「Galaxy Tab S9 FE」でもハイエンド? 話題の高性能タブレットと徹底 比較!


2023年10月19日に発売されたサムスン「Galaxy Tab S9 FE」と話題の高性能タブレットを徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペックの違いに加えて、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2023年10月23日、日本で「Galaxy Tab A9+」が発売されました。

※2023年8月から「Galaxy Tab S9」も発売中です。

※12.4インチの「Galaxy Tab S9 FE+ 5G」も発売中です。スペック情報を追記しました。

「Galaxy Tab S9 FE」の特徴

Galaxy Tab S9 FE」の特徴をまとめてみました。

10.9のWUXGA+液晶・Sペン・8000 mAhバッテリ

Galaxy Tab S9 FE」は10.9インチで解像度 2304 x 1440 pxTFTディスプレイを搭載。アスペクト16:10の高精細な WUXGA+ 液晶で、豊かな色表現が可能なDCI-P3や目の負担を軽減するアイケア認証のブルーライト低減、太陽の明るさを感知して見やすく調整する「ビジョンブースター」、より滑らかな映像再生が可能なリフレッシュレート90 GHzにも対応しています。

また、筆圧対応のSペンが付属し、最適化されたSamsung NotesやGoodnotesアプリを利用可能。背面のマグネットに固定して充電できるほか、60度の傾き検知に対応した高性能なスタイラスペン「S Pen Creator Edition」(別売)も用意しています。

そのほか、8000 mAhバッテリーを搭載し、インターネットで最大16時間、ビデオ再生で最大18時間 駆動することが可能。USB 2.0 Type-Cポートを介して45W 急速充電 や他のデバイスに給電できるリバースチャージ(OTG逆充電)も利用できます。

Exynos 1380・6GB+128GB・Android 13

Galaxy Tab S9 FE」はExynos 1380プロセッサを搭載。5nmプロセスで製造された8コア、最大2.4GHz駆動のCPUで、Antutuベンチマーク総合で約50~60万前後を記録しています。また、6GBメモリ搭載でスムーズに動作。ストレージ容量は128GB UFSで、microSDXCカード最大1TBまで拡張できます。

そのほか、OSにAndroid 13を搭載。UIは「One UI 5.1」で、モードとルーチン選択時の壁紙の設定、自撮り撮影時の色調調整、写真の切り抜き機能、文字やイラスト付きの天気ウィジェット、Sペンの検索バー書き込みなどの機能を利用できます。

8MP/12MPカメラ・キーボードカバー・IP68防水防塵

Galaxy Tab S9 FE」は背面に8MPのメインカメラ (広角)を搭載し、ドキュメントのスキャンや4K UHD動画撮影を利用可能。前面には12MPのフロントカメラ (超広角)を搭載し、ポートレート撮影やビデオ通話、オンライン会議・授業、チャットなどに活用できます。また、バックライト付きキーボードカバー「Book Cover Keyboard」(別売)を用意し、ノートPCスタイルで使用可能。DeXモード対応で、モニターに接続してデスクトップPCのように使用することもできます。

そのほか、IP68防水防塵に対応し、深さ1.5mまでの水没に30分耐えることが可能。 筐体は厚さ6.5mm、重さ523gの薄型軽量デザインで、グレーミントラベンダーの3色カラーを用意しています。

公式ページ: Samsung Galaxy Tab S9 FE | Samsung Japan 公式

価格を比較

Galaxy Tab S9 FE」と「Google Pixel Tablet」、「Xiaomi Pad 6」、「Lenovo Tab P12」の価格を比較してみました。

「Galaxy Tab S9 FE」

Galaxy Tab S9 FE」は、Amazonで62,333円(税込・Wi-Fi版)、楽天市場で68,810円(税込・ポイント10倍あり)、ヤフーショッピングで68,810円、米国 Amazon.comで$379.99 (日本円で約56497円)、

au オンラインショップで実質負担金:61,180円(5Gモデル・税込・24回払いのスマホトクするプログラム適用時の場合・毎月の支払額: 2,660円(税込)×23回・機種代金:105,800円 税込)で販売されています。

「Google Pixel Tablet」

Google Pixel Tablet」は、Amazonで76,900円(税込)、楽天市場で73,270円(税込・送料無料)、ヤフーショッピングで71,700円(税込)、Google ストアで128GBモデルが79,800円、256GBモデルが92,800円(送料無料)で販売されています。

「Xiaomi Pad 6」

Xiaomi Pad 6」は、Amazonで49,800円 (税込/スマートペンは14,801円、キーボードは13,800円)、楽天市場で49,800円(送料無料)、ヤフーショッピングで53,445円円、AliExpressでUS $294.00 (日本円で約44,038円)、シャオミ公式オンラインストアで49,800円、米国 Amazon.comで$342.00 (日本円で約51,228円)で販売されています。

「Lenovo Tab P12」

Lenovo Tab P12」は、Amazonで49,800円(税込)、楽天市場で52,330円(送料無料)、ヤフーショッピングで51,800円(送料無料)で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

Galaxy Tab S9 FE」と「Google Pixel Tablet」、「Xiaomi Pad 6」、「Lenovo Tab P12」のAntutuベンチマーク スコアを比較してみました。

※Antutuスコアとは3D性能、UX速度、CPU性能、RAM性能を総合した評価点のこと。

「Galaxy Tab S9 FE」

Antutu総合で約500,000~600,000前後

例: Antutu V10 総合で「623814」、CPUで「197333」、GPUで「168831」、MEMで「113518」、UXで「144132」。

<CPU> Exynos 1380

<プロセッサ性能を解説>

5nmプロセスで製造された8コア、最大2.4 GHz駆動のサムスン「Exynos 1380」(AI対応)を搭載し、Antutuベンチマーク総合で約50~60万前後を記録しています。

同じプロセッサはスマートフォンの「Galaxy A54 5G」にも搭載されています。

2023年8月11日に発売された「Galaxy Tab S9」はQualcomm Snapdragon 8 Gen 2を搭載し、Antutuベンチマーク総合で約130万を記録していました。

Tensor G2搭載の「Google Pixel Tablet」と比較すると、スコアが約30万低くなります。

Snapdragon 870搭載の「Xiaomi Pad 6」と比較すると、スコアが約13万低くなります。

Dimensity 7050搭載の「Lenovo Tab P12」と比較すると、スコアが約2万低くなります。

性能的には動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)、電子書籍、写真撮影などで快適に動作します。

Androidの3Dゲームもほとんどすべて快適に動作します。また、PS2を含め、PSP、PS1、SFC、DC、N64、MD、FCなどのエミュレーターも快適に動作します。

「Google Pixel Tablet」

Antutu総合では約800,000

例:Antutu V10 総合で「871062」、CPUで「266527」、GPUで「232784」、MEMで「171630」、UXで「200121」。

<CPU> Google Tensor G2

「Xiaomi Pad 6」

Antutu総合で約630,000 (スタンダード版)

例:総合で「708540」、CPUで「178243」、GPUで「239129」、MEMで「126182」、UXで「164986」。

<CPU> Snapdragon 870

「Lenovo Tab P12」

Antutu総合で約520,000

<CPU> MediaTek Dimensity 7050

スペックを比較

Galaxy Tab S9 FE」と「Google Pixel Tablet」、「Xiaomi Pad 6」、「Lenovo Tab P12」のスペックを比較してみました。

「Galaxy Tab S9 FE」のスペック

  • ディスプレイ 10.9インチ、解像度 2304 x 1440 pxのTFT
    ※16:10/WUXGA+/約1,600万色/DCI-P3色域/ブルーライト低減/アイケア認証/ビジョンブースター
    ※「Galaxy Tab S9 FE+ 5G」は12.4インチ
  • リフレッシュレート 90 GHz
  • プロセッサ Exynos 1380
    ※5nm/8コア/最大2.4 GHz
  • GPU Mali-G68 MP5
  • RAM(メモリ)6GB
  • ストレージ 128GB UFS
  • 外部ストレージ microSDXCカードで最大1TBまで
  • バッテリー 8000 mAh
    ※「Galaxy Tab S9 FE+ 5G」は10090 mAh
  • 駆動時間 インターネットで最大16時間、ビデオ再生で最大18時間、音楽再生で最大113時間
  • 充電 45W 急速充電 (QC 2.0)、リバースチャージ(OTG逆充電)
  • 背面カメラ 8MP (広角)
  • 前面カメラ 12MP (超広角)
  • ビデオ撮影 UHD 4K (3840 x 2160)@30fps
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 6 (802.11 a/b/g/n/ac/ax)、Bleutooth 5.3、GPS (GPS, Glonass, Beidou, Galileo, QZSS)
    ※Wi-Fi ダイレクト対応/HE80, MIMO, 1024-QAMに対応
  • インターフェース USB 2.0 Type-C (OTG)、磁気コネクタ
  • センサー 加速度センサー、指紋センサー、ジャイロセンサー、地磁気センサー、ホールセンサー、照度センサー
  • スピーカー AKG監修 ステレオスピーカー
  • Sペン 付属(S Pen Creator Editionを用意・Samsung Notes、Goodnotesアプリに対応)
  • キーボード バックライト付きキーボードカバー「Book Cover Keyboard」(別売)、「Smart Book Cover」(マグネットで接続・別売)
  • DeXモード 対応
  • 防水防塵 IP68
  • 生体認証 画面内指紋認証、顔認証
  • OS Android 13 + One UI 5.1
  • サイズ 165.8 x 254.3 x 6.5 mm
  • 重量 523 g
  • カラー グレー、ミント、ラベンダー
    ※「Galaxy Tab S9 FE+ 5G」はグレーのみ
  • 5G通信 対応モデル「Galaxy Tab S9 FE+ 5G」を用意
  • SIMカード Nano-SIM or eSIM ※5Gモデルのみ対応

関連記事Samsung タブレットはやっぱりお買い得? 全モデルを比較

Amazonで「Galaxy Tab S9 FE」をチェックする

楽天市場で「Galaxy Tab S9 FE」をチェックする

ヤフーショッピングで「Galaxy Tab S9 FE」をチェックする

AliExpressで「Galaxy Tab S9 FE」をチェックする

米国 Amazon.comで「Galaxy Tab S9 FE」をチェックする

au オンラインショップで「Galaxy Tab S9 FE」をチェックする

「Google Pixel Tablet」のスペック

  • ディスプレイ 10.95インチ、解像度 2560 x 1600 pxのタッチスクリーン
    ※16:10/276ppi/500nits/防汚コーティング/USI 2.0スタイラスペン/24ビット深度/1,600 万色
  • プロセッサ Google Tensor G2 (Titan M2 セキュリティ)
    ※4nm/64bit/8コア/最大2.8GHz
  • CPU 2×2.80 GHz Cortex-X1 & 2×2.25 GHz Cortex-A76 & 4×1.80 GHz Cortex-A55
  • GPU Arm Mali-G710
  • RAM(メモリ) 8GB LPDDR5
  • ストレージ 128GB/256GB UFS 3.1
  • バッテリー 27 Wh
  • 駆動時間 ビデオストリーミング再生で最大12時間
  • 充電 充電スピーカー ドック (付属) または USB-C 充電器 (別売) による急速充電に対応
  • 背面カメラ 8MP (1.12μm,ƒ/2.0,84°,1/4)
  • 前面カメラ 8MP (1.12μm, ƒ/2.0,84°,1/4)
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 6 (802.11 a/b/g/n/ac/ax) with 2×2 MIMO、Bluetooth 5.2
    ※正確な測距を実現する超広帯域チップ搭載、Googleキャスト対応
  • インターフェース USB Type C 3.2 Gen 1 x1、4ピン アクセサリ コネクタ x1 (データ転送、オーディオ出力用)、ボリュームコントロール、電源スイッチ
  • センサー 周囲光センサー、加速度計、ジャイロスコープ、磁力計、ホールセンサ
  • スピーカー クアッドスピーカー
  • マイク トリプルマイク (通話、録音、Google アシスタント用、雑音の抑制)
  • Google アシスタント 対応(内蔵)
  • 筐体の素材 アルミニウム (100% リサイクル素材)、AED/ナノセラミックコーティング
  • 生体認証 指紋認証(電源ボタンに指紋センサー)
  • OS Android 13 (5年間のPixelアップデート)
  • サイズ 278.13 x 169 x 8.1 mm
  • 重量 493 g
  • カラー ポーセリン、ヘーゼル、ローズ
  • 付属品 充電スピーカードック、電源アダプタ、クイックスタートガイド、安全性と保証に関する小冊子
  • 充電スピーカードック ポゴピン接続による磁気ドッキングインターフェース、最大充電速度15W、43.5mmフルレンジスピーカー

関連記事「Google Pixel Tablet」は究極の理想型か? 最新ハイエンド タブレットと徹底 比較!

Amazonで「Google Pixel Tablet」をチェックする

楽天市場で「Google Pixel Tablet」をチェックする

ヤフーショッピングで「Google Pixel Tablet」をチェックする

Google ストアで「Google Pixel Tablet」をチェックする

米国 Amazon.comで「Google Pixel Tablet」をチェックする

「Xiaomi Pad 6」のスペック

  • ディスプレイ 11インチ、解像度2880 × 1800 ドットのLCD
    ※2.8K/16:10/309ppi/10.7億色/P3 色域/HDR10/Dolby Vision/Corning Gorilla Glass 3/ブルーライトカット(テュフ認証)/DC調光
  • リフレッシュレート 144Hz (可変)
  • プロセッサ Qualcomm Snapdragon 870 SM8250-AC ,7nm/64bit/8コア
    ※Pro版はSnapdragon 8+ Gen 1 SM8475,4nm/64bit/8コア/最大3.2GHz
  • GPU Adreno 650
    ※Pro版はAdreno 730
  • RAM(メモリ) 6GB/8GB LPDDR5
    ※Pro版は8GB/12GB LPDDR5
  • ストレージ 128GB UFS3.1 ※海外版は256GBもあり
    ※Pro版は128GB/256GB/512GB UFS3.1
  • バッテリー 8840mAh
    ※Pro版は8600mAh
  • 駆動時間 スタンバイで49.9日
  • 充電 33W急速充電 (99分で100%)
    ※Pro版は67W急速充電 (62分で100%)
  • 背面カメラ 13MP ,F2.2
    ※Pro版は50MP+2MP
  • 前面カメラ 8MP ,F2.2
    ※Pro版は20MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2
  • NFC 対応(NFCワンタッチインスタント転送機能)
  • インターフェース USB Type-C (USB3.2 Gen1/OTG)
  • 映像出力 DP映像出力(USB3.2 Gen1)、PCにミラーリング
  • スピーカー クアッドスピーカー (スーパーリニアスピーカー x4)
  • オーディオ Dolby Atmos、ハイレゾ音源の再生
  • マイク クアッドマイク、指向性ピックアップ
  • スタイラスペン 「Mi Inspiration Stylus(第2世代)」(別売・筆圧4096段階・超低遅延・5g・1分の充電で7時間駆動)
  • キーボード 「スマートタッチキーボード」(別売・64キー・アダプディブ バックライト・110~165度までの無段階調整・ホワイトテックナノスキン・大型タッチパッド・マグネット節夫z九)
  • 機能 スマートポートレートセンタリング機能、リアルタイム翻訳、字幕転写、画面分割、複数のウインドウで最大4つのアプリ起動、アプリで情報共有(テキスト、画像、ファイル)、NFCワンタッチインスタント転送機能
  • 生体認証 顔認証 ※Pro版は指紋認証、顔認証
  • 筐体の素材 フルメタル(金属)
  • OS Android 13ベースのMIUI Pad 14
  • サイズ 253.95 x 165.18 x 6.51 mm
  • 重量 490g
  • カラー ブラック、ゴールド、ファーマウンテンブルー

関連記事「Xiaomi Pad 6 /6 Pro」はiPad Pro以上? 最新ハインエンドタブレットと徹底 比較!

Amazonで「Xiaomi Pad 6」をチェックする

楽天市場で「Xiaomi Pad 6」をチェックする

ヤフーショッピングで「Xiaomi Pad 6」をチェックする

AliExpressで「Xiaomi Pad 6」をチェックする

米国 Amazon.comで「Xiaomi Pad 6」をチェックする

「Lenovo Tab P12」のスペック

  • ディスプレイ 12.7インチ、解像度2944 x 1840 px
    ※3K/輝度 400 nit/TDDI/マルチタッチ/Miracast対応
  • プロセッサ MediaTek Dimensity 7050
    ※6nm/8コア/64bit/最大2.6GHz/10W TDP
  • CPU 2x Cortex-A78 2.6 GHz + 6x Cortex-A55 2 GHz
  • GPU Arm Mali-G68 MC
  • RAM(メモリ) 8GB LPDDR4X (オンボード)
  • ストレージ 128GB/256GB UFS 2.2
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー 10200mAh
  • 駆動時間 約10時間
  • 充電 20W急速充電、時間:約3時間 (20W ACアダプター使用時)、AC 100-240V(50/60Hz)
  • 背面カメラ 13MP (AF対応)
  • 前面カメラ 8MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 6 (802.11ax/ac/a/b/g/n)、Bluetooth 5.1、GPS (Glonass、Galileo)
  • インターフェース USB 2.0 Type-C (OTG)、microSDメディアカードリーダー、スマートコネクタ(キーボード接続用)
  • センサー 指紋センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、RGB センサー、GPS
  • スピーカー JBLのクアッドスピーカー
  • オーディオ DolbyAtmos対応
  • マイク デュアルマイク
  • 機能 Lenovo Freestyle(タブレットとWindows PC間のシームレスなファイル共有を可)
  • 生体認証 指紋認証、顔認証
  • OS Android 13
  • サイズ 約 293.4 x 190.8 x 6.9mm
  • 重量 約 615g
  • カラー ストームグレー

関連記事「Lenovo Tab P12」コスパ高すぎ? 格上の超高速タブレットと徹底 比較!

Amazonで「Lenovo Tab P12」をチェックする

楽天市場で「Lenovo Tab P12」をチェックする

ヤフーショッピングで「Lenovo Tab P12」をチェックする

米国 Amazon.comで「Lenovo Tab P12」をチェックする

「Galaxy Tab S9 FE」のメリット・デメリット

Galaxy Tab S9 FE」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・10.9インチのWUXGA+液晶・高精細で色鮮やか・DCI-P3やブルーライト低減、ビジョンブースターに対応

Galaxy Tab S9 FE」は10.9インチで解像度 2304 x 1440 pxのTFTディスプレイを搭載。アスペクト16:10の高精細なWUXGA+液晶で、豊かな色表現が可能なDCI-P3や目の負担を軽減するアイケア認証のブルーライト低減、太陽の明るさを感知して見やすく調整する「ビジョンブースター」に対応しています。

一方、「Google Pixel Tablet」は10.95インチで解像度2560 x 1600 pxのディスプレイを搭載しています。「Xiaomi Pad 6」は11インチで解像度2880 × 1800 ドットのLCDディスプレイを搭載しています。「Lenovo Tab P12」は12.7インチで解像度2944 x 1840 pxのワイドディスプレイを搭載しています。

・リフレッシュレート 90 GHzに対応

Galaxy Tab S9 FE」はより滑らかな映像再生が可能なリフレッシュレート90 GHzに対応しています。

一方、「Google Pixel Tablet」と「Lenovo Tab P12」はリフレッシュレート 60 GHzに対応しています。「Xiaomi Pad 6」はリフレッシュレート 144Hz (可変)に対応しています。

・筆圧対応のSペンが付属・より高性能なS Pen Creator Editionも用意

Galaxy Tab S9 FE」は筆圧対応のSペンが付属し、最適化されたSamsung NotesやGoodnotesアプリを利用できます。また、背面のマグネットに固定して充電できるほか、60度の傾き検知に対応した高性能なスタイラスペン「S Pen Creator Edition」(別売)も用意しています。

一方、「Google Pixel Tablet」はChromebookで採用されているUSI 2.0規格のスタイラスペン入力に対応し、スムーズに手書き入力できるようになっています。「Xiaomi Pad 6」は筆圧4096段階の「Mi Inspiration Stylus(第2世代)」(別売)を用意しています。「Lenovo Tab P12」は専用スタイラスペンを用意していません。

・6GBメモリ搭載でスムーズに動作する

Galaxy Tab S9 FE」は6GBメモリ搭載でスムーズに動作します。

一方、「Google Pixel Tablet」は8GB LPDDR5メモリを搭載し、スムーズに動作します。「Xiaomi Pad 6」は6GB LPDDR5メモリを搭載し、スムーズに動作します。「Lenovo Tab P12」は8GB LPDDR4X デュアルチャンネルメモリを搭載し、スムーズに動作します。

・128GB UFSストレージ搭載で最大1TBまで拡張できる

Galaxy Tab S9 FE」は128GB UFSストレージ搭載で、microSDXCカードで最大1TBまで拡張できます。

一方、「Google Pixel Tablet」はUFS 3.1規格のストレージを128GB/256GBを搭載しています。「Xiaomi Pad 6」は128GB UFS3.1ストレージを搭載しています。「Lenovo Tab P12」はUFS 2.2規格の128/256GBストレージ搭載で、別売のmicroSDカードで最大1TBまで拡張できます。

・8000 mAhバッテリー搭載で45W 急速充電、リバースチャージに対応

Galaxy Tab S9 FE」は8000 mAhバッテリーを搭載し、インターネットで最大16時間、ビデオ再生で最大18時間 駆動できます。また、USB 2.0 Type-Cポートを介して45W 急速充電 や他のデバイスに給電できるリバースチャージ(OTG逆充電)も利用できます。

一方、「Google Pixel Tablet」は27Whバッテリー搭載で急速充電に対応しています。「Xiaomi Pad 6」は8840mAhバッテリー搭載で33WW急速充電に対応しています。「Lenovo Tab P12」は10200mAhバッテリー搭載で20W急速充電に対応しています。

・背面8MPカメラと前面12MPカメラを搭載

Galaxy Tab S9 FE」は背面に8MPのメインカメラ (広角)を搭載し、ドキュメントのスキャンや4K UHD動画撮影を利用できます。また、前面に12MPのフロントカメラ (超広角)を搭載し、ポートレート撮影やビデオ通話、オンライン会議・授業、チャットなどに活用できます。

一方、「Google Pixel Tablet」は背面と前面 両方に8MPカメラを搭載し、消しゴムマジック、HDR撮影、ボケ補正、長時間露光、夜景モード、フルHDの動画撮影などの機能が利用できます。「Xiaomi Pad 6」は背面13MPカメラと前面8MPカメラを搭載しています。「Lenovo Tab P12」は背面13MPカメラ(AF対応)と前面8MPカメラを搭載しています。

・ Wi-Fi 6、Bleutooth 5.3、GPSに対応

Galaxy Tab S9 FE」は従来よりも約4〜10倍の速度で通信できる次世代通信規格「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)に対応しています。また、Bleutooth 5.3によるワイヤレス接続、5衛星測位に対応したGPSナビゲーションに対応しています。

一方、「Google Pixel Tablet」はWi-Fi 6とBluetooth 5.2に対応しています。「Xiaomi Pad 6」はWi-Fi 6、Bluetooth 5.2に対応しています。「Lenovo Tab P12」はWi-Fi 6とBluetooth 5.1、GPSに対応しています。

・5G通信 対応モデル「Galaxy Tab S9 FE+ 5G」を用意

Galaxy Tab S9 FE」は5G通信 対応モデル「Galaxy Tab S9 FE+ 5G」(auモデル)を用意しています。

一方、「Google Pixel Tablet」と「Xiaomi Pad 6」、「Lenovo Tab P12」は5G通信 対応モデルを用意していません。

・AKG監修のステレオスピーカー搭載で音がいい

Galaxy Tab S9 FE」はAKG監修のステレオスピーカーを搭載し、高音質なサウンドを再生できます。

一方、「Google Pixel Tablet」はクアッドスピーカー搭載で高音質なサウンドを再生できます。「Xiaomi Pad 6」はクアッドスピーカーを搭載しています。「Lenovo Tab P12」はJBLのクアッドスピーカーを搭載しています。

・バックライト付きキーボードカバー「Book Cover Keyboard」を用意・DeXモードも使える

Galaxy Tab S9 FE」はバックライト付きキーボードカバー「Book Cover Keyboard」(別売)を用意し、ノートPCスタイルで使用できます。また、DeXモード対応で、モニターに接続してデスクトップPCのように使用することもできます。

一方、「Google Pixel Tablet」と「Lenovo Tab P12」は専用キーボードを用意していません。「Xiaomi Pad 6」は専用の「スマートタッチキーボード」(別売)を用意しています。

・IP68防水防塵に対応

Galaxy Tab S9 FE」はIP68の防水防塵に対応し、、深さ1.5mまでの水没に30分耐えられるほか、埃を完全にシャットアウトすることもできます。

一方、「Google Pixel Tablet」と「Xiaomi Pad 6」、「Lenovo Tab P12」は防水防塵に対応していません。

・画面内指紋認証、顔認証に対応

Galaxy Tab S9 FE」は画面内指紋認証、顔認証に対応し、安全かつスピーディにログインできます。

一方、「Google Pixel Tablet」は指紋認証(電源ボタン)に対応しています。「Xiaomi Pad 6」は顔認証に対応しています。「Lenovo Tab P12」は指紋認証、顔認証に対応し、安全かつスピーディにログインできます。

・厚さ6.5mm、重さ523gの薄型軽量デザイン・3色カラーを用意

Galaxy Tab S9 FE」は厚さ6.5mm、重さ523gの薄型軽量デザインで、グレー、ミント、ラベンダーの3色カラーを用意しています。

一方、「Google Pixel Tablet」は厚さ8.1mmで重さ493gの薄型軽量デザインで、ポーセリン、ヘーゼル、ローズの3色カラーを用意しています。「Xiaomi Pad 6」は厚さ6.51mmで重さ490gの薄型軽量デザインで、ブラック、ゴールド、ファーマウンテンブルーの3色カラーを用意しています。「Lenovo Tab P12」は厚さ6.9mm、重さ約615gの薄型ボディでストームグレーカラーを用意しています。

・Android 13 + One UI 5.1を搭載・新機能も使える

Galaxy Tab S9 FE」はAndroid 13 + One UI 5.1搭載で新機能も使えるようになっています。

One UI 5.1は「One UI 5.1」で、モードとルーチン選択時の壁紙の設定、自撮り撮影時の色調調整、写真の切り抜き機能、文字やイラスト付きの天気ウィジェット、Sペンの検索バー書き込みなどの機能が追加されています。

また、Android 13には、

テーマ別アイコンデザイン(サードパーティ製アプリを含む)、クイック設定の変更(ボタンの位置変更・タイル数の増加・不要な実行中アプリを停止)、ホーム画面のカスタマイズ、メディアコントロール(音楽でデザインが変化)、テキストのコピーツール、アプリごとの言語設定、おやすみ時間モードのカスタマイズ(設定項目が増加)、「バイブレーションとハプティクス」(通話のバイブレーションなどの設定項目が追加)、

通知の制御(ユーザーに許可を求める)、クリップボード履歴の自動消去、特定の写真や動画のみにアクセスを許可、空間オーディオ、Bluetooth LE Audio(音楽を他のユーザーと共有)、Chromebookとの連携、端末間でコピー&ペースト、タブレットのマルチタスク、手のひらとスタイラスペンの別タッチ登録

などの機能が追加されています。

一方、「Google Pixel Tablet」はOSにAndroid 13を搭載し、5年間のセキュリティアップデートが受けられます。「Xiaomi Pad 6」はAndroid 13ベースのMIUI Pad 14搭載で新機能も使えるようになっています。「Lenovo Tab P12」はAndroid 13を搭載し、新機能も使えるようになっています。

デメリット

・3.5mmヘッドホン端子がない

Galaxy Tab S9 FE」は3.5mmヘッドホン端子を搭載していません。

一方、「Google Pixel Tablet」と「Xiaomi Pad 6」、「Lenovo Tab P12」も3.5mmヘッドホン端子を搭載していません。

「Galaxy Tab S9 FE」の評価

Galaxy Tab S9 FE」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★★

価格:★★★

<総合評価>

2023年8月に発売された「Galaxy Tab S9」の廉価版になります。S9のスペックよりも低くなりますが、その分価格が安くなっています。上位モデルと同じく筆圧対応のSペンや専用キーボードカバー防水にも対応しています。

プロセッサはExynos 1380でAntutu総合で約50~60万ほど。性能的にはSnapdragon 870搭載の「Xiaomi Pad 6」やDimensity 7050搭載の「Lenovo Tab P12」と同じで、十分に高速に動作します。

また、6GBメモリと128GB UFSストレージを搭載。バッテリー容量は8000 mAhで、45W 急速充電 (QC 2.0)、リバースチャージ(OTG逆充電)に対応しています。そのほか、 AKG監修 ステレオスピーカーを搭載。IP68防水防塵Wi-Fi 6画面内指紋認証に対応している点は上位モデル「Galaxy Tab S9」と同じです。

なお、カメラは背面13MP+前面12MPから背面8MP+前面12MPに変更されています。フロントカメラの方がメインカメラよりも性能が高いという珍しい仕様です。前面カメラは 超広角に対応しているため、ビデオ通話に適している感じがします。

Galaxy Tab S9 FE」の発売時の価格は75,690円。

上位モデル「Galaxy Tab S9」は10万円以上するので、少なくても約3万ほど安いことになります。多機能な「Google Pixel Tablet」とは同じくらいの価格です。スペックはハイエンドモデルに限りなく近いので、FE版でも十分に満足できるでしょうか?よほどの強いこだわりがなければ「Galaxy Tab S9 FE」で十分。Android 13を搭載したハイスペックなタブレットを探している人におすすめします。

「Galaxy Tab S9 FE+ 5G」も発売中!

12.4インチの「Galaxy Tab S9 FE+ 5G」も発売中です。違いは、ディスプレイのサイズ、リフレッシュレート、メモリ、バッテリー容量、通信性能、カラーです。

ディスプレイのサイズは12.4インチで、リフレッシュレートは最大90Hz、メモリは8GB、バッテリー容量は10090 mAh、通信性能は5G通信に対応し、nanoSIMとeSIMに対応しています。カラーはグレーのみなります。

なお、販売先はau KDDIのみで、通信もau のみ対応しています。

※プロセッサは同じExynos 1380なので、ベンチマークスコアもほぼ同じくらいになります。

「Galaxy Tab S9 FE+ 5G」のスペック

  • ディスプレイ 12.4インチ、解像度 2560 x 1600 pxのTFT
    ※16:10/WUXGA+/約1,600万色/DCI-P3色域/ブルーライト低減/アイケア認証/ビジョンブースター
  • リフレッシュレート 90 GHz
  • プロセッサ Exynos 1380
    ※5nm/8コア/最大2.4 GHz
  • GPU Mali-G68 MP5
  • RAM(メモリ)8GB
  • ストレージ 128GB UFS
  • 外部ストレージ microSDXCカードで最大1TBまで
  • バッテリー 10090 mAh
  • 駆動時間 インターネットで最大16時間、ビデオ再生で最大18時間、音楽再生で最大113時間
  • 充電 45W 急速充電 (QC 2.0)、リバースチャージ(OTG逆充電)
  • 背面カメラ 8MP (広角)
  • 前面カメラ 12MP (超広角)
  • ビデオ撮影 UHD 4K (3840 x 2160)@30fps
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 6 (802.11 a/b/g/n/ac/ax)、Bleutooth 5.3、GPS (GPS, Glonass, Beidou, Galileo, QZSS)
    ※Wi-Fi ダイレクト対応/HE80, MIMO, 1024-QAMに対応
  • インターフェース USB 2.0 Type-C (OTG)、磁気コネクタ
  • センサー 加速度センサー、指紋センサー、ジャイロセンサー、地磁気センサー、ホールセンサー、照度センサー
  • スピーカー AKG監修 ステレオスピーカー
  • Sペン 付属(S Pen Creator Editionを用意・Samsung Notes、Goodnotesアプリに対応)
  • キーボード バックライト付きキーボードカバー「Book Cover Keyboard」(別売)、「Smart Book Cover」(マグネットで接続・別売)
  • DeXモード 対応
  • 防水防塵 IP68
  • 生体認証 画面内指紋認証、顔認証
  • OS Android 13 + One UI 5.1
  • サイズ 285 × 185 × 6.5 mm
  • 重量 628g
  • カラー グレー
  • 5G通信 対応モデル「Galaxy Tab S9 FE+ 5G」を用意
  • SIMカード Nano-SIM or eSIM ※5Gモデルのみ対応

「Galaxy Tab S9 FE+ 5G」の価格は?

Galaxy Tab S9 FE+ 5G」は、au KDDIで61,180円(税込・24回払い・スマホトクするプログラム適用時の場合/機種代金は105,800 円 税込)で販売されています。

au KDDIで「Galaxy Tab S9 FE+ 5G」をチェックする

「Galaxy Tab S9 FE」の販売・購入先

Galaxy Tab S9 FE」は、Amazonで62,333円(税込・Wi-Fi版)、楽天市場で68,810円(税込・ポイント10倍あり)、ヤフーショッピングで68,810円、米国 Amazon.comで$379.99 (日本円で約56497円)、

au オンラインショップで実質負担金:61,180円(5Gモデル・税込・24回払いのスマホトクするプログラム適用時の場合・毎月の支払額: 2,660円(税込)×23回・機種代金:105,800円 税込)で販売されています。

Amazonで「Galaxy Tab S9 FE」をチェックする

楽天市場で「Galaxy Tab S9 FE」をチェックする

ヤフーショッピングで「Galaxy Tab S9 FE」をチェックする

AliExpressで「Galaxy Tab S9 FE」をチェックする

米国 Amazon.comで「Galaxy Tab S9 FE」をチェックする

au オンラインショップで「Galaxy Tab S9 FE」をチェックする

 

 

 

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Lenovo Tab M10a 5G」(10.6インチ・Snapdragon 695)

★「OUKITEL OT5」(12インチ・Helio G99・最大36GBメモリ)

★「Galaxy Tab A9+」(11インチ・Snapdragon 695・DeXモード)

Google Pixel Tablet

Xiaomi Pad 6

Lenovo Tab P12

Redmi Pad SE」(11インチ・Snapdragon 680)

Fire Max 11」(11インチ・USI 2.0ペン対応)

HUAWEI MatePad 11.5」(2.2K液晶・Snapdragon 7 Gen 1)

LAVIE Tab T11(T1195/FAS)」(11.2有機EL・Kompanio 1300T)

第5世代「iPad Air」(10.9インチ・Apple M1・5G通信)

OPPO Pad 2」(Dimensity 9000・Android 13ベース)

Galaxy Tab S9」(Android 13・Snapdragon 8 Gen2・Sペン)

他のサムスン タブレットと比較

他にもサムスンのタブレットが販売されています。ぜひ比較してみてください。

Samsung タブレットはやっぱりお買い得? 全モデルを比較

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

Android 13で使えるタブレット 2023 最新 機種 まとめ

最新のAndroid 13タブレットをまとめて紹介しています。

Android 12で使えるタブレット 2023 最新 まとめ

最新のAndroid 12タブレットをまとめて紹介しています。

Android 11で使えるタブレット 2022 最新 まとめ

Android 11 OS搭載タブレットをまとめて紹介しています。

HDMI出力できるAndroidタブレット まとめ

HDMI出力できるタブレットをまとめて紹介しています。

一度は手に入れてみたい超ハイスペックなAndroidタブレット まとめ

最強スペックのAndroidタブレットをまとめて紹介しています。