「Headwolf HPad1」と最新の高性能10型タブレットを徹底 比較!


2022年6月に発売された「Headwolf HPad1」と最新の高性能10型タブレットを徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペックの違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2022年7月、11型「HEADWOLF HPad 2」が発売されました。

※2022年7月、10.1型「HEADWOLF WPad 1」が発売されました。

※2022年5月から8型「Headwolf FPad1」も発売中です。

「Headwolf HPad1」の特徴

Headwolf HPad1」の特徴をまとめてみました。

10.4の2K液晶・128GBストレージ・7000mAhバッテリ

Headwolf HPad1」は10.4インチで解像度2000×1200ドットのIPS液晶を搭載。画質は高精細な2Kで、10点マルチタッチ操作にも対応しています。また、128Gbストレージを搭載。別売のmicroSDカードで最大2TBまで拡張できます。そのほか、ビデオ再生で7時間駆動できる7000mAhバッテリーを搭載。18W急速充電も利用できます。

UNISOC T618&8GBメモリ・Android 11

Headwolf HPad1」はUNISOC T618 オクタコアプロセッサを搭載。Antutuベンチマーク総合で約24万を記録し、高速に動作します。また、8GBメモリ搭載でスムーズに動作。OSはAndroid 11で、バブルやスクリーンレコードなどの新機能も利用できます。

20MPカメラ・クアッドスピーカー・4G LET通信

Headwolf HPad1」は背面に20MPカメラを搭載。オートフォーカスやフラッシュ、ナイトモードなども利用できます。また、本体に4つのスピーカーを搭載。高音質なBOXサウンドで音楽を楽しめます。そのほか、SIMフリーの4G LET通信に対応。Bluetooth 5.0やGPSも利用できます。

公式ページ HEADWOLF HPad 1タブレット–ヘッドウルフオフィシャル

価格を比較

Headwolf HPad1」と「Lenovo Tab M10 (3rd Gen)」、「Alldocube X GAME」、「Teclast T40 Pro」の価格を比較してみました。

「Headwolf HPad1」

Headwolf HPad1」は、Amazonで35,999円(7000円OFFクーポン付き)、楽天市場で45,400円 (税込)、ヤフーショッピングで39,870 円、AliExpressでUS $246.98、Banggoodで33,095円、米国 Amazon.comで$199.99で販売されています。

「Lenovo Tab M10 (3rd Gen)」

Lenovo Tab M10 (3rd Gen)」は、楽天市場で33,880円(ポイント10倍付き)、ヤフーショッピングで33,880円 (税込)、ビックカメラで33,880円 (税込・3,388ポイント)、米国 Amazon.comで$189.99で販売されています。

「Alldocube X GAME」

Alldocube X GAME」は、Amazonで34,999円(5000円OFFクーポン付き・本体のみ)、楽天市場で31,980円 (税込)、ヤフーショッピングで30,580円 (税込)、Banggoodで27,771円(本体のみ)、AliExpressでUS $229.99(本体のみ)、米国 Amazon.comで$220.15(本体のみ)で販売されています。

「Teclast T40 Pro」

Teclast T40 Pro」は、Amazonで33,900円(6000円OFFクーポン付き)、楽天市場で27,980円 (税込)、ヤフーショッピングで27,980円、Banggoodで25,688円、AliExpressでUS $204.79、米国 Amazon.comで$229.99 で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

Headwolf HPad1」と「Lenovo Tab M10 (3rd Gen)」、「Alldocube X GAME」、「Teclast T40 Pro」のAntutuベンチマークスコアを比較してみました。

※Antutuスコアとは3D性能、UX速度、CPU性能、RAM性能を総合した評価点のこと。

「Headwolf HPad1」

Antutu総合で「245805」、CPUで「66598」、GPUで「56739」、MEMで「47334」、UXで「75134」。

<CPU> UNISOC T618

<プロセッサ性能を解説>

12nmプロセスで製造されたUnisoc Tiger T618 オクタコアプロセッサ搭載でAntutuベンチマーク総合で約24万を記録しています。同じプロセッサは「Teclast T40 Pro」、「Teclast M40 Pro」、「Blackview Tab 11」、「BMAX MaxPad i10 Plus」などにも搭載されています。

Unisoc T610搭載の「Lenovo Tab M10 (3rd Gen)」と比較すると、スコアが約6万高くなります。

Helio P90搭載の「Alldocube X GAME」と比較すると、スコアが約3千低くなります。

性能的には動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)、電子書籍、写真撮影などで快適に動作します。Androidのゲームもほとんど快適に動作します。また、PSP、PS1、SFC、DC、N64、MD、FCなどのエミュレーターも快適に動作します。

「Lenovo Tab M10 (3rd Gen)」

Antutu総合で約180,000

<CPU> Unisoc T610

「Alldocube X GAME」

Antutu v9.1.6総合で「273835」、CPUで「84343」、GPUで「37895」、MEMで「55313」、UXで「96287」。

<CPU> MediaTek Helio P90

「Teclast T40 Pro」

Antutu総合で「244866」、CPUで「67436」、GPUで「54172」、MEMで「48111」、UXで「75147」。

<CPU> UNISOC T618

スペックを比較

Headwolf HPad1」と「Lenovo Tab M10 (3rd Gen)」、「Alldocube X GAME」、「Teclast T40 Pro」のスペックを比較してみました。

「Headwolf HPad1」のスペック

  • ディスプレイ 10.4インチ、解像度2000×1200 ドットのIPS液晶
    ※2K/226ppi/輝度350nit/フルラミネーション/ベゼル9mm/10点マルチタッチ
  • プロセッサ UNISOC T618 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア
  • GPU Mali G52-3EE-2コア
  • RAM(メモリ) 8GB
  • ストレージ 128GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大2TBまで
  • バッテリー 7000mAh
  • 駆動時間 ビデオ再生で7時間
  • 充電 18W急速充電 ※30分で31%、60分で62%
  • 背面カメラ 20MP ※AF対応、F2.0、フラッシュ、ナイトモード
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (Beidou/Galileo)
  • インターフェース USB-TypeC × 1(電源:20W)、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック、Pogoピン
  • センサー 重力センサー、ライトセンサー、ホールセンサー
  • スピーカー クアッドスピーカー
  • オーディオ Kクラスのアンプ、BOXサウンド
  • マイク デュアルデジタルマイク ※ノイズリダクション
  • キーボード 専用キーボードカバー、マグネットで着脱、タッチパッド付き
  • 生体認証 顔認証
  • 筐体の素材 CNC加工のアルミニウム合金
  • OS Android 11 ※Google Playストア対応
  • サイズ 245 x 155 x 7mm
  • 重量 438g
  • カラー グレー、ブルー
  • SIMカード NanoSIM(デュアルSIM)
  • 対応バンド ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル、au回線に対応
    4G FDD-LTE: B1,B3,B4,B5, B8,B17,B20 TD-LTE: B38,B39,B40,B41
    3G WCDMA: B1,B2,B5,B8 TDSCDMA: B34,B39
    2G GSM: B2,B3,B5,B8

関連記事Android 11で使えるタブレット 2022 最新 まとめ

Amazonで「Headwolf HPad1」をチェックする

楽天市場で「Headwolf HPad1」をチェックする

ヤフーショッピングで「Headwolf HPad1」をチェックする

AliExpressで「Headwolf HPad1」をチェックする

Banggoodで「Headwolf HPad1」をチェックする

米国 Amazon.comで「Headwolf HPad1」をチェックする

「Lenovo Tab M10 (3rd Gen)」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920×1200ドットのワイドIPSパネル
    ※10点マルチタッチ/アイケアモード/Wi-Fi Display
  • プロセッサ Unisoc T610 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア
  • GPU ARM Mali-G52 MP2
  • RAM(メモリ) 4GB LPDDR4X
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大2TBまで
  • バッテリー 5000mAh
  • 駆動時間 約9時間
  • 充電 Type-C、時間:約 3.5時間 (ACアダプター使用時)、AC 100-240V(50/60Hz)
  • 背面カメラ 800万画素
  • 前面カメラ 500万画素
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (GLONASS)
  • インターフェース USB 2.0 Type-Cポート(OTG機能付き)、microSDメディアカードリーダー、マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
  • センサー 加速度センサー、光センサー、近接センサー、GPS、GLONASS
  • スピーカー デュアルスピーカー
  • オーディオ ドルビー・アトモス
  • Google キッズスペース 対応 ※Google Playストア対応
  • 生体認証 顔認証
  • 筐体の素材 アルミニウム合金
  • OS Android 11 ※2022年秋にAndroid 12Lへアップグレード予定
    ※3年間のセキュリティアップデートとローンチから2回のOSアップグレードを提供
  • サイズ 約 239.8 x 158.6 x 8.5 mm
  • 重量 約 460g
  • カラー ストームグレー
  • 附属品 マニュアル類、ACアダプター、USBケーブル、カードスロットピン

関連記事「Lenovo Tab M10 (3rd Gen)」と高コスパ10型タブレットを徹底 比較!

楽天市場で「Lenovo Tab M10 (3rd Gen)」をチェックする

ヤフーショッピングで「Lenovo Tab M10 (3rd Gen)」をチェックする

ビックカメラで「Lenovo Tab M10 (3rd Gen)」をチェックする

Amazonで「Lenovo Tab M10」をチェックする

米国 Amazon.comで「Lenovo Tab M10 (3rd Gen)」をチェックする

「Alldocube X GAME」のスペック

  • ディスプレイ 10.5インチ、解像度1920 x 1280 ドットのIPS液晶
    ※sRGB100%/ナローベゼル
  • プロセッサ  MediaTek Helio P90 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア/最大2.2GHz
  • CPU Octa-Core dual Cortex A75 core 2.2GHz,six Cortex A55 core 2.0GHz
  • GPU IMG PowerVR GM 9446  up to 970MHz
  • RAM(メモリ) 8GB LPDDR4x
  • ストレージ 128GB UFS
  • 外部ストレージ microSDカードで最大2TBまで
  • バッテリー 7500 mAh/3.8V
  • 充電 18W急速充電に対応・PD/MTK PE2.0
  • 背面カメラ 8MP
  • 前面カメラ    5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (Beidou,Galileo,Glonass)、4G通信
  • インターフェース USB Type-C (OTG)
  • スピーカー クアッドBOXスピーカー (スマートPAアンプ)
  • センサー Gセンサー、6軸ジャイロセンサー
  • スタイラスペン 筆圧4096段階(別売)
  • キーボード 専用キーボードを用意(別売・マグネットで着脱)
  • 筐体の素材 メタル(金属)
  • 生体認証 顔認証
  • OS Android 11
  • サイズ 246 x 172 x 7.95mm
  • 重量 530 g
  • カラー グレー

関連記事「Alldocube X GAME」とゲーム最適タブレットを徹底 比較!

Amazonで「Alldocube X GAME」をチェックする

楽天市場で「Alldocube X GAME」をチェックする

ヤフーショッピングで「Alldocube X GAME」をチェックする

Banggoodで「Alldocube X GAME」をチェックする

AliExpressで「Alldocube X GAME」をチェックする

米国 Amazon.comで「Alldocube X GAME」をチェックする

「Teclast T40 Pro」のスペック

  • ディスプレイ 10.4インチ、解像度2000 x 1200 ドットのIPS液晶
    ※2K/フルラミネーション/TDDI Technology/T-Colour 2.0
  • プロセッサ Unisoc Tiger T618 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア/最大2.0GHz
  • CPU 2xA75 + 6xA55 Octa Core
  • GPU ARM Mali-G52
  • RAM(メモリ) 8GB LPDDR4
  • ストレージ 128GB eMMC5.1
  • 外部ストレージ microSDカードで拡張可能
  • バッテリー 7000 mAh
  • 充電 18W PD急速充電
  • 背面カメラ   13MP ※オートフォーカス対応
  • 前面カメラ   8MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (A-GPS,GLONASS,GALILEO,Beidou)、4G通信
  • インターフェース Type-C (OTG)
    ※3.5mmイヤホンジャックはなし
  • センサー Gセンサー
  • スピーカー クアッドスピーカー
  • 言語 日本語を含むマルチ言語に対応
  • 生体認証 顔認証
  • 筐体の材質 メタル(金属)
  • Google Playストア 対応
  • OS Android 11
  • サイズ 248mm(L)×157mm(W)×7.8mm(H)
  • 重量 480g
  • カラー グレイ

関連記事「Teclast T40 Plus /Pro」最上位版と話題の注目タブレットを徹底 比較!

Amazonで「Teclast T40 Pro」をチェックする

楽天市場で「Teclast T40 Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「Teclast T40 Pro」をチェックする

Banggoodで「Teclast T40 Pro」をチェックする

AliExpressで「Teclast T40 Pro」をチェックする

米国 Amazon.comで「Teclast T40 Pro」をチェックする

「Headwolf HPad1」のメリット・デメリット

Headwolf HPad1」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・高精細な2K液晶・10点マルチタッチ操作に対応

Headwolf HPad1」は10.4インチで解像度2000×1200 ドットのIPS液晶を搭載。ピクセル密度226ppi、輝度350nitの明るく高精細な2K液晶で、10点マルチタッチ操作にも対応しています。

一方、「Lenovo Tab M10 (3rd Gen)」は10.1インチで解像度1920×1200ドットのワイドIPSパネルを搭載しています。「Alldocube X GAME」は10.5インチで解像度1920×1280ドットのIPS液晶を搭載しています。「Teclast T40 Pro」は10.4インチで解像度2000×1200ドットのIPS液晶を搭載しています。

・8GBメモリ&128GBストレージ搭載で快適に使える

Headwolf HPad1」は8GBメモリ搭載でスムーズに動作します。また、128GBストレージ搭載で、別売のmicroSDカードで最大2TBまで拡張できます。

一方、「Lenovo Tab M10 (3rd Gen)」は4GB LPDDR4Xメモリと64GBストレージを搭載しています。「Alldocube X GAME」は8GB LPDDR4xメモリと128GB UFSストレージを搭載しています。「Teclast T40 Pro」は8GB LPDDR4メモリと128GB eMMC5.1ストレージを搭載しています。

・7000mAhバッテリー搭載で18W急速充電に対応

Headwolf HPad1」は7000mAhバッテリー搭載で、ビデオ再生で7時間駆動できます。また、18W急速充電に対応し、30分で31%、60分で62%まで回復できます。

一方、「Lenovo Tab M10 (3rd Gen)」は約9時間駆動できる5000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。「Alldocube X GAME」は7500 mAhバッテリー搭載で18W急速充電に対応しています。「Teclast T40 Pro」は7000mAhバッテリー搭載で18W PD急速充電に対応しています。

・背面20MPカメラ&前面5MPカメラが使える

Headwolf HPad1」は背面に20MPカメラを搭載。オートフォーカスやフラッシュ、ナイトモードなども利用できます。また、前面に5MPカメラを搭載し、Web会議やチャット、オンライン授業などで活用できます。

一方、「Lenovo Tab M10 (3rd Gen)」と「Alldocube X GAME」は背面8MP&前面5MPカメラを搭載しています。「Teclast T40 Pro」は背面13MP(※オートフォーカス対応)&前面8MPカメラを搭載しています。

・Wi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPSに対応

Headwolf HPad1」は高速で途切れづらいWi-Fiデュアルバンドに対応しています。また、Bluetooth 5.0やGPSも利用できます。

一方、「Lenovo Tab M10 (3rd Gen)」、「Alldocube X GAME」、「Teclast T40 Pro」もWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPSに対応

・SIMフリーの4G LET通信が使える

Headwolf HPad1」はSIMフリーの4G LET通信に対応し、単体で通信することができます。

一方、「Lenovo Tab M10 (3rd Gen)」は4G LET通信に対応していません。「Alldocube X GAME」と「Teclast T40 Pro」は4G LET通信に対応しています。

・厚さ7mmで重さ438gの薄型軽量デザイン・アルミ合金ボディで高級感あり

Headwolf HPad1」は厚さ7mmで重さ438gの薄型軽量デザインになっています。また、筐体の素材にアルミ合金を採用し、高級感ある外観になっています。

一方、「Lenovo Tab M10 (3rd Gen)」は厚さ8.5mmで重さ約460gになっています。「Alldocube X GAME」は厚さ7.95mmで重さ530gになっています。「Teclast T40 Pro」は厚さ7.8mmで重さ480gになっています。

・クアッドスピーカー搭載で音がいい

Headwolf HPad1」は本体に4つのスピーカーを搭載し、高音質なBOXサウンドが楽しめます。

一方、「Lenovo Tab M10 (3rd Gen)」はデュアルスピーカーを搭載しています。「Alldocube X GAME」はクアッドBOXスピーカーを搭載しています。「Teclast T40 Pro」はクアッドスピーカーを搭載しています。

・専用キーボードカバーが用意されている

Headwolf HPad1」はマグネットで着脱できる専用キーボードカバーでノートPCのように使うことができます。

一方、「Lenovo Tab M10 (3rd Gen)」と「Teclast T40 Pro」は専用キーボードカバーが用意されていません。「Alldocube X GAME」は専用キーボードカバーが用意されています。

・顔認証に対応

Headwolf HPad1」は顔認証に対応し、安全かつスピーディにログインできます。

一方、「Lenovo Tab M10 (3rd Gen)」、「Alldocube X GAME」、「Teclast T40 Pro」も顔認証に対応しています。

・Android 11の新機能が使える

Headwolf HPad1」はAndroid 11の新機能が使えるようになっています。

Android 11には、

「メディアコントロール」(アプリ起動なしで再生などの設定変更)、「バブル」(他のアプリにふきだしでメッセージを表示・返信)、「スクリーンレコード」(操作などを録画)、「デバイスコントロール」(スマート家電のコントロールメニュー)、「アプリ候補」(ホーム画面に頻度の高いアプリを表示)、「ワンタイムパーミッション」(アプリ使用中のみ位置情報などを許可)

などの新機能が追加されています。

一方、「Lenovo Tab M10 (3rd Gen)」、「Alldocube X GAME」、「Teclast T40 Pro」もAndroid 11を搭載しています。

デメリット

・専用スタイラスペンが用意されていない

Headwolf HPad1」は専用スタイラスペンが用意されていません。

一方、「Alldocube X GAME」は専用スタイラスペンが用意されています。

「Lenovo Tab M10 (3rd Gen)」と「Teclast T40 Pro」は専用スタイラスペンが用意されていません。

・ワイヤレス充電に対応していない

Headwolf HPad1」はワイヤレス充電に対応していません。Amazonの「Fire HD 10 Plus」はワイヤレス充電に対応しています。

一方、「Lenovo Tab M10 (3rd Gen)」、「Alldocube X GAME」、Teclast T40 Pro」もワイヤレス充電に対応していません。

「Headwolf HPad1」の評価

Headwolf HPad1」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

Headwolfから発売された10.4型のAndroidタブレットです。8インチの「Headwolf FPad1」と違い、ハイスペックな仕様になっています。注目すべき点は2K液晶と20MPカメラを搭載している点です。

2K液晶はベゼル幅9mmとワイドで高精細。10点マルチタッチ対応なのでゲームなどの操作も快適そうです。また、背面の20MPカメラはオートフォーカス、フラッシュ、ナイトモード対応で、スマホに近い仕様です。

これだけカメラ性能が高いタブレットは他にないでしょう。

発売時の価格は33,999円(5000円OFFクーポン付き)。実質27,999円で購入できるのでかなりお買い得です。欲しい人は売り切れる前に早めに購入した方がいいでしょう。

「Headwolf HPad1」の販売・購入先

Headwolf HPad1」は、

Amazonで35,999円(7000円OFFクーポン付き)、

楽天市場で45,400円 (税込)、

ヤフーショッピングで39,870 円、

AliExpressでUS $246.98、

Banggoodで33,095円、

米国 Amazon.comで$199.99、

で販売されています。

Amazonで「Headwolf HPad1」をチェックする

楽天市場で「Headwolf HPad1」をチェックする

ヤフーショッピングで「Headwolf HPad1」をチェックする

AliExpressで「Headwolf HPad1」をチェックする

Banggoodで「Headwolf HPad1」をチェックする

米国 Amazon.comで「Headwolf HPad1」をチェックする

 

 

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Teclast M40 Plus

★「OPPO Pad Air

★「CHUWI HiPad Max

★「Redmi Pad

★「HEADWOLF HPad 2」(11インチ)

★「HEADWOLF WPad 1」(10.1インチ)

★「Headwolf FPad1」(8インチ)

Lenovo Tab M10 (3rd Gen)

Alldocube X GAME

Teclast T40 Pro

Blackview Tab 11

BMAX MaxPad I11」(Android 11)

ALLDOCUBE iPlay 40 Pro

CHUWI HiPad Air

Galaxy Tab A8

JENESIS JT10LTE-X1S」(日本メーカー)

「Xiaomi Mi Pad 5」

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

Android 12で使えるタブレット 2022 最新 まとめ

最新のAndroid 12タブレットをまとめて紹介しています。

Android 11で使えるタブレット 2022 最新 まとめ

Android 11 OS搭載タブレットをまとめて紹介しています。

2021最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

Android 10 OS搭載タブレットをまとめて紹介しています。

HDMI出力できるAndroidタブレット まとめ

HDMI出力できるタブレットをまとめて紹介しています。

一度は手に入れてみたい超ハイスペックなAndroidタブレット まとめ

最強スペックのAndroidタブレットをまとめて紹介しています。

2万円前後で買えるリッチなAndroidタブレット まとめ

2万円前後のAndroid タブレット(国内販売)をまとめて紹介しています。