「Redmi Pad SE」安くて高性能? コスパがいいタブレットと徹底 比較!


2023年9月27日に発売されたXiaomi「Redmi Pad SE」とコスパがいいタブレットと徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペックの違いに加えて、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2024年1月、8GB+256GBの「Redmi Pad SE」が発売されました。スペック情報を追記しています。

※本ページはプロモーション(広告)を含んでいます。

「Redmi Pad SE」の特徴

Redmi Pad SE」の特徴をまとめてみました。

11.0のフルHD液晶・リフ90Hz・8000mAhバッテリ

Redmi Pad SE」は11インチで解像度1920 x 1200 ドットのディスプレイを搭載。輝度400nit、画面占有率84.4 %の明るくワイドなフルHD液晶で、1670万色の色表示、TÜV Rheinland 認証の低ブルーライト認証、TUV Rheinland フリッカーフリー認証にも対応しています。また、リフレッシュレート90Hzに対応し、遅延なくより滑らかに映像を再生することが可能。タッチサンプリングレート最大180 Hzに対応し、より高速なタッチ入力も利用できます。

そのほか、8000mAh バッテリーを搭載し、スタンバイで43日間、音楽で219時間、動画再生で14時間駆動することが可能。Type-Cポートを介して10W急速充電も利用できます。

Snapdragon 680搭載・4GB/6GB+128GB・MIUI Pad 14

Redmi Pad SE」はQualcomm Snapdragon 680 オクタコアプロセッサを搭載。6nmプロセスで製造された8コア、最大2.4GHz駆動のCPUで、Antutuベンチマーク総合で約27万を記録しています。また、4GB/6GB LPDDR4X メモリ搭載でスムーズに動作。ストレージは128GB eMMC 5.1で、別売のmicroSDカード最大1TBまで拡張できます。

そのほか、Android 13 ベースの MIUI Pad 14を搭載。複数ウィンドウを使ったマルチタスクやドラッグ アンド ドロップによる情報共有機能、ゲームのクイック スタート機能などの新機能も利用できます。

8MP/5MPカメラ・クアッドスピーカー・AI 顔認証

Redmi Pad SE」は背面8MPのメインカメラを搭載し、1080Pの動画撮影が可能。前面には5MPのフロントカメラを搭載し、ビデオ通話やオンライン会議、授業、チャットなどに活用できます。また、本体に Dolby Atmos 対応のクアッドスピーカーを搭載し、臨場感のあるサウンドを再生することが可能。ハイレゾオーディオ再生やBluetooth 5.0 (AAC / LDAC / LHDC)、3.5 mm ヘッドホンジャックも利用できます。

そのほか、AI 顔認証に対応し、安全かつスピーディにログインすることが可能。筐体は厚さ7.36mm、重さ445gのメタルボディで、ミントグリーン、グラファイトグレー、ラベンダーパープルの3色カラーを用意しています。

公式ページ : Redmi Pad SE – Xiaomi Japan

価格を比較

Redmi Pad SE」と「Fire HD 10 (2023)」、「Lenovo Tab B10 3rd Gen」、「Teclast M50 Pro」の価格を比較してみました。

「Redmi Pad SE」

Redmi Pad SE」は、Amazonで21,560円(税込・4GB+128GBモデル/6GB+128GBモデルは25,330円/8GB+256GBモデルは39,800円で15% OFFクーポン付き)、楽天市場で21,800円(送料無料)、ヤフーショッピングで27,790円(送料無料・6GB+128GB)、

Xiaomi公式ストアで21,800円(税込)、AliExpressでUS $173.73 (日本円で約26060円)、米国 Amazon.comで$189.99 (6GB+128GB)で販売されています。

「Fire HD 10 (2023)」

Fire HD 10 (2023)」は、Amazonで13,980円 (税込・セール価格・64GBモデルは17,980円)、楽天市場で13,979円(送料無料)、ヤフーショッピングで13,980円、米国 Amazon.comで$94.99 (日本円で約14197円)、で販売されています。

「Lenovo Tab B10 3rd Gen」

Lenovo Tab B10 3rd Gen」は、Amazonで23,600円 (税込・4000円OFFクーポン付き)、楽天市場で24,350円(送料無料・ZAAE0115JP)、ヤフーショッピングで24,350円(税込・送料無料)、レノボ公式サイトで23,870円(税込・送料無料)で販売されています。

「Teclast M50 Pro」

Teclast M50 Pro」は、Amazonで29,900円(税込・9200円 OFFクーポン付き)、楽天市場で38,261円(送料無料)、AliExpressでUS $146.40 (日本円で約21,882円)で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

Redmi Pad SE」と「Fire HD 10 (2023)」、「Lenovo Tab B10 3rd Gen」、「Teclast M50 Pro」のAntutuベンチマーク スコアを比較してみました。

「Redmi Pad SE」

Redmi Pad SE」は6nmプロセスで製造された8コア、最大2.4GHz駆動のプロセッサ「Qualcomm Snapdragon 680」を搭載し、Antutu V10 ベンチマーク総合で約27万 前後を記録しています。

Antutu V10 総合で約270,000 前後

例: Antutu V 10 総合で「275249」、CPUで「90429」、GPUで「49812」、MEMで「65506」、UXで「69502」。

<CPU> Snapdragon 680

同じプロセッサは「Orbic TAB 8 4G」、「OPPO Pad Air」、「CHUWI HiPad Max」、「Lenovo Xiaoxin Pad 2022」、「NEC LAVIE T10」などにも搭載されています。

8コア 2.05GHzプロセッサ搭載の「Fire HD 10 (2023)」と比較すると、スコアが約5~9万高くなります。

Unisoc T610搭載の「Lenovo Tab B10 3rd Gen」と比較すると、スコアが約7~9万高くなります。

Unisoc T616搭載の「Teclast M50 Pro」と比較すると、スコアが約1万高くなります。

性能的には動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)、電子書籍、写真撮影などで快適に使用できます。

Androidの3Dゲームは一部の非常に負荷の高いものを除いて、ほぼすべて快適に動作します。また、PSP、PS1、SFC、DC、N64、MD、FCなどのエミュレーターも快適に動作します。

「Fire HD 10 (2023)」

Antutu総合で約180,000~220,000

<CPU> 8コア 2.05GHz

「Lenovo Tab B10 3rd Gen」

Antutu総合で約180,000 ~ 200,000

<CPU> Unisoc T610

「Teclast M50 Pro」

Antutu総合で約260,000

<CPU> Unisoc T616

スペックを比較

Redmi Pad SE」と「Fire HD 10 (2023)」、「Lenovo Tab B10 3rd Gen」、「Teclast M50 Pro」のスペックを比較してみました。

「Redmi Pad SE」のスペック

  • ディスプレイ 11インチ、解像度1920 x 1200ドット
  • 液晶の特徴 FHD/207 ppi/輝度400nits/画面占有率84.4 %/コントラスト比:1500:1/色域 70 % NTSC/色深度 8 ビット/1670 万色/TÜV Rheinland 低ブルーライト認証/TÜV Rheinland フリッカーフリー認証
  • リフレッシュレート 最大90Hz
  • タッチサンプリングレート 最大 180 Hz
  • プロセッサ Qualcomm Snapdragon 680
    ※6nm/64bit/8コア/最大2.4GHz
  • CPU 4 × Cortex-A73 2.4 GHz + 4 × Cortex-A53 1.9 GHz
  • GPU Adreno 610
  • RAM(メモリ) 4GB/6GB/8GB LPDDR4X
  • 拡張メモリ +3GBで最大7GB/9GBまで拡張可
  • ストレージ 128GB/256GB eMMC 5.1
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー 8000 mAh
  • 駆動時間 スタンバイで43日間、音楽で219時間、動画再生で14時間
  • 充電 10W急速充電、USB Type-C
  • 背面カメラ 8MP ※f/2.0、1.12 μm ピクセルサイズ
  • 前面カメラ 5MP ※f/2.2、1.12 μm ピクセルサイズ
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 5 (デュアルバンド・2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0 (AAC / LDAC / LHDC)
  • インターフェース USB-C (OTG)
  • センサー バーチャル環境光センサー、加速度計、ホールセンサー
  • スピーカー クアッドスピーカー
  • オーディオ Dolby Atmos対応、ハイレゾオーディオ、3.5 mm ヘッドホンジャック
  • 生体認証 AI 顔認証 ロック解除
  • 筐体 アルミニウム合金ユニボディデザイン
  • OS Android 13 ベースの MIUI Pad 14 ※Google Playストア対応
  • サイズ 255.53 x 167.08 x 7.36 mm
  • 重量 445g
  • カラー ミントグリーン、グラファイトグレー、ラベンダーパープル
  • 付属品 AC アダプタ(試供品)、USB Type-C ケーブル(試供品)、クイックスタートガイド、保証に関するお知らせ、SD 取り出しツール(試供品)

関連記事Android 13で使えるタブレット 2023 最新 機種 まとめ

Amazonで「Redmi Pad SE」をチェックする

楽天市場で「Redmi Pad SE」をチェックする

ヤフーショッピングで「Redmi Pad SE」をチェックする

Xiaomi公式ストアで「Redmi Pad SE」をチェックする

AliExpressで「Redmi Pad SE」をチェックする

米国 Amazon.comで「Redmi Pad SE」をチェックする

「Fire HD 10 (2023)」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200 pxのIPS
    ※フルHD / 224ppi / 強化アルミノシリケートガラス
  • プロセッサ 8コア 2.05GHz
  • CPU 2x Arm Cortex-A76 (最大2.05GHz)、6x Arm Cortex A55 (最大2GHz)
  • GPU 不明
  • RAM(メモリ) 3GB
  • ストレージ 32/64GB (使用可能領域 24GB/54.3GB)
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで ※FAT32形式のみ対応(exFATなどは非対応)
  • バッテリー駆動時間 最大13時間
  • 充電 USB-C (2.0) 充電、時間:約4時間(同梱のType-Cケーブル、9W充電アダプタを使用した場合)
  • 背面カメラ 5MP ※1080pのフルHDビデオ録画
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.2 (A2DP、LE)
  • インターフェース USB-C (2.0)、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー アクセロメータ、環境光センサー
  • スピーカー Dolby Atmos対応のデュアル ステレオスピーカー
  • マイク 内蔵
  • 機能 2画面表示機能、バッテリーセーバー(低電力モード)
  • 音声操作 Alexa
  • スタイラスペン USI 2.0対応の「Made for Amazon認定スタイラスペン」、筆圧4096段階、パームリジェクション(メディバンペイント、OneNoteなど)
  • 保護カバー 【Fire HD 10 第13世代用】Amazon純正 保護カバー (ブラック、ブルー)
  • 保護フィルム 【Fire HD 10 第13世代用】保護フィルム ペーパータッチ ケント紙タイプ 反射防止 気泡レス加工 2枚入り
  • Widevine L1 対応
  • OS Fire OS ※Amazonアプリストアからアプリをダウンロード
  • Google Playストア 非対応 ※Google系アプリを除いて、スマホなどから他のアプリを移すことは可能です。
  • サイズ 246 x 164.8 x 8.6mm
  • 重量 434g
  • カラー ブラック、ブルー、パープル
  • 付属品 USB-C (2.0)ケーブル、9W電源アダプタ、スタートガイド
  • 世代 第13世代 – 2023年発売

関連記事「Fire HD 10 (2023)」ついにペン対応? 人気の高性能タブレットと徹底 比較!

Amazonで「Fire HD 10 (2023)」をチェックする

楽天市場で「Fire HD 10」をチェックする

ヤフーショッピングで「Fire HD 10」をチェックする

米国 Amazon.comで「Fire HD 10 (2023)」をチェックする

「Lenovo Tab B10 3rd Gen」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200 ドットのワイドIPS
    ※FHD/10点マルチタッチ/アイケアモード(ブルーライト低減)
  • プロセッサ Unisoc T610 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア/最大2.0GHz
  • GPU ARM Mali-G52 MP2
  • RAM(メモリ) 3GB LPDDR4X (オンボード)
  • ストレージ 32GB eMCP
  • 外部ストレージ microSDカードで拡張可能
  • バッテリー 5000 mAh 1 セル リチウムイオンポリマー
  • 駆動時間 約9時間
  • 充電 Type-C (10W)
  • 背面カメラ 8MP ※オートフォーカス対応
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0
  • インターフェース USB 2.0 Type-C ポート(OTG機能付き)、microSDカードスロット、マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
  • センサー 加速度センサー、光センサー、近接センサー、GPS、GLONASS
  • スピーカー デュアルスピーカー
  • オーディオ ドルビーアトモス 対応
  • マイク 内臓
  • 筐体 アルミニウム合金製、デュアルトーン仕上げ
  • Google キッズスペース 対応(Google ファミリーリンクにも対応)
  • Google エンターテイメントスペース 対応
  • Google Playストア対応
  • OS Android 12 ※3年間のセキュリティアップデートと2回のOSアップグレードを提供
  • サイズ 約 239.8 x 158.6 x 8.5mm
  • 重量 約 460g
  • カラー ストームグレー

関連記事「Lenovo Tab B10 3rd Gen」高品質で安い? 高コスパな海外製タブレットと徹底 比較!

Amazonで「Lenovo Tab B10 3rd Gen」をチェックする

楽天市場で「Lenovo Tab B10 3rd Gen」をチェックする

ヤフーショッピングで「Lenovo Tab B10 3rd Gen」をチェックする

レノボ公式サイトで「Lenovo Tab B10 3rd Gen」をチェックする

米国 Amazon.comで「Lenovo Tab B10 3rd Gen」をチェックする

「Teclast M50 Pro」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200 ドットのIPS
    ※FHD/輝度350nit/画面比率83%/TDDIフルラミネート/T-Colour 2.0
  • タッチサンプリングレート 120GHz
  • プロセッサ Unisoc T616 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア/2.0GHz
  • GPU ARM Mali-G57 750Mhz
  • RAM(メモリ)8GB LPDDR4X
  • 拡張メモリ +8GBで最大16GBまで
  • ストレージ 256GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー 6000 mAh
  • 充電 Type-C充電
  • 背面カメラ 13MP ※AF、フラッシュ、AIアルゴリズム 対応
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n ( 2.4GHz/5GHz )、Bluetooth 5.0、GPS (GPS/A-GPS/Beidou/GLONASS/GALILEO)、4G LET通信に対応
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、microSDカードスロット、SIMスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー Gセンサー
  • スピーカー クアッド ステレオスピーカー (スマートKアンプフィルター)
  • オーディオ Momentum Ⅲ オーディオシステム
  • キーボード TECLAST KS10 Bluetooth キーボード(別売)
  • カバー 専用の保護カバー(別売)
  • Widevine L1 対応
  • ワイヤレス投影 対応
  • 生体認証 顔認証
  • 筐体 メタル(金属)
  • OS Android 13 ※GSM認証、Google Playストア対応
  • サイズ 厚さ7.8mm
  • 重量 435 g
  • カラー アクア
  • 4G通信 対応(VoLTE 対応)

関連記事「Teclast M50 Pro」大容量でも安い? 話題の高性能タブレットと徹底 比較!

Amazonで「Teclast M50 Pro」をチェックする

楽天市場で「Teclast M50 Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「Teclast M」をチェックする

AliExpressで「Teclast M50 Pro」をチェックする

米国 Amazon.comで「Teclast M50 Pro」をチェックする

「Redmi Pad SE」のメリット・デメリット

Redmi Pad SE」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・11インチのフルHD液晶・明るくワイドでTÜV Rheinland 低ブルーライト認証に対応

Redmi Pad SE」は11インチで解像度1920 x 1200ドットのディスプレイを搭載。輝度400nit、画面占有率84.4 %の明るくワイドなフルHD液晶で、1670万色の色表示、TÜV Rheinland 認証の低ブルーライト認証、TUV Rheinland フリッカーフリー認証にも対応しています。

一方、「Fire HD 10 (2023)」は10.1インチで解像度1920 x 1200 pxのIPSディスプレイを搭載しています。「Lenovo Tab B10 3rd Gen」は10.1インチ、解像度1920 x 1200 ドットのワイドIPSディスプレイを搭載し、10点マルチタッチとブルーライト低減に対応しています。「Teclast M50 Pro」は10.1インチで解像度1920 x 1200 ドットのIPSディスプレイ搭載でより鮮やかでリアルな色表示が可能な「T-Colour 2.0」に対応しています。

・リフレッシュレート 最大90Hzとタッチサンプリングレート 最大 180 Hzに対応

Redmi Pad SE」はリフレッシュレート90Hzに対応し、遅延なくより滑らかに映像を再生することが可能。タッチサンプリングレート最大180 Hzに対応し、より高速なタッチ入力も利用できます。

一方、「Teclast M50 Pro」はより高速なタッチ入力が可能なタッチサンプリングレート120Hzに対応しています。「Fire HD 10 (2023)」と「Lenovo Tab B10 3rd Gen」はリフレッシュレート 最大90Hzとタッチサンプリングレート 最大 180 Hzに対応していません。

・4GB/6GB LPDDR4X メモリ搭載でスムーズに動作

Redmi Pad SE」は4GB/6GB LPDDR4X メモリ搭載でスムーズに動作します。

一方、「Fire HD 10 (2023)」は3GBメモリ搭載でスムーズに動作します。「Lenovo Tab B10 3rd Gen」は3GB LPDDR4Xメモリ搭載でスムーズに動作します。「Teclast M50 Pro」は8GB LPDDR4Xメモリ搭載で最大16GBまで拡張できます。

・128GB eMMC 5.1 ストレージ搭載で最大1TBまで拡張できる

Redmi Pad SE」はストレージは128GB eMMC 5.1で、別売のmicroSDカードで最大1TBまで拡張できます。

一方、「Fire HD 10 (2023)」は32/64GBストレージ搭載で、microSDカードで最大1TBまで拡張できます。「Lenovo Tab B10 3rd Gen」は32GB eMCPストレージ搭載で、別売のmicroSDカードで拡張できます。「Teclast M50 Pro」は256GBストレージ搭載で、別売のmicroSDカードで最大1TBまで拡張できます。

・8000mAhバッテリー搭載で10W急速充電に対応

Redmi Pad SE」は8000mAhバッテリーを搭載し、スタンバイで43日間、音楽で219時間、動画再生で14時間駆動することが可能。Type-Cポートを介して10W急速充電も利用できます。

一方、「Fire HD 10 (2023)」は通常使用で13時間駆動するバッテリー搭載でUSB-C充電に対応しています。「Lenovo Tab B10 3rd Gen」は約9時間動作する5000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。「Teclast M50 Pro」は6000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。

・背面8MPカメラと前面5MPカメラを搭載

Redmi Pad SE」は背面に8MPのメインカメラを搭載し、1080Pの動画撮影が可能です。前面には5MPのフロントカメラを搭載し、ビデオ通話やオンライン会議、授業、チャットなどに活用できます。

一方、「Fire HD 10 (2023)」は背面5MPカメラと前面5MPカメラを搭載しています。「Lenovo Tab B10 3rd Gen」は背面8MPカメラ(AF対応)と前面5MPカメラを搭載しています。「Teclast M50 Pro」は背面13MPカメラ(AF、フラッシュ対応)と前面5MPカメラを搭載しています。

・Wi-Fi 5とBluetooth 5.0に対応

Redmi Pad SE」は高速で途切れにくいWi-Fi 5に対応しています。また、Bluetooth 5.0によるワイヤレス接続に対応し、周辺機器とスムーズに接続できます。

一方、「Fire HD 10 (2023)」はWi-Fi 5のデュアルバンドとBluetooth 5.2に対応しています。「Lenovo Tab B10 3rd Gen」はWi-Fi 5のデュアルバンドとBluetooth 5.0に対応しています。「Teclast M50 Pro」はWi-Fi 5のデュアルバンド、Bluetooth 5.0、GPSに対応しています。

・クアッドスピーカー搭載でDolby Atmos サウンドに対応

Redmi Pad SE」は本体にDolby Atmos対応のクアッドスピーカーを搭載し、臨場感のあるサウンドを再生できます。

一方、「Fire HD 10 (2023)」はデュアル ステレオスピーカーを搭載し、Dolby Atmos対応で臨場感のあるサウンドを楽しめます。「Lenovo Tab B10 3rd Gen」はデュアルスピーカー搭載でドルビーアトモスに対応しています。「Teclast M50 Pro」はクアッド ステレオスピーカー搭載でMomentum Ⅲ オーディオシステムに対応しています。

・AI 顔認証でロック解除できる

Redmi Pad SE」はAI 顔認証に対応し、安全かつスピーディにログインできます。

一方、「Teclast M50 Pro」は顔認証に対応し、安全かつスピーディにログインできます。「Fire HD 10 (2023)」と「Lenovo Tab B10 3rd Gen」は顔認証に対応していません。

・厚さ7.36mmで重さ445gの薄型軽量デザイン・3色カラーを用意

Redmi Pad SE」は厚さ7.36mmで重さ445gの薄型軽量デザインで、ミントグリーン、グラファイトグレー、ラベンダーパープルの3色カラーを用意しています。

一方、「Fire HD 10 (2023)」は厚さ8.6mm、重さ434gの薄型軽量デザインで、ブラック、ブルー、パープルの3色カラーを用意しています。「Lenovo Tab B10 3rd Gen」は厚さ8.5mmで重さ約460gのアルミ合金製で、ストームグレー カラーを用意しています。「Teclast M50 Pro」は厚さ7.8mmで重さ435gの薄型軽量デザインで、アクア カラーを用意しています。

・ Android 13 ベースの MIUI Pad 14を搭載で新機能も使える

Redmi Pad SE」はAndroid 13 ベースの MIUI Pad 14を搭載し、複数ウィンドウを使ったマルチタスクやドラッグ アンド ドロップによる情報共有機能、ゲームのクイック スタート機能などの新機能も利用できます。

また、Android 13には、

テーマ別アイコンデザイン(サードパーティ製アプリを含む)、クイック設定の変更(ボタンの位置変更・タイル数の増加・不要な実行中アプリを停止)、ホーム画面のカスタマイズ、メディアコントロール(音楽でデザインが変化)、テキストのコピーツール、アプリごとの言語設定、おやすみ時間モードのカスタマイズ(設定項目が増加)、「バイブレーションとハプティクス」(通話のバイブレーションなどの設定項目が追加)、

通知の制御(ユーザーに許可を求める)、クリップボード履歴の自動消去、特定の写真や動画のみにアクセスを許可、空間オーディオ、Bluetooth LE Audio(音楽を他のユーザーと共有)、Chromebookとの連携、端末間でコピー&ペースト、タブレットのマルチタスク、手のひらとスタイラスペンの別タッチ登録

などの機能が追加されています。

一方、「Fire HD 10 (2023)」はOSにFire OSを搭載し、Amazonアプリストアからアプリをダウンロードできるほか、2画面表示機能やバッテリーセーバー(低電力モード)なども利用できます。「Lenovo Tab B10 3rd Gen」はAndroid 12を搭載し、3年間のセキュリティアップデートと2回のOSアップグレードが提供されます。「Teclast M50 Pro」はAndroid 13を搭載し、新機能も使えるようになっています。

デメリット

・4G LET通信に対応していない

Redmi Pad SE」は単体で通信できる4G LET通信に対応していません。

一方、「Teclast M50 Pro」はSIMフリーの4G LET通信に対応し、単体で通信できます。「Fire HD 10 (2023)」と「Lenovo Tab B10 3rd Gen」は4G LET通信に対応していません。

・専用スタイラスペンを用意していない

Redmi Pad SE」は専用スタイラスペンを用意していません。

一方、「Fire HD 10 (2023)」はUSI2.0対応のスタイラスペン「Made for Amazon認定スタイラスペン」を用意。筆圧4096段階でスムーズに手書き入力できます。「Lenovo Tab B10 3rd Gen」と「Teclast M50 Pro」は専用の筆圧スタイラスペンを用意していません。

「Redmi Pad SE」の評価

Redmi Pad SE」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★

機能:★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

2022年10月に発売された「Redmi Pad」の廉価版モデルです。低価格なモデルながらも十分なスペックを持ち、初心者でも使いやすいタブレットになっています。

プロセッサはQualcomm Snapdragon 680で、Antutuベンチマーク総合で約27万ほど。ちょうどUnisoc T616搭載の「Teclast M50 Pro」と同じくらいのスコアで、ゲームや動画視聴などでも快適に動作します。

また、4GB/6GB LPDDR4Xメモリと128GB eMMC 5.1ストレージを搭載。「Fire HD 10 (2023)」(3GB+32/64GB)や「Lenovo Tab B10 3rd Gen」(3GB+32GB)よりも多いメモリ容量とストレージ容量を搭載しています。

そのほか、8MP/5MPカメラDolby Atmos対応のクアッドスピーカーを搭載。AI 顔認証リフレッシュレート90Hzタッチサンプリングレート最大180 Hzに対応するなどコスパが非常に高い仕様になっています。

ただし、「Teclast M50 Pro」のようにメモリ拡張に対応していません。Widevine L1にも対応していないので若干 注意が必要です。

Redmi Pad SE」の発売時の価格は21,800円。

Fire HD 10 (2023)」よりも少し高いですが、十分なスペック、機能で使い勝手は非常にいいでしょう。Snapdragon 680を搭載したコスパの高いAndroid 13タブレットを探している人におすすめです。

「Redmi Pad SE」の販売・購入先

Redmi Pad SE」は、Amazonで21,560円(税込・4GB+128GBモデル/6GB+128GBモデルは25,330円/8GB+256GBモデルは39,800円で15% OFFクーポン付き)、楽天市場で21,800円(送料無料)、ヤフーショッピングで27,790円(送料無料・6GB+128GB)、

Xiaomi公式ストアで21,800円(税込)、AliExpressでUS $173.73 (日本円で約26060円)、米国 Amazon.comで$189.99 (6GB+128GB)で販売されています。

Amazonで「Redmi Pad SE」をチェックする

楽天市場で「Redmi Pad SE」をチェックする

ヤフーショッピングで「Redmi Pad SE」をチェックする

Xiaomi公式ストアで「Redmi Pad SE」をチェックする

AliExpressで「Redmi Pad SE」をチェックする

米国 Amazon.comで「Redmi Pad SE」をチェックする

 

 

 

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「UMIDIGI G3 Tab Ultra」(10.1・Helio G99・最大16GB)

★「aiwa tab AS10-2」(10.1・MT8788・Dolby Atmos)

★「BMAX I11 Power」(11インチの2K液晶・Helio G99)

★「Oscal Pad 16」(10.5・T606・最大16GB・Doke OS_P3.0)

★「LAVIE Tab T10d」(10.1インチ・8コア・IP52防水防塵)

★「Alldocube iPlay 60」(10.1型・T606・最大12GB・マクロ)

★「Blackview Tab 80」(10.1インチ・T606・最大16GB+128GB)

★「HEADWOLF HPad 5」(10.51インチ・Helio G99・4G通信)

★「Galaxy Tab A9+」(11インチ・Snapdragon 695)

Fire HD 10 (2023)

Lenovo Tab B10 3rd Gen

Teclast M50 Pro

aiwa tab AS10 (6)」(MT8788・6GB+128GB)

BMAX I11 PLUS」(最大16GB・Android 13)

Fire Max 11」(11型・2K液晶・USIペン・7500mAh)

Teclast T50 Pro」(Helio G99・最大16GBメモリ)

HUAWEI MatePad 11.5」(Snapdragon 7 Gen 1・2.2K液晶)

日本版「Galaxy Tab S6 Lite」(2023・Sペン付属・Android 13)

Xiaomi Pad 6」(11型・Snapdragon 870・2.8K液晶)

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

Android 13で使えるタブレット 2023 最新 機種 まとめ

最新のAndroid 13タブレットをまとめて紹介しています。

Android 12で使えるタブレット 2022 最新 まとめ

最新のAndroid 12タブレットをまとめて紹介しています。

HDMI出力できるAndroidタブレット まとめ

HDMI出力できるタブレットをまとめて紹介しています。

一度は手に入れてみたい超ハイスペックなAndroidタブレット まとめ

最強スペックのAndroidタブレットをまとめて紹介しています。

<スマートグラス>

スマートグラスはARグラスを選べ! おすすめモデルと選び方を紹介