「Xiaomi Smart Band 8 Pro」大型でコスパ最強か? 大画面 スマートバンドと徹底 比較!


2024年2月27日に発売された「Xiaomi Smart Band 8 Pro」と大画面 スマートバンドを徹底 比較!特徴や価格、できること、スポーツモード、機能、スペックの違い、評価を紹介します。

※本ページはプロモーション(広告)を含んでいます。

このページ内の目次

「Xiaomi Smart Band 8 Pro」の特徴

Xiaomi Smart Band 8 Pro」の特徴をまとめてみました。

1.74のAMOLED・ウィジェット・14日間バッテリ

Xiaomi Smart Band 8 Pro」は1.74インチで解像度336 x 480 pxAMOLED ディスプレイを搭載。輝度600nit1670万色の明るく色鮮やかなタッチ液晶で、より滑らかに映像を再生するリフレッシュレート 60Hzにも対応しています。

また、ウィジェットを使い、4つの画面のレイアウトをカスタマイズすることが可能。ワークアウト、健康管理、天気、スケジュール、音楽など、よく使う機能を自由に組み合わせて、必要な機能にすばやくアクセスできます。

そのほか、289mAhバッテリーを搭載し、標準モードで14日間、AOD(常時表示)で6日間の駆動が可能。充電はマグネット式で、約80分間でフルチャージできます。

150種スポーツ・スマートランニング・3Dアニメ

Xiaomi Smart Band 8 Pro」は150種類以上のスポーツモードに対応。ウォーキング、サイクリング、ヨガ、ダンス、水泳、卓球、サッカー、スキー、スノーボードなどのアクティビティを計測できます。また、スマートランニングモードに対応し、目標と現在の状態の差を表示して、ペースをリアルタイムで設定することが可能。強度の異なる10種類のランニングコースも利用できます。

そのほか、3Dアニメーションによるエクササイズガイダンス機能「パーソナルトレーナー」を搭載。ランニング、ジョギング、乗馬、スキップ、エリプティカル・マシン、ローイング・マシンの6つのモードで、3Dアニメーションを見ながらエクササイズの指導を受けられます。

心拍・血中酸素モニタリング・Mi Fitness

Xiaomi Smart Band 8 Pro」は新たに4チャネルのモニタリングモジュールを採用。前世代と比較して心拍数の精度が10%血中酸素レベルの精度が5%向上しています。また、睡眠モニタリング、ストレスレベルのモニタリング、呼吸、女性の健康に対応。直近の身体的健康状態を評価するバイタリティスコアも測定できます。

そのほか、Mi Fitnessアプリに対応し、Xiaomi Smart Band、Xiaomi Watch、Redmi Watchなどに連携して、体調や運動状況を把握することが可能。Strava、Apple Health、Google Fitなどのアプリと簡単にデータを同期することもできます。

5つの衛星測位・Alexa・ストラップ

Xiaomi Smart Band 8 Pro」は5つの衛星測位に対応し、より正確な位置情報を取得することが可能。Mi Fitnessアプリを利用して屋外のランニングコースを確認したり、ランニングの記録を確認することもできます。

また、オフラインでのAlexa音声操作に対応。音声でアクティビティや健康データ、天気、交通状況などを確認できます。そのほか、ブラック/ライトグレーのTPUストラップが付属。クイックリリース対応で、別売のレザーストラップ編み込みストラップに付け替えることもできます。

公式ページ:Xiaomi Smart Band 8 Pro – Xiaomi Japan

価格を比較

Xiaomi Smart Band 8 Pro」と「Huawei WATCH FIT Special Edition」、「OPPO Band 2」、「Fitbit Charge 6」の価格を比較してみました。

「Xiaomi Smart Band 8 Pro」

Xiaomi Smart Band 8 Pro」は、Amazonで8,480円(税込)、楽天市場で8,980円(送料無料・500円OFFクーポン付き)、AliExpressでUS $54.99 (日本円で約8284円)で販売されています。

「Huawei WATCH FIT Special Edition」

Huawei WATCH FIT Special Edition」は、Amazonで12,473円 (税込)、楽天市場で12,800円(送料無料)、ヤフーショッピングで12,800円(税込・送料無料)、ファーウェイ公式ストアで14,080円で販売されています。

「OPPO Band 2」

OPPO Band 2」は、Amazonで7,582円(税込・1000円OFFクーポン付き)、楽天市場で8,480円 (税込・送料無料)、ヤフーショッピングで8,480円(税込・送料無料)、OPPO公式ショップで8,480円 (税込)で販売されています。

「Fitbit Charge 6」

Fitbit Charge 6」は、Amazonで21,420円、楽天市場で23,800円、ヤフーショッピングで23,800円(送料無料)、Fitbit公式サイトで23,800円、Google ストアで23,800円(分割12回払いも可)、米国 Amazon.comで$159.95 (日本円で約24096円) で販売されています。

計測できることを比較

Xiaomi Smart Band 8 Pro」と「Huawei WATCH FIT Special Edition」、「OPPO Band 2」、「Fitbit Charge 6」の価格を比較してみました。

「Xiaomi Smart Band 8 Pro」

Xiaomi Smart Band 8 Pro」は高精度な心拍(24時間)、血中酸素飽和度(SpO2・24時間)のモニタリングに対応しています。また、睡眠(24時間)、ストレスレベル、呼吸数、歩数、消費カロリー、距離・ペース・経路 (GPS内蔵)を計測できます。

「Huawei WATCH FIT Special Edition」

Huawei WATCH FIT Special Edition」は睡眠(HUAWEI TruSleep 3.0・睡眠アドバイス)、心拍(HUAWWI TruSeen 5.0・24時間)、血中酸素(SpO2・自動記録・異常を通知)、ストレス(HUAWEI TruRelax™テクノロジー)、女性の健康管理を計測できます。

「OPPO Band 2」

OPPO Band 2」は心拍測定、睡眠(24時間・いびき・睡眠時の呼吸障害リスク評価・睡眠分析レポートを通知)、血中酸素レベル、ストレス、有酸素運動(酸素摂取量)、毎日の活動、歩数、、消費カロリー、距離・ペース(※GPSセンサーなし・スマホ接続必須)を計測できます。

「Fitbit Charge 6」

Fitbit Charge 6」は心拍数(24時間)、睡眠(睡眠ステージ、睡眠スコア)、血中酸素飽和度(SpO2)、ストレス(皮膚電気活動 EDAスキャン)、皮膚温度、呼吸数、VO2 MAX(最大酸素摂取量)、女性の健康状態、消費カロリー、歩数、上昇階段、ワークアウト強度(心拍数ゾーンごと)、ペース・距離(GPS内蔵・リアルタイム)を計測できます。

スポーツモードを比較

Xiaomi Smart Band 8 Pro」と「Huawei WATCH FIT Special Edition」、「OPPO Band 2」、「Fitbit Charge 6」のスポーツモードを比較してみました。

「Xiaomi Smart Band 8 Pro」

Xiaomi Smart Band 8 Pro」は150種類以上のスポーツモードに対応。ウォーキング、サイクリング、ヨガ、ダンス、水泳、卓球、サッカー、スキー、スノーボードなどのアクティビティを計測できます。

「Huawei WATCH FIT Special Edition」

Huawei WATCH FIT Special Edition」は100種類以上のワークアウトモードに対応し、バスケットボール、サッカー、eスポーツ、パデルのアクティビティを計測できます。また、ワークアウトデータの自動記録にも対応しています。

「OPPO Band 2」

OPPO Band 2」は100種類以上のスポーツモードに対応し、4種類のワークアウト(ランニング、ウォーキング、ローイング、エリプティカル)を自動認識できます。

「Fitbit Charge 6」

Fitbit Charge 6」は40種類以上のエクササイズモードに対応し、ランニング、サイクリング、筋力トレーニング、ヨガなどのアクティビティを計測できます。また、エクササイズの自動認識(SmartTrack 使用・アプリ内のみ)も利用できます。

機能を比較

Xiaomi Smart Band 8 Pro」と「Huawei WATCH FIT Special Edition」、「OPPO Band 2」、「Fitbit Charge 6」の機能を比較してみました。

「Xiaomi Smart Band 8 Pro」

Xiaomi Smart Band 8 Pro」はトレーニング機能としてスマートランニングモード、ランニングコース(10種類)、エクササイズガイダンス機能「パーソナルトレーナー」、3Dアニメーションを利用できます。

また、その他の機能として5つの衛星測位による高精度なGPS、Alexa音声アシスタント、ウォッチフェイス(数百種類)のカスタマイズ、ウィジェット(音楽コントロール、アラーム、タイマー、ライト、ストップウォッチ、ライト、天気、カレンダーリマインダー、To Doリスト、イベントリマインダー、スマートフォンを探す、世界時計、フォーカス、リモート撮影)を利用できます。

「Huawei WATCH FIT Special Edition」

Huawei WATCH FIT Special Edition」はトレーニング機能としてHUAWEI TruSport(過去のランニング心拍数、ペース、距離、頻度など多角的にデータを分析し、VO2Max、回復時間、ランニング能力トレーニング負荷などのデータを基に、効率的にトレーニングを提案)を利用できます。

また、その他の機能として、スタイル文字盤、文字盤カスタマイズ、スリーブモード、スマートアラート機能)、着信通知/拒否、バイブレーション通知、クイック返信機能、常時点灯(AOD)、急速充電、メッセージ通知、懐中電灯、タイマー、リモートシャッター、音楽コントロール、スマホ探索、スマートフォンでウォッチを探す、通知制限モード、天気予報、日の出・日の入り、月の出・月の入り、ストップウォッチ、月の満ち欠け、アラーム、パスワードによる画面ロックも利用できます。

「OPPO Band 2」

OPPO Band 2」はトレーニング機能としてプロテニスモード(ショットの種類・合計・配分、スイングスピードなど)とランニングモード、ランニングデータを利用できます。また、ヘルスケア機能としていびきモニタリング機能(スマホと連携・いびき録音データ・検知した時間/回数/音量など)を利用できます。

そのほかの機能としてAIコーディネート2.0、文字盤デザインの変更(150種類)、メディアコントロール(Androidのみ)、スマホのスリープモードのコントロール(OPPOスマホのみ)、リラックス、アラーム、座り過ぎ防止リマインダー、水分補給リマインダー、就寝時刻のお知らせ、カロリー計、天気、フラッシュライト、ストップウォッチ、タイマー、スマホを探す(Androidのみ)、5気圧防水、Hey Healthアプリも利用できます。

「Fitbit Charge 6」

Fitbit Charge 6」はトレーニング機能としてジムの機器での心拍数 確認、エクササイズ自動認識機能、運動リマインダーを利用できます。また、ヘルスケア機能として心拍/血中酸素の異常を通知、健康とウェルネスのリマインダー、ストレスマネージメントスコア、心拍アラート、睡眠アラーム(スマートアラーム)を利用できます。

その他の機能として、YouTube Music コントロール、Google マップ、Google ウォレット、タイマーとストップウォッチ、サイレント モードとおやすみモード、スマートフォンを探す、常時表示、「アクセシビリティ機能」(テキスト単語を拡大)、クイックリリース(バンド交換)目覚まし機能「スマートウェイク」、Suica、Fitbit Pay、文字盤カスタマイズ、Spotifyのコントロール、クイック返信機能(テキストで返信)、着信・カレンダーの予定・スマートフォンのアプリの通知、テキストメッセージの受信、やることリスト、アプリ通知、呼吸セッション(心拍数にもどづく)、天気予報やタイマーなども利用できます。

「Xiaomi Smart Band 8 Pro」のスペック

  • ディスプレイ 1.74インチ、解像度336 x 480 pxのAMOLED
    ※336ppi/輝度600nit/1670万色/タッチ
  • リフレッシュレート 60Hz
  • カバー素材 GG3強化ガラス
  • シェル素材 高強度ファイバーポリマー + NCVM
  • バッテリー 289mAh リチウムイオンポリマー電池
  • 駆動時間 標準モードで14日間、AOD(常時表示)で6日間
  • 充電 磁気充電、約80分間でフルチャージ
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.3
  • 衛星測位 GNSS (BeiDou、GPS、GLONASS、Galileo、QZSS)
  • センサー 加速度センサー、ジャイロスコープセンサー、光学式心拍数センサー、周囲光センサー
  • インターフェース 充電端子
  • センサー 加速度計、ジャイロスコープ、光学式心拍数および血中酸素濃度計、環境光センサー
  • 振動モーター ローターモーター
  • ストラップ 素材:TPU、クイックリリース対応、メタルフレーム付き、ラック/ライトグレーのTPU同梱ストラップが標準で付属
  • 防水 5ATM(5気圧防水)
  • 音声アシスタント Alexa
  • 対応アプリ Mi Fitnessアプリ
  • 対応OS Android6.0またはiOS10.0以降
  • OS 独自OS
  • サイズ 46mm x 33.35mm x 9.99mm(ストラップや突出部を除きます)※手首サイズ:135~205mm
  • 重量 約22.5g(ストラップを除く)
  • カラー ブラック、ライトグレー
  • 付属品 ストラップ x1、充電ケーブル x1、取扱説明書 x1

ディスプレイを比較

Xiaomi Smart Band 8 Pro」と「Huawei WATCH FIT Special Edition」、「OPPO Band 2」、「Fitbit Charge 6」のディスプレイを比較してみました。

「Xiaomi Smart Band 8 Pro」

Xiaomi Smart Band 8 Pro」は1.74インチで解像度336 x 480 pxのAMOLEDディスプレイを搭載し、より滑らかに映像を再生するリフレッシュレート 60Hzに対応しています。

「Huawei WATCH FIT Special Edition」

Huawei WATCH FIT Special Edition」は1.64インチで解像度456 × 280 pxのAMOLED タッチスクリーンを搭載し、常時点灯(AOD)やスライド、タッチジェスチャー操作に対応しています。

「OPPO Band 2」

OPPO Band 2」は1.57インチで解像度256 x 402 pxの有機ELスクリーンを搭載し、豊かな色表現が可能なDCI-P3 100%にも対応しています。

「Fitbit Charge 6」

Fitbit Charge 6」は1.52インチのフルカラータッチスクリーンを搭載し、常時表示モードや堅牢なGorilla Glassによる保護に対応しています。

バッテリー・充電を比較

Xiaomi Smart Band 8 Pro」と「Huawei WATCH FIT Special Edition」、「OPPO Band 2」、「Fitbit Charge 6」のバッテリー・充電を比較してみました。

「Xiaomi Smart Band 8 Pro」

Xiaomi Smart Band 8 Pro」は289mAhバッテリーを搭載し、標準モードで14日間、AOD(常時表示)で6日間の駆動が可能です。また、充電はマグネット式で、約80分間でフルチャージできます。

「Huawei WATCH FIT Special Edition」

Huawei WATCH FIT Special Edition」は通常使用で約9日間、ヘビーユースで約6日間、AODオンで約3日間駆動するバッテリーを搭載しています。また、充電はマグネット式で、約45分でフル充電できる急速充電を利用できます。

「OPPO Band 2」

OPPO Band 2」は200mAhバッテリーを搭載し、最大14日間の駆動が可能です。また、充電はマグネット式で、5分の充電で一日使用できます。

「Fitbit Charge 6」

Fitbit Charge 6」は 一回の充電で最大7日間駆動するバッテリーを搭載しています。また、充電はマグネット式で、約2時間でフルチャージできます。

サイズ・重さ・カラーを比較

Xiaomi Smart Band 8 Pro」と「Huawei WATCH FIT Special Edition」、「OPPO Band 2」、「Fitbit Charge 6」のサイズ・重さ・カラーを比較してみました。

「Xiaomi Smart Band 8 Pro」

Xiaomi Smart Band 8 Pro」はサイズ 46mm x 33.35mm x 9.99mm、重さ約22.5g(ストラップを除く)で、ブラック、ライトグレーの2色カラーを用意しています。

「Huawei WATCH FIT Special Edition」

Huawei WATCH FIT Special Edition」はサイズ 46 ㎜× 30 ㎜× 10.7 ㎜、重さ約21 g(ベルトを含まず)で、スターリーブラック、ネビュラピンク、フォレストグリーンの3色を用意しています。

「OPPO Band 2」

OPPO Band 2」はサイズ 約45.3 x 29.1 x 10.6 mm、重さ約20g(ストラップを含む約33g)で、ライトブルー/マットブラックを用意しています。

「Fitbit Charge 6」

Fitbit Charge 6」はサイズ 40.5 x 40.5 x 11.2 mm、重さ37.64 gで、オブシディアン/ブラック アルミニウム、コーラル/シャンパン ゴールド アルミニウム、ポーセレン/シルバー アルミニウムを用意しています。

「Xiaomi Smart Band 8 Pro」の評価

2022年7月に発売された「Xiaomi Mi Band 7 Pro」の後継モデルになります。大型のAMOLEDスクリーンを搭載し、スポーツ機能やヘルスケア機能、その他のスペックも強化されています。

ディスプレイは1.74インチで、Mi Band 7 Proよりも0.1インチ大きくなっています。ウィジェットを使って4つの画面のレイアウトをカスタマイズすることが可能で、新たに滑らかな再生が可能なリフレッシュレート 60Hzにも対応しています。

また、バッテリー駆動時間は標準モードで12日間から14日間に延長。スポーツモードは117種類から150種類以上に増加され、スマートランニングモードやエクササイズガイダンス機能「パーソナルトレーナー」、3Dアニメーションなどの機能が利用できるようになっています。

ヘルスケア機能では4チャネルのモニタリングモジュールが採用され、心拍数と血中酸素の測定精度が向上しています。

全体的に性能が高いスマートバンドです。GPS内蔵でスポーツモードが豊富で、しっかりとしたヘルスケア機能も搭載されているというメリットがあります。それに加えてAlexa音声アシスタントなどの機能も利用できるので、コスパは非常に高いといえます。

ただし、Suica決済やGoogle マップ、音楽再生は利用できないというデメリットがあります(「Fitbit Charge 6」は対応)。文字盤デザインを自動生成できる「スタイル文字盤」(「Huawei WATCH FIT Special Edition」は対応)、いびきの検知(「OPPO Band 2」は対応)も利用できないので、少々 注意が必要です。

Xiaomi Smart Band 8 Pro」の発売時の価格は、8,980円。

3月5日まで早割キャンペーン適用で8480円で購入できるので、欲しい人は早めに購入した方がいいでしょう。大型スクリーンを搭載したコスパの高いスマートバンドを探している人におすすめです。

「Xiaomi Smart Band 8 Pro」の販売・購入先

Xiaomi Smart Band 8 Pro」は、Amazonで8,480円(税込)、楽天市場で8,980円(送料無料・500円OFFクーポン付き)、AliExpressでUS $54.99 (日本円で約8284円)で販売されています。

Amazonで「Xiaomi Smart Band 8 Pro」をチェックする

楽天市場で「Xiaomi Smart Band 8 Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「Xiaomi Smart Band 8 Pro」をチェックする

AliExpressで「Xiaomi Smart Band 8 Pro」をチェックする

米国 Amazon.comで「Xiaomi Smart Band 8 Pro」をチェックする

「Huawei WATCH FIT Special Edition」の販売・購入先

Huawei WATCH FIT Special Edition」は、Amazonで12,473円 (税込)、楽天市場で12,800円(送料無料)、ヤフーショッピングで12,800円(税込・送料無料)、ファーウェイ公式ストアで14,080円で販売されています。

Amazonで「Huawei WATCH FIT Special Edition」をチェックする

楽天市場で「Huawei WATCH FIT Special Edition」をチェックする

ヤフーショッピングで「Huawei WATCH FIT Special Edition」をチェックする

ファーウェイ公式ストアで「Huawei WATCH FIT Special Edition」をチェックする

「OPPO Band 2」の販売・購入先

OPPO Band 2」は、Amazonで7,582円(税込・1000円OFFクーポン付き)、楽天市場で8,480円 (税込・送料無料)、ヤフーショッピングで8,480円(税込・送料無料)、OPPO公式ショップで8,480円 (税込)で販売されています。

Amazonで「OPPO Band 2」をチェックする

楽天市場で「OPPO Band 2」をチェックする

ヤフーショッピングで「OPPO Band 2」をチェックする

OPPO公式ショップで「OPPO Band 2」をチェックする

AliExpressで「OPPO Band 2」をチェックする

米国 Amazon.comで「OPPO Band 2」をチェックする

「Fitbit Charge 6」の販売・購入先

Fitbit Charge 6」は、Amazonで21,420円、楽天市場で23,800円、ヤフーショッピングで23,800円(送料無料)、Fitbit公式サイトで23,800円、Google ストアで23,800円(分割12回払いも可)、米国 Amazon.comで$159.95 (日本円で約24096円) で販売されています。

Amazonで「Fitbit Charge 6」をチェックする

楽天市場で「Fitbit Charge 6」をチェックする

ヤフーショッピングで「Fitbit Charge 6」をチェックする

Fitbit公式サイトで「Fitbit Charge 6」をチェックする

Google ストアで「Fitbit Charge 6」をチェックする

米国 Amazon.comで「Fitbit Charge 6」をチェックする

 

 

他のスマートバンドと比較

リンク先からさらに詳しいスペック情報や機能、性能、価格などが分かるようになっています。

Redmi Watch 4」(1.97の AMOLED・150種スポーツ)

Xiaomi Smart Band 8 Active」(1.47のTFT・50種スポーツ)

ASUS VivoWatch 5 AERO」(0.96PMOLED・PTT測定)

Amazfit Band 7」(1.47AMOLED・120種スポーツ)

Fitbit Inspire 3」(1.4インチのOLED・20種スポーツ)

Amazfit Bip 5」(1.91インチ・124種スポーツ)

HUAWEI Band 8」(スタイル文字盤・100種スポーツ)

他のシャオミ スマートウォッチと比較

他にもシャオミのスマートウォッチが販売されています。ぜひ比較してみてください。

Xiaomi スマートウォッチ&スマートバンドの全機種を徹底 比較!

その他のおすすめスマートウォッチは?

その他のおすすめスマートウォッチは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

スポーツ&健康管理に使えるスマートバンド 最新 機種 まとめ

最新のリストバンド(活動量計)をまとめて紹介しています。

スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

最新のスマートウォッチをまとめて紹介しています。

アウトドアで使えるタフなスマートウォッチ 全機種を比較

アウトドア用のタフなスマートウォッチを紹介しています。

Apple Watchを激安ゲット! 最新モデルと歴代 中古を比較

Appleのスマートウォッチをまとめて紹介しています。

Amazfit スマートウォッチは高機能でセンスよし! 最新モデル 比較

Amazfitのスマートウォッチをまとめて紹介しています。