「Retroid Pocket 3」と最新Android携帯ゲーム機を徹底 比較!


2022年8月に発売された「Retroid Pocket 3」と最新Android携帯ゲーム機を徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、収納ゲーム数、対応エミュレーター、スペックの違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2022年11月18日、スペック強化版「Retroid Pocket 3+」が発売されます。

「Retroid Pocket 3」の特徴

Retroid Pocket 3」の特徴をまとめてみました。

4.7インチIPS液晶・32GB eMMC・4000mAhバッテリ

Retroid Pocket 3」は4.7インチのIPSタッチスクリーン(解像度750×1334 ドット)を搭載。アスペクト比は16:9で、明るいバックライトも搭載しています。また、32GB eMMCストレージを搭載。別売のmicroSDカードで拡張することもできます。そのほか、4000mAhバッテリー搭載で長時間動作することが可能。Type-Cポートを介して急速充電も利用できます。

Android 11・Google Playストア・41種エミュレーター

Retroid Pocket 3」はOSにAndroid 11を搭載。Google Playストアに対応し、豊富なAndroidゲームをプレイできます。また、PSPやドリームキャスト、ニンテンドー64などの41種類以上のエミュレーターアプリを内蔵。懐かしのレトロゲームもプレイできます。

Wi-Fi通信・ストリーミング・microHDMIで映像出力

Retroid Pocket 3」は高速で途切れにくいWi-Fiデュアルバンドに対応。Bluetooth 5.0もサポートし、ワイヤレス機器とスムーズに接続できます。また、Wi-Fi通信とアプリを利用してストリーミングプレイが可能。PS5やXBOX、Steamなどのゲームがプレイできるほか、クラウドゲームもプレイできます。そのほか、microHDMIポートを搭載。テレビや外部のモニターに接続し、大画面でゲームを楽しめます。

公式ページ Retroid Pocket 3

価格を比較

Retroid Pocket 3」と「ANBERNIC RG353P」、「RG552」、「GPD XP Plus」の価格を比較してみました。

「Retroid Pocket 3」

Retroid Pocket 3」は、AliExpressでUS $124.00、Retroid Pocket公式サイトで$119.00、米国 Amazon.comで$159.99で販売されています。

「ANBERNIC RG353P」

ANBERNIC RG353P」は、Amazonで19,999円、AliExpressでUS $110.19、Banggoodで24,316円、米国 Amazon.comで$149.99で販売されています。

「RG552」

RG552」は、Amazonで30,999円、楽天市場で 38,990円 (税込)、ヤフーショッピングで34,720 円、AliExpressでUS $209.98、Banggoodで32,884円、Whatsko公式ストアで29,499円、米国 Amazon.comで$249.99で販売されています。

「GPD XP Plus」

GPD XP Plus」は、Amazonで66,999円(日本版)、楽天市場で66,999円 (税込・送料無料・日本版)、ヤフーショッピングで84,748 円 (税込・日本版)、天空公式サイトで税込68,200円(日本版)、AliExpressでUS $429.88(海外版)、米国 Amazon.comで$499.95(海外版)で販売されています。

収録ゲーム数・対応エミュレーターを比較

Retroid Pocket 3」と「ANBERNIC RG353P」、「RG552」、「GPD XP Plus」の収録ゲーム数・対応エミュレーターを比較してみました。

「Retroid Pocket 3」

収録ゲーム数 数千以上 ※ダウンロード必須

対応エミュレーター

CPS1/CPS2/CPS3,PSP,PS2,PS1,GENESIS,Dreamcast,Mame,GBA/GBC/GB、Wii、N64、NDS,3DS,FC,FBA,SFC,NES,GC、NEOGEO,NEOGEO Poket,NEOGEO Poket Color,PCE,SMS、MSX,SegaCD,Sega Saturn,Saga Genesis,SMS,SGG,Sega 32x,Sega SG-1000,WS,WSC,Atari Lynx,Atari 7800,Atari 2600,VirtuaBoy,3DOなど41種類以上

「ANBERNIC RG353P」

収録ゲーム数

3000~10000+ ※モデル・販売先によって異なっています。
※ゲームは16GB/64GB TFカードに収録
※ゲームのダウンロードに対応

対応エミュレーター

PSP,DC,SS,PS1,NDS,N64,SPS1,CPS2,FBA,NEOGEO,GBA,GBC,GB,SFC,FC,MD,SMS,GG,MSX,PCE,WSC,WIN,NGGなど20種類以上

「RG552」

収納ゲーム数

3000/5000+/7000+/10000+ ※モデル・販売先によって異なっています。

対応エミュレーター

Wii、NGC、NDS、N64、DC、PSP、PS1、Open bor、CP1、CP2、CP3、FBA、NEOGEO、NEOGEOPOKET、GBA、GBC、GB、SFC、FC、MD、SMS、GG、MSX、PCE、WS、Saturn、Transplantなど20種以上

「GPD XP Plus」

収録ゲーム数 なし

対応エミュレーター

ARCADE、MAME Plus、PCE、PSP、GBC、DC、ONS、NGP、NDS、Wii、N64、PS、MAME、GBA、PS2、SFC、MD、FC,WSC,NGCなど21種類以上
※Android ゲームにも対応

Antutuベンチマークを比較

Retroid Pocket 3」と「ANBERNIC RG353P」、「RG552」、「GPD XP Plus」のAntutuベンチマーク スコアを比較してみました。

「Retroid Pocket 3」

Antutu総合で約150,000

<CPU> Unisoc Tiger T310

<プロセッサ性能を解説>

12nmプロセスで製造された4コアプロセッサ「Unisoc Tiger T310」を搭載し、Antutuベンチマーク総合で約15万を記録しています。

Androidの3Dゲームは一部を除き、ほとんど快適にプレイできます。また、エミュレーター「AetherSX2」を利用したPS2ゲームもプレイ可能。PSPやN64など負荷が高めのレトロゲームも快適にプレイできます。

「ANBERNIC RG353P」

Antutuベンチマーク総合で約100,000

<CPU> Rockchip RK3566

「RG552」

Antutu総合で「407675」、CPUで「101677」、GPUで「159761」、MEMで「59736」、UXで86501」。

<CPU> Rockchip RK3399

「GPD XP Plus」

Antutu総合で約690,000

<CPU> MediaTek Dimensity 1200

スペックを比較

Retroid Pocket 3」と「ANBERNIC RG353P」、「RG552」、「GPD XP Plus」のスペックを比較してみました。

「Retroid Pocket 3」のスペック

  • ディスプレイ 4.7インチ、解像度750×1334 ドットのIPSタッチスクリーン
    ※16:9/60fps/バックライト45nits
  • プロセッサ Unisoc Tiger T310 1×A75@2.0G/3×A55@1.8G
  • GPU PowerVR GE8300 @800MHz
  • RAM(メモリ) 2GB / 3GB
  • ストレージ 32GB eMMC
  • 外部ストレージ microSDカードで拡張可能
  • バッテリー 4000mAh
  • 充電 急速充電に対応・Type-C
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0
    ※OTAアップデート対応
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、microHDMI(720p)、TFカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー デュアルスピーカー (1W×2)
  • ボタン アナログジョイスティックR3/L3、D-Pad、A/B/X/Yボタン、R1/L1、R2/L2、スタートボタン、セレクトボタン
  • 筐体の素材 メタルフレーム+アルミニウム ヒートシンク
  • OS Android 11 ※Google playストアに対応
  • サイズ 184.65 × 81.38 × 24.23 mm
  • 重量 230g
  • カラー ホワイト、ブラック、オレンジ、レトロ、16bit、インディゴ

関連記事海外のレアすぎる携帯ゲーム機 2022 まとめ

AliExpressで「Retroid Pocket 3」をチェックする

Retroid Pocket公式サイトで「Retroid Pocket 3」をチェックする

Amazonで「Retroid Pocket 」をチェックする

楽天市場で「Retroid Pocket」をチェックする

ヤフーショッピングで「Retroid Pocket 」をチェックする

米国 Amazon.comで「Retroid Pocket 」をチェックする

「ANBERNIC RG353P」のスペック

  • ディスプレイ 3.5インチ、解像度640 x 480 pxのIPS液晶
    ※4:3/マルチタッチ対応
  • プロセッサ Rockchip RK3566 クアッドコア
  • GPU Mali-G52-2EE
  • RAM(メモリ) 2GB LPDDR4
  • ストレージ Android:32GB eMMC、Linux: 16GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大512GBまで拡張可能
  • バッテリー 3500 mAh
  • 駆動時間 6時間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2
  • インターフェース Type-C x2 (OTG/電源用)、microSDカードスロット x2、miniHDMI、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー デュアルステレオスピーカー
  • システム言語 日本語を含むマルチ言語に対応
  • OS Android 11 + Linux
  • サイズ  174 × 84 × 21mm
  • 重量 210g
  • カラー ブラック、グレー
  • 付属品 USB充電ケーブル、説明書、スクリーンプロテクター

関連記事「ANBERNIC RG353P」と最新のAndroidゲーム機を徹底 比較! 

Amazonで「RG353P」をチェックする

楽天市場で「ANBERNIC」をチェックする

ヤフーショッピングで「RG353P」をチェックする

AliExpressで「RG353P」をチェックする

Banggoodで「ANBERNIC  RG353P」をチェックする

米国 Amazon.comで「RG353P」をチェックする

「RG552」のスペック

  • ディスプレイ 5.36インチ、解像度1920 x 1152 pxのIPS液晶
    ※5:3/10点マルチタッチ対応
  • プロセッサ Rockchip RK3399 ヘキサコア 1.8Ghz
  • GPU ARM Mali T860 MP4
  • RAM(メモリ) 4GB LPDDR4
  • ストレージ 64GB eMMC(Android)+16GB TFカード(Linux)
  • 外部ストレージ microSDカードで最大512GBまで拡張可
  • バッテリー 6400mAh
  • 駆動時間 6時間
  • 充電 30W急速充電
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi対応
  • インターフェース USB Type-C (OTGと充電が別) x2 、microHDMI x1、TFカードスロット x2、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー デュアルスピーカー
  • ファン サイレントアクティブヒートシンクターボファン
  • 言語 日本語を含むマルチ言語に対応
  • ゲームの追加 対応
  • OS Android 7.1+Linux
  • サイズ 198.1 x 85.6 x 20 mm
  • 重量 355g
  • カラー グレイ

関連記事「RG552」と最新Android携帯ゲーム機を徹底 比較!

Amazonで「RG552」をチェックする

楽天市場で「RG552」をチェックする

ヤフーショッピングで「RG552」をチェックする

AliExpressで「RG552」をチェックする

Banggoodで「RG552」をチェックする

Whatsko公式ストアで「RG552」をチェックする

米国 Amazon.comで「RG552」をチェックする

「GPD XP Plus」のスペック

  • ディスプレイ 6.81インチ、解像度1080 x 2400 ドットのIPS液晶
    ※10点マルチタッチ/Corning Gorilla glass 5/TFT LCD/388ppi/60Hz/OGS/画面比率87.10%/輝度500nits/コントラスト比1500:1
  • プロセッサ MediaTek Dimensity 1200 オクタコア
    ※6nm/64bit/8コア/最大3.0 ※QualcommSnapdragon870と同等のパフォーマンスを発揮
  • GPU ARM Mali-G77 MC9
  • RAM(メモリ) 6GB LPDDR4x
  • ストレージ 256GB UFS 3.1 ※読み取りおよび書き込み速度1800MB/秒、700MB/秒
    ※海外版は128GBモデルもあり
  • 外部ストレージ microSDカードで最大2TBまで ※exFATフォーマット対応
  • バッテリー 7000mAh ポリマーリチウム電池
  • 駆動時間 最大12時間
  • 充電 20W PD急速充電 (PD2.0、充電器)
  • カメラ 5.0 MP (フロント)
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 6 (802.11 a/b/g/n/ac/ax)、Bluetooth 5.2、GPS (A-GPS,GLONASS,Beidou,Galileo)
    ※Wi-Fiディスプレイ対応
  • 4G通信 対応
  • インターフェース USB Type C (OTG/DisplayPort 1.2映像出力) ×1、microSDカードスロット ×1、マイク×2、3.5mmイヤホンジャック ×1、Nano SIMスロット×1
  • スピーカー AACリニアステレオスピーカー ×2
  • マイク 2つのマイクポートあり
  • 冷却システム アクティブ冷却・純銅製ヒートシンク搭載(47×58mmの純銅製ヒートシンクと40×37mmのアクティブクーリングファン)
    ※「エクストリームパフォーマンス」モード、「パワーモード」、ファンのオフ・弱・強の切り替えが可、ターボ周波数100%
  • 筐体の素材 LG-DOW 121H(ABS合成樹脂)+UVコーティング
  • OS Android 11
  • サイズ 205~233×83×18~41mm(幅×奥行き×高さ、モジュールにより幅が異なる)
  • 重量 330g~370g
  • カラー グレイ

関連記事「GPD XP Plus」と最新のAndroid携帯ゲーム機を徹底 比較!

Amazonで「GPD XP Plus」をチェックする

楽天市場で「GPD XP Plus」をチェックする

ヤフーショッピングで「GPD XP」をチェックする

天空公式サイトで「GPD XP Plus」をチェックする

AliExpressで「GPD XP Plus」をチェックする

Banggoodで「GPD XP Plus」をチェックする

米国 Amazon.comで「GPD XP Plus」をチェックする

「Retroid Pocket 3」のメリット・デメリット

Retroid Pocket 3」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・4.7インチのIPS液晶・バックライト付き

Retroid Pocket 3」は、4.7インチのIPSタッチスクリーン(解像度750×1334 ドット)を搭載。アスペクト比は16:9で、明るいバックライトも搭載しています。

一方、「ANBERNIC RG353P」は3.5インチで解像度640x480pxのIPS液晶を搭載しています。「RG552」は5.36インチで解像度1920x1152pxのIPS液晶を搭載しています。「GPD XP Plus」は6.81インチで解像度1080×2400 ドットのIPS液晶を搭載しています。

・41種類以上のエミュレーターに対応

Retroid Pocket 3」は、PSPやドリームキャスト、ニンテンドー64などの41種類以上のエミュレーターアプリを内蔵し、懐かしのレトロゲームもプレイできます。

一方、「ANBERNIC RG353P」と「RG552」は20種類以上のエミュレーターを搭載しています。「GPD XP Plus」は21種類以上のエミュレーターを搭載しています。

・2つのアナログジョイスティックレバーで操作できる

Retroid Pocket 3」は2つのアナログジョイスティックレバーで操作できます。

一方、「ANBERNIC RG353P」、「RG552」も2つのアナログジョイスティックレバーで操作できます。「GPD XP Plus」は3つのモジュールを用意し、ジョイスティックレバーを用意しています。

・2GB/3GBメモリ搭載でスムーズに動作

Retroid Pocket 3」は、2GB/3GBメモリ搭載でスムーズに動作します。

一方、「ANBERNIC RG353P」は2GB LPDDR4メモリを搭載しています。「RG552」は4GB LPDDR4メモリを搭載しています。「GPD XP Plus」は6GB LPDDR4xメモリを搭載しています。

・32GB eMMCストレージ搭載・microSDカード拡張に対応

Retroid Pocket 3」は、32GB eMMCストレージ搭載で、別売のmicroSDカードで拡張することもできます。

一方、「ANBERNIC RG353P」はAndroid側に32GB eMMC、Linux側に16GBストレージを搭載しています。「RG552」はAndroid側に64GB eMMC、Linux側に16GBストレージを搭載しています。「GPD XP Plus」は256GB UFS 3.1ストレージを搭載しています。

・4000mAhバッテリー搭載で急速充電に対応

Retroid Pocket 3」は、4000mAhバッテリー搭載で長時間動作することができます。また、Type-Cポートを介して急速充電も利用できます。

一方、「ANBERNIC RG353P」は3500 mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。「RG552」は6400mAhバッテリー搭載で30W急速充電に対応しています。「GPD XP Plus」は7000mAhバッテリー搭載で20W PD急速充電に対応しています。

・Wi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0に対応

Retroid Pocket 3」は、高速で途切れづらいWi-Fiデュアルバンドに対応しています。また、Bluetooth 5.0に対応し、ワイヤレス機器ともスムーズに接続できます。

一方、「ANBERNIC RG353P」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 4.2に対応しています。「RG552」はWi-Fi通信に対応しています。「GPD XP Plus」はWi-Fi 6、Bluetooth 5.2、GPSに対応しています。

・ストリーミングでPS5、XBOX、PCゲームをプレイできる

Retroid Pocket 3」は、Wi-Fi通信とアプリを利用してストリーミングプレイが可能です。PS5やXBOX、Steamなどのゲームがプレイできるほか、クラウドゲームもプレイできます。

一方、「ANBERNIC RG353P」、「RG552」、「GPD XP Plus」もストリーミングでPS5、XBOX、PCゲームをプレイできます。

・microHDMIポートで映像出力できる

Retroid Pocket 3」は、microHDMIポートを搭載しています。テレビや外部のモニターに接続し、大画面でゲームを楽しめます。

一方、「ANBERNIC RG353P」はminiHDMIで映像出力できます。「RG552」はmicroHDMIで映像出力できます。「GPD XP Plus」はType Cで映像出力できます。

・厚さ24.23 mmで重さ230gの薄型軽量ボディ

Retroid Pocket 3」は、厚さ24.23mm(ボタン類を含める)で、重さ230gの薄型軽量ボディを採用しています。

一方、「ANBERNIC RG353P」は厚さ21mmで重さ210gになっています。「RG552」は厚さ20mmで重さ355gになっています。「GPD XP Plus」は厚さ18~41mmで重さ330g~370gになっています。

・Android 11搭載でGoogle Playストアも利用できる

Retroid Pocket 3」は、Android 11搭載でGoogle Playストアも利用できます。

一方、「ANBERNIC RG353P」はAndroid 11 + Linux OSを搭載しています。「RG552」はAndroid 7.1+Linux OSを搭載しています。「GPD XP Plus」はAndroid 11を搭載しています。

デメリット

・Linux OSに切り替えることができない

Retroid Pocket 3」は、Linux OSに切り替えることができません。

一方、「ANBERNIC RG353P」と「RG552」はLinux OSに切り替えることができます。「GPD XP Plus」はLinux OSに切り替えることができません。

・Wi-Fi 6に対応していない

Retroid Pocket 3」は、従来よりも約4〜10倍の速度で通信できる次世代通信規格「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)に対応していません。

一方、「GPD XP Plus」はWi-Fi 6に対応しています。

「ANBERNIC RG353P」と「RG552」はWi-Fi 6に対応していません。

「Retroid Pocket 3」の評価

Retroid Pocket 3」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

2020年8月に発売された「Retroid Pocket 2」の後継モデルになります。

ディスプレイサイズが3.5インチから4.7インチになり、解像度も大幅にアップしています。メモリは1GBから2GB/3GBに増強。ストレージ容量は32GBのみでmicroSDカードで拡張もできます。

注目のプロセッサはUnisoc Tiger T310で、Antutuベンチマーク総合で約15万を記録。公式動画のレビューにもあるようにAndroidゲーム、PSPやN64などのレトロゲームが快適に動作します。また、PS2のレトロゲームも動作するようで、Steamやクラウドゲームサービスのゲームも動作します。ハイスペックな仕様ではありませんが、多くのゲームが動作する性能を備えていることは間違いなさそうです。

発売時の価格は$119.00。他の携帯ゲーム機と比較するとかなり安いです。低価格でコスパの高いAndroid携帯ゲーム機を探している人におすすめです。

※YouTube動画でも紹介しています。「Retroid Pocket 3」驚くほど完成度が高いマルチな携帯ゲーム機が登場! 性能をざっくり解説

「Retroid Pocket 3」の販売・購入先

Retroid Pocket 3」は、

AliExpressでUS $124.00、

Retroid Pocket公式サイトで$119.00、

米国 Amazon.comで$159.99、

で販売されています。

AliExpressで「Retroid Pocket 3」をチェックする

Retroid Pocket公式サイトで「Retroid Pocket 3」をチェックする

米国 Amazon.comで「Retroid Pocket 3」をチェックする

Amazonで「Retroid Pocket 」をチェックする

楽天市場で「Retroid Pocket」をチェックする

ヤフーショッピングで「Retroid Pocket 」をチェックする

 

 

他の携帯ゲーム機と比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Retroid Pocket 3+」(Android 11・Unisoc T618 )

★「ANBERNIC RG353M」(Android 11 + Linux)

★「ANBERNIC RG353V/VS」(タテ型)

★「Razer Edge

★「Logitech G CLOUD」(7インチ・Android 11)

ANBERNIC RG353P

RG552

GPD XP Plus

ANBERNIC WIN600

RG503」(有機EL)

Powkiddy X18S」(Android)

RGB10S

RG351MP

RGB10 MAX

その他のおすすめ携帯ゲーム機は?

その他のおすすめ携帯ゲーム機は以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

海外のレアすぎる携帯ゲーム機 2022 まとめ

海外製のレアな携帯ゲーム機をまとめて紹介しています。

Androidゲーミングタブレット コントローラ一体型 まとめ

Android搭載の携帯ゲーム機をまとめて紹介しています。

超極小サイズの携帯ミニゲーム機 最新 まとめ

超極小サイズの携帯ミニゲーム機を紹介しています。

<据え置き型>

2022 最新レトロゲーム機 据え置き型 ラインナップ 一覧

海外製のスティック型ゲーム機に熱視線!人気機種 まとめ

<レトロゲーム互換機機>

レトロゲーム互換機がじわりと人気! FC・MD・GBなど 2021 最新 まとめ

HDD&TFカード

懐かしの名作がぎっしり! レトロゲーム収録HDD&TFカード まとめ