「DOOGEE U10」渾身の激安モデル? 最新の低価格タブレットと徹底 比較!


2023年10月に発売された「DOOGEE U10」と最新の低価格タブレットを徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペックの違いに加えて、メリット・デメリット、評価を紹介します。

「DOOGEE U10」の特徴

DOOGEE U10」の特徴をまとめてみました。

HD IPS液晶・筆圧ペン・5060mAhバッテリ

DOOGEE U10」は 10.1インチで解像度 800 x 1280 ドットのIPS ディスプレイを搭載。アスペクト比16:10、輝度300 nitの明るくワイドなHD液晶で、対応する動画配信サービスで1080Pの高画質な映像を視聴できる「Widevine L1」や目の負担を軽減するTUV認証ブルーライト低減、画面分割モード、ダークモードなどが利用できます。

また、筆圧1024段階のスタイラスペン(別売)と手書き用のアプリを用意。64キー デザインのBluetoothキーボード(別売)も用意しています。そのほか、5060mAhバッテリーを搭載し、スタンバイで255時間、動画再生で4時間駆動することが可能。省電力駆動でバッテリー駆動時間を延ばせるパワーセービングモードが利用できるほか、Type-C ポートを介した充電も利用できます。

RK3562・最大9GB+128GB・Android 13

DOOGEE U10」はRockchip RK3562 プロセッサを搭載。22nmプロセスで製造された4コア4スレッド、最大2.0GHzのCPUで、Antutuベンチマーク総合で約15万前後を記録しています。また、4GB LPDDR4X メモリを搭載し、最大9GBまで拡張することが可能。ストレージは高速なUFS2.1規格の128GBで、別売のmicroSDカード最大1TBまで拡張できます。

そのほか、OSにAndroid 13を搭載。テーマ別の新しいアイコンデザイン、不要なアプリもすぐに停止できる新しいクイック設定、音楽でデザインが変化する新しいメディアコントロール機能、アプリごとの言語設定などの新機能が利用できるようになっています。

8MP/5MPカメラ・ハイレゾ再生・Wi-Fi 6

DOOGEE U10」は背面に8MPメインカメラを搭載し、ドキュメントのスキャンや720P動画撮影などが利用可能。前面には5MPのフロントカメラを搭載し、ビデオ通話やオンライン授業、チャットなどに活用できます。また、本体に高音質なデュアル ステレオスピーカー搭載し、ハイレゾ オーディオ再生に対応。Bluetooth 5.0のワイヤレス再生や3.5mmヘッドフォンジャックも利用できます。

そのほか、従来よりも約4〜10倍の速度で通信できる次世代通信規格「Wi-Fi 6」に対応。本体は厚さ9.9mm、重さ514gの薄型軽量デザインで、グレーグリーンパープルの3色を用意しています。

公式ページ: DOOGEE U10

価格を比較

DOOGEE U10」と「Teclast P26T」、「UMIDIGI G1 Tab」、「CHUWI Hi10 X Pro」の価格を比較してみました。

「DOOGEE U10」

DOOGEE U10」は、Amazonで11,900円(タイムセール価格)、楽天市場で15,537円(送料無料)、ヤフーショッピングで15,380円(送料無料)、DOOGEE公式サイトで17,910円、AliExpressでUS $106.89 (日本円で約15191円)、米国 Amazon.comで $68.99で販売されています。

「Teclast P26T」

Teclast P26T」は、Amazonで17,900円 (税込・5500円OFFクーポン付き)、楽天市場で16,246円(送料無料)、ヤフーショッピングで13,830円(送料無料)、AliExpressでUS $109.99 (日本円で約16,413円)、米国 Amazon.comで$99.99 (日本円で約14921円)で販売されています。

「UMIDIGI G1 Tab」

UMIDIGI G1 Tab」は、Amazonで12,900円 (税込・2000円 OFFクーポン付き)、楽天市場で12,900円 (送料無料・2000円 OFFクーポン付き)、ヤフーショッピングで14,048円、AliExpressでUS $119.99 (日本円で約17,906円)、米国 Amazon.comで$86.99(日本円で約12,981円)で販売されています。

「CHUWI Hi10 X Pro」

CHUWI Hi10 X Pro」は、Amazonで13,900円(税込)、CHUWI公式ストアで14,900円 (税込)、AliExpressでUS $99.68 (日本円で約14167円)で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

DOOGEE U10」と「Teclast P26T」、「UMIDIGI G1 Tab」、「CHUWI Hi10 X Pro」のAntutuベンチマーク スコアを比較してみました。

「DOOGEE U10」

Antutu V9 総合で約150,000前後

例:Antutu V10 総合で「257689」、CPUで「31786」、GPUで「17843」、MEMで「173333」、UXで「3427」。

<CPU> Rockchip RK3562

<プロセッサ性能を解説>

22nmプロセスで製造された4コア、4スレッド、最大2.0GHzのRockchip RK3562 プロセッサを搭載し、Antutuベンチマーク総合で約15万前後を記録しています。

同じプロセッサは「UMIDIGI G1 Tab」、「BMAX MaxPad I9 Plus」(2023)にも搭載されています。

Allwinner A523搭載の「Teclast P26T」と比較すると、スコアが約1万低くなります。

Unisoc T606搭載の「CHUWI Hi10 X Pro」と比較すると、スコアが約8万低くなります。

Unisoc T310プロセッサと比較すると、スコアがほぼ同じくらいになります。

Rockchip RK3566プロセッサと比較すると、スコアが約5万高くなります。

性能的には動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)、電子書籍、写真撮影などで快適に動作します。

Androidの3Dゲームは動作しますが、負荷の高いアプリで遅延が生じることもあります。

PSP、PS1、SFC、DC、N64、MD、FCなどのエミュレーターは快適に動作します。

「Teclast P26T」

Antutuベンチマーク総合で約160,000以上

<CPU> Allwinner A523

「UMIDIGI G1 Tab」

Antutu V9 総合で約150,000前後

<CPU> Rockchip RK3562

「CHUWI Hi10 X Pro」

Antutu V9 ベンチマーク総合で約230,000

<CPU> Unisoc T606

スペックを比較

DOOGEE U10」と「Teclast P26T」、「UMIDIGI G1 Tab」、「CHUWI Hi10 X Pro」のスペックを比較してみました。

「DOOGEE U10」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度 800 x 1280 ドットのIPS
    ※HD/16:10/149 ppi/輝度300nit/1670万色/画面比率78%/フルアングル/TUV認証ブルーライト低減/画面分割/ダークモード/目の保護
  • Widevine L1 対応
  • プロセッサ Rockchip RK3562
    ※22nm/4コア/4スレッド/最大2.0GHz
  • CPU 4x ARM Cortex-A53 @ 2,0 GHz
  • GPU ARM Mali-G52 2EE MC2
  • RAM(メモリ)4GB LPDDR4X
  • 拡張メモリ +5GBで最大9GBまで
  • ストレージ 128GB UFS2.1
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー 5060mAh ※パワーセービングモード
  • 駆動時間 スタンバイで255時間、動画再生で4時間、音楽で18時間、Webで3.8時間
  • 充電 Type-C、10W、5V/2A
  • 背面カメラ 8MP
  • 前面カメラ 5MP
  • 動画撮影 720P @30 fps
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 6 (802.11 a/b/g/n/ac/ax, 2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0
  • ワイヤレス投影 対応
  • インターフェース Type-C (OTG)、3.5mmヘッドフォンジャック
  • センサー Gセンサー
  • スピーカー デュアル ステレオスピーカー
  • オーディオ ハイレゾ オーディオ
  • マイク 内蔵
  • スタイラスペン 筆圧1024段階(別売)
  • キーボード Bluetoothキーボード、64キー デザイン、2mm キートラベル(別売)
  • アプリ WPS Office プリインストール
  • OS Android 13 ※GSM認証、Google Playストア対応
  • サイズ 245.3 x 163.3 x 9.9 mm
  • 重量 514g
  • カラー グレー、グリーン、パープル
  • 付属品 充電器 ×1、USBケーブル×1、ユーザーマニュアル、防爆フィルム(塗布済み)、透明TPUケース(カバーなし)

関連記事Android 13で使えるタブレット 2023 最新 機種 まとめ

Amazonで「DOOGEE U10」をチェックする

楽天市場で「DOOGEE」をチェックする

ヤフーショッピングで「DOOGEE U10」をチェックする

AliExpressで「DOOGEE U10」をチェックする

米国 Amazon.comで「DOOGEE U10」をチェックする

「Teclast P26T」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1280×800ドットのIPS
    ※16:10/T-Color/6mmベゼル/画面分割
  • リフレッシュレート 60Hz
  • プロセッサ Allwinner A523
    ※64bit/8コア/AI/最大1.8GHz
  • GPU Mali-G57 MC1 2EE
  • RAM(メモリ)4GB
  • 拡張メモリ +4GBで最大8GBまで
  • ストレージ 64GB eMMC5.1
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー 5000 mAh
  • 充電 Type-C
  • 背面カメラ 5MP+0.3MP ※AF、LEDフラッシュ、AIアルゴリズム
  • 前面カメラ 2MP ※HD ビデオ
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 6 (802.11 a/b/g/n/ac/ax/2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.2
    ※Wi-Fiディスプレイ対応
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、microSDカードスロット、3.5mmヘッドホンジャック
  • センサー 重力センサー、ホールセンサー
  • スピーカー デュアルチャンネルスピーカー
  • オーディオ Teclast ピュアサウンドオーディオシステム
  • マイク デュアルマイク
  • キーボード K10 Bluetoothキーボード(別売)、KF10 Bluetooth キーボード折りたたみ式スタンド付き(別売)
  • Widevine L1 対応
  • ペアレンタルコントロール 対応
  • 筐体 フルメタル(金属)、滑り止め波形テクスチャ
  • OS Android 13 ※Google Playストア対応・GMS認証・技適取得済み
  • サイズ 245.8 x 153.4 x 10.2mm
  • 重量 511g
  • カラー スパーキングブルー

関連記事「Teclast P26T」意外とサクサク? 人気の最安タブレットと徹底 比較!

Amazonで「Teclast P26T」をチェックする

楽天市場で「Teclast P26T」をチェックする

ヤフーショッピングで「Teclast P26T」をチェックする

AliExpressで「Teclast P26T」をチェックする

米国 Amazon.comで「Teclast P26T」をチェックする

「UMIDIGI G1 Tab」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1280 × 800 ドット
    ※HD+/16:10/画面比率80%/149.45 ppi
  • プロセッサ Rockchip RK3562
    ※22nm/4コア/4スレッド/最大2.0GHz
  • CPU 4x ARM Cortex-A53 @ 2,0 GHz
  • GPU ARM Mali-G52 2EE MC2
  • RAM(メモリ)4GB LPDDR3
  • 拡張メモリ +4GBで最大8GBまで
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー 6000mAh
  • 駆動時間 スタンバイで480時間、通話で23時間、音楽再生で20時間、ビデオ再生で7時間
  • 充電 10W急速充電、Type-C
  • 背面カメラ 8MP F2.2 ※AI対応
  • 前面カメラ 8MP F2.2
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 6 (802.11 b/g/n/ac/ax,2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0
  • インターフェース Type-C (OTG)、3.5mmヘッドフォンジャック
  • センサー 周囲光センサー、Gセンサー
  • スピーカー ステレオデュアルスピーカー
  • マイク 内蔵
  • 筐体 プレミアム シルク フリーデザイン、指紋防止、汚れ防止など
  • OS Android 13
  • サイズ 244.8 x 162.2 x 9.3 mm
  • 重量 576g
  • カラー スペースグレー

関連記事「UMIDIGI G1 Tab」意外と使える? 話題の超激安タブレットと徹底 比較!

Amazonで「UMIDIGI G1 Tab」をチェックする

楽天市場で「UMIDIGI G1 Tab」をチェックする

ヤフーショッピングで「UMIDIGI G1 Tab」をチェックする

AliExpressで「UMIDIGI G1 Tab」をチェックする

米国 Amazon.comで「UMIDIGI G1 Tab」をチェックする

「CHUWI Hi10 X Pro」のスペック

  • ディスプレイ 10.51インチ、解像度1280×800 ドットのIPS
    ※HD/16:10/7mmベゼル/incel LCD/ラミネート加工/画面分割/ナイトライトモード
  • リフレッシュレート 60Hz
  • プロセッサ UNISOC T606
    ※12nm/64bit/8コア/最大1.6GHz
  • GPU ARM Mali-G57
  • RAM (メモリ) 4GB LPDDR4X
  • 拡張メモリ +4GBで合計 最大8GBまで
  • ストレージ 128GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大512GBまで
  • バッテリー 5000mAh /3.8V (日本版)
    ※海外版は6000mAh
  • 駆動時間 最大9.5時間、ローカル動画再生で最大7.5時間
  • 背面カメラ 8MP ※AF対応
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (GLONASS/GALILEO/Beidou)
  • インターフェース USB Type-C (OTG)
  • スピーカー デュアル ステレオスピーカー
  • マイク 内蔵
  • Widevine L1 サポート (Youtube、Disney+、Amazon Prime Videoを1080pで再生)
  • ペアレンタルコントロール 対応
  • 生体認証 顔認証
  • 筐体 リサイクル・アルミ合金、つや消し仕上げ
  • OS Android 13
  • サイズ 242.3 x 161.3 x 9.15 mm
  • 重量 517g
  • カラー グレー
  • 4G通信 対応・VoLTE

関連記事「CHUWI Hi10 X Pro」は格安コスパ? 低価格タブレットと徹底 比較!

Amazonで「CHUWI Hi10 X Pro」をチェックする

楽天市場で「CHUWI Hi10 X Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「CHUWI」をチェックする

AliExpressで「CHUWI Hi10 X Pro」をチェックする

米国 Amazon.comで「CHUWI Hi10 X Pro」をチェックする

「DOOGEE U10」のメリット・デメリット

DOOGEE U10」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・10.1インチのHD IPS液晶・明るく広視野角でTUV認証ブルーライト低減、画面分割、ダークモードに対応

DOOGEE U10」は 10.1インチで解像度 800 x 1280 ドットのIPS ディスプレイを搭載。アスペクト比16:10、輝度300nitの明るくワイドなHD液晶で、目の負担を軽減するTUV認証ブルーライト低減、画面分割モード、ダークモードなどを利用できます。

一方、「Teclast P26T」は10.1インチで解像度1280×800ドットのIPSディスプレイを搭載しています。「UMIDIGI G1 Tab」は10.1インチで解像度1280×800ドットのフルビューディスプレイを搭載しています。「CHUWI Hi10 X Pro」は10.51インチ、解像度1280×800 ドットのIPSディスプレイを搭載しています。

・Widevine L1 に対応

DOOGEE U10」はDRM(デジタル著作権管理)技術「Widevine L1」に対応。Hulu、Prime Vedeo、Disney+などの対応する動画配信サービスで、1080Pの高画質な映像を視聴できます。

一方、「Teclast P26T」と「CHUWI Hi10 X Pro」はWidevine L1に対応しています。「UMIDIGI G1 Tab」はWidevine L1 に対応していません。

・4GB LPDDR4Xメモリ搭載で最大9GBまで拡張できる

DOOGEE U10」は4GB LPDDR4X メモリを搭載し、最大9GBまで拡張できます。

一方、「Teclast P26T」は4GBメモリを搭載し、最大8GBまで拡張できます。「UMIDIGI G1 Tab」は4GB LPDDR3メモリ搭載で、最大8GBまで拡張できます。「CHUWI Hi10 X Pro」は4GB LPDDR4Xメモリ搭載で最大8GBまで拡張できます。

・128GB UFS2.1ストレージ搭載で最大1TBまで拡張できる

DOOGEE U10」は高速なUFS2.1規格のストレージを128GB搭載し、別売のmicroSDカードで最大1TBまで拡張できます。

一方、「Teclast P26T」は64GB eMMC5.1ストレージ搭載で、別売のmicroSDカードで最大1TBまで拡張できます。「UMIDIGI G1 Tab」は64GBストレージ搭載で、別売のmicroSDカードで最大1TBまで拡張できます。「CHUWI Hi10 X Pro」は128GBストレージ搭載で、最大512GBまで拡張できます。

・5060mAhバッテリー搭載でパワーセービングモード、Type-C充電に対応

DOOGEE U10」は5060mAhバッテリーを搭載し、スタンバイで255時間、動画再生で4時間駆動できます。また、省電力駆動でバッテリー駆動時間を延ばせるパワーセービングモードが利用できるほか、Type-Cポートを介した充電も利用できます。

一方、「Teclast P26T」は5000 mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。「UMIDIGI G1 Tab」は6000mAhバッテリー搭載で10W充電に対応しています。「CHUWI Hi10 X Pro」は5000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。

・背面8MPのメインカメラと前面5MPのフロントカメラを搭載

DOOGEE U10」は背面に8MPメインカメラを搭載し、ドキュメントのスキャンや720P動画撮影などに活用できます。また、前面に5MPのフロントカメラを搭載し、ビデオ通話やオンライン授業、チャットなどに活用できます。

一方、「Teclast P26T」は5MP+0.3MPの2眼カメラと前面2MPのフロントカメラを搭載しています。「UMIDIGI G1 Tab」はAI対応の背面8MPカメラと前面8MPカメラを搭載しています。「CHUWI Hi10 X Pro」は背面8MPカメラ(AF対応)と前面5MPカメラを搭載しています。

・Wi-Fi 6とBluetooth 5.0に対応

DOOGEE U10」は、従来よりも約4〜10倍の速度で通信できる次世代通信規格「Wi-Fi 6」に対応しています。また、Bluetooth 5.0によるワイヤレス接続も利用できます。

一方、「Teclast P26T」はWi-Fi 6とBluetooth 5.2に対応しています。「UMIDIGI G1 Tab」はWi-Fi 6とBluetooth 5.0に対応しています。「CHUWI Hi10 X Pro」はWi-Fi 5のデュアルバンド、Bluetooth 5.0、GPSに対応しています。

・ワイヤレス投影に対応

DOOGEE U10」はWi-Fi 6を利用して、タブレットの画面を対応するテレビやモニターに映し出す「ワイヤレス投影」(Wi-Fiディスプレイ)を利用できます。

一方、「Teclast P26T」と「UMIDIGI G1 Tab」、「CHUWI Hi10 X Pro」も「ワイヤレス投影」(Wi-Fiディスプレイ)を利用できます。

・デュアル ステレオスピーカー搭載でハイレゾ オーディオに対応

DOOGEE U10」は本体に高音質なデュアル ステレオスピーカー搭載し、ハイレゾ オーディオ再生に対応しています。

一方、「Teclast P26T」はデュアルチャンネルスピーカー搭載でTeclast ピュアサウンドオーディオシステムに対応した高音質なサウンドを再生できます。「UMIDIGI G1 Tab」はデュアル ステレオスピーカー搭載。臨場感のある高音質なサウンドを再生できます。「CHUWI Hi10 X Pro」はデュアル ステレオスピーカー搭載で高音質なサウンドを再生できます。

・筆圧1024段階の純正スタイラスペンを用意

DOOGEE U10」は筆圧1024段階の純正スタイラスペン(別売)と手書き用のアプリ(プリインストール済み)を用意しています。

一方、「Teclast P26T」と「UMIDIGI G1 Tab」、「CHUWI Hi10 X Pro」は純正スタイラスペンを用意していません。

・純正のBluetoothキーボードを用意

DOOGEE U10」は64キー デザインの純正Bluetoothキーボード(別売)も用意しています。

一方、「Teclast P26T」はは純正のキーボード K10 Bluetoothキーボード(別売)、KF10 Bluetooth キーボード折りたたみ式スタンド付き(別売)を用意しています。「UMIDIGI G1 Tab」と「CHUWI Hi10 X Pro」は純正のキーボードを用意していません。

・WPS Office アプリをプリインストール済み

DOOGEE U10」はマイクロソフトOfficeアプリと互換性があるWPS Office アプリがプリインストールされています。

一方、「Teclast P26T」と「UMIDIGI G1 Tab」、「CHUWI Hi10 X Pro」はWPS Office アプリがプリインストールされていません。

・厚さ9.9mm、重さ514gの薄型軽量デザイン・3色カラーを用意

DOOGEE U10」は厚さ9.9mm、重さ514gの薄型軽量デザインで、グレー、グリーン、パープルの3色カラーを用意しています。

一方、「Teclast P26T」は厚さ10.2mm、重さ511gの薄型軽量デザイン・スパーキングブルーカラーを用意しています。「UMIDIGI G1 Tab」は厚さ9.3mm、重さ576gの薄型デザインで、スペースグレーカラーを用意しています。「CHUWI Hi10 X Pro」は厚さ9.15mmで重さ517gの薄型軽量デザインで、グレーカラーを用意しています。

・Android 13搭載で新機能も使える

DOOGEE U10」はOSにAndroid 13を採用し、新機能も使えるようになっています。

Android 13には、

テーマ別アイコンデザイン(サードパーティ製アプリを含む)、クイック設定の変更(ボタンの位置変更・タイル数の増加・不要な実行中アプリを停止)、ホーム画面のカスタマイズ、メディアコントロール(音楽でデザインが変化)、テキストのコピーツール、アプリごとの言語設定、おやすみ時間モードのカスタマイズ(設定項目が増加)、「バイブレーションとハプティクス」(通話のバイブレーションなどの設定項目が追加)、

通知の制御(ユーザーに許可を求める)、クリップボード履歴の自動消去、特定の写真や動画のみにアクセスを許可、空間オーディオ、Bluetooth LE Audio(音楽を他のユーザーと共有)、Chromebookとの連携、端末間でコピー&ペースト、タブレットのマルチタスク、手のひらとスタイラスペンの別タッチ登録

などの機能が追加されています。

一方、「Teclast P26T」と「UMIDIGI G1 Tab」、「CHUWI Hi10 X Pro」もOSにAndroid 13を採用し、新機能も使えるようになっています。

デメリット

・SIMフリーの4G LET通信が使えない

DOOGEE U10」はSIMフリーの4G LET通信を利用できません。

一方、「CHUWI Hi10 X Pro」は4G LET通信に対応しています。「Teclast P26T」と「UMIDIGI G1 Tab」は4G LET通信に対応していません。

・GPSナビゲーションが使えない

DOOGEE U10」はGPSナビゲーションを利用できません。

一方、「CHUWI Hi10 X Pro」はGPSナビゲーションを利用できます。「Teclast P26T」と「UMIDIGI G1 Tab」はGPSナビゲーションが使えません。

「DOOGEE U10」の評価

DOOGEE U10」の評価を紹介します。

スペック:★★★

通信:★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★★

<総合評価>

DOOGEEから発売されたエントリー向けのAndroid 13タブレットです。2023年8月に発売された「DOOGEE T10E」よりも低価格でありながらも、実用的なスペックと機能を搭載し、初心者でも使いやすいタブレットになっています。

プロセッサは「UMIDIGI G1 Tab」と同じRockchip RK3562で、Antutu総合で約15万ほど。高速とはいえませんが、ネット検索や動画視聴、音楽再生、電子書籍など一般的な用途では快適に動作します。負荷の高いゲームアプリを使用しない限り、大きな問題にはならなりません。

また、メモリは4GB LPDDR4X最大9GBまで拡張可能。ストレージは低価格モデルとしては珍しくUFS2.1規格に対応しており、しかも128GBの大容量になっています。

そのほか、5060mAhバッテリー搭載でパワーセービングモード(節電モード)に対応。高音質なデュアル ステレオスピーカーを搭載するほか、超高速通信の「Wi-Fi 6」、 筆圧1024段階のスタイラスペン(別売)、Bluetoothキーボード(別売)、WPS Officeアプリ(プリインストール済み)にも対応しています。

全体的なスペックはそれほど高くないものの、低価格タブレットにはあまりない仕様や機能が搭載されています。特に128GB UFS2.1ストレージ搭載であること、パワーセービングモードWi-Fi 6ハイレゾ音源再生に対応していることが大きなメリット。

CHUWI Hi10 X Pro」にはプロセッサ性能でやや劣るものの、それ以外のスペックや機能ではかなりいい勝負になっており、まさにDOOGEE渾身の激安モデルともいえるタブレットになっています。

DOOGEE U10」の発売時の価格は15,900円(2385円 OFFクーポン付き)。

実質13,515円で購入できるので、かなりお買い得。低価格でもしっかりと使える10.1型のAndroid 13タブレットを探している人におすすめです。

「DOOGEE U10」のデザイン

「DOOGEE U10」のデザインは下の動画で確認できます。

Youtubeショート動画でデザインをチェックする

「DOOGEE U10」の販売・購入先

DOOGEE U10」は、

Amazonで11,900円(タイムセール価格)、

楽天市場で15,537円(送料無料)、

ヤフーショッピングで15,380円(送料無料)、

DOOGEE公式サイトで17,910円、

AliExpressでUS $106.89 (日本円で約15191円)、

米国 Amazon.comで $68.99、

で販売されています。

Amazonで「DOOGEE U10」をチェックする

楽天市場で「DOOGEE」をチェックする

ヤフーショッピングで「DOOGEE U10」をチェックする

AliExpressで「DOOGEE U10」をチェックする

米国 Amazon.comで「DOOGEE U10」をチェックする

 

 

 

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「TECLAST P30T」(10.1 HD液晶・A523・Android 14)

Teclast P26T

UMIDIGI G1 Tab

CHUWI Hi10 X Pro

Fire HD 10 (2023)」(10.1・8コア 2.05GHz・USIペン)

BMAX MaxPad I9 Plus」(RK3562・最大8GB・Android 13)

Alldocube iPlay50」(10.4インチ・Unisoc T618)

aiwa tab AB10L」(MT8766・Android 13)

Teclast M50 Pro」(T616・最大16GB・Android 13)

HEADWOLF WPad 3」(MT8183・7700mAhバッテリ)

Lenovo Tab B10 3rd Gen」(Unisoc T610・Android 12)

他のDOOGEEタブレットと比較

他にもDOOGEEタブレットが販売されています。ぜひ比較してみてください。

DOOGEEタブレットが高コスパで大躍進! 注目の最新 機種をまとめて紹介

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

Android 13で使えるタブレット 2023 最新 機種 まとめ

最新のAndroid 13タブレットをまとめて紹介しています。

Android 12で使えるタブレット 2023 最新 まとめ

最新のAndroid 12タブレットをまとめて紹介しています。

HDMI出力できるAndroidタブレット まとめ

microHDMI端子を搭載したAndroidタブレットをまとめて紹介しています。

一度は手に入れてみたい超ハイスペックなAndroidタブレット まとめ

超ハイスペックなタブレットをまとめて紹介しています。