「Xiaomi 13T Pro」はズバ抜けた性能か? 人気ハイエンド5Gスマホと徹底 比較!


2023年12月8日に発売される「Xiaomi 13T Pro」(日本版)と人気のハイエンド5Gスマホを徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペック、カメラ性能の違いに加えて、メリット・デメリット、評価を紹介します。

「Xiaomi 13T Pro」(日本版)の特徴

Xiaomi 13T Pro」(日本版)の特徴をまとめてみました。

6.7の有機EL・リフ最大144Hz・120W急速充電

Xiaomi 13T Pro」(日本版)は6.7インチで解像度2712 x 1220 pxのAMOLEDディスプレイを搭載。アスペクト比20:9最大輝度2600nitの明るくワイドな液晶で、高コントラストで見やすいPro HDRDolby Vision680億色の色表示Corning Gorilla Glass 5、最大2,880HzのPWM調光機能にも対応しています。

また、リフレッシュレート 最大144Hzに対応し、より滑らかに映像を再生することが可能。タッチサンプリングレート 最大 480Hzに対応し、高速なタッチ入力も利用できます。そのほか、5000mAhバッテリー搭載で、動画再生で最長17時間の駆動が可能。付属の専用急速充電器を介して、19分で1~100%まで回復できる120W Xiaomi ハイパーチャージも利用できます。

Dimensity 9200+・12GB+256GB・MIUI 14

Xiaomi 13T Pro」(日本版)はMediaTek Dimensity 9200+プロセッサを搭載。4nmプロセスで製造された8コア、最大3.0GHz駆動のCPUで、Antutuベンチマーク総合で約136万8千を記録し、原神などのAndroidゲームも快適に動作します。また、12GB LPDDR5Xメモリを搭載し、最大20GBまで拡張可能。ストレージは高速なUFS4.0規格で256GBを搭載しています。

そのほか、OSにAndroid 13ベースのMIUI 14を搭載。ダブルスモールウィンドウ、バブル型通知、7GBまでのメモリ拡張、家族間の情報共有、ドラッグアンドドロップでデータ移動(異なるデバイス間)などの新機能が利用できるようになっています。

50MP3眼カメラ・Dolby Atmos・防水&おサイフケータイ

Xiaomi 13T Pro」(日本版)は背面に50MP+50MP+12MP3眼カメラを搭載し、5000万画素の超高解像度撮影、超広角撮影、望遠撮影、ナイトモード、スーパー手ブレ補正、スローモーションビデオなどが利用可能。

前面には20MPのフロントカメラを搭載するほか、独自の機能として光や色彩の変化、物体の動きを認識し、細部まで鮮やかに再現する「Xiaomi Imaging Engine」や人物や動物を自動追尾する「モーショントラッキングフォーカス」、AIで理想的な写真の構図のバリエーションを自動生成する「Xiaomi ProCut」などが利用できるようになっています。

また、デュアルスピーカー搭載で、臨場感のあるサウンドを再生できるDolby Atmos サウンドに対応。LiquidCoolテクノロジー採用で5,000平方mmの大型ベイパーチャンバーを備えた強力な冷却システムも利用できます。そのほか、IP68防水防塵に対応し、キッチンなど水回りやアウトドアでも使用可能。NFC(Felica)対応でおサイフケータイによるキャッシュレス決済(Suica、iD、WAON、Pasmo、楽天Edyなど)も利用できます。

公式ページ: Xiaomi 13T Pro – Xiaomi Japan

価格を比較

Xiaomi 13T Pro」と「Google Pixel 8」、「motorola edge 40」、「OPPO Reno10 Pro 5G」の価格を比較してみました。(※以下、アフィリエイト広告を含みます。)

「Xiaomi 13T Pro」

Xiaomi 13T Pro」は、Amazonで94,320円(税込・国内版・SIMフリー)、楽天市場で104,800円(送料無料・国内版)、ヤフーショッピングで104,800円(送料無料・国内版)、

Xiaomiオンラインストアで109,800円(日本国内版・SIMフリー・12GB+256GB・ブルー)、米国 Amazon.comで$679.50 (日本円で約98508円)で販売されています。

「Google Pixel 8」

Google Pixel 8」は、楽天市場で109,700円(送料無料・未使用品)、ヤフーショッピングで100,000円(送料無料)、Googleストアで112,900円、AliExpressでUS $666.52 (日本円で約98019円)、米国 Amazon.comで$699.00 (日本円で約102795円)、で販売されています。

「motorola edge 40」

motorola edge 40」は、Amazonで58,909円 (税込・PAY50002JP/A)、楽天市場で60,918円(送料無料・SIMフリー・PAY50000JP)、ヤフーショッピングで59,899円、モトローラ公式ストアで64,800円(税込)、米国 Amazon.comで$529.50で販売されています。

「OPPO Reno10 Pro 5G」

OPPO Reno10 Pro 5G」は、Amazonで78,909円(税込)、楽天市場で78,837円(送料無料)、ヤフーショッピングで78,837円(送料無料)、IIJmioで一括税込69,800円(通常価格・乗り換えは一括54,800円)で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

Xiaomi 13T Pro」と「Google Pixel 8」、「motorola edge 40」、「OPPO Reno10 Pro 5G」のAntutuベンチマーク スコアを比較してみました。

※Antutuスコアとは3D性能、UX速度、CPU性能、RAM性能を総合した評価点のこと。

「Xiaomi 13T Pro」

Antutu V9 総合で約1,368,000

例:Antutu V10 総合で「1515450」、CPUで「366366」、GPUで「546049」、MEMで「320947」、UXで「282088」。

<CPU> MediaTek Dimensity 9200+

<プロセッサ性能を解説>

4nmプロセスで製造された8コア、最大3.0GHz駆動のMediaTek Dimensity 9200+プロセッサを搭載し、Antutu V9 ベンチマーク総合で約136万8千を記録しています。

同じプロセッサは「Xiaomi Redmi K60 Ultra」、「Xiaomi Redmi K60 Extreme Edition」、「Vivo IQOO Neo 8 Pro」、「Vivo X90s」にも搭載されています。

なお、「MediaTek Dimensity 9200」プロセッサはAntutu V9総合で約1,275,000を記録していました。

Google Tensor G3搭載の「Google Pixel 8」と比較すると、スコアが約56万8千高くなります。

Dimensity 8020搭載の「motorola edge 40」と比較すると、スコアが約66万8千高くなります。

Snapdragon 778G搭載の「OPPO Reno10 Pro 5G」と比較すると、スコアが約84万8千高くなります。

性能的には負荷の高いAndroidの3Dゲーム(原神を含む)がサクサクと動作するレベルです。また、PS2、Xbox、PSP、PS1、SFC、DC、N64、MD、FCなどのエミュレーターも快適に動作します。

もちろん、動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)、電子書籍、写真撮影などでも快適に動作します。

「Google Pixel 8」

Antutu総合で約800,000

例:総合で「971930」、CPUで「290835」、GPUで「366244」、MEMで「148927」、UXで「165924」。

Geekbench 6.2.0でシングルコア「1760」、マルチコア「4442」

<CPU> Google Tensor G3

「motorola edge 40」

Antutu総合で約700,000

例:総合で「675325」、CPUで「193896」、GPUで「164395」、MEMで「150405」、UXで「166629」。

<CPU> MediaTek Dimensity 8020

「OPPO Reno10 Pro 5G」

Antutu総合で約520,000

例 Antutu V10 総合で「583696」、CPUで「200728」、GPUで「138977」、MEMで「107989」、UXで「136002」。

<CPU> Snapdragon 778G

スペックを比較

Xiaomi 13T Pro」と「Google Pixel 8」、「motorola edge 40」、「OPPO Reno10 Pro 5G」のスペックを比較してみました。

「Xiaomi 13T Pro」のスペック

  • ディスプレイ 6.7インチ、解像度2712 x 1220 pxのAMOLED
    ※20:9/446ppi/Pro HDR/Dolby Vision/HDR10+/HDR10色域/DCI-P3/680億色/Corning Gorilla Glass 5
  • 液晶の機能 16,000段階の輝度調整True Display/TrueColor/2,880Hz PWM調光/アダプティブ読書モード/サンライトモード
  • リフレッシュレート 最大144Hz
  • タッチサンプリングレート 最大 480Hz
  • プロセッサ MediaTek Dimensity 9200+
    ※4nm/64bit/8コア/最大3.0GHz
  • GPU Arm Immortalis-G715
  • RAM(メモリ)12GB LPDDR5X
  • 拡張メモリ +8GBで最大20GBまで
  • ストレージ 256GB UFS4.0
  • バッテリー 5000mAh
  • 駆動時間 動画再生で最長17時間、1080p動画撮影で最大5時間、音楽再生で最長73時間
  • 充電 120W Xiaomi ハイパーチャージ(急速充電/19分で1~100%)、USB Type-C
  • 背面カメラ 50MP+50MP+12MP
  • 前面カメラ 20MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 6E、Bluetooth 5.4 (AAC/LDAC/LHDC/ASHAに対応)、GPS (GPS:L1 + L5/Galileo/Beidou/NavIC:L5/A-GPS/MPE)
  • NFC/おサイフケータイ Felica 対応
  • インターフェース USB Type-C 2.0 (OTG)
  • センサー 近接センサー、360°周囲光センサー、加速度計、ジャイロスコープ、電子コンパス、リニアモーター、赤外線ブラスター、フリッカーセンサー、カラーセンサー
  • スピーカー デュアルスピーカー、Dolby Atmosサウンド
  • 防水防塵 IP68
  • 冷却システム LiquidCoolテクノロジー(5,000m㎡ステンレス製VC + 多層グラファイトシート)
  • 生体認証 画面内指紋認証、AI顔認証
  • 振動モーター X軸リニア振動モーター
  • OS Android 13ベースのMIUI 14
  • サイズ アルパインブルー : 約76×162×8.6mm
    メドウグリーン/ブラック: 約76×162×8.5mm
  • 重量 アルパインブルー : 200g、メドウグリーン/ブラック: 206g
  • カラー ブラック、メドウグリーン、アルパインブルー
  • 付属品 ACアダプタ(試供品)/USB Type-Cケーブル(試供品)/SIM取り出し用ピン(試供品)/ソフトケース(試供品)/クイックスタートガイド/保証に関するお知らせ
  • 5G通信 対応
  • SIMカード NanoSIM + eSIM(デュアルSIM)
  • 対応バンド
    5G:n3/28/41/77/78
    4G:LTE FDD:B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28
    4G:LTE TDD:B38/39/40/41/42
    3G:WCDMA:1/2/4/5/6/8/19
    2G:GSM:850 900 1800 1900MHz

関連記事【2023年最新】シャオミ スマホに新モデル続々 全機種 まとめ

Amazonで「Xiaomi 13T Pro」をチェックする

楽天市場で「Xiaomi 13T Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「Xiaomi 13T Pro」をチェックする

Xiaomiオンラインストアで「Xiaomi 13T Pro」をチェックする

AliExpressで「Xiaomi 13T Pro」をチェックする

米国 Amazon.comで「Xiaomi 13T Pro」をチェックする

「Google Pixel 8」のスペック

  • ディスプレイ 6.2インチ、1080 × 2400 pxのActua
    ※20:9/OLED/428 PPI/1,000,000:1/HDR/24ビット(1,600万色)/常時表示/Corning Gorilla Glass Victus
  • リフレッシュレート 最大 120 Hz (60~120 Hz)
  • プロセッサ Google Tensor G3、Titan M2 セキュリティ コプロセッサ
  • GPU Arm Mali-G715
  • RAM(メモリ)8GB LPDDR5
  • ストレージ 128GB / 256GB UFS 3.1
  • 外部ストレージ microSDカードは使えません
  • バッテリー 4575 mAh
  • 駆動時間 24 時間以上 ※スーパーバッテリーセーバー使用時で最長72時間
  • 充電 30W急速充電(約30分で最大50%まで)、USB-PD 3.0(PPS)、急速ワイヤレス充電(Qi 認証済み)、バッテリー シェア
  • 背面カメラ 50MP + 12MP
  • 前面カメラ 10.5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 6E (802.11 a/b/g/n/ac/ax)、2×2 MIMO、Bluetooth 5.3、GPS (A-GPS,GLONASS,GALILEO,QZSS,Beidou)
    ※Google Cast、デュアルバンド GNSS
  • NFC FeliCa内蔵・おサイフケータイに対応
  • インターフェース USB Type-C 3.2 (OTG)、電源ボタン、音量調節
  • センサー 近接センサー、周囲光センサー、加速度計、ジャイロメーター、磁力計、気圧計
  • スピーカー ステレオスピーカー
  • オーディオ 空間オーディオ
  • マイク マイク x 3 (ノイズ キャンセレーション)
  • 防水防塵 IP68
  • 生体認証 ディスプレイ内指紋認証、顔認証
  • OS Android 14 ※7年間のOS、セキュリティ、機能のアップデートを提供
  • サイズ 150.5 x 70.8 x 8.9 mm
  • 重量 187 g
  • カラー ヘーゼル、オブシディアン、ローズ
  • 5G通信 対応

関連記事「Google Pixel 8」異次元の完成度? 人気の超高性能5Gスマホと徹底 比較!

Amazonで「Google Pixel 8」をチェックする

楽天市場で「Google Pixel 8」をチェックする

ヤフーショッピングで「Google Pixel 8」をチェックする

Googleストアで「Google Pixel 8」をチェックする

AliExpressで「Google Pixel 8」をチェックする

米国 Amazon.comで「Google Pixel 8」をチェックする

「motorola edge 40」のスペック

  • ディスプレイ 6.55インチ、解像度2400 x 1080 pxのpOLED(有機EL)
    ※20:9/FHD+/402ppi/最大輝度 1200nit/HDR10+/8-bit/DCI-P3
  • リフレッシュレート 144Hz
  • タッチサンプリングレート 360Hz
  • プロセッサ MediaTek Dimensity 8020
    ※6nm/64bit/8コア/最大2.6GHz
  • CPU Arm Cortex-A78 @ up to 2.6GHz + Cortex-A55 @ up to 2GHz
  • GPU Arm Mali-G77 MC9
  • RAM(メモリ)8GB LPDDR4X
  • ストレージ 256GB UFS3.1
  • バッテリー 4400 mAh
  • 駆動時間 330時間
  • 充電 68W急速充電(TurboPowerチャージャー対応)、15Wワイヤレス充電 (Qi対応)
  • 背面カメラ 50MP+13MP
  • 前面カメラ 32MP
  • ワイヤレス通信 Wi-FI 6 (802.11a/b/g/n/ac/ax 2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.2、GPS (GPS A-GPS GLONASS Galileo)
  • NFC FeliCa、おサイフケータイに対応
  • テザリング 対応
  • インターフェース USB Type-C (USB 2.0)
  • センサー 近接センサー、環境照度センサー、加速度計、ジャイロセンサー、eコンパス
  • スピーカー Dolby Atmos対応のステレオスピーカー
  • マイク 内蔵
  • 防水防塵 IP68
  • 音声認識 Google アシスタント
  • 生体認証 指紋認証、顔認証
  • OS Android 13
  • サイズ イクリプスブラック 約158.43mm x 71.99mm x 7.58mm(最薄部)、ルナブルー 約158.43mm x 71.99mm x 7.49mm(最薄部)
  • 重量 イクリプスブラック 約171g、ルナブルー 約167g
  • カラー ルナブルー、イクリプスブラック
  • 5G通信 対応

関連記事「motorola edge 40」爆速でも安い? パワフルな5Gスマホと徹底 比較!

Amazonで「motorola edge 40」をチェックする

楽天市場で「motorola edge 40」をチェックする

ヤフーショッピングで「motorola edge 40」をチェックする

モトローラ公式ストアで「motorola edge 40」をチェックする

米国 Amazon.comで「motorola edge 40」をチェックする

「OPPO Reno10 Pro 5G」のスペック

  • ディスプレイ 約6.7インチ、解像度2412 × 1080 pxの有機EL
    ※FHD+/394ppi/輝度500nit/画面占有率93.0%/HDR10+/100% DCI-P3/100% sRGB/10億7000万色/AGC DT-Star2
  • リフレッシュレート 最大120Hz 可変(120Hz/90Hz/60Hz)
  • タッチサンプリングレート 最大240Hz
  • プロセッサ Qualcomm SM7325 Snapdragon 778G 5G
    ※6nm/64bit/8コア/最大2.4 GHz
  • GPU Adreno 642L
  • RAM(メモリ) 8GB LPDDR4x
  • メモリ拡張 最大16GBまで
  • ストレージ 256GB UFS2.2
  • バッテリー 4600mAh/17.98Wh
  • 駆動時間 約1.5日 ※4年 長持ち長寿命
  • 充電 80W SUPERVOOCフラッシュチャージ (約10分で48%、約5分で2時間のゲームプレイ)
  • 背面カメラ 50MP+32MP+8MP
  • 前面カメラ 32MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 6 (802.11a/b/g/n/ac/ax)、Bluetooth 5.2、GPS (GPS、BeiDou、GLONASS、GALILEO、QZSS )
  • NFC/おサイフケータイ 対応(マイナンバーカード機能に対応)
  • インターフェース USB Type-C (OTG)
  • センサー 地磁気センサー、近接センサー、光センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、重力センサー、ステップカウント機能対応
  • スピーカー ステレオスピーカー ※3.5mmイヤホンジャックなし
  • 防水防塵 IP54
  • 機能 IR(赤外線)リモコン機能、システム劣化防止機能 Dynamic Computing Engine技術、アイコンプルダウンジェスチャー(片手操作)、ゲームスペース(管理・パフォーマンスの最適化・通知の非表示)
  • 生体認証 ディスプレイ指紋認証、顔認証
  • OS Android 13ベースのColorOS 13
  • サイズ 約163 x 約75 x 約7.9mm
  • 重量 約185g
  • カラー シルバーグレー、グロッシーパープル
  • 5G通信 対応

関連記事「OPPO Reno10 Pro 5G」リッチな使い心地? 格上の高性能5Gスマホと徹底 比較!

Amazonで「OPPO Reno10 Pro 5G」をチェックする

楽天市場で「OPPO Reno10 Pro 5G」をチェックする

ヤフーショッピングで「OPPO Reno10 Pro 5G」をチェックする

IIJmioで「OPPO Reno10 Pro 5G」をチェックする

カメラ性能を比較

Xiaomi 13T Pro」と「Google Pixel 8」、「motorola edge 40」、「OPPO Reno10 Pro 5G」のカメラ性能を比較してみました。

「Xiaomi 13T Pro」

背面カメラ 50MP+50MP+12MP
前面カメラ 20MP
超広角 対応
望遠 対応 ※ズーム機能あり
マクロ撮影 非対応
機能
(背面)5000万画素mode(広角/望遠)、超広角撮影、望遠撮影、ナイトモード(広角/超広角/望遠)、Xiaomi Imaging Engineモーショントラッキングフォーカス、Xiaomi ProCutライトニングバースト、HDRデジタルズーム(最大20倍)、スローモーションパノラマドキュメント

(前面)ナイトモード、HDRポートレートモード、手のひらシャッター、タイムドバースト、ムービーフレーム、セルフィータイマー

(動画)背面:8K/4K動画撮影、、スーパー手ブレ補正、スローモーションビデオ、10ビットログ動画撮影、モーショントラッキングフォーカス、スーパー手ブレ補正/Pro
ムービーフレーム、テレプロンプターウルトラナイトビデオ、ショートフィルム、スローモーションビデオ:120fps、240fps、960fps、動画プロモード

前面:最大1,080pのHDR10+によるHDR動画撮影(30fps)、1,080p(1,920×1,080)HD動画撮影(30fps)、720p(1,280×720)HD動画撮影(30fps)、テレプロンプターショートフィルム、スローモーションビデオ:120fps、タイムラプス

<カメラ性能を解説>

背面カメラは、約5000万画素の広角+約5000万画素の望遠+約1200万画素の超広角の3眼構成で、広角には1/1.28型センサーを備えるほか、望遠は光学2倍ズームに対応しています。また、5000万画素の超高解像度撮影、超広角撮影、望遠撮影、ナイトモード、スーパー手ブレ補正、スローモーションビデオなどが利用できるようになっています。

前面カメラは約2,000万画素で、HDRポートレートモード、手のひらシャッター、タイムドバースト、ムービーフレーム、セルフィータイマーなどが利用できるようになっています。

そのほか、独自の機能として光や色彩の変化、物体の動きを認識し、細部まで鮮やかに再現する「Xiaomi Imaging Engine」や人物や動物を自動追尾する「モーショントラッキングフォーカス」、AIで理想的な写真の構図のバリエーションを自動生成する「Xiaomi ProCut」などが利用できるようになっています。

「Google Pixel 8」

背面カメラ 50MP + 12MP
前面カメラ 10.5MP
超広角 対応
望遠 非対応
マクロ撮影 対応(3cmまで)
機能 マクロフォーカス、「ベストテイク」、「編集マジック」、「音声消しゴムマジック」(動画)、「アクションパン」(動画)、「シネマティックぼかし」(動画)

「Photo Unblur」(ブレやボケを補正)、「リアル トーン」(肌の色を補正)、消しゴムマジック、夜景モード(ナイトモード)、Super Res Zoom機能(Pixel 7で最大8倍)、最大30倍の超解像ズーム(Pro版のみ)、Guided Frame機能(自撮りする際に顔の位置や角度などを音声で指示)、トップショット、ポートレート モード、モーション オートフォーカス、Live HDR+、よく撮影する人、デュアル露出補正、シネマティック撮影、ウルトラワイド レンズ、ポートレート ライト、モーション モード、顔のぼかし解除、パノラマ、手動によるホワイト バランス調整、ロックされたフォルダ

「motorola edge 40」

背面カメラ 50MP(f/1.4)+13MP (超広角)
前面カメラ 32MP (f/2.4)
超広角 対応
望遠 非対応 ※ズーム機能あり
マクロ撮影 非対応
機能(背面)クアッドピクセルテクノロジー、Omni-directional PDAF、光学手ブレ補正、超高解像度 ポートレート(24mm/35mm/50mm) 、プロ (長時間露出可能) 、360°パノラマ ナイトビジョン 、デュアル撮影 、スキャン 、スポットカラー 、AI: 自動スマイルキャプチャ^10 、Google レンズ™連携 、スマート構図 、撮影の最適化 、自動ナイトビジョン、その他の機能: 連射 タイマー 補助グリッド 水平マーカー メータリングモード 透かし RAW写真出力 QR/バーコードスキャナー HDR 超解像ズーム アクティブフォト ライブフィルター クイック撮影

(前面)クアッドピクセルテクノロジーデュアル撮影、タイムラプス (ハイパーラプス可能)、ポートレート、スポットカラー、ナイトビジョン(ポートレート): その他の機能: 手ぶれ補正機能 フェイスビューティー ビデオスナップショット ライブフィルター 外部マイクサポート

動画撮影(背面) 4K UHD (30fps)、FHD (60/30fps) スローモーション: FHD (240/120fps) 超広角/マクロ: 4K UHD (30fps)、FHD (30fps)、タイムラプス (ハイパーラプス可能) スローモーション ポートレート デュアル撮影 マクロ スポットカラー その他の機能: 手ぶれ補正機能、ビデオスナップショット、ライブフィルター、オーディオズーム、外部マイクサポート(前面)4K UHD (30fps)、FHD (30fps) ポートレート動画: HD (30fps)

「OPPO Reno10 Pro 5G」

背面カメラ 50MP (広角/F1.8) + 32MP (2倍望遠) + 8MP (超広角)
前面カメラ 32MP (F2.4・IMX709)
超広角 対応
望遠 対応 ※ズーム機能あり
マクロ撮影 非対応
機能 アウトカメラ: 写真、動画、夜景、PRO、パノラマ、ポートレート、タイムラプス、スローモーション、テキストスキャナー、アウト/イン同時動画撮影、超高解像度、ステッカー、Google Lens、インカメラ: 写真、ビデオ、パノラマ、ポートレート、夜景、タイムラプス、ステッカー、アウト/イン同時動画撮影

(動画撮影)アウトカメラ: 4K@30fps、1080P@60fps/30fps,720P@60fps/30fps電子式手ブレ補正+光学式手ブレ補正、ズーム撮影、スローモーション撮影、タイムラプス撮影、アウト/イン同時動画撮影

インカメラ:最大1080P/720P@30fps、デフォルトは1080P@30fps (レタッチ効果はデフォルトでオン) ビデオ手ブレ補正: 1080P/720P@30fps

「Xiaomi 13T Pro」のメリット・デメリット

Xiaomi 13T Pro」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・6.7インチのAMOLED(有機EL)液晶・Pro HDR、Dolby Vision、HDR10+に対応

Xiaomi 13T Pro」は6.7インチで解像度2712 x 1220 pxのAMOLEDディスプレイを搭載。アスペクト比20:9、ピクセル密度446ppiの明るくワイドな液晶で、Pro HDRやDolby Vision、680億色の色表示、Corning Gorilla Glass 5にも対応しています。

一方、「Google Pixel 8」は6.2インチで解像度1080 × 2400 pxのActuaディスプレイを搭載しています。「motorola edge 40」は6.55インチで解像度2400 x 1080 pxのpOLED(有機EL)ディスプレイを搭載しています。「OPPO Reno10 Pro 5G」は約6.7インチで解像度2412 × 1080 pxの有機ELディスプレイを搭載しています。

・リフレッシュレート 最大144Hzとタッチサンプリングレート 最大 480Hzに対応

Xiaomi 13T Pro」はリフレッシュレート 最大144Hzに対応し、より滑らかに映像を再生することが可能。タッチサンプリングレート 最大 480Hzに対応し、高速なタッチ入力も利用できます。

一方、「Google Pixel 8」はリフレッシュレート 最大 120 Hzに対応しています。「motorola edge 40」はリフレッシュレート 144Hzとタッチサンプリングレート 360Hzに対応しています。「OPPO Reno10 Pro 5G」はリフレッシュレート 最大120Hzとタッチサンプリングレート 最大240Hzに対応しています。

・12GB LPDDR5Xメモリ搭載で最大20GBまで拡張できる

Xiaomi 13T Pro」は12GB LPDDR5Xメモリを搭載し、最大20GBまで拡張できます。

一方、「Google Pixel 8」は8GB LPDDR5メモリを搭載しスムーズに動作します。「motorola edge 40」は8GB LPDDR4Xメモリ搭載でスムーズに動作します。「OPPO Reno10 Pro 5G」は8GB LPDDR4xメモリを搭載し、最大16GBまで拡張できます。

・256GB UFS4.0ストレージを搭載

Xiaomi 13T Pro」は高速なUFS4.0規格のストレージを256GBを搭載しています。

一方、「Google Pixel 8」は高速なUFS 3.1規格のストレージを128GB / 256GBを搭載しています。「motorola edge 40」は高速なUFS3.1規格のストレージを256GB 搭載しています。「OPPO Reno10 Pro 5G」は高速なUFS2.2規格のストレージを256GB搭載しています。

・5000mAhバッテリー搭載で120W Xiaomi ハイパーチャージに対応

Xiaomi 13T Pro」は5000mAhバッテリー搭載で動画再生で最長17時間の駆動が可能です。また、付属の専用急速充電器を介して、19分で1~100%まで回復できる120W Xiaomi ハイパーチャージも利用できます。

一方、「Google Pixel 8」は4575 mAhバッテリー搭載でスーパーバッテリーセーバー、 30W急速充電、急速ワイヤレス充電、バッテリー シェアに対応しています。「motorola edge 40」は4400 mAhバッテリー搭載で68W急速充電、15Wワイヤレス充電に対応しています。「OPPO Reno10 Pro 5G」は4年間使える4600mAhバッテリー搭載で80W SUPERVOOCフラッシュチャージに対応しています。

・Wi-Fi 6E、Bluetooth 5.4、GPSに対応

Xiaomi 13T Pro」はWi-Fi 6の拡張版で、2.4GHz帯・5GHz帯・6GHz帯の3つの帯域が利用できるWi-Fi 6Eに対応しています。また、Bluetooth 5.4によるワイヤレス接続、GPSナビゲーションも利用できます。

一方、「Google Pixel 8」はWi-Fi 6E、Bluetooth 5.3、GPSに対応しています。「motorola edge 40」と「OPPO Reno10 Pro 5G」はWi-Fi 6、Bluetooth 5.2、GPSに対応しています。

・5G通信に対応・格安SIMや楽天モバイルのSIMも使える

Xiaomi 13T Pro」は5G通信(対応バンドn3/28/41/77/78)に対応しています。また、4G LET通信にも対応し、ドコモ回線を使った格安SIMや楽天モバイルのSIMも利用できます。

一方、「Google Pixel 8」と「motorola edge 40」、「OPPO Reno10 Pro 5G」も5G通信に対応しています。

・NFC(Felica)対応でおサイフケータイが使える

Xiaomi 13T Pro」はNFC(Felica)対応でおサイフケータイによるキャッシュレス決済(Suica、iD、WAON、Pasmo、楽天Edyなど)も利用できます。

一方、「Google Pixel 8」と「motorola edge 40」、「OPPO Reno10 Pro 5G」もNFC (FeliCa)対応でおサイフケータイによるキャッシュレス決済が利用できます。

・デュアルスピーカー搭載でDolby Atmosサウンドに対応

Xiaomi 13T Pro」はデュアルスピーカー搭載で、臨場感のあるサウンドを再生できるDolby Atmosサウンドに対応しています。

一方、「Google Pixel 8」はステレオスピーカー搭載で空間オーディオに対応しています。「motorola edge 40」はステレオスピーカー搭載で、Dolby Atmosによる臨場感のあるサウンドを再生できます。「OPPO Reno10 Pro 5G」はステレオスピーカー搭載で高音質なサウンドを再生できます。

・IP68防水防塵に対応

Xiaomi 13T Pro」はIP68防水防塵に対応し、キッチンなど水回りやアウトドアでも使用できます。

一方、「Google Pixel 8」と「motorola edge 40」はIP68の防水防塵に対応し、深さ1.5mまでの水没に30分耐えられるほか、埃を完全にシャットアウトすることもできます。「OPPO Reno10 Pro 5G」はIP54防水防塵に対応し、あらゆる方向からの水しぶきに耐えることが可能で、わずかな粉塵が侵入しても動作できます。

・冷却システムを搭載

Xiaomi 13T Pro」はLiquidCoolテクノロジー採用で5,000平方mmの大型ベイパーチャンバーを備えた強力な冷却システムを搭載し、本体の高熱化を防ぐことができます。

一方、「Google Pixel 8」と「motorola edge 40」、「OPPO Reno10 Pro 5G」は冷却システムを搭載していません。

・画面内指紋認証、AI顔認証に対応

Xiaomi 13T Pro」はタッチでロック解除できる画面内指紋認証とAI顔認証に対応しています。

一方、「Google Pixel 8」はディスプレイ内指紋認証、顔認証に対応しています。「motorola edge 40」は指紋認証と顔認証に対応し、安全かつスピーディにログインできます。「OPPO Reno10 Pro 5G」はディスプレイ指紋認証と顔認証に対応しています。

・厚さ8.6mm、重さ206gの薄型軽量デザイン・3色カラーを用意

Xiaomi 13T Pro」は厚さ8.6mm、重さ206gの薄型軽量デザインで、ブラック、メドウグリーン、アルパインブルーの3色カラーを用意しています。

一方、「Google Pixel 8」は厚さ8.9mmで重さ187gの薄型軽量デザインで、ヘーゼル、オブシディアン、ローズの3色カラーを用意しています。「motorola edge 40」は厚さ7.58mm、重さ約171gの薄型軽量デザインで、ルナブルー、イクリプスブラックの2色カラーを用意しています。「OPPO Reno10 Pro 5G」は厚さ約7.9mm、重さ約185gの薄型軽量デザインで、シルバーグレー、グロッシーパープルの2色カラーを用意しています。

・Android 13ベースのMIUI 14を搭載・新機能も使える

Xiaomi 13T Pro」はAndroid 13ベースのMIUI 14を搭載し、新機能も使えるようになっています。

MIUI 14には、

ダブルスモールウィンドウ、バブル型通知、7GBまでのメモリ拡張、家族間の情報共有、ホーム画面・設定メニュー・フォルダのデザインの新しいアイコンデザイン、天気アプリの UI 最適化、ドラッグアンドドロップでデータ移動(異なるデバイス間)、サードパーティ製アプリの動作向上(Photon エンジン搭載)、メモリ消費量の大幅削減

などの機能が追加されています。

一方、「Google Pixel 8」はOSにAndroid 14を搭載し、OS・セキュリティ・新機能(Feature Drops)のアップデートを7年間提供されます。「motorola edge 40」はAndroid 13搭載で新機能も使えるようになっています。「OPPO Reno10 Pro 5G」はAndroid 13ベースのColorOS 13搭載で新機能も使えます。

デメリット

・ワイヤレス充電に対応していない

Xiaomi 13T Pro」はワイヤレス充電に対応していません。

一方、「motorola edge 40」は15Wワイヤレス充電 (Qi対応)に対応しています。「Google Pixel 8」と「OPPO Reno10 Pro 5G」はワイヤレス充電に対応していません。

・microSDカードと3.5mmイヤホンジャックが使えない

Xiaomi 13T Pro」はmicroSDカードと3.5mmイヤホンジャックが使えません。

一方、「Google Pixel 8」、「motorola edge 40」、「OPPO Reno10 Pro 5G」もmicroSDカードと3.5mmイヤホンジャックが使えません。

「Xiaomi 13T Pro」の評価

Xiaomi 13T Pro」の評価を紹介します。

スペック:★★★★★

通信:★★★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★★★

使いやすさ:★★★★★

価格:★★★

<総合評価>

シャオミから発売される日本向けのハイスペックな5Gスマホです。超高速なプロセッサと充電機能、通信機能を持ち、カメラ性能も高いです。

プロセッサはMediaTek Dimensity 9200+で、Antutu V9 ベンチマーク総合で約136万8千ほど。Google Tensor G3搭載「Google Pixel 8」との比較で約56万8千、Dimensity 8020搭載「motorola edge 40」との比較で約66万8千、Snapdragon 778G搭載「OPPO Reno10 Pro 5G」との比較で約84万8千、スコアが高くなるという超高性能なプロセッサです。現時点で最高級レベルのプロセッサで、ゲームはもちろん、あらゆる負荷の高い作業をサクサクとこなせます。

また、120W Xiaomi ハイパーチャージに対応し、19分で1~100%まで回復させることが可能です。バッテリー容量は 5000mAhですが、充電スピードが速い分、使い勝手は良さそうです。

そのほか、50MP+50MP+12MPの3眼カメラを搭載し、独自機能「Xiaomi Imaging Engine」や「モーショントラッキングフォーカス」、「Xiaomi ProCut」などが利用可能。日本向けスマホとして必須のIP68防水防塵おサイフケータイ(Felica)も利用できるようになっています。通信面では5G通信に加え、Wi-Fi 6EBluetooth 5.4にも対応しており、ほぼ完ぺきな通信性能です。SIMフリー仕様なので、ドコモ回線を使った格安SIM楽天モバイルSIMも利用可能です。

全体的なスペックが非常に高く、特にプロセッサ、充電性能、カメラ性能、通信性能がずば抜けて性能が高いです。「Google Pixel 8」のようにさまざまな機能があるわけではないのですが、快適に使用するのに必要な性能だけを強化し、完成度の高いスマートフォンに仕上がっています。

Xiaomi 13T Pro」の発売時の価格は109,800円。

Xiaomiオンラインストアだけでなく、Amazonや楽天市場、IIJmio、UQ mobileなどでも販売される予定です。超高性能なシャオミの5Gスマホを探している人におすすめです。

「Xiaomi 13T Pro」のデザイン

カラーはブラック、メドウグリーン、アルパインブルーの3種類が用意しており、このうち、アルパインブルーのみヴィ―ガンレザーのバックパネルを採用しています。

ヴィ―ガンレザーは環境に配慮した柔らかな素材で、肌触りもバツグンに良く、優れた耐寒性と通気性も兼ね備えています。バッグににもよく使われている素材で、とってもオシャレな感じがしますね。

また、背面のカメラ部分のデザインが独特です。大きな2枚のレンズを四角い大きな枠で囲んでおり、かなり目立ちます。

なお、サイズ/重さはアルパインブルーが約76×162×8.6mm/ 200g。メドウグリーン/ブラックが約76×162×8.5mm/ 206g。アルパインブルーの方が1mm厚く、6g軽くなっています。

※上の文面はThreadsからの引用です。

「Xiaomi 13T Pro」のデザインは下の動画でチェックできます。

Youtubeショート動画でデザインをチェックする

Instagramでデザインをチェックする

「Xiaomi 13T Pro」の販売・購入先

Xiaomi 13T Pro」は、

Amazonで94,320円(税込・国内版・SIMフリー)、

楽天市場で104,800円(送料無料・国内版)、

ヤフーショッピングで104,800円(送料無料・国内版)、

Xiaomiオンラインストアで109,800円(日本国内版・SIMフリー・12GB+256GB・ブルー)、

米国 Amazon.comで$679.50 (日本円で約98508円)、

で販売されています。

Amazonで「Xiaomi 13T Pro」をチェックする

楽天市場で「Xiaomi 13T Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「Xiaomi 13T Pro」をチェックする

Xiaomiオンラインストアで「Xiaomi 13T Pro」をチェックする

AliExpressで「Xiaomi 13T Pro」をチェックする

米国 Amazon.comで「Xiaomi 13T Pro」をチェックする

 

 

 

他のスマートフォンと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「OnePlus 12」(6.8型・ Snapdragon 8 Gen 3・IP65防水防塵)

Google Pixel 8

motorola edge 40

OPPO Reno10 Pro 5G

AQUOS sense8」(6.1インチ・Snapdragon 6 Gen 1)

Xperia 5 V」(6.1インチ・Snapdragon 8 Gen 2)

Galaxy S23 Ultra」(6.8インチ・Snapdragon 8 Gen 2)

ASUS Zenfone 10」(Android 13・Snapdragon 8 Gen2)

iPhone 15」(6.1インチ・A16 Bionic・iOS 17)

Nothing Phone (2)」(6.7インチ・Snapdragon 8+ Gen 1)

AQUOS R8 pro」(6.6インチ・Snapdragon 8 Gen 2)

他のシャオミ スマホと比較

他にもシャオミのスマホが販売されています。ぜひ比較してみてください。

【2023年最新】シャオミ スマホに新モデル続々 全機種 まとめ

その他のおすすめAndroidスマホは?

その他のおすすめAndroidスマホは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

選ばれし者だけが使う究極のハイスペックスマホ まとめ

超ハイスペックなスマホをまとめて紹介しています。

5万円台のハイスペックスマホ ラインナップ 機種 一覧

5万円前後のハイスペックなAndroidスマホをまとめて紹介しています。

注文殺到で売れまくり! 3万円台で買えるハイスペックスマホ まとめ

3万円台のハイスペックなAndroidスマホをまとめて紹介しています。

2万円台で買えるリッチなスマホ 全機種を比較

2万円前後のAndroidスマホをまとめて紹介しています。

格安スマホ おすすめ機種・選び方・注意点

最新の格安スマホをまとめて紹介しています。

<ゲーミングスマホ>

最強ゲーミングスマホの本当の選び方・最新 比較