルスピーカー(立体音響)、マイクロフォン内蔵
  • 冷却ファン インテリジェントデュアルファン
  • 生体認証 指紋認証
  • 素材 アルミ合金・CNC加工のアルミ削り出しボディ
  • VESAマウント 対応
  • OS Windows 10 Home
    ※Linux サポート予定
  • サイズ 173mm × 136mm × 19mm
  • 重量 540g
    ※512GBストレージモデルは550g
  • カラー ブラック
  • 付属品 1×ACアダプタ(5V3A/9V3A/12V3A/15V3A) 説明書

関連記事「One Netbook A1」と人気UMPCを徹底 比較!

Amazonで「One Netbook A1」をチェックする

楽天市場で「One Netbook A1」をチェックする

ヤフーショッピングで「One Netbook A1」をチェックする

AliExpressで「One Netbook A1」をチェックする

Geekbuyingで「One Netbook A1」をチェックする

米国Amazon.comで「One Netbook A1」をチェックする

「MAL-FWTVPCM1」のスペック

  • ディスプレイ 8.0インチ、解像度1920×1200ドットのワイドIPS液晶
    ※16:10 / フルHD / 10点マルチタッチ静電方式 / 光沢 / 輝度400cd/m² / 最大1677万色
  • プロセッサ Gemini Lake世代のIntel Pentium Silver N5000 デュアルコア 1.10 GHz
    ※14nm / 2コア / 4スレッド / 最大 2.70 GHz)
  • GPU Intel UHD Graphics 605
  • RAM(メモリ) 4GB LPDDR4 2133GHz オンボード
    ※メモリの増設はできません
  • ストレージ 128GB eMMC
  • 拡張スロット(ストレージ) 1スロット空き(M.2 2242 SATA ストレージサポート)
  • 拡張カードスロット なし・利用できません
  • バッテリー 3,500mAh・リチウムイオンポリマーバッテリ・7.4V
  • 駆動時間 2時間(輝度50%Wi-Fi接続アイドル時) 最大約5~6時間
  • ACアダプター 入力:AC100-240V 50-60Hz 出力:12V 2A ケーブル長:120cm
  • カメラ 前面200万画素
    ※静止画・動画対応
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n (2.4GHz & 5.0GHz)、 Bluetooth 4.2
  • 有線LAN  非対応・利用できません
  • インターフェース USB TypeA(USB3.0ポート×1、USB2.0ポート×1) / USB TypeC(USB3.0ポート×1  給電兼用PD対応 (HDMI出力対応)) / microSDカードスロット(512MB ~ 128GB 対応 (SDHC/SDXC)×1ポート) / ヘッドホンポート(Φ 3.5mm ステレオ対応×1ポート)
  • オーディオ 内蔵ステレオスピーカー(8Ω/1W)、内蔵コンデンサーマイクロホン
  • OS Windows 10 Pro 64bit 日本語仕様
  • マウス オプティカル・フィンガー・ナビゲーションタイプ(光学式)
  • キーボード     FFFオリジナル日本語キー配列、バックライト機能付き[FN+1キーでON/OFF可能]
  • 生体認証 指紋認証・センサーを電源ボタンに搭載
  • サイズ 200.6 x 130.6 x 17.9mm ※突起物除く
  • 重量 約674g  ※マイクロSDカード等未搭載の場合。
  • カラー シルバー
  • 付属品 ACアダプター、保証書
  • 保証期間 標準保証:1年(交換対応または修理対応)出張対応無し
  • 発売日 2020年4月2日

関連記事「MAL-FWTVPCM1」激安の超小型PCを人気UMPCと比較

Amazonで「MAL-FWTVPCM1」をチェックする

楽天市場で「MAL-FWTVPCM1」をチェックする

ヤフーショッピングで「MAL-FWTVPCM1」をチェックする

米国Amazon.comで「MAL-FWTVPCM1」をチェックする

ベンチマークを比較

OneMix4」と、「GPD WIN Max」、「One Netbook A1」、「MAL-FWTVPCM1」のベンチマークスコアを比較してみました。

※PassMark、Geekbench、3DMarkとは、主にCPUとビデオカード(以下、グラボ)の性能を数値化したベンチマークスコアの参考値を表したものです。

「OneMix4」

<CPU> Intel Core i5-1130G7

Passmarkによるベンチマークスコアは約「6000」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「1269」、マルチコアで「4412」。

<GPU> Intel Iris Xe グラフィックス

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「4739」。

<プロセッサ性能を解説>

Core i5-1130G7のベンチマーク結果はまだ公開されていませんが、10世代のCore i5以上の性能を発揮することから、Passmarkで約約「6000」(CPU)以上になると予想されます。動画編集、画像編集などグラフィック性能を必要とする作業は十分に快適に動作するでしょう。

また、3DMark Fire Strikeのグラフィック性能が4千を超えていることから、SteamなどのPC用3Dゲームもほとんど快適に動作します。ただし、グラフィックカードを必要とするような高負荷の3Dゲームは遊べないので注意が必要です。

「GPD WIN Max」

<CPU> Intel Core i5-1035G7

Passmarkによるベンチマークスコアは「8493」(CPU)。

<GPU> lntel Iris Plus Graphics 940

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは約「3000」。

「One Netbook A1」

<CPU> Intel Core m3-8100Y

Passmarkによるベンチマークスコアは「3033」(CPU)。

<GPU>  Intel UHD Graphics 615

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「664」。

「MAL-FWTVPCM1」

<CPU> Intel Pentium Silver N5000

Passmarkによるベンチマークスコアは「2859」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「435」、マルチコアで「1245」。

<GPU> Intel UHD Graphics 605

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィック性能は「414」。

「OneMix4」のメリット・デメリット

OneMix4」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・高精細な2.5K液晶・sRGB 100%対応で色鮮やか

OneMix4」は10.1 インチで解像度2560 x 1600 ドットのLTPS液晶を搭載しています。また、アスペクト比16:10を採用し、画面占有率 90%を実現。忠実な色再現を可能にしたsRGB 100%にも対応しています。

一方、「GPD WIN Max」は8インチで解像度1280×800ドットのH-IPS液晶(Gorilla Glass 5)を搭載、「One Netbook A1」は7インチで解像度1920×1200ドットのIPS液晶を搭載、「MAL-FWTVPCM1」は8.0インチで解像度1920×1200ドットのワイドIPS液晶を搭載しています。

・最大16GBメモリ&1TBストレージ搭載で快適に使える

OneMix4」は8/16 GB LPDDR4Xメモリを搭載し、スムーズに動作します。また、NVMe規格のM.2 SSD 256/512GB/1TBストレージを搭載し、OSやアプリの起動も高速になっています。

一方、「GPD WIN Max」は16 GB LPDDR4メモリ&M.2 SSD 512 GBを搭載、「One Netbook A1」は8GB DDR3メモリ&M.2 SSD 256/512GB (NVMe)を搭載、「MAL-FWTVPCM1」は4GB LPDDR4メモリ&128GB eMMCストレージを搭載しています。

・10000mAhバッテリーでPD充電に対応

OneMix4」は10000mAhバッテリーを搭載し、動画視聴で約8時間駆動することができます。また、Type-C端子を利用したPD充電も利用できます。

一方、「GPD WIN Max」は最大14時間駆動できる57Whバッテリーを搭載でPD充電に対応しています。「One Netbook A1」は約6時間駆動できる6,000mAhバッテリー搭載でPD充電に対応しています。「MAL-FWTVPCM1」は3500mAhバッテリー搭載でPD充電に対応しています。

・Wi-Fi 6 & Bluetooth 5.0に対応

OneMix4」は次世代通信規格「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)に対応し、従来よりも約4〜10倍の速度で通信できます。また、Bluetooth 5.0にも対応し、ワイヤレスマウスやヘッドホン、イヤホンなどともスムーズに接続できます。

一方、「GPD WIN Max」はWi-Fi 6&Bluetooth 5.0&有線LANに対応、「One Netbook A1」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 4.2&有線LANに対応、「MAL-FWTVPCM1」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 4.2に対応しています。

・厚さ1.1cmで重さ769gの薄型軽量ボディ

OneMix4」は厚さ1.1 cmで重さ769gの薄型軽量デザインになっています。本体の素材は6000系航空用アルミニウムです。

一方、「GPD WIN Max」は厚さ26mmで重さ790g、「One Netbook A1」は厚さ19mmで重さ540g、「MAL-FWTVPCM1」は厚さ17.9mmで重さ約674gのボディになっています。

・筆圧2048段階のデジタルスタイラスペンが使える

OneMix4」は筆圧2048段階のデジタルスタイラスペンが用意されています(別売)。

一方、「GPD WIN Max」と「MAL-FWTVPCM1」は専用スタイラスペンが用意されていません。「One Netbook A1」は筆圧2048段階のスタイラスペンが付属します。

・USB-C 4.0ポート搭載でeGPUと接続できる

OneMix4」はTyp-eC の2倍以上のスピードでデータを転送できるUSB-C 4.0ポートを2つ搭載。外部出力に対応するほか、グラフィック性能を大幅に上げる外付けのeGPUボックスにも接続できます。

一方、「One Netbook A1」と「MAL-FWTVPCM1」はUSB-C 4.0ポートを搭載していないため、 外付けのeGPUボックスにも接続できません。「GPD WIN Max」はThunderbolt 3ポートを搭載し、eGPUと接続できます。

デメリット

・ゴリラガラスで保護されていない

OneMix4」の液晶ディスプレイは堅牢なゴリラガラスで保護されていません。

一方、「GPD WIN Max」はゴリラガラスで保護されています。「One Netbook A1」と「MAL-FWTVPCM1」はゴリラガラスで保護されていません。

・有線LAN端子がない

OneMix4」は有線LAN端子を搭載していません。有線LAN通信を利用する場合は別途アダプターが必要になります。

一方、「GPD WIN Max」と「One Netbook A1」は有線LAN通信に対応しています。「MAL-FWTVPCM1」は有線LAN通信に対応していません。

「OneMix4」の販売・購入先

OneMix4」は、

Amazonで140,800円(8GB/256GB)、

楽天市場で153,800円 (税込)、

ヤフーショッピングで213,140 円、

AliExpressでUS $1,049.00 – 1,288.00 、

Gearbestで 202737 円、

で販売されています。

Amazonで「OneMix4」をチェックする

楽天市場で「OneMix4」をチェックする

ヤフーショッピングで「OneMix4」をチェックする

AliExpressで「OneMix4」をチェックする

Gearbestで「OneMix4」をチェックする

 

 

他のUMPCと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「GPD WIN3

GPD WIN Max

One Netbook A1

MAL-FWTVPCM1

OneGx1 Pro」(ゲーミング)

ONE-NETBOOK OneGx1」(ゲーミング)

GPD P2 MAX」(8.9インチ)

Magic-Ben MAG1

Cosmo Communicator

GPD Pocket 2S

OneMix3 Pro

★「TOPOSH 7

その他のおすすめ小型PCは?

その他のおすすめ小型PCは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

超小型UMPCが続々! 最新の極小Windows ノートPC まとめ

超小型PC(UMPC)をまとめて紹介しています。

激安で買える海外製の小型PC 最新 まとめ 

海外製の小型PCをまとめて紹介しています。

リビングにふさわしい超小型デスクトップPC まとめ

国内で販売されたリビング用の小型PCをまとめて紹介しています。

GPD WIN&XDでゲームが超快適!  全機種を比較

GPDの超小型PC(UMPC)やタブレットをまとめています。