日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」と新世代5Gスマホを徹底 比較!


2022年5月30日に発売されたシャオミの日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」と新世代5Gスマホを徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペック、カメラ性能の違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」の特徴

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」の特徴をまとめてみました。

120Hz有機EL・5000mAh・67Wターボチャージ

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」は6.67インチで解像度1080x2400pxの有機EL(AMOLED)液晶を搭載。豊かな色再現が可能なDCI-P3に対応するほか、滑らかな映像表示が可能なリフレッシュレート120Hzにも対応しています。また、5000mAhバッテリー搭載で、42分でフルチャージできる67W急速充電に対応。ストレージ容量は128GB UFS2.2で、microSDカードで最大1TBまで拡張できます。

108MPカメラ・おサイフケータイ・IP53防水防塵

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」は背面に108MP+8MP+2MPの3眼カメラを搭載。9つの画素を1つで扱うことで、効率よく光を取り込める「9-in-1ビニングテクノロジー」と撮影環境に応じ適切なISOにする「デュアルネイティブISO」に対応するほか、1億800万画素の超高解像度撮影や超広角撮影、マクロ撮影、ナイトモード2.0、背景をぼかせるポートレートモードなどが利用できます。

また、NFC(Felica)対応でおサイフケータイが利用可能。IP53防水防塵に対応し、雨や水しぶきにも耐えることができます。そのほか、サイド指紋認証とAI顔認証に対応。Dolby Atmos対応のステレオスピーカーを備えるほか、3.5mmヘッドホンジャックも利用できます。

Snapdragon 695 5G&6GBメモリ・冷却LiquidCool

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」はQualcomm Snapdragon 695 5G オクタコアプロセッサを搭載。Antutuベンチマーク総合で約390,000点を記録し、高速に動作します。また、6GB LPDDR4xメモリ搭載でスムーズに動作。UFS2.2規格のストレージを128GB搭載しています。そのほか、LiquidCool テクノロジーを採用した冷却システムを搭載。環状ヒートパイプシステムと多層グラファイトシートで本体を強力に冷却できます。

公式ページ Redmi Note 11 Pro 5g 

価格を比較

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」と「Galaxy A53 5G」、「moto g52j 5G」、「AQUOS sense6s」の価格を比較してみました。

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」は、Amazonで44,800円、楽天市場で39,999円 (税込)、ヤフーショッピングで39,471円 (税込)、ビックカメラで44,800円 (税込・448ポイント)で販売されています。

また、楽天モバイルで実質22,980円(一括で最大20,000円相当のポイント還元を適用した場合・分割24回払いで月額1790円)で販売されています。

格安スマホ(MVNO)としてIIJmio、OCN モバイル ONEでも発売されています。価格はページ下に記載しています。

「Galaxy A53 5G」

Galaxy A53 5G」は、楽天市場で59,115円 (税込)、ヤフーショッピングで54,940円 (税込)、米国 Amazon.comで$349.99、で販売されています。

また、ドコモで分割23回払いで月額1492円(一括で59,400円)、auで分割23回払いで月額1485円(機種代金:59,835円(税込))で販売されます。

「moto g52j 5G」

moto g52j 5G」は、Amazonで39,800円(3980円OFFクーポン付き)、楽天市場で33,389円 (税込・送料無料)、ヤフーショッピングで34,115 円、ビックカメラで39,800円 (税込・3980ポイント)で販売されています。

「AQUOS sense6s」

AQUOS sense6s」は、au KDDIで40470円(1410円/月×23回+最終回8040円)、UQ mobileで40470円(※新規契約時に同オプションに加入した場合は29,470円。他社から乗り換える際に同オプションに加入した場合は18,470円)で発売されています。

ベンチマークを比較

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」と「Galaxy A53 5G」、「moto g52j 5G」、「AQUOS sense6s」のベンチマークスコアを比較してみました。

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」

Antutu総合で「391141」、CPUで「122370」、GPUで「99209」、MEMで「63954」、UXで「105608」。

<CPU> Snapdragon 695 5G
※「moto g52j 5G」、「AQUOS sense6s」、「Xperia 10 IV」、「AQUOS wish2」、「OnePlus Nord CE 2 Lite 5G」と同じプロセッサ

<プロセッサ性能を解説>

6nmプロセスで製造されたQualcomm Snapdragon 695 5G オクタコアプロセッサ搭載で、Antutuベンチマーク総合で約39万点を記録しています。

海外モデルの「Xiaomi Redmi Note 11 Pro」(5G)は Dimensity 920 5G搭載でAntutu総合 約500,000点を記録していました。

同じプロセッサは「moto g52j 5G」、「AQUOS sense6s」、「Xperia 10 IV」、「AQUOS wish2」、「OnePlus Nord CE 2 Lite 5G」と同じプロセッサにも搭載されています。

Exynos 1280搭載の「Galaxy A53 5G」と比較するとスコアが約9万高くなります。

Snapdragon 750G搭載の「Galaxy M23 5G」と比較するとスコアが約6万高くなります。

Snapdragon 690 5G搭載の「AQUOS sense6」と比較するとスコアが約8万高くなります。

性能的には動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)、電子書籍、写真撮影などで快適に動作します。Androidの3Dゲームもほとんど快適に動作します。また、PSP、PS1、SFC、DC、N64、MD、FCなどのエミュレーターも快適に動作します。

「Galaxy A53 5G」

Antutu総合で「309057」、CPUで「89037」、GPUで「93101」、MEMで「64288」、UXで「62631」。

<CPU> Exynos 1280

「moto g52j 5G」

Antutu総合で約390,000

<CPU> Snapdragon 695 5G

「AQUOS sense6s」

Antutuベンチマーク総合で約390,000

<CPU> Snapdragon 695 5G

スペックを比較

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」と「Galaxy A53 5G」、「moto g52j 5G」、「AQUOS sense6s」のスペックを比較してみました。

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」のスペック

  • ディスプレイ 6.67インチ、解像度1080 x 2400 pxの有機EL(AMOLED)
    ※20:9/395 ppi/DCI-P3 広色域/最大輝度1200 nits/コントラスト比:4,500,000:1/太陽光ディスプレイ/読書モード 3.0
  • リフレッシュレート 120Hz
  • プロセッサ Qualcomm SM6375 Snapdragon 695 5G オクタコア
    ※6nm/64bit/8コア/最大2.2 GHz
  • GPU Adreno 619
  • RAM(メモリ)6GB LPDDR4x
  • ストレージ 128GB UFS2.2
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー 5000 mAh
  • 充電 67W急速充電 (15分で50%、42分で100%) ※67W 充電器同梱
  • 背面カメラ 108MP+8MP+2MP
  • 前面カメラ 16MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.1、GPS (GPS L1/Glonass G1/BDS B1/Galileo E1)
  • NFC&おサイフケータイ 対応
  • インターフェース USB Type-C 2.0 (OTG)、3.5 mm ヘッドホンジャック
  • センサー 近接センサー、環境光センサー、加速度計、電子コンパス、IR ブラスタ、ジャイロスコープ
  • スピーカー デュアルステレオスピーカー
  • オーディオ  Dolby Atmosに対応
  • 防水防塵 IP53
  • 冷却システム LiquidCool テクノロジー (環状ヒートパイプシステム、多層グラファイトシート)
  • 生体認証 サイド指紋認証、AI 顔認証
  • OS Android 11 ベースの MIUI 13 ※Google Playストア対応
  • サイズ 164.19 x 76.1 x 8.12 mm
  • 重量 202 g
  • カラー グラファイトグレー、アトランティックブルー、ポーラーホワイト
  • 附属品 ACアダプタ(試供品)、USB Type-C ケーブル(試供品)、保護ケース(試供品)、SIM取り出しツール(試供品)、クイックスタートガイド、保証に関するお知らせ
  • SIMカード NanoSIM or eSIM
  • 対応バンド ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル、au回線に対応
    5G(Sub6):n3/n28/n41/n77/n78
    4G:LTE TDD:38/40/41 (2545~2560MHz)/42
    4G:LTE FDD:1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28
    3G:WCDMA:1/2/4/5/6/8/19
    2G:GSM:850 900 1800 1900 MHz

関連記事【2021年最新】シャオミ スマホに新モデル続々 全機種 まとめ

Amazonで「Redmi Note 11 Pro 5G」をチェックする

楽天市場で「Redmi Note 11 Pro 5G」をチェックする

ヤフーショッピングで「Redmi Note 11 Pro 5G」をチェックする

ビックカメラで「Redmi Note 11 Pro 5G」をチェックする

楽天モバイルで「Redmi Note 11 Pro 5G」をチェックする

「Galaxy A53 5G」のスペック

  • ディスプレイ 6.5インチ、解像度1080 x 2400 pxのSuper AMOLED液晶
    ※FHD+/20:9/405ppi/最大輝度800 nits /Corning Gorilla Glass 5/パンチホール/Infinity-O
  • リフレッシュレート 120Hz
  • プロセッサ Exynos 1280 オクタコア 2.4GHz
    ※5nm/8コア
  • CPU 2×2.4 GHz Cortex-A78 & 6×2.0 GHz Cortex-A55
  • GPU Mali-G68
  • RAM(メモリ)6GB LPDDR5 2750MHz
  • ストレージ 128GB UFS 3.1
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー 5000mAh
  • 充電 25W急速充電(※PD対応のACアダプター使用・30分で50%まで回復)
  • 背面カメラ 64MP+12MP+5MP+5MP
  • 前面カメラ 32MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 5 (802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 5.1、GPS (A-GPS, GLONASS, GALILEO, Beidou)、5G通信
  • NFC&おサイフケータイ 対応
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー Dolby Atmos対応のステレオスピーカー
  • 防水防塵 IP68
  • ゲームモード Game Booster
  • セキュリティ KNOX
  • キッズモード 対応
  • 生体認証 画面内指紋認証、顔認証
  • OS Android 12 + One UI 4.1 ※4年間のソフトウェア更新が保証
  • サイズ 160 x 75 x 8.1 mm
  • 重量 約189g
  • カラー オーサムブルー、オーサムホワイト、オーサムブラック
  • SIMカード NanoSIM

関連記事「Galaxy A53 5G」(日本版)と人気の高性能5Gスマホを徹底 比較!

楽天市場で「Galaxy A53 5G」をチェックする

ヤフーショッピングで「Galaxy A53 5G」をチェックする

米国 Amazon.comで「Galaxy A53 5G」をチェックする

日本のAmazonで「Galaxy A53 5G」をチェックする

「moto g52j 5G」のスペック

  • ディスプレイ 6.8インチ、解像度2460 x 1080 ドットのIPS液晶
    ※20:9/FHD+/Max Vision/狭額ベゼル
  • リフレッシュレート 120Hz
  • プロセッサ Qualcomm SM6375 Snapdragon 695 5G オクタコア
    ※6nm/64bit/8コア/最大2.2 GHz
  • GPU Adreno 619
  • RAM(メモリ)6GB LPDDR4x
  • ストレージ 128GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー 5000mAh
  • 充電 15W急速充電 (TurboPowerチャージ)※ACアダプタ、USBケーブルは別売
  • 背面カメラ 50MP+8MP+2MP
  • 前面カメラ 13MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.1、GPS (A-GPS, LTEPP, SUPL, GLONASS, Galileo)
  • NFC(Felica)&おサイフケータイ 対応(動作検証済み:モバイルSuica、モバイルPASMO、モバイルWAON、nanaco、iD、QUICPay、楽天Edy)
  • インターフェース USB Tyep-C (OTG・USB 2.0)、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー 加速度計、近接センサー、環境照度センサー、ジャイロセンサー、eコンパス
  • 防水防塵 IP68
  • Googleアシスタントキー 対応
  • FMラジオ 対応
  • デザリング 対応
  • Motoアクション 対応
  • 生体認証 サイド指紋認証、顔認証
  • OS Android 11
  • サイズ 171.0 x 76.8 x 9.1 mm
  • 重量 206g
  • カラー インクブラック、パールホワイト

関連記事「moto g52j 5G」と日本向けSIMフリースマホを徹底 比較!

Amazonで「moto g52j 5G」をチェックする

楽天市場で「moto g52j 5G」をチェックする

ヤフーショッピングで「moto g52j 5G」をチェックする

ビックカメラで「moto g52j 5G」をチェックする

AliExpressで「moto g」をチェックする

米国 Amazon.comで「moto g」をチェックする

「AQUOS sense6s」のスペック

  • モデル (型番) SHG07
  • ディスプレイ 約6.1インチ、解像度2432 × 1080ドットのIGZO OLED液晶
    ※FHD+/最大輝度1300nit/コントラスト比1300万:1/10億色/Rich Color/アウトドアビュー/リラックスビュー/グローブモード
  • タッチレスポンス 120Hz
  • プロセッサ Qualcomm Snapdragon 695 5G オクタコア
    ※6nm/64bit/8コア/最大2.2GHz
  • GPU Qualcomm Adreno 619
  • RAM(メモリ) 4GB LPDDR4x
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー 4570mAh
  • 駆動時間 通話で約3730分(62.1時間)、スタンバイで約940時間
  • 充電 PD3.0急速充電 (USB Power delivery Revision3.0)、インテリジェントチャージ
  • 背面カメラ 48MP+8MP+8MP
  • 前面カメラ 8MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.1、GPS (GLONASS、BeiDou、Galileo、QZSSみちびき)、5G通信
  • NFC&おサイフケータイ 対応
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー モノラルスピーカー
  • オーディオ ハイレゾ、ハイレゾワイヤレス
  • 防水防塵 IP68
  • デザリング 15台(Wi-Fi 10台、USB 1台、Bluetooth(PAN):4台を併用)
  • 音声認識 エモパーVer 13.1(出荷時)
  • 生体認証 指紋認証(画面内)、顔認証
  • OS Android 11
  • サイズ 約 70 × 152 × 7.9mm
  • 重量 約156g
  • カラー ライトカッパー、シルバー、ブラック

関連記事「AQUOS sense6s」とコスパに優れる高性能5Gスマホを徹底 比較!

au KDDIで「AQUOS sense6s」をチェックする

UQ mobileで「AQUOS sense6s」をチェックする

Amazonで「AQUOS sense6」をチェックする

楽天市場で「AQUOS sense6」をチェックする

ヤフーショッピングで「AQUOS sense6」をチェックする

ビックカメラで「AQUOS sense6」をチェックする

カメラ性能を解説

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」と「Galaxy A53 5G」、「moto g52j 5G」、「AQUOS sense6s」のカメラ性能を比較してみました。

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」

背面カメラ 108MP+8MP+2MP
前面カメラ 16MP
超広角 対応・120°
望遠 非対応
マクロ撮影 対応
機能(背面)1億800万画素の超高解像度撮影、120度の超広角、マクロ撮影、AIビューティ、顔認識、タイマー連続撮影、長時間露光、ナイトモード2.0、ドキュメントモード、スローモーション撮影、タイムラプス、4K動画撮影
(前面)AIビューティー、AIウォーターマーク、タイマー連続撮影、夜景モード、ダイナミックピクチャー、スローモーション撮影、顔認識、ムービーモード、720pスローモーションビデオ

<カメラ性能を解説>

日本版は9つの画素を1つで扱うことで、効率よく光を取り込める「9-in-1ビニングテクノロジー」と撮影環境に応じ適切なISOにする「デュアルネイティブISO」に対応し、あらゆるシーンできれいに撮影できます。

背面は3眼構成で1億800万画素の超高解像度撮影、120度の超広角、マクロ撮影、ナイトモード2.0、背景をぼかせるポートレートモード、ドキュメントモード(文書スキャン用)などが利用できます。前面は1600万画素でAIビューティーや夜景モード、スローモーション撮影などが利用できるようjになっています。動画撮影は4Kに対応しています。

「Galaxy A53 5G」

背面カメラ 64MP(メイン・F1.8)+12MP(超広角・F2.2)+5MP(マクロ・F2.4)+5MP(深度用・F2.4)
前面カメラ 32MP
超広角 対応・123度
望遠 非対応
マクロ撮影 対応
機能 光学手振れ補正(OIS・スーパー手振れ補正機能)、123度の超広角撮影、マクロ撮影、ナイトモード(前面カメラでも利用可・写真と動画)、Funモード(エフェクト効果)、ポートレートモード(背景ぼかし)、4K動画撮影(3840×2160)、「Object eraser」

「moto g52j 5G」

背面カメラ 50MP(メイン/F1.8)+8MP(超広角/F2.2)+2MP(マクロ/F2.4)
前面カメラ 13MP(F2.2)
超広角 対応
望遠 非対応 ※ズーム機能あり
マクロ撮影 対応
機能 5000万画素の超高解像度撮影、超広角撮影、マクロ撮影、PDAF、スローモーション、タイムラプス動画、ハイパーラプス動画、ナイトビジョン(ナイトモード)、背景ぼかし(撮影後にピント調整が可能)、AIシーン認識、ポートレートモード、パノラマ、ビューティーモード、HDR、マニュアルモード、Google レンズ™搭載 (前面) ポートレートモード、ビューティーモード、マニュアルモード、HDR、タイムラプス動画、ハイパーラプス動画、AIシーン認識

(動画)アウトカメラ:メイン:FHD (60/30fps)、スローモーション HD (120fps)、マクロ:HD (30fps)、超広角:FHD (30fps)、インカメラ:FHD (30fps)

「AQUOS sense6s」

背面カメラ 48MP+8MP+8MP
前面カメラ 8MP
超広角 非対応 ※広角には対応
望遠 対応
マクロ撮影 非対応
機能 望遠撮影、広角撮影、F1.8の明るいレンズ、AIオート、ナイトモード、新画質エンジン「ProPix3」、背景ぼかし、ブレクリーナー(撮影後のブレを修正)、AIライブストーリーPro、AIライブシャッター、フォーカス再生、電子式手ブレ補正、AQUOS beauty(美顔補正)

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」のメリット・デメリット

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・6.67インチの有機EL液晶・DCI-P3に対応

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」は6.67インチ、解像度1080 x 2400 pxの有機EL(AMOLED)液晶を搭載。アスペクト比は20:9で、ピクセル密度395 ppi、最大輝度1200 nits、コントラスト比:4,500,000:1を実現。豊かな色再現が可能なDCI-P3に対応するほか、日光下でも見やすい太陽光ディスプレイと読書モード 3.0にも対応しています。

一方、「Galaxy A53 5G」は6.5インチで解像度1080x2400pxのSuper AMOLED液晶を搭載しています。「moto g52j 5G」は6.8インチで解像度2460×1080ドットのIPS液晶を搭載しています。「AQUOS sense6s」は約6.1インチで解像度2432×1080ドットのIGZO OLED液晶を搭載しています。

・リフレッシュレート120Hzに対応

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」はリフレッシュレート120Hzに対応し、より滑らかに映像を再生できます。

一方、「AQUOS sense6s」は高リフレッシュレートに対応していません。「Galaxy A53 5G」と「moto g52j 5G」はリフレッシュレート 120Hzに対応しています。

・6GBメモリ&128GB UFS2.2ストレージ搭載で快適に使える

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」は6GB LPDDR4x搭載でスムーズに動作します。また、128GB UFS2.2ストレージ搭載で、別売のmicroSDカードで最大1TBまで拡張できます。

一方、「Galaxy A53 5G」は6GB LPDDR5メモリと128GB UFS 3.1ストレージを搭載しています。「moto g52j 5G」は6GB LPDDR4xメモリと128GBストレージを搭載しています。「AQUOS sense6s」は4GB LPDDR4xメモリと64GBストレージを搭載しています。

・5000mAhバッテリー搭載で67W急速充電に対応

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」は5000mAhバッテリー搭載で一日充電なしで使用できます。また、67W急速充電に対応し、15分で50%、42分で100%充電できます。

一方、「Galaxy A53 5G」は5000mAhバッテリー搭載で25W急速充電に対応しています。「moto g52j 5G」は5000mAhバッテリー搭載で15W急速充電に対応しています。「AQUOS sense6s」は4570mAhバッテリー搭載でPD3.0急速充電に対応しています。

・Wi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.1に対応

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」は高速で途切れにくいWi-Fiデュアルバンドに対応しています。また、Bluetooth 5.1に対応し、ワイヤレス機器ともスムーズに接続できます。

一方、「Galaxy A53 5G」と「moto g52j 5G」、「AQUOS sense6s」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.1に対応しています。

・5G通信に対応

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」は5G通信に対応し、わずか数秒で動画ファイルをダウンロードできます。

一方、「Galaxy A53 5G」、「moto g52j 5G」、「AQUOS sense6s」も5G通信に対応しています。

・厚さ8.12mmで重さ202gの薄型軽量ボディ

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」は厚さ8.12mmで重さ202gの薄型軽量デザインになっています。

一方、「Galaxy A53 5G」は厚さ8.1mmで重さ約189gになっています。「moto g52j 5G」は厚さ9.1mmで重さ206gになっています。「AQUOS sense6s」は厚さ7.9mmで重さ約156gになっています。

・NFC(Felica)対応でおサイフケータイが使える

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」はNFC(Felica)対応でおサイフケータイによる電子マネー決済が利用できます。

一方、「Galaxy A53 5G」、「moto g52j 5G」、「AQUOS sense6s」もNFC(Felica)対応でおサイフケータイが使えます。

・IP53防水防塵に対応

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」はIP53防水防塵に対応し、雨や水しぶきに耐えることができます。

一方、「Galaxy A53 5G」、「moto g52j 5G」、「AQUOS sense6s」はIP68防水防塵に対応しています。

・LiquidCool テクノロジー採用の冷却システムを搭載

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」はLiquidCool テクノロジー採用の冷却システムを搭載。長時間のゲームプレイでもオーバーヒートによる遅延が生じにくくなっています。

一方、「Galaxy A53 5G」、「moto g52j 5G」、「AQUOS sense6s」は冷却システムがありません。

・サイド指紋認証とAI 顔認証が使える

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」はサイド指紋認証とAI 顔認証に対応し、安全かつスピーディにログインできます。

一方、「Galaxy A53 5G」と「AQUOS sense6s」は画面内指紋認証と顔認証に対応しています。「moto g52j 5G」はサイド指紋認証と顔認証に対応しています。

・eSIMに対応

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」はNanoSIMの他に物理的なカードなしで使えるeSIMに対応しています。

一方、「Galaxy A53 5G」はeSIMに対応していません。「moto g52j 5G」と「AQUOS sense6s」はeSIMに対応しています。

・MIUI 13の新機能が使える

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」はAndroid 11 ベースの MIUI 13を搭載し、新機能も使えるようになっています。

MIUI 13には、

ストレージの劣化を抑えてデータの読み取りと書き取りの速度を最大60%向上させる「リキッドストレージ」、起動中のアプリに優先してCPUのリソースを配分することでパフォーマンスを向上させる「フォーカスアルゴリズム」、消費電力を調整することでバッテリーの寿命を延ばす「スマートバランス」などの機能が搭載されています。そのほかにも、

新しいゲームモード(フローティングウィンドウでゲームを開始)、ゲームターボ、カメラとマイク使用時のアイコン表示、スーパー壁紙、オーバースクロール時のアニメーション、片手操作モード、サイドバー、サウンドとバイブレーションの追加設定、ユーザー補助機能、緊急情報と緊急通報、指紋認証のロック画面設定、ピクチャー イン ピクチャー(PIP)の変更、ジェスチャーショートカット、ネットワーク診断、メモリフュージョンテクノロジー(仮想メモリの拡張)

などの新機能が追加されています。

一方、「Galaxy A53 5G」はAndroid 12 + One UI 4.1を搭載しています。「moto g52j 5G」と「AQUOS sense6s」はAndroid 11を搭載しています。

デメリット

・Wi-Fi 6に対応していない

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」は従来よりも約4〜10倍の速度で通信できる次世代通信規格「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)に対応していません。

一方、「Galaxy A53 5G」、「moto g52j 5G」、「AQUOS sense6s」もWi-Fi 6に対応していません。

・高タッチサンプリングレートに対応していない

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」はよりすばやい反応でタッチ操作できる高タッチサンプリングレートに対応していません。

一方、「AQUOS sense6s」はタッチレスポンス 120Hzに対応しています。

「Galaxy A53 5G」と「moto g52j 5G」は高タッチサンプリングレートに対応していません。

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」の評価

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

シャオミ Redmiシリーズの日本向け5Gスマホです。すでに海外版の「Xiaomi Redmi Note 11 Pro」(5G)が発売されていますが、スペックが大幅に変わっています。

具体的にはプロセッサ、通信性能、タッチサンプリングレート、オーディオ性能などで違いがあり、全体的なスペックは海外版の方が高くなっています。

しかし、その一方で日本版はおサイフケータイや防水防塵に対応しており、日本人のニーズに適したスマホになっています。「使いやすさ」という観点で考えると、やはり日本版を購入した方がいいでしょう。

発売時の価格は44,800円 (税込)。

プロセッサ性能やカメラ性能が高いので妥当なところでしょう。安く買いたい人は楽天モバイルを利用する手もあります。ワンランク上の高性能な5Gスマホを探している人におすすめです。

発売記念キャンペーンも開催中!

Redmi Note 11 Pro 5G発売記念キャンペーン」として、Xiaomiは5月19日から6月30日までの期間中、対象商品を購入した人の中から先着6000人に、「Mi スマートバンド 6(ブラック)」が当たるキャンペーンを実施しています。キャンペーンは賞品の在庫がなくなりしだい終了します。

キャンペーン Redmi Note 11 Pro 5G

予約&購入期間:5月19日9時~6月30日23時59分
応募期間:5月30日9時~7月14日23時59分
特典の引換期間 : 5月30日9時~7月14日23時59分

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」の販売・購入先

日本版「Redmi Note 11 Pro 5G」は、

Amazonで44,800円、

楽天市場で39,999円 (税込)、

ヤフーショッピングで39,471円 (税込)、

ビックカメラで44,800円 (税込・448ポイント)、

で販売されています。

Amazonで「Redmi Note 11 Pro 5G」をチェックする

楽天市場で「Redmi Note 11 Pro 5G」をチェックする

ヤフーショッピングで「Redmi Note 11 Pro 5G」をチェックする

ビックカメラで「Redmi Note 11 Pro 5G」をチェックする

 

 

ビックカメラ.com

格安スマホ版「Redmi Note 11 Pro 5G」の価格は?

格安スマホ(MVNO)版「Redmi Note 11 Pro 5G」の価格を紹介します。

楽天モバイル

楽天モバイルで実質22,980円(一括で最大20,000円相当のポイント還元を適用した場合・分割24回払いで月額1790円)で販売されています。

楽天モバイルで「Redmi Note 11 Pro 5G」をチェックする

IIJmio

IIJmioでは24回払いで税込950円、一括払いで税込22,800円で販売されています。※2022/07/31までのキャンペーン価格

IIJmioで「Redmi Note 11 Pro 5G」をチェックする

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEでは端末価格 46,499円(税込)、初期手数料3,300円(税込)で販売されています。

OCN モバイル ONEで「Redmi Note 11 Pro 5G」をチェックする

他のスマートフォンと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「OPPO Reno7 A

Galaxy A53 5G

moto g52j 5G

AQUOS sense6s

Xperia 10 IV

Galaxy M23 5G」(SIMフリー)

Xiaomi 11T

AQUOS wish2

Redmi Note 10T

Xperia 5 Ⅲ」(SIMフリー・XQ-BQ42)

AQUOS R7

他のシャオミスマホと比較

他にもシャオミのスマートフォンが販売されています。ぜひ比較してみてください。

【2022年最新】シャオミ スマホに新モデル続々 全機種 まとめ

【2022年最新】シャオミ スマホに新モデル続々 全機種 まとめ

その他のおすすめAndroidスマホは?

その他のおすすめAndroidスマホは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

5万円台のハイスペックスマホ ラインナップ 機種 一覧

5万円前後のハイスペックなAndroidスマホをまとめて紹介しています。

注文殺到で売れまくり! 3万円台で買えるハイスペックスマホ まとめ

3万円台のハイスペックなAndroidスマホをまとめて紹介しています。

2万円台で買えるリッチなスマホ 全機種を比較

2万円前後のAndroidスマホをまとめて紹介しています。

【2022年】最強の激安スマホはどれだ? 海外モデル 比較

海外製の激安スマホをまとめて紹介しています。

【2022年最新】格安スマホ おすすめ機種・選び方・注意点

最新の格安スマホをまとめて紹介しています。

<小さいスマホ>

小さくてかわいい ちびちびスマホ 全機種を比較