「Android One S8」と人気の格安スマホを徹底 比較!


2020年12月17日からワイモバイルから発売される「Android One S8」(京セラ製)とと人気の格安スマホを徹底 比較して紹介! 価格やAntutuベンチマーク、スペック、カメラ性能の違いに加えて、メリット・デメリットも紹介します。

※2022年3月24日、「Android One S9」が発売されました。

※2019年12月から「Android One S7」も発売中です。

「Android One S8」の特徴

Android One S8」の特徴をまとめてみました。

Android 11の新機能が使える

Android One S8」は最新のAndroid 11 OSを搭載。新機能として「メディアコントロール」(アプリ起動なしで再生などの設定変更)、「バブル」(他のアプリにふきだしでメッセージを表示・返信)、「スクリーンレコード」(操作などを録画)、「デバイスコントロール」(スマート家電のコントロールメニュー)、「アプリ候補」(ホーム画面に頻度の高いアプリを表示)、「ワンタイムパーミッション」(アプリ使用中のみ位置情報などを許可)が使えるようになっています。

Helio P65&4GBメモリ&64GBストレージで快適

Android One S8」はMediaTek Helio P65 MT6768 オクタコアプロセッサを搭載。Antutu総合で約158000点を記録し、3Dゲームも快適にプレイできます。また、大容量4GBメモリとカスタマイズされていないピュアなAndroid One OSでスムーズに動作。大容量64GBストレージを内蔵し、大量のアプリや写真、動画などのファイルも余裕をもって保存できます。

おサイフケータイに対応・IP68防水&MILタフボディ

Android One S8」はNFC(FeliCa)搭載でおサイフケータイにも対応。WAON(ワオン)、Suica(スイカ)、iD(アイディー)、楽天Edy(エディ)などの電子マネー決済も利用できます。また、30分間の水没にも耐えられるIP68防水防塵に対応。MIL規格(MIL-STD-810G)に準拠し、耐衝撃・耐寒・耐熱などのタフネス性能も兼ね備えています。

公式ページ
https://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/lineup/s8/

価格を比較

Android One S8」と、「Xperia 8 Lite」、「Galaxy A41」、「OPPO Reno3 A」の価格を比較してみました。

「Android One S8」

AndroidOne S8」は、Amazonで9,200円(※ワイモバイルSIM契約必須)、楽天市場で19,800円 (税込・SIMロック解除)、ヤフーショッピングで19,500円(税込・SIMロック解除)で販売されています。

また、ワイモバイルで分割36回払いで月々2678円(シンプルSプラン・端末価格は割引で18,000円)で販売されています。

「Xperia 8 Lite」

Xperia 8 Lite」は、Amazonで23,760円(※UQモバイル契約必須)、楽天市場で 25,370円(中古Aランク・2,530ポイント)、ヤフーショッピングで42,800 円(未使用品)で販売されています。

また、格安スマホとしてUQモバイルで分割 月額2,178円〜、「IIJmio」で一括 26,800円(税抜)・分割 月額 1,120円(税抜/24回払い)、「mineo」で一括 32,880円・分割 月額 1,370円(24回払い)、「nuroモバイル」(Sony)で一括 29,800円 ・分割月額1,400円(税込) で販売されています。

「Galaxy A41」

Galaxy A41」は、Amazonで33,300円(SIMフリー・UQ mobile版は27,720円)、楽天市場で30,800円 (税込・未使用品・SIMフリー)、ヤフーショッピングで29,800円 (税込)で販売されています。

また、格安スマホ版がUQ mobileで月額2,178円~で販売されています。

「OPPO Reno3 A」

OPPO Reno3 A」は、Amazonで32,710円、楽天市場で33,750円 (税込)、ヤフーショッピングで28,300円〜 (税込)、ビックカメラで39,800円 (税込・3,980ポイント)で販売されています。

また、格安スマホ版がUQ mobileで月額2,178円〜 で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

Android One S8」と、「Xperia 8 Lite」、「Galaxy A41」、「OPPO Reno3 A」のAntutuベンチマークスコアを比較してみました。

「Android One S8」

Antutu総合で約158000

<CPU> MediaTek Helio P65 MT6768
※「Galaxy A41」と同じプロセッサ

「Xperia 8 Lite」

Antutu総合で約105,000

<CPU> Qualcomm Snapdragon 630
※「AQUOS sense 3」と同じプロセッサ

「Galaxy A41」

Antutu総合で「158633」、CPUで「59921」、GPUで「32602」、MEMで「33473」、UXで「32637」。

<CPU> Mediatek MT6768 Helio P65

「OPPO Reno3 A」

Antutu総合で約170,000

<CPU> Qualcomm Snapdragon 665
※「moto g8 plus」と同じ

スペックを比較

Android One S8」と、「Xperia 8 Lite」、「Galaxy A41」、「OPPO Reno3 A」のスペックを比較してみました。

「Android One S8」のスペック

  • ディスプレイ 約6.26インチ、解像度2,280×1,080 pxのTFT液晶
    ※9:19/フルHD+/ウェットタッチ/グローブタッチ
  • プロセッサ MediaTek Helio P65 MT6768 オクタコア
    12nm/8コア/最大2.0GHz
  • CPU Arm Cortex-A55,  Arm Cortex-A75
  • GPU ARM Mali-G52 MC2
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDXC™(最大1TB)
  • バッテリー 4,100mAh
  • 駆動時間  連続通話時間:約2,030分(3G)/ 約2,170分(4G LTE™)/ 約1,080分(GSM)、連続待受時間:約960時間(3G)/ 約860時間(4G)/ 約930時間(4G LTE)/ 約1,020時間(GSM)
  • 充電 約150分
  • 背面カメラ 16MP+8MP
  • 前面カメラ 8MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.1、GPS/GLONASS/BeiDou/Galileo/QZSS対応
  • NFC(FeliCa)&おサイフケータイ  対応
  • デザリング 最大10台
  • インターフェース USB Type-C、3.5mmイヤホンジャック
  • 防水 IPX5 / IPX8
  • 防塵 IP6X
  • 耐久性 MIL規格(MIL-STD-810G)に準拠・耐衝撃・耐寒・耐熱
  • 生体認証 AI顔認証
  • Google アシスタント 対応・物理的な起動ボタンあり
  • OS Android 11
  • サイズ 約76×162×8.7㎜(突起部を除く)
  • 重量 約169g
  • カラー ホワイト / ペールブルー / ブラック
  • SIMカード Nano SIM
  • 付属品 クイックスタート、お願いとご注意、SIM取り出しピン(試供品)

関連記事ワイモバイルのAndroid Oneスマホが人気! 全機種を比較

Amazonで「Y!mobile AndroidOne S8」をチェックする

楽天市場で「Android One S8」をチェックする

ヤフーショッピングで「Android One S8」をチェックする

ワイモバイルで「Android One S8」をチェックする

「Xperia 8 Lite」のスペック

  • Xperia 8との違い 「DSEE HX」機能なし(CDやMP3、AACなどの圧縮音源をハイレゾ相当の高解像度音源に変換する機能がない)・本体カラー ブラック、ホワイトの2色展開のみ ※その他のスペックは「Xperia 8」と同じ
  • ディスプレイ 約6.0インチ、解像度2520×1080 pxの液晶
    ※21:9 / フルHD+ / トリルミナスディスプレイ for mobile / FHD+
  • プロセッサ Qualcomm Snapdragon 630 オクタコア
    ※14 nm / 64bit / 8コア / 最大2.2 GHz
  • CPU 8x ARM Cortex A53
  • GPU Qualcomm Adreno 508
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカード(microSDHC/microSDXC)で最大512GBまで
  • バッテリー 2870mAh(内蔵電池)
  • 充電 STAMINAモードに対応・「いたわり充電」で劣化を抑える
  • 背面カメラ 12MP + 8MP
    12MP=有効画素数約1200万画素/F値1.8
    8MP=有効画素数約800万画素/F値2.4
  • 前面カメラ 8MP
    有効画素数約800万画素/F値2.0
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS
  • NFC & Google Pay 対応
  • おサイフケータイ 対応
  • インターフェース  USB Type-C、3.5㎜オーディオジャック
  • 防水防塵 防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)
  • 生体認証 指紋認証(側面)
  • Google アシスタント 対応(ホームボタン長押しで起動)
  • OS Android 9.0
  • サイズ 約69㎜x約158㎜×約8.1㎜
  • 重量 約170g
  • カラー ブラック、ホワイト

関連記事「Xperia 8 Lite」と人気 格安スマホを徹底 比較!

Amazonで「【UQ mobile】SONY Xperia8 Lite」をチェックする

Amazonで「Y!mobile SONY Xperia 8」をチェックする

楽天市場で「Xperia 8 Lite」をチェックする

ヤフーショッピングで「Xperia 8 Lite」をチェックする

UQ mobileで「Xperia 8 Lite」をチェックする

「Galaxy A41」のスペック

  • ディスプレイ 6.1インチ、解像度2400 x 1080 pxのSuper AMOLED液晶
    ※ 20:9 / FHD+ / 431 ppi
  • プロセッサ Mediatek MT6768 Helio P65 オクタコア
    ※12nm / 64bit / 8コア
  • CPU Octa-core (2×2.0 GHz Cortex-A75 & 6×1.7 GHz Cortex-A55)
  • GPU Mali-G52 MC2
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 64GB eMMC 5.1
  • 外部ストレージ microSDカードで最大512GBまで
  • バッテリー 3,500mAh
  • 充電 15W急速充電
  • 背面カメラ 48MP+8MP+5MP
    48 MP、f / 2.0、26 mm(広角)、1 / 2.0インチ、0.8 µm、PDAF
    8 MP、f / 2.2、123˚(超広角)、1 / 4.0 “、1.12µm
    5 MP、f / 2.4、(深度)
  • 前面カメラ   25MP
    25 MP, f/2.2, 25mm (wide), 1/2.8″, 0.9µm
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(A-GPS, GLONASS, GALILEO, BDS)
  • インターフェース USB Type-C、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー 指紋(ディスプレイの下、光学式)、加速度計、ジャイロ、近接、コンパス
  • 生体認証 ディスプレイ内指紋認証、顔認証
  • NFC & Google Pay 対応
  • おサイフケータイ & FeliCa 対応
  • 防水防塵 IP68
  • ゲーム機能 Game Booster
  • OS Android 10
  • サイズ 約152.9 x 約70.4㎜ x 約8.1mm
  • 重量 約160g
  • カラー Blue(ブルー)、Black(ブラック)、White(ホワイト)

関連記事「Galaxy A41」と人気3万円Androidスマホを徹底 比較!

Amazonで「Galaxy A41」をチェックする

Amazonで「【UQ mobile】サムスン Galaxy A41」をチェックする

楽天市場で「Galaxy A41」をチェックする

ヤフーショッピングで「Galaxy A41」をチェックする

UQ mobileで「Galaxy A41」をチェックする

「OPPO Reno3 A」のスペック

  • ディスプレイ 6.44 インチ、解像度2400×1080 pxの有機EL液晶
  • プロセッサ  Qualcomm Snapdragon 665 (2.0GHz/4コア+1.8GHz/4コア)
    ※11 nm / 64bit / 8コア / 最大2.0 GHz
  • GPU  Qualcomm Adreno 610
  • RAM(メモリ) 6GB
  • ストレージ 128GB
  • 外部ストレージ microSDXCカードで最大256GBまで
  • バッテリー 4,025mAh
  • 駆動時間 連続スタンバイで約350時間、連続通話で約1,260分
  • 充電 Quick Charge・充電時間: 約120分(同梱のACアダプタ使用時)
  • 背面カメラ 4,800万画素+800万画素+200万画素+200万画素
    ※48MP+8MP+2MP+2MP
  • 前面カメラ  1,600万画素
    ※16MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz+5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS
  • インターフェース USB Type-C、3.5mmイヤホンジャック
  • OS Android 10ベースの ColorOS 7.1
  • おサイフケータイ  対応
  • ワンセグ・フルセグ 非対応・利用できません
  • デザリング 対応
  • VoLTE 対応
  • 防水防塵 IP68
  • 緊急地震速報 対応
  • サイズ  約H160.9mm×W74.1mm×D8.2mm
  • 重量  約175g
  • カラー  ホワイト/ブラック

関連記事「OPPO Reno3 A」と人気 格安スマホを徹底 比較!

Amazonで「OPPO Reno3 A」(SIMフリー版)をチェックする

Amazonで「Y!mobile OPPO Reno3 A」をチェックする

楽天市場で「OPPO Reno3 A」をチェックする

ヤフーショッピングで「OPPO Reno3 A」をチェックする

ビックカメラで「OPPO Reno3 A」をチェックする

AliExpressで「OPPO Reno3」をチェックする

UQモバイルで「OPPO Reno3 A」をチェックする

カメラ性能を比較

Android One S8」と、「Xperia 8 Lite」、「Galaxy A41」、「OPPO Reno3 A」のカメラ性能を比較してみました。

「Android One S8」

背面カメラ  16MP+8MP
前面カメラ  8MP
超広角 対応・135°
望遠 非対応・望遠レンズなし ※ズーム機能あり
マクロ撮影 非対応
機能 超広角撮影(歪み補正)、AIシーン検出(撮影に適した色味を自動で適応)、ポートレート(背景ぼかし)、クイックSNS(カメラ起動時にスワイプするだけで他アプリに共有・投稿)
マニュアル(ISO感度、ホワイトバランス、シャッタースピードの調整)、タイムラプス、Google Lens

「Xperia 8 Lite」

背面カメラ  12MP + 8MP AI対応
前面カメラ 8MP
超広角 非対応 ※21:9撮影モードあり
望遠 非対応 ※光学2倍ズーム機能あり
マクロ撮影 非対応
機能 背景ぼかし、光学2倍ズーム、プレミアムおまかせオート(13種類のシーン×4つのコンディションを自動認識)、21:9での動画撮影、ポートレートセルフィ―(5つの効果)、4K動画撮影、電子式手ブレ補正(Steady Shot)、スローモーション

「Galaxy A41」

背面カメラ  48MP+8MP+5MP
前面カメラ  25MP
超広角 対応 123˚
望遠 非対応(望遠レンズなし)
マクロ撮影 対応
機能 ライブフォーカス機能、ポートレート、背景ぼかし、高速オートフォーカス「PDAF」、HDR、パノラマ、LEDフラッシュ、超広角、マクロ

「OPPO Reno3 A」

背面カメラ  48MP+8MP+2MP+2MP
前面カメラ 16MP
超広角 対応・119度
望遠 非対応(望遠レンズなし)
マクロ撮影 対応
機能 ナイトモード、ポートレートモード、超広角モード、背景ぼかし(ポートレート)、パノラマモード、プロモード、フォトタイマー、レベリング、バーストモード、顔認識、HDR 、歪み補正(超広角)、カスタム透かし、AI透かし、全画面フレーム 、リアカメラAIシーン検出(27認識可能なタグ)、マクロカメラ

「Android One S8」のメリット・デメリット

Android One S8」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・フルHD+画質の大型液晶が見やすい

Android One S8」は約6.26インチ、解像度2,280×1,080 pxのTFT液晶を搭載しています。アスペクト比は9:19でフルHD+画質になります。

一方、「Xperia 8 Lite」は約6.0インチ、解像度2520×1080 pxの液晶(21:9 )を搭載、「Galaxy A41」は6.1インチ、解像度2400 x 1080 pxのSuper AMOLED液晶(20:9)を搭載、「OPPO Reno3 A」は6.44 インチ、解像度2400×1080 pxの有機EL液晶(20:9)を搭載しています。

・4GBメモリ&64GBストレージで快適に使える

Android One S8」は4GBメモリを搭載し、遅延なくスムーズに動作します。また、64GBストレージ搭載で、microSDXCカードで最大1TBまで拡張することができます。

一方、「Xperia 8 Lite」と「Galaxy A41」は4GBメモリ&64GBストレージを搭載、「OPPO Reno3 A」は6GBメモリ&128GBストレージを搭載しています。

・4100mAhバッテリーでPD充電に対応

Android One S8」は4100mAhバッテリーを搭載し、長時間動作できます。また、Type-C端子搭載で高速なPD充電も利用できます。

一方、「Xperia 8 Lite」は2870mAhバッテリー搭載でPD充電&STAMINAモード&いたわり充電に対応、「Galaxy A41」は3,500mAhバッテリー搭載で15W急速充電に対応、「OPPO Reno3 A」は4,025mAhバッテリー搭載でQuick Chargeに対応しています。

・Wi-Fiデュアルバンド&Bluetooth5.1&みちびきGPSに対応

Android One S8」はWi-FiデュアルバンドとBluetooth5.1に対応しています。また、GLONASS、BeiDou、Galileoの他にみちびき(QZSS)対応のGPS通信も利用できます。

一方、「Xperia 8 Lite」と「OPPO Reno3 A」はWi-Fi デュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPSに対応、「Galaxy A41」はWi-Fi デュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPS(A-GPS, GLONASS, GALILEO, BDS)に対応しています。

・厚さ8.7㎜で重さ約169gの薄型軽量ボディ

Android One S8」は厚さ8.7㎜で重さ約169gの薄型軽量デザインになっています。

一方、「Xperia 8 Lite」は厚さ約8.1mmで重さ約170g、「Galaxy A41」は厚さ約8.1mmで重さ約160g、「OPPO Reno3 A」は厚さ8.2mmで重さ約175gになっています。

・おサイフケータイが使える

Android One S8」はNFC(FeliCa)搭載でおサイフケータイにも対応。WAON(ワオン)、Suica(スイカ)、iD(アイディー)、楽天Edy(エディ)などの電子マネー決済も利用できます。

一方、「Xperia 8 Lite」、「Galaxy A41」、「OPPO Reno3 A」もおサイフケータイに対応しています。

・IP68防水防塵&(MIL-STD-810Gのタフネス性能

Android One S8」は30分間の水没にも耐えられるIP68防水防塵に対応。MIL規格(MIL-STD-810G)に準拠し、耐衝撃・耐寒・耐熱などのタフネス性能も兼ね備えています。

一方、「Xperia 8 Lite」、「Galaxy A41」、「OPPO Reno3 A」もIP68の防水防塵に対応しています。ただし、MIL規格(MIL-STD-810G)には対応していません。

・グローブタッチ&ウェットタッチに対応

Android One S8」は手袋の上からでも操作できる「グローブタッチ」と濡れた手でも操作できる「ウェットタッチ」に対応しています。

一方、「Xperia 8 Lite」、「Galaxy A41」、「OPPO Reno3 A」は「グローブタッチ」や「ウェットタッチ」には対応していません。

・Google アシスタントの起動ボタンがある

Android One S8」はGoogle アシスタントの起動ボタンを搭載し、すばやく音声検索が利用できるようになっています。

一方、「Xperia 8 Lite」、「Galaxy A41」、「OPPO Reno3 A」はGoogle アシスタントの起動ボタンを搭載していません。アプリからGoogleアシスタントを利用することはできます。

・Android 11の新機能が使える

Android One S8」はAndroid 11の新機能が使えるようになっています。Android 11には、「メディアコントロール」(アプリ起動なしで再生などの設定変更)、「バブル」(他のアプリにふきだしでメッセージを表示・返信)、「スクリーンレコード」(操作などを録画)、「デバイスコントロール」(スマート家電のコントロールメニュー)、「アプリ候補」(ホーム画面に頻度の高いアプリを表示)、「ワンタイムパーミッション」(アプリ使用中のみ位置情報などを許可)などの機能が追加されています。

一方、「Xperia 8 Lite」、「Galaxy A41」、「OPPO Reno3 A」はAndroid 10搭載でAndroid 11の機能は使えません。

デメリット

・有機EL液晶でない

Android One S8」はTFT液晶です。有機EL液晶と比べると、発色、コントラストの高さでやや劣ります。

一方、「Galaxy A41」と「OPPO Reno3 A」は有機EL液晶を搭載しています。「Xperia 8 Lite」はIPS TFT液晶(トリルミナスディスプレイ for mobile)を搭載しています。

・強力な急速充電機能がない

Android One S8」は強力な急速充電機能がありません。

一方、「Galaxy A41」は15W急速充電、「OPPO Reno3 A」はQuick Chargeに対応しています。

「Android One S8」の販売・購入先

Android One S8」は、

Amazonで9,200円(※ワイモバイルSIM契約必須)、

楽天市場で19,800円 (税込・SIMロック解除)、

ヤフーショッピングで19,500円(税込・SIMロック解除)、

で販売されています。

また、

ワイモバイルで分割36回払いで月々2678円(シンプルSプラン・端末価格は割引で18,000円)で販売されています。

Amazonで「Y!mobile AndroidOne S8」をチェックする

楽天市場で「Android One S8」をチェックする

ヤフーショッピングで「Android One S8」をチェックする

ワイモバイルで「Android One S8」をチェックする

 

 

 

他のスマートフォンと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Android One S9

★「AQUOS wish

★「arrows We

★「OPPO A55s 5G

★「Xperia Ace II

★「moto e7

★「moto e7 power

★「Redmi 9T

Xperia 8 Lite

Galaxy A41

OPPO Reno3 A

AQUOS sense4

moto g PRO

Galaxy A51 5G

Xperia 10 II

HUAWEI P40 lite 5G

Android One S6」(京セラ)

Android One S7」(シャープ)

他のワイモバイル スマホと比較

他にもワイモバイルのAndroid Oneスマホが販売されています。ぜひ比較してみてください。

ワイモバイルのAndroid Oneスマホが人気! 全機種を比較

ワイモバイルのAndroid Oneスマホが人気! 全機種を比較

ワイモバイルのプラン、メリット、料金

ワイモバイルのプラン、メリット、料金については以下のページにまとめてあります。ぜひ参考にしてみてください。

【2021】「ワイモバイル」乗り換え続出でパンクする格安SIM

【2021】「ワイモバイル」乗り換え続出でパンクする格安SIM

その他のおすすめAndroid スマホは?

その他のおすすめ3万円スマホは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

注文殺到で売れまくり! 3万円台で買えるハイスペックスマホ まとめ

3万円台で購入できるハイスペックなスマートフォンをまとめて紹介しています。

2万円台で買えるリッチなスマホ 全機種を比較 

2万円台のAndroidスマホをまとめて紹介しています。

5万円台のハイスペックスマホ ラインナップ 機種 一覧

5万円前後のハイスペックなAndroidスマホをまとめて紹介しています。

【2021年最新】格安スマホ おすすめ機種・選び方・注意点

最新のおすすめ格安スマホを紹介しています。

<小さいスマホ>

小さくてかわいい ちびちびスマホ 全機種を比較