京セラのタフなTORQUEスマホ&携帯が激安に! 全機種を比較


京セラのスマホや携帯が再び人気になっている。災害時でも決して故障することのない強力な耐衝撃性を発揮。外出先で突然豪雨に襲われてもビクともしない防水性も兼ね備えている。

目次

京セラのスマホ携帯 まとめ パートⅠ

「TORQUE G03」「TORQUE G02」「TORQUE G01」「TORQUE SKT01」「TORQUE X01」

京セラのスマホ携帯 まとめ パートⅡ

「KC-01」「rafre KYV40」「DIGNO E」「DIGNO W」「DIGNO L」「DIGNO G」

京セラのスマホ携帯 まとめ パートⅢ

「DIGNO ケータイ2」「GRATINA2」「DIGNO ケータイ」「DIGNO Phone」「LIBERIO 401KC」

京セラ製タブレット(au Qua tab)のまとめ記事はこちら

タフネススマホのまとめ記事はこちら

大容量バッテリー搭載スマホのまとめ記事はこちら

災害多発で評価が変わった京セラのタフネススマホ

2018年に入って大阪大地震、西日本豪雨と大きな災害が引き続いた日本。災害に対する意識が以前よりも高まる中で「スマートフォン」に対する味方も徐々に変わりつつある。以前はスペックや機能だけに注目していた人たちも、災害が多発するようになって「防水防塵」や「耐衝撃性」などのタフネス性能に着目。「美しさ」や「ハイスペック」だけでない「頑丈さ」を追い求めるように変化している。特に国産メーカーである京セラは「トルク」シリーズや携帯端末をはじめ、ラインナップが豊富。あまり注目されなかった機種も再注目されて再び人気に火がつきそうだ。

国産最強を誇る「TORQUE」シリーズ

京セラのスマートフォン・携帯端末の中で最も人気が高いのが「TORQUE」(トルク)シリーズだ。水深1mの常温水道水に約30分間放置しても内部に水が浸透しない強力な防水性、高さ約1.22mからの落下に耐える耐衝撃性、24時間の太陽光照射、50℃の高温・-21℃の低温にも耐えられる頑強なボディを搭載。アウトドアに特化した豊富な機能も搭載され、同社の人気シリーズとなっている。

折りたたみ式の携帯「TORQUE X01」では本体横に装備されたサイドキーを押すことで時刻や気圧、気温といった情報をサブディスプレイ(※モノクロ)上に表示するなど独自の機能を搭載。最新モデル「TORQUE G03」では広角135度のワイド撮影やVoLTE、海中撮影、おサイフケータイにも対応するなど使い勝手が大幅に向上している。

京セラのスマホ&携帯 まとめ パートⅠ

ここでは京セラ製の「TORQUE」シリーズを中心に紹介する。

広角135度でワイド撮影できるタフネスAndroid 7.1スマホ「TORQUE G03」

TORQUE G03」はAndroid 7.1を搭載した4.6型のスマートフォン。防水(IPX5 / IPX8)、防塵(IP6X)、耐衝撃に対応した頑強なボディにSnapdragon 625 オクタコアCPUに3GB RAMを搭載。広角135度のワイド撮影、高音質通話が可能な VoLTE、海中撮影、おサイフケータイ、急速充電 にも対応している。

続きを読む

世界初の耐海水性能を備えたau 「TORQUE G02」

TORQUE G02」(京セラ製)は前モデル「TORQUE G01」から引き継いだ防水、防塵、耐衝撃、耐低温、耐荷重などに対応したタフネススマホ。新たに世界初の耐海水性能にも対応し、海中での使用が可能になった。

カメラの水中モードでは、水中写真特有の青かぶりと、画像が中央に向かって糸巻き型に歪む現象を補正する機能を搭載。水中での使用は水深1.5m以内。水深1.5mに約30分沈めても内部に浸水せず、電話機の性能を保つことができる。

そのほか、本体側面に大型の金属ボタンを配置して操作性を向上。グローブを着けた状態でも使える「グローブタッチ」機能や、音と振動で相手の声を伝え、騒がしい環境でも聞き取りやすい「スマートソニックレシーバー」を備えている。

京セラ「TORQUE G02」のスペック

  • ディスプレイは4.7インチ、解像度1280×720のIPS(IGZO)液晶。
  • プロセッサは Qualcomm製 Snapdragon 400 クアッドコア 1.2GHz。
  • RAMは2GB。
  • ストレージは16GB。
  • バッテリーは2910mAh。
  • カメラは背面1300万画素( CMOS LED フラッシュ付き)、前面500万画素( CMOS)。
  • OSはAndroid 5.1 Lollipop。

くわしくはこちらを参照。

Amazonで「TORQUE G02」をチェックする

GoPro 連携機能を備えたau 「TORQUE G01」

TORQUE G01」はAndroid4.4を搭載した4.5型のスマートフォン。IPX5・IPX8 / IP6Xの防水防塵ボディにSnapdragon 400クアッドコアCPUと2GB RAMを搭載。グローブタッチ対応のIPS液晶、3,100mAhバッテリ、16GBストレージ、背面800万画素、前面200万画素を備えるほか、MIL-STD-810G、デザリング、おサイフケータイ、Wi-Fiデュアルバンド、GoPro 連携機能にも対応している。サイズは約68×136×13.5(最厚部15.4)mmで、重量は約182g。

au 「TORQUE G01」のスペック

  • ディスプレイは4.5インチ、解像度1280×720のIPS液晶
  • プロセッサはSnapdragon 400 MSM8928(1.4GHz)クアッドコア
  • GPUはQualcomm Adreno 305
  • RAMは2GB
  • ストレージは16GB(最大128GB)
  • バッテリーは3,100mAh
  • カメラは背面800万画素、前面200万画素
  • 通信はWi-Fi 802.11a / b / g / n / ac、Bluetooth4.0、GPS、4G LTE / 3G
  • インターフェースはmicro USB、microSDカードスロット、3.5mmジャック
  • OSはAndroid4.4(KitKat)

Amazonで「TORQUE G01」をチェックする

ミニサイズのタフネススマホ 京セラ「TORQUE SKT01」

京セラ「TORQUE SKT01」はAndroid4.2を搭載した防水・防塵対応のタフネススマートフォン。防水IPX7に対応しているので、水深1mの常温水道水に約30分間放置しても内部に水が浸透しない。落下、太陽光照射、高温・低温にも強い。

ディスプレーは4インチ、解像度480×800ドットのIPS液晶を搭載。プロセッサはMSM8960 Dual Core 1.2GHz、RAMは1.5GB。

ストレージは8GBで、2,520mAhバッテリーを搭載。カメラは背面800万画素、前面130万画素。シャッターボタンも備える。

通信は4G LET、3Gに対応。対応ネットワークはLTE: B1(2GHz)/ B19(800MHz)
WCDMA: B1(2GHz)/ B6(800MHz)/ B19(800MHz)。SIMカードはmicroSIMを採用。

IEEE802.11 b / g / n 準拠(対応周波数帯:2.4GHz)、Bluetooth4.0もサポートする。その他100dB以上の大音量スピーカーも搭載している。

続きを読む

Amazonで「TORQUE SKT01」をチェックする

強力な耐衝撃性を備えた史上最強のタフネスガラケー「TORQUE X01」

TORQUE X01」は折りたたみ式の3.4型タフネスガラケー。強力な防水・防塵・耐衝撃性能を備えるほか、おサイフケータイ、VoLTE、ワンセグ、緊急速報メール、SMS、Wi-Fiテザリング、au世界サービス(GSM/UMTS)、赤外線通信も利用できる。

続きを読む

Amazonで「TORQUE X01」をチェックする

この続きはこちら!

目次

京セラのスマホ携帯 まとめ パートⅠ

京セラのスマホ携帯 まとめ パートⅡ

京セラのスマホ携帯 まとめ パートⅢ

京セラ製タブレット(au Qua tab)のまとめ記事はこちら

タフネススマホのまとめ記事はこちら

大容量バッテリー搭載スマホのまとめ記事はこちら