「Fire HD 10」(2021)はやっぱり買うべき? 1万円タブレットと徹底 比較!


2021年5月26日に発売された第11世代Amazon「Fire HD 10」(2021)と1万円タブレットを徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペックの違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2021年5月26日から「Fire HD 10 Plus」も発売中です。

「Fire HD 10」(2021)の特徴

第11世代「Fire HD 10」(2021)の特徴をまとめてみました。

強化ガラスのフルHD液晶・2画面表示

Fire HD 10」(2021)は10.1インチ、解像度1920 x 1200 pxのIPS液晶を搭載。2019モデルよりも10%明るく色鮮やかになっているほか、新たに強化アルミノシリケートガラスのスクリーンを採用し、耐久性も向上しています。また、新たに2画面表示に対応。2つのアプリを同時に表示させて使用できるようになっています。

3GBメモリ・最大1TB・専用キーボードカバー

Fire HD 10」(2021)は3GBメモリを搭載。2019モデルよりも50%容量が増えたことで、遅延なくよりスムーズに動作できます。また、32/64GBストレージを内蔵し、microSDカードで最大1TBまで拡張可能。別売で純正のキーボードカバーと自立できる純正カバーも用意されています。

5MPカメラ・Dolby Atmos・音声認識Alexa

Fire HD 10」(2021)は背面に5MP、前面に2MPカメラを搭載。2つのマイクも搭載し、ZoomなどのWeb会議も快適に利用できます。また、Dolby Atmos対応のデュアルステレオスピーカーを搭載。音声認識Alexaにも対応し、ハンズフリーで音楽やビデオ通話を利用できます。

価格を比較

Fire HD 10」(2021)と「Lenovo Tab B10」、「TCL TAB 10 Wi-Fi」、「VASTKING KingPad K10」の価格を比較してみました。

「Fire HD 10」(2021)

Fire HD 10」(2021)は、Amazonで15,980円(※純正キーボードは5,980円)、楽天市場で14,478円 (税込・送料無料)、ヤフーショッピングで13,980 円で販売されています。

「Lenovo Tab B10」

Lenovo Tab B10」は、Amazonで15,432円(1776円OFFクーポン付き)、楽天市場で13,306円 (税込)、ヤフーショッピングで13,306円(税込・送料無料)、レノボ直販サイトで13,306円(税込・送料無料)、で販売されています。

「TCL TAB 10 Wi-Fi」

TCL TAB 10 Wi-Fi」は、Amazonで11,200円、楽天市場で12,200円 (税込)、ヤフーショッピングで12,200 円で販売されています。

「VASTKING KingPad K10」

VASTKING KingPad K10」は、Amazonで18,299円(2000円OFFクーポン付き)、楽天市場で23,700円 (税込)、ヤフーショッピングで21,700円、米国Amazon.comで$139.99 (日本発送は+ $27.75)で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

Fire HD 10」(2021)と「Lenovo Tab B10」、「TCL TAB 10 Wi-Fi」、「VASTKING KingPad K10」のAntutuベンチマークスコアを比較してみました。

「Fire HD 10」(2021)

Antutu総合で約120,000

<CPU> MediaTek Kompanio 500 (MT8183) 2.0GHz オクタコア
※「Fire HD 10 Plus」と同じプロセッサ

<プロセッサ性能を解説>

2019年モデルと同じMediaTek Kompanio 500 (MT8183)搭載でした。Antutu総合 約12万ほどで、一応3Dゲームもプレイできる性能です。ただし、最近ではUnisocの Tiger T618搭載のタブレットが販売されており、Antutu17万ほどのスコアになっています。

Unisoc Tiger T618搭載モデルには「VASTKING KingPad K10」、「BMAX i10」、「Teclast M40」などがあります。価格が安ければそちらを選択してもいいでしょう。

「Lenovo Tab B10」

Antutu総合で約6,3000

<CPU> Qualcomm Snapdragon 429
※「Lenovo Tab M10」と同じプロセッサ

「TCL TAB 10 Wi-Fi」

Antutu総合で約75000

<CPU> MediaTeK MT8766B

「VASTKING KingPad K10」

Antutu総合でAntutu総合で約173,194

<CPU> Unisoc Tiger T618
※「BMAX i10」、「VASTKING KingPad K10 Pro」と同じプロセッサ

スペックを比較

Fire HD 10」(2021)と「Lenovo Tab B10」、「TCL TAB 10 Wi-Fi」、「VASTKING KingPad K10」のスペックを比較してみました。

「Fire HD 10」(2021)のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200 pxのIPS液晶
    ※フルHD / 224ppi / 強化アルミノシリケートガラスのスクリーン / 前モデルよりも10%明るく色鮮やか
  • プロセッサ MediaTek Kompanio 500 (MT8183) 2.0GHz オクタコア
  • GPU Arm Mali-G72 MP3
  • RAM(メモリ) 3GB
  • ストレージ 32/64GB (使用可能領域 24.2/55.0GB)
  • 外部ストレージ   microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー駆動時間 最大12時間
  • 充電 Type-C充電・時間:約4時間(同梱のType-Cケーブル、9W充電アダプタを使用した場合)
  • 背面カメラ 5MP
  • 前面カメラ     2MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0
  • インターフェース USB Type-C、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー アクセロメータ、環境光センサー
  • スピーカー Dolby Atmos対応のデュアルステレオスピーカー
  • マイク 2つのマイク
  • 機能 2画面表示機能、バッテリーセーバー(低電力モード)
  • 音声認識 Alexa
  • キーボード 対応・専用のMade for Amazonキーボード付きカバー(別売・5,980円)
  • カバー 対応・スタンドになるスリムなAmazon純正カバー(別売)
  • OS Fire OS
  • Google Playストア 非対応 ※Google系アプリを除いて、スマホなどから他のアプリを移すことは可能です。
  • サイズ 247 x 166 x 9.2mm ※前モデルより7%薄く、8%軽い
  • 重量 465 g
  • カラー ブラック、デニム、オリーブ
  • 付属品 USB-C(2.0)ケーブル、9W電源アダプタ、スタートガイド
  • 世代 第11世代

関連記事Amazonタブレット&Fire TV Stickが激安で人気 全機種を比較

Amazonで「Fire HD 10」(2021)をチェックする

Amazonで「Made for Amazonキーボード付きカバー」をチェックする

楽天市場で「Fire HD 10」をチェックする

ヤフーショッピングで「Fire HD 10」をチェックする

米国Amazon.comで「Fire HD 10」をチェックする

「Lenovo Tab B10」のスペック

「Lenovo Tab B10」と激安10.1型タブレットを徹底 比較!

  • 型番 ZA4G0160JP
  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1280×800ドットのワイドIPS液晶
    ※10点マルチタッチ/ Miracast対応
  • プロセッサ Qualcomm Snapdragon 429 クアッドコア
  • GPU Adreno 504
  • RAM(メモリ) 2GB
  • ストレージ 16GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大256GBまで
  • バッテリー 4850mAh
  • 駆動時間 約 8.5時間
  • 充電時間 約 3.5時間 (ACアダプター使用時) ※AC 100-240V(50/60Hz)
  • 背面カメラ 5MP ※オートフォーカス対応
  • 前面カメラ 2MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2、GPS(GLONASS)
  • インターフェース microUSB 2.0ポート(OTG機能付き)、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック、スマートコネクタ(専用アクセサリ接続用)
  • センサー 加速度センサー、GPS、GLONASS
  • スピーカー ドルビーオーディオ対応・デュアルスピーカー
  • OS Android 9.0
  • サイズ 約 243.2×169.2×8.45mm
  • 重量 約 480g
  • カラー スレートブラック

関連記事「Lenovo Tab B10」と激安10.1型タブレットを徹底 比較!

Amazonで「Lenovo Tab B10」をチェックする

楽天市場で「Lenovo Tab B10」をチェックする

ヤフーショッピングで「Lenovo Tab B10」をチェックする

レノボ直販サイトで「Lenovo Tab B10」をチェックする

米国Amazon.comで「Lenovo Tab B10」をチェックする

ビックカメラで「Lenovo Tab M10 HD(2nd Gen) 」をチェックする

「TCL TAB 10 Wi-Fi」のスペック

「TCL TAB 10 Wi-Fi」は初心者に最適? 定番モデルと徹底 比較!

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1280×800ドットのIPS液晶
    ※マルチタッチ対応/HD/画面占有率80%
  • プロセッサ MediaTeK  MT8766B クアッドコア 1.8GHz
    ※12 nm/64bit/4コア/4スレッド/最大2.0 GHz
  • GPU IMG PowerVR GE8300
  • RAM(メモリ) 3GB
  • ストレージ  32GB
  • 外部ストレージ microSDカード(MicroSDXC対応)で最大256GBまで
  • バッテリー 5500mAh
  • 駆動時間 スタンバイで400時間(16日間)、最大で約19時間30分
  • 充電  PD充電・5V 2A・時間:約3時間50分
  • 背面カメラ 5MP
  • 前面カメラ     5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz+5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS
  • インターフェース USB Type-C 3.0 (OTG)、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー GPS、加速度
  • スピーカー シングルスピーカー搭載
  • マイク 搭載
  • 防水防塵  IP52
  • OS Android 10
  • Google Play ストア 対応・利用できます
  • サイズ 234.3 × 161.2 × 9.35 mm
  • 重量 456g
  • カラー ブラック

関連記事「TCL TAB 10 Wi-Fi」は初心者に最適? 定番モデルと徹底 比較!

Amazonで「TCL TAB 10 Wi-Fi」をチェックする

楽天市場で「TCL TAB 10 Wi-Fi」をチェックする

ヤフーショッピングで「TCL TAB 10 Wi-Fi」をチェックする

米国Amazon.comで「TCL Tab 8」をチェックする

「VASTKING KingPad K10」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200ドットのIPS液晶
    ※ブルーライト低減
  • プロセッサ UNISOC Tiger T618 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア
  • CPU 2xA75 + 6xA55
  • GPU ARM Mali-G52
  • RAM(メモリ) 3GB
  • ストレージ 32GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大512GBまで拡張可能
  • バッテリー 6000 mAh
  • 駆動時間 通常使用で最大12時間、動画再生で9時間、スタンバイで20日間
  • 充電  PD充電に対応
  • 背面カメラ 13MP
  • 前面カメラ 8MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(A-GPS)
    ※Wi-Fiディスプレイに対応
  • インターフェース USB Type-C
  • スピーカー デュアルスピーカー
  • スタイラスペン なし ※サードパーティ製のものが使用できます
  • キーボード 別売・専用キーボードカバーを用意
  • 生体認証 顔認証
  • 音声認識 Googleアシスタント
  • OS Android 10.0
  • サイズ 250 x 150 x 8 mm
  • 重量 550 g
  • カラー グレー

関連記事「VASTKING KingPad K10」と10.1激安タブレットを徹底 比較!

Amazonで「VASTKING KingPad K10」をチェックする

楽天市場で「VASTKING KingPad K10」をチェックする

ヤフーショッピングで「VASTKING KingPad K10」をチェックする

米国Amazon.comで「VASTKING KingPad K10」をチェックする

「Fire HD 10」(2021)のメリット・デメリット

Fire HD 10」(2021)のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・明るく色鮮やかなフルHDのIPS液晶・強化ガラスで頑丈

Fire HD 10」(2021)は10.1インチ、解像度1920 x 1200 pxのIPS液晶を搭載。画質は高精細なフルHDで、前モデルよりも10%明るく色鮮やかになっています。また、強化アルミノシリケートガラスのスクリーンを採用し、耐久性も向上しています。

一方、「Lenovo Tab B10」は10.1インチで解像度1280×800ドットのワイドIPS液晶(HD)を搭載しています。「TCL TAB 10 Wi-Fi」は10.1インチで解像度1280×800ドットのIPS液晶(HD)を搭載しています。「VASTKING KingPad K10」は10.1インチで解像度1920 x 1200ドットのIPS液晶(フルHD)を搭載しています。

・3GBメモリ&32/64GBストレージで快適に使える

Fire HD 10」(2021)は3GBメモリ搭載でスムーズに動作します。また、32/64GBストレージ搭載でmicroSDカードで最大1TBまで拡張できます。

一方、「Lenovo Tab B10」は2GBメモリ&16GBストレージを搭載しています。「TCL TAB 10 Wi-Fi」は3GBメモリ&32GBストレージを搭載しています。「VASTKING KingPad K10」は3GBメモリ&32GBストレージ搭載しています。

・最大12時間駆動できるバッテリー・Type-C充電

Fire HD 10」(2021)は最大12時間駆動できるバッテリーを搭載しています。また、Type-C充電も利用できます。

一方、「Lenovo Tab B10」は約8.5時間駆動する4850mAhバッテリーを搭載しています(※PD充電には非対応)。「TCL TAB 10 Wi-Fi」は5500mAhバッテリー搭載でPD充電に対応しています。「VASTKING KingPad K10」は6000mAhバッテリー搭載でPD充電に対応しています。

・背面5MP&前面2MPカメラが使える

Fire HD 10」(2021)は背面5MP(500万画素)カメラ搭載で高精細な写真を撮影できます。また、前面2MPカメラ搭載でZoomなどのWeb会議も快適に利用できます。

一方、「Lenovo Tab B10」は背面5MP&前面2MPカメラを搭載しています。「TCL TAB 10 Wi-Fi」は面5MP&前面5MPカメラを搭載しています。「VASTKING KingPad K10」は背面13MP&前面8MPカメラを搭載しています。

・Wi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0に対応

Fire HD 10」(2021)は高速で途切れづらいWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0に対応し、快適に通信することができます。

一方、「Lenovo Tab B10」はWi-Fi デュアルバンド&Bluetooth 4.2&GPS(GLONASS)に対応しています。「TCL TAB 10 Wi-Fi」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPSに対応しています。「VASTKING KingPad K10」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPS(A-GPS)に対応しています。

・厚さ9.2mmで重さ465gの薄型軽量ボディ

Fire HD 10」(2021)は厚さ9.2mmで重さ465gの薄型軽量デザインになっています。

一方、「Lenovo Tab B10」は厚さ8.45mmで重さ約480gになっています。「TCL TAB 10 Wi-Fi」は厚さ9.35 mmで重さ456gになっています。「VASTKING KingPad K10」は厚さ8 mmで重さ550gになっています。

・Dolby Atmos対応のデュアルステレオスピーカーで音がいい

Fire HD 10」(2021)はDolby Atmos対応のデュアルステレオスピーカーを搭載し、快適に音楽や動画を楽しむことができます。

一方、「Lenovo Tab B10」はドルビーオーディオ対応のデュアルスピーカーを搭載しています。「TCL TAB 10 Wi-Fi」はシングルスピーカー搭載です。「VASTKING KingPad K10」はデュアルスピーカー搭載です。

・専用の純正キーボードが使える

Fire HD 10」(2021)は専用のMade for Amazonキーボード付きカバー(別売・5,980円)が利用できるようになっています。

一方、「Lenovo Tab B10」、「TCL TAB 10 Wi-Fi」、「VASTKING KingPad K10」は専用キーボードが用意されていません(※「VASTKING KingPad K10 Pro」は専用キーボードが付属します)。

デメリット

・防水に対応していない

Fire HD 10」(2021)は防水に対応していません。

一方、「TCL TAB 10 Wi-Fi」はIP52の防水に対応しています。「Lenovo Tab B10」、「VASTKING KingPad K10」は防水に対応していません。

・Google Playストアに非対応

Fire HD 10」(2021)はGoogle Playストアに非対応です。アプリはAmazonアプリストアからインストールできます。なお、スマホなどからアプリを移動してインストールすることは可能です。

一方、「Lenovo Tab B10」、「TCL TAB 10 Wi-Fi」、「VASTKING KingPad K10」はGoogle Playストアに対応しています。

「Fire HD 10」(2021)の評価

Fire HD 10」(2021)の評価を紹介します。

スペック:★★★

通信:★★★

機能:★★★

デザイン:★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

Fire HD 10」(2021)と「Fire HD 10 Plus」との違いは主にメモリ容量と充電性能です。「Fire HD 10 Plus」は4GBメモリでワイヤレス充電に対応しています。その他のスペックはほぼ共通で、「Fire HD 10」(2021)の方が3千円ほど安くなります。どちらを購入すべきか悩んでいる人は、3GBメモリでワイヤレス充電なしでもいいのかを考えましょう。

個人的には3GBメモリも4GBメモリもたいして違いがないので、「Fire HD 10」(2021)の方を選びます。主な用途がAmazonプライムビデオとネット検索中心になるからです。こちらでも純正キーボードが使えますし、取り立てて「絶対困る!」と思わせるデメリットがありません。Google Playストアが使えないのは不便ですが、Google系アプリ以外はスマホから移動させてインストールするので大きな問題にはなりません。

Fire HD 10 専用Bluetooth キーボード

2021年版のFire HD 10、 Fire HD 10 Plus用のBluetoothキーボード「Fintie 取り外し可能なBluetooth キーボード付きカバー」も発売中です。キーボードとはマグネットで着脱可能で、タブレットを傾けるとヒンジ部分が上がり、傾斜になるようになっています。

また、キーは日本語配列。キーピッチは横17.5mmでキーストロークは1.2mm。Enterキーは小さいです。そのほか、輝度、音量ボリューム、再生コントロールなどの専用ショートカットキーが最上段に配置。画面を閉じた際にはFire HD 10シリーズが自動で消灯する機能もあります。

なお、製品にはキーボードとは別にタブレットカバーも付属します。キーボード&カバーの重さは627gでFire HD 10 Plusと組み合わせた時の重量は実装で1095gになります。

Amazonで「Fintie 取り外し可能なBluetooth キーボード付きカバー」をチェックする

楽天市場で「Fintie 取り外し可能なBluetooth キーボード付きカバー」をチェックする

ヤフーショッピングで「Fintie 取り外し可能なBluetooth キーボード付きカバー」をチェックする

「Fire HD 10」(2021)の販売・購入先

Fire HD 10」(2021)は、

Amazonで15,980円(※純正キーボードは5,980円)、

楽天市場で14,478円 (税込・送料無料)、

ヤフーショッピングで13,980 円、

で販売されています。

Amazonで「Fire HD 10」(2021)をチェックする

Amazonで「Made for Amazonキーボード付きカバー」をチェックする

楽天市場で「Fire HD 10」をチェックする

ヤフーショッピングで「Fire HD 10」をチェックする

米国Amazon.comで「Fire HD 10」をチェックする

 

 

エッセンシャルセットも発売中!

Microsoft 365 Personalの1年版のライセンスとキーボードカバーが付属する「Fire HD 10エッセンシャルセット」「Fire HD 10 Plusエッセンシャルセット」も発売されています。

Amazonで「Fire HD 10エッセンシャルセット」をチェックする

楽天市場で「Fire HD 10エッセンシャルセット」をチェックする

ヤフーショッピングで「Fire HD 10エッセンシャルセット」をチェックする

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Teclast P25」(Android 11)

★「VIVIMAGE E11」(microHDMI出力)

★「VANKYO P40」(microHDMI出力)

★「Blackview Tab10

Lenovo Tab B10

TCL TAB 10 Wi-Fi

VASTKING KingPad K10

MatePad T10s

Lenovo Tab M10 HD」 (2nd Gen)

Dragon Touch MAX10 PLUS

Vankyo S30」(Android 10)

Teclast M40

Alldocube iPlay 40

第2世代「Echo Show 8」(スマートディスプレイ)

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

Android 11で使えるタブレット 2021 最新 まとめ

最新のAndroid 11タブレットをまとめて紹介しています。

2021最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

最新のAndroid 10.0タブレットをまとめて紹介しています。

2in1スタイルで使えるAndroidタブレット まとめ

2in1で使えるキーボード付きAndroidタブレットを紹介しています。

2万円前後で買えるリッチなAndroidタブレット まとめ

2万円前後のAndroid タブレット(国内販売)をまとめて紹介しています。

超激安でゴメン! ノーブランド Androidタブレット まとめ 

ノーブランドの超激安Androidタブレットをまとめて紹介しています。