「UMIDIGI Uwatch 2S」と激安スマートウォッチを徹底 比較!


2020年7月に発売された「UMIDIGI Uwatch 2S」と激安スマートウォッチを徹底 比較して紹介! 価格や計測できること、機能、スペックの違いに加えて、メリット・デメリットも紹介します。

「UMIDIGI Uwatch 2S」の特徴

UMIDIGI Uwatch 2S」の特徴をまとめてみました。

1.3型の大型液晶・オリジナル ウォッチフェイス作成

UMIDIGI Uwatch 2S」は1.3インチ、解像度240 x 240 pxのカラーTFT LCD液晶を搭載。タッチ対応で指紋防止コーティングや2.5D 強化ガラスも採用しています。また、スマートフォンなどで撮影した写真をウォッチフェイスとして設定することが可能。自分だけのオリジナルデザインで使用できます。

14種類のスポーツモード・24/7心拍モニターも

UMIDIGI Uwatch 2S」は14種類のスポーツモードを搭載。ウォーキング、ランニング、サイクリング、ダンスなどでも活動量を計測できます。また、24時間フルで計測できる高精度な心拍モニターを搭載。従来よりも感知領域が3倍、LED光度が7倍に向上し、より正確に心拍数を計測できるようになっています。

電子コンパスを内蔵・15日間使えるバッテリー

UMIDIGI Uwatch 2S」は本体に電子コンパスを内蔵。スマートフォンを必要とすることなく、単体で方角を確認することができます。また、通常使用で約15日間使えるバッテリーを搭載。ウォッチモードで約40日駆動できるため、頻繁に充電する手間がかかりません。

公式ページ
https://www.umidigi.com/page-umidigi_uwatch2s_overview.html

価格を比較

UMIDIGI Uwatch 2S」と、「Blackview X1」、「OUKITEL W2」、「Xiaomi Mi Band 5」、「UMIDIGI Uwatch 2S」の価格を比較してみました。

「UMIDIGI Uwatch 2S」

UMIDIGI Uwatch 2S」は、Amazonで2,999円、ヤフーショッピングで4,173円 (税込)、Banggoodで3,276円、AliExpressでUS $59.98 で販売されています。

「Blackview X1」

Blackview X1」は、AliExpressでUS $45.49 で販売されています。

なお、「Blackview SW01」はAmazonで3,389円(セール中)、ヤフーショッピングで4,586円 (非課税)で販売されています。

「OUKITEL W2」

OUKITEL W2」は、Banggoodで2,512円(セール中)、AliExpressでUS $18.53で販売されています。

なお、「OUKITEL W1」はAmazonで1,599円、ヤフーショッピングで1,918円〜 (税込)で販売されています。

「Xiaomi Mi Band 5」

Xiaomi Mi Band 5」は、Banggoodで4,369円、GearBestで4431 円、AliExpressでUS $31.29 – 45.98、Geekbuyingで4431円 で販売されています。

計測できること・機能を比較

UMIDIGI Uwatch 2S」と、「Blackview X1」、「OUKITEL W2」、「Xiaomi Mi Band 5」、「UMIDIGI Uwatch 2S」の計測できること・機能を比較してみました。

「UMIDIGI Uwatch 2S」

計測できること 歩数、距離、消費カロリー 、心拍数、睡眠

スポーツモード   14種類の(ウォーキング、ランニング、サイクリング、バドミントン、バスケットボール、サッカー、トレッドミル、エクササイズ、クライム、テニス、ヨガ、ダンス、スキッピング、トレーニング)

機能 アラーム、ウォッチフェイスのカスタマイズ、電子コンパス、天気予報、手首検出、タイマー、ストップウォッチ、電話アラームと通知、着信、メッセージ通知、カレンダー通知、アプリ通知、スマートフォンの探索、リマインダー、リモート音楽コントロール、リモート写真、バッテリー残量表示

「Blackview X1」

計測できること 歩数、距離、消費カロリー 、心拍数、睡眠

スポーツモード 9種類(ウォーキング、ランニング、サイクリング、クライミング、バスケットボール、水泳など)

機能 天気予報、電話・メッセージ着信通知、ストップウォッチ、アラーム、カレンダー、リマインダー、カメラのリモート操作、スマートフォンの探索 ※通知はFacebook、TwitterなどのSNS、電話、メール、LINE通知に対応

「OUKITEL W2」

計測できること 血中酸素、歩数、距離、消費カロリー 、心拍数、睡眠

スポーツモード 8種類 (ランニング、山登り、自転車、卓球、バスケットボール、サッカー、バドミントン、水泳)

機能 気圧計、温度計、時刻・日付の表示、天気予報、電話・メッセージ着信通知、ストップウォッチ、アラーム、カレンダー、リマインダー、カメラのリモート操作、スマートフォンの探索 ※通知はFacebook、ライン、QQ、スカイプ、 Twitter、Wechat、WhatsApp をサポート

「Xiaomi Mi Band 5」

計測できること 歩数、消費カロリー、移動距離、心拍数、睡眠の質(※精度が40%向上・24時間)、女性の健康状態

スポーツモード 11種類

機能 SpO2測定、リモートシャッター機能(スマホカメラを操作)、磁気充電(ストラップをつけたまま充電可能)、NFC、Google Pay(グローバル版のみ)、Amazon Alexa(グローバル版のみ)、目覚まし時計、タイマー機能、天気や時計の表示、11種類のトレーニングモード、リマインダー機能、テーマ変更(100種類以上からカスタマイズ可能)、センサーの向上(PPG心拍数センサーが24時間監視・睡眠監視の精度が40%向上)、ストレスモニタリング機能、深呼吸や休息を勧める機能

スペックを比較

UMIDIGI Uwatch 2S」と、「Blackview X1」、「OUKITEL W2」、「Xiaomi Mi Band 5」、「UMIDIGI Uwatch 2S」のスペックを比較してみました。

「UMIDIGI Uwatch 2S」のスペック

  • ディスプレイ 1.3インチ、解像度240 x 240 pxのカラーTFT LCD液晶
    ※指紋防止コーティング / タッチ対応 / 2.5D 強化ガラス
  • ストレージ 非搭載・利用できません
  • バッテリー駆動時間 15日、スタンバイモード:40日
  • 充電時間   2.5時間
  • 充電タイプ 2Pin Pogo Pin
  • カメラ なし・利用できません
  • ワイヤレス通信  Bluetooth 5.0 BLE
  • ボタン シンシングルタッチボタン(ウェイクアップ、戻る)
  • 対応OS Android 4.4, iOS 8.0 or above
  • アプリ Da Fit
  • 防水 5 ATM・5気圧防水・50m防水
    ※ 耐水仕様でシャワー、プール、水泳時にも着用可能・水中アクティビティも計測できる
  • サイズ 44mm  x 12.9mm
  • 重量   25g (ストラップを含まない)
  • カラー スペースグレイ、ホワイト、ローズゴールド
  • ケースの材質 航空機グレードのアルミニウム+プラスチック
  • ストラップの素材 肌にやさしいTPU リストストラップタイプ 取り外し可能なリストストラップ
  • ストラップ幅 22mm
  • 言語 日本語を含む多言語をサポート

関連記事「UMIDIGI UFit」激安スマートウォッチと人気モデルを比較

Amazonで「UMIDIGI Uwatch 2S」をチェックする

ヤフーショッピングで「UMIDIGI Uwatch 2S」をチェックする

Banggoodで「UMIDIGI Uwatch 2S」をチェックする

AliExpressで「UMIDIGI Uwatch 2S」をチェックする

楽天市場で「UMIDIGI スマートウォッチ」をチェックする

「Blackview X1」のスペック

  • ディスプレイ 1.39インチ、解像度240 x 240 pxのフルカラーTFT LCD液晶
    ※タッチ対応 / 円形
  • 内蔵チップ NRF52832
  • ストレージ 搭載していません
  • バッテリー  400mAh
  • 駆動時間 20日間、連続スタンバイで45日間
    ※心拍数/睡眠測定の使用では10日間(常時オン、150回の通知ライトオン、30回の時計確認、5分のその他設定などで使用の場合)
  • カメラ 利用できません
  • ワイヤレス通信 Bluetooth
  • 防水 5ATM
  • バンドの素材 TPU
  • ケースの素材 プラスチック
  • OS    Android / iOS
  • サイズ 不明
  • 重量 不明
  • カラー (ケース)シルバー (ストラップ)  ブラック、オレンジ

AliExpressで「Blackview X1」をチェックする

Amazonで「Blackview SW01」をチェックする

Amazonで「Blackview スマートウォッチ」をチェックする

ヤフーショッピングで「Blackview スマートウォッチ」をチェックする

楽天市場で「Smart Watch」をチェックする

「OUKITEL W2」のスペック

  • ディスプレイ 1.3インチ、解像度240 x 240 pxのフルカラーIPS液晶
    ※タッチ対応 / 長方形 / 2.5D曲面 / 261 PPI
  • チップセット Nordic NRF52832
  • RAM 64KB
  • ストレージ(ROM) 512KB
  • バッテリー 300mAh
  • 駆動時間 スタンバイで15日間
  • 充電時間 4時間
  • カメラ 使用できません
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 4.0
  • 防水 IP67
  • OS  Android4.4 以上 / iOS9.0 以上
  • バンド素材 TPU
  • ケース素材 ポリカーボネート(PC)・ABS樹脂
  • サイズ 24.00 x 3.70 x 1.30 cm
  • 重量 40g
  • カラー ブラック

Banggoodで「OUKITEL W2」をチェックする

AliExpressで「OUKITEL W2」をチェックする

Amazonで「OUKITEL W1」をチェックする

ヤフーショッピングで「OUKITEL W1」をチェックする

「Xiaomi Mi Band 5」のスペック

  • ディスプレイ 1.2インチのOLED(カラー有機EL)液晶
  • スポーツモード  11種類
  • センサー PPG心拍数センサー、三軸加速度センサー、三軸ジャイロセンサー
  • 通信 Bluetooth 5.0
  • アプリ 「Mi Fit」
  • 防水 5気圧 防水(水深50mまで)
    ※水泳のトラッキングも可
  • バッテリー 1回の充電で約14日間 駆動
  • NFC 対応(※NFCモデルのみ・NFCに非対応のモデルも発売される)
  • Google Pay 対応(グローバル版のみ) ※中国版はUnionPayモバイル決済
  • 音声認識 Amazon Alexa 対応(グローバル版のみ) ※中国版はAIアシスタント「XiaoAI」
  • サイズ 不明
  • 重量 不明
  • 本体カラー ブラック
  • ストラップのカラー ブラック、イエロー、グリーン、オレンジ
  • 発売日 中国版は2020年6月18日・グローバル版は7月に発売

関連記事「Xiaomi Mi Band 5」と激安スマートバンドを徹底 比較! 

Amazonで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

楽天市場で「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

ヤフーショッピングで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

Banggoodで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

GearBestで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

AliExpressで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

Geekbuyingで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

「UMIDIGI Uwatch 2S」のメリット・デメリット

UMIDIGI Uwatch 2S」のメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット

・アルミニウム合金ボディで高級感がある

UMIDIGI Uwatch 2S」のケースには航空機などでも使われるアルミニウム合金とプラスチック素材が使われています。このボディは軽量かつ堅牢なボディで、高級感もあります。

一方、「Blackview X1」と「Xiaomi Mi Band 5」のケースはプラスチック素材が使われています。「OUKITEL W2」はポリカーボネート(PC)・ABS樹脂 素材を採用しています。

・5気圧防水に対応

UMIDIGI Uwatch 2S」は5気圧(50m)防水に対応し、水没にも耐えられるようになっています。うっかり水をこぼしても故障することはありません。

一方、「OUKITEL W2」はIP67 に対応し、あらゆる方向からの浸水に耐えることができます。「Blackview X1」と「Xiaomi Mi Band 5」は5気圧(50m)防水に対応し、水泳・ヨット・釣りなどでも使用できるようになっています。

・スマホでリモートシャッター&音楽再生

UMIDIGI Uwatch 2S」はBluetoothで接続したスマートフォンのカメラでリモート撮影したり、音楽再生したりできます。スマートフォンから離れた場所からでもワイヤレスで操作できるので非常に便利です。

一方、「Blackview X1」、「OUKITEL W2」、「Xiaomi Mi Band 5」はカメラのリモート撮影に対応。音楽再生のリモート操作ができるかどうかは不明です。

・14種類のスポートモードが使える

UMIDIGI Uwatch 2S」はウォーキング、ランニング、サイクリング、ダンスなど14種類のスポートモードが使えるようになっています。

一方、「Blackview X1」は9種類のスポーツモード、「OUKITEL W2」は8種類のスポーツモード、「Xiaomi Mi Band 5」は11種類のスポーツモードに対応しています。

・15日間のロング駆動

UMIDIGI Uwatch 2S」は通常使用で15日間、スタンバイモードで40日間 駆動することができます。

一方、「Blackview X1」は 400mAhバッテリー搭載で20日間の駆動(連続スタンバイで45日間)、「OUKITEL W2」は300mAhで15日間(スタンバイ)の駆動、「Xiaomi Mi Band 5」は1回の充電で約14日間 駆動が可能になっています。

デメリット

・ローカルストレージに音楽ファイルを保存できない

UMIDIGI Uwatch 2S」は2万円前後のスマートウォッチと違い、ローカルストレージに音楽ファイルを保存することができません。「Blackview X1」、「OUKITEL W2」、「Xiaomi Mi Band 5」も同じで、音楽再生する際には必ずスマートフォンが必要になります。

・血中酸素を測定できない

UMIDIGI Uwatch 2S」は血中酸素を測定することができません。「OUKITEL W2」と「UMIDIGI UFit」は可能です。

・アプリを追加できない

UMIDIGI Uwatch 2S」は2万円前後のスマートウォッチと違い、自分でアプリをダウンロード・インストールすることはできません。「Blackview X1」、「OUKITEL W2」、「Xiaomi Mi Band 5」も同じです。

「UMIDIGI Uwatch 2S」の販売・購入先

UMIDIGI Uwatch 2S」は、

Amazonで2,999円、

ヤフーショッピングで4,173円 (税込)、

Banggoodで3,276円、

AliExpressでUS $59.98、

で販売されています。

Amazonで「UMIDIGI Uwatch 2S」をチェックする

ヤフーショッピングで「UMIDIGI Uwatch 2S」をチェックする

Banggoodで「UMIDIGI Uwatch 2S」をチェックする

AliExpressで「UMIDIGI Uwatch 2S」をチェックする

楽天市場で「UMIDIGI スマートウォッチ」をチェックする

 

他のスマートウォッチと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

Blackview X1

OUKITEL W2

Xiaomi Mi Band 5

Honor Band 5

Galaxy Fit e

HUAWEI Band 4

UMIDIGI UFit

UMIDIGI Uwatch3

UMIDIGI Uwatch GT

その他のおすすめスマートウォッチは?

その他のおすすめスマートウォッチは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

【2020年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

最新のスマートウォッチをまとめて紹介しています。

スポーツ&健康管理に使えるスマートバンド 最新 機種 まとめ

最新のリストバンド(活動量計)をまとめて紹介しています。