「Apple Watch Series 6」がセール中! 最強スマートウォッチと徹底 比較!


セールで値下げされた「Apple Watch Series 6」と最強スマートウォッチを徹底 比較!価格や計測できること・機能、スペックの違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2021年10月15日、「Apple Watch Series 7」が発売されました。

※2020年9月18日から「Apple Watch SE」も発売中です。

「Apple Watch Series 6」の特徴

Apple Watch Series 6」の特徴をまとめてみました。

常時表示Retina液晶・32GB・音楽再生

Apple Watch Series 6」は常時表示対応のRetina液晶を搭載。輝度1000ニトで従来モデルよりも2.5倍明るくなったほか、太陽光の下でもはっくりくっきりと表示できます。また、本体に32GBストレージを内蔵。ローカルの音楽ファイルを再生できるほか、Apple Music、Spotify、AWAでストリーミング音楽を再生できます。

血中酸素・心電図・高度

Apple Watch Series 6」は血中酸素ウェルネスAppで血液中に取り込まれた酸素のレベルを測定し、現在の健康状態を確認することができます。また、本体に電子式心拍数センサーを搭載。心電図Appと組み合わせることで心電図を計測し、不規則な心拍の通知にも対応しています。そのほか、本体に高度計を内蔵。登山などでリアルタイムの高度差を確認できます。

Suica・音声認識・5気圧防水

Apple Watch Series 6」は非接触型決済サービスのApple Payに対応。SuicaやPASMO決済も利用できます。また、音声認識Siriに対応。インターコム機能を使い、Siriに話しかけた音声メッセージをAppleデバイス同士でやり取りすることができます。そのほか、5気圧防水(50m防水)に対応。水泳のアクティビティも計測できます。

公式ページ  Apple Watch Series 6

価格を比較

Apple Watch Series 6」と「Garmin VENU 2」、「HUAWEI WATCH 3」、「Fitbit Sense」の価格を比較してみました。

「Apple Watch Series 6」

Apple Watch Series 6」は、ビックカメラで47,080円 (税込・送料無料)、Amazonで50,380円、楽天市場で51,130円 (税込)、ヤフーショッピングで49,800円、米国Amazon.comで319.99 (+ $44.25)で販売されています。

「Garmin VENU 2」

Garmin VENU 2」は、Amazonで42,273円、楽天市場で44,800円 (税込)、ヤフーショッピングで47,080円(税込)、ビックカメラで46,970円 (税込・4,697ポイント)、米国Amazon.comで$419.99 (日本発送は+$54.46)で販売されています。

「HUAWEI WATCH 3」

HUAWEI WATCH 3」は、Amazonで45,800円、楽天市場で50,380円(税込)、ヤフーショッピングで50,380円、ビックカメラで50,380円 (税込・5,038ポイント)で販売されています。

「Fitbit Sense」

Fitbit Sense」は、Amazonで31,809円、楽天市場で 34,989円 (税込)、ヤフーショッピングで34,989円、ビックカメラで34,990円 (税込・3,499ポイント)、米国Amazon.comで$299.95(※日本発送は+ $41.53)で販売されています。

計測できること・機能を比較

Apple Watch Series 6」と「Garmin VENU 2」、「HUAWEI WATCH 3」、「Fitbit Sense」の計測できること・機能を比較してみました。

「Apple Watch Series 6」

計測できること

血中酸素飽和度(SpO2)、不整脈(心電図)心拍数(第3世代の光学式心拍センサー)、睡眠
歩数、消費カロリー、ルート・速度・移動距離(GPS/GNSS内蔵)、高度(常時計測の高度計)、方角(コンパス)

8種類のワークアウトモード(室内ウォーキング、ウォーキング、室内ランニング、ランニング、エリプティカル、ローイング、プールスイミング、オープンウォータースイミング)

機能

心電図の作成、Apple Pay(Suica対応)、緊急SOS、緊急通報(海外)、転倒検出、音楽再生、32GBストレージ保存、常時表示、防水(50m防水)
GymKitアプリ、音声認識Siri、インターコム機能、アクティビティの共有、スマートフォンの通知受信、通話

「Garmin VENU 2」

計測できること

血中酸素飽和度(SpO2)、呼吸数、水分補給トラッキング、歩数、消費カロリー、移動距離(GPS速度と距離)、心拍数、睡眠、VO2Max、上昇階数、週間運動量、フィットネス年齢、ストレスレベル、ライフログ、Body Batteryのエネルギー、気圧、高度、温度、生理周期

25種類以上のスポーツアクティビティ計測(ランニング、サイクリング、水泳、ゴルフなどに加え、屋内クライミング、ボルダリング、HIIT高強度インターバルトレーニングなど)

機能

「睡眠スコア」(睡眠の質を0~100までの数値で示す)、「筋力トレーニング」(トレーニング時に鍛えた筋肉部位をグラフィックで表示する)、ヘルススナップショット(2分間のセッションを記録して、心拍数2や心拍変動、呼吸数、ストレス、血中酸素レベルなどの主な統計データを記録)、動画ワークアウト(ワークアウトをアニメーションで表示)、通知機能(電話・メールなど)、Garmin Pay(Suicaキャッシュレス決済)、音楽再生機能(Amazon Music、LINE Musicなどのプレイリストなど、650曲をウォッチにダウンロード可能)、Garmin Coach(最適なトレーニングプランを提案)、Moveバー(運動を促すアラート)、バッテリー節約モード

「HUAWEI WATCH 3」

計測できること

体表面温度(手首回りの温度を測定)、血中酸素飽和度 SpO2(HUAWEI TruSeen™ 4.5+)、歩数、活動期間、消費カロリー、心拍数、睡眠の質、ストレスレベル、距離・速度・経路(GPSセンサー搭載)

100種類以上のワークアウトモード( 屋内外のスポーツに対応した17のプロモードと85のカスタムモード)

機能

動画ウォッチフェイス(スマホ撮影のショートビデオ使用)、ウォッチフェイスの変更(30種類プリインストール・HUAWEI Watch Face Storeでダウンロード)、音楽ストリーミング、ジェスチャー操作(着信、電話に出る)、転倒検知機能、手洗い検出、Bluetooth通話、Wi-Fi(2.4GHz)、NFC、16GBストレージ保存

「Fitbit Sense」

計測できること

皮膚温、血中酸素飽和度(SpO2)、歩数、消費カロリー、距離・ペース・ルート(※スマホと連携必要)、心拍数(PUREPULSE 2.0・心拍数のゾーン)、VO2Max(最大酸素摂取量)、生理周期、睡眠(睡眠スコア)、水泳ラップ(泳いだ時間の長さ)、上昇階段

20 種類以上のエクササイズモード(スポーツモード)

機能

Suica、FITBIT PAY(電子マネー決済)、スマートアラーム(目覚まし)、おやすみモード(通知ミュート)、マナーモード、Googleアシスタント、Alexa、常時画面表示モード、時計の文字盤、急速充電、通知機能(着信、テキストメッセージの受信)、アプリの通知、音楽再生(ファイル保存可能)、サイレントアラーム、体を動かす運動リマインダー、心拍アラート、、Wi-Fi通信、Bluetooth 5.0など

※2021年6月22日、Fitbit OS 5.2ソフトウェアアップデートにより、Suicaに対応しました。

スペックを比較

Apple Watch Series 6」と「Garmin VENU 2」、「HUAWEI WATCH 3」、「Fitbit Sense」のスペックを比較してみました。

「Apple Watch Series 6」のスペック

  • ディスプレイ LTPO OLED常時表示Retina液晶 ※輝度1000ニト
    44mm、解像度368 x 448ピクセル、977平方ミリメートルの表示領域
    40mm、解像度324 x 394ピクセル、759平方ミリメートルの表示領域
  • プロセッサ S6 SiP(64ビットデュアルコア)
    ※W3 Appleワイヤレスチップ+U1チップ(超広帯域)
  • RAM(メモリ) 1GB
  • ストレージ 32GB
  • バッテリー リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
    40mm: 1.024 Wh (265.9 mAh)
    44mm: 1.17 Wh (303.8 mAh)
  • 駆動時間 最大18時間
  • 充電 磁気充電ケーブル
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11b/g/n(2.4GHz、5GHz)、Bluetooth 5.0、LTE、UMTS(GPS + Cellularモデルのみ)
  • インターフェース 充電端子、ボタン
  • センサー GPS、ジャイロスコープ、環境光センサー、電子式心拍数センサー、高度センサー
  • スピーカー&マイク あり・通話に対応
  • 防水 5気圧防水(50m防水)
  • OS watchOS 7
  • 発売日 2020年9月
  • サイズ
    40 mm:40 x 34 x 10.7 mm
    44 mm:44 x 38 x 10.7 mm
  • 重量
    40 mm:アルミニウムケースで30.5g、ステンレススチールケースで39.7g、チタニウムケースで34.6g
    44 mm:アルミニウムケースで36.5g、ステンレススチールケースで47.1g、チタニウムケースで41.3g
  • カラー
    <GPS + Cellularモデル>
    アルミニウム:シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、(PRODUCT)RED
    ステンレススチール:シルバー、グラファイト(DLC)、ゴールド(PVD)
    チタニウム:チタニウム、スペースブラック
    <GPSモデル>
    アルミニウム:シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、(PRODUCT)RED

関連記事Apple Watchを激安ゲット! 最新モデルと歴代 中古を比較

ビックカメラで「Apple Watch Series 6」をチェックする

Amazonで「Apple Watch Series 6」をチェックする

楽天市場で「Apple Watch Series 6」をチェックする

ヤフーショッピングで「Apple Watch Series 6」をチェックする

米国Amazon.comで「Apple Watch Series 6」をチェックする

「Garmin VENU 2」のスペック

  • ディスプレイ  直径1.3インチ(45mm)、解像度416 x 416 ドットの AMOLED(有機EL)液晶
    ※「VENU 2S」は1.1インチ(40mm)、解像度360×360 ドットの AMOLED(有機EL)液晶
    ※フルカラー表示 / タッチ対応 / Corning Gorilla ガラス 3
  • ベゼルの素材  ステンレススチール
  • プロセッサ 不明
  • 内蔵メモリ/履歴 200時間のアクティビティデータ
  • ストレージ 64GB(最大 650 曲の音楽ファイルを保存可能)
  • バッテリー駆動時間 スマートウォッチモード:約 11 日間、GPS+音楽モード:約8時間、GPSモード:約22時間
    ※「VENU2S」はスマートウォッチモード:約 10 日間、GPS+音楽モード:約7時間、GPSモード:約19時間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi、Bluetooth、ANT+
  • GPS みちびき、GLONASS、Galileo
  • インターフェース 充電端子
  • センサー 血中酸素トラッキング、Garmin Elevate光学式心拍計、気圧高度計 、コンパス、ジャイロセンサー、加速度計、温度計、環境光センサー、GPS、GLONASS、みちびき(補完信号)、Galileo
  • 防水 5 ATM(5気圧防水)
  • Garmin Pay 対応(Suica対応)
  • バンドサイズ  22mm
    ※「VENU2S」は18mm
  • OS 独自OS
  • 対応OS iPhone、Android
  • サイズ 45.4 x 45.4 x 12.2 mm (次の手首周りサイズにフィットします: 135-200mm)
    ※「VENU2S」は40.4 x 40.4 x 12.1 mm (次の手首周りサイズにフィットします:110-175mm)
  • 重量 49.0 g
  • カラー Granite Blue/Silver、Black/Slate
    ※「VENU2S」はGraphite/Slate、Light Sand/Light Gold、Mist Gray/Silve、White/Rose Gold

関連記事「Garmin VENU 2」は超人気になる? 高性能スマートウォッチと徹底 比較!

Amazonで「Garmin VENU 2」をチェックする

楽天市場で「Garmin VENU 2」をチェックする

ヤフーショッピングで「Garmin VENU 2」をチェックする

ビックカメラで「Garmin VENU 2」をチェックする

米国Amazon.comで「Garmin VENU 2」をチェックする

「HUAWEI WATCH 3」のスペック

  • ディスプレイ 1.43インチ、解像度466 x 466 pxのAMOLED液晶
    ※326ppi/有機EL/3D曲面ガラス/ナノコーティング/タッチ対応
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 2 GB
  • ストレージ 16 GB
  • バッテリー 超長時間バッテリー持続モードで約14日間、スマートモードで約3日間
  • 充電 ワイヤレス充電に対応・5V 2A
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi(2.4GHz)、Bluetooth 5.2 BR + BLE
  • GPS 対応・GPS + GLONASS + Galileo + BeiDou + QZSS
  • NFC 対応
  • インターフェース ホームボタン(回転式クラウン)・サイドボタン
  • センサー 加速度センサー / ジャイロセンサー / 磁気センサー(コンパス) /光学式心拍センサー/環境光センサー / 気圧センサー / 皮膚温度センサー
  • マイク あり
  • スピーカー あり
  • 防水 5 ATM(5気圧防水・50m防水・プールで使用可)
  • ストラップ ブラックフルオロエラストマーベルト、レザーベルト
  • 筐体の材質 ステンレススチール+セラミック
  • アプリ HUAWEI AppGalleryからダウンロード可
  • 対応OS Android 6.0 以上、iOS 9.0 以上
  • OS 独自OS
  • ケースサイズ 46 mm
  • サイズ 縦46.2 mm x 横46.2 mm x 厚さ12.15 mm
  • 重量 約54 g(ベルトを含まず)
  • カラー スポーツモデル,クラシックモデル

関連記事「HUAWEI WATCH 3」と人気の高性能スマートウォッチを徹底 比較!

Amazonで「HUAWEI WATCH 3」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI WATCH 3」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI WATCH 3」をチェックする

ビックカメラで「HUAWEI WATCH 3」をチェックする

「Fitbit Sense」のスペック

  • ディスプレイ 1.58インチ、解像度336×336ドットのAMOLED液晶
  • レンズ素材 Gorilla Glass3
  • ケース ステンレス
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 容量不明 ※音楽ファイルを300 曲以上 保存できる
  • バッテリー リチウムポリマー
  • 駆動時間 6日間
  • 充電 急速充電機能・わずか12 分で丸 1 日分の充電が可能
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 5.0、GPS
  • Fitbit Pay 対応・Suica電子マネー決済が利用可能
  • センサー 加速度センサー、ジャイロセンサー、GPS、多目的電気センサー、皮膚温センサー、高度計、環境光センサー
  • 防水 5気圧防水・50m防水
  • 音声アシスタント Google アシスタント・Alexa・天気、就寝リマインダー、アラームの設定など
  • アプリ FITBIT アプリ・・100種類以上のアプリ
  • OS 独自OS
  • サイズ 不明
  • 重量 不明
  • カラー カーボン、グラファイト、ルナホワイト、ソフトゴールド

関連記事「Fitbit Sense」と人気スマートウォッチを徹底 比較!

Amazonで「Fitbit Sense」をチェックする

楽天市場で「Fitbit Sense」をチェックする

ヤフーショッピングで「Fitbit Sense」をチェックする

ビックカメラで「Fitbit Sense」をチェックする

米国Amazon.comで「Fitbit Sense」をチェックする

「Apple Watch Series 6」のメリット・デメリット

Apple Watch Series 6」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・常時表示Retina液晶・太陽光下でも見やすい

Apple Watch Series 6」は常時表示対応のRetina液晶を搭載しています。輝度1000ニトで従来モデルよりも2.5倍明るくなったほか、太陽光の下でもはっくりくっきりと表示できます。

一方、「Garmin VENU 2」は直径1.3インチ(45mm)で解像度416 x 416 ドットの AMOLED(有機EL)液晶を搭載しています。「HUAWEI WATCH 3」は1.43インチで解像度466 x 466 pxのAMOLED液晶を搭載しています。「Fitbit Sense」は1.58インチで解像度336×336ドットのAMOLED液晶を搭載しています。

・心電図で不整脈を計測できる

Apple Watch Series 6」は本体に電子式心拍数センサーを搭載。心電図Appと組み合わせることで心電図を計測し、危険な兆候を示す不整脈も計測できます。

一方、「Garmin VENU 2」、「HUAWEI WATCH 3」、「Fitbit Sense」は心拍センサーを搭載し、心電図を確認することができます。

・血中酸素飽和度(SpO2)の測定に対応

Apple Watch Series 6」は血中酸素飽和度(SpO2)の測定に対応し、現在の健康状態を確認することができます。

一方、「Garmin VENU 2」、「HUAWEI WATCH 3」、「Fitbit Sense」は血中酸素飽和度(SpO2)の測定に対応しています。

・32GBストレージを搭載している

Apple Watch Series 6」は32GBストレージ搭載で大量のデータを保存することができます。

一方、「Garmin VENU 2」は64GBストレージ(最大 650 曲の音楽ファイルを保存可能)を搭載しています。「HUAWEI WATCH 3」は16 GBストレージを搭載しています。「Fitbit Sense」は音楽ファイルを300 曲以上 保存することができます。

・最大18時間の駆動

Apple Watch Series 6」は40mmで265.9 mAh、44mmで303.8 mAhバッテリーを搭載し、最大18時間駆動できます。

一方、「Garmin VENU 2」はスマートウォッチモードで約11日間駆動することができます。「HUAWEI WATCH 3」はスマートモードで約3日間、バッテリー持続モードで約14日間駆動することができます。「Fitbit Sense」は6日間駆動できるバッテリーを搭載しています。

・Wi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0に対応

Apple Watch Series 6」は高速で途切れにくいWi-FiデュアルバンドとBluetooth 5.0に対応しています。

一方、「Garmin VENU 2」はWi-Fi&Bluetoothに対応しています。「HUAWEI WATCH 3」はWi-Fi(2.4GHz)&Bluetooth 5.2 BR + BLEに対応しています。「Fitbit Sense」はWi-Fi(2.4GHz)&Bluetooth 5.0に対応しています。

・音楽再生に対応

Apple Watch Series 6」はローカルファイルの音楽ファイルを再生したり、Apple Music、Spotify、AWAでストリーミング音楽を再生したりできます。

一方、「Garmin VENU 2」、「HUAWEI WATCH 3」、「Fitbit Sense」も音楽再生に対応しています。

・Apple PayでSuicaが使える

Apple Watch Series 6」は非接触型決済サービスのApple Payに対応し、SuicaやPASMO決済も利用できます。

一方、「HUAWEI WATCH 3」は電子マネー決済に対応していません。「Garmin VENU 2」はGarmin Pay対応でSuicaにも対応しています。「Fitbit Sense」はFitbit Pay対応でSuicaにも対応しています。

・音声認識Siriが使える

Apple Watch Series 6」は音声認識Siriに対応し、音声だけで操作することができます。

一方、「Garmin VENU 2」と「HUAWEI WATCH 3」は音声認識に対応していません。「Fitbit Sense」はAmazon AlexaとGoogleアシスタントに対応しています。

デメリット

・VO2Max(最大酸素摂取量)が測定できない

Apple Watch Series 6」はVO2Max(最大酸素摂取量)が測定できないため、運動後にどれだけ体力がついたか確認することができません。

一方、「Garmin VENU 2」と「Fitbit Sense」VO2Max(最大酸素摂取量)の計測に対応しています。「HUAWEI WATCH 3」はVO2Max(最大酸素摂取量)の計測に対応していません。

・対応するワークアウトが少ない

Apple Watch Series 6」は8種類のワークアウトモードに対応し、室内ウォーキング、ウォーキング、室内ランニング、ランニング、エリプティカル、ローイング、プールスイミング、オープンウォータースイミングのアクティビティを計測することができます。

一方、「Garmin VENU 2」は25種類以上のスポーツアクティビティを計測できます。「HUAWEI WATCH 3」は100種類以上のワークアウトモードに対応しています。「Fitbit Sense」は20 種類以上のエクササイズモード(スポーツモード)に対応しています。

「Apple Watch Series 6」の評価

Apple Watch Series 6」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★★★

使いやすさ:★★★★★

価格:★★★

<総合評価>

2020年9月に発売されたAppleの最上位スマートウォッチです。廉価版の「Apple Watch SE」も販売されていますが、こちrは常時表示に対応していません。また、「Apple Watch Series 6」の場合は選択できるバリエーションが豊富で好みに合わせたデザイン、ケース素材、カラーを選択することができます。

ただし、他のスマートウォッチと比べて突出した機能は少なく、特にスポーツや健康重視のモデルと比較すると見劣りする部分もあります。

「ファッション」やAppleデバイスとの連携のしやすさといった観点からすると、「Apple Watch Series 6」が一番いいかもしれませんが、ファッション重視でないAndroidスマホユーザーは他のスマートウォッチを選択した方がいいでしょう。価格に関しては6万円だと高すぎます。せいぜい3~4万円ぐらいが妥当なところでしょう。購入する際にはセールをうまく利用することをおすすめします。

「Apple Watch Series 6」の販売・購入

Apple Watch Series 6」は、

ビックカメラで47,080円 (税込・送料無料)、

Amazonで50,380円、

楽天市場で51,130円 (税込)、

ヤフーショッピングで49,800円、

米国Amazon.comで319.99 (+ $44.25)、

で販売されています。

ビックカメラで「Apple Watch Series 6」をチェックする

Amazonで「Apple Watch Series 6」をチェックする

楽天市場で「Apple Watch Series 6」をチェックする

ヤフーショッピングで「Apple Watch Series 6」をチェックする

米国Amazon.comで「Apple Watch Series 6」をチェックする

ビックカメラ.com

 

 

他のスマートウォッチと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Apple Watch Series 7

★「Galaxy Watch4

★「TicWatch E3

Garmin VENU 2

HUAWEI WATCH 3

Fitbit Sense

ASUS VivoWatch SP

Galaxy Watch3

HUAWEI WATCH GT 2 Pro

wena 3」(Suica対応)

TicWatch Pro S

Garmin VENU SQ

Apple Watch SE

歴代のApple Watchと比較

Apple Watch Series 6」以前のモデルは以下のページで紹介しています。ぜひ比較してみてください。

Apple Watchを激安ゲット! 最新モデルと歴代 中古を比較

Apple Watchを激安ゲット! 最新モデルと歴代 中古を比較

その他のおすすめスマートウォッチは?

その他のおすすめスマートウォッチは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

【2021年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

最新のスマートウォッチをまとめて紹介しています。

スポーツ&健康管理に使えるスマートバンド 最新 機種 まとめ

最新のリストバンド(活動量計)をまとめて紹介しています。

ガーミンのスマートウォッチ 買うならどれ? 人気モデルを比較 

Garminスマートウォッチをまとめて紹介しています。

Fitbitスマートウォッチが人気上昇! 全モデルを比較

Fitbitのスマートウォッチをまとめて紹介しています。

<3G・4G対応のAndroidスマートウォッチ>

3G・4G対応で通話できるAndroidスマートウォッチ まとめ

<アウトドア用スマートウォッチ>

アウトドアで使えるタフなスマートウォッチ 全機種を比較