「MINISFORUM UM480」はお買い得か? コスパ重視ミニPCと徹底 比較!


2022年8月10日に発売された「MINISFORUM UM480」と コスパ重視のミニPCを徹底 比較!価格やスペック、ベンチマークの違いに加えて、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2022年10月中旬、「MINISFORUM EliteMini TH60/TH80」が発売されます。現在、予約セール販売中です。

「MINISFORUM UM480」の特徴

MINISFORUM UM480」の特徴をまとめてみました。

Ryzen 7 4800U&最大16GBメモリ・Windows 11 Pro

MINISFORUM UM480」はAMD Ryzen 7 4800U オクタコアプロセッサを搭載。7nmプロセスで製造された8コア、16スレッドのCPUで最大 4.2GHzで駆動し、Passmarkベンチマークスコアで「17014」(CPU)を記録しています。また、8GB/16GB DDR4メモリを搭載し、スムーズに動作。OSはWindows 11 Proで、bitlocker(ドライブ別にロック)、Hyper-V(仮想OS)などの機能が利用できます。

M.2 SSD 最大512GB・2.5HDD拡張・メモリ拡張

MINISFORUM UM480」はNVMe規格のM.2 SSDストレージを搭載 256GBと512GBの2種類を用意しています。また、拡張ベイ搭載で2.5インチSSDで拡張することが可能。安価な2.5インチHDDでも拡張できます。そのほか、メモリスロットを2つ搭載。最大64Gbまで拡張できます。

2つのType-C・4K同時出力・VESAマウント

MINISFORUM UM480」は2つのType-Cポートを搭載。一つはDP映像出力に対応し、もう一つはUSB 3.2 Gen2に対応した高速なデータ転送に対応しています。また、Type-CポートとHDMIポートでの映像出力に対応。4K画質で2台のモニターに同時出力することもできます。そのほか、VESAマウント対応でモニターの背面に設置することが可能。冷却ファンやケンジントンロック、有線LAN通信にも対応しています。

公式ページ MINISFORUM UM480 | 株式会社リンクスインターナショナル

価格を比較

MINISFORUM UM480」と「CHUWI LarkBox X」、「BMAX B3 Plus Silver」、「Beelink MINI S」の価格を比較してみました。

「MINISFORUM UM480」

MINISFORUM UM480」は、楽天市場で50,256円 (税込)、ヤフーショッピングで50,303 円、リンクスダイレクトで49,800円(税込・発売セール価格)で販売されています。

「CHUWI LarkBox X」

CHUWI LarkBox X」は、Amazonで56,900円(10,000円OFFクーポン付き)、楽天市場で46,000円 (税込・送料無料)、ヤフーショッピングで46,000円(税込・送料無料)、Banggoodで60,413円、AliExpressでUS $428.56、米国 Amazon.comで$399.00で販売されています。

「BMAX B3 Plus Silver」

BMAX B3 Plus Silver」は、Amazonで25,499円(1300円OFFクーポン付き)、楽天市場で33,200円 (税込)、ヤフーショッピングで28,825 円、Banggoodで27,460円で販売されています。

「Beelink MINI S」

Beelink MINI S」は、Amazonで26,800円(3500円OFFクーポン付き)、楽天市場で34,400円 (税込)、ヤフーショッピングで27,419 円円、AliExpressでUS $189.00、米国 Amazon.comで$179.00で販売されています。

スペックを比較

MINISFORUM UM480」と「CHUWI LarkBox X」、「BMAX B3 Plus Silver」、「Beelink MINI S」のスペックを比較してみました。

「MINISFORUM UM480」のスペック

  • 型番 UM480-8/256-W11Pro(4800U) / UM480-16/512-W11Pro(4800U)
  • プロセッサ AMD Ryzen 7 4800U オクタコア 1.8 GHz
    ※8コア/16スレッド/最大4.2GHz
  • GPU AMD Radeon Graphics
  • RAM(メモリ) 8GB/16GB SO-DIMM DDR4 × 2
  • メモリ拡張 最大64GB
  • ストレージ M.2 SSD 256GB/512GB NVMe 2280
  • 拡張ストレージ 1×2.5インチベイ(SATA3.0)
  • 電源 ACアダプター
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11ac(Wi-Fi 5)、Bluetooth
  • 有線LAN 1×2.5Gigabit LAN
  • 背面インターフェース 1× DC_IN、1 × 2.5G LAN、2 × HDMI、2 × USB3.2 Gen2、2 × USB 2.0
  • 前面インターフェース 1 × Power Button、1 × USB 3.2 Gen2 Type-C (support DP1.4, 4K@60Hz)、1 × USB 3.2 Gen2 Type-C(Data Only)、1 × ヘッドホン端子、1 × デジタルマイク
  • 映像出力 2×HDMI 2.0(4K@60Hz)、1×USB Type-C(4K@60Hz)
  • 冷却方式 ファンシンク
  • ケンジントンロック 対応
  • VESAマウント 対応
  • OS Windows 11 Pro 64bit
  • サイズ 127.6 x 127.6 x 48.2 mm (D×W×H)
  • 重量 約586 g
  • カラー ダークグレー
  • 付属品 1 x ACアダプタ、1×ACコード、1×VESAマウント

関連記事MINISFORUMのハイスペックな小型PC ラインナップ まとめ

Amazonで「MINISFORUM UM480」をチェックする

楽天市場で「MINISFORUM UM480」をチェックする

ヤフーショッピングで「MINISFORUM UM480」をチェックする

リンクスダイレクトで「MINISFORUM UM480」をチェックする

米国 Amazon.comで「MINISFORUM UM」をチェックする

「CHUWI LarkBox X」のスペック

  • プロセッサ AMD Ryzen 7 3700U クアッドコア
    ※14nm/4コア/8スレッド/最大 4.0GHz
  • GPU Radeon RX Vega 10 Graphics 1400MHz
  • RAM(メモリ) 8GB DDR4
  • ストレージ M.2 SSD 256GB (PCIe)
  • 拡張ストレージ 2.5インチHDD&SSDで最大2TBまで
  • 電源 ACアダプター
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2
  • 有線LAN 対応(2つのLAN端子あり)
  • インターフェース USB Type-C x1、USB3.0 x4、DisplayPort x1、HDMI 2.0 x1、有線LAN端子(Gigabit Ethernet) x2、3.5mmジャック、マイク端子
  • 映像出力 4Kでの3画面同時出力に対応(HDMI,Type-C,DP)
  • 冷却方式 大口径の冷却ファン
  • OS Windows 10 Home ※Windows 11にアップグレード可能
  • サイズ 127×127×49 mm
  • 重量 460g
  • カラー ホワイト&ブラック

関連記事「CHUWI LarkBox X」と最新のRyzenミニPCを徹底 比較!

Amazonで「CHUWI LarkBox X」をチェックする

楽天市場で「CHUWI LarkBox X」をチェックする

ヤフーショッピングで「CHUWI LarkBox X」をチェックする

Banggoodで「CHUWI LarkBox X」をチェックする

AliExpressで「CHUWI LarkBox X」をチェックする

米国 Amazon.comで「CHUWI LarkBox X」をチェックする

「BMAX B3 Plus Silver」のスペック

  • プロセッサ Jasper Lake世代の Intel Celeron N5095 クアッドコア
    ※10nm/4コア/4スレッド/2.90 GHz
  • GPU Intel UHD Graphics
  • RAM(メモリ) 8GB DDR4
  • ストレージ SSD 256GB
  • 拡張ストレージ  2.5インチ拡張ベイ、M.2 SSD (SATA)で最大2TBまで ※ブートドライブとして使用できるのは最大512GBまで
  • 電源 ACアダプター 12V 2A・AC 100-240V
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2
  • 有線LAN 対応(RJ45 ×2)・1000 Mb/s LAN対応
  • インターフェース USB Type-C(フル機能) x 1、USB3.0 x 4、HDMI x 2、 microSDカードスロット、3.5mmジャック、有線LAN端子 RJ45 ×2
  • 4K Ultra HD出力 対応
  • 冷却ファン  超小型冷却ファン
  • VESAマウント 対応
  • OS Windows 11 ※Linux / Ubuntuをサポート
  • サイズ 12.50 x 11.20 x 4.40 cm
  • 重量 290g
  • カラー シルバー

関連記事「BMAX B3 Plus Silver」(N5095)と高コスパ小型PCを徹底 比較!

Amazonで「BMAX B3 Plus」(N5095)をチェックする

楽天市場で「BMAX B3 Plus」(N5095)をチェックする

ヤフーショッピングで「BMAX B3 Plus」(N5095)をチェックする

Banggoodで「BMAX B3 Plus N5095」をチェックする

AliExpressで「BMAX B3 Plus」(N5095)をチェックする

米国 Amazon.comで「BMAX B3 Plus」(N5095)をチェックする

「Beelink MINI S」のスペック

  • プロセッサ Jasper Lake世代のIntel Celeron N5095 クアッドコア
    ※10nm/4コア/4スレッド/最大2.9GHz
  • GPU Intel UHD Graphics
  • RAM(メモリ)8GB DDR4 2400MHz ※最大16GBメモリ
  • ストレージ SSD 128/256GB (2.5インチ)
  • 拡張ストレージ M.2 SSD SATA3 2280 or SATA 2.5inch HDDで最大2TBまで
  • 電源 ACアダプター 100-240V
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz) 、Bluetooth 4.0
  • インターフェース USB 3.0 x4、HDMI x2、有線LAN端子 x1、3.5mmジャック、電源ボタン、DCポート
  • 有線LAN 対応
  • 4K出力 対応
  • 2台同時出力 対応(HDMI)
  • 冷却ファン あり
  • VASAマウント 対応
  • 筐体の素材 プラスチック
  • OS Windows 11 Pro
  • サイズ 11.5 x 10.20 x 4.1 cm
  • 重量 不明
  • カラー ブラック

関連記事「Beelink MINI S」(N5095)が激安セール中!2万円ミニPCと徹底 比較

Amazonで「Beelink MINI S」をチェックする

楽天市場で「Beelink MINI S」をチェックする

ヤフーショッピングで「Beelink MINI S」をチェックする

AliExpressで「Beelink MINI S」をチェックする

米国 Amazon.comで「Beelink MINI S」をチェックする

ベンチマークを比較

MINISFORUM UM480」と「CHUWI LarkBox X」、「BMAX B3 Plus Silver」、「Beelink MINI S」のベンチマークスコアを比較してみました。

「MINISFORUM UM480」

<CPU> Ryzen 7 4800U

Passmarkによるベンチマークスコアは「17074」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「481」、マルチコアで「3797」。

<GPU> Radeon Vega 10

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「2230」。

<プロセッサ性能を解説>

7nmプロセスで製造されたAMD Ryzen 7 4800U オクタコアプロセッサを搭載し、Passmarkベンチマークスコアで「17074」(CPU)を記録しています。同じプロセッサは
「MINISFORUM HM80」にも搭載されています。

Ryzen 7 3700U搭載の「CHUWI LarkBox X」と比較すると、Passmarkスコアが約1万高くなります。

Celeron N5095搭載の「BMAX B3 Plus Silver」、「Beelink MINI S」と比較すると、Passmarkスコアが約1万3千高くなります。

性能的には動画編集、画像編集、写真の現像、動画のエンコードなどグラフィック性能を必要とする作業で快適に動作します。SteamのPCゲームもプレイ可能です。ただし、グラフィックカードを必要とする高負荷の3Dゲームは遊べないので注意が必要です。PS2、Xbox360、PSP、PS1、SFC、DC、N64、MD、FCなどのエミュレーターは快適に動作します。

「CHUWI LarkBox X」

<CPU> AMD Ryzen 7 3700U

Passmarkによるベンチマークスコアは「7332」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「834」、マルチコアで「2968」。

<GPU> Radeon™ RX Vega 10

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「2230」。

「BMAX B3 Plus Silver」

<CPU> Celeron N5095

Passmarkによるベンチマークスコアは「4183」(CPU)。

<GPU> Intel UHD Graphics

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「1428」。

「Beelink MINI S」

<CPU> Celeron N5095

Passmarkによるベンチマークスコアは「4019」(CPU)。

<GPU> Intel UHD Graphics

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「1428」。

「MINISFORUM UM480」のメリット・デメリット

MINISFORUM UM480」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・8GB/16GBメモリ搭載で最大64GBまで拡張できる

MINISFORUM UM480」は、8GB/16GB DDR4メモリを搭載し、スムーズに動作します。また、メモリスロットを2つ搭載し、最大64GBまで拡張できます。

一方、「CHUWI LarkBox X」は8GB DDR4メモリを搭載しています。「BMAX B3 Plus Silver」は8GB DDR4メモリを搭載しています。「Beelink MINI S」は8GB DDR4(最大16GBメモリ)を搭載しています。

・M.2 SSD 256GB/512GBストレージ搭載

MINISFORUM UM480」は、NVMe規格のM.2 SSD 256GB/512GBストレージを搭載しています。

一方、「CHUWI LarkBox X」はM.2 SSD 256GB (PCIe)を搭載しています。「BMAX B3 Plus Silver」はSSD 256GBを搭載しています。「Beelink MINI S」はSSD 128/256GB (2.5インチ)を搭載しています。

・2.5インチSSD/HDDで拡張できる

MINISFORUM UM480」は、拡張ベイ搭載で2.5インチSSD/HDDで拡張することができます。

一方、「CHUWI LarkBox X」は2.5インチHDD&SSDで最大2TBまで拡張できます。「BMAX B3 Plus Silver」は2.5インチ拡張ベイ、M.2 SSD (SATA)で最大2TBまで拡張できます。「Beelink MINI S」はM.2 SSD SATA3 2280 or SATA 2.5inch HDDで最大2TBまで拡張できます。

・Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth、有線LAN通信に対応

MINISFORUM UM480」は、高速で途切れにくいWi-Fiデュアルバンドに対応しています。また、Bluetooth、ギガビット有線LAN通信も利用できます。

一方、「CHUWI LarkBox X」と「BMAX B3 Plus Silver」はWi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 4.2、有線LAN通信に対応しています。「Beelink MINI S」はWi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 4.0に対応しています。

・Type-CとHDMIで4K同時出力できる

MINISFORUM UM480」は、Type-CポートとHDMIポートでの映像出力に対応。4K画質で2台のモニターに同時出力することもできます。

一方、「CHUWI LarkBox X」はType-CポートとDisplayPort、HDMIポートを搭載。4Kでの3画面同時出力にも対応しています。「BMAX B3 Plus Silver」はType-CとHDMI x 2で映像出力できます。「Beelink MINI S」はHDMI x2で映像出力できます。

・厚さ48.2mmで重さ約586gの小型ボディ

MINISFORUM UM480」は、サイズ127.6×127.6×48.2mmで、重さ約586gの小型ボディを採用しています。

一方、「CHUWI LarkBox X」はサイズ127×127×49mmで、重さ460gになっています。「BMAX B3 Plus Silver」はサイズ12.50×11.20×4.40cmで重さ290gになっています。「Beelink MINI S」はサイズ 11.5 x 10.20 x 4.1 cmになっています(※重さ不明)。

・Windows 11 Pro搭載で新機能も使える

MINISFORUM UM480」は、Windows 11 Pro搭載で新機能も使えるようになっています。

Windows 11には、

タスクバーの中央に配置された新しいスタート画面、スナップ機能の強化(ウィンドウ整理・画面の配置)、エクスプローラーのアイコンデザインの変更(色分け・ボタン採用)、ウィジェット機能(天気予報や株価、最新のニュースなど)、設定画面(カテゴリーごとに切り替え)、タスクバーに統合されたビデオ会議「Teams」、「フォト」アプリの強化(サムネイル表示に対応)、「ペイントアプリ」、クリップボード履歴、音声入力の強化(テキスト入力)認識制度の向上、ゲーム機能の強化(HDR(ハイダイナミックレンジ)対応のディスプレイでは自動で画質向上)、マルチディスプレイ向けの設定追加

などの機能が追加されています。

一方、「CHUWI LarkBox X」はWindows 10 Homeを搭載しています。「BMAX B3 Plus Silver」はWindows 11を搭載しています。「Beelink MINI S」はWindows 11 Proを搭載しています。

デメリット

・Wi-Fi 6に対応していない

MINISFORUM UM480」は従来よりも約4〜10倍の速度で通信できる次世代通信規格「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)に対応していません。

一方、「CHUWI LarkBox X」、「BMAX B3 Plus Silver」、「Beelink MINI S」もWi-Fi 6に対応していません。

・Thunderboltポートがない

MINISFORUM UM480」はThunderboltポートがないため、外付けeGPUボックスと接続することができません。

一方、「CHUWI LarkBox X」、「BMAX B3 Plus Silver」、「Beelink MINI S」もThunderboltポートがありません。

「MINISFORUM UM480」の評価

MINISFORUM UM480」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★★

機能:★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

MINISFORUMから発売されたRyzen 7 4800U搭載のミニPCです。MINISFORUMからはAMD Ryzenプロセッサ搭載のミニPCが数多く販売されていますが、特におすすめなのがこの「MINISFORUM UM480」です。

Passmarkベンチマークスコアで「17074」(CPU)を記録しているので、かなり高速です。Ryzen 7 3700U搭載の「CHUWI LarkBox X」と比較すると、なんと約1万高いスコアになります。

発売時の価格は49,800円(税込・発売セール価格)。

従来のRyzen 7 3700U搭載のミニPCと比べて圧倒的に高いCPU性能であるため、かなりお買い得であることは確かです。高性能でコスパのいいミニPCを探している人におすすめです。

「MINISFORUM UM480」の販売・購入先

MINISFORUM UM480」は、

楽天市場で50,256円 (税込)、

ヤフーショッピングで50,303 円、

リンクスダイレクトで49,800円(税込・発売セール価格)、

で販売されています。

Amazonで「MINISFORUM UM480」をチェックする

楽天市場で「MINISFORUM UM480」をチェックする

ヤフーショッピングで「MINISFORUM UM480」をチェックする

リンクスダイレクトで「MINISFORUM UM480」をチェックする

米国 Amazon.comで「MINISFORUM UM」をチェックする

 

 

他の小型PCと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「MINISFORUM EliteMini TH60/TH80

CHUWI LarkBox X

BMAX B3 Plus Silver

Beelink MINI S

Beelink SER4

GMK NucBox4

MINISFORUM JB95」(N5095)

TENKU BOX PC PRO 2022」(国内メーカー)

ThinkCentre M75q Tiny Gen2

Mac mini」(M1 2020)

他のMINISFORUMミニPCと比較

他にもMINISFORUMミニPCが販売されています。ぜひ比較してみてください。

「MINISFORUM」の激安ミニPCを徹底 比較!

MINISFORUMのハイスペックな小型PC ラインナップ まとめ

その他のおすすめ小型PCは?

その他のおすすめ小型PCは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

激安で買える海外製の小型PC 最新 まとめ 

海外製の小型PCをまとめて紹介しています。

リビングにふさわしい超小型デスクトップPC まとめ

国内で販売されたリビング用の小型PCをまとめて紹介しています。

Amazon整備済み品で買える超激安ミニPC まとめ

Amazon整備済み品の激安ミニPCをまとめています。

<レノボ   ThinkCentre Tiny>

レノボの小型PC「ThinkCentre Tiny」が激安に! 中古 比較

<インテル  NUC / ベアボーン>

Intel NUCのミニPCを激安ゲット! 選び方、おすすめ、できること

<ドッキングステーション>

ノートPCの機能を拡張する最新ドッキングステーション 2021 まとめ

HDD&TFカード

懐かしの名作がぎっしり! レトロゲーム収録HDD&TFカード まとめ