「DOOGEE T30 Ultra」別格の性能か? パワフルな11型タブレットと徹底 比較!


2023年11月に発売された「DOOGEE T30 Ultra」とパワフルな11型タブレットを徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペックの違いに加えて、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※Amazon.co.jpで発売されました。

「DOOGEE T30 Ultra」の特徴

DOOGEE T30 Ultra」の特徴をまとめてみました。

2.5K液晶・Widevine L1・8580mAhバッテリ

DOOGEE T30 Ultra」は11インチで解像度2560 x 1600 ドットのIPSディスプレイを搭載。ピクセル密度275 ppi、輝度250nit、画面比率85%の明るくワイドな2.5K液晶で、複数アプリを同時に使える画面分割や目の負担を軽減するTÜV認証ブルーライト低減にも対応しています。

また、DRM(デジタル著作権管理)技術「Widevine L1」に対応。NETFLIX、Hulu、Prime Vedeo、Disney+などの対応する動画配信サービスで、1080Pの高画質な映像を視聴できます。そのほか、8580mAh バッテリーを搭載。Type-C ポートを介して18W急速充電も利用できます。

Helio G99・最大32GB+256GB・Android 13

DOOGEE T30 Ultra」はMediaTek Helio G99 プロセッサを搭載。6nmプロセスで製造された8コア最大2.2GHz駆動のCPUで、Antutuベンチマーク総合で約42万前後を記録しています。また、12GB LPDDR4X メモリを搭載し、最大32GBまで拡張することが可能。ストレージは高速なUFS2.2規格の256GBで、別売のmicroSDカード最大2TBまで拡張できます。

そのほか、OSにAndroid 13を採用。テーマ別の新しいアイコンデザイン、不要なアプリもすぐに停止できる新しいクイック設定、音楽でデザインが変化する新しいメディアコントロール機能、アプリごとの言語設定などの新機能が利用できるようになっています。

16MP/8MP・クアッドスピーカー・磁気キーボード

DOOGEE T30 Ultra」は背面に16MPカメラを搭載し、フラッシュ撮影や2K動画撮影が利用可能。前面には8MPのフロントカメラを搭載し、ビデオ通話やオンライン会議・授業、チャットなどに活用できます。また、本体にスマートPAアンプ内蔵のクアッドスピーカーを搭載し、ステレオ サウンドやハイレゾ音源の再生。Bluetooth 5.0によるワイヤレス再生や3.5mm ヘッドホンジャックも利用できます。

そのほか、64 キー設計でトラックパッド付きのドッキングタッチキーボードと筆圧1024段階のスタイラスペンを用意。本体は厚さ7.6mm、重さ539gの薄型軽量デザインで、ブラックグレーグリーンの3色カラーを用意しています。

公式ページ: Pre-order DOOGEE T30 Ultra TABLET PC 

価格を比較

DOOGEE T30 Ultra」と「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」、「Teclast T50 Pro」、「N-One NPad X」の価格を比較してみました。

「DOOGEE T30 Ultra」

DOOGEE T30 Ultra」は、Amazonで45,900円 (税込)、楽天市場で43,780円(送料無料・中古品)、AliExpressでUS $271.33 (日本円で約40569円)、DOOGEE公式サイトで42,969円、米国 Amazon.comで$379.99 ($80 OFFクーポン付き)で販売されています。

「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」

Lenovo Tab P11 (2nd gen)」は、Amazonで44,930円 (税込・国内版・ZABF0413JP)、楽天市場で44,930円(送料無料・4,084ポイント付き・国内版・ZABF0413JP)、ヤフーショッピングで44,930円(税込・国内版・ZABF0413JP)、レノボ公式サイトで42,790円(国内版・ZABF0413JP・Helio G99)、米国 Amazon.comで $245.00 (海外版・日本円で約36,755円)で販売されています。

「Teclast T50 Pro」

Teclast T50 Pro」は、Amazonで29,665円(税込・セール価格)、楽天市場で44,548円(税込・送料無料)、ヤフーショッピングで36,190円(送料無料)、AliExpressでUS $184.99(日本円で約27,752円)で販売されています。

「N-One NPad X」

N-One NPad X」は、Amazonで38,900円 (税込・13000円 OFFクーポン付き)、楽天市場で34,980円(送料無料)、ヤフーショッピングで38,741円(送料無料)、AliExpressでUS $189.99 (日本円で約28,502円)で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

DOOGEE T30 Ultra」と「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」、「Teclast T50 Pro」、「N-One NPad X」のAntutuベンチマーク スコアを比較してみました。

「DOOGEE T30 Ultra」

Antutu総合で約420,000

例:V10 総合で「401555」、CPUで「124118」、GPUで「65661」、MEMで「106721」、UXで「105055」。

<CPU> MediaTek Helio G99

<プロセッサ性能を解説>

6nmプロセスで製造された8コアプロセッサ「MediaTek Helio G99」を搭載し、Antutuベンチマーク総合で約42万を記録しています。

同じプロセッサは「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」、「Teclast T50 Pro」、「N-One NPad X」、「HEADWOLF HPad 5」、「Blackview Tab 18」、「OUKITEL OT5」、「DOOGEE T20 Ultra」、「DOOGEE R10」、「Blackview Active 8 Pro」、「DOOGEE T30 Pro」、「AGM PAD P1」、「HEADWOLF HPad 3」、「Alldocube iPlay 50 Pro」、「LAVIE Tab T11(T1175/FAS)」、「Redmi Pad」などにも搭載されています。

Snapdragon 695 プロセッサと比較すると、スコアが約2万高くなります。

Snapdragon 680 プロセッサと比較すると、スコアが約15万高くなります。

Unisoc T616 プロセッサと比較すると、スコアが約16万高くなります。

性能的には動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)、電子書籍、写真撮影などで快適に動作します。

Androidのゲームは負荷の高いものを含めて快適に動作します。また、PS2の一部のゲームを含め、PSP、PS1、SFC、DC、N64、MD、FCなどのエミュレーターも快適に動作します。

「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」

Antutu総合で約350,000

例: 総合で「346848」、CPUで「102737」、GPUで「92530」、MEMで「57742」、UXで「93839」。

<CPU> MediaTek Helio G99

「Teclast T50 Pro」

Antutu総合で約400,000

例:総合で「355778」、CPUで「99480」、GPUで「78943」、MEMで「85903」、UXで「91452」。

<CPU> MediaTek Helio G99

「N-One NPad X」

Antutu総合で約380,000

例:総合で「392606」、CPUで「127362」、GPUで「77540」、MEMで「87763」、UXで「99941」。

<CPU> MediaTek Helio G99

スペックを比較

DOOGEE T30 Ultra」と「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」、「Teclast T50 Pro」、「N-One NPad X」のスペックを比較してみました。

「DOOGEE T30 Ultra」のスペック

  • ディスプレイ 11インチ、解像度2560 x 1600 ドットのIPS
    ※2.5K/16:10/275 ppi/250nit/フルアングル/画面比率85%/1670万色/TÜV認証ブルーライト低減/画面分割
  • Widevine L1 対応・デジタル著作権保護
  • プロセッサ MediaTek Helio G99 (MT8781)
    ※6nm/64bit/8コア/最大2.2GHz
  • CPU 2x ARM Cortex-A76 2.2GHz + 6x ARM Cortex-A55 2.0GHz
  • GPU Arm Mali-G57 MC2
  • RAM(メモリ)12GB LPDDR4X
  • メモリ拡張 +20GBで最大32GBまで
  • ストレージ 256GB UFS 2.2
  • 外部ストレージ microSDカードで最大2TBまで
  • バッテリー 8580 mAh
  • 駆動時間 スタンバイで441時間、音楽再生で15時間、ストリーミングで17.5時間、ゲームで7時間、Webで8時間
  • 充電 18W 急速充電
  • 背面カメラ 16MP
  • 前面カメラ 8MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (GLONASS/Galileo/Beidou/A-GPS)
  • インターフェース Type-C (OTG)、microSDカードスロット、3.5mm ヘッドホンジャック
  • スピーカー クアッドBOXスピーカー (スマートPA)
  • オーディオ ステレオサウンド、ハイレゾ音源再生
  • スタイラスペン 筆圧1024段階のスタイラスペン(別売)
  • キーボード ドッキングタッチキーボード(別売)、64 キー設計、トラックパッド付き
    ※PCモード対応
  • FMラジオ 対応
  • アプリ WPS Office (プリインストール済)
  • 生体認証 顔認証
  • 筐体 メタル(金属)、航空宇宙グレードのアルミニウム素材、上部はブラッシュメタル仕上げ、優れた手触り
  • OS Android 13
  • サイズ 256.5 × 168.0 × 7.6 mm
  • 重量 539g
  • カラー ブラック、グレー、グリーン
  • 4G通信 対応
  • SIMカード nano SIM(デュアルSIM)
  • 対応バンド
    4G FDD: B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28A/28B/66 TDD: B34/38/39/40/41
    3G WCDMA: B1/2/5/8
    2G GSM: B2/3/5/8

関連記事DOOGEEタブレットが高コスパで大躍進! 注目の最新 機種をまとめて紹介

AliExpressで「DOOGEE T30 Ultra」をチェックする

DOOGEE公式サイトで「DOOGEE T30 Ultra」をチェックする

Amazonで「DOOGEE T30 Ultra」をチェックする

楽天市場で「DOOGEE T30」をチェックする

ヤフーショッピングで「DOOGEE T30 Ultra」をチェックする

米国 Amazon.comで「DOOGEE T30 Ultra」をチェックする

「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」のスペック

  • ディスプレイ 11.5インチ、解像度2000 x 1200ドットのIPS
    ※400nit/Gorilla Glass 3/10点マルチタッチ
  • プロセッサ MediaTek Helio G99 オクタコア 2.2 GHz
    ※6nm/64bit/8コア/最大2.2GHz
  • GPU Malí-G57
  • RAM(メモリ)4GB LPDDR4x
  • ストレージ 128GB UFS 2.2
  • 外部ストレージ microSDカードで最大2TBまで
  • バッテリー 7700 mAh
  • 駆動時間 10時間
  • 充電 Type-C、3時間
  • 背面カメラ 13MP (LEDフラッシュライト付き)
  • 前面カメラ 8MP (顔認証に対応)
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 6e、Bluetooth 5.2
    ※Wi-Fi Display対応
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、3.5mmイヤホンジャック、スマートコネクタ(キーボード接続用)
  • センサー 加速度センサー、環境光センサー、クーロン カウンター、ジャイロスコープ、ホール センサー、近接センサー、ERM バイブレーター
  • スピーカー クアッドスピーカー (1W x4)
  • オーディオ ドルビーアトモス対応
  • マイク デュアルマイク
  • スタイラスペン 筆圧4096段階のLenovo Precision Pen 2 (2023) (※別売)
  • キーボード 専用のLenovo キーボード パック(※別売)
  • オプション Lenovo Folio Case for Tab P11 (ホルダー付きカバー)
  • 生体認証 顔認証
  • OS Android 12L ※2年間のAndroidアップデートを提供
  • サイズ 268 x 169 x 7.4 mm
  • 重量 520g
  • カラー グレー

関連記事「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」プロよりお得? パワフルなタブレットと徹底 比較!

Amazonで「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」をチェックする

楽天市場で「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」をチェックする

ヤフーショッピングで「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」をチェックする

レノボ公式サイトで「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」をチェックする

AliExpressで「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」をチェックする

米国 Amazon.comで「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」をチェックする

「Teclast T50 Pro」のスペック

  • ディスプレイ 11インチ、解像度2000 x 1200 ドットのIPS
    ※2K FHD/5:3/8mmナローベゼル/フルラミネートTDDI/アイプロテクション/リーディングモード/画面分割/キーボードモード
  • タッチサンプリングレート 120Hz
  • プロセッサ MediaTek Helio G99 (MT8781)
    ※6nm/64bit/8コア/最大2.2GHz
  • CPU 2x ARM Cortex-A76 2.2GHz + 6x ARM Cortex-A55 2.0GHz
  • GPU ARM Mali-G72 MP3 800MHz + HyperEngine 2.0
  • RAM(メモリ) 8GB LPDDR4X
  • 拡張メモリ +8GBで合計 最大16GBまで
  • ストレージ 256GB UFS2.2
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー 8000 mAh
  • 駆動時間 スタンバイで845時間、通話で35時間、FHD動画で7.5時間、ゲームで5.5時間、E-bookで12時間
  • 充電 18W PD急速充電
  • 背面カメラ 20MP ※オートフォーカス対応
  • 前面カメラ 8MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.2、GPS (A-GPS,GLONASS,GALILEO,Beidou)
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、microSDカード、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー 近接センサー、光センサー、ジャイロスコープ、ホールセンサー
  • スピーカー ステレオ クアッドスピーカー、スマートK アンプ内蔵
  • マイク デュアルデジタルマイクアレイ
  • オーディオ デジタルパワーアンプチップ内蔵
  • キーボード TECLAST KS10 Bluetooth キーボード(別売)
  • 筐体の素材 CNCアルミニウムユニボディ
  • 生体認証 顔認証
  • OS Android 13
  • サイズ 厚さ7.5 mm
  • 重量 480 g
  • カラー グレー
  • 4G通信 対応
  • SIMカード NanoSIM

関連記事「Teclast T50 Pro」待望の上位モデル? 最新の高速タブレットと徹底 比較!

Amazonで「Teclast T50 Pro」をチェックする

楽天市場で「Teclast T50」をチェックする

ヤフーショッピングで「Teclast T50 Pro」をチェックする

AliExpressで「Teclast T50 Pro」をチェックする

Teclast公式ストアで「Teclast T50 Pro」をチェックする

米国 Amazon.comで「Teclast T50 Pro」をチェックする

「N-One NPad X」のスペック

  • ディスプレイ 10.95インチ、解像度2000 x 1200ドットのIPS
    ※FHD+/フルラミネイト
  • プロセッサ Mediatek Helio G99
  • GPU Malí-G57  MP1
  • RAM(メモリ) 8GB LPDDR4
  • ストレージ 128GB UFS
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー 8600mAh /3.8V
  • 充電 18W PD 急速充電、Type-C
  • 背面カメラ 20MP+0.3MP
  • 前面カメラ 8MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 5 (802.11a/b/g/n/ac 2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (GPS/GALILEO/GLONASS/BDS/A-GPS)
  • インターフェース USB Type-C (OTG)
  • スピーカー 4チャンネルスピーカー
  • マイク 搭載
  • 生体認証 非対応
  • 筐体の素材 メタル(金属)
  • OS Android 13
  • サイズ 258 x 162 x 7.6mm
  • 重量 470g
  • カラー グレー
  • 4G LET通信 対応

関連記事「N-One NPad X」超高速か? 人気の高性能タブレットと徹底 比較!

Amazonで「N-One NPad X」をチェックする

楽天市場で「N-One NPad X」をチェックする

ヤフーショッピングで「N-One NPad X」をチェックする

AliExpressで「N-One NPad X」をチェックする

Banggoodで「N-One NPad X」をチェックする

米国 Amazon.comで「N-One NPad」をチェックする

「DOOGEE T30 Ultra」のメリット・デメリット

DOOGEE T30 Ultra」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・11インチの2.5K液晶・1670万色やTÜV認証ブルーライト低減に対応

DOOGEE T30 Ultra」は11インチで解像度2560 x 1600 ドットのIPSディスプレイを搭載。ピクセル密度275 ppi、輝度250nit、画面比率85%の明るくワイドな2.5K液晶で、複数アプリを同時に使える画面分割や目の負担を軽減するTÜV認証ブルーライト低減にも対応しています。

一方、「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」は11.5インチで解像度2000 x 1200ドットのIPSディスプレイを搭載。輝度400nitの明るい画面で、屋外でも見やすく表示できます。「Teclast T50 Pro」は11インチで解像度2000 x 1200 ドットのIPSディスプレイを搭載しています。「N-One NPad X」は 10.95インチで解像度2000 x 1200ドットのIPSディスプレイを搭載。高精細なフルHD+画質で動画も快適に視聴できます。

・Widevine L1対応で高画質な動画を視聴できる

DOOGEE T30 Ultra」はDRM(デジタル著作権管理)技術「Widevine L1」に対応。NETFLIX、Hulu、Prime Vedeo、Disney+などの対応する動画配信サービスで、1080Pの高画質な映像を視聴できます。

一方、「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」と「Teclast T50 Pro」、「N-One NPad X」はWidevine L1に対応していません。

・12GBメモリ搭載で最大32GBまで拡張できる

DOOGEE T30 Ultra」は12GB LPDDR4X メモリを搭載し、最大32GBまで拡張できます。

一方、「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」は4GB LPDDR4Xメモリを搭載し、スムーズに動作します。「Teclast T50 Pro」は8GB LPDDR4X デュアルチャンネルメモリ搭載で最大16GBまで拡張できます。「N-One NPad X」は8GB LPDDR4Xメモリ搭載でスムーズに動作します。

・256GB UFS 2.2ストレージ搭載で最大2TBまで拡張できる

DOOGEE T30 Ultra」は高速なUFS2.2規格の256GBストレージ搭載で、別売のmicroSDカードで最大2TBまで拡張できます。

一方、「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」は128GB UFS 2.2ストレージ搭載で最大2TBまで拡張できます。「Teclast T50 Pro」はUFS2.2規格のストレージを256GB搭載し、別売のmicroSDカードで最大1TBまで拡張できます。「N-One NPad X」は128GB UFSストレージ搭載で、別売のmicroSDカードで最大1TBまで拡張できます。

・8580 mAhバッテリー搭載で18W 急速充電に対応

DOOGEE T30 Ultra」は8580mAhバッテリーを搭載。Type-Cポートを介して18W急速充電も利用できます。

一方、「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」は7700 mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。「Teclast T50 Pro」は8000 mAhバッテリー搭載で18W PD急速充電に対応しています。「N-One NPad X」は8600mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。

・背面16MPのメインカメラと前面8MPのフロントカメラを搭載

DOOGEE T30 Ultra」は背面に16MPカメラを搭載し、フラッシュ撮影や2K動画撮影が利用できます。また、前面に8MPのフロントカメラを搭載し、ビデオ通話やオンライン会議・授業、チャットなどに活用できます。

一方、「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」は背面13MPカメラ (LEDフラッシュライト付き)と前面8MPカメラを搭載しています。「Teclast T50 Pro」は背面20MP (AF対応)と前面8MPカメラを搭載しています。「N-One NPad X」は背面20MP+0.3MPの2眼カメラと前面8MPのフロントカメラを搭載しています。

・Wi-Fi 5のデュアルバンド、Bluetooth 5.0、GPSに対応

DOOGEE T30 Ultra」は高速で途切れにくいWi-Fi 5のデュアルバンドに対応しています。また、Bluetooth 5.0によるワイヤレス接続や4衛星測位に対応したGPSナビゲーションも利用できます。

一方、「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」はWi-Fi 6e、Bluetooth 5.2に対応しています。「Teclast T50 Pro」はWi-Fi 5のデュアルバンド、Bluetooth 5.2、GPSに対応しています。「N-One NPad X」はWi-Fi 5のデュアルバンド、Bluetooth 5.0、GPSに対応しています。

・SIMフリーの4G LET通信に対応

DOOGEE T30 Ultra」はSIMフリーの4G LET通信に対応し、単体で通信できます。

一方、「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」は4G LET通信に対応していません。「Teclast T50 Pro」は4G LET通信に対応し、単体で通信できます。また、VoLET通話も利用できます。「N-One NPad X」はSIMスロット搭載でSIMフリーの4G LET通信に対応しています。

・クアッドBOXスピーカー搭載でステレオサウンド、ハイレゾ音源再生に対応

DOOGEE T30 Ultra」は本体にスマートPAアンプ内蔵のクアッドスピーカーを搭載し、ステレオサウンドやハイレゾ音源の再生に対応しています。

一方、「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」はルビーアトモス対応のクアッドスピーカーを搭載し、臨場感のある立体的なサウンドを再生できます。「Teclast T50 Pro」はスマートKアンプ内蔵のクアッドスピーカーを搭載し、高音質なステレオサウンドを再生できます。「N-One NPad X」はクアッドBOXスピーカーを搭載しています。

・筆圧1024段階のスタイラスペンを用意

DOOGEE T30 Ultra」は筆圧1024段階のスタイラスペン(別売)を用意しています。

一方、「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」は筆圧4096段階の「Lenovo Precision Pen 2 (2023) 」を用意し、スムーズに手書き入力することができます。「Teclast T50 Pro」と「N-One NPad X」は純正のスタイラスペンが用意されていません。

・トラックパッド付きのドッキングタッチキーボードを用意

DOOGEE T30 Ultra」は64 キー設計でトラックパッド付きのドッキングタッチキーボード(別売)を用意しています。

一方、「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」はマグネットで着脱できる専用のLenovo キーボードも用意し、ノートPCのように快適にタイピングできます。「Teclast T50 Pro」は純正のTECLAST KS10 Bluetooth キーボード(別売)を用意しています。「N-One NPad X」は専用のキーボードを用意していません。

・顔認証に対応

DOOGEE T30 Ultra」は顔認証に対応し、安全かつスピーディにログインできます。

一方、「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」と「Teclast T50 Pro」は顔認証に対応し、安全かつスピーディにログインできます。「N-One NPad X」は顔認証に対応していません。

・厚さ7.6mm、重さ539gの薄型軽量デザイン・3色カラーを用意

DOOGEE T30 Ultra」は厚さ7.6mm、重さ539gの薄型軽量デザインで、ブラック、グレー、グリーンの3色カラーを用意しています。

一方、「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」は厚さ7.4mmで重さ520gの薄型軽量デザインで、グレーカラーを用意しています。「Teclast T50 Pro」は厚さ7.5mmで重さ480gの薄型軽量デザインで、グレーカラーを用意しています。「N-One NPad X」は厚さ7.6mmで重さ470gの薄型軽量デザインで、グレーカラーを用意しています。

・Android 13搭載で新機能も使える

DOOGEE T30 Ultra」はAndroid 13を搭載し、新機能も使えるようになっています。

Android 13には、

テーマ別アイコンデザイン(サードパーティ製アプリを含む)、クイック設定の変更(ボタンの位置変更・タイル数の増加・不要な実行中アプリを停止)、ホーム画面のカスタマイズ、メディアコントロール(音楽でデザインが変化)、テキストのコピーツール、アプリごとの言語設定、おやすみ時間モードのカスタマイズ(設定項目が増加)、「バイブレーションとハプティクス」(通話のバイブレーションなどの設定項目が追加)、

通知の制御(ユーザーに許可を求める)、クリップボード履歴の自動消去、特定の写真や動画のみにアクセスを許可、空間オーディオ、Bluetooth LE Audio(音楽を他のユーザーと共有)、Chromebookとの連携、端末間でコピー&ペースト、タブレットのマルチタスク、手のひらとスタイラスペンの別タッチ登録

などの機能が追加されています。

一方、「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」はAndroid 12L搭載で2年間のAndroid OSアップデートも提供されます。「Teclast T50 Pro」と「N-One NPad X」はAndroid 13を搭載し、新機能も使えるようになっています。

デメリット

・タッチサンプリングレート120Hzに対応していない

DOOGEE T30 Ultra」は高速なタッチ入力が可能なタッチサンプリングレート120Hzに対応していません。

一方、「Teclast T50 Pro」はタッチサンプリングレート120Hzに対応しています。「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」と「N-One NPad X」はタッチサンプリングレート120Hzに対応していません。

・Wi-Fi 6に対応していない

DOOGEE T30 Ultra」は従来よりも約4〜10倍の速度で通信できる次世代通信規格「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)に対応していません。

一方、「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」はWi-Fi 6の拡張版で、2.4GHz帯・5GHz帯・6GHz帯の3つの帯域が利用できる「Wi-Fi 6e」に対応しています。「Teclast T50 Pro」と「N-One NPad X」はWi-Fi 6に対応していません。

「DOOGEE T30 Ultra」の評価

DOOGEE T30 Ultra」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

2023年6月に発売された「DOOGEE T30 Pro」の後継モデルになります。前モデルのスペックを強化し、新たにブラック カラーを追加しています。DOOGEEの実質的な最上位 フラグシップモデルです。

前モデルとの大きな違い・変更点は、「メモリ容量」です。前モデルは8GB搭載でしたが、新モデルは12GBメモリを搭載。拡張できるメモリ容量も最大15GBから32GBに増えています。

また、プロセッサはHelio G99で、「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」、「Teclast T50 Pro」、「N-One NPad X」と同じですが、最大32GBメモリとの組み合わせで、他の機種よりもAntutuベンチマーク総合のスコアが高くなると予想されます。

そのほか、わずかながらも前モデルからディスプレイ性能が向上しており、本体サイズもスリムになっています。スタイラスペン(別売)は筆圧2048段階ではなく、1024段階に変更され、カラーはブルーなくなり、ブラックが追加されています。

前モデルから劇的な変化はないものの、メモリ容量が強化されたことで、他機種との違いが鮮明になりました。パワフルなHelio G99プロセッサと大容量メモリで、負荷の高いゲーム アプリも快適に動作するはずです。

なお、T30 Ultraよりも1インチ大きい12インチの「DOOGEE T20 Ultra」も発売中です。こちらも最大32GBメモリまで拡張できます。

DOOGEE T30 Ultra」の発売時の価格はUS $368.32(日本円で約55,256円)。

11月11日~17日のAliExpressセールで、なんと$184.99 (日本円で約27,752円)で販売され、かなりお買い得価格になります。「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」の価格は4万4千なので、約1万6千円も安いことになります。パワフルなHelio G99プロセッサと大容量メモリを搭載したAndroid 13タブレットを探している人におすすめです。

「DOOGEE T30 Ultra」のデザイン

サイズは11インチで、T20 Ultraよりも1インチ小さくなりますが、その分重さは少し軽くなります。

筐体はメタル素材で、厚さはわずか7.6 mm。背面はツートーンカラーで、カメラ側の色が少し変わります。カラーはブラック、グレー、グリーンの3種類。

前モデルにはあったブルーがなくなり、新たにブラックカラーが追加されています。

ブラックはグレーよりもシブイ感じがしますね。グリーンは薄いエメラルドのような色合いで、爽やかな印象です。

※上の文面はThreadsからの引用です。

「DOOGEE T30 Ultra」のデザインは下の動画でチェックできます。

Youtubeショート動画でデザインをチェックする

Instagramでデザインをチェックする

「DOOGEE T30 Ultra」の販売・購入先

DOOGEE T30 Ultra」は、

Amazonで45,900円 (税込)、

楽天市場で43,780円(送料無料・中古品)、

AliExpressでUS $271.33 (日本円で約40569円)、

DOOGEE公式サイトで42,969円、

米国 Amazon.comで$379.99 ($80 OFFクーポン付き)、

で販売されています。

Amazonで「DOOGEE T30 Ultra」をチェックする

楽天市場で「DOOGEE T30」をチェックする

ヤフーショッピングで「DOOGEE T30 Ultra」をチェックする

AliExpressで「DOOGEE T30 Ultra」をチェックする

DOOGEE公式サイトで「DOOGEE T30 Ultra」をチェックする

米国 Amazon.comで「DOOGEE T30 Ultra」をチェックする

 

 

 

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Orbic TAB10R 4G」(10.1型・Snapdragon 680・防水防塵)

★「Blackview Tab 18」(12インチ・Helio G99)

Lenovo Tab P11 (2nd gen)

Teclast T50 Pro

N-One NPad X

HEADWOLF HPad 5」(10.51の2K液晶・Helio G99・最大16GB)

Galaxy Tab A9+」(11インチ・Snapdragon 695・DeXモード)

Redmi Pad SE」(11.0のフルHD液晶・Snapdragon 680・4GB)

Fire Max 11」(11型・2K液晶・USI 2.0ペン)

TECLAST T60」(12インチ・T616・8000 mAh)

HUAWEI MatePad 11.5」(Snapdragon 7 Gen 1・2.2K液晶)

Xiaomi Pad 6」(11型・Snapdragon 870・2.8K液晶)

他のDOOGEE タブレットと比較

他にもDOOGEEのタブレットが販売されています。ぜひ比較してみてください。

DOOGEEタブレットが高コスパで大躍進! 注目の最新 機種をまとめて紹介

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

Android 13で使えるタブレット 2023 最新 機種 まとめ

最新のAndroid 13タブレットをまとめて紹介しています。

Android 12で使えるタブレット 2023 最新 まとめ

最新のAndroid 12タブレットをまとめて紹介しています。

HDMI出力できるAndroidタブレット まとめ

HDMI出力できるタブレットをまとめて紹介しています。

一度は手に入れてみたい超ハイスペックなAndroidタブレット まとめ

最強スペックのAndroidタブレットをまとめて紹介しています。