「Ubook XPro 2023」意外と安い? 人気のWindowsタブレットPCと徹底 比較!


2023年7月4日に発売されたCHUWI「Ubook XPro 2023」と人気のWindowsタブレットPCを徹底 比較!価格やスペック、ベンチマークの違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2023年11月、13.5型 CHUWI「FreeBook N100」が発売されました。

「Ubook XPro 2023」の特徴

Ubook XPro 2023」の特徴をまとめてみました。

13インチの2K液晶・ワコム筆圧ペン・5000mAh

Ubook XPro 2023」は13インチで解像度 2160 × 1440 ドットのIPSディスプレイを搭載。明るく高精細な2K液晶で、WordやExcelなどのOffice文書作成やWebサイトの閲覧に適したアスペクト比3:2も採用しています。また、筆圧感知4096段階に対応したワコム製のスタイラスペンH7」を用意。バッテリー内蔵で、超低遅延でスムーズに描けます。

そのほか、5000mAhバッテリーを搭載。Type-Cポートを介してPD 急速充電も利用できます。

第10世代 Core i5・8GB+56GB・Windows 11

Ubook XPro 2023」は第10世代 (Amber Lake Y) のIntel Core i5-10210Y プロセッサを搭載。14nmプロセスで製造された4コア8スレッド、最大4.00GHz駆動のCPUで、PassmarkのCPUベンチマークで「4764」を記録しています。また、8GBメモリを搭載し、スムーズに動作。ストレージはSSD 512GBで、別売のmicroSDカードで最大1TBまで拡張できます。

そのほか、OSにWindows 11を搭載。「Amazonアプリストア プレビュー」の10,000点以上のAndroidアプリやMicrosoft Store版「Windows Subsystem for Linux」(WSL)を利用したLinuxのGUIアプリ、「Google Play Games」(PCでAndroidゲーム)を使うこともできます。

フル機能Type-C・5MP/2MPカメラ・着脱式キーボード

Ubook XPro 2023」はフル機能Type-C ポートを搭載。映像出力PD 急速充電も利用できます。また、背面に5MPのメインカメラを搭載。前面には2MPのフロントカメラを搭載し、ビデオ通話やオンライン会議、授業、チャットなどに活用できます。

そのほか、角度調整が可能なキックスタンド搭載で、着脱式のマグネット キーボード(別売)を用意。本体は薄型軽量デザインで、高速で途切れづらいWi-Fi 5のデュアルバンドやBluetooth 4.2も利用できます。

公式サイト : UBook XPro 2023-タブレット-カテゴリー-Chuwi(ツーウェイ)

価格を比較

Ubook XPro 2023」と「HUAWEI MateBook E」(2022)、ASUSExpertBook B3 Detachable」、「Surface Go 3」の価格を比較してみました。

「Ubook XPro 2023」

Ubook XPro 2023」は、Amazonで61,900円 (税込・7000円 OFFクーポン付き・i5-10210Y・8GB+512GB)、楽天市場で75,322円(送料無料)、ヤフーショッピングで71,150円、CHUWI公式ストアで49,900円(税込・本体のみ・Ubook X 2023)、AliExpressでUS $326.00 (日本円で約48270円)、米国 Amazon.comで $399.00 (UBook X)で販売されています。

※「Ubook X 2023」は48,900円 (税込)です。

「HUAWEI MateBook E」(2022)

HUAWEI MateBook E」(2022)は、Amazonで54,800円 (Core i3・本体のみ・キーボード単体は12,000円、HUAWEI M-pencilは11,330円)、楽天市場で54,800円(税込・送料無料・本体のみ・Core-i3)、ヤフーショッピングで57,800円(税込・送料無料・本体のみ・Core-i3)、AliExpressでUS $798.50 (Core i5・キーボード付き)で販売されています。

ASUS「ExpertBook B3 Detachable」

ASUS「ExpertBook B3 Detachable」は、Amazonで59,800円(ASUS Pen、キーボード、カバー付属・8GB+128GBモデル)、楽天市場で62,932円(送料無料・ASUS Pen、キーボード、カバー付属・8GB+128GBモデル)、ヤフーショッピングで62,932円 (送料無料・ASUS Pen、キーボード、カバー付属・8GB+128GBモデル)、米国 Amazon.comで$548.62 で販売されています。

「Surface Go 3」

Surface Go 3」は、Amazonで67,875円(本体のみ・Pentium Gold 6500Y・8GB+128GBモデル)、楽天市場で59,800円 (税込・送料無料・本体のみ・Pentium Gold 6500Y・8GB+128GBモデル)、ヤフーショッピングで41,800円 (税込・本体のみ・未使用品・Pentium Gold 6500Y・4GB+64GBモデル)、マイクロソフト公式ストアで85,580円 (税込)、米国 Amazon.comで $318.99 (日本円で約46,070円)で販売されています。

スペックを比較

Ubook XPro 2023」と「HUAWEI MateBook E」(2022)、ASUSExpertBook B3 Detachable」、「Surface Go 3」のスペックを比較してみました。

「Ubook XPro 2023」のスペック

  • ディスプレイ 13インチ、解像度 2160 × 1440 ドットのIPS
    ※2K/3:2/タッチ対応
    ※「Ubook X 2023」は12インチ、解像度 2160 × 1440 ドットのIPS
  • プロセッサ Intel Core i5-10210Y クアッドコア 1.00 GHz
    ※14 nm/64bit/4コア/8スレッド/最大4.00 GHz
    ※「Ubook X 2023」はIntel Core i5-10210Y
  • GPU Intel UHD Graphics 300MHz, 1.05GHz
  • RAM(メモリ)8GB
  • ストレージ 512GB SSD 500MB/s
  • 拡張ストレージ microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー 5000 mAh /7.6V (38Wh)
    ※「Ubook X 2023」は4500 mAh /7.6V
  • 充電 PD 急速充電、12V/2A
  • 背面カメラ 5MP
  • 前面カメラ 2MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11ac/a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2
  • インターフェース USB Type-C(フル機能) ×1、USB 3.0 ×2、Micro HDMI ×1、microSDカードスロット ×1、3.5mmヘッドフォンジャック ×1、DC充電ポート
  • スタイラスペン H7、筆圧4096段階、ワコム製、超低遅延、バッテリー内蔵(180日)、芯の交換に対応 ※別売
  • キーボード 着脱式マグネット キーボード
  • キックスタンド U字型、調整可能、厚さ9.2mm
  • 筐体の素材 アルミ合金
  • OS Windows 11
  • サイズ 280.75 x 196.82 x 2.65 mm
    ※「Ubook X 2023」は263.4 × 182.1 × 4.29mm
  • 重量 925g
    ※「Ubook X 2023」は約810g
  • カラー アイアングレー
  • 附属品 ACアダプター×1、取扱説明書×1、保証書×1

関連記事Chuwiタブレットはコスパ最強 全機種を比較

Amazonで「Ubook XPro 2023」をチェックする

楽天市場で「Ubook XPro 2023」をチェックする

ヤフーショッピングで「Ubook XPro 2023」をチェックする

AliExpressで「Ubook XPro 2023」をチェックする

CHUWI公式ストアで「Ubook XPro 2023」をチェックする

米国 Amazon.comで「Ubook XPro 2023」をチェックする

「HUAWEI MateBook E」(2022)のスペック

  • モデル DRC-W38 / DRC-W58
  • ディスプレイ 12.6インチ、解像度2560 x 1600 pxのOLED(有機EL)液晶
    ※10点マルチタッチ/16:10/画面占有率 90%/240 ppi/最大輝度 600 nit/1,000,000 : 1/上下左右:80°
  • プロセッサ Intel Core i3-1110G4 / Core i5-1130G7
  • GPU インテル UHD グラフィックス / インテル Iris Xe グラフィックス
  • RAM(メモリ) 8GB LPDDR4x
  • ストレージ SSD 128/256GB NVMe PCIe
  • バッテリー 42 Wh
  • 駆動時間 約8.1時間 / 約7.4時間
  • 充電 PD急速充電
  • 背面カメラ 13MP
  • 前面カメラ     8MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 6 IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth5.1
  • インターフェース USB Type-C x 1(Thunderbolt 4互換、充電、データ転送、ディスプレイポート映像出力に対応)、3.5 mm ヘッドセットジャック (CTIA規格) x 1
  • スピーカー HUAWEI SOUND対応のクアッドスピーカー
  • マイク ノイズキャンセリング対応のクアッドマイク
  • キーボード HUAWEI Smart Magnetic Keyboard (110°~160°の間で傾き調整・440g) ※別売
  • スタイラスペン HUAWEI M-Pencil(第2世代・筆圧感知4096段階・傾き検知に対応) ※別売
  • アプリ HUAWEI Share、HUAWEI PC Manager (Simple Version)、HUAWEIファクトリーリセット
  • 生体認証 指紋認証(電源ボタンに指紋センサー)
  • OS Windows 11 Home 64bit Sモード / Windows 11 Home 64bit
  • サイズ 286.5 x 184.7 x 7.99mm
  • 重量 約709g(バッテリーを含む)
  • カラー ネビュラグレー

関連記事「HUAWEI MateBook E」(2022)と最新2in1タブレットPCを徹底 比較!

Amazonで「HUAWEI MateBook E」(2022)をチェックする

楽天市場で「HUAWEI MateBook E」(2022)をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI MateBook E」(2022)をチェックする

AliExpressで「HUAWEI MateBook E」(2022)をチェックする

ASUS「ExpertBook B3 Detachable」のスペック

  • ディスプレイ 10.5インチ、解像度1920×1200ドットのタッチスクリーン
    ※16:10/WUXGA/ワイドビュー/光沢/LEDバックライト/輝度320nits/sRGB121%/10点マルチタッチ
  • プロセッサ Qualcomm Snapdragon 7c Gen 2 オクタコア
    ※8nm/8コア/最大2.55GHz/1MB L3 Cache
  • GPU Qualcomm Adreno 618
  • RAM(メモリ) 4GB / 8GB LPDDR4X ※最大8GB
  • ストレージ 128G eMMC
  • バッテリー 38WHrs (2S1P、2 セル リチウムイオン)
  • 駆動時間 本体のみで約18.6時間、本体+キーボードで約15.7時間
  • 電源 TYPE-C, 45W ACアダプター, 出力: 15V DC, 3A, 45W, 入力: 100~240V AC 50/60Hz ユニバーサル
  • 背面カメラ 13MP ※AF対応、3Dノイズリダクションテクノロジー
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 5 (802.11ac・デュアルバンド)、Bluetooth 5.1
  • インターフェース 1x USB 3.2 Gen 1 Type-C(映像出力/充電)、1x 3.5mm コンボ オーディオ ジャック
  • スピーカー 内蔵(1W+1W)
  • マイク 内蔵(AIノイズキャンセリング)
  • 耐久性 MIL-STD 810H準拠
  • スタイラスペン 筆圧検知4096段階のMPP 2.0対応スタイラスペン (※本体に収納可能)
  • キーボード ソフトキーボード、 1.5mm キートラベル、防滴仕様(別売)
  • Office Microsoft 365の1か月間の試用版
  • セキュリティ トラステッド プラットフォーム モジュール (ファームウェア TPM)
  • 筐体の素材 アルミニウム合金
  • OS Windows 11 Home (Sモード)
  • サイズ 26.03 x 17.21 x 0.89 ~ 0.90 cm
  • 重量 595g
    ※本体+カバーで約767g、本体+カバー+キーボードで約1,011g
  • カラー スターブラック

関連記事ASUS「ExpertBook B3 Detachable」と最新2in1タブレットPCを徹底 比較!

Amazonで「ExpertBook B3 Detachable」をチェックする

楽天市場で「ExpertBook B3 Detachable」をチェックする

ヤフーショッピングで「ExpertBook B3 Detachable」をチェックする

ASUS公式ストアで「ExpertBook B3 Detachable」をチェックする

米国 Amazon.comで「ExpertBook B3 Detachable」をチェックする

「Surface Go 3」のスペック

  • ディスプレイ 10.5インチ、解像度1920×1280 ドットのPixelSense液晶
    ※220ppi / コントラスト比1500:1/10点マルチタッチ/Surface Pen対応/Corning Gorilla Glass 3
  • プロセッサ Intel Core i3-10100Y / Pentium Gold 6500Y
    ※Core i3=Amber Lake Y/14nm/64bit/2コア/4スレッド
  • GPU Intel UHD 615 グラフィックス
  • RAM(メモリ) 4GB/8GB
  • ストレージ 64GB eMMC/128GB SSD/256GB SSD(法人向けモデルのみ)
  • バッテリー駆動時間 最大11時間
  • 充電 PD充電に対応/1.5 時間未満で80% まで回復
  • ACアダプター 24W
  • 背面カメラ 8MP
  • 前面カメラ    5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)、Bluetooth 5.0
    ※Qualcomm Snapdragon X16 LTE modem対応モデルあり
  • インターフェース USB Type-C (USB 3.1 Gen1 or Gen2)、microSDXCカードリーダー、3.5mmジャック、Surface Connect
  • センサー 加速度計、ジャイロスコープ、磁力計、環境光センサー、NFC(一部法人モデル)
  • スピーカー  Dolby Audio 対応の2Wステレオスピーカー
  • マイク デュアルアレイ(遠方界対応)
  • セキュリティ fTPM(一般消費者向け)/ハードウェアTPM(一部法人モデル)
  • キーボード 専用のSurface Go Type Coverを用意(別売)
  • スタイラスペン Surface Pen 対応(筆圧4096段階・精密なペン先と消しゴム、シェーディング用のチルト・別売)
  • OS Windows 11 Home/Windows 11 Pro/Windows 10 Pro
  • サイズ 245×175×8.3mm
  • 重量 544g(Wi-Fi) / 553g(LTE)
  • カラー プラチナ
  • SIMカード Nano SIM (LETモデルのみ)
  • 対応バンド 4G LET 1/2/3/4/5/7/8/12/13/14/19/20/25/26/28/29/30/38/39/40/41/66

関連記事「Surface Go 3」と最新タブレットPCと徹底 比較!

Amazonで「Surface Go 3」をチェックする

楽天市場で「Surface Go 3」をチェックする

ヤフーショッピングで「Surface Go 3」をチェックする

マイクロソフト公式ストアで「Surface Go 3」をチェックする

米国 Amazon.comで「Surface Go 3」をチェックする

ベンチマークを比較

Ubook XPro 2023」と「HUAWEI MateBook E」(2022)、ASUSExpertBook B3 Detachable」、「Surface Go 3」のベンチマーク スコアを比較してみました。

「Ubook XPro 2023」

<CPU>  Intel Core i5-10210Y

Passmarkによるベンチマークスコアは「4764」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「954」、マルチコアで「2770」。

<GPU> Intel UHD Graphics

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアで約「820」。

<プロセッサ性能を解説>

14nmプロセスで製造された4コア、8スレッド、最大4.00GHz駆動の第10世代 (Amber Lake Y) のIntel Core i5-10210Yプロセッサを搭載し、PassmarkのCPUベンチマークで「4764」を記録しています。

このスコアは第6世代のCore i5プロセッサとほぼ同じくらいのスコアで、第12世代 (Alder Lake) Intel N100 プロセッサ(Passmark:5500)よりもやや低いスコアになります。

同じプロセッサは「ONE-NETBOOK OneGx1」などにも搭載されています。

内蔵のGPUは第10世代のIntel UHD Graphicsで、3DMark Fire Strikeのグラフィックスコアで約「820」を記録しています。

このスコアはPentium Gold 6500Yとほぼ同じくらいのスコアで、第11世代のCore i3-1110G4と比較すると、半分以下のスコアになります。

性能的には、Office文書作成、ネットでの調べもの、動画視聴、音楽再生、画像の編集、2Dゲームなどで快適に動作する性能を持っています。

グラフィック性能があまり高くないのでPCゲームには適していません。PSP、PS1、SFC、DC、N64、MD、FCなどのエミュレーターは快適に動作します。

動画編集ソフトは軽めのものなら動作しますが、エンコード作業で時間がかかります。

「HUAWEI MateBook E」(2022)

<CPU> Core i3-1110G4

Passmarkによるベンチマークスコアは「4009」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「1163」、マルチコアで「2445」。

<GPU> インテル UHD グラフィックス

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「2421」。

ASUS「ExpertBook B3 Detachable」

<CPU> Snapdragon 7c Gen 2

Passmarkによるベンチマークスコアは「3346」(CPU)。

Octane V2総合で「20737」

<GPU> Adreno 618

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「不明」。

「Surface Go 3」

<CPU> Pentium Gold 6500Y

Passmarkによるベンチマークスコアは「4191」(CPU)。

<GPU> Intel UHD 615 グラフィックス

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「830」。

「Ubook XPro 2023」のメリット・デメリット

Ubook XPro 2023」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・ 13インチの2K液晶・アスペクト比3:2で見やすい

Ubook XPro 2023」は13インチで解像度2160 × 1440 ドットのIPSディスプレイを搭載。明るく高精細な2K液晶で、WordやExcelなどのOffice文書作成やWebサイトの閲覧に適したアスペクト比3:2も採用しています。

一方、「HUAWEI MateBook E」(2022)は12.6インチで解像度2560 x 1600 pxのOLED(有機EL)液晶を搭載。最大輝度600nitの明るい液晶で10点マルチタッチ操作にも対応しています。ASUS「ExpertBook B3 Detachable」は10.5インチで解像度1920×1200ドットのタッチスクリーン搭載で、sRGB121%、10点マルチタッチ操作に対応しています。「Surface Go 3」は10.5インチで解像度1920×1280 ドットのPixelSense液晶を搭載しています。

・筆圧4096段階のスタイラスペン「H7」を用意

Ubook XPro 2023」は筆圧感知4096段階に対応したワコム製のスタイラスペン「H7」を用意。バッテリー内蔵で、超低遅延でスムーズに描けます。

一方、「HUAWEI MateBook E」(2022)は筆圧感知4096段階と傾き検知に対応したHUAWEI M-Pencil(第2世代・別売)に対応しています。ASUS「ExpertBook B3 Detachable」は筆圧検知4096段階のMPP 2.0対応スタイラスペンが付属し、快適に手書き入力できます。「Surface Go 3」は筆圧4096段階のSurface Pen(別売)で手書き入力できるようになっています。

・8GBメモリ搭載でスムーズに動作する

Ubook XPro 2023」は8GBメモリを搭載し、スムーズに動作します。

一方、「HUAWEI MateBook E」(2022)は8GB LPDDR4xメモリ搭載でスムーズに動作します。ASUS「ExpertBook B3 Detachable」は4GB/8GB LPDDR4Xメモリを搭載し、スムーズに動作します。「Surface Go 3」は4GB/8GBメモリを搭載し、スムーズに動作します。

・512GB SSDストレージ搭載

Ubook XPro 2023」はSSD 512GBストレージを搭載しています。

一方、「HUAWEI MateBook E」(2022)はNVMe規格のSSD 128/256GBストレージを搭載しています。ASUS「ExpertBook B3 Detachable」は128G eMMCストレージを搭載しています。「Surface Go 3」は64GB eMMC/128GB SSD/256GB SSD(法人向けモデルのみ)ストレージを搭載しています。

・microSDカードで最大1TBまで拡張できる

Ubook XPro 2023」は別売のmicroSDカードで最大1TBまで拡張できます。

一方、「HUAWEI MateBook E」(2022)、ASUS「ExpertBook B3 Detachable」はmicroSDカードスロットがありません。「Surface Go 3」はmicroSDXCカードリーダーを搭載しています。

・5000mAhバッテリー搭載でPD 急速充電に対応

Ubook XPro 2023」は5000mAh (38Wh)バッテリーを搭載。Type-Cポートを介してPD 急速充電も利用できます。

一方、「HUAWEI MateBook E」(2022)は42Whバッテリー搭載でPD急速充電に対応しています。ASUS「ExpertBook B3 Detachable」は38WHrsバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。「Surface Go 3」は最大11時間駆動するバッテリー搭載で、PD急速充電に対応

・背面5MPカメラと前面2MPカメラが使える

Ubook XPro 2023」は背面に5MPのメインカメラを搭載しています。また、前面に2MPのフロントカメラを搭載し、ビデオ通話やオンライン会議、授業、チャットなどに活用できます。

一方、「HUAWEI MateBook E」(2022)は背面13MPのメインカメラと前面8MPのフロントカメラを搭載しています。ASUS「ExpertBook B3 Detachable」は背面13MPカメラ(AF対応)と前面5MPカメラが使えるようになっています。「Surface Go 3」は背面8MP(800万画素)カメラと前面5MP(500万画素)カメラが使えるようになっています。

・Wi-Fi 5のデュアルバンド、Bluetooth 4.2に対応

Ubook XPro 2023」は高速で途切れづらいWi-Fi 5のデュアルバンドに対応しています。また、Bluetooth 4.2対応でワイヤレス機器ともスムーズに接続できます。

一方、「HUAWEI MateBook E」(2022)はWi-Fi 6とBluetooth5.1に対応しています。ASUS「ExpertBook B3 Detachable」はWi-Fi 5(デュアルバンド)とBluetooth 5.1に対応しています。「Surface Go 3」はWi-Fi 6とBluetooth 5.0に対応しています。

・着脱式マグネット キーボードを用意

Ubook XPro 2023」は着脱式のマグネット キーボード(別売)を用意しています。

一方、「HUAWEI MateBook E」(2022)は110°~160°の間で傾き調整できる専用キーボードカバーHUAWEI Smart Magnetic Keyboardを用意しています。ASUS「ExpertBook B3 Detachable」は着脱可能な専用キーボードを用意しています。「Surface Go 3」は専用キーボードのSurface Go Type Cover(別売)を用意しています。

・角度調整が可能なキックスタンドを搭載

Ubook XPro 2023」は本体に自立可能で角度調整が可能なキックスタンドを搭載しています。

一方、「HUAWEI MateBook E」(2022)とASUS「ExpertBook B3 Detachable」は本体にキックスタンドを搭載していません。「Surface Go 3」は本体にキックスタンドを搭載しています。

・厚さ2.65 mmで重さ925gの薄型軽量デザイン・アイアングレーカラーを用意

Ubook XPro 2023」は・厚さ2.65 mmで重さ925gの薄型軽量デザイン・アイアングレーカラーを用意しています。

一方、「HUAWEI MateBook E」(2022)は厚さ7.99mmで重さ約709gの薄型軽量デザインで、ネビュラグレーカラーを用意しています。ASUS「ExpertBook B3 Detachable」は厚さ0.89~0.90cmで重さ595gの薄型軽量デザインで、スターブラックカラーを用意しています。「Surface Go 3」は厚さ8.3mmで重さ544gの薄型軽量デザインを採用しています。

・Windows 11搭載で新機能も使える

Ubook XPro 2023」はWindows 11搭載で新機能も使えるようになっています。

Windows 11には、

タスクバーの中央に配置された新しいスタート画面、スナップ機能の強化(ウィンドウ整理・画面の配置)、エクスプローラーのアイコンデザインの変更(色分け・ボタン採用)、ウィジェット機能(天気予報や株価、最新のニュースなど)、設定画面(カテゴリーごとに切り替え)、タスクバーに統合されたビデオ会議「Teams」、「フォト」アプリの強化(サムネイル表示に対応)、「ペイントアプリ」、クリップボード履歴、音声入力の強化(テキスト入力)認識制度の向上、ゲーム機能の強化(HDR(ハイダイナミックレンジ)対応のディスプレイでは自動で画質向上)、マルチディスプレイ向けの設定追加、「Amazonアプリストア プレビュー」(Androidアプリ追加)、Microsoft Store版「Windows Subsystem for Linux」(WSL)、「Google Play Games」(PCでAndroidゲーム)

などの新機能が追加されています。

一方、「HUAWEI MateBook E」(2022)はWindows 11の新機能が使えるようになっています。ASUS「ExpertBook B3 Detachable」はWindows 11 Home (Sモード)搭載で新機能も使えるようになっています。「Surface Go 3」はWindows 11の新機能が使えるようになっています。

デメリット

・Wi-Fi 6に対応していない

Ubook XPro 2023」は従来よりも約4〜10倍の速度で通信できる次世代通信規格「Wi-Fi 6」に対応していません。

一方、「HUAWEI MateBook E」(2022)と「Surface Go 3」はWi-Fi 6に対応しています。ASUS「ExpertBook B3 Detachable」はWi-Fi 6に対応していません。

・高音質なスピーカーを搭載していない

Ubook XPro 2023」は高音質なスピーカーを搭載していません。

一方、「HUAWEI MateBook E」(2022)はHUAWEI SOUND対応のクアッドスピーカーを搭載し、高音質なサウンドが楽しめるようになっています。ASUS「ExpertBook B3 Detachable」は1W+1Wのデュアルスピーカーを搭載しています。「Surface Go 3」は Dolby Audio 対応の2Wステレオスピーカーを搭載しています。

「Ubook XPro 2023」の評価

Ubook XPro 2023」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★

機能:★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

2022年2月に発売された「Chuwi UBook X Pro」の後継モデルになります。プロセッサを第7世代のCore i7-7Y75から第10世代のCore i5-10210Y プロセッサに変更し、より使いやすいWindows タブレットになっています。

Core i5-10210YプロセッサはPassmarkのCPUベンチマークで「4764」で、ちょうど第6世代のCore i5プロセッサとほぼ同じくらいのスコアになっています。少し古めですが、動画編集やフォトショップ・イラストレーターなどのグラフィック系ソフトも使えるほどパワフルで、もちろんイラスト制作にも活用できます。

ただし、PCゲーム用にするにはややグラフィック性能が足りません。ゲーム用ならもっとグラフィック性能が高いものを購入した方がいいでしょう。

なお、Windowsタブレットの数は年々減少傾向にあり、5万円以下の新品製品はほとんど売り切れています。かろうじて5万円台で販売されているのは「HUAWEI MateBook E」(2022)とASUSExpertBook B3 Detachable」です。

このうち、ASUSExpertBook B3 Detachable」は筆圧ペンと着脱キーボードなどが付属し、非常にコスパが高いです。「HUAWEI MateBook E」(2022)や「Surface Go 3」は性能がやや高めで快適に使えますが、筆圧ペンやキーボードは別売で、全部揃えるとかなり高額(※少なくても7万円以上)になってしまうのがネックです。その点、「Ubook XPro 2023」のペンやキーボードはかなり安く、オプションまで含めると、かなりコスパが高いことが分かります。

Ubook XPro 2023」の発売時の価格は54,900円(税込・本体のみ)。

本体+キーボードのセットは59,900円で、本体+キーボード+H7ペンのセットは64,900円。セット品でもそれほど高額になっていないのがいいですね。筆圧ペンやキーボードが使えるコスパの高いWindows タブレットを探している人におすすめです。

「Ubook XPro 2023」の販売・購入先

Ubook XPro 2023」は、Amazonで61,900円 (税込・7000円 OFFクーポン付き・i5-10210Y・8GB+512GB)、楽天市場で75,322円(送料無料)、ヤフーショッピングで71,150円、CHUWI公式ストアで49,900円(税込・本体のみ・Ubook X 2023)、AliExpressでUS $326.00 (日本円で約48270円)、米国 Amazon.comで $399.00 (UBook X)で販売されています。

※「Ubook X 2023」は48,900円 (税込)です。

Amazonで「Ubook XPro 2023」をチェックする

楽天市場で「Ubook XPro 2023」をチェックする

ヤフーショッピングで「Ubook XPro 2023」をチェックする

AliExpressで「Ubook XPro 2023」をチェックする

CHUWI公式ストアで「Ubook XPro 2023」をチェックする

米国 Amazon.comで「Ubook XPro 2023」をチェックする

 

 

 

他のタブレットPCと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「dynabook K2」(10.1・N4500・着脱キーボード・ペン)

★CHUWI「FreeBook N100」(13.5型・Intel N100・タッチ)

★富士通「STYLISTIC WQ2/H3」(10.1・N5100・防水防塵)

★「ALLDOCUBE iWork GT 12」(12.6インチ・Ryzen 5 7520U)

HUAWEI MateBook E」(2022)

ASUS「ExpertBook B3 Detachable」(10.5・Snapdragon 7c Gen 2)

Surface Go 3」(Intel Core i3-10100Y/Pentium Gold 6500Y)

Alldocube iWork 20」(10.1・Celeron N4020)

IdeaPad Duet 350i

ASUS Vivobook 13 Slate

Alldocube iWork GT

One-Netbook T1」(13インチ・Core i7-1260P)

Surface Pro 9」(13インチ・第12Core i5/7)

他のCHUWI タブレットPCと比較

他にもCHUWIのタブレットPCが販売されています。ぜひ比較してみてください。

Chuwiタブレットはコスパ最強 全機種を比較

その他のおすすめタブレットPCは?

その他のおすすめタブレットPCは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

最新 Surface風タブレットPC 全機種 ラインナップ一覧 

最新のSurface風タブレットPCをまとめて紹介しています。

低価格でもキッチリ使えるWindows タブレットPC まとめ

低価格な2in1タブレットPCをまとめて紹介しています。

「Surface Pro」を激安ゲット! 最新モデルと歴代 中古を比較

Surface Proシリーズをまとめて紹介しています。

極薄で高級感に満ちたハイスペックノートPC まとめ 

ハイスペックなノートPCをまとめて紹介しています。

超小型UMPCが続々! 最新の極小Windows ノートPC まとめ

超小型のUMPCをまとめて紹介しています。

Andoroidアプリが使える最新 Chromebook ラインナップ 一覧 

タッチ対応の最新 Chromebookを紹介しています。