「Blackview Tab 18」がビッグで最強か? 新世代の12型タブレットと徹底 比較!


2023年10月に発売された「Blackview Tab 18」と 新世代の12型タブレットを徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペックの違いに加えて、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※本ページはプロモーション(広告)を含んでいます。

「Blackview Tab 18」の特徴

Blackview Tab 18」の特徴をまとめてみました。

2.4K液晶・筆圧ペン・8800mAhバッテリ

Blackview Tab 18」は12インチで解像度2000 × 1200ドットのディスプレイを搭載。画面比率86.8%のワイドで高精細な2.4K液晶で、DRM技術「Widevine L1」や目の負担を軽減するTUV認証ブルーライト低減、マルチレイヤーダークモードなどにも対応しています。

また、筆圧4096段階のスタイラスペン「Magnetic S Pen Gen2」を用意。重さ10.5gの軽量でスムーズに手書き入力できるほか、ペン先の交換や本体とのマグネット着脱にも対応しています。そのほか、8800 mAhバッテリーを搭載し、長時間の駆動が可能。Type-C ポートを介して33W急速充電も利用できます。

Helio G99・最大24GB+256GB・Doke OS_P4.0

Blackview Tab 18」はMediaTek Helio G99 プロセッサを搭載。6nmプロセスで製造された8コア、最大2.2GHz駆動のCPUで、Antutuベンチマーク総合で約45万を記録しています。また、12GB メモリを搭載し、最大24GBまで拡張することが可能。ストレージは高速なUFS2.1規格の256GBで、別売のmicroSDカード最大1TBまで拡張できます。

そのほか、OSにAndroid 13ベースのDoke OS_P4.0を採用。新しいPC モード 2.0やバージョンアップされた画面分割機能、ノートブック、アトマイズドメモリ 2.0(マルチタスクの高速化)、データ移行アシスタント(バックアップ、復元、転送)、プライバシー ダッシュボード(アプリ権限の管理)、ゲームモード、ダークモードなどの機能が使えるようになっています。

16MP/8MPカメラ・磁気キーボード・Harmanスピーカー

Blackview Tab 18」は背面にArcSoft 7.0 に対応した16MPのメインカメラを搭載し、ナイトモードやHDR撮影、モノクロームモード、パノラマ撮影、Google レンズ、2Kビデオ撮影が利用可能。前面にはAI対応の8MPのフロントカメラを搭載し、ポートレートモードやビューティモードが使えるようになっています。

また、マグネットで着脱できるBlackview Bluetooth 磁気 キーボード(※別売)を用意。複数のウインドウを重ねて作業できるPCモードや複数アプリを同時に使える画面分割 機能にも対応し、ノートPCスタイルでも快適に使用できます。

そのほか、Harman kardon 監修のクアッドスピーカーを搭載し、Harman AudioEFX 2.0による高音質な音楽再生が可能。タッチで安全かつスピーディにログインできる指紋認証やゲームプレイ時で45.7度に保つ冷却システム、SIMフリーの4G LET通信にも対応しています。

公式ページ : Blackview

価格を比較

Blackview Tab 18」と「TECLAST T60」、「DOOGEE T20 Ultra」、「OUKITEL OT5」の価格を比較してみました。

「Blackview Tab 18」

Blackview Tab 18」は、Amazonで53,900円 (税込・13000円OFFクーポン付き/12GBメモリ搭載モデルは59,900円で15000円OFFクーポン付き)、楽天市場で39,900円(送料無料・3000円OFFクーポン付き)、AliExpressでUS $258.90 (日本円で約38960円 )で販売されています。

「TECLAST T60」

TECLAST T60」は、Amazonで36,900円(税込・7000円OFFクーポン付き)、楽天市場で32,980円(送料無料)で販売されています。

「DOOGEE T20 Ultra」

DOOGEE T20 Ultra」は、AliExpressでUS $249.99 (日本円で約37,272円) で販売されています。

「OUKITEL OT5」

OUKITEL OT5」は、AliExpressでUS $499.99(※日本円で約74547円。11月18日発売・11/11-17のセールで$179.99/日本円で約26,835円で販売)で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

Blackview Tab 18」と「TECLAST T60」、「DOOGEE T20 Ultra」、「OUKITEL OT5」のAntutuベンチマーク スコアを比較してみました。

「Blackview Tab 18」

Blackview Tab 18」は6nmプロセスで製造された8コアプロセッサ「MediaTek Helio G99」を搭載し、Antutuベンチマーク総合で約45万を記録しています。

Antutu総合で「457641」

<CPU> MediaTek Helio G99

例: Antutu V10 総合で「411341」、CPUで「127016」、GPUで「64476」、MEMで「112271」、UXで「107578」。

同じプロセッサは「OUKITEL OT5」、「DOOGEE T20 Ultra」、「DOOGEE R10」、「Blackview Active 8 Pro」、「DOOGEE T30 Pro」、「AGM PAD P1」、「Teclast T50 Pro」、「HEADWOLF HPad 3」、「Alldocube iPlay 50 Pro」、「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」、「LAVIE Tab T11(T1175/FAS)」、「N-One NPad X」、「Redmi Pad」などにも搭載されています。

Unisoc T616搭載の「TECLAST T60」と比較すると、スコアが約19万高くなります。

Exynos 1380搭載の「Galaxy Tab S9 FE+ 5G」と比較すると、スコアが約5万低くなります。

MediaTek Dimensity 7050搭載の「Lenovo Tab P12」と比較すると、スコアが約7万低くなります。

性能的には動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)、電子書籍、写真撮影などで快適に動作します。

Androidのゲームは負荷の高いものを含めて快適に動作します。また、PS2の一部のゲームを含め、PSP、PS1、SFC、DC、N64、MD、FCなどのエミュレーターも快適に動作します。

「TECLAST T60」

Antutu総合で約260,000

<CPU>Unisoc T616

「DOOGEE T20 Ultra」

Antutu総合で約400,000

<CPU> MediaTek Helio G99

「OUKITEL OT5」

Antutu総合で「413423」

<CPU> MediaTek Helio G99

スペックを比較

Blackview Tab 18」と「TECLAST T60」、「DOOGEE T20 Ultra」、「OUKITEL OT5」のスペックを比較してみました。

「Blackview Tab 18」のスペック

  • ディスプレイ 12インチ、解像度2000 × 1200ドット
    ※2.4K/画面比率86.8%/TUV認証ブルーライト低減/画面分割
  • 液晶の機能 ナイトライトモード、リーディングモード、マルチレイヤーダークモード
  • Widevine L1 対応
  • プロセッサ MediaTek Helio G99 (MT6789)
    ※6nm/64bit/8コア/最大2.2GHz
  • CPU 2x 2.2 GHz ARM Cortex-A76, 6x 2.0 GHZ ARM Cortex-A55
  • GPU Arm Mali-G57 MC2
  • RAM(メモリ) 8GB/12GB LPDDR4X
  • 拡張メモリ +12GBで最大16GB/24GBまで
  • ストレージ 256GB UFS 2.1
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー 8800 mAh
  • 充電 33W急速充電
  • 背面カメラ 16MP ※ArcSoft 7.0、2Kビデオ撮影、Google Lens、SK Hynix
  • 前面カメラ 8MP ※AI対応、Samsung
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (GPS/Glonass/Galileo/Beidou)
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、microSDカードスロット
  • スピーカー Harman kardon 監修 クアッドスピーカー(2712T2.35)
  • オーディオ Harman AudioEFX 2.0
  • マイク 内蔵
  • スタイラスペン 筆圧4096段階の「Magnetic S Pen Gen2」(10.5g、ペン先の交換、マグネット着脱)
  • キーボード Blackview Bluetooth 磁気 キーボード(※別売)
  • ケース 保護ケース(別売)
  • PCモード対応・マウス使用可
  • 冷却システム 搭載(ゲームプレイ時で45.7度に保つ)
  • 生体認証 指紋認証、顔認証
  • 筐体 アルミ合金、防汚指紋防止
  • OS Android 13ベースのDoke OS_P4.0 ※Google Playストア 対応
  • サイズ 277.6 x 173.2 x 7.9 mm
  • 重量 632g
  • カラー スペースグレー、グラシアブルー、ターコイズグリーン
  • 4G通信 対応
  • SIMカード NanoSIM (デュアルSIM)+TFカード
  • 対応バンド
    4G Bands: FDD: B1/B3/B7/B8/B20/B19 B40
    3G Bands: B1/B8
    2G Bands: B2/B3/B5/B8

関連記事Blackview タブレットが高コスパで使いやすい! 2023 最新 機種 まとめ

Amazonで「Blackview Tab 18」をチェックする

楽天市場で「Blackview Tab 18」をチェックする

ヤフーショッピングで「Blackview Tab 18」をチェックする

AliExpressで「Blackview Tab 18」をチェックする

米国 Amazon.comで「Blackview Tab 18」をチェックする

「TECLAST T60」のスペック

  • ディスプレイ 12インチ、解像度2000 x 1200 ドット
    ※FHD+/TDDI/T-Color 3.0/画面比率92%/フルラミネーション/インセル/82チャンネル/6.5mm狭額縁ベゼル
  • 液晶の機能 目の保護モード、読書モード、ダークモード、Dimモード
  • タッチサンプリングレート 120 Hz
  • プロセッサ Unisoc T616 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア/最大2.0 GHz
  • GPU ARM Mali-G57 ,750MHz,Valhall(ARとVRをサポート)
  • RAM(メモリ)8GB LPDDR4
  • 拡張メモリ +8GBで最大16GBまで
  • ストレージ 256GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー 8000 mAh
  • 充電 18W 急速充電
  • 背面カメラ 13MP+補助 ※AIデュアルカメラ、フラッシュライト
  • 前面カメラ 5MP ※HDビデオ撮影
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (A-GPS,GLONASS,GALILEO,Beidou)
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、microSDカード、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー 近接センサー、光センサー、ジャイロスコープ、ホールセンサー
  • スピーカー クアッドステレオスピーカー
  • マイク デュアルデジタルマイクアレイ
  • オーディオ Sweet 4サウンドシステム、Smart K デジタルアンプ内蔵
  • キーボード TECLAST KS10 Bluetooth キーボード(別売)
  • ケース フォリオケース(開閉時の自動ウェイク/スリープをサポート)
  • Widevine L1 対応
  • ワイヤレス投影 対応(※対応機器のみ)
  • 生体認証 顔認証
  • 筐体 メタル(金属)、ストレートエッジ
  • OS Android 13 ※GSM認証、Google Playストア対応
  • サイズ 厚さ7.8mm
  • 重量 558 g
  • カラー スペースグレー
  • 付属品 電源アダプター、ケーブル、SIMピン、メンテナンスカード、ユーザーマニュアル
  • 4G通信 対応

関連記事「TECLAST T60」まさかの巨大化? 話題の大型タブレットと徹底 比較!

Amazonで「TECLAST T60」をチェックする

楽天市場で「TECLAST T60」をチェックする

ヤフーショッピングで「TECLAST T」をチェックする

AliExpressで「TECLAST T60」をチェックする

米国 Amazon.comで「TECLAST T60」をチェックする

「DOOGEE T20 Ultra」のスペック

  • ディスプレイ 12インチ、解像度 2000 x 1200 ドット
    ※2K/16:10/輝度350nit/195ppi/1600万色/画面比率87.2%/7mmベゼル/テュフラインランド認証/画面分割
  • プロセッサ MediaTek Helio G99 (MT8781)
    ※6nm/64bit/8コア/最大2.2GHz
  • CPU 2x ARM Cortex-A76 2.2GHz + 6x ARM Cortex-A55 2.0GHz
  • GPU Arm Mali-G57 MC2
  • RAM(メモリ)12GB LPDDR4X
  • メモリ拡張 +20GBで最大32GBまで
  • ストレージ 256GB UFS 2.2
  • 外部ストレージ microSDカードで最大2TBまで
  • バッテリー 10800 mAh
  • 充電 18W 急速充電、リバースチャージ
  • 背面カメラ 16MP
  • 前面カメラ 8MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (GLONASS/Galileo/Beidou/A-GPS)
    ※Miracast対応
  • インターフェース Type-C (OTG)、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー クアッドBOXスピーカー
  • オーディオ ステレオスマートPA、ハイレゾ音源再生
  • スタイラスペン 筆圧1024段階のスタイラスペン(別売)
  • キーボード ドッキングタッチキーボード(別売)、64 キー設計 2mmの大きなキートラベル、17mmの大きなキー間隔、14×14mmの大きなキーキャップ
    ※PCモード対応
  • FMラジオ 対応
  • Widevine L1 対応・デジタル著作権保護
  • アプリ WPS Office (プリインストール済)
  • 生体認証 顔認証
  • 筐体 メタル(金属)、航空宇宙グレードのアルミニウム素材、上部はブラッシュメタル仕上げ、優れた手触り
  • OS Android 13
  • サイズ 278.8 × 174.3 × 7.6 mm
  • 重量 568g
  • カラー ブラック、グレー、ブルー
  • 4G通信 対応

関連記事「DOOGEE T20 Ultra」ビックで高性能? 人気の11型タブレットと徹底 比較!

AliExpressで「DOOGEE T20 Ultra」をチェックする

Amazonで「DOOGEE T20 Ultra」をチェックする

楽天市場で「DOOGEE T20」をチェックする

ヤフーショッピングで「DOOGEE T20」をチェックする

米国 Amazon.comで「DOOGEE T20 Ultra」をチェックする

「OUKITEL OT5」のスペック

  • ディスプレイ 12インチ、解像度1200 x 2000 ドットのIPS
    ※2K/5:3/画面比率86%/TUV認証ブルーライト低減//Corning Gorilla Glass 5
  • プロセッサ MediaTek Helio G99 (MT6789)
    ※6nm/64bit/8コア/最大2.2GHz
  • CPU 2x 2.2 GHz ARM Cortex-A76, 6x 2.0 GHZ ARM Cortex-A55
  • GPU Arm Mali-G57 MC2
  • RAM(メモリ) 12GB
  • 拡張メモリ +24GBで最大36GBまで
  • ストレージ 256GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大2TBまで
  • バッテリー 11000 mAh リチウムイオンポリマー
  • 駆動時間 スタンバイで1200時間、通話で38時間、ビデオ再生で11時間、ゲームで14時間、音楽で41時間
  • 充電 18W急速充電
  • 背面カメラ 16MP + 2MP (マクロ)
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz+5GHz)、Bluetooth 5.2、GPS (GPS/Galileo/GLONASS/Beidou)
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、microSDカードスロット、3.5mmオーディオジャック
  • スピーカー クアッドBOXスピーカー、1217、ステレオサウンド、Hi-Fiオーディオ対応
  • スタイラスペン サポート(市販品)
  • キーボード Bluetoothキーボード(市販品)
  • 生体認証 顔認証
  • OS Android 13 ※Google Playストア対応
  • サイズ 278.5 x 174 x 7.5 mm
  • 重量 509g
  • カラー グレー、ブルー、グリーン
  • 4G通信 対応

関連記事「OUKITEL OT5」ビックで超高速? 魅惑の最新12型タブレットと徹底 比較!

AliExpressで「OUKITEL OT5」をチェックする

Amazonで「OUKITEL OT5」をチェックする

楽天市場で「OUKITEL OT」をチェックする

ヤフーショッピングで「OUKITEL」をチェックする

米国 Amazon.comで「OUKITEL OT5」をチェックする

「Blackview Tab 18」のメリット・デメリット

Blackview Tab 18」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・12インチの2.4K液晶・TUV認証ブルーライト低減に対応

Blackview Tab 18」は12インチで解像度2000 × 1200ドットのディスプレイを搭載。画面比率86.8%のワイドで高精細な2.4K液晶で、目の負担を軽減するTUV認証ブルーライト低減、マルチレイヤーダークモードなどにも対応しています。

一方、「TECLAST T60」は12インチで解像度2000 x 1200 ドットのディスプレイを搭載しています。「DOOGEE T20 Ultra」は12インチで解像度 2000 x 1200 ドットのディスプレイを搭載しています。「OUKITEL OT5」は12インチで解像度1200 x 2000 ドットのIPSディスプレイを搭載し、TUV認証ブルーライト低減にも対応しています。

・Widevine L1 に対応

Blackview Tab 18」はDRM(デジタル著作権管理)技術「Widevine L1」に対応。Hulu、Prime Vedeo、Disney+などの対応する動画配信サービスで、1080Pの高画質な映像を視聴できます。

一方、「TECLAST T60」は8GB LPDDR4メモリを搭載し、最大16GBまで拡張できます。「DOOGEE T20 Ultra」は12GB LPDDR4X メモリを搭載し、最大32GBまで拡張できます。「OUKITEL OT5」は12GB メモリを搭載し、最大36GBまで拡張できます。

・12GBメモリ搭載で最大24GBまで拡張できる

Blackview Tab 18」は12GB メモリを搭載し、最大24GBまで拡張できます。

一方、「TECLAST T60」は8000 mAhバッテリー搭載で18W 急速充電に対応しています。「DOOGEE T20 Ultra」は10800 mAhバッテリー搭載で18W 急速充電しています。「OUKITEL OT5」は11000mAhバッテリー搭載で18W急速充電に対応しています。

・256GB UFS 2.1ストレージ搭載で最大1TBまで拡張できる

Blackview Tab 18」は高速なUFS2.1規格の256GBストレージ搭載で、別売のmicroSDカードで最大1TBまで拡張できます。

一方、「TECLAST T60」は256GBストレージ搭載で、別売のmicroSDカードで最大1TBまで拡張できます。「DOOGEE T20 Ultra」は256GB UFS 2.2ストレージ搭載で最大2TBまで拡張できます。「OUKITEL OT5」は256GBストレージ搭載で、別売のmicroSDカードで最大2TBまで拡張できます。

・8800mAhバッテリー搭載で33W急速充電に対応

Blackview Tab 18」は8800 mAhバッテリーを搭載し、長時間の駆動が可能です。また、Type-Cポートを介して33W急速充電も利用できます。

一方、「TECLAST T60」は8000 mAhバッテリー搭載で18W 急速充電に対応しています。「DOOGEE T20 Ultra」は10800 mAhバッテリー搭載で18W 急速充電、リバースチャージに対応しています。「OUKITEL OT5」は11000mAhバッテリー搭載で18W急速充電に対応しています。

・背面16MPカメラと前面8MPカメラを搭載

Blackview Tab 18」は背面にArcSoft 7.0 に対応した16MPカメラを搭載し、ナイトモードやHDR撮影、モノクロームモード、パノラマ撮影、Google レンズ、2Kビデオ撮影が利用できます。また、前面にAI対応の8MPカメラを搭載し、ポートレートモードやビューティモードが使えるようになっています。

一方、「TECLAST T60」は背面13MP+補助のAIデュアルカメラと前面5MPのフロントカメラを搭載しています。「DOOGEE T20 Ultra」は背面16MPのメインカメラと前面8MPのフロントカメラを搭載しています。「OUKITEL OT5」は背面16MP + 2MPの2眼カメラと前面5MPのフロントカメラを搭載しています。

・Wi-Fi 5のデュアルバンドとBluetooth 5.0、GPSに対応

Blackview Tab 18」は高速で途切れにくいWi-Fi 5のデュアルバンドに対応しています。また、Bluetooth 5.0によるワイヤレス再生や4衛星測位に対応したGPSナビゲーションも利用できます。

一方、「TECLAST T60」と「DOOGEE T20 Ultra」はWi-Fi 5のデュアルバンドとBluetooth 5.0、GPSに対応しています。「OUKITEL OT5」はWi-Fi 5のデュアルバンドとBluetooth 5.2、GPSに対応しています。

・SIMフリーの4G LET通信に対応

Blackview Tab 18」はSIMフリーの4G LET通信に対応しています。

一方、「TECLAST T60」と「DOOGEE T20 Ultra」、「OUKITEL OT5」もSIMフリーの4G LET通信に対応し、単体で通信できます。

・Harman kardon 監修 クアッドスピーカーを搭載・Harman AudioEFX 2.0 サウンドに対応

Blackview Tab 18」はHarman kardon 監修 クアッドスピーカーを搭載し、Harman AudioEFX 2.0 による高音質なサウンドを再生できます。

一方、「TECLAST T60」はクアッドステレオスピーカー搭載でSweet 4サウンドシステムに対応しています。「DOOGEE T20 Ultra」はクアッドBOXスピーカー搭載でステレオサウンドに対応しています。「OUKITEL OT5」はクアッドBOXスピーカー搭載で、高音質なステレオ サウンドを再生できます。

・筆圧4096段階の「Magnetic S Pen Gen2」を用意

Blackview Tab 18」は筆圧4096段階のスタイラスペン「Magnetic S Pen Gen2」(別売)を用意しています。重さ10.5gの軽量でスムーズに手書き入力できるほか、ペン先の交換や本体とのマグネット着脱にも対応しています。

一方、「TECLAST T60」と「DOOGEE T20 Ultra」、「OUKITEL OT5」は筆圧対応のスタイラスペンに対応していません。

・Blackview 磁気 キーボードを用意

Blackview Tab 18」はマグネットで着脱できるBlackview 磁気 キーボードを用意しています。PCモードや複数アプリを同時に使える画面分割機能にも対応し、ノートPCスタイルでも快適に使用できます。

一方、「TECLAST T60」はTECLAST KS10 Bluetooth キーボード(別売)を用意しています。「DOOGEE T20 Ultra」はドッキングタッチキーボード(別売)を用意しています。「OUKITEL OT5」はBluetoothキーボード(別売)に対応しています。

・冷却システムに対応

Blackview Tab 18」はゲームプレイ時で45.7度に保つ冷却システムを搭載しています。

一方、「TECLAST T60」と「DOOGEE T20 Ultra」、「OUKITEL OT5」は冷却システムを搭載していません。

・指紋認証、顔認証に対応

Blackview Tab 18」は電源ボタンに指紋センサーを搭載し、タッチで安全かつスピーディにログインできます。また、顔認証も利用できます。

一方、「TECLAST T60」と「DOOGEE T20 Ultra」、「OUKITEL OT5」は顔認証に対応しています。

・厚さ7.9mm、重さ632gの薄型デザイン・3色カラーを用意

Blackview Tab 18」は厚さ7.9mm、重さ632gの薄型デザインで、スペースグレー、グラシアブルー、ターコイズグリーンの3色カラーを用意しています。

一方、「TECLAST T60」は厚さ7.8mm、重さ558 gの薄型軽量デザインで、スペースグレー カラーを用意しています。「DOOGEE T20 Ultra」は厚さ7.6mm、重さ568gの薄型軽量デザインで、ブラック、グレー、ブルーの3色カラーを用意しています。「OUKITEL OT5」は厚さ7.5mm、重さ509gの薄型軽量デザインで、グレー、ブルー、グリーンの3色カラーを用意しています。

・Android 13ベースのDoke OS_P4.0を搭載・新機能も使える

Blackview Tab 18」はAndroid 13ベースのDoke OS_P4.0を搭載し、新機能も使えるようになっています。

Doke OS_P4.0では、

、タイマーのカスタマイズ、大きく見やすいフォルダー、より柔軟に使えるウィジェット、アトマイズドメモリ 2.0(マルチタスクの高速化)、システムマネージャー、 コールドルーム(メモリ節約)、スマートフローティングウィンドウ、画面上の注意、リアルタイム字幕、EasyShare アプリ、データ移行アシスタント(バックアップ、復元、転送)、より包括的なプライバシー管理、プライバシー ダッシュボード(アプリ権限の管理)、Workspace App、パーソナライズされたデジタル アシスタント、SELinux(セキュリティ)、スマートプリロード(アプリの25%高速化)、ローメモリーキラー(応答速度の16%スムーズ化)、ゲームモード、ダークモード

などの機能が使えるようになっています。

一方、「TECLAST T60」と「DOOGEE T20 Ultra」、「OUKITEL OT5」はAndroid 13搭載で新機能も使えるようになっています。

デメリット

・ゴリラガラスで保護されていない

Blackview Tab 18」は液晶の表面が堅牢なゴリラガラス 5で保護されていません。

一方、「OUKITEL OT5」は液晶の表面を堅牢なコーニング社のゴリラガラス 5で保護されています。「TECLAST T60」と「DOOGEE T20 Ultra」はゴリラガラス 5で保護されていません。

・Wi-Fi 6通信に対応していない

Blackview Tab 18」は従来よりも約4〜10倍の速度で通信できる次世代通信規格「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)に対応していません。※「Fire Max 11」と「HUAWEI MatePad 11.5」などWi-Fi 6通信に対応したモデルは販売されています。

一方、「TECLAST T60」と「DOOGEE T20 Ultra」、「OUKITEL OT5」はWi-Fi 6通信に対応していません。

「Blackview Tab 18」の評価

Blackview Tab 18」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★★

機能:★★★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

2023年2月に発売された「Blackview Tab 16」の後継モデルで、12インチの大型サイズになります。OSをAndroid 13ベースのDoke OS_P3.0からDoke OS_P4.0に刷新し、全体的なスペックも大幅に強化されています。

ディスプレイは12インチの大型サイズで、「TECLAST T60」、「DOOGEE T20 Ultra」、「OUKITEL OT5」と同じ大きさになっています。また、プロセッサはHelio G99で「OUKITEL OT5」、「DOOGEE T20 Ultra」と同じです。

他機種との大きな違いは、「Blackview Tab 18」が筆圧4096段階の専用スタイラスペンMagnetic S Pen Gen2」(別売)を用意していることです。手書き機能においては「Blackview Tab 16」が圧倒的に優位です。

また、Harman kardonの高音質なクアッドスピーカーを搭載していることも大きなメリットです。他機種もクアッドスピーカー搭載ですが、やはりHarman kardonブランドの方が音がいいようです。音楽鑑賞の点でも「Blackview Tab 18」が優位に立っています。

そのほか、「Blackview Tab 18」は指紋認証に対応しています。他機種は顔認証のみなので、生体認証においても「Blackview Tab 18」が優位な位置に立っているといえます。

ただし、メモリ拡張は24GBまでで「OUKITEL OT5」の最大36GBには適いません。また、33W急速充電に対応するものの、バッテリー容量が8800 mAhで、「DOOGEE T20 Ultra」の10800 mAh、「OUKITEL OT5」の11000 mAhよりも容量が少なくなります。拡張ストレージも1TBまでで、最大2TBまでの「DOOGEE T20 Ultra」や「OUKITEL OT5」と差があります。

総合的に見て「Blackview Tab 18」の性能は確かに高い方ですが、他機種を圧倒するほどではないようです。スペックでは同じ12インチの「DOOGEE T20 Ultra」、「OUKITEL OT5」の方がいい点も多々あり、じっくりと比較してから購入した方がいいでしょう。

Blackview Tab 18」の発売時の価格は、US $306.60 (日本円で約45,713円)。

11/11-11/17のセールで$209 (日本円で約31,161円)で販売されるので、そのときに購入するのがベストのようです(※日本でも近々発売されると思われます)。12インチの高性能なAndroid 13タブレットを探している人におすすめです。

「Blackview Tab 18」のデザイン

12インチの大型サイズはやはり迫力が違います。実機でゲームをしている映像を見ると、やはり通常のタブレットとは違う「別次元」の迫力を感じてしまいます。2.4K画質なので動画視聴も非常に快適そうです。

厚さは7.9mmと非常に薄く、重さは632g。筐体の素材はアルミ合金製でエレガントな風格が漂っています。カラーは落ち着いた感じのスペースグレーと、カジュアルなグラシアブルー、ターコイズグリーンの3色から選べるようになっています。

※上の文面はThreadsからの引用です。

「Blackview Tab 18」のデザインは下の動画でチェックできます。

Youtubeショート動画でデザインをチェックする

Instagramでデザインをチェックする

「Blackview Tab 18」の販売・購入先

Blackview Tab 18」は、Amazonで53,900円 (税込・13000円OFFクーポン付き/12GBメモリ搭載モデルは59,900円で15000円OFFクーポン付き)、楽天市場で39,900円(送料無料・3000円OFFクーポン付き)、AliExpressでUS $258.90 (日本円で約38960円 )で販売されています。

Amazonで「Blackview Tab 18」をチェックする

楽天市場で「Blackview Tab 18」をチェックする

ヤフーショッピングで「Blackview Tab 18」をチェックする

AliExpressで「Blackview Tab 18」をチェックする

米国 Amazon.comで「Blackview Tab 18」をチェックする

 

 

 

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Lenovo Tab B11」(10.95・Helio G88・128GB・4G・ペン)

★「LAVIE Tab T14」(14.5インチ・Dimensity 9000)

TECLAST T60

DOOGEE T20 Ultra

OUKITEL OT5

Galaxy Tab A9+」(11インチ・Snapdragon 695・DeXモード)

Fire Max 11」(11.インチの2K液晶・USIペン)

HUAWEI MatePad 11.5」(2.2K液晶・Snapdragon 7 Gen 1)

Lenovo Xiaoxin Pad Pro 12.7」(12.7 3K液晶・Snapdragon 870)

Lenovo Tab P12」(12.7型・Dimensity 7050・3K液晶)

Galaxy Tab S9 FE+ 5G」(12.4インチ・Exynos 1380)

iPad Pro M2」(11/12.9インチ・Apple M2チップ)

他のBlackview タブレットと比較

他にもBlackview タブレットが販売されています。ぜひ比較してみてください。

Blackview タブレットが高コスパで使いやすい! 2023 最新 機種 まとめ

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

Android 13で使えるタブレット 2023 最新 機種 まとめ

最新のAndroid 13タブレットをまとめて紹介しています。

Android 12で使えるタブレット 2023 最新 まとめ

最新のAndroid 12タブレットをまとめて紹介しています。

HDMI出力できるAndroidタブレット まとめ

HDMI出力できるタブレットをまとめて紹介しています。

一度は手に入れてみたい超ハイスペックなAndroidタブレット まとめ

最強スペックのAndroidタブレットをまとめて紹介しています。

<テレビチューナー>

テレビチューナーはどれを買うべき? スマホ・タブレット・PC用のおすすめ機種を紹介!