「TRIGKEY G4」(2023)驚愕の激安コスパか? 人気の低価格ミニPCと徹底 比較!


2023年2月23日に発売された「TRIGKEY G4」(2023)と人気の低価格ミニPCを徹底 比較!価格やスペック、ベンチマークスコアの違いに加えて、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2023年5月、「TRIGKEY G5」(Intel N100)が発売されました。

※2023年6月、「TRIGKEY S5 Pro」(Ryzen 7 5800H)が発売されました。

※2023年12月、「TRIGKEY G12」(Core i5-12450H)が発売されました。

「TRIGKEY G4」(2023)の特徴

TRIGKEY G4」(2023)の特徴をまとめてみました。

第12世代N100・16GBメモリ・Windows 11 Pro

TRIGKEY G4」(2023)は第12世代 (Alder Lake) インテル N100 プロセッサを搭載。10nmプロセスで製造された4コア4スレッドのCPUで、PassmarkのCPUベンチマークで「5125」(Core i7-6700HQ相当)を記録しています。また、16GB DDR4メモリを搭載し、スムーズに動作。

OSはWindows 11 Proで、「Amazonアプリストア プレビュー」の10,000点以上のAndroidアプリやMicrosoft Store版「Windows Subsystem for Linux」(WSL)を利用したLinuxのGUIアプリを使うこともできます。

500GB M.2 SSD・最大2TBの拡張・USB 3.2 Gen2

TRIGKEY G4」(2023)は500GB M.2 SSDストレージを搭載。NVMe規格のPCIe接続で、高速にデータを処理できます。また、M.2 SSDで最大2TBまで拡張することが可能。4つUSB 3.2 Gen2ポートを搭載し、外付けHDDなどのUSB機器とも接続できます。そのほか、VESAマウントに対応し、モニターの背面に設置することが可能。本体はサイズ 11.5 x 10.2 x 4.1 cmの小型デザインで、気軽に持ち運ぶこともできます。

4K 2画面出力・Wi-Fi 6・冷却システム

TRIGKEY G4」(2023)は4K出力に対応した2つのHDMIポートを搭載。4K 2画面出力も利用できます。また、従来よりも約4〜10倍の速度で通信できる次世代通信規格「Wi-Fi 6」に対応。Bluetooth 5.2ギガビット有線LAN通信も利用できます。そのほか、冷却ファン、ヒートシンク、HDDドライブクーラーを備えた冷却システムを搭載。ファン搭載でも静音で動作します。

公式ページ: Trigkey | Trigkey Mini PC Desktop Brand 

価格を比較

TRIGKEY G4」(2023)と「Beelink Minis S12」、「Blackview MP60」、「BMAX B3 Plus Silver」の価格を比較してみました。

「TRIGKEY G4」(2023)

TRIGKEY G4」(2023)は、Amazonで25,030円(税込・N100・16GB+500GBモデル)、楽天市場で34,862円(税込・送料無料・N95モデル)、ヤフーショッピングで46,600円(N100モデル・税込・送料無料)、米国 Amazon.comで$229.00 (N100・16GBメモリ・500GB SSD)で販売されています。

「Beelink Minis S12」

Beelink Minis S12」は、Amazonで29,800円(税込・5500円OFFクーポン付き)、楽天市場で35,671円(税込・送料無料)、AliExpressでUS $160.00、米国 Amazon.comで$239.00で販売されています。

「Blackview MP60」

Blackview MP60」はAmazonで24,900 円(税込・プライム限定価格)、楽天市場で36,072円 (税込・送料無料)、ヤフーショッピングで34,370円 (税込・送料無料)、AliExpressでUS $279.30、米国 Amazon.comで$199.99で販売されています。

「BMAX B3 Plus Silver」

BMAX B3 Plus Silver」は、Amazonで19,759円(税込・24%OFFのセール価格)、楽天市場で32,624円 (税込・送料無料)、ヤフーショッピングで21,862円 (税込・送料無料)、米国 Amazon.comで$219.99で販売されています。

スペックを比較

TRIGKEY G4」(2023)と「Beelink Minis S12」、「Blackview MP60」、「BMAX B3 Plus Silver」のスペックを比較してみました。

「TRIGKEY G4」(2023)のスペック

  • プロセッサ 第12世代 (Alder Lake) Intel N100 / N95
    ※10nm/64bit/4コア/4スレッド/最大3.4GHz
  • GPU Intel UHD Graphics
  • RAM(メモリ)8GB/16GB DDR4 3200MHz (Crucial/SODIMM/シングルチャンネル)
  • 拡張メモリ 最大16GBまで
  • ストレージ 256GB/500GB M.2 SSD NVMe PCIe
  • 拡張ストレージ M.2 PCIe 2280 SSDで最大2TBまで
  • 電源 12V/3A・ACアダプター
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2
  • 有線LAN ギガビット有線LAN(1000M)に対応
  • インターフェース USB 3.2 Gen2 (10Gbps) x4、HDMI (4K 60Hz) x2、LANポート x1、3.5mmヘッドホンジャック、電源ボタン、DCポート
  • 4K出力 対応・2画面出力 対応
  • 冷却システム 冷却ファン、ヒートシンク、HDDドライブクーラー搭載・静音で動作
  • オートパワーオン 自動起動に対応
  • VESAマウント 対応
  • OS Windows 11 Pro、Ubuntu、Manjaro をサポート
  • サイズ 11.5 x 10.2 x 4.1 cm
  • 重量 不明
  • カラー グレー

関連記事:激安で買える海外製の小型PC 最新 まとめ

Amazonで「TRIGKEY G4」をチェックする

楽天市場で「TRIGKEY」をチェックする

ヤフーショッピングで「TRIGKEY G4」をチェックする

米国 Amazon.comで「TRIGKEY G4」をチェックする

「Beelink Minis S12」のスペック

  • プロセッサ Intel N95
    ※10nm/64bit/4コア/4スレッド/最大3.40GHz
  • GPU インテル UHD グラフィックス 1.2GHz
  • RAM(メモリ)8GB DDR4 3200MHz ※最大16GBメモリ
    ※Pro版は16GB DDR4
  • ストレージ M.2 SSD 256GB/500GB (PCle 1X/2280)
    ※Pro版は500GB/1TB
  • 拡張ストレージ M.2 2280で最大2TBまで、SATA 2.5インチHDD/SSDも利用可
  • 電源 ACアダプター (出力:12V/3A・入力:100V-240V)
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 6 、Bluetooth 5.2
  • 有線LAN 対応 (1000M/ギガビット)
  • インターフェース USB 3.2 Gen2 (10Gbps) x4、HDMI (4K/60Hz) x2、有線LAN端子 x1、3.5mmジャック、電源ボタン、DCポート、セキュリティロック
  • 4K 2台同時出力 対応
  • 冷却システム 静音ファン、ヒートパイプ、ヒートシンク、HDDクーリングカバー
  • VASAマウント 壁掛け対応
  • 筐体の素材 ABS樹脂
  • OS Windows 11 Pro
  • サイズ 11.5 x 10.20 x 3.9 cm
  • 重量 280 g
  • カラー ダークブルー

関連記事: 「Beelink Minis S12」(N95)は激安か? 高コスパなミニPCと徹底 比較!

Amazonで「Beelink Minis S12」をチェックする

楽天市場で「Beelink Minis S12」をチェックする

ヤフーショッピングで「Beelink Mini S12」をチェックする

AliExpressで「Beelink Mini S12」をチェックする

米国 Amazon.comで「Beelink Mini S12」をチェックする

「Blackview MP60」のスペック

  • プロセッサ Jasper Lake世代のIntel Celeron N5095 クアッドコア
    ※10nm/64bit/4コア/4スレッド/最大2.9GHz
  • GPU Intel UHD Graphics
  • RAM(メモリ) 8GB/16GB DDR4
  • 拡張メモリ 最大16GBまで
  • ストレージ M.2 SSD 256GB/512GB SATA 500MB/s
  • 拡張ストレージ 2.5インチSSD/HDDで最大2TBまで、M.2で最大2TBまで
  • 電源 ACアダプター
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 5 (802.11ac/a/b/g/n/2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2
  • 有線LAN 対応・1,000Mbps
  • インターフェース USB 3.0×2、USB 2.0×2、HDMI×2、ギガビット有線LAN端子、3.5mmジャック
  • 4K映像出力 対応・4K UHDデュアルディスプレイをサポート
  • 冷却システム 大型ウィンドウのクーラーファン、6つの幅広のヒートパイプ、静音動作
  • VESAマウント 対応
  • OS Windows 11 Pro
  • サイズ ‎‎128mm×128mm×52mm
  • 重量 390g
  • カラー ブラック、ブルー

関連記事: 「Blackview MP60」売り切れ続出? 高コスパな低価格ミニPCと徹底 比較!

Amazonで「Blackview MP60」(mini pc)をチェックする

楽天市場で「Blackview MP60」をチェックする

ヤフーショッピングで「Blackview MP60」(mini pc)をチェックする

AliExpressで「Blackview MP60」(mini pc)をチェックする

米国 Amazon.comで「Blackview MP60」(mini pc)をチェックする

「BMAX B3 Plus Silver」のスペック

  • プロセッサ Jasper Lake世代の Intel Celeron N5095 クアッドコア
    ※10nm/4コア/4スレッド/2.90 GHz
  • GPU Intel UHD Graphics
  • RAM(メモリ) 8GB DDR4
  • ストレージ SSD 256GB
  • 拡張ストレージ  2.5インチ拡張ベイ、M.2 SSD (SATA)で最大2TBまで ※ブートドライブとして使用できるのは最大512GBまで
  • 電源 ACアダプター 12V 2A・AC 100-240V
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2
  • 有線LAN 対応(RJ45 ×2)・1000 Mb/s LAN対応
  • インターフェース USB Type-C(フル機能) x 1、USB3.0 x 4、HDMI x 2、 microSDカードスロット、3.5mmジャック、有線LAN端子 RJ45 ×2
  • 4K Ultra HD出力 対応
  • 冷却ファン  超小型冷却ファン
  • VESAマウント 対応
  • OS Windows 11 ※Linux / Ubuntuをサポート
  • サイズ 12.50 x 11.20 x 4.40 cm
  • 重量 290g
  • カラー シルバー

関連記事: 「BMAX B3 Plus Silver」(N5095)と高コスパ小型PCを徹底 比較!

Amazonで「BMAX B3 Plus」(N5095)をチェックする

楽天市場で「BMAX B3 Plus」(N5095)をチェックする

ヤフーショッピングで「BMAX B3 Plus」(N5095)をチェックする

Banggoodで「BMAX B3 Plus N5095」をチェックする

AliExpressで「BMAX B3 Plus」(N5095)をチェックする

米国 Amazon.comで「BMAX B3 Plus」(N5095)をチェックする

ベンチマークを比較

TRIGKEY G4」(2023)と「Beelink Minis S12」、「Blackview MP60」、「BMAX B3 Plus Silver」のベンチマーク スコアを比較してみました。

「TRIGKEY G4」(2023)

<CPU> Intel N95

Passmarkによるベンチマークスコアは「4606」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「781」、マルチコアで「1978」。

<GPU> インテル UHD グラフィックス

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは約「1000」前後。

<CPU> Intel N100

Passmarkによるベンチマークスコアは「5125」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「984」、マルチコアで「2523」。

<GPU> Intel UHD Graphics

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「1000」前後。

<プロセッサ性能を解説>

10nmプロセスで製造された4コア、4スレッドの第12世代 (Alder Lake) Intel N100 プロセッサを搭載し、PassmarkのCPUベンチマークで「5125」を記録しています。

このスコアはCore i7-6700HQ相当で、第10世代のCore i3-1005G1にも近いスコアです。

同じプロセッサはノートPCの「CHUWI GemiBook xPro」にも搭載されています。

Celeron N5095と比較すると、PassmarkのCPUスコアで約1100高くなります。

Celeron N5100と比較すると、PassmarkのCPUスコアで約1800高くなります。

性能的にはOffice文書作成、ネットでの調べもの、動画視聴、音楽再生、画像の編集、2Dゲームなどで快適に動作する性能を持っています。

動画編集は軽めのものなら動作します。負荷の高いエンコード作業では時間がかかることもあります。

ゲームは軽めのPCゲームなら動作します。負荷の高い本格的なPCゲームは動作しないので注意してください。PS2の一部を含めて、PSP、PS1、SFC、DC、N64、MD、FCなどのエミュレーターは快適に動作します。

「Beelink Minis S12」

<CPU> Intel N95

Passmarkによるベンチマークスコアは「4606」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「781」、マルチコアで「1978」。

<GPU> インテル UHD グラフィックス

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは約「1000」前後。

「Blackview MP60」

<CPU> Celeron N5095

Passmarkによるベンチマークスコアは「4028」(CPU)。

<GPU> Intel UHD Graphics

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは約「1000」前後。

「BMAX B3 Plus Silver」

<CPU> Celeron N5095

Passmarkによるベンチマークスコアは「4183」(CPU)。

<GPU> Intel UHD Graphics

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「1000」前後。

「TRIGKEY G4」(2023)のメリット・デメリット

TRIGKEY G4」(2023)のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・16GB DDR4メモリ搭載

TRIGKEY G4」(2023)は16GB DDR4メモリを搭載し、スムーズに動作します(8GB DDR4メモリ搭載モデルもあり)。

一方、「Beelink Minis S12」は8GB DDR4メモリ搭載で最大16GBまで拡張できます。「Blackview MP60」は8GB/16GB DDR4メモリ搭載で最大16GBまで拡張できます。「BMAX B3 Plus Silver」は8GB DDR4メモリ搭載でスムーズに動作します。

・500GB M.2 SSD搭載で最大2TBまで拡張できる

TRIGKEY G4」(2023)は500GB M.2 SSDストレージを搭載し、NVMe規格のPCIe接続で、高速にデータを処理できます(※256GB搭載モデルもあり)。また、M.2 SSDで最大2TBまで拡張することができます。

一方、「Beelink Minis S12」はPCle 1X接続のM.2 SSD 256GB/500GBストレージを搭載し、最大2TBまで拡張できます。「Blackview MP60」はM.2 SSD 256GB/512GBストレージ搭載で、最大2TBまで拡張できます。「BMAX B3 Plus Silver」はSSD 256GBストレージ搭載でM.2 SSDで最大512GBまで拡張できます。

・Wi-Fi 6通信とBluetooth 5.2に対応

TRIGKEY G4」(2023)は従来よりも約4〜10倍の速度で通信できる次世代通信規格「Wi-Fi 6」に対応しています。また、Bluetooth 5.2対応でワイヤレス機器ともスムーズに接続できます。そのほか、ギガビット有線LAN通信も利用できます。

一方、「Beelink Minis S12」はWi-Fi 6とBluetooth 5.2、ギガビット有線LAN通信に対応しています。「Blackview MP60」と「BMAX B3 Plus Silver」はWi-Fi 5のデュアルバンド・Bluetooth 4.2・ギガビット有線LAN通信に対応しています。

・4つのUSB 3.2 Gen2ポートが使える

TRIGKEY G4」(2023)は4つのUSB 3.2 Gen2ポートを搭載し、外付けHDDなどのUSB機器とスムーズに接続できます。

一方、「Beelink Minis S12」は4つのUSB 3.2 Gen2ポートを搭載しています。「Blackview MP60」は2つのUSB 3.0ポートと2つのUSB 2ポートを搭載しています。「BMAX B3 Plus Silver」は1つのUSB Type-C(フル機能) と4つのUSB3.0ポートを搭載しています。

・4K 2画面出力に対応

TRIGKEY G4」(2023)は4K出力に対応した2つのHDMIポートを搭載。4K 2画面出力も利用できます。

一方、「Beelink Minis S12」は4K映像出力に対応した2つのHDMIポートを搭載し、2台のモニターに4K画質で同時に出力することができます。「Blackview MP60」は2つのHDMIポート搭載で4K 2台同時出力に対応しています。「BMAX B3 Plus Silver」はType-Cと2つのHDMIポートで3台のモニターに同時に映像出力できます。

・手のひらサイズの小型ボディで持ち運びもできる

TRIGKEY G4」(2023)は本体サイズ 11.5 x 10.2 x 4.1 cmの小型デザインで、気軽に持ち運ぶこともできます。

一方、「Beelink Minis S12」はサイズ 11.5 x 10.20 x 3.9 cmで重さ280 gの小型ボディになっています。「Blackview MP60」はサイズ 128mm×128mm×52mmで重さ約390gになっています。「BMAX B3 Plus Silver」はサイズ 12.50 x 11.20 x 4.40 cmで重さ290gになっています。

・冷却システムを搭載

TRIGKEY G4」(2023)は冷却ファン、ヒートシンク、HDDドライブクーラーを備えた冷却システムを搭載。ファン搭載でも静音で動作します。

一方、「Beelink Minis S12」はヒートシンクと静音で動作する冷却ファン、HDDクーリングカバーを備えた冷却システムを搭載しています。「Blackview MP60」は大型ウィンドウのクーラーファンや6つの幅広のヒートパイプを採用した冷却ファンを搭載しています。「BMAX B3 Plus Silver」は超小型冷却ファンを搭載しています。

・VESAマウント対応

TRIGKEY G4」(2023)はVESAマウントに対応し、モニターの背面に設置できます。

一方、「Beelink Minis S12」は壁掛けに対応しています。「Blackview MP60」と「BMAX B3 Plus Silver」はVESAマウントに対応しています。

・Windows 11 Pro搭載で新機能も使える

TRIGKEY G4」(2023)はWindows 11 Pro搭載で新機能も使えるようになっています。

Windows 11 Proには、

タスクバーの中央に配置された新しいスタート画面、スナップ機能の強化(ウィンドウ整理・画面の配置)、エクスプローラーのアイコンデザインの変更(色分け・ボタン採用)、ウィジェット機能(天気予報や株価、最新のニュースなど)、設定画面(カテゴリーごとに切り替え)、タスクバーに統合されたビデオ会議「Teams」、「フォト」アプリの強化(サムネイル表示に対応)、

「ペイントアプリ」、クリップボード履歴、音声入力の強化(テキスト入力)認識制度の向上、ゲーム機能の強化(HDR(ハイダイナミックレンジ)対応のディスプレイでは自動で画質向上)、マルチディスプレイ向けの設定追加、「Amazonアプリストア プレビュー」(Androidアプリ追加)、Microsoft Store版「Windows Subsystem for Linux」(WSL)

などの新機能が追加されています。

一方、「Beelink Minis S12」と「Blackview MP60」はWindows 11 Proを搭載しています。「BMAX B3 Plus Silver」はWindows 11を搭載しています。

デメリット

・2.5インチのHDD/SSDで拡張できない

TRIGKEY G4」(2023)は内蔵の2.5インチのHDD/SSDでストレージ容量を増やすことができません。

一方、「Beelink Minis S12」、「Blackview MP60」、「BMAX B3 Plus Silver」は2.5インチの拡張ベイを搭載し、SATA規格のSSD/HDDで最大2TBまで拡張できます。

・Type-Cポートがない

TRIGKEY G4」(2023)はUSB Type-Cポートを搭載していません。

一方、「Beelink Minis S12」と「Blackview MP60」はType-Cポートを搭載していません。「BMAX B3 Plus Silver」は1つのUSB Type-C(フル機能)ポートを搭載しています。

「TRIGKEY G4」(2023)の評価

TRIGKEY G4」(2023)の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★★★

機能:★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★★

<総合評価>

ミニPCメーカーTRIGKEYから発売された第12世代インテル N100プロセッサ搭載のミニPCです。海外で発売された当初はN95プロセッサ搭載でしたが、新たにN100搭載の上位モデルを追加しています。この上位モデルはメモリを8GBから16GBに、ストレージを256GBから500GBに増強しており、かなりスペックが高くなっています。

なお、N100プロセッサはN95よりも性能が高く、PassmarkのCPUベンチマークスコアでCore i7-6700HQ相当、もしくは第10世代のCore i3-1005G1に近いスコアになっています。わかりやすくいえば、仕事にも十分に使えるパワーを持ち、サブのパソコンとしても十分に使えます。4K 2画面出力にも対応しているため、Office文書作成やWebでの作業は非常に快適です。

また、4つのUSB 3.2 Gen2ポートを搭載し、周辺機器ともスムーズに接続。通信面ではWi-Fi 6、Bluetooth 5.2に対応するなど、低価格PCとは思えない性能を持っています。

TRIGKEY G4」(2023)の価格は、現在、32,800円(税込・5000円OFFクーポン付き・N100+16GB+500GBモデル)。Amazonクーポンで実質27,800円になり、まさに驚愕コスパともいえる価格です。第12世代インテル N100プロセッサ搭載のコスパの高いミニPCを探している人におすすめです。

「TRIGKEY G4」(2023)の販売・購入先

TRIGKEY G4」(2023)は、

Amazonで25,030円(税込・N100・16GB+500GBモデル)、

楽天市場で34,862円(税込・送料無料・N95モデル)、

ヤフーショッピングで46,600円(N100モデル・税込・送料無料)、

米国 Amazon.comで$229.00 (N100・16GBメモリ・500GB SSD)、

で販売されています。

Amazonで「TRIGKEY G4」をチェックする

楽天市場で「TRIGKEY」をチェックする

ヤフーショッピングで「TRIGKEY G4」をチェックする

米国 Amazon.comで「TRIGKEY G4」をチェックする

 

 

 

他の小型PCと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「TRIGKEY G12」(Core i5-12450H・4K 2画面)

★「GMKtec NucBox G2」(Intel N100・4K 3画面出力)

★「LarkBox X 2023」(Intel N100・4K 3画面出力)

★「MINISFORUM UN305」(Intel N100・4K 3画面出力)

★「GMKtec NucBox G1」(Intel N95・4K 2画面出力)

★「Beelink EQ12」(Intel N100・4K 3画面出力)

★「LZ16J」(リンクス・Core i5-1030NG7)

Beelink Minis S12

Blackview MP60

BMAX B3 Plus Silver

GMK NucBox 7

MeLE Quieter3Q

GOLE1 PRO」(5.5液晶・ミニPC)

CHUWI CoreBox 4th

Beelink SER4」(SER5)

MINISFORUM UM480」(Ryzen 7 4800U)

BMAX B7 Pro

他のTRIGKEY ミニPCと比較

他にもTRIGKEYのミニPCが販売されています。ぜひ比較してみてください。

「TRIGKEY G5」の方がお得か? 新世代の激安ミニPCと徹底 比較! 

「TRIGKEY S5 Pro」激安で超人気に? 高コスパなRyzenミニPCと徹底 比較!

その他のおすすめミニPCは?

その他のおすすめミニPCは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

激安で買える海外製の小型PC 最新 まとめ 

海外製の小型PCをまとめて紹介しています。

リビングにふさわしい超小型デスクトップPC まとめ

国内で販売されたリビング用の小型PCをまとめて紹介しています。

Amazon整備済み品で買える超激安ミニPC まとめ

Amazon整備済み品の小型PCを紹介しています。

Intel NUCのミニPCを激安ゲット! 選び方、おすすめ、できること

インテルNUCのベアボーンPCをまとめて紹介しています。

超小型UMPCが続々! 最新の極小Windows ノートPC まとめ 

最新のUMPCをまとめて紹介しています。

HDD&TFカード

懐かしの名作がぎっしり! レトロゲーム収録HDD&TFカード まと