「OUKITEL WP28」激安で高性能か? 低価格タフネススマホと徹底 比較!


2023年8月に発売された「OUKITEL WP28」と低価格なタフネススマホを徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペック、カメラ性能の違いに加えて、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2023年11月、「OUKITEL WP32」(T606)が発売されました。

※2023年11月、「OUKITEL WP30 Pro」(Dimensity 8050)が発売されました。

※2023年9月、「OUKITEL WP27」(Helio G99)が発売されました。

※2023年4月から「OUKITEL WP23」(MT6765)も発売中です。

「OUKITEL WP28」の特徴

OUKITEL WP28」の特徴をまとめてみました。

UNISOC T606・最大15GB+256GB・Android 13

OUKITEL WP28」はUNISOC T606 オクタコア プロセッサを搭載。12nmプロセスで製造された8コア、最大1.6GHz駆動のCPUで、Antutuベンチマーク総合で約20万を記録しています。また、8GBメモリ搭載で最大15GBまで拡張することが可能。ストレージは256GBで、別売のmicroSDカード最大1TBまで拡張できます。

そのほか、OSにAndroid 13を搭載。テーマ別の新しいアイコンデザイン、不要なアプリもすぐに停止できる新しいクイック設定、音楽でデザインが変化する新しいメディアコントロール機能、アプリごとの言語設定などの新機能が利用できるようになっています。

6.52 HD+液晶・グローブモード・10600mAhバッテリ

OUKITEL WP28」は6.52インチで解像度720 x 1600 pxのTFTディスプレイを搭載。ピクセル密度269ppi、画面比率85%の明るくワイドなHD+液晶で、堅牢なゴリラガラスによる保護にも対応しています。また、グローブモードに対応。手袋をしたままでもタッチ操作できます。

そのほか、10600 mAhバッテリーを搭載し、スタンバイで1000時間、ビデオ再生で18時間 駆動することが可能。Type-Cポートを介して18W急速充電や他のUSB機器などに給電できるリバースチャージ機能も利用できます。

48MP2眼カメラ・防水防塵・NFC

OUKITEL WP28」は背面に48MP+2MPの2眼カメラを搭載し、4800万画素の超高解像度撮影やマクロ撮影が利用可能。前面には5MPのフロントカメラを搭載し、ポートレート撮影も利用できます。また、IP68/IP69K防水防塵に対応。アメリカ規格「MIL-STD-810H」準拠の耐寒・耐熱・耐衝撃性能も備えています。

そのほか、NFC対応でGoogle Payによるキャッシュレス決済に対応。4つの衛星測位に対応したGPSナビゲーション、コンパスや分度器、虫眼鏡などのアウトドアツール指紋認証顔認証なども利用できます。

公式ページ: Oukitel WP28

価格を比較

OUKITEL WP28」と「Blackview BV5300 Pro」、「UMIDIGI BISON 2 PRO」、「Unihertz TickTock-E」の価格を比較してみました。

「OUKITEL WP28」

OUKITEL WP28」は、Amazonで29,900円(税込・5233円 OFFクーポン付き)、楽天市場で29,980円(送料無料)、ヤフーショッピングで32,292円、AliExpressでUS $136.99 (日本円で約20,362円)で販売されています。

「Blackview BV5300 Pro」

Blackview BV5300 Pro」は、Amazonで23,900円(6000円 OFFクーポン付き)、楽天市場で17,800円(送料無料・中古Aランク品)、ヤフーショッピングで24,700円円(送料無料)、AliExpressでUS $112.19 (日本円で約16,520円)で販売されています。

「UMIDIGI BISON 2 PRO」

UMIDIGI BISON 2 PRO」は、Amazonで26,970円 (税込・セール価格)、楽天市場で32,805円 (税込・送料無料)、ヤフーショッピングで30,171円、米国 Amazon.comで$239.99 (日本円で約34,183円)で販売されています。

「Unihertz TickTock-E」

Unihertz TickTock-E」は、Amazonで31,800円、Unihertz公式サイトで$169.99 USD (日本円で約24,213円)で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

OUKITEL WP28」と「Blackview BV5300 Pro」、「UMIDIGI BISON 2 PRO」、「Unihertz TickTock-E」のAntutuベンチマーク スコアを比較してみました。

「OUKITEL WP28」

Antutuベンチマーク総合で約200,000

<CPU> Unisoc T606

<プロセッサ性能を解説>

12nmプロセスで製造された8コア、最大1.6GHz駆動プロセッサ「Unisoc T606」を搭載し、Antutuベンチマーク総合で約20万を記録しています。

同じプロセッサは「OUKITEL C33」、「UMIDIGI G3 Max」、「Blackview A85」などにも搭載されています。

MediaTek Helio P35搭載の「Blackview BV5300 Pro」と比較すると、スコアが約10万高くなります。

Helio P90搭載の「UMIDIGI BISON 2 PRO」と比較すると、スコアが約15万高くなります。

Helio P35(MT6765)搭載の「Unihertz TickTock-E」と比較すると、スコアが約10万高くなります。

性能的には動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)、電子書籍、写真撮影などで快適に動作します。

Androidの3Dゲームは、一部の負荷が非常に高いアプリを除いて、ほとんど快適に動作します。

PSP、PS1、SFC、DC、N64、MD、FCなどのエミュレーターは快適に動作します。

「Blackview BV5300 Pro」

Antutu総合で約100,000

<CPU> MediaTek Helio P35

「UMIDIGI BISON 2 PRO」

Antutu総合で約257,629

<CPU> MediaTek Helio P90

「Unihertz TickTock-E」

Antutuベンチマーク総合で約100,000

<CPU> MediaTek Helio P35(MT6765)

スペックを比較

OUKITEL WP28」と「Blackview BV5300 Pro」、「UMIDIGI BISON 2 PRO」、「Unihertz TickTock-E」のスペックを比較してみました。

「OUKITEL WP28」のスペック

  • ディスプレイ 6.52 インチ、解像度720 x 1600 pxのTFT
    ※HD+/269ppi/輝度400nit/画面比率85%/グローブモード/Corning Gorilla Glass
  • プロセッサ UNISOC T606
    ※12nm/64bit/8コア/最大1.6GHz
  • GPU ARM Mali-G57
  • RAM(メモリ) 8GB
  • 拡張メモリ +7GBで合計 最大15GBまで
  • ストレージ 256GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー 10600 mAh
  • 駆動時間 スタンバイで1000時間、音楽再生で50時間、ビデオ再生で18時間、ゲームで12時間
  • 充電 18W急速充電、Type-C、リバースチャージ
  • 背面カメラ 48MP+2MP ※AF、マクロ対応
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (GPS/Glonass/Galileo/Beidou)
  • NFC/Google Pay 対応・利用できます
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー Gセンサー、近接センサー、環境光センサー、ジャイロ、コンパス(磁気)、地磁気
  • 防水防塵 IP68/IP69K
  • 耐久性 MIL-STD-810H対応、耐寒・耐熱・耐衝撃
  • アウトドアツール 対応
  • 生体認証 指紋認証、顔認証 (Face ID)
  • OS Android 13
  • サイズ 174.2 x 82.3 x 17.1 mm
  • 重量 425g
  • カラー ブラック、オレンジ、グリーン

関連記事OUKITELスマホは長寿命でコスパよし! 全機種を比較

Amazonで「OUKITEL WP28」をチェックする

楽天市場で「OUKITEL WP28」をチェックする

ヤフーショッピングで「OUKITEL WP28」をチェックする

AliExpressで「OUKITEL WP28」をチェックする

米国 Amazon.comで「OUKITEL WP28」をチェックする

「Blackview BV5300 Pro」のスペック

  • ディスプレイ 6.1インチ、解像度720 x 1560 pxのIPS
    ※HD+/最大輝度500nit/画面比率83%/強化ガラス/グローブモード対応/10点マルチタッチ
  • プロセッサ MediaTek Helio P35 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア/最大2.3GHz
  • GPU IMG PowerVR GE8320
  • RAM(メモリ) 4GB LPDDR3
  • メモリ拡張 +3GBで合計 最大7GBまで
  • ストレージ 64GB EMCP
  • 外部ストレージ microSDカードで最大512GBまで
  • バッテリー 6580mAh
  • 駆動時間 連続スタンバイで32日間、通話で25時間、音楽再生で28時間、ビデオ再生で10時間、ゲームプレイで8.5時間、Webで12時間
  • 充電 5V/2A、2.5Wリバースチャージ対応
  • 背面カメラ 13MP
  • 前面カメラ 8MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n(2.4Ghz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (GPS+GLONASS+Beidou+Galileo)
  • NFC/Google Pay 対応・利用できます
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー 近接、光、Gセンサー、ジャイロスコープ、コンパス、RGB、磁気
  • 防水防塵 IP68/IP69K
  • 耐久性 MIL-STG-810H対応、耐寒・耐熱・耐衝撃
  • アウトドアツール あり
  • デザリング USB経由で利用可能
  • FMラジオ 対応
  • 生体認証 顔認証
  • OS Android 12ベースのDoke-OS 3.1
  • サイズ 161.5 × 77.6 × 15mm
  • 重量 273g
  • カラー ブラック、オレンジ、グリーン
  • 4G通信 対応(※SIMフリー・技適認証済み)

関連記事:「Blackview BV5300 Pro」安くて高品質? 低価格なタフネススマホと徹底 比較!

Amazonで「OUKITEL WP28」をチェックする

楽天市場で「OUKITEL WP28」をチェックする

ヤフーショッピングで「OUKITEL WP28」をチェックする

AliExpressで「OUKITEL WP28」をチェックする

米国 Amazon.comで「OUKITEL WP28」をチェックする

「UMIDIGI BISON 2 PRO」のスペック

  • ディスプレイ 6.5インチ、解像度2400 x 1080 pxの液晶
    ※20:9/FHD+/マルチタッチ/グローブモード
  • プロセッサ MediaTek Helio P90 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア/最大2.2GHz
  • CPU 2xCortex-A75 + 6xCortex-A55, up to 2.2GHz
  • GPU PowerVR GM 9446
  • RAM(メモリ) 8GB LPDDR4X
  • ストレージ 256GB UFS 2.1
  • 外部ストレージ microSDカードで最大512GBまで
  • バッテリー 6150mAh
  • 充電 18W急速充電
  • 背面カメラ 48MP+16MP+5MP
  • 前面カメラ  24MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5Ghz)、Bluetooth 5.0、GPS (Glonass/Beidou/Galileo)
  • NFC&Google Pay 対応
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー シングルスピーカー(背面)
  • マイク デュアルマイク
  • 防水防塵 IP68/IP69K
  • 耐久性 MIL-STD-810G、耐衝撃、耐寒、耐熱
  • FMラジオ ヘッドセットフリー&データフリーワイヤレスFMラジオ
  • 生体認証 サイド指紋認証、AI顔認証
  • 冷却システム 対応・Liquid Cooling System 2.0
  • ショートカットキー(カスタムキー) 両サイドに2つ搭載
  • アウトドアツール あり
  • 温度計(赤外線) あり
  • OS Android 12
  • サイズ 172.07 x 83.82 x 12.9mm
  • 重量 280g
  • カラー グレー
  • 4G通信 対応

関連記事:「UMIDIGI BISON 2」と最新の注目タフネススマホを徹底 比較!

Amazonで「UMIDIGI BISON 2 Pro」をチェックする

楽天市場で「UMIDIGI BISON 2 Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「UMIDIGI BISON 2 Pro」をチェックする

AliExpressで「UMIDIGI BISON 2 Pro」をチェックする

米国 Amazon.comで「UMIDIGI BISON 2 Pro」をチェックする

「Unihertz TickTock-E」のスペック

  • メインディスプレイ 6.52インチ、解像度720 × 1600 px
    ※HD+/パンチホール式
  • サブディスプレイ: 1.28インチ、解像度240 × 240 px
  • プロセッサ MediaTek Helio P35(MT6765)
  • GPU PowerVR GE8320(最大680Hz)
  • RAM(メモリ)4GB LPDDR4X
  • ストレージ 64GB UFS2.1
  • 外部ストレージ microSDカードで拡張可能
  • バッテリー 6000 mAh
  • 充電 Type-C充電
  • 背面カメラ 48MP+0.3MP
  • 前面カメラ 8MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.2、GPS (GPS + GLONASS + BeiDou + Galileo)
  • NFC 対応
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー 指紋(電源ボタン一体化)、 G-センサー、 ジャイロ、 近接センサー、 環境光センサー、 コンパス
  • プログラマブルキー 2つ搭載
  • アウトドアツール 対応(コンパス、拡大鏡、歩数計、分度器など)
  • 防水防塵 IP68
  • 耐久性 耐衝撃
  • FMラジオ 対応
  • 生体認証 サイド指紋認証、顔認証
  • OS Android 12
  • サイズ 67 × 78 × 11 mm
  • 重量 233 g(バッテリーを含む)
  • カラー ブルー
  • 4G通信 対応

関連記事:「Unihertz TickTock-S」と注目の海外SIMフリースマホを徹底 比較!

Amazonで「Unihertz TickTock-E」をチェックする

Unihertz公式サイトで「Unihertz TickTock-E」をチェックする

楽天市場で「Unihertz」をチェックする

ヤフーショッピングで「Unihertz」をチェックする

AliExpressで「Unihertz TickTock」をチェックする

米国 Amazon.comで「Unihertz」をチェックする

カメラ性能を比較

OUKITEL WP28」と「Blackview BV5300 Pro」、「UMIDIGI BISON 2 PRO」、「Unihertz TickTock-E」のカメラ性能を比較してみました。

「OUKITEL WP28」

背面カメラ 48MP+2MP
前面カメラ 5MP
水中撮影 対応
超広角 対応
望遠 非対応 ※ズーム機能あり
マクロ撮影 対応
機能 4800万画素の超高解像度撮影、オートフォーカス、マクロ撮影、背景ぼかし、フラッシュライト、パノラマ撮影、HDR、顔認識、デジタルズーム、タッチフォーカス、ジオタグなど

「Blackview BV5300 Pro」

背面カメラ 13MP
前面カメラ 8MP
水中撮影 対応
超広角 非対応
望遠 非対応 ※ズーム機能あり
マクロ撮影 非対応
機能 ArcSoft、パノラマモード、HDRモード、ナイトモード、モノクロモード、水中撮影モード、プロモード、AIビューティーモード、ポートレートモード、フェイスフィルライト、1080Pビデオ録画、タイムラプスモードなど

「UMIDIGI BISON 2 PRO」

背面カメラ 48MP+16MP+5MP ※AI対応
前面カメラ 24MP
水中撮影 対応
超広角 対応
望遠 非対応 ※ズーム機能あり
マクロ撮影 対応
機能(背面)超広角モード、安定した手持ちの夜の写真撮影、マクロモード、ポートレートモード、パノラマモード、HDR、AIビューティ、超広角エッジ歪み補正、デュアルLEDフラッシュ、顔認識

(前面)F/2.0

(動画撮影)背面:1080p, 720p, 480p video recording, 30fps、前面:1080p, 720p, 480p video recording, 30fps

「Unihertz TickTock-E」

背面カメラ 48MP+0.3MP
前面カメラ 8MP
水中撮影 対応
超広角 対応
望遠 非対応 ※ズーム機能あり
マクロ撮影 非対応
機能 4800万画素の超高解像度撮影、ポートレートモード、背景ぼかし、オートフォーカス、フラッシュ、顔認識、タッチフォーカス、HDR、パノラマ、ジオタグ

「OUKITEL WP28」のメリット・デメリット

OUKITEL WP28」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・6.52 インチのHD+液晶・明るくワイドでゴリラガラスに対応

OUKITEL WP28」は6.52インチで解像度720 x 1600 pxのTFTディスプレイを搭載しています。ピクセル密度269ppi、画面比率85%の明るくワイドなHD+液晶で、堅牢なゴリラガラスによる保護にも対応しています。

一方、「Blackview BV5300 Pro」は6.1インチで解像度720 x 1560 pxのIPSディスプレイを搭載しています。「UMIDIGI BISON 2 PRO」は6.5インチで解像度2400 x 1080 pxの液晶を搭載しています。「Unihertz TickTock-E」は6.52インチで解像度720 × 1600 pxのHD+液晶を搭載しています。

・グローブモードに対応

OUKITEL WP28」はグローブモードに対応し、手袋をしたままでもタッチ操作できます。

一方、「Blackview BV5300 Pro」と「UMIDIGI BISON 2 PRO」はグローブモードに対応し、手袋をしたままでもタッチ操作できます。「Unihertz TickTock-E」はグローブモードに対応していません。

・8GBメモリ搭載で最大15GBまで拡張できる

OUKITEL WP28」は8GBメモリ搭載で最大15GBまで拡張できます。

一方、「Blackview BV5300 Pro」は4GB LPDDR3メモリを搭載し、最大7GBまで拡張できます。「UMIDIGI BISON 2 PRO」は8GB LPDDR4Xメモリを搭載しています。「Unihertz TickTock-E」は4GB LPDDR4Xメモリを搭載しています。

・256GBストレージ搭載で最大1TBまで拡張できる

OUKITEL WP28」は256GBストレージ搭載で、別売のmicroSDカードで最大1TBまで拡張できます。

一方、「Blackview BV5300 Pro」は64GB EMCPストレージ搭載で、別売のmicroSDカードで最大512GBまで拡張できます。「UMIDIGI BISON 2 PRO」は256GB UFS 2.1ストレージを搭載し、 microSDカードで最大512GBまで拡張できます。「Unihertz TickTock-E」は64GB UFS2.1ストレージ搭載で、microSDカードで拡張できます。

・10600mAhバッテリー搭載で18W急速充電に対応

OUKITEL WP28」は10600 mAhバッテリーを搭載し、スタンバイで1000時間、ビデオ再生で18時間 駆動できます。また、Type-Cポートを介して18W急速充電や他のUSB機器などに給電できるリバースチャージ機能も利用できます。

一方、「Blackview BV5300 Pro」は6580mAhバッテリー搭載でType-C充電、2.5Wのリバースチャージに対応しています。「UMIDIGI BISON 2 PRO」は6150mAhバッテリー搭載で18W急速充電に対応しています。「Unihertz TickTock-E」は6000 mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。

・Wi-Fi 5のデュアルバンド、Bluetooth 5.0、GPSに対応

OUKITEL WP28」は高速で途切れにくいWi-Fi 5のデュアルバンドとBluetooth 5.0によるワイヤレス接続、4つの衛星測位に対応したGPSナビゲーションも利用できます。

一方、「Blackview BV5300 Pro」と「UMIDIGI BISON 2 PRO」はWi-Fi 5のデュアルバンド、Bluetooth 5.0、GPSに対応しています。「Unihertz TickTock-E」はWi-Fi 5のデュアルバンド、Bluetooth 5.2、GPSに対応しています。

・SIMフリーの4G LET通信に対応

OUKITEL WP28」はSIMフリーの4G LET通信に対応しています。

一方、「Blackview BV5300 Pro」と「UMIDIGI BISON 2 PRO」、「Unihertz TickTock-E」は4G LET通信に対応しています。

・NFC対応でGoogle Pay キャッシュレス決済に対応

OUKITEL WP28」はNFC対応でGoogle Payによるキャッシュレス決済に対応しています。

一方、「Blackview BV5300 Pro」と「UMIDIGI BISON 2 PRO」、「Unihertz TickTock-E」はNFC対応でGoogle Payによるキャッシュレス決済が利用できます。

・IP68/IP69K防水防塵とMIL-STD-810Hに対応

OUKITEL WP28」はIP68/IP69K防水防塵に対応し、高温・高水圧・スチームジェットでも耐えられるほか、粉塵の内部侵入を完全に防ぐことができます。また、アメリカ規格MIL-STD-810Hに対応し、耐衝撃、耐寒、耐熱などの高い耐久性を備えています。

一方、「Blackview BV5300 Pro」はIP68/IP69K防水防塵とMIL-STG-810Hに対応しています。「UMIDIGI BISON 2 PRO」はIP68/IP69K防水防塵とMIL-STD-810Gに対応しています。「Unihertz TickTock-E」はIP68防水防塵と耐衝撃に対応しています。

・指紋認証と顔認証 (Face ID)に対応

OUKITEL WP28」は指紋認証と顔認証 (Face ID)に対応し、安全かつスピーディにログインできます。

一方、「Blackview BV5300 Pro」は顔認証に対応し、安全かつスピーディにログインできます。「UMIDIGI BISON 2 PRO」はサイド指紋認証、AI顔認証に対応しています。「Unihertz TickTock-E」はサイド指紋認証、顔認証に対応しています。

・厚さ17.1mmで重さ425gのタフボディ・3色カラーを用意

OUKITEL WP28」は厚さ17.1mmで重さ425gのタフなボディになっています。また、ブラック、オレンジ、グリーンの3色カラーを用意しています。

一方、「Blackview BV5300 Pro」は厚さ15mmで重さ273gのタフボディで、ブラック、オレンジ、グリーンの3色カラーを用意しています。「UMIDIGI BISON 2 PRO」は厚さ12.9mmで重さ280gで、グレーカラーを用意しています。「Unihertz TickTock-E」は厚さ11mmで重さ233gになっています。

・Android 13搭載で新機能が使える

OUKITEL WP28」はAndroid 13搭載で新機能も使えるようになっています。

Android 13には、

テーマ別アイコンデザイン(サードパーティ製アプリを含む)、クイック設定の変更(ボタンの位置変更・タイル数の増加・不要な実行中アプリを停止)、ホーム画面のカスタマイズ、メディアコントロール(音楽でデザインが変化)、テキストのコピーツール、アプリごとの言語設定、おやすみ時間モードのカスタマイズ(設定項目が増加)、「バイブレーションとハプティクス」(通話のバイブレーションなどの設定項目が追加)、

通知の制御(ユーザーに許可を求める)、クリップボード履歴の自動消去、特定の写真や動画のみにアクセスを許可、空間オーディオ、Bluetooth LE Audio(音楽を他のユーザーと共有)、Chromebookとの連携、端末間でコピー&ペースト、タブレットのマルチタスク、手のひらとスタイラスペンの別タッチ登録

などの機能が追加されています。

一方、「Blackview BV5300 Pro」はAndroid 12ベースのDoke-OS 3.1搭載で新機能も利用できます。「UMIDIGI BISON 2 PRO」はAndroid 12搭載で新機能も使えるようになっています。「Unihertz TickTock-E」はAndroid 12を搭載しています。

デメリット

・ショートカットキーがない

OUKITEL WP28」は物理的なショートカットキー(プログラマブルキー)を搭載していません。

一方、「Blackview BV5300 Pro」はプログラマブルキーを搭載しています。「UMIDIGI BISON 2 PRO」はショートカットキー(プログラマブルキー)を搭載しています。「Unihertz TickTock-E」は2つのプログラマブルキーを搭載しています。

・サブディスプレイがない

OUKITEL WP28」はサブディスプレイを搭載していません。

一方、「Unihertz TickTock-E」は背面に1.28インチ、解像度240 × 240 pxのサブディスプレイを搭載しています。「Blackview BV5300 Pro」と「UMIDIGI BISON 2 PRO」はサブディスプレイを搭載していません。

「OUKITEL WP28」の評価

OUKITEL WP28」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★★

機能:★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

OUKITEL WPシリーズの最新モデルになります。2023年4月に発売された「OUKITEL WP23」よりもワンランク高い性能で、価格も低めです。

プロセッサはUNISOC T606でAntutu総合で約20万ほど。「Blackview BV5300 Pro」と比べると約2倍高いスコアになっています。

また、最大15GBメモリ、256GBストレージ、 10600mAhバッテリーを搭載。48MP+2MPの2眼カメラも備えており、「UMIDIGI BISON 2 PRO」にも引けを取らない性能になっています。そのほか、18W急速充電やNFC/Google Payに対応。IP68/IP69K防水防塵、MIL-STD-810H、アウトドアツール、4衛星測位に対応したGPS、グローブモードにも対応しています。

全体的なスペックが高めなので、エントリー向けモデルの性能では満足しない人にもおすすめできます。

ただし、本体の重さは425gとかなり重いのが難点です。230gの「Unihertz TickTock-E」のような軽いモデルと比べると持ち運びづらさがあるかもしれません。

OUKITEL WP28」の発売時の価格はUS $159.99 (日本円で約22,788円)。

この性能で約2万円ほどなのが驚きです。低価格でも性能高いAndroid 13のタフネススマホを探している人におすすめです。

「OUKITEL WP28」の販売・購入先

OUKITEL WP28」は、

Amazonで29,900円(税込・5233円 OFFクーポン付き)、

楽天市場で29,980円(送料無料)、

ヤフーショッピングで32,292円、

AliExpressでUS $136.99 (日本円で約20,362円)、

で販売されています。

Amazonで「OUKITEL WP28」をチェックする

楽天市場で「OUKITEL WP28」をチェックする

ヤフーショッピングで「OUKITEL WP28」をチェックする

AliExpressで「OUKITEL WP28」をチェックする

米国 Amazon.comで「OUKITEL WP28」をチェックする

 

 

 

他のスマートフォンと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「OUKITEL WP32」(5.93型・T606・カスタマイズボタン)

★「OUKITEL WP30 Pro」(6.78インチ・Dimensity 8050)

★「Blackview BV6200」(Helio A22・13000mAh・大音量)

★「OUKITEL WP27」(Helio G99・8500mAh・Android 13)

★「UMIDIGI G5 Mecha」(6.6インチ・UNISOC T606・タフネス)

Blackview BV5300 Pro

UMIDIGI BISON 2 PRO

Unihertz TickTock-E

Blackview N6000」(4.3インチ・Helio G99)

OUKITEL WP23」(MT6765・10600mAhバッテリ)

DOOGEE S51」(Helio G25・Android 12)

Oukitel WP22」(Helio P90・大音量スピーカー)

Blackview BV9300」(Helio G99・21GBメモリ・強力ライト)

UMIDIGI BISON GT2 Pro 5G

Unihertz TANK」(Helio G99・フラッシュライト)

他のOUKITELスマホと比較

他にもOUKITELスマホが販売されています。ぜひ比較してみてください。

OUKITELスマホは長寿命でコスパよし! 全機種を比較

その他のおすすめAndroidスマホは?

その他のおすすめAndroidスマホは以下のページでまとめています。ぜひ比較してみてください。

激安で買えるタフネススマホ 最新モデルを比較

激安タフネススマホをまとめて紹介しています。

タフネススマホの最新モデル 全機種 ラインナップ 一覧 

ハイスペックなタフネススマホをまとめて紹介しています。

最強の激安スマホはどれだ? 海外モデル 比較

海外製の激安スマホをまとめて紹介しています。

2万円台で買えるリッチなスマホ 全機種を比較 

2万円台のAndroidスマホをまとめて紹介しています。

注文殺到で売れまくり! 3万円台で買えるハイスペックスマホ まとめ

3万円台のAndroidスマホをまとめて紹介しています。

格安スマホ おすすめ機種・選び方・注意点

最新の格安スマホをまとめて紹介しています。