「ワイモバイル」(Y!mobile)乗り換え続出でパンクする格安SIM

ymobile_01
先月の1月17日、ワイモバイルの親会社ソフトバンクから衝撃的なニュースが舞い込んできた。なんと、ワイモバイルと契約すると、「Yahoo!プレミアム」の利用料が無料になるというのだ。

「Yahoo!プレミアム」というのは、税抜月額462円で、ヤフオクなどの有料サービスが制限なしで使える有料の会員制サービス。その他にも「Yahoo!ショッピング」「LOHACO」(ロハコ)などで買い物や「Yahoo!トラベル」経由の宿泊でTポイントが2~10倍になるなどお得なサービスが受けられる。

利用するには、スマートフォン向けの「スマホプランS/M/L」か、タブレット向けの「データプランS/L」プランを契約する必要があるが、「Yahoo!プレミアム」の月額料金が全くかからなくなることを考えるとやはりお得だ。頻繁に「ヤフオク」や「Yahoo!ショッピング」「LOHACO」(ロハコ)で買い物をしている人はワイモバイルに乗り換えてみてはいかがだろうか。

「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」公式紹介ページ
http://www.ymobile.jp/service/ymobile/premium/

ワイモバイル(Y!mobile)とは?

ymobile_02

ワイモバイル」は、ソフトバンク株式会社と株式会社ウィルコム沖縄が提供するSoftBank通信網を利用した通信サービス。厳密にはMVNO方式ではないため、格安スマホとは言えないが、最近では格安スマホとして表記されることが多くなっている。最低利用期間は2年間。一度契約したらしばらく解約しないことが前提で利用する人に向いている。

どんなプランがあるの?

ワイモバイルには「スマートフォン」(タブレットを含む)、「ケータイ」、「Pocket WiFi」向けの3つのサービスが用意されている。そのうち、「スマートフォン」にはスマホ用のプランとして「スマホプラン S/M/L」の3種類がある。

そのほか、タブレット用には「データプランS/L」、「シェアプラン(子回線専用)の2種類を用意。「ケータイ」には「ケータイプランSS」、「ケータイプラン」の2種類が用意されている。また、「Pocket WiFi」には、モバイルルーターの機種ごとにプランが用意されている。

ワイモバイル(Y!mobile)のメリットは?

1.通信容量を選ぶだけのシンプルなプランが用意されている

ワイモバイルのパケット定額サービスが基本使用料にパッケージ済みなので、「スマホプラン S/M/L」のいずれかを選択するだけで済む。他のキャリアサービスと違い、プランやオプションの選択で悩むことなく利用できる。

2.「だれとでも10分かけ放題」が利用できる

「だれとでも10分かけ放題」を利用することで、他社のスマホやケータイへかけても10分間無料で通話できる。自宅や会社の固定電話にかけても、1回あたり10分以内の国内通話ならすべて無料で通話できる。

3.Yahoo!プレミアムの特典(税抜月額462円)が無料で使える

ymobile_06

ワイモバイル(Y!mobile)と契約することで、Yahoo!プレミアムの特典(税抜月額462円)が無料になる。また、「Yahoo!ショッピング」「LOHACO」(ロハコ)などで買い物や「Yahoo!トラベル」経由の宿泊でTポイントが2~10倍になるなど、お得な特典が与えられる。

ワイモバイル(Y!mobile)の料金はいくら?

<スマートフォンの場合>

スマートフォンの場合、料金は以下の3種類。

「スマホプラン S」は容量2GBで月額1980円(※1年間)。

「スマホプラン M」は容量6GBで月額2980円(※1年間)。

「スマホプラン L」は容量14GBで月額4980円(※1年間)。

<タブレットの場合>

タブレットの場合、料金は以下の2種類。

「データプランS」は容量1GBで月額1980円。

「データプランL」は容量7GBで月額3696円。

その他の料金はこちら
http://www.ymobile.jp/plan/index.html

どうやって申し込むの?

ワイモバイル(Y!mobile)の実店舗「ワイモバイルショップ」(※取扱店を含む)、もしくはネット上の公式オンラインストアから申し込める。

なお、店頭で申し込む場合には、本人名義のクレジットカード(もしくはキャッシュカード)、本人確認書類、印鑑(※シャチハタは不可)が必要になる。

ワイモバイル(Y!mobile)で使える端末は?

現在、ワイモバイルでセット販売(端末+格安SIM)されているスマートフォンは、「iPhone 5s」、「Android One 507SH」、「Nexus 6P」、「DIGNO E」、「Nexus 5X」など(他に多数あるが公式サイトでは売り切れ。)。2017春にはこれらに加えて、「Android One S1」と「Android One S2」が追加される予定になっている。

いずれもワイモバイルのSIMロックがかけられており、一定の使用期間が過ぎた後、ロック解除が可能になる(※要手続き)。どうしてもSIMフリーがいいという人は、SIMカードのみをワイモバイルで契約し、端末だけをAmazonや楽天、ヤフーショッピングなどから購入すればよい。最近ではSIMフリーのスマートフォンやタブレットが格安で販売されているので、Amazonや楽天、ヤフーショッピングなどから探して購入することをおすすめする。

<関連記事  格安SIM>

その他のおすすめ格安SIMはこちら!

中古iPhone&iPadを激安でゲットせよ! ソフトバンク回線が使える日本通信の格安SIM「b-mobile S 開幕SIM」

電話料金を安くしたいならコレ! 楽天スーパーポイントも貯まる格安SIM「楽天モバイル」

LINE好きならコレで決まり! 月額500円から利用できる格安SIM「LINEモバイル」