「DOOGEE T20」で超進化? 最新の高性能タブレットと徹底 比較!


2022年12月に発売された「DOOGEE T20」と 最新の高性能タブレットを徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペックの違いに加えて、メリット・デメリット、評価を紹介します。

「DOOGEE T20」の特徴

DOOGEE T20」の特徴をまとめてみました。

2Kフルビュー液晶・筆圧ペン・8300mAh

DOOGEE T20」は10.4インチで解像度2000×1200ドットの2Kフルビューディスプレイを搭載。輝度360nit、画面比率81%の明るくワイドな画面で、豊かな色再現が可能なDCI-P3やDRM(デジタル著作権管理)技術「Widevine L1」にも対応しています。また、筆圧2048段階の専用スタイラスペンでスムーズに手書き入力することが可能。マグネットで着脱できる専用ワイヤレスキーボード(Bluetooth対応)も用意し、PCモードも利用できます。

そのほか、大容量8300mAhバッテリーを搭載し、スタンバイで833時間、ストリーミングで5.4時間駆動することが可能。Type-Cポートを介して18W急速充電も利用できます。

Unisoc T616・最大15GBメモリ・256GB UFSストレージ

DOOGEE T20」はUnisoc T616 オクタコアプロセッサを搭載。12nmプロセスで製造された8コアプロセッサで、Antutuベンチマーク総合で約28万を記録しています。また、8GB LPDDR4X デュアルチャンネルメモリを内蔵。メモリ拡張機能で最大15GBまで拡張できます。そのほか、256GB UFS 2.2ストレージを搭載し、別売のmicroSDカードで最大1TBまで拡張することが可能。OSはAndroid 12で新機能も使えるようになっています。

16MPカメラ・クアッドスピーカー・eSIM

DOOGEE T20」は背面にAI対応の16MPカメラを搭載。前面には8MPのフロントカメラを搭載し、ビデオ通話やオンライン会議・授業、チャットなどに活用できます。また、本体に4つのBOXスピーカーを搭載。スマートPAアンプ内蔵で、ステレオサウンドやハイレゾ音源再生にも対応しています。そのほか、SIMスロット搭載で4G LET通信に対応。世界で初めてタブレットでeSIMが利用できるようになっています。

公式ページ: DOOGEE T20

価格を比較

DOOGEE T20」と「Blackview Tab 15」、「CHUWI HiPad Max」、「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」の価格を比較してみました。

「DOOGEE T20」

DOOGEE T20」は、AliExpressでUS $449.98で販売されています。

「Blackview Tab 15」

Blackview Tab 15」は、Amazonで35900円、楽天市場で47,041円 (税込)、AliExpressでUS $179.99で販売されています。

「CHUWI HiPad Max」

CHUWI HiPad Max」は、Amazonで31,365円(セール価格)、楽天市場で33,900円 (税込・送料無料・ポイント4倍アップあり・5%OFFクーポンあり)、ヤフーショッピングで67,800円(税込・送料無料)、AliExpressでUS $219.99、Chuwi公式ストアで$239.00で販売されています。

「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」

Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」は、Amazonで45,000円(10,000円クーポンあり)、楽天市場で36,500円 (税込・送料無料・Wi-Fi・ポイント2倍あり)、ヤフーショッピングで35,800 円(LETモデルは38,800円)、レノボ公式サイトで35,800円(税込・送料無料・LETモデルは38,800円)、米国 Amazon.comで$170.99で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

DOOGEE T20」と「Blackview Tab 15」、「CHUWI HiPad Max」、「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」のAntutuベンチマーク スコアを比較してみました。

「DOOGEE T20」

Antutu総合で「287,663」

<CPU>Unisoc T616

<プロセッサ性能を解説>

12nmプロセスで製造されたUnisoc T616 オクタコアプロセッサを搭載し、Antutuベンチマーク総合で約28万を記録しています。同じプロセッサは「BMAX I11 PLUS」、「realme Pad Mini」にも搭載されています。

Unisoc T610搭載の「Blackview Tab 15」と比較すると、スコアが約6万高くなります。

Snapdragon 680搭載の「CHUWI HiPad Max」と比較すると、スコアがほぼ同じになります。

Snapdragon 680搭載の「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」と比較すると、スコアが約1万高くなります。

性能的には動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)、電子書籍、写真撮影などで快適に動作します。

Androidの3Dゲームもほとんど快適に動作します。また、PSP、PS1、SFC、DC、N64、MD、FCなどのエミュレーターも快適に動作します。

「Blackview Tab 15」

Antutu総合で223,463

<CPU> Unisoc T610

「CHUWI HiPad Max」

Antutuベンチマーク総合で約280,000

<CPU> Snapdragon 680

「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」

Antutu総合で約270,000

<CPU> Snapdragon 680

※Amazon.co.jpはMediaTek Helio G80搭載でAntutu総合で約200,000

スペックを比較

DOOGEE T20」と「Blackview Tab 15」、「CHUWI HiPad Max」、「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」のスペックを比較してみました。

「DOOGEE T20」のスペック

  • ディスプレイ 10.4インチ、解像度2000 x 1200 ドットのTDDI
    ※2k/16:10/輝度360nit/DCI-P3/画面比率81%/テュフラインランド認証/画面分割
  • プロセッサ Unisoc T616 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア
  • GPU ARM Mali-G57
  • RAM(メモリ) 8GB LPDDR4X
  • メモリ拡張 +7GBで最大15GBまで
  • ストレージ 256GB UFS 2.2
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー 8300mAh
  • 駆動時間 スタンバイで833時間、音楽再生で10時間、ストリーミングで5.4時間、ゲームで4.2時間、Webで8.9時間
  • 充電 18W急速充電
  • 背面カメラ 16MP ※AI対応/Samsung S5K3P9SP
  • 前面カメラ 8MP ※AI対応
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (GLONASS/Galileo/Beidou/A-GPS)
    ※Miracast対応
  • インターフェース  Type-C (OTG)、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー クアッドBOXスピーカー
  • オーディオ ステレオスマートPA、ハイレゾ音源再生
  • スタイラスペン 筆圧2048段階の専用スタイラスペン
  • キーボード 専用ワイヤレスキーボード(マグネット着脱可・Bluetooth接続も可)を用意
    ※PCモード対応
  • FMラジオ 対応
  • Widevine L1 対応・デジタル著作権保護
  • OS Android 12
  • サイズ 245.8×155.6×7.9mm
  • 重量 470g
  • カラー スペースグレー、ミントグレー、アイスブルー
  • SIMカード eSIM対応・nano SIM(デュアルSIM)
  • 対応バンド
    4G FDD: B1/3/5/7/20 TDD: B34/38/39/40/41
    3G WCDMA: B1/2/5/8
    2G GSM: B2/3/5/8

関連記事Android 12で使えるタブレット 2022 最新 まとめ

AliExpressで「DOOGEE T20」をチェックする

Amazonで「DOOGEE T20」をチェックする

楽天市場で「DOOGEE」をチェックする

ヤフーショッピングで「DOOGEE T20」をチェックする

米国 Amazon.comで「DOOGEE T20」をチェックする

「Blackview Tab 15」のスペック

  • ディスプレイ 10.5インチ、解像度1920×1200ドットのLCD IPS
    ※FHD/16.10/215ppi/輝度360nit/In-cell/画面比率83%/ブルーライト低減(TUV認証)/ダークモード/リーディングモード
  • プロセッサ Unisoc T610 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア
  • GPU Arm Mali-G52-3EE
  • RAM(メモリ) 8GB LPDDR4X ※メモリ拡張で最大14GB
  • ストレージ 128GB eMMC 5.1
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー 8280mAh
  • 駆動時間 スタンバイで840時間、通話で34時間、ゲームで4.5時間、ビデオ再生で3.5時間、Webで7時間、音楽再生で8.8時間
  • 充電 18W急速充電
  • 背面カメラ 13MP ※Sony IMX258
  • 前面カメラ 8MP ※Samsung S5k4H7
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (Glonass/Galileo)、4G通信
  • インターフェース USB Type-C (OTG)
  • スピーカー クアッドBOXスピーカー ※1217 4PCS
  • キーボード Blackview ワイヤレス Bluetooth キーボード(※別売)
    ※PCモード対応
  • 専用ケース あり(※付属)
  • 筐体の素材 アルミ合金
  • 生体認証 顔認証
  • Officeアプリ WPS Office プリインストール
  • Google Playストア 対応・利用できます
  • OS Android 12ベースのDoke OS_P3.0
  • サイズ 246.4×161.5×7.3 mm
  • 重量 525g
  • カラー ルナシルバー、スペースグレイ、トワイライトブルー

関連記事「Blackview Tab 15」14GBメモリ?人気の高性能タブレットと徹底 比較!

Amazonで「Blackview Tab 15」をチェックする

楽天市場で「Blackview Tab 15」をチェックする

ヤフーショッピングで「Blackview Tab 15」をチェックする

AliExpressで「Blackview Tab 15」をチェックする

米国 Amazon.comで「Blackview Tab 15」をチェックする

「CHUWI HiPad Max」のスペック

  • ディスプレイ 10.36インチ、解像度2000×1200 ドットのIPS液晶
    ※2K/10億色/輝度400nit/画面比率84%/7mmベゼル
  • プロセッサ Qualcomm Snapdragon 680 オクタコア
    ※6nm/64bit/8コア
  • GPU Adreno 610
  • RAM(メモリ)8GB LDDR4X
  • ストレージ 128GB UFS
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 7000 mAh
  • 駆動時間 10時間
  • 充電  Type-C、充電器(5V/2A)
  • 背面カメラ 8MP ※AF対応
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (GLONASS,GALILEO、BDS)
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー 光センサー
  • スピーカー クアッドステレオスピーカー
  • マイク あり
  • キーボード 専用キーボードカバー(※別売)
  • FMラジオ 対応
  • Google Widevine L1 対応(NETFLIX,Amazonプライムビデオ,DISNEY+,Hulu)
  • OS Android 12
  • サイズ 246.5×156.25×8 mm
  • 重量 約440 g
  • カラー グレー

関連記事「CHUWI HiPad Max」と注目の最新Androidタブレットを徹底 比較!

Amazonで「CHUWI HiPad Max」をチェックする

楽天市場で「CHUWI HiPad Max」をチェックする

ヤフーショッピングで「CHUWI HiPad」をチェックする

Chuwi公式ストアで「CHUWI HiPad Max」をチェックする

AliExpressで「CHUWI HiPad Max」をチェックする

Banggoodで「CHUWI HiPad Max」をチェックする

米国 Amazon.comで「CHUWI HiPad Max」をチェックする

「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」のスペック

  • ディスプレイ 10.61インチ、解像度2000×1200ドットのワイドIPSパネル
    ※FHD+/10点マルチタッチ/Wi-Fi Display対応
  • プロセッサ Qualcomm Snapdragon 680
    ※6nm/64bit/8コア/最大2.4GHz
  • CPU 4 × Cortex-A73 2.4 GHz + 4 × Cortex-A53 1.9 GHz
  • GPU Adreno 610
  • RAM(メモリ) 4GB LPDDR4x
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー 7500mAh リチウムイオンポリマーバッテリー
  • 駆動時間 約 12時間
  • 充電 Type-C、時間:約5時間 (ACアダプター使用時)、ACアダプター:AC 100-240V(50/60Hz)
  • 背面カメラ 8MP ※AF対応
  • 前面カメラ 8MP ※FF
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4Ghz/5GHz)、Bluetooth 5.0
  • インターフェース USB 2.0 Type-Cポート(OTG機能付き)、マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック、Nano SIMカードスロット(搭載モデルのみ)
  • センサー 加速度センサー、光センサー、ジャイロセンサー、GPS、GLONASS
    ※型番ZAAN0121JPのみA-GPSに対応
  • スピーカー クアッドスピーカー
  • オーディオ ドルビー・アトモス
  • Google キッズスペース 対応
  • 生体認証 顔認証
  • 筐体の素材 アルミ合金
  • OS Android 12
  • サイズ 約 251.2×158.8×7.5mm
  • 重量 約 465g
  • カラー ストームグレー

関連記事「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」がセール! 4G/5Gタブレットと徹底 比較

Amazonで「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」をチェックする

楽天市場で「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」をチェックする

ヤフーショッピングで「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」をチェックする

レノボ公式サイトで「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」をチェックする

AliExpressで「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」をチェックする

米国 Amazon.comで「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」をチェックする

「DOOGEE T20」のメリット・デメリット

DOOGEE T20」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・10.4インチの2K液晶・DCL-P3対応で色鮮やか

DOOGEE T20」は10.4インチで解像度2000×1200ドットの2Kフルビューディスプレイを搭載。輝度360nit、画面比率81%の明るくワイドな画面で、豊かな色再現が可能なDCI-P3にも対応しています。

一方、「Blackview Tab 15」は10.5インチで解像度1920×1200ドットのLCD IPSディスプレイを搭載しています。「CHUWI HiPad Max」は10.36インチで解像度2000×1200ドットのIPS液晶を搭載しています。「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」は10.61インチ、解像度2000×1200ドットのワイドIPSディスプレイを搭載しています。

・8GBメモリ搭載で最大15GBまで拡張できる

DOOGEE T20」は8GB LPDDR4X デュアルチャンネルメモリを内蔵しています。また、メモリ拡張機能で最大15GBまで拡張できます。

一方、「Blackview Tab 15」は8GB LPDDR4Xメモリを搭載し、メモリ拡張機能で最大14GBまで拡張できます。「CHUWI HiPad Max」は8GB LDDR4Xメモリを搭載しています。「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」は4GB LPDDR4xメモリを搭載しています。

・256GB UFSストレージ搭載で拡張もできる

DOOGEE T20」は256GB UFS2.2ストレージを搭載しています。また、別売のmicroSDカードで最大1TBまで拡張することができます。

一方、「Blackview Tab 15」は128GB eMMC 5.1ストレージ搭載で最大1TBまで拡張できます。「CHUWI HiPad Max」は128GB UFSストレージを搭載しています。「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」は64GBストレージを搭載しています。

・ 8300mAhバッテリー搭載で18W急速充電に対応

DOOGEE T20」は大容量8300mAhバッテリーを搭載し、スタンバイで833時間、ストリーミングで5.4時間駆動することができます。また、Type-Cポートを介して18W急速充電も利用できます。

一方、「Blackview Tab 15」は8280mAhバッテリー搭載で18W急速充電に対応しています。「CHUWI HiPad Max」は7000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」は7500mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。

・背面16MP&前面8MPカメラが使える

DOOGEE T20」は背面にAI対応の16MPカメラを搭載。前面には8MPのフロントカメラを搭載し、ビデオ通話やオンライン会議・授業、チャットなどに活用できます。

一方、「Blackview Tab 15」は背面13MP&前面8MPカメラを搭載しています。「CHUWI HiPad Max」は背面8MP&前面5MPカメラを搭載しています。「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」は背面8MP(AF対応)&前面8MPカメラを搭載しています。

・Wi-Fi 5のデュアルバンド、Bluetooth 5.0、GPSに対応

DOOGEE T20」は高速で途切れづらいWi-Fi 5のデュアルバンドに対応しています。また、Bluetooth 5.0、GPSにも対応しています。

一方、「Blackview Tab 15」、「CHUWI HiPad Max」、「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」もWi-Fi 5のデュアルバンド&Bluetooth 5.0、GPSに対応しています。

・4G LET通信に対応

DOOGEE T20」は4G LET通信に対応し、単体で通信することができます。

一方、「Blackview Tab 15」はSIMスロットを搭載し、SIMフリーで4G LET通信が利用できるようになっています。「CHUWI HiPad Max」は4G通信に対応しています。「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」はWi-Fiモデルの他に、単体で通信できる4G LET通信モデル(型番ZAAN0121JP)を用意しています。

・厚さ7.9mmで重さ470gの薄型軽量デザイン

DOOGEE T20」は厚さ7.9mmで重さ470gの薄型軽量デザインになっています。

一方、「Blackview Tab 15」は厚さ7.3mmで重さ525gの薄型デザインになっています。「CHUWI HiPad Max」は厚さ8mmで重さ約440gになっています。「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」は厚さ7.5mmで重さ約465gになっています。

・筆圧2048段階の専用スタイラスペンで手書き入力できる

DOOGEE T20」は筆圧2048段階の専用スタイラスペンで手書き入力が可能になっています。

一方、「Blackview Tab 15」、「CHUWI HiPad Max」、「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」は専用スタイラスペンが用意されていません。

・専用のワイヤレスキーボードを用意

DOOGEE T20」はマグネットで着脱可能な専用ワイヤレスキーボード(Bluetooth接続も可能)を用意しています。

一方、「Blackview Tab 15」は純正の「Blackview ワイヤレス Bluetooth キーボード」(※別売)が用意されています。「CHUWI HiPad Max」は別売で専用キーボードカバーが用意されています。「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」は専用キーボードが用意されていません。

・クアッドBOXスピーカー搭載で音がいい

DOOGEE T20」は本体に4つのBOXスピーカーを搭載。スマートPAアンプ内蔵で、ステレオサウンドやハイレゾ音源再生にも対応しています。

一方、「Blackview Tab 15」はクアッドBOXスピーカーを搭載しています。「CHUWI HiPad Max」はクアッドステレオスピーカーを搭載しています。「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」はドルビー・アトモス対応のクアッドスピーカーを搭載しています。

・Widevine L1に対応

DOOGEE T20」はDRM(デジタル著作権管理)技術「Widevine L1」に対応。対応する動画配信サービス(Hulu、Prime Vedeo、Disney+など)で高画質な映像を視聴できます。

一方、「Blackview Tab 15」、「CHUWI HiPad Max」はWidevine L1に対応しています。「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」はWidevine L1に対応していません。

・Android 12の新機能が使える

DOOGEE T20」はAndroid 12を搭載し、新機能も使えるようになっています。

Android 12には、

「Material You」(新UI・壁紙の色を抽出)、新しいウィジェットデザイン、拡大鏡機能、Extra dim(夜間の輝度を抑制)、盗撮・盗聴の防止機能(マイク&スピーカーの有効化ボタン)、Scrolling Screenshot(ページ・画面全体をスクリーンショット)、スクリーンショットの編集機能、Wi-Fiパスワードのかんたん共有設定、「クイックタップ」(2回タップで撮影)、位置情報の精度を選択(正確・アバウトから選択)

などの新機能が追加されています。

一方、「Blackview Tab 15」はAndroid 12ベースのDoke OS 3.0を搭載しています。「CHUWI HiPad Max」、「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」はAndroid 12を搭載しています。

デメリット

・高リフレッシュレート&高タッチサンプリングレートに対応していない

DOOGEE T20」はより滑らかに映像を再生できる高リフレッシュレートに対応していません。また、よりすばやい反応でタッチ操作できる高タッチサンプリングレートにも対応していません。

一方、「Blackview Tab 15」、「CHUWI HiPad Max」、「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」は高リフレッシュレートに対応していません。

「DOOGEE T20」の評価

DOOGEE T20」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★

<総合評価>

2022年11月に発売された「DOOGEE T10」の上位モデルになります。プロセッサをUnisoc T606からUnisoc T616に変更し、高速化。ディスプレイをフルHDから2K画質へ、ストレージを128GBから256GBに増強しています。

また、背面カメラは13MPから16MPへ強化。スピーカーはデュアルステレオスピーカーからクアッドBOXスピーカーに変更し、音質を強化しています。

そのほか、専用スライラスペンを筆圧2048段階にアップグレード。従来モデルと同様にメモリ拡張(最大15GBまで)、4G通信、専用ワイヤレスキーボードなどに対応しています。

DOOGEE T20」の発売時の価格は449.98 ドル。Android 12を搭載した高性能なタブレットを探している人におすすめです。

「DOOGEE T20」の販売・購入先

DOOGEE T20」は、

AliExpressでUS $449.98、

で販売されています。

AliExpressで「DOOGEE T20」をチェックする

Amazonで「DOOGEE T20」をチェックする

楽天市場で「DOOGEE」をチェックする

ヤフーショッピングで「DOOGEE T20」をチェックする

米国 Amazon.comで「DOOGEE T20」をチェックする

 

 

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

Blackview Tab 15

CHUWI HiPad Max

Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)

Alldocube iPlay50

Redmi Pad

OPPO Pad Air

LAVIE Tab T10 T1075

iPad(第10世代)

Xiaomi Mi Pad 5

Lenovo Xiaoxin Pad Pro 2022

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

Android 12で使えるタブレット 2022 最新 まとめ

最新のAndroid 12タブレットをまとめて紹介しています。

Android 11で使えるタブレット 2022 最新 まとめ

Android 11 OS搭載タブレットをまとめて紹介しています。

2021最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

Android 10 OS搭載タブレットをまとめて紹介しています。

HDMI出力できるAndroidタブレット まとめ

microHDMI端子を搭載したAndroidタブレットをまとめて紹介しています。

2万円前後で買えるリッチなAndroidタブレット まとめ

2万円前後のAndroid タブレット(国内販売)をまとめて紹介しています。