「Fire HD 10 2019」スペック、Antutuベンチマーク、機能、価格


2019年10月30日にAmazonから発売された「Fire HD 10 2019」のスペック、Antutuベンチマーク、機能・特徴・価格を紹介!  2017年モデルとの違いも紹介しています。

「Fire HD 10 2019」

Amazon「Fire HD 10 タブレット 2019」はAndroid 9.0ベースのFire OS 7を搭載した10.1型のタブレット。厚さ 9.8mm、重さ504 gのボディにMediaTek MT8183オクタコアプロセッサと2GB メモリを搭載。フルHD画質のIPS液晶、32GB or 64GB ストレージ、最大12時間駆動するバッテリー、背面200万画素、前面200万画素カメラを備えるほか、

音声認識 Alexa、USB Type-C接続、Wi-Fiデュアルバンドにも対応している。

「Fire HD 10 2019」のスペック 一覧

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200 pxのIPS液晶
    ※HD / 224ppi / フルHDビデオ再生 / 反射防止技術採用
  • プロセッサ MediaTek MT8183  オクタコア
    ※64ビット
  • GPU ARM Mali-G72 MP3 GPU
  • RAM(メモリ) 2GB RAM
  • ストレージ 32GB or 64GB ※使用可能領域 約25.3GB/55.8GB
  • 外部ストレージ 512GBまでのmicro SDカード対応(別売)
  • バッテリー駆動時間 最大12時間(※読書、ウェブ、ビデオ、音楽などで通常使用時)
  • 充電時間 同梱のUSB-C(2.0)ケーブル、9W充電アダプタで約4時間
  • 背面カメラ 200万画素
  • 前面カメラ 200万画素
  • 動画撮影 720pHDビデオレコーディング
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2 LE
  • インターフェース USB Type-C (2.0・9W急速充電)、micro SDカードスロット、3.5mmステレオジャック
  • センサー アクセロメータ
  • 音声認識 対応 Alexa搭載
  • オーディオ 3.5 mm ステレオ ジャック、内蔵スピーカー(Dolby Atmos対応)
  • ボディの耐久性 最新のiPad Proとの比較で4倍の耐久性(Amazonによるランダム落下試験)
  • OS Android 9.0ベースのFire OS 7
  • Google Play 非対応 ※アプリはAmazon アプリストアなどからダウンロード可能
  • サイズ 262 x 159 x 9.8mm
  • 重量 504 g
  • カラー ブラック、ホワイト、ブルー
  • 世代 第9世代 2019モデル
  • 保証 1年間限定保証付き
  • 付属品 USB-C(2.0)ケーブル、9W充電アダプタ、保証書、スタートガイド
  • 専用カバー ブラム、トワイライトブルー、チャコールブラック、サンドストーン、セージの全5色で価格は4,780円

「Fire HD 10 2019」のAntutuベンチマーク


Fire HD 10 2019」のAntutuベンチマークスコアは、

総合で「121516」、CPUで「55000」、GPUで「30420」、MEMで「29686」、UXで「6410」。

<CPU>    MediaTek MT8183

「Fire HD 10 2019」の機能

Fire HD 10 2019」の機能には以下のようなものがあります。

Alexaのハンズフリーモード

Fire HD 10 2019」では、画面上部の設定画面をスワイプして「ハンズフリーモード」を有効にすることでAlexaのハンズフリーモードが利用できるようになりました。
ボタンを押さなくてもAlexaが起動し、音声で動画や音楽の再生、ニュースや天気などの表示・操作が行えるようになっています。

ピクチャー・イン・ピクチャー(PIP)機能

Fire HD 10 2019」では、Chrome ブラウザ上で再生している動画を、画面の隅に別ウィンドウで再生するピクチャー・イン・ピクチャー(PIP)機能が利用できるようになりました。これにより、動画を再生しながら他の作業をすることが可能になっています。

For You機能

Fire HD 10 2019」では利用履歴や個人の好みに合わせたコンテンツを一覧表示する「For You」を搭載し、読みかけの本や視聴途中の映画や音楽をスムーズに再開できるようになっています。

Whispersync機能

Fire HD 10 2019」は、「Whispersync」機能で視聴途中のAmazonビデオの映画やドラマを他の端末(パソコンやテレビなど)で再開することもできるようになっています。

ASAP機能

Fire HD 10 2019」はASAP機能で過去に観た映画やドラマの傾向に基づき、事前に再生の準備をし、すばやく動画をストリーミングすることができるようになっています。

On Deck機能

Fire HD 10 2019」では、On Deck機能でおすすめのプライム・ビデオ(※プライム会員のみ)や、Amazonオリジナルドラマの第1話を自動でダウンロードすることもできるようになっています。

「Fire HD 10 2019」の弱点とその対処法

Fire HD 10 2019」の弱点とその対処法についてまとめてみました。

Google Playストアが使えない!

Amazon「Fire HD 10 タブレット 2019」は、Google Playを含むGoogle製サービスには非対応となっています。そのため、アプリはAmazon アプリストアなどからダウンロードするようになっていますが、Amazon アプリストアにはないアプリもあり、非常に不便です。

しかし、「APKpure」(https://apkpure.com/jp/)というGoogle Playストアの代替アプリを使うことで、さまざまなアプリをインストール・ダウンロードできるようになります。「APKpure」はセキュリティもしっかりしているので安全にアプリをダウンロード・インストールすることができます。

YouTubeアプリが使えない!

FireタブレットはYouTubeアプリをサポートしていませんが、YouTubeはブラウザ経由でも視聴できます。Silk BrowserでYouTubeサイトを開いて視聴しましょう。

「Fire HD 10 2019」と2017モデルとの違い

Fire HD 10 2019」と 2017モデルとの違いは以下のようになっています。

4コアプロセッサから8コアプロセッサへ強化

2017モデルはクアッドコア(4コア)プロセッサ搭載でしたが、「Fire HD 10 2019」からはオクタコア(8コア)プロセッサに強化されました。これにより、従来モデルよりも30%高速に動作することが可能になっています。

micro USBからUSB Type-Cへ変更

2017モデルはmicroUSB端子を搭載していましたが、「Fire HD 10 2019」からはUSB Type-C端子に変更されました。これにより、より高速な充電やデータ転送が可能になりました。

前面30万画素から前面200万画素へカメラを強化

2017モデルは前面30万画素カメラでしたが、「Fire HD 10 2019」からは前面200万画素へカメラになり、高画質な映像でチャットやWeb会議、Skypeなどが利用できるようになりました。

Fire OS 5からFire oS 6 へOSをアップグレード

2017モデルはAndroid5.0ベースのFire OS 5でしたが、「Fire HD 10 2019」からはAndroid 9.0ベースのFire oS 7 が採用されています。これにより、従来モデルよりも操作性が向上し、さまざまな機能も利用できるようになっています。

外部ストレージ容量が256GBから512GBへ増加

2017モデルはmicroSDカードで最大256GBまでストレージを拡張することができましたが、「Fire HD 10 2019」からは最大512GBまでストレージを拡張できるようになっています。

バッテリー駆動時間が2時間長くなった

2017モデルはバッテリー駆動時間が約10時間でしたが、「Fire HD 10 2019」からは12時間となり、2時間長く駆動できるようになりました。

ブラックのほかにブルー、ホワイトが追加

2017モデルは本体カラーにブラック のみ用意していましたが、「Fire HD 10 2019」からはブラックのほかにブルー、ホワイトから選択できるようになりました。

Alexaアプリ間でビデオ通話・呼びかけ機能も利用できる

2017モデルは発売当初Alexaに対応していませんでしたが、「Fire HD 10 2019」は最初からAlexa対応で、Amazon Echoシリーズ間やAlexaアプリ間で、ビデオ通話や呼びかけ機能が利用できるようになっています。

Fire HD 10 2019」で利用できるAmazon サービス

Fire HD 10 2019」で利用できるAmazon サービスには以下のようなものがあります。

Prime Video(プライム ビデオ)

Amazon プライム会員向けの動画サービス。映画&TV番組、スポーツ、ドキュメンタリー、ニュースなどの幅広いジャンルのチャンネルが無料で視聴できます。また、Prime Videoの一部の対象のタイトルをダウンロードし、オフライン環境で視聴することができます。

Prime Music(プレイム ミュージック)

Amazon プライム会員向けの音楽サービス。100万曲以上が追加料金なしで視聴できます。プレイリストの作成やラジオの視聴、オフラインでの再生も利用できます。

Prime Reading(プライム リーディング)

Amazonプライム会員向けの読書サービス。追加料金なしで対象の電子書籍(2019年4月時点で990冊)が読み放題になります。

Kindle unlimited

本が読み放題になる定額制サービス。12万冊以上の方が追加料金なしで読み放題になります。

Amazon FreeTime Unlimited

子供向けのオールインワンの定額サービス。書籍、ビデオ、学習用アプリやゲームなど数千点のキッズコンテンツを、対応のFireタブレットで利用できるようになります。

「Fire HD 10 タブレット 2019」の価格は?

Fire HD 10 2019」はAmazonで

32GBモデルが15,980 円(プライム無料配送)

64GBモデルが19,980円(プライム無料配送)

で販売されています。

楽天市場やヤフーショッピングでは型落ち・中古モデルが安く販売されているようです。

Amazonで「Fire HD 10 タブレット 2019」をチェックする

楽天市場で「Fire HD 10」をチェックする

ヤフーショッピングで「Fire HD 10」をチェックする

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

Huawei MatePad 10.4

LAVIE Tab E TE510/KAS

MediaPad T5

BLUEDOT BNT-1013W

Lenovo Yoga Smart Tab

Lenovo Tab M10 Plus

KindleキッズモデルとFire HD 10 タブレット キッズモデルも発売!

KindleキッズモデルとFire HD 10 タブレット キッズモデルも同時に発売されます。両モデルとも同社提供の子供向けサービス「Amazon FreeTime Unlimited」と本体カバー「キッズカバー」を付属しています。

「Amazon FreeTime Unlimited」はもともと30日間の無料体験付きで、プライム会員は480円/月(税込)、一般会員は980円/月(同)で子供向けコンテンツを自由に楽しめるサービスでしたが、今回発売される「Kindleキッズモデル」「Fire HD 10 タブレット キッズモデル」を購入した場合は1年間無料になります。

また、両モデルには破損時/故障時にも無償交換が行える「限定保証」が2年間利用できます。価格はKindleキッズモデルが1万980円、Fire HD 10 タブレット キッズモデルが1万9980円となります。

他のAmazonタブレットと比較

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

Amazon Fire 7」(7インチ)

Fire HD 8」(2020・8インチ)

Fire HD 8 Plus」(2020・8インチ)

Echo Show 8」(8インチ・スマートスピーカー)

Echo Show」(10.1インチ・スマートスピーカー)

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

2万円前後で買えるリッチなAndroidタブレット まとめ

2万円前後のAndroid タブレット(国内販売)をまとめて紹介しています。

Android 9.0で使えるタブレット 最新 まとめ

Android 9.0 OSを搭載したタブレットをまとめて紹介しています。