「OPPO Enco Air2 Pro」と最新の完全ワイヤレスイヤホンを徹底 比較!


2022年8月26日に発売される「OPPO Enco Air2 Pro」と最新の完全ワイヤレスイヤホンを徹底 比較!価格や機能、スペックの違いに加えて、メリット・デメリット・評価を紹介します。

※2022年8月22日15時から予約販売が始まっています。最大20%オフ相当となるキャンペーンも実施中(8月31日まで)。

「OPPO Enco Air2 Pro」の特徴

OPPO Enco Air2 Pro」の特徴をまとめてみました。

12.4大型ドライバー・2エフェクト効果・ANCノイキャン

OPPO Enco Air2 Pro」は12.4mmの大型ドライバーを搭載。振動エリアが従来よりも89%大型化したことで、より広い高音域と深い低音を再生できます。また、2つのエフェクト効果が楽しめる「Enco Live Effects」機能を搭載。音楽に没頭できる「低音ブースト」と、ボーカルを際立たせる「ボーカル」の2種類を用意しています。

そのほか、周囲の雑音を抑えられる「アクティブノイズキャンセリング」(ANC)機能を搭載。トランスペアレントモード(外音取り込み機能)も利用できます。

通話AIノイキャン・低遅延モード・最大28時間バッテリ

OPPO Enco Air2 Pro」はノイズキャンセリング付きのマイクに加えて、通話時の雑音を抑える「AIノイズキャンセリングアルゴリズム」を搭載。騒がしい環境でも相手の声と自分の声をはっきりと聞こえるようにします。

また、最大94msの「低遅延ゲームモード」を搭載。ゲームプレイ時の音と映像のズレを抑えることができます。そのほか、本体のみで最大7時間、充電ケース使用時で最大28時間の駆動が可能。10分の充電で約2時間利用できる急速充電も利用できます。

クイックペアリング・着脱検知機能・IP54防水防塵

OPPO Enco Air2 Pro」はワンタップですばやくOPPOスマートフォンとペアリングすることが可能。OPPOスマホ以外でも、専用アプリ「Hey Melody」利用することで、ペアリング・設定できるようになります。また、本体を外せば自動で一時停止、つければ自動再生する「着脱検知機能」を搭載。最大2台のデバイスに接続できる「デュアル接続」も利用できます。

そのほか、IP54防水防塵に対応し、雨や汗、水しぶきに耐えることが可能。簡単タッチコントロールやダブルタップ撮影(スマホカメラのシャッター)も利用できます。

公式ページ OPPO Enco Air2 Pro | オウガ・ジャパン

価格を比較

OPPO Enco Air2 Pro」と「Pixel Buds Pro」、「Sony LinkBuds S」、「HUAWEI FreeBuds Pro 2」の価格を比較してみました。

「OPPO Enco Air2 Pro」

OPPO Enco Air2 Pro」は、Amazonで6,936円(タイムセール)、楽天市場で7,630円 (税込・送料無料・ポイント10倍あり)、ヤフーショッピングで7,630円(税込・送料無料)、ビックカメラで7,630円 (税込)、AliExpressでUS $29.99で販売されています。

「Pixel Buds Pro」

Pixel Buds Pro」は、Amazonで23,326円、楽天市場で23,800円(税込・送料無料)、ヤフーショッピングで24,795円、AliExpressでUS $249.99、Googleストアで23,800円(税込・送料無料)で販売されています。

「Sony LinkBuds S」

Sony LinkBuds S」は、Amazonで22,499円、楽天市場で23,30円 (税込・送料無料)、ヤフーショッピングで24,000円(税込・送料無料)、ビックカメラで26,400円 (税込・送料無料・2640ポイント)、米国 Amazon.comで$148.00で販売されています。

「HUAWEI FreeBuds Pro 2」

HUAWEI FreeBuds Pro 2」は、Amazonで26,800円、楽天市場で26,800円(税込・送料無料・ポイント10倍あり)、ヤフーショッピングで26,800円(税込・送料無料)、AliExpressでUS $135.99で販売されています。

機能を比較

OPPO Enco Air2 Pro」と「Pixel Buds Pro」、「Sony LinkBuds S」、「HUAWEI FreeBuds Pro 2」の機能を比較してみました。

「OPPO Enco Air2 Pro」

アクティブノイズキャンセリング(ANC)、デュアルマイクAIノイズキャンセリング(通話用)、トランスペアレントモード(外音取り込み機能)、Enco Live Effects(低音ブースト、ボーカル)、最大94ms低遅延ゲームモード、着脱検知機能(イヤホン外すと一時停止、つければ再生)、クイックペアリング、デュアル接続(同時に2つの端末と接続)、簡単タッチコントロール、ダブルタップ撮影(スマホカメラのシャッター)、HeyMelodyアプリ(タッチコントロールのカスタマイズ)

「Pixel Buds Pro」

アクティブノイズキャンセリング(ANC)機能、「Silent Seal」テクノロジー、外音取り込み機能、空間オーディオ(2022年内に対応予定)、Googleアシスタント、リアルタイム翻訳、「ボリューム EQ」、タッチ操作(スワイプ、長押しでモード切り替え)、「ファストペアリング」、「マルチポイント接続」、デバイスの「自動切り替え」、「ビームフォーミング」

「Sony LinkBuds S」

アクティブノイズキャンセリング(ANC)、外音取り込み機能、LDACコーデック、「DSEE Extreme」、「デュアルノイズセンサーテクノロジー」、「統合プロセッサーV1」、風ノイズの低減構造、「アダプティブサウンドコントロール」、「スピーク・トゥ・チャット」、ボイスピックアップテクノロジー、

「Auto Play」(ベータ版)、Sound ARアプリ「Locatone」、イコライザー調整、音声アシスタント(Google アシスタント、Amazon Alexa)、Fast Pair(ファストペアリング)、「デバイスを探す」、マルチペアリング、「エルゴノミック・サーフェース・デザイン」(耳の複雑な凹凸にも干渉しにくい形状)

「HUAWEI FreeBuds Pro 2」

アクティブノイズキャンセリング(ANC)、インテリジェント・ダイナミックANC 2.0 (ウルトラ・標準・くつろぎを自動切り替え)、外部音取り込み(アウェアネスモード)、LDAC再生、Devialetチューニング、ポップアップペアリング対応、マルチポイント、デジタルクロスオーバー技術、アダプティブEQ、

通話ノイズリダクション、低遅延モード、2Wワイヤレス充電(Qi規格)、IP54防水防塵、スマートセンサーコントロール(スワイプ操作、長押し、つまむ操作)HUAWEI AI Life(EQのカスタマイズ、ファームウェア更新、イヤーチップの適合テスト)、ハイレゾ オーディオ ワイヤレス

スペックを比較

OPPO Enco Air2 Pro」と「Pixel Buds Pro」、「Sony LinkBuds S」、「HUAWEI FreeBuds Pro 2」のスペックを比較してみました。

「OPPO Enco Air2 Pro」のスペック

  • チップ:不明
  • ドライバー:12.4mmの大型ドライバー(チタンコーティングの振動板を採用)
  • コーデック: AAC/SBC
  • バッテリー:約43mAh(イヤホン)/ 約440mAh(充電ケース)
  • 再生時間:ノイズキャンセリングON:最大約5時間 (イヤホン) / 最大約20時間 (イヤホン+充電ケース)、ノイズキャンセリングOFF:最大約7時間 (イヤホン) / 最大約28時間 (イヤホン+充電ケース)
  • 充電: USB Type-C
  • 充電時間:有線充電時間: 約90分 (イヤホンのみ) / 約120分 (充電ケース含む)
    ※10分間の充電で2時間の音楽再生
  • Bluetooth:5.2 (約10メートル)
  • マイク:デュアルマイク ※AIノイズキャンセリング対応
  • 防水:IP54(イヤホンのみ)
  • サイズ:充電ケース寸法で約66×約51×約25mm
  • 重量:イヤホン重量(片方): 約4.3g、充電ケース重量: 約41.8g、製品重量: 約50.4g
  • カラー: グレー、ホワイト
  • 対応OS:Android、iOS

関連記事【2022年最新】完全ワイヤレス どれが一番いい? 機能・スペックを徹底 比較!

Amazonで「OPPO Enco Air2 Pro」をチェックする

楽天市場で「OPPO Enco Air2 Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「OPPO Enco Air2 Pro」をチェックする

ビックカメラで「OPPO Enco Air2 Pro」をチェックする

AliExpressで「OPPO Enco Air2 Pro」をチェックする

「Pixel Buds Pro」のスペック

  • チップ:6コア構成のSoC (機械学習ニューラルプロセッサー、独自アルゴリズム)
  • ドライバー:11mmスピーカードライバー
  • コーデック:SBC、AAC
  • 再生時間:ノイキャンなし音楽再生時で11時間、ありで7時間、充電ケース利用で31時間
  • 充電:ワイヤレス充電(Google Pixel Stand、Qi認証充電器)
    ※Type-Cの充電ケーブルは別売
  • Bluetooth: 5.0
  • マイク:左右にそれぞれ3つ搭載 ※風切り音を軽減するメッシュカバー付き
  • 防水:IPX4防水 ※ケースはIPX2 防水性能に準拠
  • サイズ:22.33×22.03×23.72mm ※ケースは25×50×63.2mm
  • 重量:6.2g ※ケースは62.4g
  • カラー:Coral、Lemongrass、Fog、Charcoal
  • 対応OS:Android端末、iOS端末 ※Bluetooth 4.0以降のデバイス

関連記事「Pixel Buds Pro」と超人気の完全ワイヤレスイヤホンを徹底 比較!

Amazonで「Google Pixel Buds Pro」をチェックする

楽天市場で「Pixel Buds Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「Pixel Buds Pro」をチェックする

ビックカメラで「Pixel Buds Pro」をチェックする

米国 Amazon.comで「Google Pixel Buds Pro」をチェックする

「Sony LinkBuds S」のスペック

  • チップ:統合プロセッサーV1
  • ドライバー:5 mm
  • コーデック:SBC, AAC, LDAC
  • 再生時間: NCオンの連続音声再生が最大6時間、NCオフで最大9時間
    ※ケース使用のNCオンで20時間、NCオフで30時間
  • 充電:急速充電 (5分充電で60分再生可能)
  • Bluetooth: 5.2 (A2DP,AVRCP,HFP,HSP)
  • マイク:MEMS 全指向性
  • 防水:IPX4相当
  • サイズ:不明
  • 重量:約4.8 g x2
  • カラー:W)ホワイト (B)ブラック (C)エクリュ
  • 対応OS:Android端末:Android OS ver. 6.0以降、Windows、iOS

関連記事「Sony LinkBuds S」の特徴、機能、スペック、価格

Amazonで「Sony LinkBuds S」をチェックする

楽天市場で「Sony LinkBuds S」をチェックする

ヤフーショッピングで「Sony LinkBuds S」をチェックする

ビックカメラで「Sony LinkBuds S」をチェックする

米国 Amazon.comで「Sony LinkBuds S」をチェックする

「HUAWEI FreeBuds Pro 2」のスペック

  • チップ:なし
  • ドライバー:φ 11 mmダイナミックドライバー + 独自開発のマイクロ平面振動板ドライバー
    ※再生周波数帯域:14 Hz ~ 48 KHz
  • コーデック:LDAC / AAC / SBC
  • 再生時間:イヤホン単体で6.5時間(ノイズキャンセリングOFF時)、4時間(ノイズキャンセリングON時)
    ※充電ケース使用で30時間(ノイズキャンセリングOFF時)、18時間(ノイズキャンセリングON時)
  • バッテリー容量:各イヤホン:55mAh(min.)
    ※充電ケースは580 mAh (min.)
  • 充電:有線充電:USB Type-C(5V/0.5A以上)、ワイヤレス充電:Qi規格(2 W)対応
  • 充電時間:約40分(充電ケースに入っている時)、充電ケース 約1時間(有線でイヤホンが入っていない時)、約2時間(無線でイヤホンが入っていない時)
  • Bluetooth: 5.2 ※ポップアップペアリング対応、マルチポイント対応
  • センサー:骨伝導センサー / 加速度センサー / ジャイロセンサー / 赤外線センサー
  • マイク:4つ搭載・ノイズリダクション対応
  • 防水:IP54
  • サイズ:29.1×21.8×23.7 mm
    ※充電ケースは67.9×24.5×47.5mm
  • 重量:約5.8 g
    ※充電ケースは約52.1 g
  • カラー:シルバーブルー,シルバーフロスト(※Amazon限定モデル),セラミックホワイト
  • 対応OS:Android、iOS、PC

関連記事「HUAWEI FreeBuds Pro 2」と注目の完全ワイヤレスイヤホンを徹底 比較!

Amazonで「HUAWEI FreeBuds Pro 2」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI FreeBuds Pro 2」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI FreeBuds Pro 2」をチェックする

AliExpressで「HUAWEI FreeBuds Pro 2」をチェックする

「OPPO Enco Air2 Pro」のメリット・デメリット

OPPO Enco Air2 Pro」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・12.4mm大型ドライバー搭載で音がいい

OPPO Enco Air2 Pro」は12.4mmの大型ドライバーを搭載しています。振動エリアが従来よりも89%大型化したことで、より広い高音域と深い低音を再生できます。

一方、「Pixel Buds Pro」は11mmスピーカードライバーを搭載しています。「Sony LinkBuds S」は5mmスピーカードライバーを搭載しています。「HUAWEI FreeBuds Pro 2」は11 mmダイナミックドライバー + 独自開発のマイクロ平面振動板ドライバーを搭載しています。

・アクティブノイズキャンセリング(ANC)機能

OPPO Enco Air2 Pro」は雑音を抑えるアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能に対応しています。

一方、「Pixel Buds Pro」、「Sony LinkBuds S」、「HUAWEI FreeBuds Pro 2」もアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能に対応しています。

・トランスペアレントモード(外音取り込み機能)

OPPO Enco Air2 Pro」はトランスペアレントモード(外音取り込み機能)に対応し、周囲の音も聞こえるようになっています。

一方、「Pixel Buds Pro」、「Sony LinkBuds S」、「HUAWEI FreeBuds Pro 2」も外音取り込み機能に対応しています。

・Bluetooth5.2対応でAAC/SBCコーデックに対応

OPPO Enco Air2 Pro」はBluetooth:5.2対応で、AAC/SBCコーデックに対応しています。

一方、「Pixel Buds Pro」はBluetooth 5.0搭載でSBC、AACコーデックに対応しています。「Sony LinkBuds S」と「HUAWEI FreeBuds Pro 2」はBluetooth5.2対応で、SBC, AAC, LDACコーデックに対応しています。

・2つのエフェクト機能が使える

OPPO Enco Air2 Pro」は2つのエフェクト効果が楽しめる「Enco Live Effects」機能を搭載し、音楽に没頭できる「低音ブースト」と、ボーカルを際立たせる「ボーカル」の2種類を利用できます。

一方、「Pixel Buds Pro」はボリューム EQ(イコライザー調整機能)を搭載しています。「Sony LinkBuds S」はイコライザー調整機能を搭載しています。「HUAWEI FreeBuds Pro 2」はアダプティブEQ機能を搭載しています。

・AIノイズキャンセリングアルゴリズム対応マイクで通話も快適

OPPO Enco Air2 Pro」はノイズキャンセリング付きのマイクに加えて、通話時の雑音を抑える「AIノイズキャンセリングアルゴリズム」を搭載。騒がしい環境でも相手の声と自分の声をはっきりと聞こえるようにします。

一方、「Pixel Buds Pro」はビームフォーミングマイク、音声加速度計、風の音を軽減するメッシュカバーでクリアな通話が可能です。「Sony LinkBuds S」は、スピーク・トゥ・チャットやボイスピックアップテクノロジーに対応し、クリアな通話が可能です。「HUAWEI FreeBuds Pro 2」は通話ノイズリダクション機能でクリアな通話が可能です。

・低遅延モードでゲームも快適

OPPO Enco Air2 Pro」は最大94msの「低遅延ゲームモード」を搭載し、ゲームプレイ時の音と映像のズレを抑えることができます。

一方、「Pixel Buds Pro」と「Sony LinkBuds S」は低遅延モードがありません。「HUAWEI FreeBuds Pro 2」は低遅延モードを搭載しています。

・クイックペアリング・着脱検知機能が使える

OPPO Enco Air2 Pro」はワンタップですばやくOPPOスマートフォンとペアリングすることが可能。OPPOスマホ以外でも、専用アプリ「Hey Melody」利用することで、ペアリング・設定できるようになります。また、本体を外せば自動で一時停止、つければ自動再生する「着脱検知機能」を搭載。最大2台のデバイスに接続できる「デュアル接続」も利用できます。

一方、「Pixel Buds Pro」はファストペアリング機能やマルチポイント接続、デバイスの自動切り替え機能に対応しています。「Sony LinkBuds S」はFast Pair(ファストペアリングやマルチペアリングに対応しています。「HUAWEI FreeBuds Pro 2」はポップアップペアリング機能やマルチポイント機能に対応しています。

・IP54防水防塵に対応

OPPO Enco Air2 Pro」はIP54防水防塵に対応し、雨や汗、水しぶきに耐えることができます。

一方、「Pixel Buds Pro」はIPX4防水に対応しています(ケースはIPX2防水)。「Sony LinkBuds S」はIPX4相当の防水に対応しています。「HUAWEI FreeBuds Pro 2」はIP54の防水に対応しています。

デメリット

・音声アシスタントが使えない

OPPO Enco Air2 Pro」は音声アシスタントが使えません。

一方、「Pixel Buds Pro」はGoogleアシスタントに対応しています。「Sony LinkBuds S」はGoogle アシスタント、Amazon Alexaに対応しています。「HUAWEI FreeBuds Pro 2」は音声アシスタントが使えません。

・LDACに対応していない

OPPO Enco Air2 Pro」はソニーによって開発された音声圧縮コーデック「LDAC」に対応していません。

一方、「Pixel Buds Pro」はLDACに対応していません。「Sony LinkBuds S」と「HUAWEI FreeBuds Pro 2」はLDACに対応しています。

「OPPO Enco Air2 Pro」の評価

OPPO Enco Air2 Pro」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★★

機能:★★★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★★

<総合評価>

OPPOから発売されたノイキャン対応の完全ワイヤレスイヤホンです。音質と機能が充実していながらも1万円以下の低価格になっています。

音質面では他のモデルよりもかなり大きな12.4mmの大型ドライバーを搭載。2つのエフェクト効果「低音ブースト」、「ボーカル」も利用できます。

機能面ではANCやトランスペアレントモード(外音取り込み機能)の他に、最大94msの「低遅延ゲームモード」、クイックペアリング、着脱検知機能、デュアル接続に対応しています。

そのほか、最大28時間駆動できるバッテリーを搭載。10分の充電で約2時間利用できる急速充電も利用できます。

発売時の価格は6,936円(Amazonタイムセール)。音質・機能に優れる高コスパな完全ワイヤレスイヤホンを探している人におすすめです。

「OPPO Enco Air2 Pro」の販売・購入先

OPPO Enco Air2 Pro」は、

Amazonで6,936円(タイムセール)、

楽天市場で7,630円 (税込・送料無料・ポイント10倍あり)、

ヤフーショッピングで7,630円(税込・送料無料)、

ビックカメラで7,630円 (税込)、

AliExpressでUS $29.99、

で販売されています。

Amazonで「OPPO Enco Air2 Pro」をチェックする

楽天市場で「OPPO Enco Air2 Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「OPPO Enco Air2 Pro」をチェックする

ビックカメラで「OPPO Enco Air2 Pro」をチェックする

AliExpressで「OPPO Enco Air2 Pro」をチェックする

 

 

ビックカメラ.com

 

他の完全ワイヤレスイヤホンと比較

他にも完全ワイヤレスイヤホンが販売されています。ぜひ比較してみてください。

★「AirPods Pro(第2世代)

★「Galaxy Buds2 Pro

Pixel Buds Pro

Sony LinkBuds S

HUAWEI FreeBuds Pro 2

Amazon Echo Buds (第2世代)

Galaxy Buds Pro

その他のおすすめ音楽製品は?

その他にもおすすめの音楽製品が販売されています。ぜひ比較してみてください。

<完全ワイヤレス>

【2022年最新】完全ワイヤレス どれが一番いい? 機能・スペックを徹底 比較!

究極の完全ワイヤレスはどれだ? 2021 最新 上位モデル 比較

【2020年最新】 絶対欲しいリッチな完全ワイヤレスイヤホン まとめ

<オーディオグラス>

音楽はオーディオグラスで聴け! おすすめモデル、選び方 まとめ  

<ネックスピーカー>

高音質で超快適! 有名ブランドの最新ネックスピーカー まとめ

ネックスピーカーが5千円前後に値下げ! 超激安モデル 比較

<サウンドバー>

低価格でも高音質な極上サウンドバー 2021 最新 まとめ

<ヘッドホン>

高コスパで音質がいいワイヤレスヘッドホン まとめ