【2021】激安で買えるタフネススマホ 最新モデルを比較


2021 激安で購入できるタフネススマホをまとめて紹介!IP68の防水防塵に加えて耐衝撃や耐寒・耐熱にも対応。1万円以下で購入できるモデルもあります。

※本格的なタフネススマホは以下のページにまとめてあります。

【2021】タフネススマホの最新モデル 全機種 ラインナップ 一覧 

激安タフネススマホの選び方

低価格で購入できる激安のタフネススマホはどのように選べばよいのだろうか? 外見だけを見れば、どれも頑丈でタフそうに見えるため、価格だけを見て決めても良さそうに見える。しかし、せっかくタフネススマホを手に入れるのだから、できれば一番納得のいくものを選びたいものだ。

そこで、ここでは低価格で購入できる激安のタフネススマホの見分け方をまとめてみよう。くれぐれも「男らしいデザイン」や本体の「頑丈さ」だけで選ばないように。間違ったタフネススマホの選び方をすれば、必ず後で後悔することになる。

MIL-STD-810G対応かチェック

タフネススマホを探しているいると、必ず「MIL-STD-810G対応」という言葉が目に入ってくる。これはアメリカ国防総省制定MIL規格のことで、要するに「アメリカ軍が使っても大丈夫なくらい頑丈でタフ」であることを証明したもの。この規格にクリアするためには、防水、防塵、耐衝撃、耐寒、耐熱など、さまざまなテストをクリアしなければならず、簡単には「MIL-STD-810G対応」の証明が取れない。これはつまり、タフネススマホであるためには、同時に「MIL-STD-810G対応」である必要があるということでもある。

よくAmazonなどで「タフネススマホ」として販売されているものの中には、「MIL-STD-810G対応」でないものもある。低価格で販売しているため、仕方がない部分もあるが、せっかくタフネススマホを購入するのだから、できるだけ「MIL-STD-810G対応」のものが望ましい。

ただし、工事現場などで使用する目的であれば、「MIL-STD-810G対応」でなくてもいい。この場合は防水防塵・耐衝撃性を確認し、ボディにアルミフレームを採用した頑強なものを選んだ方がいいだろう。

ジャイロセンサー&コンパスの有無をチェック

タフネススマホを選ぶ際に、実は最も重要なのが「センサー」だ。特にジャイロセンサーとコンパスの有無は購入する前にしっかりと確認しておきたい。ジャイロセンサーとコンパスがあれば、地図アプリ上でも現在位置と進行方向がリアルタイムで表示される。

電子コンパスだけを搭載しているものもあるが、この場合は、進行方向がリアルタイムで表示されず、自分がどの方向に進んでいるのかがよく分からない。したがって、道に迷ったとき、コンパスのみの場合はさらに道に迷って深みにはまるリスクがあり、非常に危険だ。アウトドアで厳しい自然環境のある場所へ出かける人は特に注意しておきたい。

バッテリー容量をチェック

タフネススマホといえば、どんな過酷な環境にも耐えうる頑強でタフなイメージを持つ人も多いことだろう。確かに故障しづらいほど頑強でタフであることは必要だ。しかし、実際にアウトドアなどで使用する場合は、「バッテリー駆動時間」も重要な要素となる。なぜなら、どんなに頑強でタフなボディを持っていたとしても、バッテリーがきれてしまったら、何の意味もなくなるからだ。最近では4000mAh以上のバッテリー容量を持つ激安タフネススマホも増えていることから、できるだけ多くのバッテリー容量を持つ激安タフネススマホを選んだ方がいいだろう。

Blackviewの激安タフネススマホ

ここではBlackviewの激安タフネススマホを紹介します。リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、価格などが分かるようになっています。

ここで紹介する機種は以下の通りです。

「Blackview BV4900」( /Pro)
「Blackview BV5100」
「Blackview BV5500 / Pro / Plus」
「Blackview BV5900」
「Blackview BV6300 Pro」
「Blackview BV6600」

<5.7インチ・Android 10.0・MIL-STD対応・Pro版もあり>

「Blackview BV4900」(/ Pro)

Blackview BV4900」」はAndroid 10.0を搭載した5.7型のスマートフォン。コンパクトボディにMediatek Helio A22 MT6761V クアッドコアプロセッサと3GBメモリを搭載。18:9のフルスクリーンIPS液晶、32GBストレージ、5580 mAhバッテリー、背面8MPのメインカメラ、前面5MPのフロントカメラを備えるほか、

リバースチャージ(OTG)、IP68の防水防塵、MIL-STD-810G、NFC、Google Pay、Sony IMX134(カメラ)、Glonass/Beidou/Galileo を使ったGPS通信
Wi-Fi、Bluetooth 4.1にも対応している。

続きを読む

Amazonで「Blackview BV4900」をチェックする

Amazonで「Blackview BV4900 Pro」をチェックする

AliExpressで「Blackview BV4900」をチェックする

Banggoodで「Blackview BV4900」をチェックする

Gearbestで「Blackview BV4900 Pro」をチェックする

「Blackview BV5100」

Blackview BV5100」はAndroid 10を搭載した5.7型のスマートフォン。厚さ13.7mm、重さ275gのボディにMediaTek MediaTek Helio P22 MT6762V/WD オクタコアプロセッサと4GB DDR4Xメモリを搭載。18:9のフルスクリーンIPS液晶、128GB eMMCストレージ、5580mAhバッテリー、背面16MP+8MP+0.3MPのトリプルカメラ、前面13MPのフロントカメラを備えるほか、

ワイヤレス充電、18W(9v 2A) 急速充電、IP68 & IP69Kの防水防塵、MIL-STG-810G、アウトドアツール(フラッシュライト)、NFC、Google Pay 、顔認証、指紋認証(側面)、USB Type-C(OTG)、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 5.0にも対応している。

続きを読む

ヤフーショッピングで「Blackview BV5100」をチェックする

Banggoodで「Blackview BV5100」をチェックする

AliExpressで「Blackview BV5100」をチェックする

<5.5インチ・Android8.1/9.0/10・MIL-STD・技適認証に対応>

「Blackview BV5500 / Pro / Plus」

Blackview BV5500」はAndroid 8.1を搭載した5.5型のスマートフォン。IP68の防水防塵ボディにMediaTek MT6580P クアッドコアCPUと2GB RAMを搭載。18:9のフルスクリーン液晶、大容量4400mAhバッテリー、16GBストレージ、ソニー製800万画素+30万画素のデュアルカメラ(背面) 、前面500万画素のフロントカメラ、ノイズキャンセリング対応のダブルマイク、電子コンパスを備えるほか、顔認証、MIL-STD-810G、Glonass GPS通信、USB Type-C接続にも対応している。

続きを読む

AliExpressで「Blackview BV5500」をチェックする

「Blackview BV5500 Pro」も発売中!

3GBメモリ&32GBストレージ搭載の「Blackview BV5500 Pro」も発売されています。こちらは4G LET通信、Android 9.0に対応しています。

AliExpressで「Blackview BV5500 Pro」をチェックする

Gearbestで「Blackview BV5500 Pro」をチェックする

「Blackview BV5500 Plus」も発売開始!

Android 10を搭載した「Blackview BV5500 Plus」も発売されました。

Amazonで「Blackview BV5500 Plus」をチェックする

AliExpressで「Blackview BV5500 Plus」をチェックする

Gearbestで「Blackview BV5500 Plus」をチェックする

<5.7インチ・Android9.0・MIL-STD・技適認証に対応>

「Blackview BV5900」

Blackview BV5900」はAndroid 9.0を搭載した5.7型のタフネススマートフォン。IP68/IP69K& MIL-STD-810Gの防水防塵ボディに MediaTek Helio A22 MT6761 クアッドコア CPUと3GB RAMを搭載。フルスクリーン液晶、32GBストレージ、5580 mAhバッテリー、ソニー製の背面1300万画素+30万画素、前面500万画素カメラを備えるほか、

顔認証、指紋認証(サイドキーあり)、IP68&IP69Kの防水防塵、GPS、Glonass、Beidou、Galileo 4モード測位システム、5GHz帯の高速Wi-Fi 、Bluetooth 4.2、USB Type-C 接続、NFC、ゴリラガラス3 にも対応している。

続きを読む

Amazonで「Blackview BV5900」をチェックする

<5.7インチ・Android 10・MIL-STD・2020/6発売の最新モデル>

「Blackview BV6300 Pro」

Blackview BV6300 Pro」はAndroid 10を搭載した5.7型のスマートフォン。厚さ11.6mm のボディにMediaTek Helio P70 オクタコア プロセッサと6GBメモリを搭載。18 : 9のフルスクリーンIPS液晶、128GBストレージ、4,380mAhバッテリー、16MP+8MP+2MP+0.3MPのクアッドカメラ、13MPのフロントカメラを備えるほか、

18Wの急速充電(9V/2A)、10Wのワイヤレス充電、リバース充電、NFC、Google Pay、指紋認証(背面)、Gorilla Glass 3、IP68/IP69Kの防水防塵、MIL-STD-810G、耐寒、耐熱、耐衝撃、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 4.2、みちびきGPS通信にも対応している。

続きを読む

Amazonで「Blackview BV6300 Pro」をチェックする

Banggoodで「Blackview BV6300 Pro」をチェックする

AliExpressで「Blackview BV6300 Pro」をチェックする

GearBestで「Blackview Bv6300 Pro」をチェックする

「Blackview BV6600」

Blackview BV6600」はAndroid 10を搭載した5.7型のスマートフォン。厚さ18mm、重さ325gのボディにMediatek Helio A25 MT6762D オクタコアプロセッサと4GB LPDDR3メモリを搭載。18:9のHD+液晶、64GB eMMCストレージ、8580mAhバッテリー、背面16MPのメインカメラ、前面8MPのフロントカメラを備えるほか、

リバースチャージ、18W急速充電、NFC、Google Pay、顔認証、指紋認証(側面)、最大128GBまでのストレージ拡張、USB Type-C、IP68/ IP69Kの防水防塵、MIL-STD-810G対応(10テストクリア)、耐衝撃・耐寒・耐熱・完全防水
Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 5.0、GPS(GLONASS/Beidou/Galileo)にも対応している。

続きを読む

Amazonで「Blackview BV6600」をチェックする

Banggoodで「Blackview BV6600」をチェックする

AliExpressで「Blackview BV6600」をチェックする

Gearbestで「Blackview BV6600」をチェックする

Ulefoneの激安タフネススマホ

ここではUlefoneの激安タフネススマホを紹介します。リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、価格などが分かるようになっています。

ここで紹介する機種は以下の通りです。

「Ulefone Armor 8 Pro」
「Ulefone Armor 8」
「Ulefone Armor X7 Pro」
「Ulefone Armor X7」
「Ulefone Armor X6 」
「Ulefone Armor X5」

 

<6.1インチ・MIL-STD対応・2021 / 5月発売の最新モデル>

「Ulefone Armor 8 Pro」

Ulefone Armor 8 Pro」はAndroid 11を搭載した6.1型のスマートフォン。厚さ15 mm、重さ282 gのタフボディにMediaTek Helio P60 オクタコアプロセッサと6GB LPDDR4xメモリを搭載。HD+画質のIPS液晶、128GBストレージ、5580mAhバッテリー、背面16MP+5MP+2MPのトリプルカメラ、前面8MPのフロントカメラを備えるほか、

IP68/IP69K防水防塵、ショートカットキー、グローブモード、15Wの急速充電、NFC、Google pay、指紋認証(側面)、顔認証、MIL-STD-810G、USB Type-C 2.0、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 4.2、GPS (GLONASS/Galileo)にも対応している。

続きを読む

ヤフーショッピングで「Ulefone Armor 8 Pro」をチェックする

Banggoodで「Ulefone Armor 8 Pro」をチェックする

AliExpressで「Ulefone Armor 8 Pro」をチェックする

Gearbestで「Ulefone Armor 8 Pro」をチェックする

Amazonで「Ulefone Armor」をチェックする

<6.1インチ・MIL-STD対応・2020 / 8月発売の最新モデル>

「Ulefone Armor 8」

Ulefone Armor 8」はAndroid 10.0を搭載した6.1型のスマートフォン。厚さ 15 mm、重さ282 gのボディにMediaTek Helio P60 MT6771 オクタコア プロセッサと4GB LPDDR4x メモリを搭載。解像度1560 x 720 ドットのIPS液晶、64GBストレージ、5580mAhバッテリー、16MP + 5MP + 2MPのトリプルカメラ、8MPのフロントカメラを備えるほか、

NFC、Google Pay、グローブタッチ、マクロ撮影(カメラ)、顔認証、指紋認証、ショートカットキー機能、アウトドアツール、IP68 / IP69K(最大深度1.5メートル、最大30分)、MIL-STD-810G、耐衝撃、耐寒耐熱、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 4.2にも対応している。

続きを読む

ヤフーショッピングで「Ulefone Armor 8」をチェックする

Banggoodで「Ulefone Armor 8」をチェックする

AliExpressで「Ulefone Armor 8」をチェックする

Gearbestで「Ulefone Armor 8」をチェックする

<5.0インチ・MIL-STD対応・2020 / 5月発売の最新モデル>

「Ulefone Armor X7 Pro」

Ulefone Armor X7 Pro」はAndroid 10を搭載した5.0型のタフネススマートフォン。厚さ14.6mm、重さ 234gのボディにMediaTek Helio A20 MT6761VWE クアッドコア プロセッサと4GBメモリを搭載。HD画質のIPS液晶、32GBストレージ、4000mAhバッテリー、背面13MPのメインカメラ、前面5MPのフロントカメラを備えるほか、

IP68 / IP69Kの防水防塵、NFC、Google Pay、GLONASS&GalileoのGPS通信、強化ガラス、グローブタッチ、顔認証、指紋認証、PTT(プッシュツートーク)、ショートカットキー、SOSボタン、水中撮影、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 5.0にも対応している。

続きを読む

Amazonで「Ulefone Armor X7 Pro」をチェックする

Banggoodで「Ulefone Armor X7 Pro」をチェックする

AliExpressで「Ulefone Armor X7 Pro」をチェックする

Gearbestで「Ulefone Armor X7 Pro」をチェックする

<5.0インチ・Android10.0・MIL-STD対応>

「Ulefone Armor X7」

Ulefone Armor X7」はAndroid 10.0を搭載した5.0型のタフネス スマートフォン。厚さ 14.6mm、重さ 234gのボディにMediaTek Helio A22 MT6761 クアッドコア プロセッサと2GBメモリを搭載。HD画質のIPS液晶、16GBストレージ、4000mAhバッテリー、背面 13MPのメインカメラ、前面5MPのフロントカメラを備えるほか、

IP68 / IP69Kの防水防塵、3660度の完全防水、顔認証、指紋認証、水中撮影、ショートカットキー、SOSボタン、グローブモード、GLONASS & Galileo を使ったGPS通信、アウトドアツール、電子コンパス、NFC、Google Pay、デュアルSIMスタンバイ、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 5.0にも対応している。

続きを読む

Amazonで「Ulefone Armor X7」をチェックする

Banggoodで「Ulefone Armor X7」をチェックする

AliExpressで「Ulefone Armor X7」をチェックする

Gearbestで「Ulefone Armor X7」をチェックする

<5.0インチ・Android9.0・MIL-STD対応>

「Ulefone Armor X6 」

Ulefone Armor X6」はAndroid 9.0を搭載した5.0型のスマートフォン。重さ223.8gのボディにMediaTek MT6580 クアッドコア プロセッサと2GB メモリを搭載。グローブタッチに対応したHD液晶、16GBストレージ、4000mAhバッテリ、背面 8 MPカメラ、前面5MPカメラを備えるほか、IP68/IP69Kの防水防塵、MIL-STD810G、カスタムキー、ジェスチャー操作、SOSボタン、フラッシュライト、トランシーバー Push-to-talk (PTT)アプリ、水中撮影、360度保護、デュアルSIMスタンバイ、Bluetooth 4.2にも対応している。

続きを読む

Amazonで「Ulefone Armor X6」をチェックする

Banggoodで「Ulefone Armor X6」をチェックする

AliExpressで「Ulefone Armor X6」をチェックする

GearBestで「Ulefone Armor X6」をチェックする

<5.5インチ・Android9.0・MIL-STD対応>

「Ulefone Armor X5」

Ulefone Armor X5」はAndroid 9.0を搭載した5.5型のスマートフォン。厚さ13.85mmのボディにMediaTek Helio P23 MT6763 オクタコア プロセッサと3GBメモリを搭載。18:9のフルスクリーン液晶、32GBストレージ、5000mAhバッテリー、背面13 MP + 2 MP、前面 5MPカメラを備えるほか、

ショートカットキー(カスタマイズ可)、PTT(プッシュツートーク ※トランシーバー機能)、グローブタッチ、画面分割モード、顔認証、OTG、リバースチャージ機能、IP68 / IP69Kの防水・防塵、耐寒・耐熱、MIL-STD 810G、水中撮影、NFC、Google Pay、Glonass GPS通信、スマートオーディオ、デュアルSIMスタンバイ、アウトドアツールにも対応している。

続きを読む

Amazonで「Ulefone Armor X5」をチェックする

Banggoodで「Ulefone Armor X5」をチェックする

AliExpressで「Ulefone Armor X5」をチェックする

GearBestで「Ulefone Armor X5」をチェックする

 DOOGEEの激安タフネススマホ

ここではDOOGEEの激安タフネススマホを紹介します。リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、価格などが分かるようになっています。

ここで紹介する機種は以下の通りです。

「DOOGEE S59 Pro」
「DOOGEE S96 Pro」
「DOOGEE S40 Pro」
「DOOGEE S40」
「DOOGEE S88 Pro」

 

<5.71インチ・Android10・タフネス・10050mAhバッテリー>

「DOOGEE S59 Pro」

DOOGEE S59 Pro」はAndroid 10を搭載した5.71型のタフネススマートフォン。厚さ18.3mm、重さ340gのボディにMediaTek Helio P22 オクタコアプロセッサと4GBメモリを搭載。18:9のHD+液晶、128GBストレージ、10050mAhバッテリー、背面16MP+8MP+8MP+2MPのクアッドカメラ、前面16MPのフロントカメラを備えるほか、

24W急速充電(12V/2A)、2Wスピーカー、グローブモード、ショートカットキー、アウトドアツール
NFC、Google Pay、グローバルバンド、ゴリラガラス、IP68/IP69Kの防水防塵、MIL-STD-810G、耐寒、耐熱、耐衝撃、顔認証、指紋認証(側面)
最大256GBまでのストレージ拡張、USB Type-C、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 5.0、GPS(Galileo/Glonass/Beidou)にも対応している。

続きを読む

Banggoodで「DOOGEE S59 Pro」をチェックする

AliExpressで「DOOGEE S59 Pro」をチェックする

Gearbestで「DOOGEE S59 Pro」をチェックする

米国Amazon.comで「DOOGEE S59 Pro」をチェックする

<6.22インチ・Android10.0・タフネス・暗視撮影>

「DOOGEE S96 Pro」

DOOGEE S96 Pro」はAndroid 10.0を搭載した6.22型のスマートフォン。厚さ15.5mm、重さ310gのボディにMediaTek Helio G90 MT6785 オクタコア プロセッサと8GBメモリを搭載。19:9フルスクリーンLCD液晶、128GB Samsung UFSストレージ、6350mAhバッテリー、背面48MP+8MP+2MP+20MPのAIクアッドカメラ、前面16MPのフロントカメラを備えるほか、

暗視カメラによる夜間撮影、24W急速充電(12V/2A)、10Wワイヤレス充電、IP68/IP69Kの防水防塵、MIL-STD-810G、耐寒、耐熱、耐衝撃、顔認証、指紋認証(側面)、Gorilla Glass、Type-C、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 5.0にも対応している。

続きを読む

Banggoodで「DOOGEE S96 Pro」をチェックする

AliExpressで「DOOGEE S96 Pro」をチェックする

Gearbestで「DOOGEE S96 Pro」をチェックする

米国Amazon.comで「DOOGEE S96 Pro」をチェックする

<5.45インチ・Android 10.0・タフネス・2020/10発売の最新モデル>

「DOOGEE S40 Pro」

DOOGEE S40 Pro」はAndroid 10.0を搭載した5.45型のスマートフォン。厚さ14.10mm、重さ238gのボディにMediaTek Helio A25 MT6762D オクタコア プロセッサと4GBメモリを搭載。18:9のフルスクリーンIPS液晶、64GBストレージ、4650mAhバッテリー、背面13MP+2MPのAIデュアルカメラ、前面5MPのフロントカメラを備えるほか、

IP68&IP69Kの防水防塵、耐衝撃、耐寒、耐熱、MIL-STD-810G、ショートカットキー、アウトドアツール、10W急速充電、Gorila Glass(液晶)、NFC、Google Pay、Bluetooth 5.0、5GHz帯の高速Wi-Fi通信、GPS(Beidou,Galileo,Glonass)にも対応している。

続きを読む

ヤフーショッピングで「DOOGEE S40 Pro」をチェックする

Banggoodで「DOOGEE S40 Pro」をチェックする

AliExpressで「DOOGEE S40 Pro」をチェックする

Gearbestで「DOOGEE S40 Pro」をチェックする

 

<5.5インチ・Android9.0・MIL-STD対応>

「DOOGEE S40」

DOOGEE S40」はAndroid 9.0を搭載した5.5型のスマートフォン。防水防塵MIL-STD-810G対応のボディにMediaTek MT6739クアッドコアCPUと2GB RAMを搭載。18:9のフルスクリーンIPS液晶、大容量4650 mAhバッテリー、16GBストレージ、背面800万画素+500万画素、前面500万画素カメラ、ジャイロセンサー、コンパスを備えるほか、

顔認証、指紋認証、急速充電、NFC、GLONASS GPS通信、IP68/IP69の防水防塵、MIL-STD-810G、OTA、SOSボタン(緊急連絡機能)、懐中電灯(フラッシュライト)機能にも対応している。

続きを読む

Amazonで「DOOGEE S40」をチェックする

Banggoodで「DOOGEE S40」をチェックする

AliExpressで「DOOGEE S40」をチェックする

Gearbestで「DOOGEE S40」をチェックする

<6.3インチ・Android 10・2020/7発売>

「DOOGEE S88 Pro」

DOOGEE S88 Pro」はAndroid 10.0を搭載した6.3型のスマートフォン。厚さ18.7mm、372 gのボディにMediaTek Helio P70 MTK6771T オクタコアプロセッサと6GBメモリを搭載。19:9のフルスクリーンIPS液晶、128GBストレージ、10000mAhバッテリー、21MP + 8MP + 8MPのAIトリプルカメラ、16MPのフロントカメラを備えるほか、

24Wワイヤレス充電、10W急速充電、リバースチャージ、NFC、Google Pay、指紋認証(側面)、Gorilla Glass(液晶)、 MIL-STD-810G、耐寒・耐熱・耐衝撃・完全防水、アウトドアツール、USB Type-C、Wi-Fiデュアルバンド、GPS ( BEIDO, GOLNASS, Galileo )にも対応している。

続きを読む

Amazonで「DOOGEE S88 Pro」をチェックする

GearBestで「DOOGEE S88 Pro」をチェックする

Banggoodで「DOOGEE S88 Pro」をチェックする

AliExpressで「DOOGEE S88 Pro」をチェックする

OUKITELの激安タフネススマホ

ここではOUKITELの激安タフネススマホを紹介します。リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、価格などが分かるようになっています。

ここで紹介する機種は以下の通りです。

「OUKITEL WP12」
「OUKITEL WP8 Pro」
「OUKITEL WP5 Pro」
「OUKITEL WP5」
「OUKITEL WP1」
「OUKITEL Y1000」

 

<5.86インチ・Android10・2021/5月発売の最新モデル>

「OUKITEL WP9」

OUKITEL WP9」はAndroid 10を搭載した5.86型のスマートフォン。厚さ19.5mm、重さ321gのボディにMediaTek Helio P60 オクタコア プロセッサと6GBメモリを搭載。19:9のHD+液晶、128GBストレージ、8000mAhバッテリー、背面16MP+13MP+0.8MPのトリプルカメラ、8MPのフロントカメラを備えるほか、

IP68/IP69K防水防塵、MIL-STD-810G(防水防塵、耐衝撃、耐寒、耐熱)、Gorilla Glass、NFC、Google Pay
顔認証、指紋認証、FMラジオ、USB Type-C (OTG)
Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 5.0、GPS(Galileo/Glonass/Beidou)にも対応している。

続きを読む

Amazonで「OUKITEL WP9」をチェックする

Banggoodで「OUKITEL WP9」をチェックする

AliExpressで「OUKITEL WP9」をチェックする

GearBestで「OUKITEL WP」をチェックする

<5.5インチ・Android11・2021/3月発売の最新モデル>

「OUKITEL WP12」

OUKITEL WP12」はAndroid 11を搭載した5.5型のスマートフォン。厚さ14.3mm、重さ237gのボディにMediaTek Helio A22 クアッドコア プロセッサと4GBメモリを搭載。18:9のHD+ IPS液晶、32GBストレージ、4000mAhバッテリー、背面13MPのメインカメラ、前面5MPのフロントカメラを備えるほか、

グローブモード、ショートカットキー(カスタマイズキー)、IP68K/IP69の防水防塵、MIL-STD-810G、PD充電、NFC、Google Pay、最大256GBまでのストレージ拡張、USB Type-C、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 5.0、GPS (GLONASS, BEIDOU, Galileo)にも対応している。

続きを読む

Amazonで「OUKITEL WP12」をチェックする

Banggoodで「OUKITEL WP12」をチェックする

AliExpressで「OUKITEL WP12」をチェックする

<6.49インチ・Android10.0・2020/9月発売の最新モデル>

「OUKITEL WP8 Pro」

OUKITEL WP8 Pro」はAndroid 10.0を搭載した6.49型のスマートフォン。厚さ12.9mm、重さ260 gのボディにMediaTek Helio A25 MT6762D オクタコア プロセッサと 4GBメモリを搭載。
19.5:9のフルスクリーンIPS液晶、64GBストレージ、5000mAhバッテリー、背面16MP+2MP+2MPのトリプルカメラ、前面8MPカメラを備えるほか、

ショートカットキー、NFC、Google Pay、IP68K/IP69の防水防塵、耐久性 MIL-STD-810G、耐衝撃、耐寒耐熱、完全防水、アウトドアツール、5GHz帯の高速Wi-Fi通信、Bluetooth 4.2、GPS(GLONASS)にも対応している。

続きを読む

Amazonで「OUKITEL WP8 Pro」をチェックする

AliExpressで「OUKITEL WP8 Pro」をチェックする

Banggoodで「OUKITEL WP8 Pro」をチェックする

GearBestで「OUKITEL WP8 Pro」をチェックする

<5.5インチ・Android 10.0・4GBメモリ&64GBストレージ>

「OUKITEL WP5 Pro」

OUKITEL WP5 Pro」はAndroid 10.0を搭載した5.5型のタフネススマートフォン。厚さ 18.3mmのボディにMediaTek Helio A25 MT6762D オクタコア プロセッサと4GBメモリを搭載。HD+画質のIPS液晶、64GBストレージ、8000mAhバッテリー、13MP+2MP+2MPのAIトリプルカメラ、前面5MPのAIフロントカメラを備えるほか、

Gorilla Glass 5、10W(5V/2A)の急速充電、IP68 & IP69Kの防水防塵、MIL-STD-810G、耐衝撃、耐寒耐熱、完全防水、ジャイロセンサー、地磁気センサー、コンパス、顔認証、指紋認証、アプリロック機能、USB Type-C、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 5.0、アウトドアツールにも対応している。

続きを読む

Amazonで「OUKITEL WP5 Pro」をチェックする

AliExpressで「OUKITEL WP5 Pro」をチェックする

Banggoodで「OUKITEL WP5 Pro」をチェックする

GearBestで「OUKITEL WP5 Pro」をチェックする

<Android 9.0・5.5インチ>

「OUKITEL WP5」

OUKITEL WP5」はAndroid 9.0を搭載した5.5型のタフネススマートフォン。厚さ1.80 cmのボディにMediaTek MT6761 クアッドコア プロセッサと3GB メモリを搭載。18:9のフルスクリーン液晶、32GBストレージ、8000mAhバッテリ、背面13.0MP + 5.0MP + 2.0MPのトリプルカメラ、前面5MPのフロントカメラを備えるほか、

IP68&IP69Kの防水防塵、Glonass GPS通信、スーパーフラッシュライト(4 LED light)、顔認証、指紋認証、PDAF(カメラ)、AIビューティモード(カメラ)、Wi-Fiデュアルバンド、USB-Type-Cにも対応している。

続きを読む

Amazonで「OUKITEL WP5」をチェックする

Banggoodで「OUKITEL WP5」をチェックする

GearBestで「OUKITEL WP5」をチェックする

AliExpressで「OUKITEL WP5」をチェックする

<5.5インチ・Android8.1>

「OUKITEL WP1」

OUKITEL WP1」はAndroid 8.1を搭載した5.5型のスマートフォン。防水防塵ボディにMediatek Helio P23 MT6763 オクタコアCPUと4GB RAMを搭載。18:9のフルスクリーン液晶、64GBストレージ、大容量5000mAhバッテリー、ソニー製の背面1300万画素+200万画素、前面500万画素カメラ、ジャイロセンサーを備えるほか、ワイヤレス充電、指紋認証、IP68の防水防塵、耐衝撃、9V/2Aの急速充電、Glonass GPS通信、OTG、リバースチャージ、節電モード、ジェスチャーによるアンロックにも対応している。

続きを読む

Amazonで「OUKITEL WP1」をチェックする

AliExpressで「OUKITEL WP1」をチェックする

<6.0インチ・Android9.0・2019最新モデル>

「OUKITEL Y1000」

OUKITEL Y1000」はAndroid 9.0を搭載した6.088型のスマートフォン。厚さ11.2mmのボディにMediaTek MT6580P クアッドコア プロセッサと2GBメモリを搭載。19.5:9のフルスクリーン液晶、32GBストレージ、3600mAhバッテリ、背面 8MP+2MPのデュアルカメラ、前面 5MPのフロントカメラを備えるほか、顔認証、指紋認証、IP68の防水防塵、耐衝撃、薄型軽量デザイン、USB Type-C接続にも対応している。

続きを読む

Banggoodで「OUKITEL Y1000」をチェックする

AliExpressで「OUKITEL Y1000」をチェックする

米国 Amazon.comで「OUKITEL Y1000」をチェックする

UMIDIGIのタフネススマホ

UMIDIGIのタフネススマホを紹介します。リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

<6.3インチ・Android 10・2020/8月発売の最新モデル>

「UMIDIGI BISON」(Pro)

UMIDIGI BISON」はAndroid 10を搭載した 6.3型のスマートフォン。厚さ12.8 mm、重さ250gのボディにMediaTek Helio P60 MT6771 オクタコア プロセッサと6GB LPDDR4Xメモリを搭載。19.5:9のフルスクリーン液晶、 128GB UFS 2.1ストレージ、5000mAhバッテリー、背面48MP+16MP+5MP+5MPのAIクアッドカメラ、前面24MPのフロントカメラを備えるほか、

IP68/ IP69Kの防水防塵、ショートカットキー、アウトドアツール、Gorilla Glass、グローブモード、18W急速充電、指紋認証(側面)、ジャイロスコープ、GPS( Glonass/Galileo )、NFC、Google Pay 、USB Type-C、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 4.2にも対応している。

続きを読む

Amazonで「UMIDIGI BISON」をチェックする

AliExpressで「UMIDIGI BISON」をチェックする

Banggoodで「UMIDIGI BISON」をチェックする

Gearbestで「UMIDIGI BISON」をチェックする

Pro版も販売開始!

AliExpressで「UMIDIGI BISON Pro」をチェックする

その他のタフネススマホ

その他の最新タフネススマホを紹介します。リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

「F150 B2021」

F150 B2021」はAndroid 10を搭載した5.86型のスマートフォン。厚さ18.05mm、重さ315gのボディにMediaTek Helio G25 (MTK6762) オクタコア プロセッサと6GBメモリを搭載。19:9のHD +液晶、6GBメモリ、64GBストレージ、8000mAhバッテリー、13MP+2MP+2MPのトリプルカメラ、8MPのフロントカメラを備えるほか、

18W急速充電、NFC、Google Pay、ショートカット機能、アウトドアツール、グローブモード、 Gorilla Glass5、IP68/ IP69K防水防塵、MIL-STD-810G対応、耐衝撃・耐寒・耐熱・完全防水、指紋認証(側面)、USB Type-C、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 5.0、GPS(GLONASS)にも対応している。

続きを読む

Amazonで「F150 B2021」をチェックする

Banggoodで「F150 B2021」をチェックする

GearBestで「F150 B2021」をチェックする

極小サイズのタフネススマホ

ここでは極小サイズのタフネススマホをまとめて紹介します。リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

ここで紹介する機種は以下の通りです。

「SOYES S10 MAX」
「Unihertz Atom L」
「Unihertz Atom」
「SOYES S10」(SERVO S10)
「Servo X7 Plus」
「CUBOT Kingkong Mini」
「Unihertz Titan」

 

<3.5インチ・Android 10・2021モデル>

「SOYES S10 MAX」

SOYES S10 MAX」はAndroid 10を搭載した3.5型のスマートフォン。厚さ17.5mmのタフボディにMediaTek Helio P22 (MT6762) オクタコアプロセッサと4GBメモリを搭載。HD+画質ののIPS液晶、64/128GBストレージ、2400/3800mAhバッテリー、背面13MPのメインカメラ、前面5MPのフロントカメラを備えるほか、

IP68の防水防塵、ショートカット(SOS/PPTに割り当て)、サイド指紋認証、AI顔認証、Google Playストア、USB Type-C (OTG)、、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 5.0、GPSにも対応している。

続きを読む

Amazonで「SOYES S10 MAX」をチェックする

Banggoodで「SOYES S10 MAX」をチェックする

AliExpressで「SOYES S10 MAX」をチェックする

<4.0インチ・Android 10・IP68防水防塵・MIL-STD-810G>

「Unihertz Atom L」

Unihertz Atom L」はAndroid 10を搭載した4.0型のスマートフォン。厚さ17.5mm、重さ232gのボディにMediaTek Helio P60 オクタコア プロセッサと6GB LPDDR4Xメモリを搭載。解像度1136 x 640 pxの液晶、128GBストレージ、4300mAhバッテリー、背面48MPのメインカメラと前面8MPのフロントカメラを備えるほか、

IP68防水防塵、MIL-STD-810G、NFC、Google Pay、顔認証、指紋認証、急速PD充電、USB Type-C、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 4.2にも対応している。

続きを読む

Amazonで「Unihertz Atom L」でチェックする

AliExpressで「Unihertz Atom L」でチェックする

Banggoodで「Unihertz Atom L」でチェックする

<2.45インチ・Android 8.1・IP68の防水>

「Unihertz Atom」

Unihertz Atom」はAndroid 8.1を搭載した2.45型のタフネススマートフォン。IP68の防水ボディにオクタコアCPUと4GB RAMを搭載。ゴリラガラスを仕様した頑強な液晶や64GBストレージ、ジャイロセンサーを搭載。

指紋認証、4G+4GのDSDV、NFC、OTG、GPS(GLONASS)にも対応している。また、別売の専用オプションとして「Unihertz Atom アームバンド」と「Unihertz Atom バイクマウント」を用意。腕や自転車に取り付けて使用できるようになっている。

続きを読む

Amazonで「Unihertz Atom」をチェックする

<3.0インチ・Android 6.0・IP68の防水>

「SOYES S10」(SERVO S10)

SOYES S10」はAndroid 6.0を搭載した3.0型のスマートフォン。手のひらサイズの極小ボディにMediaTek MTK6737M クアッドコア プロセッサと3GBメモリを搭載。解像度480×854 pxの液晶、32GBストレージ、1900mAhバッテリ、背面500万画素のメインカメラ、前面500万画素のフロントカメラを備えるほか、

IP68の防水防塵、耐衝撃、SOSボタン、プッシュ・トゥ・トーク (PTT : Push to Talk)、サラウンドサウンド、顔認証、指紋認証、NFC、USB Type-C、デュアルSIMスタンバイにも対応している。

続きを読む

Amazonで「SOYES S10」をチェックする

AliExpressで「SOYES S10」をチェックする

Banggoodで「SERVO S10 Pro」をチェックする

<2.45インチ・Android6.0・IP68の防水>

「Servo X7 Plus」

Servo X7 Plus」はAndroid 6.0を搭載した2.45型のスマートフォン。IP68の防水 防塵 耐衝撃ボディにMediaTek MT6737 クアッドコアCPUと2GB RAMを搭載。IPS液晶、10時間通話できる3100mAhバッテリー、16GBストレージ、背面800万画素、ボックススピーカーを備えるほか、指紋認証、NFC、GPS( BDS / Glonass)、電子コンパス、インターホン、OTG機能、SOSワンボタン、急速充電、ワイヤレス充電にも対応している。

対応バンドは4G : FDD-LTE B1/B3/B5/B7/B8 TDD-LTE B38/B39/B40/B41、3G : WCDMA B1/B2/B5/B8 TD-SCDMA B34/B39、2G : GSM B2/B3/B5/B8 CDMA BCO/1X&EVDO。SIMカードは micro SIM。サイズは116×61×24mm で、重量は182g。カラーはブラックを用意する。

Amazonで「OKAYONE X7 PLUS」をチェックする

AliExpressで「Servo X7 Plus」をチェックする

<4インチ・Android 9.0・防水防塵に対応>

「CUBOT Kingkong Mini」

CUBOT Kingkong Mini」はAndroid 9.0を搭載した4.0型のスマートフォン。厚さ12.1mm、重さ約122gのボディにMediatek Helio A22 MT6761 クアッドコア プロセッサと3GBメモリを搭載。QHD +画質のフルスクリーンIPS液晶、32GBストレージ、2000 mAhバッテリー、背面13MPのメインカメラ、前面8MPのフロントカメラを備えるほか、

懐中電灯(LEDフラッシュライト)、防水防塵、耐衝撃、ジャイロセンサー、2.5Dガラス、USB Type-C、 Wi-Fi デュアルバンド、Bluetooth 4.2、GPS( A-GPS )にも対応している。

続きを読む

Amazonで「CUBOT Kingkong Mini」をチェックする

GearBestで「CUBOT Kingkong Mini」をチェックする

AliExpressで「CUBOT Kingkong Mini」をチェックする

<4.6インチ・Android 9.0・2020/7発売の最新モデル>

「Unihertz Titan」

Unihertz Titan」はAndroid 9.0を搭載した4.6型のスマートフォン。厚さ16.65 mm、重さ303gのボディにMediaTek Helio P60 MT6771 オクタコア プロセッサと6GB メモリを搭載。アスペクト比 1:1のスクウェアな液晶、128GBストレージ、6000mAhバッテリー、背面16MPのメインカメラ、前面8MPのフロントカメラを備えるほか、

QWERTYキーボード、ワイヤレス充電(Qi対応)、PD急速充電(15W)、IP67の防水防塵、顔認証、指紋認証、NFC、USB Type C (OTG)、FMラジオ、ゴリラガラス、ジャイロセンサー、コンパス、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 4.1にも対応している。

続きを読む

Amazonで「Unihertz Titan」をチェックする

AliExpressで「Unihertz Titan」をチェックする

激安タフネススマホと本格派モデルとの違い

激安価格で購入できるタフネススマホは一見、本格派のタフネススマホとそっくりに見える。落下させてもビクともしないような頑強なボディを持ち、過酷な自然環境下でも安心して使えそうである。しかし、よく調べてみると、激安タフネススマホと本格派タフネススマホには大きな違いがある。以下にその大きな違いをまとめて示してみよう。

MIL-STD-810G対応でないものが多い

本格派タフネススマホは必ずといっていいほど、アメリカ国防総省制定MIL規格(MIL-STD-810G)に準拠したテストをクリアしているが、激安タフネススマホにはそのような説明がないものが多い。ただし、「DOOGEE S40」、「Blackview BV5500」などはMIL規格に対応しており、すべての激安タフネススマホがMIL規格に非対応なわけではない。

通信性能がイマイチ

本格派タフネススマホは対応バンド数が多く、通信感度も抜群にいい。激安タフネススマホは対応バンド(周波数)が少ないものが多く、そのため格安SIMが認識されても通信できないというトラブルに合いやすい。

搭載センサーが少ない

本格派タフネススマホは「ジャイロセンサー」や電子コンパス、GLONASSなどの衛星に対応したGPSセンサーを搭載している。激安タフネススマホはそれらが搭載されていないことが多く、地図アプリでの進行方向や正確な現在位置を把握することができないことが多い。ただし、「DOOGEE S40」のようにジャイロセンサーやGLONASS対応のGPSに対応したモデルも存在している。

このように激安タフネススマホにはいろいろな弱点があるが、本格派のタフネススマホにも最低3万円以上するほど価格が高いという弱点がある。その点、激安タフネススマホは低価格で手軽にアウトドア仕様のスマホが使えるというメリットがあり、キャンプなどに持っていっても安心して使える。ふだん使っているスマホを壊さないようにサブとして使うなら、激安タフネススマホはかなり役立つのではないだろうか。

その他のおすすめAndroidスマホは?

その他のおすすめAndroidスマホは以下のページでまとめています。ぜひチェックしてみてください。

【2021】タフネススマホの最新モデル 全機種 ラインナップ 一覧

ハイスペックなタフネススマホをまとめて紹介しています。

Blackviewスマホがタフすぎて人気! 全機種を比較

Blackviewのタフネススマホをまとめて紹介しています。

2万円台で買えるリッチなスマホ 全機種を比較 

2万円台で購入できるAndroidスマホをまとめて紹介しています。

【2021年】最強の激安スマホはどれだ? 海外モデル 比較

2020年の激安Androidスマホをまとめて紹介しています。

【2021年最新】格安スマホ おすすめ機種・選び方・注意点

2020年最新の格安スマホをまとめて紹介しています。