「Fitbit Inspire 3」入門用に最適? 超人気スマートバンドと徹底 比較!


2022年9月中旬に発売される「Fitbit Inspire 3」と超人気スマートバンドを徹底 比較!価格や計測できること・機能、スペックの違いに加えて、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※現在、Fitbit公式サイトで予約受付中です。

「Fitbit Inspire 3」の特徴

Fitbit Inspire 3」の特徴をまとめてみました。

カラーOLED液晶・常時表示・文字盤デザイン変更

Fitbit Inspire 3」は約1.4インチのOLEDタッチスクリーンを搭載。カラー表示になったことで通知やアクティビティのデータもより見やすく表示できます。また、常時表示モードに対応。手首を動かして画面を起動することなく、時刻などを確認できます。そのほか、文字盤のデザインの変更に対応。Fitbitアプリを利用して好みのものに変更することができます。

血中酸素・20種エクササイズモード・Premiumサービス

Fitbit Inspire 3」は新たに血中酸素の計測に対応。体内の酸素量を測定することで、体調の変化をすばやく確認できます。また、ランニング、サイクリング、ウエイトトレーニング、ヨガなど20種類のエクササイズモードに対応。エクササイズの自動記録にも対応しています。

そのほか、有料サブスクリプションプラン「Fitbit Premium」が6ヶ月無料で利用可能。健康状態をまとめて確認できる「健康指標ダッシュボード」、運動に適したコンディションかどうかを確認できる「今日のエナジースコア」、月ごとの睡眠分析が確認できる「睡眠プロフィール」、人気フィットネスブランドが提供するワークアウト動画やコンテンツを利用することができます。

10日間バッテリ・5気圧防水・アクセサリーベルト

Fitbit Inspire 3」はリチウムポリマーバッテリーを内蔵。最大10日間駆動することができます。また、5気圧防水に対応し、プールやシャワーで利用可能。通話と通知をミュートする「サイレントモード&おやすみモード」、電話をかけずにスマホを探せる「スマホ探索」も利用できます。そのほか、オプションで交換用のアクセサリーベルトを用意。半透明やステンレスメッシュバンド、クリップなど豊富なアクセサリーベルトを用意しています。

公式ページ Fitbit Inspire 3 | 健康管理トラッカー

価格を比較

Fitbit Inspire 3」と「HUAWEI WATCH FIT 2」、「Xiaomi Mi Band 7 Pro」、「Garmin vivosmart 5」の価格を比較してみました。

「Fitbit Inspire 3」

Fitbit Inspire 3」は、Amazonで11,636円~、ビックカメラで12,800円 (税込・送料無料)、米国 Amazon.comで$98.95、Fitbit公式サイトで税込12,800円で販売されています。

「HUAWEI WATCH FIT 2」

HUAWEI WATCH FIT 2」は、Amazonで16,191円、楽天市場で17,135円(税込・送料無料)、ヤフーショッピングで17,092円(税込・送料無料)、ビックカメラで17,810円 (税込・1,781ポイント)、AliExpressでUS $117.69、米国Amazon.comで$143.30で販売されています。

「Xiaomi Mi Band 7 Pro」

Xiaomi Mi Band 7 Pro」は、AliExpressでUS $56.27、Banggoodで13,883円、米国 Amazon.comで$119.99で販売されています。

「Garmin vivosmart 5」

Garmin vivosmart 5」は、Amazonで19,818円、楽天市場で19,838円 (税込)、ヤフーショッピングで19,800円、ビックカメラで21,800円 (税込・2180ポイント)、米国 Amazon.comで$154.99で販売されています。

計測できること・機能を比較

Fitbit Inspire 3」と「HUAWEI WATCH FIT 2」、「Xiaomi Mi Band 7 Pro」、「Garmin vivosmart 5」の計測できること・機能を比較してみました。

「Fitbit Inspire 3」

計測できること

血中酸素(SpO2)、ストレスレベル、心拍数(24時間・心拍ゾーン)、睡眠、VO2 MAX(最大酸素摂取量)、呼吸数、月経周期、歩数、消費カロリー、血糖値測定(アプリのみ)、距離・ペース(GPSなし・スマホ接続必須)

20種類のエクササイズモード

機能

エクササイズの自動記録、スマートアラーム(最適な睡眠ステージで起こす)、ストレスマネジメントスコア、気分を記録、スマホ探索、常時表示、文字盤デザインの変更、サイレントモード&おやすみモード(通話と通知をミュート)、スマートフォンの通知受信、今日のエナジースコア(有料Premium)、「健康指標ダッシュボード」(有料Premium)、「睡眠プロフィール」(有料Premium)、「マインドフルネスセッション」(有料Premium)、ワークアウト動画・コンテンツの視聴(有料Premium)、バンドの交換、5気圧防水

「HUAWEI WATCH FIT 2」

計測できること

ランニング能力指数測定(TruSport)、血中酸素 (SpO2)、歩数、消費カロリー、距離・ペース・移動ルート(GPS内蔵でリアルタイム)、心拍数(AIアルゴリズム・24時間リアルタイム・HUAWEI TruSee™ 4.0)、心拍アラート(異常を検知して通知)、睡眠モニタリング(HUAWEI TruSlee™ 2.0)、睡眠アドバイス(200以上)、ストレスモニタリング(HUAWEI TruRelax™テクノロジー)、月経周期

97種類のワークアウトモード(縄跳びを含む12のプロスポーツモード+85種類のカスタムワークアウトモード)

ランニングデータ(ランニング能力指数測定、距離・ペース・リアルタイムの心拍数などを音声で読み上げ)

機能

Bluetooth通話、音楽再生&保存、ウォームアップ動画(音声ガイド付き)、トレーニングプランの提案、AIランニングコーチ機能、5種衛星測位((GPS+GLONASS+BeiDou+Galileo+QZSS))、リンクベルト(ベルトを簡単に着脱)、ウォッチフェイスの作成(自分の写真を転送)、ウォッチフェイスの変更(ウォッチフェイスストアあり)、クイック返信、バイブレーションで通知

フィットネス動画(12種類のクイックワークアウトアニメーションと44種類の標準的な動作デモ)、プライベートトレーナー(12種類のクイックワークアウトをアニメーションで表示)、メッセージ通知(SMSメッセージ、着信電話、カレンダーイベントや他のSNSアプリのタイムリーな通知・振動で知らせる)、

天気、アラーム、タイマー、ストップウォッチ、懐中電灯、音楽再生のコントロール(Androidスマホのみ対応)、リモートシャッター機能(EMUI 10.1以上のファーウェイスマートフォンのみ)、電池残量、専門家によるガイダンス(アドバイス)、輝度自動調整機能 、6種の常時点灯表示、5気圧防水、Bluetooth 5.2

「Xiaomi Mi Band 7 Pro」

計測できること

距離・ペース・ルート(GPS内蔵)、血中酸素飽和度(SpO2)、心拍数、睡眠(24時間・血中酸素と心拍と連動)、ストレス、呼吸、女性の周期、歩数、消費カロリー、PAI活力指数

117種類のスポーツモード(14のプロスポーツモードを含む)

機能

ランニング機能、常時表示(画面OFFでも時刻・日付表示)、「クイックコール返信」(電話に出られなかったときに相手にメッセージを送る)、「スケジュールビュー」(カレンダーの予定表示)、音声アシスタント(※中国版)

ウォッチフェイス・文字盤カスタマイズ、スマホの音楽コントロール、カメラのリモートシャッター、カレンダー、時計(目覚まし時計)、ストップウォッチ、ライト(懐中電灯)、タイマー(カウントダウン)、天気情報、リマインダー、アラーム、スマホ探索、スマホのロック解除(MIUI)、アクティビティゴールの設定、アプリアラート、アイドルアラート機能(座りすぎ防止)、通知・メッセージの受信、NFC(※中国版のみ)

「Garmin vivosmart 5」

計測できること

血中酸素、心拍数、睡眠、呼吸数、Body Battery、ストレスレベル、女性の健康(生理周期、妊娠)、フィットネス年齢、歩数、消費カロリー、運動強度、移動距離、VO2 Max (ラン)

スポーツモード(ウォーキング、ランニング、ヨガ、カーディオ、プールスイミングなど)

機能

コネクテッドGPS、セーフティ & トラッキング機能(SOS発信、メッセージ、現在地の送信)、心拍アラート、水分補給トラッキング、カレンダー
天気、スマートフォン音楽再生操作、スマートフォン探索、Garmin Connectアプリ、スマートフォンの通知(テキストメッセージ、通話、通知)、ウォッチフェイスの変更

スペックを比較

Fitbit Inspire 3」と「HUAWEI WATCH FIT 2」、「Xiaomi Mi Band 7 Pro」、「Garmin vivosmart 5」のスペックを比較してみました。

「Fitbit Inspire 3」のスペック

  • ディスプレイ 約1.4インチ、カラーOLEDタッチスクリーン
    ※常時表示/文字盤デザインの変更
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 1分単位の詳細なモーションデータを7日間保存、日々の統計データを過去30日分保存、心拍数のデータはエクササイズ中は1 秒間隔、それ以外の場合は5秒間隔で保存
  • バッテリー リチウムポリマー
  • 駆動時間 最大10日間
  • 充電 マグネット式ケーブル、時間:2時間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth
  • GPS センサーなし ※スマホ接続で距離・ペース計測可
  • インターフェース 充電端子
  • センサー 3軸加速度計、光学式心拍数モニター、振動モーター、血中酸素ウェルネス測定用の赤色および赤外線センサー、環境光センサー
  • 防水 5気圧防水 (プールやシャワーで使用可)
  • バンド シリコン素材 ※バックルと留め具はプラスチック製
  • アプリ Fitbitアプリ
  • 対応OS Android OS 10以降、Apple iOS 14以降
  • OS Fitbit OS
  • サイズ 39.32 x 18.6 x 11.75mm
  • 重量 不明
  • カラー モーニンググロウ/ブラック、ミッドナイトゼン/ブラック、ライラックブリス/ブラック
  • 付属品 クラシックベルト(S サイズと L サイズ)、充電ケーブル

関連記事Fitbitスマートウォッチが人気上昇! 全モデルを比較

Amazonで「Fitbit Inspire 3」をチェックする

ビックカメラで「Fitbit Inspire 3」をチェックする

Fitbit公式サイトで「Fitbit Inspire 3」をチェックする

楽天市場で「Fitbit Inspire 3」をチェックする

ヤフーショッピングで「Fitbit Inspire 3」をチェックする

米国 Amazon.comで「Fitbit Inspire 3」をチェックする

「HUAWEI WATCH FIT 2」のスペック

  • ディスプレイ 1.74インチ、解像度336 x 480ピクセルのAMOLEDタッチスクリーン
    ※336ppi/画面占有率72.2%/常時表示
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
  • バッテリー駆動時間 通常使用で10日間、ヘビーユースで約7日間
  • 充電 磁気充電、5V/1A
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.2
  • GPS 内蔵
  • NFC 非対応・利用できません
  • インターフェース 磁気充電ポート、ボタン
  • センサー 9軸IMUセンサー(加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー)、光学式心拍センサー
  • マイク 内蔵
  • 防水 5 ATM(5気圧防水)
  • 筐体の材質 アクティブモデルのフロントケース: ポリマー、リアケース: ポリマー / クラシックモデルのフロントケース: アルミニウム リアケース: ポリマー
  • OS 独自OS
  • 対応OS Android 6.0以上、iOS 9.0以上
  • サイズ 縦46 mm x 横33.5 mm x 厚さ10.8 mm
  • 手首サイズ アクティブモデルは130–210 mm、クラシックモデルは140–210 mm
  • 重量 アクティブモデルは約26 g(ベルトを含まず)、クラシックモデルは約30 g(ベルトを含まず)
  • カラー アクティブモデルはミッドナイトブラック、クラシックモデルはネビュラグレー

関連記事「HUAWEI WATCH FIT 2」と高性能スマートバンドを徹底 比較!

Amazonで「HUAWEI WATCH FIT 2」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI WATCH FIT 2」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI WATCH FIT 2」をチェックする

ビックカメラで「HUAWEI WATCH FIT 2」をチェックする

AliExpressで「HUAWEI WATCH FIT 2」をチェックする

米国 Amazon.comで「HUAWEI WATCH FIT 2」をチェックする

「Xiaomi Mi Band 7 Pro」のスペック

  • ディスプレイ 1.64インチ、解像度280 x 456pxのカラースクエアAMOLEDスクリーン
    ※326ppi/画面比率70%/2.5D曲面ガラス
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ)  不明
  • ストレージ  不明
  • バッテリー 235mAh リチウムイオンポリマー電池
  • 駆動時間 通常使用で12日間、頻繁な使用で6日間
  • 充電 磁気充電(5分の充電で8時間 使用可)、:約1時間でフルチャージ
  • 充電 磁気充電、時間:約1時間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.2 BLE
  • NFC 対応(※中国版のみ)
  • センサー 加速度センサー、ジャイロスコープセンサー、光学式心拍数センサー、周囲光センサー
  • インターフェース 充電端子
  • 振動モーター ローターモーター
  • カバー素材 2.5D湾曲ガラスカバー
  • リストバンド 素材:TPU
  • 防水 5ATM(5気圧防水)
  • 言語(システム) 簡体字中国語、繁体字中国語、英語 ※中国語版
  • 対応OS Android6.0またはiOS10.0以降
  • OS 独自OS
  • サイズ 44.7×28.8×11mm ※手首サイズ130〜205mm
  • 重量 約20.5g(リストバンドを含まない)
  • カラー(フレーム) ライトゴールド、ダーク

関連記事「Xiaomi Mi Band 7 Pro」と大型液晶付きスマートバンドを徹底 比較!

AliExpressで「Xiaomi Mi Band 7 Pro」をチェックする

Banggoodで「Xiaomi Mi Band 7 Pro」をチェックする

米国 Amazon.comで「Xiaomi Mi Band 7 Pro」をチェックする

Amazonで「Xiaomi Mi Band 7 Pro」をチェックする

楽天市場で「Xiaomi Mi Band 7 Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「Xiaomi Mi Band 7」をチェックする

「Garmin vivosmart 5」のスペック

  • ディスプレイ 0.41インチ x 0.73インチ、解像度88 x 154 pxのOLED液晶
    ※10.5 mm x 18.5 mm
  • 内蔵メモリ/履歴 7回のアクティビティデータ, 14 日間のライフログデータ
  • バッテリー駆動時間 約7日間 (睡眠中の血中酸素トラッキング無効)
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth、ANT+
  • GPS センサーなし ※スマホ接続で利用可能
  • インターフェース ボタン、充電端子
  • センサー 光学心拍計、加速度計、環境光センサー
  • 防水 5気圧防水(50m完全防水)
  • Garmin Pay 非対応・利用できません
  • バンド 交換可能
  • レンズ素材 アクリル
  • ケース素材 ポリカーボネート
  • ストラップ素材 シリコン
  • OS 独自OS
  • サイズ S/MとL(Blackのみ)
  • 重量 S/Mサイズ: 24.5 g、Lサイズ: 26.5 g
  • カラー Black、White、Mint

関連記事「Garmin vivosmart 5」と高性能スマートバンドを徹底 比較!

Amazonで「Garmin vivosmart 5」をチェックする

楽天市場で「Garmin vivosmart 5」をチェックする

ヤフーショッピングで「Garmin vivosmart 5」をチェックする

ビックカメラで「Garmin vivosmart 5」をチェックする

米国 Amazon.comで「Garmin vivosmart 5」をチェックする

「Fitbit Inspire 3」のメリット・デメリット

Fitbit Inspire 3」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・約1.4インチのカラーOLEDタッチスクリーン・常時表示と文字盤デザインの変更に対応

Fitbit Inspire 3」は、約1.4インチのOLEDタッチスクリーンを搭載。常時表示モードや文字盤のデザインの変更にも対応しています。

一方、「HUAWEI WATCH FIT 2」は1.74インチで解像度336×480ピクセルのAMOLEDタッチスクリーンを搭載しています。「Xiaomi Mi Band 7 Pro」は1.64インチで解像度280x456pxのカラースクエアAMOLEDスクリーンを搭載しています。「Garmin vivosmart 5」は0.41インチx0.73インチ、解像度88x154pxのOLED液晶を搭載しています。

・血中酸素・ストレスレベル・VO2 MAXの計測に対応

Fitbit Inspire 3」は、血中酸素、ストレスレベル、VO2 MAX(最大酸素摂取量)の計測に対応しています。

一方、「HUAWEI WATCH FIT 2」と「Xiaomi Mi Band 7 Pro」は血中酸素、ストレスレベルの計測に対応しています。「Garmin vivosmart 5」は血中酸素・ストレスレベル・VO2 MAXの計測に対応しています。

・20種類のエクササイズモードに対応・自動記録も可

Fitbit Inspire 3」は、ランニング、サイクリング、ウエイトトレーニング、ヨガなど20種類のエクササイズモードに対応しています。また、エクササイズの自動記録にも対応しています。

一方、「HUAWEI WATCH FIT 2」は97種類のワークアウトモードに対応しています。「Xiaomi Mi Band 7 Pro」は117種類のスポーツモード(14のプロスポーツモードを含む)に対応しています。「Garmin vivosmart 5」は数種類のスポーツモードに対応しています。

・最大10日間駆動するバッテリーを搭載

Fitbit Inspire 3」はリチウムポリマーバッテリーを内蔵。最大10日間駆動することができます。

一方、「HUAWEI WATCH FIT 2」は通常使用で10日間、ヘビーユースで約7日間駆動できます。「Xiaomi Mi Band 7 Pro」は通常使用で12日間、頻繁な使用で6日間駆動できます。「Garmin vivosmart 5」は約7日間駆動できます。

・Bluetooth通信に対応

Fitbit Inspire 3」はBluetooth通信に対応し、スマートフォンとスムーズに接続できます。

一方、「HUAWEI WATCH FIT 2」はBluetooth 5.2に対応しています。「Xiaomi Mi Band 7 Pro」はBluetooth 5.2 BLEに対応しています。「Garmin vivosmart 5」はBluetooth、ANT+に対応しています。

・5気圧防水に対応

Fitbit Inspire 3」は5気圧防水に対応し、プールやシャワーでも利用できます。

一方、「HUAWEI WATCH FIT 2」、「Xiaomi Mi Band 7 Pro」、「Garmin vivosmart 5」も5気圧防水に対応しています。

・Fitbit Premiumサービスが利用できる

Fitbit Inspire 3」は、有料サブスクリプションプラン「Fitbit Premium」が6ヶ月無料で利用できます。Premiumサービスでは、健康状態をまとめて確認できる「健康指標ダッシュボード」、運動に適したコンディションかどうかを確認できる「今日のエナジースコア」、月ごとの睡眠分析が確認できる「睡眠プロフィール」、人気フィットネスブランドが提供するワークアウト動画やコンテンツを利用することができます。

一方、「HUAWEI WATCH FIT 2」、「Xiaomi Mi Band 7 Pro」、「Garmin vivosmart 5」は有料サブスクリプションプランがありません。

デメリット

・Amazon Alexa音声アシスタントが利用できない

Fitbit Inspire 3」はAmazon Alexaなどの音声アシスタントが使えません。

一方、「HUAWEI WATCH FIT 2」、「Xiaomi Mi Band 7 Pro」、「Garmin vivosmart 5」もAmazon Alexa音声アシスタントが利用できません。

・Suica電子マネー決済が利用できない

Fitbit Inspire 3」はFitbit PayやSuica電子マネー決済が利用できません。

一方、「Xiaomi Mi Band 7 Pro」は中国版のみ電子マネー決済が利用できます。「HUAWEI WATCH FIT 2」と「Garmin vivosmart 5」は電子マネー決済が利用できません。

・Bluetooth通話が利用できない

Fitbit Inspire 3」はスピーカー&マイクがないため、Bluetooth通話が利用できません。

一方、「HUAWEI WATCH FIT 2」はBluetooth通話に対応しています。「Xiaomi Mi Band 7 Pro」と「Garmin vivosmart 5」はBluetooth通話が利用できません。

「Fitbit Inspire 3」の評価

Fitbit Inspire 3」の評価を紹介します。

スペック:★★★

通信:★★★

機能:★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

2020年9月に発売された「Fitbit Inspire 2」の後継モデルになります。新たにカラーOLEDディスプレイを搭載し、血中酸素にも対応しています。

対応するエクササイズモードは20種類で自動記録にも対応。ストレスレベルやVO2 MAX(最大酸素摂取量)、24時間の睡眠、心拍数の計測し、有料のPremiumサービスを利用することで、さらに詳しい分析も可能になっています。

ただし、GPSセンサーは非搭載で、Amazon Alexa音声アシスタント、Suica決済、Bluetooth通話などには対応していません。あくまで入門用のフィットネストラッカーとして利用するのに適した製品です。

発売時の価格は税込12,800円。

Inspire 2よりも安い値段で、Fitbit Premiumサービスも6ヶ月無料で利用できるのでコスパは高いと思います。これからフィットネス・スポーツでスマートバンドを使ってみたいと考えている人におすすめです。

※YouTube動画でも紹介しています。「Fitbit Inspire 3」アクティブな体に作り変えるフィットネストラッカーが登場! 性能をざっくり解説

「Fitbit Inspire 3」の販売・購入先

Fitbit Inspire 3」は、

Amazonで11,636円~、

ビックカメラで12,800円 (税込・送料無料)、

米国 Amazon.comで$98.95、

Fitbit公式サイトで税込12,800円、

で販売されています。

Amazonで「Fitbit Inspire 3」をチェックする

ビックカメラで「Fitbit Inspire 3」をチェックする

Fitbit公式サイトで「Fitbit Inspire 3」をチェックする

楽天市場で「Fitbit Inspire 3」をチェックする

ヤフーショッピングで「Fitbit Inspire 3」をチェックする

米国 Amazon.comで「Fitbit Inspire 3」をチェックする

 

 

他のスマートウォッチと比較

リンク先からさらに詳しいスペック情報や機能、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Amazfit Band 7

HUAWEI WATCH FIT 2

Xiaomi Mi Band 7 Pro

Garmin vivosmart 5

Huawei band 7

Xiaomi Mi Band 7

Amazfit Band 5

OPPO Watch Free

Redmi Smart Band Pro

HUAWEI WATCH FIT new

Fitbit Charge 5

他のFitbitスマートウォッチと比較

他にもFitbitのスマートウォッチが販売されています。ぜひ比較してみてください。

Fitbitスマートウォッチが人気上昇! 全モデルを比較

Fitbitスマートウォッチが人気上昇! 全モデルを比較

その他のおすすめスマートウォッチは?

その他のおすすめスマートウォッチは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

スポーツ&健康管理に使えるスマートバンド 最新 機種 まとめ

最新のリストバンド(活動量計)をまとめて紹介しています。

【2022年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

最新のスマートウォッチをまとめて紹介しています。

ガーミンのスマートウォッチ 買うならどれ? 人気モデルを比較 

ガーミンのスマートウォッチをまとめて紹介しています。

<Apple / アップル>

Apple Watchを激安ゲット! 最新モデルと歴代 中古を比較

<3G・4G対応のAndroidスマートウォッチ>

3G・4G対応で通話できるAndroidスマートウォッチ まとめ