タフネススマホに新型が続々! 海外向けモデル 全機種を比較


2018年に入ってタフネススマホに新型モデルが続々と登場している。今月は京セラやオンキヨーが揃って海外向けのタフネススマホを日本で発売。海外では2017から人気のBlackview以外にもOUKITELやUlefone、DOOGEEなどがハイスペックなタフネススマホを販売し、激しいシェア争いを繰り広げている。

日本で再評価されたガテン系タフネススマホ

京セラから発売された「DURA FORCE PRO」(2018 / 日本向けSIMフリーモデル)は工事現場や製造業などの過酷な環境下で使用できるスマホのニーズが上がり、もともとは海外向けだったものを日本でリメイクして再販売されることになった。

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンから発売されることになった「CAT S41」(2018 / SIMフリー)も、建設機械メーカー・キャタピラーによる工事現場用のスマートフォンで同様のニーズがあったものと思われる。今後はSIMフリーで工事現場や製造業でも使えるスマホが増えていきそうだ。

激しいシェア争いが続く海外のタフネススマホ市場

タフネススマホは長らく「Blackview」一強時代が続いており、他社を寄せ付けないほどの人気を博していた。Android6.0搭載のハイスペックなタフネススマホ「Blackview BV6000」から始まり、2017から発売された「Blackview BV7000 Pro」、「Blackview BV8000 Pro「Blackview BV9000 Pro」と着々と進化を続けて現在でも高い人気を誇っている。

一方、そんな「Blackview」一強時代を打ち破ろうと、2018年に入って新たなタフネススマホを投入するメーカーも続々と登場している。大容量バッテリー搭載スマホで定評がある「OUKITEL」(OUKITEL K10000 MAX)、低価格で品質が高いと評判の「Ulefone」(Ulefone Armor 2)、「DOOGEE」(DOOGEE S60)などがその代表的な例で、新しいメーカーも続々とタフネススマホ市場に参戦している。

いずれも防水・防塵・耐落下性などの強靭なボディに独自の機能を付加させており、個性的なモデルが次々と生まれている状況が続いている。2018年以降も新たなモデルが投入され、激しいシェア争いが続きそうだ。

目次

海外製 タフネススマホ まとめ パートⅠ

「Blackview BV9600 Pro」「DOOGEE S80」「OUKITEL WP2」「Ulefone Armor 5」

海外製 タフネススマホ まとめ パートⅡ

「Blackview BV9500」「DOOGEE S70 Lite」「Unihertz Atom」「Ulefone Armor 2」

海外製 タフネススマホ まとめ パートⅢ

「DURA FORCE PRO」「CAT S41」「DOOGEE S60」「Blackview BV9000 Pro」

海外製 タフネススマホ まとめ パートⅣ

「Blackview BV8000 Pro」「Blackview BV7000 Pro」「Blackview BV6000」「Blackview BV5000」「Blackview BV4000 Pro」

海外製 タフネススマホ まとめ パートⅤ

「NOMU S30 mini」「HOMTOM HT20 Pro」「Proofings W」「TORQUE SKT01」

国内向けタフネススマホのまとめ記事はこちら

大容量バッテリー搭載スマホのまとめ記事はこちら

京セラのタフなスマホ&携帯 まとめ記事はこちら

タフなスマートウォッチのまとめ記事はこちら

海外製 タフネススマホ まとめ パートⅠ

ここでは最新かつ最も人気の高いタフネススマホを中心に紹介する。

マイナス55度に耐える本格派タフネススマホ「Blackview BV9600 Pro」

Blackview BV9600 Pro」はAndroid 8.1を搭載したタフネススマホ。IP68/IP69K/MIL-STD-810G/耐寒対応のボディにMediaTek MTK6771 Helio P60オクタコアCPUと6GB RAMを搭載。AMOLED(有機EL)液晶やサムスン製デュアルAIカメラ、ソニー製の800万画素フロントカメラを備えるほか、顔認証、指紋認証(側面)、ワイヤレス充電、12V/2Aの急速充電、GPS(Glonass)にも対応している。

対応バンドは 4G:TDD-LTE 1880-1920(B39)/ 2010-2025(B34)/ 2300-2400(B40)/ 2570-2620(B38)/ 2496-2690(B41)MHz、3G:TD-SCDMA 1880-1920(B39)/ 2010-2025(B34)MHz WCDMA 850(B5)/ 900(B8)/ 1700(B4)/1900(B2)/ 2100(B1)MHz、2G:GSM 850(B5)/ 900(B8)/ 1800(B3)/ 1900(B2)MHz。SIMカードはNanoSIM(デュアルSIM仕様)を採用。サイズは162.9 × 81.4 × 12.85mmで、重量は268g。カラーはグレイとシルバーを用意する。

「Blackview BV9600 Pro」のスペック

  • ディスプレイは6.21インチ、解像度2248 x 1080の液晶
  • プロセッサは MediaTek MTK6771 Helio P60 Octa Core
    ※GPUはARM Mali-G72-MP3 700MHz
  • RAMは 6GB
  • ストレージは 128GB
  • バッテリーは 5580mAh
  • カメラは背面1600万画素+800万画素、前面800万画素
  • 通信は WiFi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2
  • インターフェースは USB Type-C
  • OSは Android 8.1

Amazonで「Blackview BV9600 Pro」をチェックする

楽天で「Blackview BV9600 Pro」をチェックする

トランシーバー搭載のタフネススマホ「DOOGEE S80」

DOOGEE S80」はAndroid 8.1を搭載した 5.99型のスマートフォン。IP68/IP69K/MIL-STD-810G対応の頑強なボディにMediaTek Helio P23 オクタコアCPUと6GB RAMを搭載。18:9のフルスクリーンIPS液晶、12+5MP のソニーカメラ(背面)、16MPのサムスンカメラを備えるほか、デジタルトランシーバー機能、指紋認証、NFC、24Wの急速充電、GPS( GLONASS )にも対応している。

対応バンドは4G FDD:B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20 TDD:B34/38/39/40/41、3G WCDMA: B1/2/4/5/8 TDSCDMA: B34/39、2G GSM B2/3/5/8。SIMカードはNano SIM(デュアルSIM仕様)。サイズは172 × 82.5 × 21.2 mmで、重量は398g。カラーはミネラルブラック、ファイヤーオレンジを用意する。

「DOOGEE S80」のスペック

  • ディスプレイは 5.99インチ、解像度2160 x 1080のIPS液晶
  • プロセッサは MediaTek Helio P23 Octa-core 2.5GHz
    ※GPU:ARM Mali G71 MP2 770MHz
  • RAMは 6GB
  • ストレージは 64GB(最大128 GBまで拡張可能)
  • バッテリーは 10080mAh
  • カメラは 背面1200万画素+500万画素、前面1600万画素
  • 通信は WiFi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.0 with A2DP
  • インターフェースは USB Type-C。
  • OSは Android 8.1

Amazonで「DOOGEE S80」をチェックする

10,000 mAhバッテリ搭載で長く使えるタフネススマホ「OUKITEL WP2」

OUKITEL WP2」はAndroid 8.0を搭載した6.0型のタフネススマートフォン。IP68の防水防塵耐衝撃ボディにMediaTek MT6750T オクタコアCPUと4GB RAMを搭載。18:9のフルスクリーン液晶や10,000 mAhバッテリーを備えるほか、指紋認証(側面)、NFC、フラッシュライト機能、9V/2Aの急速充電にも対応している。

対応バンドは4G LTE-FDD: B1 2100MHz / FDD B20 800MHz / FDD B3 1800MHz / FDD B7 2600MHz / FDD B8 900MH、3G Network Bands WCDMA: B1 2100MHz / WCDMA B8 900MHz、2G GSM: 1800MHz / GSM 1900MHz / GSM 850MHz / GSM 900 MHz。SIMカードはNano SIM(デュアルSIM仕様)を採用。サイズは85.0 mm x 172.0 mm x 13.0 mmで、重量は300g。カラーはブラックを用意する。

「OUKITEL WP2」のスペック

  • ディスプレイは 6.0インチ、解像度1080 x 2160の液晶
  • プロセッサはMediaTek MT6750T Octa-Core 4 x 1.5GHz +4 x 1.0GHz
    ※GPUはARM Mali-T860 MP2, 650 MHz
  • RAMは 4GB LPDDR3
  • ストレージは 64GB(最大128GBまで拡張可能)
  • バッテリーは 10,000 mAh
  • カメラは 背面1600万画素+200万画素、前面800万画素
  • 通信は Wi-Fi 802.11 a/b/g/n、Bluetooth4.2
  • インターフェースは USB type-C、3.5mmジャック
  • OSは Android 8.0

Amazonで「OUKITEL WP2」をチェックする

ヤフーショッピングで「OUKITEL WP2」をチェックする

顔認証&5,000 mAhバッテリ搭載のタフネススマホ「Ulefone Armor 5」

Ulefone Armor 5」はAndroid 8.1を搭載した5.85型のタフネススマートフォン。IP68の防水防塵ボディにMediaTek Helio P23 オクタコアCPUと4GB RAMを搭載。18.9 : 9のノッチ付きフルスクリーン液晶や5,000 mAhバッテリー、1300万画素+500万画素のデュアルカメラ(背面)を備えるほか、顔認証、NFC(Google Pay)、ワイヤレス充電、リバースチャージ充電機能にも対応している。

SIMカードはNano SIM(デュアルSIM仕様)を採用。対応バンドは4G LTE : 800 / 900 / 1800 / 2100 / 2600 MHz、3G W-CDMA : 850 / 900 / 2100 MHz、2G GSM : 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz。サイズは76 mm x 158.3 mm x 12.6 mmで、重量は228g。カラーはブルー、ブラックを用意する。

「Ulefone Armor 5」のスペック

  • ディスプレイは5.85インチ、解像度720 x 1512の液晶
  • プロセッサは MediaTek Helio P23 MT6763V Octa-Core 4 x 2.0GHz + 4 x 1.5GHz
  • RAMは 4GB LPDDR3
  • ストレージは 64GB (最大256GBまで拡張可能)
  • バッテリーは 5,000 mAh
  • カメラは背面1300万画素+500万画素、前面800万画素
  • 通信は Wi-Fi 802.11 a/b/g/n、Bluetooth4.0
  • インターフェースは USB Type-C
  • OSは Android 8.1

Amazonで「Ulefone Armor 5」をチェックする

ヤフーショッピングで「Ulefone Armor 5」をチェックする

GearBestで「Ulefone Armor 5」をチェックする

楽天で「中古 Ulefone ARMOR 5」をチェックする

楽天で「Ulefone ARMOR 5 中古 」をチェックする

目次

海外製 タフネススマホ まとめ パートⅠ

海外製 タフネススマホ まとめ パートⅡ

海外製 タフネススマホ まとめ パートⅢ

海外製 タフネススマホ まとめ パートⅣ

海外製 タフネススマホ まとめ パートⅤ

国内向けタフネススマホのまとめ記事はこちら

大容量バッテリー搭載スマホのまとめ記事はこちら

京セラのタフなスマホ&携帯 まとめ記事はこちら

タフなスマートウォッチのまとめ記事はこちら

<関連記事  スマホ>

タフネススマホをまとめて紹介!

タフネススマホ最強は京セラTORQUEかGalaxy Activeか?

京セラのスマホ携帯がタフすぎて人気! 全機種を比較

大容量バッテリー搭載スマホ

大容量バッテリースマホ 最強SIMフリーモデル全機種を比較

コスパの高いスマホ

一万円以下で買えちゃう?! SIMフリーで使える通話専用ガラケー/スマホ まとめ

ハイスペックなスマホ

選ばれし者だけが使う究極のハイスペックスマホ まとめ

タフなスマートウォッチ

アウトドアで使えるタフなスマートウォッチ 全機種を比較

モバイルバッテリー&ソーラー充電

ないとヤバイ! 災害に役立つ大容量モバイルバッテリー まとめ

ソーラー充電は災害にも強い アウトドア用 全機種をチェック