「Meebook M6」(2023)は最大1TB? 人気6型E inkタブレットと徹底 比較!

Meebook M6 top
Boyue「Meebook M6」と定番の人気6型E inkタブレットを徹底 比較!価格や機能・できること、スペックの違いに加えて、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2023年7月、「Meebook M7」(6.8型・ボタン付き)が発売されました。

※本ページはプロモーション(広告)を含んでいます。

「Meebook M6」の特徴

Meebook M6 main

2023年4月に発売された「Meebook M6」の特徴をまとめてみました。

6型HD Eink・2色フロントライト・2200mAhバッテリ

Meebook M6」は6インチで解像度1448 x 1072ドットのHD E ink スクリーンを搭載。300 ppiの高精細な電子ペーパーディスプレイで、背景がダーク色になるナイトモードも利用できます。また、暖色寒色に対応した2色フロントライトを搭載。24段階で調整することもできます。

そのほか、2200mAhバッテリーを搭載し、スタンバイで最大5週間の駆動が可能。Type-Cを介した充電も利用できます。

1.8GHz クアッドコア ・3GB+32GB・最大1TB拡張

Meebook M6」は1.8GHzで駆動するクアッドコアプロセッサを搭載。1.5GHzだった前モデルよりも高速に動作します。また、3GBメモリ搭載でスムーズに動作。ストレージは32GBで、別売のmicroSDカード最大1TBまで拡張できます。

そのほか、OSにAndroid 11を採用。Google Playストア対応でKindleやKobo、Kinoppy、hontoなどの電子書籍アプリやサードパーティ製のアプリも利用できます。

Type-Cポート・デュアルバンド・レザーケース付属

Meebook M6」はOTG対応のType-Cポートを搭載。有線でイヤホンやスピーカー、マウス、キーボードなどと接続できます。また、高速で途切れづらいWi-Fi 5デュアルバンドに対応。Bluetooth 5.0対応でワイヤレスイヤホンなどの周辺機器ともスムーズに接続できます。

そのほか、厚さ7.1mmで重さ190gの薄型軽量デザインを採用。カラーはダークブルーで、オリジナルのレザーケースも付属します。

「Meebook M6」の機能

Meebook M6」の機能(できること)は以下の通りです。

  • ストレージ拡張(最大1TBまで)
  • 2色フロントライト(24段階・暖色と寒色)
  • アプリで動画・音楽再生(スピーカーなし)
  • OTG(有線イヤホンの接続に対応)
  • Type-C充電、Wi-Fiデュアルバンド(2.4GHz/5GHz)
  • Bluetooth 5.0 (ワイヤレスイヤホンの接続に対応)
  • 新しいUI、日本語表示
  • ZReaderアプリ(テキスト調整)
  • 辞書(翻訳)
  • 読書モード(ダーク色)
  • オリジナルレザーケース(付属)
  • Android 11、Google Playストア(電子書籍アプリおよびサードパーティ製アプリの追加)

他のモデルと比較

他のモデルの機能(できること)は以下の通りです。

「BOOX Poke4 Lite」

フロントライト(32段階で調整可能)、NeoReaderアプリ(PDFやEPUBなど20種類のフォーマットに対応)、USB Type-C(OTG)、ハイライト、ブックマーク、ビューの分割、Wi-Fi (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、オーディオファイルの再生(スピーカーなし)、Android 11の機能、Google playストア(アプリの追加)、BOOXストア

「Kindle 2022」(第11世代)

Type-C高速充電、16GBストレージ保存、最大6週間の駆動、フロントライト(色調調節ライト/LED 4個 )、ダークモード、300ppi表示、純正ファブリックカバー(ブラック・別売)

Whispersync機能(異なる端末でも続きをすぐ読める)、クラウドストレージ(Amazon のコンテンツはすべて無料でクラウドに保存可能)、フォント最適化、文字サイズ変更(8種類)、ウィキペディア検索、辞書検索、Wi-Fi(2.4GHz)、Prime Reading(プライム会員は読み放題)、ハイライト機能、Kindleストア

「Kobo Clara 2E」

IPX8防水、ダークモード、ComfortLight PRO(フロントライト・明るさと色温度を調整)、専用スリープカバー&専用ベーシックスリープカバー(自立可能・マグネット接続・スタンド・スリープモードでON/OFF自動切り替え)、Type-C充電、、Wi-Fiデュアルバンド(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth、TypeGenius(12種類のフォントと50以上のフォントスタイル)、楽天Kobo電子書籍ストア(端末から電子書籍を購入)、楽天ポイントで電子書籍を購入

「Meebook M6」のスペック

  • ディスプレイ 6インチ、解像度1448 x 1072 ドットのHD E Inkスクリーン
    ※300ppi/タッチ対応/ナイトモード(ダーク色)/Flat cover lens
  • フロントライト 24段階・寒色・暖色の2色
  • プロセッサ クアッドコア 1.8GHz
  • RAM(メモリ) 3GB
  • ストレージ 32GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで拡張可
  • バッテリー 2200 mAh
  • 駆動時間 スタンバイで最大5週間
  • 充電 5V/1.5A もしくは5V/2A ※急速充電は不可
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、TFカードスロット
  • スピーカー なし
  • マイク なし
  • スタイラスペン 専用ペンなし・利用できません
  • アプリ ZReader
  • Google Playストア 対応(プリインストール済み・サードパーティ製アプリ利用可)
  • OS Android 11
  • サイズ 152.5 x 109.7 x 7.1mm
  • 重量 190g
  • カラー ダークブルー
  • 対応言語 日本語、韓国語、スペイン語、ドイツ語、ロシア語、フランス語、イタリア語、ベトナム語、アラビア語、ポルトガル語、英語、ウクライナ語、伝統的な中国語、ポーランド語、ヘブライ語、タイ語
  • 付属品 オリジナルレザーケース、英語マニュアル

「Meebook M6」のメリット

Meebook M6」のメリット(長所)を紹介します。

6型HD E Inkスクリーンでナイトモード対応

Meebook M6」は6インチで解像度1448 x 1072ドットのHD E ink スクリーンを搭載。300 ppiの高精細な電子ペーパーディスプレイで、背景がダーク色になるナイトモードも利用できます。

一方、「BOOX Poke4 Lite」は6インチで解像度758×1024 px (212dpi)のE Ink Cartaスクリーンを搭載しています。「Kindle 2022」(第11世代)は6インチ、解像度300ppiの反射抑制スクリーンを搭載し、ダークモードにも対応しています。「Kobo Clara 2E」は6.0インチで解像度1072×1448(300ppi)のCarta E Ink HD 1200タッチスクリーンを搭載しています。

2色フロントライトを24段階で調整できる

Meebook M6」は暖色、寒色に対応した2色のフロントライトを搭載し、24段階で調整することもできます。

一方、「BOOX Poke4 Lite」は32段階で調整できる2色フロントライトを搭載しています。「Kindle 2022」(第11世代)はLED 4個を備えたフロントライトを搭載し、色調調節にも対応しています。「Kobo Clara 2E」はフロントライト「ComfortLight PRO」を内蔵し、明るさと色温度を調整することもできます

1.8GHz クアッドコアプロセッサで軽快に動作

Meebook M6」は1.8GHzで駆動するクアッドコアプロセッサを搭載し、1.5GHzだった前モデルよりも高速に動作します。

一方、「BOOX Poke4 Lite」はQualcomm Snapdragon 630 クアッドコアプロセッサを搭載しています。「Kindle 2022」(第11世代)と「Kobo Clara 2E」のプロセッサは不明です。

3GBメモリ搭載でスムーズに動作する

Meebook M6」は3GBメモリ搭載でスムーズに動作します。

一方、「BOOX Poke4 Lite」は2GB LPDDR4Xメモリ搭載でスムーズに動作します。「Kindle 2022」(第11世代)と「Kobo Clara 2E」のメモリ容量は不明です。

32GBストレージ搭載で保存も余裕

Meebook M6」は32GBストレージ搭載で、大量の電子書籍を保存できます。

一方、「BOOX Poke4 Lite」は16GB eMMCストレージ(実利用可能領域は7GB)搭載で電子書籍やPDFファイルも保存できます。「Kindle 2022」(第11世代)と「Kobo Clara 2E」は16GBストレージを内蔵しています。

microSDカードで最大1TBまで拡張できる

Meebook M6」は別売のmicroSDカードで最大1TBまで拡張できます。

一方、「BOOX Poke4 Lite」、「Kindle 2022」(第11世代)、「Kobo Clara 2E」はmicroSDカードで拡張できません。

2200mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応

Meebook M6」は2200mAhバッテリーを搭載し、スタンバイで最大5週間の駆動が可能。Type-Cを介した充電も利用できます。

一方、「BOOX Poke4 Lite」は1500mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。「Kindle 2022」(第11世代)は最大6週間駆動できるバッテリー搭載でType-C高速充電に対応しています。「Kobo Clara 2E」は数週間駆動できるバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。

Wi-Fi 5 ac デュアルバンドとBluetooth 5.0対応

Meebook M6」は高速で途切れづらいWi-Fi 5のデュアルバンドに対応しています。また、Bluetooth 5.0対応でワイヤレスイヤホンなどの周辺機器ともスムーズに接続できます。

一方、「BOOX Poke4 Lite」はWi-Fi 5のデュアルバンドとBluetooth 5.0に対応しています。「Kindle 2022」(第11世代)はWi-Fi(2.4GHz)通信に対応しています。「Kobo Clara 2E」はWi-Fi 5のデュアルバンドとBluetoothに対応しています。

 薄型軽量デザイン・ダークブルーカラーを用意

Meebook M6」は厚さ7.1mmで重さ190gの薄型軽量デザインを採用。カラーはダークブルーで、オリジナルのレザーケースも付属します。

一方、「BOOX Poke4 Lite」は厚さ7.1mmで重さ150gの薄型軽量デザインで、ブラック、ホワイトの2色を用意しています。「Kindle 2022」(第11世代)は厚さ8.0mmで重さ158gの薄型軽量デザインで、ブラックとデニムの2色を用意しています。「Kobo Clara 2E」は厚さ8.5mmで重さ170gでディープオーシャンブルーカラーを用意しています。

OTG対応のType-Cポートでキーボードと接続

Meebook M6」はOTG対応のType-Cポートを搭載。有線でイヤホンやスピーカー、マウス、キーボードなどと接続できます。

一方、「BOOX Poke4 Lite」、「Kindle 2022」(第11世代)、「Kobo Clara 2E」はOTG対応のType-Cポートを搭載しています。

Android 11搭載でGoogle Playストアに対応

Meebook M6」はAndroid 11を採用し、Google Playストアに対応しています。また、KindleやKobo、Kinoppy、hontoなどの電子書籍アプリやサードパーティ製のアプリも利用できます。

一方、「BOOX Poke4 Lite」はAndroid 11搭載でGoogle Playストアに対応しています。「Kindle 2022」(第11世代)はKindleストアに対応し、有料の読み放題サービス「Kindle Unlimited」、「Prime Reading」も利用できます。「Kobo Clara 2E」は楽天Koboストアに対応し、購入時に楽天ポイントがもらえるほか、楽天スーパーポイント、楽天キャッシュでの支払いにも対応しています。

「Meebook M6」のデメリット

「Meebook M6」のデメリット(弱点・短所)を紹介します。

防水に対応していない

Meebook M6」は防水に対応していません。

一方、「Kobo Clara 2E」はIPX8の防水に対応し、水深2mで最大60分耐えることができます。

「BOOX Poke4 Lite」と「Kindle 2022」(第11世代)は防水に対応していません。

スピーカーを内蔵していない

Meebook M6」はスピーカーを内蔵していません。有線、もしくはワイヤレスのイヤホンやスピーカーが必要になります。

一方、「BOOX Poke4 Lite」、「Kindle 2022」(第11世代)、「Kobo Clara 2E」もスピーカーを内蔵していません。

「Meebook M6」の評価

Meebook M6」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★★

機能:★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

2022年7月に発売されたBoyue「Meebook P6」の後継モデルになります。OSがAndroid 8.1からAndroid 11にアップグレードし、全体的なスペックも強化されています。プロセッサは.8GHzで駆動するクアッドコアプロセッサを搭載。AliExpressの販売ページで動画レビューがあり、それを見る限り、前モデルよりも格段に高速に動作することがわかります。

また、メモリは1GBから3GBに、ストレージ容量は16GBから32GBに増強。バッテリー容量も1500mAhから2200mAhに増強され、駆動時間も向上しているようです。そのほか、フロントライトが1色から2色に、Wi-Fi通信が2.4GHzから2.4GHz/5GHzのデュアルバンドに変更されています。

なお、microSDカードによる拡張は256GBから1TBに変更されています。自炊のPDFファイルなどを大量に保存しておきたい人に最適です。

Meebook M6」の価格は現在、21,299円。ストレージ容量を増やせる6インチのE inkタブレットを探している人におすすめです。

「Meebook M6」の価格・販売先

Meebook M6」は、

Amazonで21,599円 (税込)、

楽天市場で26,508円(送料無料)、

ヤフーショッピングで23,326円 (税込・送料別)、

AliExpressで$124.92、

米国 Amazon.comで$159.00 (日本円で約24802円)、

で販売されています。

Amazonで「Meebook M6」をチェックする

ヤフーショッピングで「Meebook M6」をチェックする

AliExpressで「Meebook M6」をチェックする

米国 Amazon.comで「Meebook M6」をチェックする

 

類似モデルの紹介

「Meebook M6」に似た性能をもつモデルも販売されています。

「BOOX Poke4 Lite」

ONXYから発売された6インチのE ink タブレットです。Android 11 OS、Snapdragon 630 プロセッサ、16GB eMMCストレージ、1500mAhバッテリを搭載しています。

価格は、楽天市場で22,800円 (税込・送料無料)、ヤフーショッピングで22,800 円 (税込・送料無料)、SKTネットショップで22,800 円です。

関連記事: 「BOOX Poke4 Lite」と小型E inkタブレットを徹底 比較!

「Kindle 2022」(第11世代)

Amazonから発売された6型の電子書籍リーダーです。反射抑制スクリーン、16GBストレージ、最大6週間持つバッテリーを備えるほか、ダークモードやフロントライト、Type-C高速充電に対応しています。

価格は、Amazonで広告ありモデルが12,980円(広告なしモデルは14,980円)、楽天市場で13,700円(新品 未開封品・税込・送料無料)、ヤフーショッピングで14,409円(税込・送料無料)、米国 Amazon.comで$119.99で販売されています。

関連記事:「Kindle 2022」(第11世代)はコスパ最高? 6型電子書籍リーダーと徹底 比較!

「Kobo Clara 2E」

楽天から発売された6型の電子書籍リーダーです。最新のCarta E Ink HD 1200タッチスクリーンを採用し、Type-Cポートによる充電やIPX8防水、Wi-Fi ac デュアルバンドに対応しています。

価格は、楽天市場で19,900円(税込・送料無料)、ヤフーショッピングで19,900円(税込・送料無料)、米国 Amazon.comで$119.99で販売されています。

関連記事:「Kobo Clara 2E」と6インチの最新E-inkタブレットを徹底 比較!

他のE inkタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報や機能・できること、価格などが分かるようになっています。

1.「Kobo Clara Colour」(6インチ・カラー対応)

2.「Meebook M7」(6.8インチ・ページめくりボタン)

3.「BOOX Page」(7インチ・ページめくりボタン)

4.「BOOX Tab Mini C」(7.8インチ・カラー表示)

5.「BOOX Poke5」(6型・Android 11・microSDカード)

6.「BOOX Leaf2」(7インチ・Android 11)

7.「Kindle Paperwhite」(2021)

8.「BOOX Nova Air C」(7.8型・カラー表示)

他のMeebookタブレットと比較

他にもMeebookタブレットが販売されています。ぜひ比較してみてください。

Meebook (LIKEBOOK) E-ink タブレットの最新モデルと選び方を紹介!

その他のおすすめタブレットは?

その他のおすすめタブレットは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

今買うべき電子書籍リーダーはKindleか? 最新モデルを比較

Amazon Kindleをまとめて紹介しています。

Einkタブレットに新モデル続々 最新 機種を比較

Eink液晶を搭載したタブレットをまとめて紹介しています。

BOOXのE-inkタブレットで読書が超快適に! カラー&超大型など最新機種 まとめ

BOOXのE-ink タブレットをまとめて紹介しています。